IP~サイバー捜査班 #5[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

IP~サイバー捜査班 #5[解][字]

佐々木蔵之介がサイバー捜査のスペシャリストに!ソーシャルハッキング、なりすまし、遠隔操作…あなたの身近に迫る<姿なき犯罪>に最先端のサイバー技術でクールに挑む!

◇番組内容
ソーシャルゲーム会社の社員が殺された。被害者は、ある悪質なプレイヤーの一人を探っていたことが判明。安洛(佐々木蔵之介)はサイバー技術を駆使し、そのプレイヤーを割り出すと、なんとサイバー総合事犯係の係長・平塚(杉本哲太)の息子であることが分かり…!?さらに、被害者の所属するゲーム会社では、6人の創業メンバーが互いにいがみ合っていて!?“ゲーム”をめぐる殺人の裏には、父と子の切ない物語が隠されていた!
◇出演者
安洛一誠…佐々木蔵之介
古宮山絆…福原遥
多和田昭平…間宮祥太朗
川瀬七波…堀内敬子
岡林琢也…吉村界人
畑野陽葵…中川知香
平塚栄太郎…杉本哲太
【ゲスト】
平塚拓夢…森山瑛
吉岡三紀彦…駿河太郎
秋原勇次…忍成修吾
高堀悦郎…なだぎ武
◇脚本
戸田山雅司
◇監督
宗野賢一
◇音楽
木村秀彬
◇主題歌
SEKAI NO OWARI『family』(ユニバーサル ミュージック)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】横地郁英(テレビ朝日)
【プロデューサー】川島誠史(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、髙木敬太(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/ip/
☆Twitter
 https://twitter.com/ip_cyber2021

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. シャイロック
  2. ゲーム
  3. 拓夢
  4. アズーロ
  5. アドベンチャー
  6. 鶴本
  7. 秋原
  8. 七波
  9. 吉岡
  10. アカウント
  11. クラファルト
  12. 岡林
  13. 吉岡社長
  14. 息子
  15. 被害者
  16. 平塚
  17. お前
  18. 係長
  19. 捜査
  20. 竹村

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,000 (2021/09/16 21:03:36時点 Amazon調べ-詳細)

なんか

(安洛一誠)う~ん!

うまい…!

いやあ
安洛主任と一緒に飲めるとは

思ってもみませんでした。

一緒にって…。

別に
私が誘ったわけではないですし

「平塚さんのほうから 一方的に
勝手に押しかけてきた」の

間違いではないですか?
いやあ 新鮮ですね。

安洛主任と ですます口調で
会話できるなんて。

今は仕事ではありませんから。
古宮山さん 本当に娘なんですか?

プロファイラーなら もっと
デリカシーとかないんですか?

すいません すいません…。

ですが 私は嬉しいんです。
はい?

お掃除係で 子供がいる男は
私一人でしたけど

安洛さんも父親だとわかった以上
父親同士 いろいろ

相談できるんじゃないかと…。
(せき払い)

だから まだ
親子だと決まったわけでは…。

というか 決めるのは
向こうの判断で…。

私の息子 拓夢っていうんですが

医学部目指して 浪人3年目

最近は 予備校にも行かず
部屋に引きこもって

ろくに顔を見せようともしません。

それでも
勉強してるのかなと思いきや…。

『AZZURRO ADVENTURE』っていう

結構人気の
ゲームらしいんですけど…。

確か 平塚さんの奥様は
随分前に…。

ええ。 拓夢が15の時に
病気で…。

そのあとは まさに 二人三脚で
ここまでやってきました。

自分で言うのもなんですが

理想的な父子関係を築けたと
思ってたんですが

最近は 何を考えてるんだか
全くわからなくて…。

相談というより
愚痴に聞こえますが。

いいんです。
答えなんて求めてません。

こうやって話せる事が
嬉しいんです。

安洛さん

これからも パパ友として
私の愚痴に付き合ってください。

お願いします!
パパ友の使い方が間違ってる。

(鶴本勝弘)うわあーっ!!

