緊急取調室 #7[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

緊急取調室 #7[字]

<天海祐希vs板谷由夏!!>遺体を発見したのは、美人霊能力者!彼女は本物か、それとも“嘘つき女”か?双子姉妹に隠された悲しい秘密とは…

◇番組内容
「失踪した医師の霊から助けを求められた」――。
人気霊能力者・馨(板谷由夏)が警視庁を訪れ、そう話した直後、失踪中の美容外科医・小林(黄川田雅哉)のバッグが郊外で見つかった!双子の妹・渚(板谷由夏・二役)に説得され、捜査協力に応じる馨。だが馨は、事情聴取を担当した有希子(天海祐希)が自分の霊能力を信じていないことを見破り、ふたたび捜査協力を拒否。しかも自ら、小林の遺体を発見してしまい…?
◇出演者
天海祐希、田中哲司、速水もこみち、工藤阿須加、塚地武雅、池田成志、でんでん、小日向文世

板谷由夏、黄川田雅哉、中村静香、生島勇輝、大谷亮平 ほか
◇脚本
井上由美子
◇演出
樹下直美(アズバーズ)
◇音楽
林ゆうき
◇主題歌
緑黄色社会『LITMUS』(EPICレコードジャパン)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【プロデューサー】都築歩(テレビ朝日)、残間理央(テレビ朝日)、松野千鶴子(アズバーズ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/
☆Twitter
 https://twitter.com/kintori_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/exkintori/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 貴船馨
  2. 透視
  3. 小石川
  4. 渡辺
  5. 菱本
  6. 失礼
  7. 警察
  8. 佐久間渚
  9. 遺体
  10. 山上
  11. 失踪
  12. 本当
  13. 能力
  14. 馬鹿
  15. 被害者
  16. お姉さん
  17. 医師
  18. 協力
  19. 玉垣
  20. 仕事

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,000 (2021/09/16 21:03:36時点 Amazon調べ-詳細)

しゃべった…。

(ノック)

しゃべった!
大國塔子がしゃべった!

(菱本 進)これだろ?

やっぱり 裁判で証言を覆したか。

(小石川春夫)
これからが見ものだね。

黙って見物してていいのかな?

だって 真実 知ってるの
私たちだけよ。

警察にいると
時に 知っちゃいけない事を知る。

機が熟すのを待とう。

(菱本)キントリ解散まで
1カ月を切った。

最後まで
俺らの仕事をやろうや。

わかってるけどさ…。

(渡辺鉄次)失礼します。

あれ? うちの新人
来ませんでしたか?

一課の新人?

今日から 僕が
その新人の教育係なんですけど

まずは キントリの皆さんに
挨拶に来いって言ったんです。

ナベちゃん 教育係?
偉くなったねえ。

いえ… モツさんの教えを継いで
今度は自分が頑張る番です。

頼もしいねえ。 幸せな後輩だ。

実は ハイジャック事件で
真壁さんとやりあった男なんです。

あいつ?

(山上善春)よし。

(警察官)申し訳ございません。
お通しするわけには…。

すみません。

私の言葉が
信じられないんですか?

信じるんですか?
(警察官)信じるも信じないも…。

どうされました?
(警察官)ああ…。

わたくしは貴船馨と申します。

失踪した医師の霊に
助けを求められて参りました。

警視庁が
行方を捜しているはずです。

捜索に お力をお貸しします。

警察は そういう不確かなものに
頼る事はありません。

お引き取りください。

よろしいんですか?

公務の妨げになりますので
お帰りください。

失礼ですね。
(山上)お引き取りを。

(渡辺)
結構 骨のありそうな奴なんで

楽しみです。

大丈夫?
ちょっと生意気なとこあるけど。

そこが見込まれて
一課に呼ばれたんじゃない?

(ノック)

(山上)失礼します。
(菱本)おう 入れ。

本日付で捜査第一課勤務を
命じられました 山上です。

改めて よろしくお願いします。

また お目にかかれて光栄です。

その節は お世話になりました。

爆弾…!? どこだ!?

自分が中田の息子である事は

キントリの方には
言わないで頂きたい。

(小石川)一緒に仕事ができるのは
残りわずかだけど

よろしくね。
はい。

僕が 一から指導するんで
かわいがってやってください。

モツナベコンビのあとは
ナベ山コンビ誕生か。

ナベ山…。

(携帯電話の振動音)
(菱本)何? 文句あっか?

