【土曜時代ドラマ】立花登青春手控え3(6)「女の部屋」[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【土曜時代ドラマ】立花登青春手控え3(6)「女の部屋」[解][字]

登(溝端淳平)は大黒屋の女主人おむらから牢屋にいる手代の新助に言伝(づて)を頼まれた。新助はおむらを手籠めにしようとしていた大店の主人を誤って殺してしまったのだ

番組内容
登(溝端淳平)は大黒屋の女主人おむら(中山忍)から牢屋にいる手代の新助(篠田光亮)に言伝(づて)を頼まれた。新助は槌屋という大店の主人が、おむらを手籠めにしようとしたのを止めに入り誤って槌屋を殺してしまったのだ。登の大坂行きにひどくショックを受けて落ち込むちえ(平祐奈)を見て登は二人の将来について真剣に考え始める。槌屋殺しに大金が動いていたことを知った登は、おむらを訪ねて真相を明らかにしようとする
出演者
【出演】溝端淳平,平祐奈,宮崎美子,マキタスポーツ,正名僕蔵,波岡一喜,渡辺佑太朗,中山忍,篠田光亮,飯田基祐,鷲尾真知子,石黒賢,古谷一行,【語り】篠田三郎
原作・脚本
【原作】藤沢周平,【脚本】小林政広
監督・演出
【演出】山下智彦
音楽
【音楽】羽岡佳

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – 時代劇

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 新助
  2. 大黒屋
  3. 百両
  4. 若先生
  5. 自分
  6. 主人
  7. 大坂
  8. お前
  9. 駕籠屋
  10. 女房
  11. 悪口
  12. 気持
  13. 吉兵衛
  14. 叔父上
  15. 叔母上
  16. 出会
  17. 旦那
  18. 茶屋
  19. 部屋
  20. 本当

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/09/17 21:35:34時点 Amazon調べ-詳細)

大丈夫か?

♬~

♬~

着いた 着いた!

♬~

やあ おかみ。
あら 若先生。

何をされてるんです?

今 牢屋敷の方に。

新助の届け物かね。
ええ。

新助の行く先が

八丈島になるらしいという噂は
聞きましたか?

ええ。

かわいそうに…。

流人船が着いたぞ!

じゃあ おかみさん よろしく。

ありがとうございます。
ありがとうございました。

<事件が起こったのは
ふたつきほど前のことだった>

ちょっと 一畳 足りないよ。

すみません!

<大黒屋は 畳表問屋を営んでいる>

ああ いたたたた…!

ここか。 腫れとるな。

<玄庵が かかりつけ医をしている
主人の吉兵衛は

腎の臓の病に伏し

おかみの おむらが
店の切り盛りをしていた>

(犬のほえ声)

<吟味によると
その夜 手代の新助は

商いのことで 早急に
おむらに用があった>

おかみさん 入ります。

♬~

何だ 貴様!

屋様…。 何してるんですか!?

うっ…! ううっ!

ああっ!
やめろ!

ああっ!

♬~

新助…!

ああ… うう…。

ああ~!

<おむらを助けるためとはいえ

新助が 屋彦三郎を殺したことに
変わりはなかった>

あの時 私が用心していれば…。

屋彦三郎という男だが

以前から おかみに
怪しいそぶりを見せていたのか?

いえ… あの…。

若先生。

新助を見かけたら 私が届け物に来たと
伝えてもらえませんか?

ああ… いいですよ。

いくらかは あの子の
力づけになるかもしれませんから。

♬~

[ 回想 ]
(おむら)あの時 私が用心していれば…。

いえ… あの…。

<おむらの顔に浮かんだ笑みに
登は 違和感を覚えた>

(戸が開く音)
(平塚)立花さん。

土橋先生は 帰っちまったんですか?

ええ ついさっき。

何だ… 例のうまいお茶
一杯 馳走になろうと思ったのに。

何か 気になることでも おありですか?

あ…
先ほど 大黒屋のおかみと会いました。

新助への差し入れを持ってきたんですな。

手代一人のために 店のおかみが来るとは
見上げたもんだ。

いてて… いてててて…。

これで終わりですな。
はい。

では。

もうちょっと つきあってくれ。
へい。

新助 いるか?

何か 御用でしょうか?

今日 大黒屋から差し入れがあったろう。
はい。

煮しめと餅菓子 それに手拭いなども。
ありがたいことです。

誰が差し入れに来たか 聞いたか?
いえ…。

おかみだ。

来る途中で会ってな。

新助を見たら
声をかけてくれと言われた。

そうですか… おかみさんが ご自分で…。

…用は それだけだ。

ありがとう存じました。

いいことを聞かせてもらいました。

今日は ゆっくり眠れそうです。

♬~

(稽古の声)

うっ…。

うっ!

