[終]刑事7人 #9[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[終]刑事7人 #9[解][字]

東山紀之主演ドラマ『刑事7人』第7シリーズ!個性派揃いのスペシャリスト集団が、時代と共に進化する≪超凶悪犯罪≫や≪未解決難事件≫に挑む!

◇番組内容
女子大生刺殺事件が発生!遺体の首筋に“歯形”を発見した天樹(東山紀之)の脳裏に、25年前の悪夢がよみがえる―それは自らの失態により、真犯人・春日部将司(村井國夫)を正当に裁けなかった痛恨の“かみつきジャッカル事件”だった。青山(塚本高史)の制止も聞かず、天樹は春日部の周辺を捜査。そんな天樹の暴走で、専従捜査班が解散の危機に陥ってしまう!?衝撃の最終回!
◇出演者
天樹悠…東山紀之
海老沢芳樹…田辺誠一
水田環…倉科カナ
野々村拓海…白洲迅
青山新…塚本高史
片桐正敏…吉田鋼太郎
堂本俊太郎…北大路欣也
【ゲスト】村井國夫、福士誠治、広田亮平
◇脚本
森ハヤシ
◇監督
兼﨑涼介
◇音楽
奈良悠樹
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】山川秀樹(テレビ朝日)、秋山貴人(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_07/
☆Twitter
 https://twitter.com/keiji_7nin

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 青山
  2. 天樹
  3. 春日部
  4. 事件
  5. 片桐
  6. 刑事
  7. 被害者
  8. 医師
  9. 看護師
  10. 年前
  11. 歯形
  12. 関係
  13. 山辺伊織
  14. 犯人
  15. 本当
  16. 今日
  17. 最後
  18. 新島
  19. 息子
  20. 長村

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,000 (2021/09/16 21:03:36時点 Amazon調べ-詳細)

(秒針の音)

♬~

(青山 新)これ ください。
(店員)こちらですね。

♬~

(店員)こちらで
お間違いございませんか?

(青山)はい。

気に入って頂けると思いますよ。
ありがとうございます。

どうもありがとうございました。

(天樹 悠)青山くん。
うわっ!

天樹さん!
フフ… 驚いた?

いや びっくりしますよ!

あっ… あの 言っときますけど
指輪っていっても

そこまで深い意味がこもってる
とかじゃない…。

あれ? 指輪 買ったんだ。

ええ? 見てたんじゃ…。
ううん。

いや でも あの… この事は
環さんには 内緒でお願いします。

なんで 水田さんの名前が?
えっ?

ああ… もう あの

指輪をプレゼントするからって
プロポーズとかじゃなくて

結婚を前提にって
そういう話をしようと…。

2人は そういう関係なんだ。
ええっ?

いや 違いますけど

これを機に そういう関係に
なるのもありかなって…。

へえ~。
ええ~。

天樹さん
うすうす気づいてるのかと…。

いや 全く。

マジですか…。

(青山)昨日の事は
みんなには内緒でお願いします。

いや 自分は刑事としては
まだまだ未熟ですから。

そりゃあ 天樹さんみたいに
超がつく優秀な刑事だったら

ビシッと「俺についてこい」ぐらい
言えますけどね。

僕は 優秀な刑事じゃないよ。
いやいや いやいや…。

天樹さんは
いつだって完璧ですよ。

そんな事ないよ。

で いつ渡すの?

今日の勤務上がりで
環さんを食事にでも誘おうかと。

(水田 環)何? 私の話?

えっ… いや 違います!

え~ なんか怪しいな。

ああ… あの…。

(せき払い)
環さん。

ちょっと話があって…。

ごめん その前に業務連絡。

弥生本町で殺し。

えっ?

(野々村拓海)
被害者は 重野茉由さん

22歳の大学生です。

あのマンションで
一人暮らしをしていました。

犯行時刻は 昨夜の11時半頃。

凶器は 刃渡り11センチのナイフ。

ホームセンターで買える
一般的なものだそうよ。

(海老沢芳樹)目撃情報はない。

夜は かなり
人けがない場所のようだ。

♬~

♬~

(青山の声)天樹さん? 天樹さん?

(青山)それ 歯形ですよね?

犯人がつけたものでしょうか?