「(斬る音)」

(足音)

♬~

(パトカーのサイレン)

(畑野陽葵)亡くなったのは

ソーシャルゲーム運営会社
クラファルトの社員

鶴本勝弘さん 45歳です。

(刑事)1万円札が
100枚近くありました。

封筒から
被害者以外の指紋も出ましたが

前歴者には
ヒットしませんでした。

(河原町燦丞)
物取りの線は薄そうだな…。

おい 携帯のほうは どうだ?

それが 画面が割れて
電源も入らなくて…。

(陽葵)だったら お掃除係で
復元してもらいますね!

ちょっ ちょっ
ちょっ ちょっと…!

で 持ってきちゃいました!

(川瀬七波)よくやった。
さすが 私の後輩。

(多和田昭平)被害者の勤務先
ソーシャルゲーム運営会社の

ソーシャルゲームって
なんですか?

今どきの若者のくせに
知らないんだ。

アカウントさえ入手すれば

スマホやパソコンで
誰でもできるゲームの事。

(岡林琢也)
復元完了。 ロックも解除。

(古宮山 絆)早っ…。

ジャーン。

(平塚)あっ…
『アズーロ アドベンチャー』?

係長
ゲームなんか 知ってるんだ!

いや ちょっとした
家庭の事情でして…。

『アズーロ アドベンチャー』は
クラファルトの人気ゲームだし

自分の会社のゲームなら
スマホに入れてても おかしくないよ。

いや 違う…。
そうとは限ら…。

そもそも…。
ですから…。

仲がいいこと。
うらやましい…。

譲り合う時間が無駄だ。 先に言え。

…はい。

スマホが
ゲーム画面だったとしたら

被害者は 転落する直前まで
ゲームをしていた

という事になります。 ですが

廃虚に ゲームをプレーするために
立ち入ったとは

考えにくいですし…。
その場合 考えられるのは

ゲームの中に
確認すべき何かがあった。

あるいは ゲーム画面を
何者かに見せる必要があった

という事になる。

転落時に一緒にいたとすると
犯人の可能性も出てきますね。

『アズーロ アドベンチャー』が
事件に関係してるって事ですか?

(七波)思い出した! 2カ月前に

生活安全部から
事件情報が上がってきてたのよ。

(キーボードを打つ音)

「『アズーロ アドベンチャー』に
アクセスするためのアカウントが

ネット上で高額で売買されている」…。
(岡林)って言っても

はっきり 違法行為だとは
確認できなかったから

ほったらかしに
なってたやつだけど…。

だとしても
事件に関係あるとしたら…。

わかりました。
サイバー総合事犯係としては

被害報告があった以上
捜査に加わるべきだと判断します。

(七波)係長が 珍しく
リーダーシップを発揮してる…。

京都府警です。

広報担当の小谷と申します。

社長の吉岡は会議中で

終わるまで
社内をご案内するようにと。

はい。 お願いします。

どうぞ こちらへ。

(竹村智史)あっ 篤美さん
勘弁してよ!

(竹村)このセリフ
大事な伏線なんだから

カットしたら
台無しになっちゃうでしょ?

ゲームのシナリオ担当の
竹村です。

あの… それって

『アズーロ アドベンチャー』の
シナリオですか?

(竹村)そう。

どんでん返しは結構ですが

セリフ自体が
コンプライアンス的にアウトだと

デバッグチームから
チェックが入ったんです。

文句なら
直接 社長にかけ合ってください。

…はい。
はい。

♬~

(篤美)彼女は川合さん。

『アズーロ アドベンチャー』の
運営当初からの

アートチームのリーダーです。

ちなみに さっきの竹村さんも
旗揚げメンバーの一人です。

(篤美)じゃあ お願いします。
(真子)はい。

吉岡社長は 10年前に
『アズーロ アドベンチャー』を作って

このクラファルトを
起業されたんですよね?

ええ。

これが 当時の写真です。

ああ… 亡くなった鶴本さんも
起業メンバーだったんですね。

「ええ。 彼とは

『アズーロ アドベンチャー』を
作る時から 一緒でしたから」

この吉岡って
テレビで見た事ある!

