[新]「ボクの殺意が恋をした」#1 主演中川大志【殺し屋とターゲットが恋!?】[解][字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[新]「ボクの殺意が恋をした」#1 主演中川大志【殺し屋とターゲットが恋!?】[解][字][デ]

最高に間が悪い殺し屋(中川大志)と、暗殺ターゲット(新木優子)がまさかの恋に!?殺すのか…恋するのか…二人の運命は!?
今までにないスリリング・ラブコメディ!

出演者
男虎 柊…中川大志
鳴宮美月…新木優子
八乙女流星…鈴木伸之
水瀬千景…田中みな実
風岡樹生…中尾明慶
江村隼也…永田崇人
皆川真希…小西はる
綿谷詩織…水野美紀
男虎丈一郎…藤木直人
番組内容
男虎柊(中川大志)は、幼い頃に両親を亡くし、清掃会社を営む男虎丈一郎(藤木直人)に育てられた。
ある日、丈一郎が何者かに殺されてしまう…。混乱する柊に、刑事の綿谷詩織(水野美紀)は、警察には通称“SOS”という極秘の殺し屋組織があり、丈一郎はそこに所属する伝説の殺し屋だったと打ち明ける。
そして丈一郎を殺したのが人気漫画家の鳴宮美月(新木優子)だと知った柊は、殺し屋になって復讐することを決意する-
監督・演出
【監督】星野和成
原作・脚本
【脚本】徳永友一
音楽
【音楽】大間々昂 田渕夏海
【主題歌】Vaundy「花占い」
制作
【チーフプロデューサー】岡本浩一
【プロデューサー】中間利彦 小島祥子 石田麻衣
【共同プロデューサー】三上絵里子
番組HP
【番組ホームページ】
https://www.ytv.co.jp/bokukoi/
番組公式SNS
【番組公式Twitter】@bokukoi_drama
【番組公式Instagram】@bokukoi_drama
【番組公式LINE】https://lin.ee/kniUOAg

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 詩織
  2. 先生
  3. ハァ
  4. 風岡
  5. 鳴宮美月
  6. 丈一郎
  7. お前
  8. ダメ
  9. 大丈夫
  10. 事故死
  11. 千景
  12. ヤバ
  13. 柊君
  14. 本当
  15. シャンデリア
  16. 大変
  17. 任務
  18. ターゲット
  19. デス
  20. プリンス

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



♬~

♬~ (歓声)

♬~

(風岡)
先生 皆さん お待ちですよ。

♬~

(男虎 柊) ターゲットを確認。

(風岡) 皆様
大変お待たせいたしました。

それでは
ご登壇いただきましょう。

第42回 学英館漫画大賞に
輝きました

鳴宮美月先生です。

皆様 盛大な拍手で
お出迎えください。

(拍手)

えっ? あれ? 先生?

♬~

♬~

鳴宮美月だな。

♬~

(カーラジオ) 迫って来る…!
(男虎丈一郎) 行け ほら まくれ!

(丈一郎) 行け! させ! させ!
まくれ! 行け!

あぁ… クッソ 負けた。
(カーラジオ) 勝ったのは…。

はい 終わり~ 早く食べて。

ハァ… 今月はツイてねえなぁ。

あぁ?
何?

柊 お前 やったな?

ちょっとぐらい いいだろ。
よくない。

次 やったら許さないって
言っただろ。

いちいち文句 言うなよ ほら。

うるせぇ!
二度と入れんなよ ピーマン!

こっちは栄養 考えて作ってんの
子供か! ほら。

グチグチうるさいヤツだな
母親か?

早く食べろって もう ほら!

食べてやりたいとこだが
もう時間だ 休憩 終わり。

何だよ せっかく作ったのに…。

ごちそうさま 行くぞ。

(記者) 『ハリネズミ探偵・ハリー』
累計3000万部を突破したそうで

おめでとうございます。
(鳴宮美月)ありがとうございます。

アニメも大ヒット 実写映画化も
決定したとのことで

我々も大変 楽しみにしています。

なぜ 今まで
顔出しして来なかったんですか?

