特捜9 season4 #12[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

特捜9 season4 #12[解][字]

浅輪直樹(井ノ原快彦)は、海に浮かぶ不審な男性の遺体に遭遇!遺体は投資会社の役員で、妻が夫を殺した容疑も浮上!?特捜班は、殺意が込められた水の真実にたどり着く!

◇番組内容
港の見える公園に倫子(中越典子)と出かけた直樹(井ノ原快彦)。そこで海面に浮かぶ男性の遺体を発見する。遺体の身元は投資会社の役員だった。所持品の財布に現金がなかったことから、直樹は事件の可能性もあると見て真澄(原沙知絵)に解剖を依頼する。さらに調べると、被害者は仕事上でトラブルを抱えていたことも判明。一方、夫の死を知った直後とは思えない妻の冷静さに違和感を覚えた直樹だが、コーヒーの味が気になり…?
◇出演者
井ノ原快彦、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)、中越典子、原沙知絵、中村梅雀 ほか
◇脚本
丸山真哉、細川光信
◇監督
細川光信
◇音楽
吉川清之
◇主題歌
V6『僕らは まだ』(avex trax)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】大川武宏(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、丸山真哉(東映)、森田大児(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_04/
☆Twitter
 https://twitter.com/5drama9tokusou

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 主人
  2. 新藤
  3. 優子
  4. 古賀
  5. 青柳
  6. 矢沢
  7. 一緒
  8. 河内先生
  9. 会社
  10. コーヒー
  11. 自分
  12. 失礼
  13. クーラーボックス
  14. 屋敷
  15. 大丈夫
  16. 被害者
  17. 河内
  18. 班長
  19. 旅行
  20. お金

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,000 (2021/07/25 10:03:10時点 Amazon調べ-詳細)

(船の汽笛)

(浅輪倫子)久しぶりだね なんか…
ゆっくり。

(浅輪直樹)ああ…。
まあ 最近 休みの日も 俺

ついつい
仕事しちゃってたからね。

村瀬さんの事件でしょ?

ずっと気にしてるもんね。
うん…。

村瀬さんは
あなたの正体に気がついて…。

(曽根明子)村瀬…?

やめろ!
(首を切る音)

(小宮山志保)ああっ… やだ!
小宮山さん。

あなたに死んでもらっちゃ
困るの!!

容疑者が入院中で
供述 取れてないらしいんだけど

まあ 俺が調べられる事は
調べとこうかなと思ってさ。

これだから 刑事ってのはねえ…。

ハハハハ…。

(手をたたく音)
はい! というわけで

今日は 一日
倫子さんに尽くさせて頂きます。

何よ 気持ち悪い!
なんだよ? 気持ち悪いって…。

だって…。
だって 今日は ほら…。

何よ? 今日は…。

ちょっと~!
えっ?

ほら!
ああ! えっ? そういう事?

そういう事じゃない… なんだよ!
忘れちゃったの? 自分の誕生日。

なんだ~!

だったら もっと早く言ってよ!
何を?

だって こんな格好で
来ちゃったじゃない。

いいじゃん。
十分おしゃれじゃない。

だって
予約とかしてくれてるんでしょ?

えっ? 予約?
レストランとか。

だったら ほら
もっとさ かしこまって…。

ああ… そうだな。 大丈夫 大丈夫。
オーケー オーケー。 大丈夫。

なんとかする なんとかする…。
(女性の悲鳴)

(女性)警察! 警察 呼んで!

倫子ちゃん ごめん。
(男性)救急車 救急車!

(男性)なんだよ? あれ!
(男性)人が溺れてるんですよ!

(男性)怖いって!
ああ… すいません。

ちょっと失礼します。
ちょっと失礼します。

ああ… ごめん。

私は いいから 早く…。

わかった。

♬~

♬~

♬~

亡くなったのは
古賀武久さん 50歳。

タイズマネジメントっていう
会社の役員でした。

1人で釣りをしていて
誤って転落したっていうのが

所轄の見解。

(新藤 亮)なら 事故死ですかね?
…なんですが 一つ 気になる点が。

(矢沢英明)気になる点?
はい。

被害者が持っていた
財布の中身なんですけども

現金が
一切 入ってなかったんです。

(青柳 靖)えっ? って事は
誰かが現金目的でやったのかな?

念のため 早瀬川先生に
解剖をお願いしました。

いただきます。
仕事熱心なのはいいけど

倫子ちゃん 大丈夫?
えっ?

だって お誕生日だから

久しぶりに お休みを取って
一緒にいたんでしょ?

ちょ… ちょっと
なんで それ 知ってるんですか?

えっ… 新藤?

すいません! なおぽん先輩が
倫子さんの誕生日 祝うって話

つい みんなに話しちゃいました。

ちょっと 頼むよ~!

(矢沢)そんな事なら
あとは僕たちがやっとくから

なおぽん先輩は早く帰りなよ。

(国木田誠二)
そうだよ なおぽんさん。 ねっ?