(青山)事件直前に
被害者の重野茉由さんを乗せた

タクシーの運転手の話によると

被害者は 昨日の午後11時過ぎに

マンション前で
タクシーを降りてます。

(野々村)それと 被害者のスマホの
メッセージ履歴から

午後10時半頃まで
大学の同級生の中尾という男と

新宿区の居酒屋で

食事をしていた事が
わかっています。

(片桐正敏)
天樹! どう思う?

天樹…? 天樹くーん!

ちょっと出てきます。

(青山)えっ…?

(片桐)いや
まだ 話 終わってないぞ…。

(野々村)今日の天樹さん
なんか おかしくないですか?

単独行動は いつもの事でしょ。

最後まで話を聞かないのは
らしくないな。

「八木坂町 連続婦女暴行殺人事件」

「平成八年九月」

随分前の事件ですけど
何か関係があるんですかね?

かみつきジャッカル事件…。

かみつきジャッカル?

それって どんな事件なんですか?

天樹の
刑事としての唯一の黒星

それが
かみつきジャッカル事件だ。

(片桐の声)
かみつきジャッカル事件は

25年前 東京西部で起きた
連続婦女暴行殺人事件。

4人の被害者は 全員

長身長髪で色白の20代前半の女性。

それって 今回の被害者も…。

(片桐)そして 被害者の遺体には
必ず首筋に

犯人のものと思われる
歯形が残されていた。

それで かみつきジャッカル…。

当時 捜査一課にいた天樹は
この事件の担当だった。

それぞれの犯行の共通点と
過去の資料を照らし合わせて

長村忠雄という男を逮捕した。

♬~

(片桐)長村は
殺害について完全に否認。

刑事たちは 連日 長村に対して
厳しい取り調べを行った。

その結果 長村は留置場内で自殺。

ただ 問題は そのあとだ。

♬~

(片桐の声)数日後

同じような手口で
婦女暴行を行った男が逮捕された。

それが

春日部将司だ。

(片桐の声)春日部は

長村が通っていた歯医者に
出入りしていた歯科技工士で

過去に
長村の歯形模型を作った事があり

歯形を偽装する事が可能。

状況からいっても
連続婦女暴行殺人事件の真犯人は

春日部で間違いなかった。

だが その後の裁判で
春日部の関与が立証できたのは

たったの1件だけ。

(片桐の声)余罪もあって
判決は無期懲役。

だが 自分の誤認逮捕で
捜査に遅れを生じさせ

残り3件の殺人を
立証できなかった事で

天樹は 強く責任を感じていた。

(男性)春日部さん!
ちょっと こっちいいですか?

(春日部将司)おう。

(刑事)例の連続殺人事件
別の男が逮捕された!

(刑事)お前が
長村を逮捕なんかするからだ。

春日部に 証拠を隠滅する時間を
与えたんだよ。

その春日部将司は 今…?

ああ… 模範囚だった事もあって
2カ月前に出所してる。

かみつきジャッカル事件…
歯形…。

ああ…。

あいつにとっては

まだ 過去のものになってないって
事じゃないか?

(片桐)おかしな事に
ならなきゃいいが…。

(堂本俊太郎)
致命傷となった刺し傷以外にも

犯人に抵抗した際にできた傷も
多く残っていた。

歯形に関しては

殺害後につけられた可能性が
高そうだ。

25年前の
かみつきジャッカル事件で

被害者につけられた歯形とは
何か関連があるんでしょうか?

(堂本)お前さんが
そう言うだろうと思って

比べてみた。

かみつきジャッカルとして
逮捕された長村とも

春日部とも
歯形は一致しなかった。

それと不思議な事に 唾液などの
体液も検出されなかった。

そうですか…。

25年前というと
ちょうど我々が出会った頃だな。

ありがとうございました。

余計なお世話かもしれんが

あの事件はあの事件
この事件はこの事件。

妙な先入観は
刑事の目を曇らせる。

(ドアの閉まる音)

♬~

やっぱり ここでしたか。

どちらへ?

ちょっと行きたい所が。

春日部の関係者の所ですか?

片桐さんから聞きましたよ
かみつきジャッカル事件の事。

俺も行っていいですか?
捜査は 2人1組が基本ですし。

いや いい。
君には関係のない話だ。

♬~

(中尾翔平)あの日は 茉由と
10時半まで一緒に飲んでました。

(野々村)その席で 茉由さんと
口論になったと聞きました。

原因は なんだったんですか?