作品だけを
評価してもらいたかったから。

(記者) いや もうホント
おキレイですもんね。

正直 驚きました
モデルさんみたいだなって。

フフ… よく言われます。

(小声で) 自分で言うかなぁ?

(記者) じゃあ 立ち姿の写真も
何枚か お願いします。

はい。
(カメラマン) すいません… この辺で。

はい。

じゃあ 行きますね。
はい。

♬~

おい 柊。
ん?

邪魔だ お前。
ん?

あっ! すいません!

(ガラスにぶつかる音)

♬~

あ~ 痛い まだ頭 痛ぇよ。

仕事中に邪魔した
お前が悪いんだよ。

は?
仕事中なのは こっちも一緒だろ。

取材 まだあるの?

え~ 今週は
あと5件 入ってますね。

週末には 受賞記念パーティーも
ありますんで。

♬~

♬~

えっ 引退!?

そもそも この清掃会社は
お前の両親が始めたもんだ。

俺は お前が後を継ぐまで
守っていたにすぎない。

後は任せた。
ちょっと待ってよ。

無理だって 俺一人で。
知るか。

これからはな
とびっきりの女を見つけて

第二の青春を謳歌するんだ。

何だよ それ…。

あ… あ~! ちょ ちょ…。

止めて!
あ?

あっ。

(女の子の泣き声)

うわっ!

うおっ…! 大丈夫?
うん。

よいしょ よかった よし。

あ~。

よしっ!

よし… はい!
ありがとう。

(風船が割れる音)
うわっ!

(泣き声)
あっ!

あっ いや… ごめんね。

ごめん…。
(母親) ゆな! どうしたの?

ちょっと あなた!
うちの子に何したんですか?

ハァ…。
いやいや 違いますよ!

僕は ただ あの 風船… 風船。
(女の子の泣き声)

(丈一郎) お前ってヤツは
ホントに間が悪い。

肝心な時に必ず失敗する。

あっ うまそう。
(詩織) でしょ。

(詩織) 狛江署の署長からもらった
きんつば 食べて。

お前の失敗癖はな 見てるこっちが
つらくなるんだよ。

いただきます。

おい 柊 聞いてんのか?
ひとの話。

詩織さんは いいよね
いつも暇そうで。

(詩織) 失礼な! 聞いた?

生活安全課っていうのはね

暮らしに密着した事件を解決する
大事な仕事ばかりなのよ。

…とか言って
しょっちゅう ここにいるじゃん。

失敗癖ってね
そんな言い方しなくてもねぇ。

そうだよ
別に 見なきゃいいわけだし。

嫌でも目に入るんだよ!

小学校の卒業式
お前は全校生徒の前で

あろうことか
校長先生のカツラを取ったよな。

(柊の声) だから あれは

転びそうになったのを
助けようとした弾みに

思わず 手が ちょうど…。

(詩織) 私 それで言うなら
あっちのほうが好き。

運動会でさ 柊君が
リレーのアンカー走るからって

見に行ったら 走る直前に…

ハトのフン 目に入っちゃって
保健室 運ばれて ハハハ…。

(柊の声) あの時は いきなり
目の前にミツバチが飛んで来て

それをスウェーでよけた弾みに
フンが落ちて来たの!

本当に間が悪い 悪過ぎる。

じゃあ こっちも言うけどさ

「日常は危険であふれている」
とか言って

やたらと
恐怖心をあおってたの誰!?

己を鍛え 常に降りかかる危険を
回避しろ!って

ガキの頃から変なトレーニングを
させられてさ。

そのせいで
俺は小っちゃなことまで

気になるようになっちゃったの!
ああ そうだな。

全ては お前をそう育てた
俺のせいだ!

ああ そうだよ
分かったなら文句言うな。

(詩織) はいはい もう そうやって
すぐケンカしないの!

子供じゃないんだから。
着替えて来る。

(丈一郎) 柊。

お前が優しいのは分かるが
何でもかんでも 首 突っ込むなよ。

たまにはな 見て見ぬふりを
することも必要だ。

分かってるよ。

ただ さっきの子供たちは
放っておけなかった。

何でだ?