はっ はっ はっ…。

すまん…。

ただいま 戻りました。
ああ お帰りなさいませ。

随分 遅いのねえ。
また お稽古に行ってらしたの?

ええ。

庭に 落ち葉やらゴミやら
何やらたまって しょうがないんですよ。

おちえに掃かせればいいんですよ。

掃いても
埋める穴がないじゃありませんか。

じゃあ 燃やせばいいんです。

そんなことをして
もし風が吹いてきたら どうします?

おお 怖… おお 怖 怖…。

分かりました。
穴を掘って 庭も掃きますよ。

そうしてちょうだい。

穴 掘るんですか?

うん…。 1つじゃ足りないな。
2つは掘らないと。

日が暮れてしまいますよ。
はあ…。

(松江)だから いつも

お休みの日には早く帰りなさいと
言ってるじゃないですか。

これから 一仕事なんだから
たんと召し上がれ。

叔母上。

何です?

(足音)

旦那様!

ああ。 おお 登 帰っとったのか。
ええ。

お茶 いれましょうか?
ああ。

煮えたぎってます。

えっ?

登 一休みしたら
往診に行ってくれんか。

登さんには 庭を片づけてくれるよう
言ったばかりなんです。

フフフ 先を越されたか。

火に油を注いでる…!

往診は どこですか?
大黒屋だよ。

あそこの娘が風邪をひいとる。

大黒屋ですか…
いいですよ 行きましょう。

登さん!
夕方までには 叔母上の用を済ませて

それから 大黒屋へ行きましょう。

ああ すまんな。
そうしてくれると助かる。

ついでに 旦那の様子もな。
はい。

やっぱり 若い人がいないと駄目ね。
ねっ きよ。

あ… はい。

ねえ あなた あの話
登さんになさったら?

何の話だ?
都築様から 文が来たでしょう?

おお そうだった。

若い頃 机を並べて
切磋琢磨した仲間でな

江戸で開業してたんだが

長崎の蘭方医について
勉強し直した男だ。

都筑良斎といって 今は大坂におる。

その都筑様が 何か?

お前のことを頼んであげたんだよ。
そしたら

快諾の返事が来た。

お弟子にしてくださると言うのですよ。

本当ですか? それは!

ああ。 これからは和蘭だ。

そっちを勉強しなければ 時勢に後れる。

おきよ どうしたの?

お嬢様 大変なことになりましたよ。

ん?

しかし 大坂に行くとなると お金が…。

(松江)それは 登さん
私たちが心配することです。

もちろん
ただというわけにはいきませんが

あなたが恥をかかずに済むほどの
蓄えはあります。

叔母上…。

まあ 大坂での修業は2年だ。

どうだ? 行く気はあるか?

ありがとうございます。
行かせていただきます。

そのかわり

小牧の家は
あなたに継いでもらいますからね。

えっ…!

お… お嬢様…。

異存はありませんね?

いや… それは あの…。

これっていうのは あの…。

♬~

<その日の夕刻のことであった>

せきが ひどいな…。

芥子の湿布をしよう。

女中さん 芥子を練って
湯を沸かしてくれないか?

はい。 お嬢様。

その間に ご主人の方を診てくる。
はい。

仕入れの百両は どう工面したのだね?

よそから借りたのです。

屋でなくて 別のところから
借りたと言うのなら

証文を見せなさい。

屋…。

私は お前を責めてるんじゃないよ。

あの仕入れ金を払えなかったら
大黒屋は今頃 潰れてただろう。

よく しのいだと 褒めているのだ。

それじゃ
その話は もういいじゃないですか。

そうは いかない。

あの晩
本当のところは 何があったんだね?

言えなければ 私が言ってやろうか。

お前は
自分の体を証文代わりにしたのだ。

おむらさん 分かってるね?

(吉兵衛)屋とは 初めから
そういう約束だったんじゃないかね?

そんな… あなた…。

それに 不思議なのは新助だよ。

あの男は どうして 人を殺すほどに
殺気立ってしまったのかねえ…。

だって 新助は

屋さんが 私に乱暴しかけたのを
見たのだから…。

そんなことじゃない…
そんなことじゃない。

それぐらいのことで
人一人を殺せるものじゃないよ。

新助を いつごろから
奥の部屋に呼ぶようになったのかね?

屋とは あの晩が初めてかな。

それとも もっと前から
つきあいがあったのか?

いいかげんにしてくださいな。

ありもしないことを
勝手に勘ぐるのは…。

それにしては 随分 大胆な男じゃないか。

人の家に 商いの話に来て
女房を盗みにかかるとはねえ…。

さっきから言ってるじゃないか。

私は責めてるんじゃない。

おむら…。

あっ…。

ああ… ああ…!

なんという 白い膝小僧だ…。

ああ…
なんという温かい腿だ… ああ…。

おむら… お… おむら…。

百両? どういうことです?