家族を大切にしてこそ
仕事にも身が入るってもんだから。

そう。
班長まで…。 いや でも…。

(新藤)解剖の結果なら
あとで連絡しますから。

そうそう。
ええ~…。

じゃあ お言葉に甘えて…。
そうそう。

まあ でも
一応 僕 第一発見者なんで

ご遺族に
あいさつだけさせて頂きます。

(青柳)その格好で行くの?
いやいや もちろん着替えますよ。

着替え 持ってきてますから。
もう… なら 私も一緒に行くよ。

1人だと
すぐに気になる事が出てきて

寄り道しちゃうでしょ。
ほら 行くわよ なおぽん。

ちょっと やめてくださいよ。
じゃあ よろしくお願いします。

あっ ここですね。

うわっ すごいお宅!

えっ… 投資会社って
そんなに儲かるの?

ねえ。

(チャイム)

(古賀優子)「はい」

先ほど連絡しました
警視庁の浅輪と申しますけれども。

「どうぞ」
(解錠音)

失礼します。 おお~。

うわっ すごい! 長い!

すごい…!
ねえ~。

♬~

(優子)主人は事故死だと
聞きましたけど。

すいません 解剖結果が出るまでは
断定はできないんですよ。

それに
ご遺体の損壊も激しいですし

あと 身元確認も
まだできてないですし。

身元確認でしたら

着ていた洋服や持ち物は
主人のもので間違いないと

先ほどお伝えしましたが。

いや…。
あの… ご主人

死後何日か経過していたみたい
なんですけど

その間 なんの連絡もなくて
ご心配ではありませんでしたか?

実は 学生時代の友人と
旅行に行ってまして

今朝 帰ってきたんです。

空港に着いて 携帯の電源入れたら
警察から連絡が入っていて。

どちらに ご旅行を?

北海道に1週間ほどです。

旅行中は
あまり連絡とらないもので。

まさか
こんな事になっていたとは…。

ちょっと
確認させて頂きたいんですけども

宿泊先のホテル それから

一緒に旅行されたご友人の
名前と連絡先

あとですね 身元の確認のために

もし ご主人が
歯医者さんとか行ってたら

どこの歯医者か
教えて頂けませんかね?

少々お待ちください。
あっ お願いします。

ご主人 亡くなったのに
すごく冷静ね。

うん…。

うん?
うん? どうした?

あっ…! ごめん!
えっ?

私のほうから
気になる事 言っちゃったね。

これ飲んだら 本当に帰ってね。
いや そうじゃなくて

このコーヒーが…。
コーヒー?

なんか ちょっと薄くないですか?

そう?
うん。 ほら あれ…。

なんか コーヒーにこだわってる風
なんですけど

その割には味が淡泊っつうかね…。

う~ん… まあ
そう言われれば そんな気が…。

でしょ?

お待たせしました。

宿泊先は こちらに
まとめて書いておきました。

これが
一緒に行った友人の連絡先。

ああ ありがとうございます。

(優子)それと これが
主人の歯医者の診察券です。

ああ ありました?
どうもありがとうございます。

じゃあ
改めて連絡させて頂きますので。

今日は ありがとうございました。
どうも。

あっ!
コーヒー おいしかったです。

さすが いいお豆
使ってらっしゃいますね。

わかります?
主人のこだわりなんです。

銀座の亀富士屋から わざわざ

オリジナルでブレンドした豆を
取り寄せていて。

気に入って頂けたなら
少しお分けしましょうか?

えっ! いいんですか?
今 ご用意しますね。

すいません。
えっ…?

あなたも
もし よかったら どうぞ。

うわ~…。

どうぞ お気遣いなく!

あっ なおぽん。

なおぽんです。 はあ…。
あれ? 着替えた?

そっちも着替えてるじゃん。
そうです。

っていうか 仕事 大丈夫?
ああ 大丈夫 大丈夫。

まだ 事件って決まったわけじゃ
ないしさ。

みんなから 早く行け 早く行け
って言われちゃって。

行こうか。
(倫子)うん。

あれ? それ 何?
あっ これね

被害者の奥さんから もらったの。

あっ これ 亀富士屋って
超有名店じゃない。

あっ そうなの?
そうだよ。

でもさ 入れてもらったんだけど
味が ちょっと微妙っつうかさ…。

えっ? じゃあ
お豆 ケチったんじゃない?

いやいや 結構 香りはしてたから
それはないと思うんだけど。

そう…。 じゃあ 水かな?

ん? 水? …って どういう事?
そう。

軟水と硬水ってあるでしょ。
日本はさ 軟水が多いんだけれど

硬水でコーヒーを入れると
そのミネラル成分のせいでね

酸味が減って 苦みが強くなるって
いわれてるの。

へえ~。
じゃあ 硬水だったのかなあ?

あっ… 来て。
ああ… 何?

