金曜ドラマ「#家族募集します」第2話[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

金曜ドラマ「#家族募集します」第2話[字][デ]

SNSで“家族を募集”!?性格も価値観も違う男女4人+子ども3人の笑って泣けるホームドラマ!
新親子が参戦でケンカ勃発!家族解散の危機…!

番組内容
SNSを見た横瀬めいく(岸井ゆきの)と息子の大地(三浦綺羅)がにじやに転がり込んできた!しかし、シンガーソングライターを夢見ているというめいくは、超自由奔放!蒼介(仲野太賀)はめいくの態度にイライラが止まらず、不信感を募らせる…そんな中、めいくが大地をにじやに残し失踪!蒼介は「子どもを捨てた!」と怒りを露わにする。俊平(重岡大毅)は、いつになく苛立っている蒼介と、訳ありな様子のめいくが気になり…
出演者
重岡大毅(ジャニーズWEST) 木村文乃 仲野太賀 岸井ゆきの 金子大地 小松和重 福山翔大 丸山礼 
佐藤遙灯 宮崎莉里沙 三浦綺羅/山本美月 石橋蓮司

音楽
主題歌:ジャニーズWEST 「でっかい愛」
音楽:河野伸
脚本
マギー(「『カンナさーん!』『山田太郎ものがたり』ほか)

スタッフ
演出:福田亮介、村尾嘉昭、坂上卓哉
プロデューサー:佐久間晃嗣、岩崎愛奈・那須田淳

公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/kazokuboshuu_tbs/

◇twitter
@kazoku_tbs
https://twitter.com/kazoku_tbs/

◇instagram
https://www.instagram.com/kazokuboshuushimasu_tbs/
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ママ
  2. 大地君
  3. 大地
  4. 今日
  5. パパ
  6. 一緒
  7. 子供
  8. ララララ
  9. 昨日
  10. 先生
  11. お兄ちゃん
  12. ガツン
  13. タバスコ
  14. ラララ
  15. 家族
  16. 時間
  17. 俊平
  18. お前
  19. ピンチ
  20. ホント

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



<(俊平)みどり>

<そっちは どうですか?>

<みどりが いなくなって>

<100日と4日目>

<昨日は
陽と二人っきりだった生活に>

家族募集します?

<新しい出来事があったよ>

陽は まだ みどりが死んじゃった
って知らないって言ったでしょ?

《(陽)頑張ってね~》
《(みどり)は~い》

いつかさ ホントのこと
言わなきゃいけないのかな

(蒼介)お前は頑張ってる!

こういうふうに 一緒に泣いて

一緒に笑って 一人の気持ちをさ

みんなで一緒にシェアするのが
家族だよね

<新しい仲間ができたんだ>

<これから どうなるのか>

<まだまだ分からないけど>
(めいく)よいしょ

どうも めいくと大地

親子二人で お世話になりま~す

(枕崎)どうする?
押す? 押したい?

(伊野)押してくださいよ
押して押して いい 押していい

お~
お~ 空気おいしい

はあ!?

すいません えっ 何?

また来たの?
来たんだよ 来ちゃったんだよ

大ピンチだよ

いや 来ちゃったってさ
募集したの 蒼ちゃんじゃん

どうしたらいいんだよ
知らないよ 蒼ちゃんが決めなよ

いや だって
俊平も一緒に暮らすわけだしさ

待ってよ
俺 まだ何にも言ってないって

とにかく仕事終わってからで
いいから急いで来てくれ

俺一人じゃ 何しゃべったらいいか
分かんねえよ

蒼ちゃんさ
誰とでも距離詰めるの得意だから

そうなんだけどな

さあ お好み焼きは
大勢で食べたほうが うまいぞ

なっ 陽?
うん

はい はい どうぞ~

おお 思ったより
おいしそうじゃん

思ったより?

あっ 大地君さ
お好み焼き 好き?