何でだろ…。

何となく?

♬~

♬~

葵ちゃん! 葵ちゃん!

葵 行くわよ

葵ちゃん! 葵ちゃん!

♬~

(丈一郎) 何やってんだ?

えっ どこ行くの?

言ったろ これからは
第二の青春を謳歌するって。

えっ まさか…。

まぁ お前もせいぜい
人生を楽しめよ。

デート!?

(波の音)

♬~

(銃声)

(倒れる音)

(着信音)

はい。

撃たれた?

(詩織)詳しいことは分からない
今 本庁から連絡があって…

現場に 丈ちゃんの身分証が

♬~

♬~ (サイレン)

♬~

(警察官) おい… 何やってんの!?
丈さん… 丈さん!

離せ! 離せよ‼ 丈さん!
(警察官) ダメ 落ち着きなさい!

丈さん! 丈さん‼
(警察官) 落ち着きなさい。

♬~

♬~

(風岡) 先生…
原稿のほうは まだでしょうか?

先生…。

(千景) そんな焦らせたって
いいもん できないから~。

そんなこと言ったって
締め切りは明日ですよ!?

取材なんて受けさせる
時間あったら

描かせればよかったのに。
(風岡) 確かに…。

今 私は猛烈に後悔しています。

今日は受賞記念パーティーだって
入ってる。

このままだと
確実に連載に穴をあけることに…。

そうなれば
私の管理能力不足が問われ…。

(江村) え~ こちらが
うちの編集者 風岡さんで~す。

おい おい おい… 何やってんだ?

へへへ…。
動画配信 始めたんだって。

(江村)
漫画家ミウチューバーとして
活動しようかと思って。

(風岡) ダメ ダメ ダメ ダメ!
何やってんのよ!?

何やって… ダメだって!
(通知音)

来た!
ついに来ましたか!?

こいつとか~。

まぁ ごはんぐらい 行ってみるか。

ダメだ… 胃が痛くなって来た。

ハァ…。

(キャスター) 先月27日

東品川マリーナで揚がった
遺体の身元は

東京都大田区在住の
男虎丈一郎さんだと判明しました。

警察は遺体の状態などから
誤って海に転落した

事故死とみて
捜査を進めています。

事故死?

先月27日 深夜

11時50分頃 品川区にある
東品川マリーナで

男性が海に転落したと
110番通報がありました。

警察が駆け付けたところ…。

これ どういうこと?

丈さんは
誰かに撃たれたんじゃ…。

ハァ… そうよ。

丈ちゃんは

射殺されて 海に捨てられた。

だったら何だよ!? このニュース。

何が事故死だよ。

警察は何やってんだ!
早く犯人 捕まえろよ!

黙ってないで何とか言ってよ
詩織さん!

私が指示したの。

え?

「事故死で処理するように」って。

丈ちゃんからは

柊君には絶対に言うなって
言われてたんだけど。

何?

「五黄のトラ」?

丈ちゃんのコードネーム。

丈ちゃんはね

殺し屋だったの。

は?

「Secret Operation Service」。

警視庁には
ごく一部の人間しか知らない

殺し屋組織が存在してる。

私は そこ 「SOS」の責任者。

ちょ… ちょっと待って。

詩織さんは生活安全課じゃ…。

それは表の顔。

私の本当の任務は

テロリストや
法の目をかいくぐって

捕まえることができない
悪人たちを…。

組織に属している殺し屋に

始末させること。

丈ちゃんは これまで

難しいミッションを
何度も成功させて来た

「SOS」の
トップエージェントだった。

何 言ってんの?

そんなバカな話 信じるわけ…。

プロの殺し屋は
ほとんどの仕事を

事故死に見せ掛けて
終わらせている。

誰にも
殺したとは知られないように。

丈ちゃんは

そういう殺し屋に恨みを持つ
裏組織の人間に消されたの。

だけど…。

誰にやられたのかは分かってる。

鳴宮美月。

銃声

♬~

こいつが…

本当に丈さんを?