(中尾)茉由の男関係ですね。

男関係とは?

(中尾)元彼と関係切れてなくて

それで
話 違えだろって事になって…。

その元彼というのは?

(笠松雄也)茉由と付き合ったのは
2カ月くらいなんですよ。

最近まで 連絡は来てましたけど…
俺は避けてましたし。

その避けていた… すいません
避けていたというのは?

亡くなった人に こんな事言うのも
なんなんですけど

茉由は なんというか
ヤンチャっていうか…。

ああ それって… 例えば?

貸した金も返さないし

あと
家でも爆音で音楽を聴いたり

タバコを
平気でポイ捨てしたりとか。

♬~

(春日部の声)ありがとう。

♬~

被害者は 男関係も派手で
かなり素行が悪かったらしい。

知り合いだけじゃなく

マンションの隣人とも
トラブルを抱えてたって。

(片桐)となると
怨恨の線が強そうだな。

もう一度 被害者の交友関係を
洗い直してくれ。

(一同)はい。

そういえば 天樹くんは?

しばらく見てないですね。

あいつ やっぱり
まだ 25年前の事件の事を…。

少し お話いいですか?

あとにしてくれないか。

僕のほうでも
春日部の事を調べてみました。

(中根 誠)いやあ 本当
春日部さん 真面目だし

仕事も きっちりしてるから

お客さんからの評判も
いいんですよ。

先週から清掃主任も任せてるし。
はあ…。

あっ ねえ 新島くん。
春日部さん いいよね?

(新島賢治)ああ… はい。
めちゃくちゃ やりやすいですよ。

仕事覚えるの早いし
あの年齢で すごいと思います。

(青山)清掃会社の同僚で

春日部を悪く言う人は
いませんでした。

今の春日部は
あの頃とは別人です。

そう断定するのは まだ早い!

少なくとも 僕たちが
解決しなきゃいけないのは

25年前の事件じゃない。
今 起きている事件です。

過去にとらわれないで
今の事件を追いかけませんか?

それでも
春日部の事を調べたいというなら

僕も同行します。

(三条 学)どうも。
フリーライターの三条です。

すいません。

(三条)服役中の春日部
何回か会いに行きましたよ

記事を書くために。
実際 記事にはなったんですか?

いや 企画が通んないんですよ。
事件は とっくに風化してるし

今の春日部は つきものが落ちて
聖人みたいになってるから

話 聞いてても
面白くないんですよ。

そうですか…。
はい。

ああ… 面白いといえば
春日部の息子ね。

親父さんが捕まった時に
中学生で

そのあと
相当 地獄だったみたいですよ。

その息子さんは 今 どちらに?

今は 名前を変えて
山辺伊織って名乗ってる。

ただな… 会ってくれるかな?

相当 警戒心 強いですよ。

山辺伊織…。

(チャイム)

(チャイム)

天樹さん もう 戻りませんか?

山辺伊織さんですね?
先ほど連絡した…。

(山辺伊織)誰にも見られてない?
えっ?

すぐ入って。 早く。

適当に座って。

今 お仕事は?

(山辺)主に株だね。

普通に働けないし。

…で 警察が 何?

あなたのお父さんの事を
聞きたくて。

お父さんとか マジでやめて。

一度も そう思った事ないし。

俺とあいつは無関係だから。
何も知らない。

17回。
えっ?

あいつが捕まってから
俺が転校した回数。

名字も名前も全部変えて
就職しても

どっかから身バレして
何度もクビになった。

25年間 それの繰り返し。

あいつのせいで

俺は ずっと
日陰から出られないんだよ。

憎しみしかない。

お父さんが出所してから
会った事は?

ないね。

これからも 俺があいつと
接点を持つ事はない。

(雨音)

(刺す音)
(江川奈美)ああっ!

♬~

(相葉) 柔軟剤をお使いのみなさん!
(主婦) はい!

♬~ 気になる衣類のニオイ

消しても消しても キリがない!

だったら これからは 「ソフラン」!