大地君 いくつ?
(大地)7歳

はい
お好み焼き大好き大地君 7歳です

ということで いただきまーす

いただきまーす
いただきまーす

(礼)ママがとってあげる
あっ おいしそう

大地は自分でとれるね?
うん

はい そうです どうぞ

あっ ちょちょちょっ あの
うちのは ソースが自慢だから

まずはマヨネーズ抜きで
えっ お好み焼きって

マヨネーズを
食べるようなもんでしょ?

あっ あっ あっ あっ
あっ あっ あっ

まあ 好みは
人それぞれだからね

大地もかける?
うん

うい~

いただきまーす
うん? 君達もかける?

陽 マヨネーズかけたい
おっ かけてやろう

マヨマヨマヨマヨ…

まあね
子供は マネしたがるからな

雫もかけていい?
じゃ ママがかけるね

あっ そう? そんじゃ ほい
おいしい おいしい

はい
えっ そんだけ!?

子供をマヨラーにしたくないので
マヨ うまいのにな

かけなくても うまいけどな

《おお サンキュー
へえ~ なかなかキレイじゃん》

《荷物は 一式送るとして》

《あっ いや ちょっと他にも
ここをシェアする人が…》

《うちらは全然平気 私 学生時代に
シェアハウス住んだこともあるし》

《あっ ちょっ ちょっ》

《へえ~》
《あの お仕事先は この辺で?》

《あ~ 私 ここ来る前に
仕事辞めてきたんだよね》

《でも この辺で すぐ探すんで
ねえ大地 何か飲む?》

《いらない》
《ああそう》

《お子さんの学校は?》

《あ~ あと何日かで夏休みだし》

《2学期からでいっか?》
《うん》

《それよりさ 家賃要相談って
書いてあったよね?》

《あっ えっと~
それなんですけど》

《仕事決まるまで
一瞬 待ってもらっていい?》

あ~
大地

毎晩こうやって みんなで
ご飯食べれたら寂しくないね

うん
もうママいなくていいじゃん

ハハハハ…
冗談かもしれないけど

笑えないです
あっ 怒られちゃった

でも冗談じゃなかったりして
ハハハハ…

《はあ?
ピンチって言われても》

《そこを何とか
マジでピンチなんすよ》

《どうしても
先生の力が必要なんすよ》

《私 あなたの先生ではありません》

《今から
雫の晩ご飯の準備するんで》

《よかった
じゃあ うちで食べましょうよ》

《今夜は無理です》

《1…》
《はあ~》

《4 5 6》

《ふう~》

《ママ》
《うん?》

《チンピって言った?》
《うん》

《あの人 いっつもピンチみたい》

《はい》
《えっ?》

《陽君 言ってたよ
仲間のチンピのチンピ…》

《仲間のピンチは?》

《仲間が助ける》

何?
言いたいことがあるなら言って

どうですか? おいしいですよね?

うん まあまあいけるかな
まあまあ?

ねえ タバスコある?
ピザ屋じゃねえんだから

あるわけねえだろ ハハハ
あっそう? そんじゃ

マイタバスコ!?

あ~ あ~ あ~ あ~
あ~ あ~ あ~ あ…

うん かけたほうが 断然うまい

蒼ちゃん 蒼ちゃん
蒼ちゃ… 蒼ちゃん

俊平 下来て

食べ終わったら行くね
食べ終わったら

どうしちゃったんだろうね
蒼ちゃんね

それ な~に?

君達もかける?

かけません!
うん?

すみません ごちそうさまでした
(銀治)あ~ どうもどうも

ありがとうございます
(銀治)洗ってくれたのか

俊平 先生も 座って

だから私は
あなたの先生ではありません

あっ じゃあ
何て呼べばいいですか?

礼でいいです
礼 座って

やっぱり 「さん」くらい
つけてもらえますか?

じゃあ礼さんで
それで

今 2階は?

大地君がゲーム始めて

陽と雫ちゃんが
それ珍しそうに見てる

タバスコママは?