学生時代から ゲームプロデューサーとして
有名でしたからね。

今や ソーシャルゲーム界の
カリスマって感じ。

息子のはまっているゲームを
捜査している…。

それを理由に
親子の会話を取り戻そうなどと

公私混同では?

公私混同といえば

安洛主任だって 職場に親子関係を
持ち込んでるじゃありませんか!

親子って なんの事?

雑談は時間の無駄だ。
関係者の聴取に集中しろ!

鶴本さんは デバッグチームの主任
と伺いましたが。

基本は ゲームのバグを調べて
対処するセクションですが

それ以外にも
シナリオのチェックや

ゲームの運用全般を
管理する仕事です。

仕事上
誰かに恨まれるような事は?

まさか…。

「そんな事ありません」

「あの 以前…」

京都府警に
被害届を出されてますよね?

ああ…。

ユーザーの中には

高額な課金をして
レベルをマックスまで上げたり

最強の武器や防具をそろえた
アカウントを

サイトで売買して
儲けたりする人もいますからね。

シャイロックは
かなり悪質でしたから 被害届を。

シャイロック…?

人気のあるゲームでは
よくある事です。

あいにくですが
この件に関しては

社内で万全な対策を取り
すでに解決済みですので…。

「ご心配無用です」

(七波)なんか この社長
隠し事してる感 ありありね。

広報の女性は
シャイロックって言ってましたね。

見つけました。

被害者のパソコンに
大量のファイル…。

(操作音)

実際に
『アズーロ アドベンチャー』をプレーして

参加してるプレーヤーを
調べてたようだ。

その名もシャイロック。

(七波)シャイロックって
名探偵じゃないし…。

シェイクスピアも読まないのか。

強欲な商人だ。

自らを「強欲な商人」だと名乗った
このシャイロックは

ゲーム内で 人が集まる場所に現れ
他のプレーヤーに

最高レベルのアカウントの取引を
持ちかけていた。

(岡林)
『アズーロ アドベンチャー』では

プレーヤー同士のアイテム売買は
できないけど

シャイロックは
ゲームの外のサイトに

相手を誘導して

そこで アカウントの売買を
してたみたいです。

相手の客は オンライン決済や
暗号通貨で代金を支払い

引き換えに
アカウントを入手する仕組みだ。

売買専門サイトの情報も
ありました。

(七波)20万円!?

ゲームのアカウントに
そんなに払うんだ。

シャイロックは
複数のアカウントを取得して

ゲームをプレーし それらを
この手のサイトで売買していた。

(平塚)ですが 吉岡社長は
この件は解決済みだと…。

嘘だ。

アカウントの売買は
つい最近まで行われ

総額は
5000万円にまで及んでいる。

鶴本さんは シャイロックを
見つけ出したせいで

殺害されたんでしょうか?

強欲な商人では逮捕できないが
殺人は れっきとした犯罪だ。

シャイロックが犯人なら
必ず見つけ出す。

♬~

(社員)シャイロック?

あ… もう結構です。
ありがとうございます。

駄目です。
誰もシャイロックは知らないって。

あっ 吉岡社長…。

(秋原勇次)おい!

提携を3カ月も前倒しにするって
どういう事だ!?

秋原… その件については
いずれ ちゃんと説明するから。

わかってるんだぞ
お前の魂胆は。

業務提携のふりをした
吸収合併で

俺の会社を
子会社にするつもりだろ?

(篤美)秋原さん それは誤解よ。

お前が どう思おうと
提携の基本線は変わらない。

それに この件については
高堀さんも納得済みだ。

本当か?

(高堀悦郎)それに関しては
改めて協議を重ねた上で…。

お前ら 俺に隠れて
何コソコソやってんだ?

そうやって 俺に勝ったつもりか?
ふざけるな!

大丈夫ですか?

♬~

♬~

♬~

ああ…。

お恥ずかしいところを…。

あの 今の2人って 確か…。

2人とも
以前 うちにいた社員です。

(吉岡)おい 余計な事 言うな。
行くぞ。

社長室にあった写真と同じものが

ゲーム関連のサイトの記事に
残っていました。

殺された鶴本さんを含めた
この7人が

『アズーロ アドベンチャー』を
作ったメンバーだそうです。

シャイロックが見つかった。

えっ…
どうやって見つけたんです?