(操作音)

現場に残された監視カメラの映像。

(操作音)

(銃声)

(倒れる音)

(海に落ちた音)

ふざけんなよ…。

ふざけんなって…。

殺し屋?

何だよ? それ
意味 分かんないし。

いいかげんにしろよ!

あの丈さんが そんなわけ…。

丈ちゃんの部屋

入ったことある?

♬~

♬~

♬~ 入って。

♬~

(電子音)
♬~ (鍵が開く音)

♬~

♬~

どう?
これでも まだ信じられない?

丈ちゃん 今回の任務で
引退するって言ってた。

いつか 柊が結婚…。

結婚する時

まともな人間になっていたい
って…。

俺は柊の親代わりだからって。

(丈一郎)柊 お前 やったな?
二度と入れんなよ ピーマン!

こっちは栄養 考えて作ってんの
子供か!

(丈一郎)
グチグチうるさいヤツだな

何が親代わりだよ…。

ピーマンひとつ食べれないくせに。

♬~

♬~

(丈一郎)柊

今日からは 俺のことを
「丈ちゃん」って呼べ

お前の面倒は俺が見る

お前が立派な男になるまで

ずっと付き合ってやる

ホントに?

ああ 約束だ

だから もう泣くな

涙をぐっとこらえて

強さに変えろ

♬~

まぁ お前もせいぜい
人生を楽しめよ

(泣き声)

(詩織) 私だって悔しい。

大切なエージェントを失った。

これは私の責任よ。

あの女は必ず始末する。

約束する。

いや…。

手出ししないでくれ。

俺が殺る。

丈さんの任務を

俺が引き継ぐ。

何 言ってるの?

あなたに そんなこと…。

一度 足を踏み入れたら

二度と戻って来られない
危険な仕事よ。

それでも本当に…。

この手で…。

丈さんの敵を討つ。

♬~

(詩織)鳴宮美月は最近まで
決して姿を見せなかった

人気漫画家
漫画家?

(詩織)なぜ今まで
姿を見せなかったのか

それは テロ組織とつながる
重要人物だったからよ

テロ組織に多額の資金を
提供しているといわれてる

そんな人物が
急に表舞台に出て来た

そこで私は 丈ちゃんに

殺害するよう依頼したの

だけど 返り討ちに遭ったの

私は上から 事故死として
処理するよう命じられた

そして この女 鳴宮美月も
内々に処理するよう言われてる

♬~

ターゲットを確認。

(詩織) 了解
いい? 勝手な行動は許さない。

絶対に人目に触れずにミッションを
遂行するのが「SOS」のルールよ。

いつ どこで仕留めるか

必ず私の指示に従って。

分かった。

フゥ…。

(江村) うわっ うわっ うわっ!
(真希) 先生 先生…!

八乙女流星ですよ。
八乙女流星!?

(真希) ほら あの
海外で活躍中の大人気モデル。

(歓声)

≪八乙女さ~ん!≫
≪カッコいい!≫

(千景) 八乙女さ~ん!

(江村) はやっ!

はじめまして 私 鳴宮美月先生の
アシスタントをしております…。

はじめまして 八乙女流星の
マネジャーをしております。

何かございましたら この私に。

フッ。

八乙女流星です
受賞おめでとうございます。

ありがとう。

僕 先生の漫画の大ファンでして。

特に第4巻の
風邪をひいたハリーを看病する

主人公の琴音ちゃんの姿には

涙が…

止まりませんでした。

ヤバい
思い出したら また涙が…。

すいません。

これ よかったら 僕も使ってる
ブータン産のアロマキャンドルです。

お疲れでしょうから。

♬~

(詩織)今日 鳴宮美月は
パーティーに現れる

隙を見て彼女に近づいたら…

(詩織)
この注射針を首元に刺して

3分後 鳴宮美月は
呼吸困難で倒れる

(詩織)その後 警察に
事故死として処理させる

詩織さん ごめん。

柊君?

丈さんは 撃たれて殺された。

だったら 俺も…。

撃ち殺す。

ダメよ 柊君!

(詩織) ルールを守って!

ハァ ハァ…。

しゅ… 柊君!?