で これなんだけどね
このお菓子の型

フランスの修業時代に
見つけてたの!

ずーっと欲しかったの!
で ようやく出会えたわけ。

これ どうなってんの? これは。
えっ? 「どうなってんの?」って

ここに流し込むんだけど…。
ああ… で 焼くのか。

絶対 かわいいのできると
思わない?

へえ~。 あれ?
結構いいお値段するんだね これ。

(新藤)いや 班長
すごい 手相いいっすよ。

そうだろ?
(早瀬川真澄)お待たせしました。

(新藤)お疲れさまです。

(早瀬川)
死因は 溺水による窒息の疑い。

いわゆる 溺死です。

死後 5日から6日
経過したものだと思われます。

やっぱり 所轄の見立てどおり
事故死なんですかね?

断定はできないけど

いくつか気になる点が。
なんですか?

ご遺体の後頭部に

生活反応のある外傷が
見られました。

えっ? 誰かに殴られて

海に突き落とされた
って事ですか?

そうかもしれないし
そうじゃないかもしれない…。

他に 気になる事とは?

足に 縛られた痕が…。

縛られた痕?
えっ? それって…

足に重りをつけて
海に沈められたって事ですか?

その可能性はある。

皆さん 昨日は 本当に
どうもありがとうございました。

おかげで楽しい一日になりました。
あっ…。

これね うちの奥さんが焼いた
お菓子なんで

ぜひ 皆さんで食べて頂けると…。
へえ~。 すげえ!

あとで食べましょうね。
それと

昨日 被害者の奥さんにもらった
お豆で入れたコーヒーです。

このお豆が いいお豆なんですよ。
(矢沢)「お豆」って…。

皆さん 絶対おいしいんで
どうぞ どうぞ。

はい 新藤くんは お茶。
(新藤)ありがとうございます。

おおっ おいしい!
でしょ?

おいしい!
でしょ?

でも 昨日は… ねっ。
ねっ。 あれね

水が違ったんだと思うんですよ。
えっ… どういう事?

軟水と硬水って
あるじゃないですか。

日本は
主に軟水が多いんですけども

昨日のは 多分
硬水で入れてたと思うんですよ。

(新藤)捜査会議!
始めてもいいですか?

(浅輪・小宮山)はーい…。

僕 コーヒー苦手なんでね。
お茶 入れてもらったじゃない。

はい!
早瀬川先生の話によると

古賀武久さんの死には いくつか
不審な点があるとの事でした。

ん? 不審な点?

大きくは2つ。

1つ目は 古賀さんの後頭部に
外傷があった。

(新藤)この傷については

事故で転落した際に
できたものなのか

誰かの手によるものなのか
まだ はっきりしないそうです。

2つ目は 足に
縛られたような痕が残っていた。

えっ? それって…。

先生いわく 被害者は 足を
ロープのようなもので縛られて

その先に 重しをつけられて
海に捨てられたのではないかと

言ってました。
やはり 事故ではなく

殺人事件の可能性があると…。

あっ 小宮山さん
歯医者って どうなりました?

ああ… 鑑定した結果

古賀さんの歯と被害者の歯は
一致したの。

(矢沢)つまり 亡くなったのは

古賀武久さんで間違いない
って事ですね?

そういう事。

で 被害者の会社のほうは
どうでした?

古賀さんが勤めていた投資会社に
昨日 行ってきたんですけども

同僚から
気になる話が聞けました。

えっ?
どんな話?

古賀さん
顧客に大損させたらしくて

その顧客が 会社に
怒鳴り込んできたらしいです。

えっ… 大損って?
うん。

その額 なんと… 5000万!

5000万!?
(矢沢)うん。

ええっ…。

ただ 会社を通さず
個人で運用を委託されたらしくて

会社も
取り扱いに困っていました。

えっ 個人で運用って…

それ 顧客の なんか データとか
あるんですか?

ええ。 屋敷賢 35歳。

都内で
輸入業の会社を経営しています。

会社自体は
先代の父親が起こしています。

跡取り息子の
まあ 2代目社長って事ですかね。

5000万の損害って

殺人をする動機としては
十分な金額ね。

で その屋敷から
話は聞けたんですか?

このあと 青柳さんと
行く予定だったんですけど…。

チッ… あいつ まだ来てねえし。

ん? そういえば。
ああ…。

(携帯電話の着信音)
おおっ…! びっくりした!

失礼。 電話です。
(携帯電話の着信音)

チッ… 青柳からだ。
えっ? なんかあったの?

はい もしもし 矢沢!

青柳さん
今 どこにいるんですか?

どこですか?
…そこにいる!

うわっ うわっ うわっ!
びっくりした…。

皆さん 俺がいなかった事に
気づいてなかったの?

いや… そんな事ないですよ うん。
なんで お前 来ないんだよ?