だから それ聞いちゃ駄目…。
簡単な事だ。

奴が残したアクセスログには
特有のリファラーと

ユーザーエージェントが
記録されていた。

TOR以外の
全てのIPを洗ったところ

契約者情報が
一人の人物に集約した。

また 呪文だ…。
だから止めたのに。

で 要するに
どこの誰なんですか?

(岡林)「京都市西京区大枝鈴峰町
1-243」…。

私の… 家です。

(ノック)

拓夢さん 京都府警本部です。

『アズーロ アドベンチャー』について
お話が…。

お願いします。

(平塚拓夢)どうぞ。

「単刀直入に聞くけど…」

君がシャイロックなの?

なんの事?

『アズーロ アドベンチャー』に
アクセスした

契約者情報を洗ったところ

シャイロックという名前を使って
プレーしているのは

あなただと
特定する事ができたの。

君のパソコンと銀行の口座情報を
提示してほしいんだけど。

それは…。

なんのために
こんな事したんです?

目的は… お金のため?

「違います」

嘘をつくな!

お前は ゲームを利用して
楽に金を稼ごうとしたんだろ?

違うってば…
そんなんじゃない!

だったら なんで
こんなまねをした? 正直に話せ!

(河原町)平塚拓夢だな?

鶴本勝弘殺害に関して
話を聞かせてもらおう。

待ってください。
どうして うちの拓夢が…。

息子さん
事件直前 被害者と会ってたんだ。

それだけじゃない。

拓夢が被害者に金を…?

♬~

封筒の指紋が
お前のものと一致した。

鶴本さんを買収しようとして
失敗したから

殺したんじゃないのか?

違います!
俺は そんな事してません!

なら…!

こんな大金
どうやって手に入れた?

(拓夢)それは…。
(河原町)それは?

♬~ (余さん)事実 40代は

平均1本 歯が抜けている

それが50代で3本

60代で6本 と増えていく

歯槽膿漏は歯が抜ける最大の原因 だから

《そうなる前に 「デントヘルス」》

ライオン史上
最大濃度の薬用成分配合

歯槽膿漏トータルケア!

今ある歯を1本でも多く守る

新しくなった ♬~「デントヘルス」 《塗る医薬品も》

竹村さんは 鶴本さんの事を
恨んでたんですか?

うーん…。

まあ 鶴本さん
細かい人だったから…。

竹村 セリフの「てにをは」まで
直されるたびに

キレて「殺してやる」とか…
よく言ってたわ。

動機があるのは真子さんだよ。

予算の締め付けが
パワハラレベルで

「鶴本なんか
いなくなればいい」って…。

この写真なんですけど…。

ああ~ 懐かしい。

この頃は 皆さん
仲が良かったんですよね?

うん…。

元々
『アズーロ アドベンチャー』は

大学生の時に同級生だった
吉岡社長と秋原くんが… ああ…。

秋原さんが
2人で作ったゲームだったの。

吉岡くんが総合プロデュース。

秋原くんがディレクション担当。

まさに2人が両輪となって
作ったのが

『アズーロ アドベンチャー』なわけ。

(竹村の声)
それを売り出す段になって

2人の後輩だった篤美ちゃんや

シナリオライターの卵だった
俺とか

フリーだった真子さん…。

(真子の声)
プログラマーの鶴本さんに

経理担当の高堀さんが加わって
立ち上げたのが

今のクラファルトなの。

おお~!
うわあ~!

わあ いいじゃん!

(篤美)写真 撮りまーす!

(カメラのシャッター音)

じゃあ 吉岡さんにとって
秋原さんは盟友ですよね?

そんな秋原さんが
どうして別の会社を?

喧嘩別れ。
(キーボードを打つ音)

秋原くん 5年前に

『アズーロ アドベンチャー』とは別の
『HELL TRIGGER』ってゲームを

吉岡くん抜きで1人で作ったの。

この『ヘルトリガー』っていうゲームは
ヒットしたんですか?