進化した防臭力で

臭くならない服に変える
「ソフラン プレミアム消臭」

(相葉) 「ソフラン ウルトラゼロ」は 次世代の柔軟剤

<悪臭を感じる前に ニオイをブロック>

<強い香りで ごまかさない!>

嫌なニオイをつけても

(男性)臭くない!
「ソフラン ウルトラゼロ」

(パトカーのサイレン)

歯形…。 これで2件目か。

(野々村)殺されたのは
江川奈美さん 21歳。

近隣の女子大に通う大学生です。

また女子大生…。

(青山)色白 長身に長髪。

凶器は
1回目と同様 市販のナイフ。

殺害される直前
犯人ともみ合った形跡あり。

(ヘリコプターの飛行音)

♬~

♬~

おい!

えっ… 何?

すいません…。

(ノック)

はい。

あの… 警視庁の者です。

お話 よろしいでしょうか?

ああ… 刑事さんですか。
ご苦労さまです。

さあ どうそ。

♬~

大したものはありませんが
どうぞ。

お構いなく。

あの 出所後
息子さんとお会いになった事は?

いいえ。

そうですか…。

♬~

クモが…。

♬~

彼らにも 命がありますからね。

で 今日は
なんのお話でしょうか?

近隣で起きた殺人事件について
話を…。

この方々を
ご存じありませんか?

ごめんなさい…
ちょっとわかりません。

彼女たちの住むマンションの
清掃を請け負っていたのが

どちらも あなたが勤める
中根クリーンである事が

わかりました。

本当に ご存じありませんか?

住民の方とは なるべく

顔を合わせないように
してるんですよ。

あの…

今でも 私を疑っているんですか?

天樹さん。

覚えてますよ。
あの日 裁判所で

悔しそうに 私をにらみつける
あなたの目を…。

あの事件は

今でも 全て あなたがやったと
思っています。

だから 今回の事件も
私がやったと?

ハハハ…。

あなたが私を憎み

私を犯人にしたい気持ちは
わかります。

ただ 私は生まれ変わったんです。

あなたの言葉は信じられない!

私の何を知ってるんです?

刑務所で過ごした あの時間は
とても長かった…。

もう あの生活に戻りたくない。

♬~

尾行したのか?

ええ。

僕の事が心配で?
それもありますけど…。

2件目の殺人現場を見て
思いました。

やっぱり 春日部には
今回の犯行 無理な気がします。

あの年齢で 抵抗する若い女性を
殺害するのは 難しいのでは?

春日部は嘘をついている。
嘘?

(天樹の声)祭壇の横に
曲がった針金のようなものが…。

昨日 息子の伊織さんに
話を聞いた時

彼は 落ち着きなく
クリップをいじって

同じような形にしていた。

春日部は 出所後
伊織さんと会ってる。

会ってたとして

それが 今回の事件と
なんの関係があるんですか?

小さい嘘をつく人間は
大きな嘘もつく。

今でも 春日部には
隠してる事が…。

いい加減にしてください!

こんなの
天樹さんじゃないですよ。

もう 何十年も前の事件に
こだわるのは やめてください!

春日部以外の関係者にも
目を向けてください!

青山くん。

僕の事は もう
放っといてくれないかな。

(携帯電話の着信音)

もしもし?

「あっ 今 仕事中?」

いや 今から戻るとこ。

「なんかあった?」

なんで?

「いつもより 声 暗いから」

…そう? で どうしたの?

今 料理作ってて
青山くんも食べるかなと思って。

料理なんて珍しいね。

ほら この前 私が作った
ロールキャベツ

微妙な顔して食べてたから
リベンジもしたいし。

あっ まだ かかりそうなら
1人で食べるけど。

あっ いや 食べたいな。

話したい事もあるし。

そう。 じゃあ 待ってる。

うん。 じゃあ あとで。

♬~

♬~

(春日部)武司…。
その名前で呼ぶなって!

♬~

(刺す音)

♬~

うう…。

♬~

青山くん…? 青山くん!?

青山くん! 青山くん!

青山! 青山! 青山!

青山!!

♬~

遅っ…。

先に食べるわよ。

いや もうちょい待つか…。

(携帯電話の振動音)

はい。

えっ…?