おなかいっぱいになったって
くつろいでます

(あくび)

チッ なあ どう思うよ?

えっ どうって何が?
だから

その…
家族として認めんのか

それ 俺達に聞かれても

おい 俺達みんな
家族じゃないか

乗りかかった船だろ?
俺達の船じゃないか

勝手に話進めてるけどさ 俺達まだ
その船に乗ったってわけじゃ…

あ~ そうかい ええ?

全部 俺の独りよがりかい
分かった もういい

じゃあ もうなし 全部なし
はあ?

あのタバスコ親子には
出てってもらう それでおしまい

シェア子育ても
家族ごっこも全部終わりだ

待って 待って待って 待って
蒼ちゃん 待って

そんな急に出てけなんか言ったら
かわいそうじゃん

じゃあ どうすんだよ
あ?

この船の船長は お前だ
お前が決めろ

待って そんな急に突然
はしご 外さないでよ

俺は船長って柄じゃない

そう思います

あとは任した もう

何が そんな嫌なの?
だって

お好み焼きに
タバスコかけるようなやつだぞ

えっ そんな…

うまくやってけるわけない

なあ 礼さん どう思うよ
同じ母親として

私は 他人の教育方針には
干渉しないので

もう~

でもさ 今日はもう遅いし

何か事情があって
ここを頼ってきたんだろうから

せめて 今夜一晩

泊めてあげるってどう?

まあ 一宿一飯の恩義ってやつだな

じゃ 泊めるってなら
俊平も 先生も一緒だぞ

また今夜も?
三人がかりで見張ってないと

あいつ

子供を置いて 出てくかもしんない

そんな… えっ?

パパ 見て
お兄ちゃんに教えてもらった

遊んでもらったんだ よかったね

あれ? 大地君のママは?
外に行くって

外!? おお~ いつの間に

窓から出てったのか?
まさか

忍者じゃないんだから
屋上のことじゃないですか

お~

いいね ここ

歌ったら気持ちよさそう
歌?

あっ
ギター持ってきてましたもんね

私 一応まだプロ目指してんだよね

プロのミュージシャンですか?

シングルマザーだって
夢を捨てなくてもいいでしょ?

うん もちろん

バンドとかやってるんですか?

今は一人

バンドもやってたけど

全然 長続きしなくてさ

バイトもバンドも

全然 続かないんだよね

(小声で)だろうな

結婚生活も
全然 続かないでやんの

(小声で)
そうだと思ったよ

歌だけは続けてるけどね

(小声で)
それは続けるんかい

続けてるだけ

「みんなでわらおう あっはっは」

「うれしいときは
みんなでわらおう」

「うっふっふ」

「おいしいときも
みんなでわらおう むっふっふ」

陽君 礼先生の朗読
気に入ったみたいだな

みどりも うまかったけど

礼さんは また全然違う

絵本って読む人によって
変わるんだね

うん
「おじさんのわらうこえ」

「がっはっは」

「おばさんのわらうこえ」

「だっはっは」

「おねえさんのわらう…」

眠くなっちゃったか

大地君ママも交代して
読んであげてくださいよ

えっ?

いや 私はいいよ
そんなちゃんと読めないもん

大地 よかったじゃん
上手に読んでもらえて

うん

こんだけ ちゃんとしたママが
いるなら私も安心だ

ほらほらほら… 言ったでしょ?

ねえ この部屋 使っていい?

えっ? うん

何?
わっ

あ? いや

昼メシ どうする?

えっ もうそんな時間?

じゃあ メロンパン1個
買ってきてくれる?

はっ?
大地 お昼メロンパンでいいよね?

うん
私は…

いらないや
とりあえずメロンパン1つ

よろしくで~す

だから俺は
パシリじゃねえっつうんだよ

お昼 頼むけど
乗っかる人いる?

あっ お願いしまーす
お願いします

あっ すいません
今日 僕も乗っかります

あれ? 今日 手作りのお弁当
お休みですか?