(竹村)まあ リリース当初は

独特の世界観がマニアに受けて
それなりに人気が出たんだけど

そのあとは ユーザー数も課金額も
頭打ちしちゃって

結局1年で配信停止。

じゃあ 秋原さんは それが不満で
独立したんですかね?

うん… 高堀さん連れて

ケーエルゲーっていう
開発専門の会社 作ったわけ。

かわいそうにな。

えっ…?
ええ?

お前の親父だよ。

府警本部で
長年コツコツやってきたのに

息子が
殺人の容疑者になるなんて…。

やめてください!

主任…。

何 やってるんですか?

ああ ちょうどよかった。
今 始めたとこだ。

これ 名前
どうやって付けるんだ?

あっ… はい。

なんて名前にします?

…ヤスミヤ。
いや そのまんまですか。

(キーボードを打つ音)

あっ 駄目ですね。
他に使ってる人がいます。

同じ名前は登録できないのか?
はい。

あっ! 安洛一誠だから…。

「ヤスミヤ1」。
(キーボードを打つ音)

できました。

そういう事か…。

主任 係長の息子さんの無実を
信じてるから

ここまで
本気になってるんですよね?

ただの成り行きだ。
数少ないパパ友の危機だからな。

パパ友?

…なんでもない。

で なんか わかったんですか?

押収した平塚拓夢のパソコンから

被害者 鶴本の
パソコンにあったものと同じ

シャイロック関連の画像が
見つかった。

同じ画像…。

じゃあ やっぱり 鶴本さんは

拓夢くんが
シャイロックだって事に

気づいてたんでしょうか?
違う。

2人は同じ側の人間だ。
敵は別にいる。

敵って?

真犯人 本物のシャイロックだ。

(七波)係長…
藤倉刑事部長 なんだって?

本件の捜査からは外れるように

事と次第では 出処進退を
明らかにするようにとも

言われました。

私は父親失格です。

ひとつ屋根の下で
一緒に暮らしているくせに

たった一枚 ドアを隔てた
向こうにいる息子の事を

何も知らずにいたんですから…。

でも 拓夢くんが犯人だなんて
まだ決まったわけじゃ…。

(平塚)犯罪者心理を探究してきた
私にとって

嘘は 犯罪の最初の一歩です。

拓夢にも 嘘だけはつくなと
教えてきたのに…。

あいつは もう
罪を犯したも同然です。

拓夢さんを信じてないんですか?

息子だけど 親に言えない事や

息子だからこそ言えない事だって
あるはずです。

多和田 いいところに目をつけた。

だが 主張するなら
それを証明する証拠を見つけよう。

(ノック)
(河原町)はい。

(陽葵)失礼します。 河原町係長
鑑識課長がお呼びです。

ああ? わかった。

じゃあ ちょっと休憩だ。

ああっ…!

はい。 私は 証拠品を
置き忘れたりしないように

気をつけて…。

特に こんな所には 絶対…。

(陽葵)失礼しまーす。

よくやった。

えっ…?

♬~

どうして ゲームを?

「A太郎」って
そのまんまじゃない!

♬~

(岡林)いた シャイロック。

まずは あいさつから。

「初めまして」…。

(キーボードを打つ音)

(岡林)係長 言葉 堅すぎ。

もっとゲーマーっぽく話して。

(キーボードを打つ音)

何を始める気ですか?

拓夢は嘘をついていなかった。
それを証明するんだ。

「教えて欲しいことがある」…。

…はい。

(キーボードを打つ音)

警察官のくせに…
こんなズルしていいのか?

(七波)「あんたには
出来ないからね」…。

どういう事です?

サイバー捜査において
おとり捜査は諸刃の剣だ。

例えば サイバーパトロール中に
捜査員が

不正に取得したIDを売買する
ID屋を見つけたとする。

捜査員は 客を装い

不正IDを売ってほしいと
ID屋に依頼。

そのやり取りをもとに
ID屋を割り出し

不正アクセス禁止法違反の疑いで
逮捕。

こんな事しても
俺は すぐに釈放されるぞ!