(医師)青山新さん ナイフによる
刺傷で ショック状態。

緊急オペ!
(看護師)わかりました。

介助します。
(看護師)ロックしました。

(看護師)こっち オーケーです。
(看護師)いくよ 1 2 3!

(医師)ストレッチャー出して。
(看護師)いったん抜けます。

(医師)開胸セット!
(看護師)はい。

♬~

青山くんは?

(片桐)今 手術中だ。

無事なんだよね?

無事なんでしょ?
青山くんの事だから。

なんとか言ってよ…。

肺を深く損傷していて
危険な状態だ。

医師からは
覚悟しておくようにと…。

嘘… 嘘でしょ…?

天樹くんと一緒にいたんだよね?

ねえ…
天樹くん なんとか言ってよ!

どうして…。

(携帯電話の振動音)
どうして 青山くんが…。

(片桐)はい。

わかった。

山辺伊織が
話ができる状態になったそうだ。

♬~

(片桐)
この2人に見覚えあるだろ?

し… 知らないです…。

とぼけるな!

お前が殺したんじゃないのか!?

(山辺)
いや… こ… 殺してないです。

どうして 僕が…。
(机をたたく音)

片桐さん…。

25年前
お前は 父親の行為によって

その後の人生を
めちゃくちゃにされた。

そんな父親が
再び 目の前に現れた。

そいつを
再び 刑務所に送り込むために

遺体に歯形をつけた。 違うか?

違います。 そんな事してません。

じゃあ どうして
ナイフを持っていた?

あいつとの関係を切りたかった…。

でも 刺す気はなかった。
脅そうと思っただけ…。

そんな言い訳が
通用すると思うか?

現にお前は
俺たちの仲間を刺したんだぞ!

(片桐)海老沢。

(野々村)片桐さん!

山辺伊織には

2件の殺人事件の犯行時刻に
アリバイがありました。

♬~

(心電図モニターのアラーム)

心拍50を切りました。

FFPも追加して。
(看護師)はい。

(医師)サテンスキー。
(看護師)はい。

♬~

(青山の声)過去にとらわれないで
今の事件を追いかけませんか?

もう いい加減にしてください!

こんなの
天樹さんじゃないですよ。

何十年も前の事件に
こだわるのは やめてください!

水田さん… すいませんでした…。

全て 僕の責任です。

僕は… もう 刑事を…。

私と青山くんが
ルームシェアしてる事

知ってるよね?

…ええ。

前より
2人で話す機会 増えてさ…。

青山くんって 仕事とプライベート
分けるタイプかと思ってたけど

結構 仕事の話 多いんだよね。

特に天樹くんの話。

僕の…?

ああ見えて
結構 尊敬してるみたい。

あっ 昨日の天樹さんの推理
マジで かっこよくなかった?

えっ そこ
最初から疑ってたの? って。

うん。 ああいうとこ すごいよね。
うん。 本当 完璧だよ。

俺 生まれ変わったら
天樹さんになりたいもん。

ハハハ… そこまで?
あとさ 自分の手柄なのに

手柄アピールしないところも
かっこいいよね。

天樹くん…。

刑事 辞めるとか 言わないでね。

青山くんは
絶対に戻ってくるから。

その時
憧れの天樹くんがいなかったら

あいつ 悲しむよ。

自分のせいで 憧れの天樹さんが
辞めちゃったって

ショック受けるから。

♬~

上から言われた。

なんの報告もなしに
単独行動をとり

警察官が1人 重傷を負った。

その責任をとって
我々専従捜査班は

今回の事件を最後に
解散しろってな。

(片桐)捜査一課は
春日部将司を重要参考人として

証拠固めに入るらしい。

それと… 山辺伊織には
アリバイがありました。

情けない話だが
捜査は振り出しだ。

正直 崖っぷちだ。

天樹 どうする?

天樹さん。

天樹。

行きましょう。

リベンジ開始です。

♬~

(ドアの開く音)

山辺伊織さん。

もう一度 あなたのお父さんの話を
聞かせてください。

(法務教官)
温厚そうに見えるけど

同房の人間とのトラブルは
多かったですね。

そうですか。
(法務教官)ええ。

それって この人ですか?

(男性)ああ そうそう!

多分 この人だよ
殺された女子大生ともめてたの。

その時の服装って
こんな感じですか?