昨日 友達んち泊まって
直接来たから

もしかして こないだの
焼きそばのお兄ちゃん?

はい
20年ぶりに再会したと思ったら

立て続けに面倒ばっかりで
ふ~ん

でも大迷惑って感じには
見えないね

うん まあ はい
むしろ楽しそうに見える

おっ ホント?

ハハハハ…
ガパオライス おごるよ

あざっす
えっ ずるい 私も

おやっさん いってきまーす

おお いってらっしゃい

バイバーイ
おお バイバーイ

(中里)走るなよ~ は~い

あの 間違ってたら
ごめんなさい

今日の服

昨日と同じじゃないですか?

あっ 違います?

いや どっかに泊まって
直接来たわけないだろうし

何でかな~と思って

いや 今朝は
バタバタしてたっていうか その…

いや僕 嬉しいんです

何が?
いや

礼先生も 朝忙しくて
昨日と同じ服 着ちゃうような

凡ミスするんだなって
それが嬉しいの?

はい そういう緩い時もあるんだな
って安心しました

俺にメロンパン
買いに行かしといて

こっそり出てったなんて
確信犯です

こっそりじゃねえよ
「いってきまーす」って俺に


黙って行かしたんすか?

引き止める理由がねえじゃねえか

なあ

お母さん
どっか行くとか言ってた?

言ってない

そこら辺に昼メシでも
食いに行ったんだよ

1時間もすりゃ戻ってくるよ なあ

はい
見ろ

子供のが落ち着いてんじゃねえか

お母さんいないの 慣れてんのか?

はい

社長 いただきまーす
いただきまーす

どうぞどうぞ
ありがとうございます

う~ん

(バイブレーター着信)
おいしい

うん おいしい すごい

「やっぱり出ていった!
一時間帰ってこない!」

毎日一緒にランチしません?
≪あ~ いいですね

「心配しすぎ!」

「すぐ帰ってくるって」

もう2時間もたってる!

俊平は のんきだし
先生は既読スルーだし

2時間? 昼メシで2時間?

いやいや
そんな時間かかんないでしょ

じゃあ どこに行った?

あっ
バイトを探してるって言ってたな

あっ 大地の学校の手続きに
行ったかもしれないな

一人で よくしゃべるな

座れよ 落ち着かねえから

あっ そういえば あの子

出ていく時に
ギターケース持ってったな

マジっすか!?
何で それ早く言わないんすか

今 思い出したんだよ

《シングルマザーだって
夢を捨てなくてもいいでしょ?》

夢を捨てれずに

子供を?

パパ

(佐山)おかえりなさい

パパ 今日も蒼ちゃんち行く?

今日はね

行きます
やった~

じゃあね 圭太先生

(佐山)五人揃って

(二人)トリプル… ファイブ!

陽 圭太先生に教えてあげたんだ
うん

ふ~ん
トリプルファイブって

お父さんの世代だと
ミラクルファイブに

インスパイアされたんですか?
ああ はい そうです

えっ 圭太先生
その辺 詳しいんですか?

はい 僕 戦隊モノマニアなんです

えっ そうなんですか?
(陽)パパ 早く

蒼ちゃんち行こうよ
ごめん ごめん ごめん

圭太先生
今度たっぷり語りましょう

ぜひ さよなら
ぜひ さよなら

さようなら
さようなら

陽 一回帰って着替えようか ねっ

ワッハッハッ われサタンだぞ

キャーッ
トリプルピンク パーンチ

うわ~
イエロー…

さすがに毎日
呼び出されるのは困ります

蒼ちゃん
大げさじゃない?

黙って出てったまま
もう日が暮れんだぞ

出てったんじゃなくて
出かけたとか

じゃあ聞くけど
二人は こんなことすんのか?

私ならしない
いやまあ そりゃ俺もしないけどね

だろ? 俺の思ったとおりだよ

あいつは
子供を置いたまま出てったんだよ

蒼ちゃん 昨日からさ
どうして そんなふうに

彼女のこと
決めつけんの?