あの殺しには 金が絡んでいたと?

はっきりしたことは分からない。
ただ 今言ったことを知りたいだけだ。

すると あのころ 屋に百両の不明金が
出ていないかということと…。

東両国 柳橋辺りの出会い茶屋で

屋と大黒屋のおかみが
会っていなかったかと…。

当面 それだけを調べればいいんですね。
はい。

屋は あっしが当たりやしょう。
それじゃ 料理屋の方は あっしが。

頼みます。

しかし…

どうも
それだけじゃねえような気がするなあ。

先生 何か つかんでますね?

その何かが分からんから
頼んでいるのです。

屋の主人というのは
どういう男だったんですか?

あの旦那ですかい…。

まあ 死んだ人の悪口を言うのは
気が進みませんがね

まあ あんまり
褒められた人間じゃなかったね。

…というと?
何しろ えばってた。

誰に?
みんなにですよ。

自分が気に入らなければ
誰彼かまわず どなり散らす。

まっ そういう男でした。

屋は 女癖の方は どうだったんですか?

いいわけがねえや。
おまけに 金は うなるほど持ってるから

女どもに
がたがた言わせることもなかった。

屋は
女には不自由してなかったはずです。

それが血迷って 人の女房に手を出し
殺されるとはねえ。

じゃ あっしは 早速
料理屋の方を当たってみやす。

おう。
お願いします。

ただいま 戻りました。
ああ 登か。

叔父上 少し お話が…。

何だ?

大黒屋のことですが…。

大黒屋? ああ さっき
おかみが 薬 取りに来たな。

あのおかみも 感心なものだな。

旦那の薬だけは 奉公人に任せず
ちゃんと 自分で取りに来る。

おっ …で 話って?

はい その…
ご主人は ああいう病人ですと

あちらの方は どうなんですかね?
あちらの方?

いや これは 医者としての立場から
伺ってるわけです。

えっ?
叔父上の見立ては どうです?

おお…。

あかんな。

えっ?
その気があっても 体が言うことを聞かん。

おかみは あのとおり若いから
吉兵衛さんも気をもむこともあろうが

あかんものは あかん。

そうですか…。

おかみも かわいそうだが

ああなると 登
人間 あまり若い女房をもらうのも

考えものだな。

どうしたの?

ねえ 何 話してたの? 2人で。

別に。

あっ 分かった。
私の悪口を言ってたのね。

違う 違う。 妙な勘ぐりはよせ。

だって 何も話してくれないんだもの。

行ってやれ。

えっ?
さあさあ さあさあ!

わざわざ
言い訳しに来なくたっていいのに。

そうじゃない。

だったら…!
お前の悪口など言うわけがなかろう。

だって…。

叔父上とは 医術の話をしていたのだ。

私 このごろ おかしいの。

何かというと

ピリピリして落ち着かないの。

どうしてか分かる?

私 聞いちゃったの。

登さんが 大坂に行くって…。

2年は帰ってこないって…。

そして 帰ってきた時には
この家を継ぐことも…。

おちえ…。

…ということは どういうことか。

なのに 私には何も話してくれなくて…。

おちえ…。

俺は 医者として
これまで 何人も見送ってきた。

その中には
助けられた人もいたかもしれない。

だけど できなかった…。

それは 自分の未熟さのせいだ。

知らないことを もっと知りたい。

そのために 大坂に行きたいんだ。

♬~

そろそろ 腹を決めんとな。

♬~

そうですか。 着々と
策は練られていたということですな。

策?
立花先生の知らぬ間に。

ああ… そうとも とれますな。

まっ いずれにしても

立花先生の気持ち次第では
ありませんか?

そう言われましても…。

今は 勉学のことで頭がいっぱいです。

ほう~! ハハ!

感心ですなあ。
はあ…。

≪(藤吉)失礼します。

ああ…。

立花先生 ちょいといいですか?

すると 百両の金を持ち出した形跡は
ないと言うんですね?

屋の帳面づらはね。

だけど 金箱の方は
どうか分かりゃしねえと言ってたな。

何しろ あの男は 番頭にも女房にも
手を触れさせなかったらしい。

なるほど…。

借用証文の方も調べましたぜ。

何せ 高利貸しをするほど
金を持ってた男だからね。

だけど 大黒屋の百両の証文というのは
なかった。

そうですか。

…で 直蔵に頼んだ 死んだ屋とおかみの
あいびきの件ですがね。

どうでした?
会ってたみたいです。

だけど 出会い茶屋で しっぽりと
というのではなく

ちゃんとした料理茶屋を使ってたらしい。

まあ 大黒屋のおかみが
そういう店を使うのは

なにも 屋に限ったわけじゃ
なかったらしいです。

商いの話をするためでしょう。
ほかの商人とも会ってたというんだから。

そうか…。

あ… そうそう。

直蔵が 東両国 柳橋と調べてるうちに

大黒屋のおかみを
見かけたってやつがいましてね。

若い男と一緒で

しかも 場所は 柳橋の奧の
出会い茶屋のそばだってんだから…

なんとも色っぽい話ですなあ。

おむらさんが 若い男と…?