(矢沢)えっ?
捜査会議 終わったら行くって

約束したじゃないですか。
(青柳)違うよ。

朝一で 屋敷の会社で
待ち合わせって言ったろ。

(矢沢)いや 聞いてませんよ。
(青柳)だから 俺一人で

話 聞いてきちゃったよ。
そうなんですか?

っていうか お前 今 俺の事
呼び捨てにしてたろ?

で で で? 話って?

いや それがさ…。

…あれ?

(屋敷 賢)
確かに 古賀さんの会社に

怒鳴り込みました。

大人げないとは思いましたが
金額が金額ですから。

どうぞ。

それで どうしたんですか?

青柳さん。
(2人)はい。

えっ?
もういいから。

失礼します。

えっ? あっ… ああ~。

古賀さんも
会社に詳細がバレるのが

怖かったんでしょう。

後日 古賀さんが個人的に…

まあ 満額ではないんですけど
3000万円 補填してくれました。

ああ…。
えっ 個人で3000万円もですか?

(屋敷)はい。

私も 内緒で
会社の金を運用していたので

残りの2000万円は
なんとか かき集めて

投資の話を なかった事に。

なんか
住む世界の違いを感じるわね…。

3000万って 家が買えますよ。
(青柳)なあ!

じゃあ 古賀を恨んでる様子は
なかったって事ですね?

お前が聞くなよ。
えっ…?

まあ 恨んでるっていうよりは

信じた自分が馬鹿だった
みたいな感じでしたね。

うーん…。
(青柳)「うーん…」じゃねえよ。

お前に言ってねえわ。
(新藤)いやあ…

お金持ってる人の考え方は
違うわ。

ちなみに
アリバイが確認できたんで

屋敷はシロです。 ただ…

古賀の事を 自分の仲間に何人か
紹介したらしいんですよ。

それって 他にも大損してる人が
いるって事ですよね?

はい これが そのリスト。

今度は お前が一人で
端から全部 あたっていけ。

一緒に行きましょうよ。
(青柳)やだよ。

これ 食べてください。
一緒に行きましょうよ。

やだよ。
(矢沢)一緒に行きましょうよ。

ありがとう。
はい どうぞ。

(青柳)やだよ。
(矢沢)一緒に行きましょうよ。

いってらっしゃい
いってらっしゃい。

はい あとは お願いしますよ。
じゃあ 我々は 被害者の奥さんと

北海道旅行 行ってた友人
あたりますので。

いってらっしゃい。
いってきます。

食べながら行こうぜ。
そうですね。

あっ… 聞くの忘れた!
ん? 何?

硬水と軟水の違いですよ。

それで コーヒーの味って
変わるんですか?

ああ…。 行ってみましょう。

(新藤)お借りします。

すいません すいません。
はい。

♬~

あっ 先輩…。
あっ…。

あっ…。

どうぞ。

それで 今回の旅行の事を
お聞かせ頂けますか?

(遠山美里)
1週間 ずっと一緒でしたよ。

貸し切りのハイヤーで
観光地 巡って

おいしいもの食べて

宿泊は 最上階のスイートルーム。
へえ~。

お金は全部 優子持ちで

とても いい思い
させてもらいました。

はあ…。
あの 優子さんとは

学生時代からの
友人だったんですよね?

友人って 優子が そう言ったの?
ええ。

優子は ここのVIP会員で
私はパートの清掃員なのに?

ちょうど1年くらい前かな…
優子が ここに来たのは。

(優子)フフフフ…。

美里?

あっ やっぱり 美里だ。

ほら 私
高校の時 一緒だった…。

優子?

そう! 思い出してくれた?
やだ 嬉しい…。

ここで何してるの?

何って 仕事だけど…。

あっ… いや 嘘でしょ?
美里が掃除なんてしないでよ。

きれいで 頭も良くて

みんなの憧れだったのに。

(美里の声)それからは

あいさつする程度の
関係だったんですが

この間 急に

「よかったら旅行しない?」って
誘われて。

それで
断らずに行ったんですか?

別に断る理由もなかったから。

ご主人が資産家で お金の事は
気にしないでいいって言うし。

ああ… なんていうか その
あれですね…。

でも 行かなきゃよかった。

えっ?

こんな面倒に巻き込まれるなら。

あの 優子さんは

学生時代は
どんな方だったんですか?

中身は大した事ないのに
いつも 見た目ばかりを意識して

ただの見えっ張りって感じで。

友達も
いなかったんじゃないかな。

恐れ入ります。

やっぱり 亡くなったのは
主人だったんですね。

はい。
残念ながら 間違いないかと…。

お悔やみ申し上げます。

こちら 上司の方かしら?

国木田と申します。

国木田さん
私 どうしたらいいんでしょうか?

…と おっしゃいますと?

私 不安で仕方ないんです。

この家も出ていかなければ
ならないでしょうし

これから どうやって
生計を立てていけばいいのか…。

小宮山さん

これが噂の
亀富士屋のコーヒーですよね?