(風岡の声)
皆様 大変お待たせいたしました。

それでは
ご登壇いただきましょう。

第42回 学英館漫画大賞に
輝きました…。

(風岡) ≪鳴宮美月先生です≫

(拍手)

フゥ…。

鳴宮美月だな。

誰?

♬~

《はぁ?》

《ヤバい》

何?
え?

あっ いや いや あの…。

(千景) 先生 もう始まってますよ。

ん? あなた ここで何してるの?

え? あ… あの…。

変態。
え!?

変態!?
いや いや いや ち… 違いますよ。

私のいた化粧室に入ろうとしてた。

いや してないって。

俺は ただ あなたを…。

《殺そうとしただけなんだけど》

私を… 何?

呼びに来たんです
ほら もう始まってるから。

(千景) な~んだ そうだったの?

ごめんなさいね イケメン君に
変態なんて言ってしまって。

いえ…。
《危なかった》

水瀬です。

ウフっ 連絡くれたら
ごはんぐらい行っちゃうかも。

フッ軽なんで。

あ… あの…

もう行っちゃいましたよ。
え?

先生?
ちょっと待ってください 先生?

何だよ あの女。

えっ?

(常務) いやぁ 美月先生が

こんなに
おキレイな方だったなんてねぇ。

そうなんですよ 常務
もう毎日 大変でして。

あっちこっちから
取材依頼 入るもんだから

この私がスケジュール管理を
バッチリやってましてね。

(常務) おぉ それは大変だね。

《クソ…
ひとを変態扱いしやがって》

《撃ち殺してやりたかったが
しょうがない》

《こいつをぶっ刺してやる》

《1人になった 一瞬の隙を狙う》

失礼します。

《今だ!》

先ほどは失礼しました
よかったら シャンパンでも。

(シャンデリアが揺れる音)

♬~

んっ… 大丈夫!?

《大丈夫じゃないだろ!?》

《何 助けちゃってんだよ!》

(風岡)
先生! おケガありませんか?

先生!
大丈夫ですか?

痛っ…。
(千景) 大丈夫ですか?

よかった あぁ よかった。

大丈夫ですか?

痛っ!

あぁ…。

痛ぇ…。

(振動音)

はい。
(詩織) 柊君。

どうして勝手な行動をしたの!

ごめん…。

ルールに従えないなら
この任務は任せられない。

分かってる 痛っ…。

一体 何があったの?

あの…。

ターゲットを助けちゃって。

タ… はぁ?

突然 シャンデリアが落ちて来て
つい…。

シャンデリアが?

あっ でも大丈夫
絶対に この手で… ねっ。

(足音)

貸して。
え?

いや ちょっと… あっ。

痛っ!
動かないで。

ごめん。

ホント最悪。

ドレスは破れるし
シャンパンは かかるし。

もう二度と着れなくなった。

まだ1回しか着てなかったのに。

え? えっ それ俺のせい?

他に誰がいるの?

ふざけんなよ!
助けてやったのに。

本当は 私に抱き付きたかっただけ
じゃなくて?

はぁ!?

変態疑惑
私の中では まだ残ってるから。

《こいつ マジで何なんだよ!?》

まぁ でも
一応 助けてくれたってことで

今回は 大目に見てあげる。

《うるせぇ
ぜってぇ殺してやるからな》

じゃあ。

待てよ。

♬~

(風岡) いた いた いた…
先生 皆さんがお待ちです。

分かった。
(風岡) はい。

大丈夫ですか?
うん。

このまま生きて帰れると思うなよ。

中止…。

そうなんですよ。

せっかくの先生の晴れ舞台に
こんな事故が起きてしまって。

助けてくれて
本当にありがとうございます。

先生のこと。
あぁ いえ…。

千景さん ほら
先生のお見送り 行きますよ。

(千景) あぁ はい… じゃあ また。

あぁ!

ハァ…。

他にも殺し屋が!?