ああ… それ それ。

見つけたぞ。

2件目の現場近くの防犯カメラに
1人で歩く姿が映ってる。

犯人は やはり…。

いえ…
最後の1ピースが足りません。

これでは
25年前の繰り返しになります。

最後の1ピース…。

それを見つけるには
どうすれば…。

あとは…。

(野々村)
こんな原始的なやり方ですか…。

(片桐)
つべこべ言わずに手ぇ動かせ!

刑事ってのは

足使って 地べたに這いつくばって
なんぼなんだよ!

おっ! ううっ…!

(野々村)なんか見つけました?

カマキリ…。

♬~

(野々村)
もう 朝になっちゃいますよ。

これ以上は…。

私も捜す。

いいのか?

じっとしてるの
性に合わないから。

♬~

♬~

(医師)見えない。 右に寄せて。
(医師)はい。

(医師)違う! こっちだ!
(医師)はい。

(看護師)糸 足りません。
3-0 お願いします!

♬~

ねえ! これ なんだろう?

♬~

(堂本)本来 私の仕事ではないが

ご遺体の血液を
改めて検査したところ

お前さんが思ってたとおりの
結果が出た。

そうですか…。

急な要望に応えてくださって
ありがとうございました。

天樹悠 唯一の弱点は

敗北の経験が少ない事だった。

どんな刑事だって

数々の失敗を経て 己の弱さを知り
成長するもんだ。

また強くなったな。

ありがとうございます。

行ってこい。

♬~

これで本当に 僕たち
最後の事件になるんでしょうか?

最後だろうが
最後じゃなかろうが

目の前の事件に全力でぶつかる。

それが 俺たちにできる事だ。

(心電図モニターの音)

♬~

(看護師)いまだに安定しません。
このままだと…。

(医師)ああ…。

♬~

(足音)

(新島)春日部さんですか?

今 呼んできます。

ああ 刑事さん…。

今日は?

事件の真相をお伝えしに来ました。

ああ… そうですか。

あの日

あなたが息子さんに会いに行った
理由がわかりました。

もう一度 あなたのお父さんの話を
聞かせてください。

俺は あいつとの関係を断つために
手切れ金を渡してた。

でも あの日

あいつは
俺に それを返したいって…。

これは受け取れない。

私は また 親子に戻りたいんだ。

無理だよ。

とっくに関係は切れてるんだよ。

罪を償わせてほしいんだ

お前を ずっと苦しめた罪を…!

武司… 武司!

(山辺)その名前で呼ぶな!

もう 俺に構うなって!

武司…。

私は 25年前の事件に
とらわれすぎていました。

そして 25年前と同じ過ちを
犯すところだった…。

女子大生連続殺人事件の犯人は
あなたです。

新島賢治さん。

えっ… 俺ですか?

いやいや いやいや
おかしいでしょ!

流れ的に
春日部さんじゃないんですか?

そもそも 俺
そんな 女子大生とか知らないし。

こちらの中根クリーンでは

被害者2人の住むマンションの
清掃を請け負っていましたよね。

そして 最初に殺された重野さんと
あなたが言い争っている姿を

見ていた人がいます。

次に殺された江川さんの
マンション近くでも

事件当日 あなたの姿が…。

そりゃ 住民とのトラブルは
つきものですよ。

それで殺すとか あり得ないんで。

そうでしょうか?

あなたは ここで働く前

いくつかの職場で
退職を言い渡されていますよね。

それが何か…?

全部 上司に暴力を振るったのが
原因だとか…。

随分 プライドが高く
キレやすい性格のようですが。

勝手に決めつけんなよ!

様々なエピソードを
他の職場でも聞きましたが

ここで 全部発表しましょうか?

遺体についた歯形は

殺人の罪を

春日部さんになすりつけるのが
目的だった。

自分より あとに入ってきた
春日部さんが

先に昇進した事が
気に食わなかった。

そんなところでしょうか。

(新島)それは普通に 思うでしょ?

こっちは年少行っても
前科はないの。

過去に何人も殺してる
こいつの下で働くとか

マジ許せねえから!

(新島)ただ 俺が殺した証拠
どこにあるんだよ?

見せてみろよ! なあ!?