結果 ID屋の言葉どおり
不起訴処分となった。

なんで? だって
罪状は明らかなんでしょ?

そのID屋は
「捜査員から依頼されなければ

そもそも
罪を犯すつもりはなかった」と

供述したんじゃないですか?
そうだ。

捜査手法が
犯意誘発型と判断されれば

多くの場合 検察は起訴を見送る。

公判を維持できないって
二の足を踏むわけですね。

じゃあ 拓夢くんは
係長や私たちができない

おとり捜査をしようとした
って事ですか?

被害者と拓夢のパソコンにあった
シャイロック関連の画像は

同じものだった。

保存された日付から見て

拓夢から被害者へ
提供されたものとすれば

拓夢はシャイロックではなく
協力者だと考えるべきだ。

しかし 係長の息子さんは
現にシャイロックとして

『アズーロ アドベンチャー』を
プレーしていますよね。

もう一度
プレーヤーの名前をよく見ろ。

(七波)これが なんなの?

(平塚)ああっ…!

名前の表記が違います。

被害者の画像のほうは
小文字の「l」を使っていますが

拓夢のほうは 「l」ではなく
数字の「1」じゃないでしょうか?

(七波)あっ…!

(平塚)傾き具合が微妙に違います。

(岡林)さすが プロファイラー兼
文書鑑定のプロ。

拓夢は 本物のシャイロックと

同じ服 装備
似た名前を付ける事で

偽物のシャイロックを
演じていたんだ。

偽物を演じる事で
本物が接触してくるかもしれない。

つまり 本物をおびき出せるかもと
考えたんですかね?

あの時 拓夢くんが言った事は…。

お前は ゲームを利用して
楽に金を稼ごうとしたんだろ?

違うってば…
そんなんじゃない!

嘘じゃなかった…。

そんな…。

聴取で何も話さなかったのも

もし
おとり捜査だという事になれば

父親に迷惑がかかると
考えたんだろう。

♬~

(ドアの開く音)
(河原町)おい!

何 勝手なまねしてんだよ!
貸せ! 渡せ!

(河原町)よこせ!

(七波)あっ 切れちゃった。
(岡林)まずいっすね。

多分 スマホ渡したのが
バレたんですよ。

そんな… 拓夢が
肝心な事を話してくれたのに…!

いや 最後のメッセージは
受け取った。

「シャイロックは近くにいる」?

恐らく 拓夢は

鶴本さんがシャイロックの正体に
気づいた事に感づいていたんだ。

「近くにいる」とは
どういう意味でしょう?

『アズーロ アドベンチャー』を
実際にプレーして わかった。

キャラクターを高レベルに育て

ハイスペックな武器や防具を
作るには 膨大な時間がかかるし

課金にも限界がある。

当然 ゲームへの不正アクセスを
疑うべきだ。

けど 運営側なら その不正に
すぐ気づくはずじゃ…。

逆だ。

不正を行っているのが
運営側の人間で

不正をごまかせる
立場だとしたら…。

じゃあ シャイロックは
クラファルトの社員って事?

ただの社員じゃない。

『アズーロ アドベンチャー』の
制作に

初期から関わっている人間の
可能性が高い。

まさか…
この中の誰かがシャイロック?

それを見つけない限り
拓夢の無実は晴らせない。

お願いします。
真犯人を見つけてください!

皆さんに頼るしかありません!

もう一度
創立メンバーを洗い直そう。

(七波・絆)はい。

クラファルトから独立後の

ケーエルゲーの経営状況を
調べさせてもらいました。

正直 業績は
かなり悪いようですね。

この業界は
浮き沈みも激しいんだ。

今は あいつが勝ってるが
最後に勝つのは俺のほうだ。

どうして そんなに
吉岡社長を敵視するんですか?

あんたたち警察に関係ないだろ!

♬~

あの… この会社と
クラファルトの業務提携は

前に秋原社長が言っていたように
吸収合併なんですよね?

あの社長の様子だと
それも難しいんじゃないですか?