ええ…。

んっ? ちょっと失礼。

ああ…。

やっぱり フランス産の
ミネラルウォーターですね。

これで入れると
せっかくのコーヒー豆の味が

この水のミネラル分に
負けてしまうんですよ。

むしろ 水道水で入れたほうが
おいしく入りますよ。

お詳しいんですね。

私 得意料理がフレンチでして

お水も 現地から
わざわざ取り寄せてたんですが

コーヒーの事は
気づきませんでした。

ちなみに
和食の時は 日本の水ですか?

ああ… 主人が 家では
和食を食べたがらないので

ほとんど作らないんです。

食べたい時は 主人が
オーナーをしているお店から

取り寄せていて。
オーナーのお店?

お寿司屋とか割烹とか
何軒か ありますけど…。

そういえば ご主人は 確か
釣りがお好きなんですよね?

えっ?

今回も
釣りの最中だったんですよね?

ああ… 釣りは

最近 仕事の人に勧められて
はまったみたいです。

釣った魚を よく

行きつけのお寿司屋に
持っていって

さばいてもらってました。
ほう そうですか。

あの 国木田さん

いろいろと相談に
のってもらってもいいですか?

私 主人に頼りっぱなしで
何もわからなくって…。

うん…。

♬~

古賀さんが投資話を持ちかけて
大損した人

この屋敷さん以外に
6名もいました。

6人も?
ええ。

この6人全員に
話が聞けたんですが

1つ 共通点がありました。
えっ?

古賀さん 全額ではないんですが
この全員に補填してるんです。

補填って いくらぐらい?

屋敷さんの3000万を筆頭に
1億2000万。

えっ 1億2000万!?
(矢沢)うん。

なあ。 よく まあ そんな
持ってますねって感じだよな。

古賀さんの実家って
資産家なんですよね?

そうみたい。 住んでる家も
すごい豪邸だったし

普段の食事も

自分がオーナーをしてる
割烹や お寿司屋さんから

お取り寄せなんだって。
ちなみにね これが その店で

「よろしかったら
いらしてください」って

手を握られながら渡されましたよ。
(新藤)え~…。

ねえ 優子さんのアリバイは?
ああ 完璧でした。

1週間 北海道にいた事は
全部 裏 取れました。

うん。

(佐久間 朗)失礼します。
(新藤)ああ さっくん お疲れ。

ウェイ!
報告します。

ご遺体の胃の中にあった
海水の成分なんですが

浅輪さんが
ご遺体を発見した場所の成分とは

一致しませんでした。
(浅輪・矢沢)えっ?

一致しないって事は
死亡した場所と発見した場所が

違うって事?
はい 恐らく。

これ 殺人事件って事で
いいですね?

いいと思います!

(新藤)
成分の違いって 具体的には?

プランクトンが
一切 検出されなかったんです。

プランクトン?
(佐久間)はい。

自然の海水には 様々なプランクトンが
含まれているんですが

これは人工海水のようで

例えば 水族館の水槽の海水とかに
よく似ているんです。

水族館 水槽…。

(優子)やっぱり 亡くなったのは
主人だったんですね。

優子さんの家に
大きな水槽があった!

あっ…。
成分検査 お願いします。

わかりました。

ねえ 共犯者がいるって事は
ないかな?

それは 優子さんの共犯者?

だって
急に 友人誘って旅行って

まるで
アリバイを作ってるようにしか

思えないじゃない。
言われてみれば…。

じゃあ その可能性も視野に入れて
もう一度 洗い直しましょう。

(岡田)薄いハブラシはLION 《ハブラシ選びに大事件!》

♬~ 君の奥歯には磨き残しがある!

(女性)嘘よ!十分磨けてるわ!

現実を見るんだ!

隠れプラーク!? 君のハブラシは

ヘッドがぶ厚すぎて 奥まで届いてないんだ

でも君は悪くない

薄型のシステマなら 奥歯の奥まで届く

≪このヘッドの薄さが決め手!≫

≪奥歯のプラークまで システマなら ごっそり≫

≪きもちいい~!≫

♬~システマ
薄型ハブラシ! ワイドも薄型

古賀さんを恨んでた人
って言われてもね…。

いや なんでもいいんです。

何か思い当たりませんか?

そういえば ひと月くらい前
高校の時の担任を見かけました。

(美里の声)かなり老けてたけど
あれ 絶対 河内先生でした。

(新藤の声)よく覚えてましたね。

(美里の声)だって 河内先生って

高校生の時 優子と交際してるって
噂があったんです。

(新藤)先生と生徒が?
うわあ~!

そのあと 2人は
どうなったんですか?

すぐ別れたと思います。

高校教師の給料じゃ

金のかかる優子を
養えるはずがないですから。

なるほど。

20年ぶりに元彼が会いに来た
って事なんですかね?

もしかしたら 優子が
呼び出したのかもしれません。

んっ?