♬~

いいぞ。

あの時のことを思い出させて悪いが…。

何です?

屋は 何の用で来たのか
おかみさんに聞いたかね?

いえ… あんなことになってしまって
それどころじゃありませんでした。

では 百両の貸し借りの話があった
というのは

知らなかったんだな。

百両ですか…!?

お前…
あの晩のことを後悔しているかね?

いえ 悔やんじゃいません。

おかみさんに あんなことをされて
黙って見ているわけにはいきませんから。

首を絞めたのは 争いのはずみで

初めから
殺す気があったわけじゃありません。

しかたなかったんです。

ありがとうございました。

若先生…。

ひい ふう みい よう いつ。

へい!

2~3日前 新助を診ましたよ。

どこか 具合でも…!?
いや 大したことではありません。

節々が痛むだけで
牢に入った者には よくあることです。

ああ…。

百両の金のことは
新助も知らなかったようですな。

以前 娘さんが風邪をひいて
お宅に伺った時

偶然に ご主人とあなたが話しているのを
聞いたのです。

若先生は 私と新助が示し合わせて
屋さんを殺したと

思っておられるのですか?

そんなことができるお人じゃない。

しかし あの部屋で
百両の金が やり取りされたのは

事実だと思う。

私は ふしだらな女なのかもしれません…。

でも 若先生。

私は そんな悪だくみができる女じゃ
ないですよ。

あの晩 起こったことは

もっと簡単なことだったんです。

♬~

(おむら)
百両の金を 目の前に並べられて…

私は 目をつむる気になったのです。

いっとき 目をつむれば
済むことだと思ったのです。

そこへ 新助が入ってきたのです。

[ 回想 ] 屋様…。

何だ 貴様!

何してるんですか!?

だましたな おかみ!

わあ~!

うっ…!

ううっ!

ああっ! うう…!

新助…!

ああ… うう…。

ああ~!

それにしても… 新助は
そこまで殺気立つことはなかったんだ。

本当に…。

私が うかつだったのです。

うかつ?

あの晩 新助が部屋に来ることを
すっかり忘れていたのですから。

それじゃ あの日 あなたは新助と…。

若先生。

百両の金は
お返しした方がよいのでしょうね。

そのことが
ずっと気になっているのですけど…。

…さあ。

屋は くれると言ったんだから
もらっておいてもいいんじゃないのかな。

でも…。
表には出さない方がいいと思います。

下手に言いだすと あなたが疑われ

新助の罪も
島送りじゃ済まなくなるかもしれない。

新助は…
おかみのことを好いていたのでしょう。

それが あの行き過ぎにつながった。

そうなのかもしれません。

ですが それを私に言われても。

♬~

あなたを思って あの船に乗る
新助の気持ちを

考えたことがありますか?

♬~

考えて どうなると言うのです。

私にできるのは せいぜい
差し入れをしてやるぐらいです。

♬~

<それから しばらく経った日の
夕刻である>

そうですか。
和蘭の医術を学ばれるのですか。

帰ってきたら 小牧家を継ぐことになる。

なるほど そういうことですか。

道場とも しばしの別れだ。

しかし 立花さん
まんざらでもないんじゃないですか?

むしろ それを望んでいたようにも
見受けられますが。

おい 久坂!
フフフ!

近いうちに 一杯やりましょう。
ああ そうだな。

じっくり おちえさんの のろけでも
聞かせてもらおうかな。

はあ…。

♬~

あんた 一足先に お帰り。

でも おかみさん 途中が心配です。

いいから 先にお帰り。
私は 駕籠を頼むから。

♬~

(おむら)駕籠屋さん。
(駕籠屋)へい。

♬~

(駕籠屋)どちらまで?
森田町まで。

(駕籠屋)へい。

えい! ほっ!
えい! ほっ!

<登は おむらという女の
闇をのぞいたようだった>

鳥も通わぬ 八丈島か…。

♬~

(新助)おかみさん…。

♬~

<登は

暗い牢の中で 女主人の夢を見ている
男のことを考えていた>

♬~

黒雲の銀次って名前を
覚えていらっしゃいますかい?

あの一味が逆恨みをして
命を狙ってるらしいんだ。

どこにいるのか 何人いるのか
さっぱり 正体がつかめねえ。

おかみさんは 悪いやつに
さらわれたらしいんです。

登さんの気持ちも分からないのに
仮祝言だなんて…。

私は まだまだ未熟者です。
学ぶべきことが 山ほどある。

♬~