うちが生き残るには
この道しか残ってないんです。

私は そのために
なんだってやってきたんですから。

ネットに創立メンバーの記事が
残っていました。

(七波)さすがゲーム業界ね。
リモート座談会だって。

(岡林)7人のチャットの文章が
そのまま貼りつけてある。

係長にやってほしい事がある。

いや しかし 私は

捜査からは外れるように
言われてまして…。

じゃあ パパ友からのお願いです。

平塚さんにしか
息子の拓夢くんは救えません。

わかりました。

拓夢くんは 係長に

認めて…
褒めてほしかったんでしょうか?

うーん…。

でも
ひとつ屋根の下に住んでいても

互いを理解できないなんて
皮肉だね。

でも…
なんか うらやましいです。

うらやましい?

私 両親と一緒に
暮らしてこなかったし

親の仕事に憧れて
同じ道に進もうなんて

思った事なかったので。

俺も 褒めてほしいのかな…。

(多和田の声)安洛主任を 本当に

警察庁に引っ張る
おつもりなのでしょうか?

(楡井文則)京都府警に
埋もれさせておくには

もったいない人材だ。

(楡井)だから 君に
実情を調べてもらってるんだろ

昭平。

えっ?

えっ?

(足音)

小谷さん
ちょっとよろしいですか?

吉岡社長と秋原さんの事を
伺いたくて。

そう言われても 私は…。

ずっと一緒にいた小谷さんなら

あの2人の確執の原因を

何か
ご存じなんじゃありませんか?

(篤美)彼は ずっと

吉岡に
コンプレックスを抱いていました。

じゃあ あの『ヘルトリガー』という
ゲームを作ったのも…。

自分は吉岡より優れている。
吉岡には絶対負けない。

それを証明するために

『ヘルトリガー』で
勝負に出たんですが

結果的に
クラファルトを去る事に…。

そうやって作った会社も

結局 吸収合併される羽目に
なってしまった。

(七波)なるほど。

恋人も奪われ 仕事でも
力の差を見せつけられたとしたら

完全に心折れるわね。

でも それが 事件と
どう関わっているんでしょう?

シャイロックが捕まらなかった
理由が これでわかった。

(岡林)えっ?

文書鑑定 終わりました。

♬~

全ては ウェブの中にあった。

♬~

まさか 安洛主任が
自分から捜査に出るとはね。

全てはパパ友のためみたいです。

えっ?

わざわざ私たちを集めて
どういうつもりですか?

「自己紹介の1分が無駄だ。
本論に入る」

事件の始まりは
『アズーロ アドベンチャー』内に現れた

シャイロックによる不正。

それができるのは
このゲームに携わり

開発時に仕込まれた
裏コマンドを知る人物。

つまり
被害者の鶴本さんを除いて

ここにいる6人の誰か
という事になる。

吉岡さん。

ソーシャルゲーム界のカリスマと
いわれている あなたなら

シャイロックによる不正は
関係者でなければ不可能だと

最初から気づいていたはずだ。

あなたが真っ先に疑ったのは

かつての盟友 秋原さん。
そうですね?

はあ?

なんだって 俺が
そんなまねを…!

シャイロックで稼いだ金を

業績不振のケーエルゲーに
補填するため。

いや それ以上に
吉岡社長の功績である

『アズーロ アドベンチャー』を
おとしめたかった。

…と 少なくとも
吉岡社長は そう思い

だからこそ 両社の合併を急いだ。

提携を3カ月も前倒しにするって
どういう事だ!?

そうすれば
シャイロックの不正は止まると

あなたは考えた。 違いますか?

(秋原)吉岡… お前 俺を
そこまで見くびってたのか!

やめましょう! やめましょう。

俺は
シャイロックなんかじゃないぞ!

だったら 一体 誰が?

鶴本さんは
ある若者の協力を得て

シャイロックは誰なのかを調べた。

そして…。

(拓夢)俺が調べた
シャイロックの情報です。

(鶴本)ここから先は
会社の問題だから…。

困ります。 だって 俺
こんなもの受け取っちゃったし。

(拓夢)シャイロックのふりをして

レベルマックスのアカウントを
売るって言ったら

いきなり
金 送ってくる人がいて…。

(安洛の声)その若者は
鶴本さんの態度から

シャイロックは クラファルトや
その周辺にいると感づいた。

鶴本さんは

それを吉岡社長に報告する前に
自分で確かめようと

シャイロックを呼び出した。

(鶴本)あなたが
シャイロックだという証拠です。

一刻も早く
こんな馬鹿なまねは やめて

みんなに謝ってください!