優子が河内先生に頼んで

旦那さんを殺害した
って可能性はありませんか?

そう思う理由は なんですか?

実は 旅行中

優子が新聞やニュースを
やけに気にしてたんです。

あれ 旦那さんのニュースを
探してたんじゃ…。

佐久間くん お願い。
頼むね。

これ 本当に調べますか?
どういう意味?

これ 淡水です。

んっ?
(佐久間)あの… 海水じゃなくて

こちら 淡水魚となっております。

そうなの? あっ…。

やだ!

佐久間くん ごめん!

お疲れさまでした。
すいません。

お疲れさまでした。
すまん。

(せき払い)

失礼しました。

えー… 河内靖之さん

今 どちらにいらっしゃるか
ご存じですよね?

河内先生の居場所ですか?
ええ。

あなた 高校時代に
お付き合いされてましたよね?

フッ… いつの時代の話を…。

卒業してからは
会った事もありません。

でも 最近
あなたの前に現れましたよね?

河内先生が?
ええ。

ひょっとして 河内先生が
主人を殺したんですか?

どうして
そう思われるんですか?

いえ なんとなく。

あの… ご主人の
釣りの道具なんですけど

他にもあるようでしたら
見せて頂けませんか?

構いませんが。

ああ… どれも新しいですね。

まだ 始めたばかりですし

主人は形から入る人でしたから

ひととおり
そろえたんだと思います。

奥さんは
一緒に釣りに行った事は?

いえ。 私 朝早いのが苦手で。

何か気になる事があるんですか?

いやね このクーラーボックス
なんですけどね…。

それが 何か?

大きいですよね。

ハハハッ…。 大物でも
狙ってたんじゃないですか?

なるほど。

ありがとうございました。

ああ!

河内先生の事でもなんでも
思い出したら教えてくださいね。

そうします。

班長 水に詳しいのかと
思ってました。

ええ まあ…。

そんな事より
釣りを始めたばかりの人が

あんな大きなクーラーボックス
2つも買いますかね?

2つ? どういう事ですか?

あっちと ここと。

あっ!
変でしょ?

♬~

河内先生が勤務していた学校に
問い合わせたところ

3年前に退職しておりました。

まあ 金に困ってたんですかね。

教え子の前に現れては
金の無心をしてたそうですよ。

辞めた理由は?

いや それが
生徒に暴力を振るって

親に訴えられたみたいなんですよ。

小宮山さんたちのほうは
どうだったんですか?

全然 駄目。

優子さん 河内先生に会った事すら
認めようとしないもん。

それから あの…
リビングの熱帯魚の水槽のお水

人工海水ではなく淡水でした。
ああ…。

なんとなく
佐久間くんから報告受けてます。

班長 ドンマイっす。

まあ とにかく
今は 河内先生の行方ですよね。

新藤が 今 あたってますので。

(ドアの開く音)
お疲れさまです。

お疲れさま。
どこ行ってたんですか?

捜査…。
「ニカッ」? ああ 捜査二課。

あのさ 古賀は屋敷たちから
2億以上の金 預かって

個人的に運用してたろ?
ああ はい。

これ 出資法違反に
なるんじゃねえかなと思ってさ。

ああ… そうですね。
で どうでした?

それは 届け出を出してるから
クリアになったんだけど

古賀が大損をさせたっていう
取引実態が全く出てこないんだ。

むしろ これ
儲かってるんだよね。

古賀が自分の口座で運用していた
株の取引が

10億近い利益を上げていると。

で インサイダー取引が
疑われてるの。

じゃあ 古賀さんは

集めた金で
かなりの利益を出していたのに

大損したと嘘をついていた。

待って! もしかしたら

そのお金で優子さんは
河内先生を雇って

古賀さんを殺した可能性だって…。

(携帯電話の振動音)

あっ! 新藤。

はい。 新藤 どうした?

河内先生 教え子のつてで

今は 世田谷区の電気工事の会社で
働いているみたいです。

新藤 ありがとう。

世田谷? 行く。
(矢沢)はい。

じゃあ お願いします。
いってらっしゃい。

よし。 じゃあ このあとは…。

あれ?
班長 何やってるんですか?

やっぱり
クーラーボックスがないなあ。

んっ? クーラーボックス?

もし 古賀さんが 釣りの最中に
襲われたんだとしたら

遺留品として

釣った魚を入れるための
クーラーボックスがあるはずなのよ。

ああ そうですね。
でも それが遺留品にはないの。

でも 古賀さんの自宅には

新品のクーラーボックスが
あったんだけどね。

奥さんの話では 釣った魚は

必ず 行きつけの寿司屋に
持っていくって言ってたので

クーラーボックスを忘れる
って事は考えにくい。

じゃあ 犯人が持ち去ったのか
それとも

そもそも クーラーボックスを
持っていかなかったのか。

その可能性はあります。
うん。

失礼します。

被害者の胃の中の海水

市販されている
この人工海水と一致しました。

ちょっといいですか。

(携帯電話の振動音)
早瀬川先生。

はい。 もしもし。
どうしました?