いや どうしてって

それは…

お好み焼きに
タバスコかけるようなやつだからだよ

それだけじゃないですよね
えっ?

決めつける理由

あいつ 俺の母ちゃんに似てんだよ

俺が生まれてから
すぐに親父は出てった

そっから母ちゃんは 女手一つで

まあ うちん中では
面白くて優しい母ちゃんだったよ

だから親父がいなくても

俺は平気だった

母ちゃんが
仕事で帰りが遅くても

俺は ずっと一人で
待ってられた

でも 突然
帰ってこなくなった

出てったんだよ 俺を置いたまま

理由は
いまだに分かんねえ

男ができたのか
俺より大事なもんができたのか

何もかも
急に嫌になったのか

そっから俺は
親戚に預けられて

それで蒼ちゃん 突然
学童からいなくなったんだ

あの親子 見てたら

思い出しちゃうんだよな

あの日のこと

《(呼び出し中)》
《私 捜しに行ってきます》

《どうですか?》
《つながらない》

《どうしましょう》

こぼさないでよ

昨日 俺が
ガツンと言っときゃよかった

何て?
だから

ガツンとだよ
ガツンとなんて

時代遅れです

えっ 礼さん 学校で子供達
叱ったりしないんですか?

少なくとも 子供達相手に
声を荒げることはありません

でも腹立つことはあるでしょ?
人間なんだから

あります でも叱る時は
自分の怒りが収まるのを待ちます

えっ どうやって?

アンガーマネジメントです
6秒 怒りを抑えられたら

冷静に戻れますから

1 2 3

あ~ 無理

腹立ってる時に
数なんか数えらんねえよ

フッフフフ
怒ってる

陽君には?

あっ うちは 俺も みどりも
ガツンと言えないタイプで

一度 陽が ご飯を食べる時に
駄々をこねたことがあったんです

《陽》

《ほら おいしいよ
一口食べてごらん》

《あ~ん》

《や~だ》

暴れたあげくに
作ったばかりのご飯

床に落としちゃって わざとか
どうかは分からないですけど

陽が怒られると思って
一瞬 グッて固まって そしたら…

《わっ ビックリした~》

《大丈夫 大丈夫》

怒りもせずに
笑って 陽をハグしてました

いいお母さん

陽君のこと信じたんだろうな

蒼ちゃん 大地君のママ
信じてあげよう

あ?
大地君も信じて待ってるから

俺だって母ちゃん信じてた

だけど帰ってこなかった

俺 話してきます

1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6
1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6

こいつ どうしたんだい?
1 2 3 4 5 6 1 2 3 4 5 6…

蒼ちゃん
もうすぐ帰ってくるよ

1 2 3 4 5…
信じてあげよう

ふう~

お前は 何を根拠に信じるんだ?

こ… 根拠は…

お前 バカがつくほど優しいな

それ 蒼ちゃんだよ

蒼ちゃんは
久しぶりに会った俺のことも

初めて会った礼さんのことも
信じてくれたから

一緒に暮らそうって
言ってくれたんじゃん

俺が人を信じるのは

理想だよ

みんな いい人だって信じたい

そういう自分でいたい
っていう 理想

《俺は あの家で
家族をやり直す》

今日は 焼きそばでいいかな?

はい ありがとうございます

よし

よいしょ

(レフト)
せめて10人じゃないか?

(レフト)あれ?
お疲れっす めいくさん

今日は 歌わないんすか?

うん やめとく

歌を始めた頃の気持ちに
戻りたかったんだけど

前はね ギターを弾けば

自然と10代の気持ちに戻ってた

すべてを忘れて 没頭できた

けど今は どうしたって
子供の顔が浮かぶよね

こうしてる今だって

ちゃんとご飯食べてるかな とか

今の私は 全部中途半端

今日 半日

試しに離れてみたけど

そろそろ私も

ちゃんとしたママに
なったほうがいいのかな

(長老)それを歌にすりゃいい

長老 いつから聞いてたの?