(足音)

うわあーっ!!

「(斬る音)」

(竹村の声)誰が
鶴本さんを殺したんだよ?

(真子)早く教えてください。

優秀なデバッガーだった
鶴本さんは

さながら出版社の校閲のように
シナリオの語尾一つにもこだわる

いわば 文章のプロだった。

だから 気づけた。

♬~

たとえ キーボードで打った
ゲームのメッセージでも

文章には 無意識の癖が残る。

「いく」 「いう」などに
漢字を使うか。

読点なども 人によっては
カンマを使うか。

アルファベットの半角全角
カッコの種類や使い方

それらあらゆる事を

うちのエキスパートが
調べた結果…。

シャイロックの文章を書いたのは
あなただ。

何を言い出すんだ?

そんな文章の癖とか
ただの偶然だろ。

証拠になるわけない。

そもそも シャイロックに
手を染めた要因は

横領か背任… 違うか?

小さな所帯のケーエルゲーでは

経理担当のあなた以外に
不正に気づく社員はいなかった。

ところが クラファルトとの
提携話が持ち上がり

合併すれば 当然
過去の不正経理が明らかになる。

だからこそ あなたは 合併前に

使い込んだ金を補填しようと
シャイロックを始めた。

高堀… 本当なのか?

いや… それは…。

府警本部が捜査に入れば
証拠は すぐ見つかる。

殺人に関しても… 必ず。

♬~

これでゲームオーバーかよ。

秋原さん…。

ケーエルゲーは終わりだ…。

馬鹿言うな。
今なら まだ間に合う。

そんなおためごかし まっぴらだ。

お前のためじゃない。

お前を信じて働いてくれる
エンジニアやプログラマーを

守るためだ。

俺は負けたんだ。

さぞ 気持ちがいいだろうな。

俺がお前に 何一つ かなわない
ってわかったんだから。

いや… あなたは
肝心な事がわかってない。

「負けただの 終わりだの…」

(秋原)「えっ?」

安洛主任 何 始める気?

さあ…。

あなたが考えた『ヘルトリガー』
なぜ 廃止になったと思う?

早すぎたんだ。
時代がついてこられなかった。

違う。

『ヘルトリガー』は
究極の勝者を求めるゲームだった。

勝った人間が
敗者から全てを奪い

敗者は
ゼロからやり直すしかない。

まあ いわゆる
ゼロサムゲームというやつだ。

だから
吉岡社長も廃止にしたはずだ。

(ため息)

確かに 『ヘルトリガー』は

俺たちが作るべき
ソーシャルゲームの理想と

あまりにも外れていた。

その理想 教えてもらえますか?

ソーシャルゲームは 性別や年齢
立場や環境が違っても

同じ時間と空間を共有できる。

現実世界で重なる事のできない…。

「時には いがみ合うような
人間同士でも…」

(吉岡)「繋がる事を望めば…」

どれだけ離れていても
繋がる事ができる。

人生は勝ち負けじゃない。

仲間と理想を形にしようと
がむしゃらだった あの時

君も 同じ理想を持ってたはずだ。

♬~

♬~

♬~

♬~

(平塚の声)「晩飯 何 食べたい?」

♬~

♬~

(多和田の声)
もしもし 楡井審議官?

以前 お話しされていた
安洛主任の異動の件ですが…。

安洛主任の弱みを
見つけました。

(岡林)デジタル密室殺人。
(平塚)ママ友の

裏SNSグループ?

「犯人は あの人」…。

(三好祐美子)
殺したいほど憎んでいました。

陰湿な嫌がらせか。
君は守ろうとしたんだよね。

不可能犯罪など存在しない。

無料見逃し配信は…。
ABEMA TVerで。

これまでの放送を見るなら…。
TELASAで。

せーの…。
(一同)見てね!