2つ目の現場近くに落ちてました。

中根クリーンの制服のボタンです。

被害者の血液反応がありました。

争った際 犯人の衣服から

被害者がむしり取ったものと
考えて 間違いありません。

だからって
俺のもんとは限らないだろ?

(新島)ほら ほらほら!
こいつだって外れてんじゃん!

いえ これは間違いなく
あなたのボタンです。

こちらの制服は 最近になって
リニューアルされたと聞きました。

これは
古いタイプの制服のボタンです。

2カ月前に働きだした
春日部さんの制服のものとは違う。

ボタンがない事に気づいて

春日部さんの制服からも
ボタンを外したんでしょうが

偽装が甘かったですね。

(新島)ったく めんどくせえ…!

♬~

(新島)離せ!
おとなしく捕まったほうがいい。

こっちは 仲間を刺されて
気が立ってるんだ!

(心電図モニターの音)

青山くん… 犯人逮捕されたって。

(心電図モニターのアラーム)

(看護師)心停止です!

(心電図モニターのアラーム)

(医師)青山さん! 青山さん!

代わります!
お願いします!

(医師)アドレナリン!
(看護師)はい!

♬~

(汽笛)

この度は 息子が
大変ご迷惑をおかけしました。

本当に申し訳ありませんでした。

今日は それを伝えるために?

ここは 私が
25年前 逮捕された場所なんです。

あなたには感謝してます。

長年憎み続けた私をかばい

私や息子の罪を
晴らしてくれました。

私は

あなたを
憎んでいたわけではありません。

ただ 真実を突き止めたかった。

真実か…。

ずっと 私は苦しかった。

25年間ずっと…。

あなたになら
真実を話そうと思います。

25年前に私が犯した
全ての罪を…。

♬~

え~ それでは この人に
あいさつしてもらいましょう!

どうぞ!

え~ 皆様 本日は
私 青山新の退院を祝しまして

乾杯!

(一同)乾杯~!

(青山)いや 私ですね
気を失ってから目覚めるまで

記憶がございません。

(野々村)
青山さ~ん 青山新さ~ん。

(青山)な… なんだ?
(野々村)どうぞ。

いやあ 皆さん どうも すいません
ありがとうございます。

あっ 青山くん それ お酒?
うん。

先生に控えるようにって
言われたでしょ?

いや 今日ぐらい
いいじゃないですか。

1杯だけだよ。

なんか 今のやり取り
夫婦っぽかったっすね。

え~?
2人は何? いい感じなのか?

いや 別に そういうわけじゃ…。
いや 全然。

(堂本)その話
詳しく聞かせてもらいたいね。

堂本先生!?
この話題になると 必ず現れる…。

いや まあ そんな話より

ほら 今日は 専従捜査班の
解散式でもあるんですからね。

ああ…。

本当に終わっちゃうんですね
本当に…。

どうせ お前さんたちの事だ

夏頃になったら
また集合するんだろ?

いえ… どうやら 今回こそ
本当に解散らしいですよ。

という事で ええ~…

ただ今から 辞令を配りまーす!
は~い!

(野々村)ちょっと
ノリ軽すぎませんか それ!

はい 海老沢くん。
はい。

水田くん。
うん。

(片桐)先生 のちほど。

はい 青山くん。
ありがとうございます。

じゃあさ みんなで
「せーの」で一緒に見せようよ。

おっ いいですね!

こういうのは もっと こう
大事にいきましょう…。

はい 拓海くん。
軽いな~。

はい。 じゃあ いくよ!
(青山)いきますよ。

(一同)せーの!

よっ!

おっ!
おっ?

おおーっ!
(野々村)えっ!?

結局 渡せなかった?

(青山)ええ…。

これは もう少し立派な刑事に
なってからにします。

天樹さんと肩を並べるような。

じゃあ
それは まだ 先になりそうだね。

えっ?

僕も まだ 成長してる途中だから。
フフッ…。

(堂本)悠!

今から カシオレ行かない?
みんなで。

大丈夫 大丈夫! 俺に任せて。

わかりました。

(堂本)行く? よし 行こう!

(野々村)よっしゃ 行きましょう!
行くぞ!

(野々村)イタッ!
ああ… 折れた!

やばい やばい 痛い…。
うるさい!

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

〈これまでの放送を全部見るなら
TELASAで〉