悩んでるなら
悩んでるまま歌えばいい

今のあんたにしか
歌えない歌がある

おい おい おい おい おい

頭で歌詞を考えんな
腹の底から声出して

メロディーに乗っけたら
それが あんたの歌になる

色んな歌があっていい

色んなやつがいるから
おもしれえ ハハ

あんたみたいな
母親がいたっていい

あんたみたいな
歌手がいたっていい

だろ?

じゃあな
≪お疲れっす

お~ 何かいいこと言うな 長老

(ライト)あの人 今の
いっつも誰にでも言ってるよ

(レフト)えっ 嘘でしょ?

いや しみちゃった
(ライト)ハハハ まあ確かに

おやっさんが
焼きそば作ってくれたよ

うわ~ 陽 焼きそば好き

大地君 大地君も
一緒に食べよう

おなか減ってない

お昼 メロンパンだけでしょ?

ママが帰ってきたら一緒に食べる

お兄ちゃん

一緒に食べよう

ううん あとで食べる

じゃあ陽も お兄ちゃんと食べる

陽…
雫も あとで食べていい?

雫まで

ねえ パパ お兄ちゃんのママは
どこ行ったの?

お出かけしてるみたい

蒼ちゃんのおうち分からなくて
迷子になったんじゃない?

そうかな

きっとそうだよ
ねえ パパ 捜しに行こうよ

お兄ちゃんのママ 迷子だから
捜しに行ってあげよう

行かないの?

そうだよね

待ってるだけって
何にもしてないのと同じか

よし パパ 捜してくる!

うん
大地君

すぐママ連れて帰ってくる

礼さん 子供達 お願いします
はい

おい おい 捜すって
心当たりないのに どこ捜すんだよ

当てもないし
帰ってくるって信じてるけど

ここで じっと待つのは
トリプルレッドじゃない

何言ってんだよ お前 捜すなら…
行ってくる

おい

どうも 聴いていただきまして
ありがとう!

盛り上がってるかい?

≪イエーイ

あの すいません

横瀬めいくっていう

このぐらいの身長なんすけど

弾き語りしてる女の子
知らないっすか?

《≪あっ めいくちゃんなら
駅前広場で いつも歌ってるよ》

《ありがとうございます》

どうもありがとうございました
ありがとうございました

どうっすか めいくさん
そろそろ歌ってくださいよ

≪フォ~ッ

じゃあ まだ歌詞もないけど

どこの母親も

一度くらいは

一瞬でいいから
子育てから離れたい

逃げたいって思うこと
あると思います

子供見てくれる人がいるなら
なおさら

先生も そう思うことが?

全くないと言ったら
嘘になります

でも
そんなこと絶対にしない

でしょ? 当然だよ

しないっていうか

できない

できないから

心のどこかで

少しだけ憧れます

憧れる?

私は

ちゃんとしたママでいたい
っていう思いに縛られてるから

そんなことお構いなしに
自由でいられたら

楽だろうなって

そうなりたいとは思わないけど

帰ってきたら
ガツンと言ってやる

ホントは帰ってくると
思ってるんですね

♬~

♬~ララララーラ

♬~ラララ ラララ~

♬~ラララ

♬~ラララ ラララ~

いた
♬~ラララララーラ

♬~ララララ
ラララララ ララララ~

♬~ララララ ラララララ~

♬~ララララ ラララ

♬~ララララ~

♬~ララララ ララララ

♬~ラララララ~

♬~

イェ

どうも

最高

最高 ブラボー
どうも

えっ あんた…

迎えに来ました

わざわざ迎えに来なくたって
帰ったのに

みんなんちを代表して
ガツンと言います

大地君は とっても大人です

でも やっぱりまだ子供です

ホントは寂しがってると思います

だから

手を離さないで

ずっと そばに
いてあげてください!