突然 シャンデリアが落ちて来た
って聞いて

おかしいと思って調べたの。

そしたら
鳴宮美月に恨みを持つ連中が

とある殺し屋に依頼したという
情報が見つかった。

天才肌であり

組織に属さない フリーの殺し屋。

(詩織の声) これまで
何人もの人間を殺して来た男。

(詩織の声) 死に対して敬意を持ち
たとえ ターゲットであっても

死にざまは美しくあるべきだとの
ポリシーを持っている。

(詩織の声) 芸術的な殺し方から
付けられたコードネームは

「デス・プリンス」。

「デス・プリンス」。

こいつが シャンデリアを…。

(詩織の声) 「デス・プリンス」が
動いてるとなると

素人じゃ 太刀打ちできないわ。

「自分の手で敵を」っていう
気持ちは分かるけど

まだ手を汚していない今なら
引き返せる。

♬~

いや 俺は ただの素人じゃ ない。

ガキの頃から ずっと

丈さんに教わって来たんだ。

いいか いつなんどき
危険が迫って来てもいいように

今日から お前を強い男にする

うん

こいつで車を磨け

右手で洗って 左手で拭き取れ

始め!
はい

♬~

(丈一郎)円を描くように

右手で円 左手で円
はい!

違う!
手首だけで上に~ 下に~

ロングストロークだ

♬~

♬~

どっかで見たような
変なトレーニング。

何で 毎日毎日
やらされるのかって思ってた。

よく分からない座学まで
教え込まれて。

けど 今なら分かる。

殺し屋のもとで育つ俺が

いつなんどき
誰に襲われてもいいように

強くしたんだ。

俺のために 丈さんは…。

これは
丈さんから引き継いだ任務。

必ず この手で仕留める。

教えてくれ。

鳴宮美月の家が どこにあるのか。

ええ 分かってます 約束は必ず…。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

《何でだよ? 何で 丈さんを…》

♬~

終わらせてやる。

ハァ…。

(物音)

《何だ? 何の音だ?》
(物音)

♪~
(オペラ)

♬~

♬~

《ボール?》
♬~

♬~

♬~ はぁ?

♬~

♬~ (膨らむ音)

♬~

ハァ…。

殺しとは すなわち…

芸術。

(膨らむ音)

ん? ん?
(膨らむ音)

《あいつだ…
「デス・プリンス」だ》

《どうなってんだよ これ!》

(膨らむ音)

《爆睡…》

《どんだけ ふてぶてしいんだよ
この女!》

(膨らむ音)

《意味 分かんねえ
何でボールが?》

ん?

粉?

ハッ!

(膨らむ音)

(丈一郎)粉塵爆発とは

可燃性の粉塵が
大気中に浮遊した状態で着火し

爆発を起こす現象だ

ここでの可燃性粉塵とは

金属粉 炭塵などの可燃物を含む

《おい おい おい… 待てよ!
これ ヤバくね!?》

《このボールが割れて
浮遊した可燃物に着火したら…》

爆発音

《木っ端みじん!》

(膨らむ音)

《ヤバい!》

(破裂音)

(せき込み)

(火災報知器の警報音)
(せき込み)

(火災報知器の警報音)
ハァ ハァ… 逃がすか!

(火災報知器の警報音)
殺すのは 俺だ!

♬~

♬~

ぐあぁ~!

あぁ…!

《ヤバっ!
何 また助けちゃってんだよ!?》

あっ… うぅ!

《やるんだ…
丈さんの敵を取るんだ》

《殺す… 殺してやる》

♬~

♬~ キャ~!

♬~

何してんの バカ!

何してんの?
早く引っ張り上げてよ!

早く!

早くしてってば!

♬~

う~! お~…。

あぁ… ハァ ハァ… あ~!

痛った!

それ こっちもだし。

ハァ ハァ…。

(パトカーのサイレン)

(パトカーのサイレン)
うぅ…。

待って!

何で あんたが ここにいるの?

え?

あ… あの…。

♬~

これ! これを届けに。

君のでしょ?

じゃ。

待って。

どうして ここが分かったの?

♬~

フッ軽な女に 名刺をもらってさ。

ここにいるのかなって。

《ヤバい 完全に怪しまれてる》

ねぇ…。

私のボディーガードになって。

えっ?

♬~

♬~