先生 これは?

損壊が激しくて
遅くなっちゃったけど

後頭部の傷は 鈍器で殴られて
できたものでした。

形状は そんな感じ。

突起が2つある凶器?

これって 現場の遺留品の中に…。

班長 もしかして…。

鑑識に調べてもらいましょう。

このメーカーの人工海水は
生け簀用にも使われていると…。

(携帯電話の振動音)

はい。

(新藤)「あっ 先輩
会社に行ってみたんですけど

河内さん 2カ月前に
顧客とのトラブルで

クビになったそうです」
えっ?

(青柳)「で 自宅アパートも
最近 引き払ってんのよ」

「これ 手配かけたほうが
いいんじゃないかな?」

わかりました。
ありがとうございます。

主人は事故死だと聞きましたけど。

鑑定の結果

古賀さんの歯と被害者の歯は
一致したの。

古賀が自分の口座で運用していた
株の取引が

10億近い利益を上げていると。

(美里)実は 旅行中

優子が新聞やニュースを
やけに気にしてたんです。

プランクトンが
一切 検出されなかったんです。

クーラーボックスを忘れる
という事は考えにくい。

普段の食事も

自分がオーナーをしてる
割烹や お寿司屋さんから

お取り寄せなんだって。

そういう事か…。

♬~

(携帯電話の着信音)

もしもし。 はい。

明日の朝ですね?

わかりました。 はい。

これでいいですか?
ありがとうございます。

鑑識の結果 凶器は
このマルチツールで間違いない。

河内の足取り
まだ つかめません。

青柳さんたちは
関東全域に応援要請かけるって。

わかった。

♬~

(チャイム)

♬~

朝早くから 申し訳ありません。
捜査状況の報告に参りました。

我々は 河内靖之を
容疑者と考えています。

ご主人に対する
強い嫉妬心と

金銭目的のために
犯行に及んだと。

…それで?

河内は あなたに
接触してきていませんか?

いいえ 全く。

そうですか…。

ご協力ありがとうございました。
では。

♬~

もしもし? 動いたわよ。

了解です。
ありがとうございました!

よし 行こう!
はい!

あっ 班長 いってきます。
班長 動きました。 いってきます。

ああ よし…。 お願いします。
(浅輪・新藤)はい!

♬~

助かる。 おとといから
何も食べてないんだ。

古賀優子さん。

そちらの方は?

古賀武久さん。

あなたのご主人ですよね。

やっぱり 生きてたんですね。

ここにたどり着くまでに
随分 時間かかりましたよ。

そりゃそうですよね。 そもそも
スタートが間違ってたんですから。

溺死させられていたのは
あなたではなかった。

じゃあ 誰だったか。

河内靖之さんですよね。

失業した河内さんは
保険証を持っていなかった。

そこで あなたの保険証を使って
歯医者を受診させた。

あなたの身代わりにするために。

身元確認で 歯のレントゲンを
使ってもらうためには

遺体が かなり
損壊している必要があった。

そこで あなたは殺害後に
重りをつけて 海に突き落とし

しばらく
遺体が発見されないようにした。

やっぱり
動機は お金ですかね?

(新藤)屋敷さんを始め

何人かの投資家の方から
資金を預かって運用したら

思いのほかに
利益が出てしまった。

(古賀武久)なんの話でしょうか?
(新藤)お金持ちの皆さんに

大損させたという
架空の取引を報告してから

そのお金の一部を補填して
誠意を見せる。

で その後
あなたが死んだと知っても

みんな 深くは追及しない。

で 儲かったお金を持って

高飛びするつもり
だったんですよね?

あなたは
ご主人から計画を聞かされ

ご主人の身代わりとなる人物を
物色した。

そして
河内さんに白羽の矢を立てた。

もしかしたら 電気工事で

偶然 河内さんが
来たりしたのかしら。

(国木田の声)ちょうど 2人は
背格好が似てましたねえ。

ご主人の身代わりにされるとも
知らずに

河内さんは
再び あなたに夢中になった。

♬~

真っ先に疑われるであろう
優子さんに

旅行のアリバイを作って
あなたは計画を実行に移した。

あなたがオーナーを務めている
お寿司屋さんの水槽

その中に使われていた人工海水と
全く同じ成分が

ご遺体の体内から
検出されましたよ。

(浅輪の声)恐らく 優子さんが
河内さんを呼び出して

あなたが殺害した。

(殴る音)
(河内靖之)うっ!

♬~

ううーっ!

♬~

(浅輪の声)
そして 海に投げ入れた。

うわあーっ!

(荒い息遣い)

計画は 完璧だったはずなのに…。

いや そうっすかね?
結構 ヒントもらいましたよ。

おかげで 水について
随分 勉強させて頂きましたよ。

いや まさか
海水に成分の違いがあるなんて…。

ねっ?
なっ?