何 おっきい声で言ってんの
恥ずかしい

すいません

あんたに言われなくたって

離れられるわけないでしょ?

歌ってる今だって離れなくて

私だって困ってんの

思ったとおりでした

はあ?
信じてました

あんた
私の何を知ってるっていうの?

タバスコが好きなこと以外
ほとんど何も知りません

でも

信じたかったんです あなたのこと

何それ

信じてよかった

何で目が潤んでんの?

いや 帰りましょう

僕達の家に

分かった

帰ろう

ありがとうございました

ああ おかえり
ただいま

お前な!
私が言うから

数えてて

1 2 3

4 5…

何?
言いたいことがあるなら言って…

おかえりなさい

すみませんでした

もう~ 私達に謝るより

大地君に ただいまって

大地君 待ちくたびれて
寝ちゃってる

うん

はい 急いだ急いだ

は~い はい

ありがとうございます

男じゃハグはできないでしょ?

蒼ちゃん
今回は怒らないであげよう

じゃあ100まで数えてやる

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30…
はいはい 行った行った行った

46 47 48 49 50

大地

ただいま

ママ?

うん

遅くなってごめん

僕 ずっとママを待ってた

ママも

ずっと大地のこと考えてた

ねえ ママ
うん?

おなか減った

ママも
歌ったら おなか減っちゃった

しょうがねえな

焼きそば
温め直してやるよ

大地君 ママが歌ってるの見たよ

かっこよかった
ママ お歌 上手だね

うん お料理も上手なんだよ

えっ?

僕 ママのご飯が食べたい

いつも そんなこと言わないじゃん

ママのご飯がいい

ですって

よし じゃあ留守番のご褒美だ

おいで
うん!

ねえ 下 借りるよ
あ? ああ

ちょっと厨房 見てくるわ

あ~

(めいく)おやっさ~ん
厨房 借りるよ

うん? 今度は何だ?

礼さんは
初めから信じてたんですか?

いえ

でも 昨日まで
逃げなかった人が

今日になって
逃げるわけないって

信じたかった

蒼ちゃんに

何を根拠に
信じるんだって言われて

何も言えなかったんです

めいくさんにも
同じことを聞かれたけど

何の根拠もないのに
信じられるのが

家族なのかなって

今は そう思ってます

かもしれないですね

大したもんじゃねえか
思ってたより やるじゃん

私 めんどくさがりだから
やらないだけ

やればできる子だから よろしく

よろしく

フフフ

もうすぐできるからね
おいしそう

うん でしょ?
うん

じゃあ みんなで いただきまーす

(一同)いただきまーす

雫は もう遅いから
ちょっとだけね

陽も ちょっとだけにしとこうか
まあ そう固いこと言わずに

マヨネーズかける人

はーい
かける?

(めいく)マヨマヨ…
うわ~ マヨマヨ

雫も
おっ 雫ちゃんもかける?

よっ マヨマヨマヨ…
あ~ あ~ あ~ あ~

かけすぎ

おいしい
ああそう? よかった

じゃあ私は
タバスコ

あっ
う~ん うん

1 2 3
もう 蒼ちゃん

4 5…
4 5 もうほっとこう

ハハハ…
ほっとこう 蒼ちゃん

おいしい? おいしいね
(めいく)まあね

俺もタバスコかけていい?
1…

<みどり>

<世の中には
色んな親がいるんだな>

<みんなが>

<それぞれの事情を抱えながら>

<正解のない>

<子育てに向き合ってる>

「おねえさんのわらうこえ」

ねえ パパ

お兄ちゃんのママ
帰ってきてよかったね

そうだな

陽のママも
待ってたら帰ってくる?

ママ 蒼ちゃんのおうち
分かるかな?

どうかな

(陽)ママも迷子になってるかもよ

明日 捜しに行こうよ

ねっ パパ

うん

<俺には>

<先延ばしにしたままの>

<大きな宿題がある>