海は深いですね。

そうですか…。

でも この計画は
私一人で実行しました。

妻は 何も知りません。

旅行に行かせたのは

私が罪を犯すところを
見られたくなかったからです。

♬~

(優子)主人が死んだと思って
悲しんでいた時

死んだはずの主人が現れて
真相を聞かされました。

私は すぐに自首を勧めましたが

反対する主人に
逆らえませんでした。

主人を止められなかった自分を
今は すごく悔やんでいます。

本当に…
本当に申し訳ありませんでした。

(ため息)

あなたが 先ほど
ご主人に差し入れしたお弁当を

調べました。

致死量の毒物が検出されましたよ。

(ため息)

財産 全て食い尽くされて
それでもかばい続けて…。

その答えが これですよ。

食べなくてよかったですね。

それでも
まだ かばうつもりですか?

目 覚ましてください。

♬~

クソーッ!

(泣き声)

あの人 お金が もうないって
言いだしたの。

実家の資産も使い果たしたって…。

ハッ… 冗談でしょ。

なんのために
結婚したと思ってるの?

一生贅沢させてくれるって
言うから結婚したのに…。

だから 詐欺をしてでも

ご主人は
お金を手に入れようとしたのね。

お金のないあの人には
なんの価値もない。

だから 離婚して別の人探す
って言ったら

もう 必死になって…。
フフフフ…。

なぜ ご主人まで
殺そうと思ったんですか?

あなたたちのせいよ。

疑われてる事に気づいたから。

あの人 生かしておいたら
いつか 捕まる気がしたの。

ホームレスが野垂れ死んでも
誰も気にかけないと思って。

だから。
あなたは…!

あなたのために
何人もの人が犠牲になって

それでも 心が痛まないの?

全然。

だって 私と一緒にいたい男性は
大勢いるから。

そう思いません?

かわいそうな人ですね。

本当に救いようがないわね。

あなたにかける言葉は
もう 何もない。

これからは 自分の犯した罪と
しっかりと向き合っていく事ね。

♬~

(息を吐く音)

水が違うと
お茶の味も変わりますよ。

どうしたの?
(新藤)いやいや…。

この水使って入れてみたんです。
皆さんも よかったらどうぞ。

うわ~ 気が利く!

フランスの水で 日本茶入れたら
おいしくないんじゃないの?

いや 飲んでみてくださいよ。
(青柳)本当に?

どうですか?
うん?

うーん… なんだろう? これ。
確かに 味は違うよね。

新藤くん このお茶使ったの?

えっ? 何か問題でも?
これってさ

小宮山さんのデスクの上に
4年前からある…。

えっ? そうなの?
全然 覚えてない。

えっ 小宮山さん!
片づけましょうよ!

俺 2杯も飲んじゃっ…。

あっ…。
どうした?

あっ…。
えっ?

いや なんか…
ちょっと すいません。

説明できない…。
(青柳)えっ?

この辺… なんか…。
どうしたの?

なんか だんだん大きくなって…。
この辺の なんか…。

ちょっと…
ト… トイレ行ってきます。

なんだよ!
大丈夫?

雰囲気にのまれてるだけだろ?
あれ。

そうだよね。
大丈夫よ お茶ぐらい。

でもね 胞子感じません?
胞子?

持って帰って。
いいよ あげるよ。

まあ でも あれですね 皆さん。

水っていうのは
奥が深いものですよね。

そう思いませんか?
どうしたの? 急に。

いやいや まあ 思えば

最初にコーヒーが ちょっと
味が違うって言った時から

まあ この事件
いろいろ動き出しましたしね。

ちょっと待って。 それ
自分の手柄って言いたいの?

あれ? そんな感じで
聞こえちゃいました?

ハハハハ! すいません。
いやいや…。

いや そんなつもりは
なかったんですけれども…。

アハハハ! ウフフフ!
アハハハ!

(村瀬健吾)よし。
(ノック)

はーい!
(下川)失礼します。

城東中央署の下川です。
曽根明子の件でよろしいですか?

曽根明子…。
私を刺した犯人ですよね?

ええ。 実は その曽根の供述が
あやふやでしてね。

あなたに
刺したのは彼女で間違いないと

証言してほしいんですよ。
あやふやですか…。

彼女 逮捕時に怪我した影響で
取り調べも遅れてましてね。

でも 上からは早く送検しろって
せっつかれてるんです。

できれば 一度

曽根容疑者に
会わせてもらえませんかね?

別の真犯人がいる…。

あの時と
おんなじ香りがしたんです。

(矢沢)真犯人は
その後も事件を繰り返してる。

(青柳)絶対見つかると信じて
探すんだよ。

止めに来たのなら無駄ですよ。
(小泉真希)ふざけないでください。

(八木敬司)新藤さんが
戻ってこないんです。

〈これまでの放送を全部見るなら
TELASAで〉