いえ…。
(渡辺)はい 渡辺です。

(渡辺)はい。 わかりました。

事件だ。
(小石川)おっ 早速 集合?

多摩川 狩山橋の下で

失踪中の医師のカバンが
発見されました。

失踪中の医師…?

何か気になるのか?
あっ いえ…。

さっき 受付で…。

失踪した医師の霊に
助けを求められて参りました。

(小石川)タイミング的には
ちょっと気になるね。

よし 行こう。
まだ近くにいるかもしれない。

いや… 霊がどうのこうの
インチキくさい女ですよ?

事件の関係者かもしれないんだ。
とにかく話を聞きに行こう。

(玉垣松夫)貴船馨が来たって
本当ですか?

早いね。
(菱本)タマちゃん 知ってるの?

有名な霊能者ですよ!

ほら 10年くらい前 テレビ番組で

失踪した女子高生の居場所を
言い当てた…。

(菱本・小石川)
おお おお おお おお!

(菱本)美人超能力者 馨!

ああ~。
当時 よくマスコミに出てた。

(玉垣)今も
ネットでは人気なんです。

「過去も未来も透視する」?

うさんくさい。
自称 霊能者でしょ?

ところが これが
結構 当たるんです。

(小石川)ふーん。

(電話)
はい 調べ班。

えっ 呼び出し?

(松本)失踪したのは
港区で美容外科を営む

小林英二 38歳。

数日前からクリニックに出勤せず
連絡も取れないため

家族から届けがあった。

だが 関係者以外には
失踪の事実は伏せられていた。

にもかかわらず
貴船馨は知っていた。

本物の超能力者かもしれません。

ぜひ 透視して頂き

居場所を
見つけてもらおうじゃないですか。

警察が そんな非科学的な情報に
頼るんですか?

なんにでも頼りますよ。
事件解決のためです。

(チャイム)

はい。
(渡辺)貴船馨さんですね?

先ほどは失礼しました。

あの… いえ 私は あの…。

もう一度 失踪した医師について

詳しくお話を
伺えないでしょうか?

あの 私 貴船馨じゃありません。

えっ…?

妹の佐久間渚と申します。

貴船は姉の仕事用の名前で…。
私たち 双子なんです。

それで雰囲気が違ったんですね。
失礼しました。

お姉さんは ご在宅ですか?

ああ… 姉はいますけど

なんだか
すごく怒って帰ってきちゃって。

警察には
二度と協力したくないって。

(渡辺)すみません。
彼の無礼は私が謝ります。

考え直して頂けませんか?

(渡辺)おい!

ちょっと 話してみますね。

お姉ちゃん? 警察の人が
もう一度 話を聞きたいって。

部長の嫌がらせも
手が込んできましたよ。

自称 霊能者に
助けてもらえなんて…。

まあ でも
ちょっと面白いじゃない。

霊能者と話すなんて初めてだよ。

定年後の人生を
占ってもらおうかな。

そりゃいいな。

ないない。 透視なんてない。
インチキだって。

笑わせんなって感じ。

♬~

どうぞ こちらに。

(菱本)どうぞ。

「貴船さん 本日は
お忙しいところ ご足労頂き

ありがとうございます」

(菱本)
「ぜひ ご協力をお願い致します」

協力には条件がございます。

条件… ですか?

わたくしの能力を
信じられますか?

はい?

もちろん信じてますとも!

女子高生の遺体の場所を
発見された時は

テレビにかぶりついて見てました。

あなたは?

えっ?

あっ はい 信じます。

嘘。 全然 信じてない。

あなたが 今 何を考えているか
透視して差し上げましょうか?

透視なんて あり得ない。
なんだ? このインチキ女。

過去も未来も見える?
笑わせんなよ。

♬~

(妻)どうした?
(夫)早く帰ってきてください。

シャンプーしてたら 後ろに気配が…。

そういうときあるから。

≪(猫の鳴き声)ニャーオ!

何かいる! 早く帰ってきてください!

無理だよ メキシコだし。

いつ帰ってきますか?
あした? あした? あしたとか?

No te preocupes!

え? ねぇ ちょっと…。
<部屋があなたを守ります>

<セキュリティ賃貸住宅 「D-room」>
おかえりなさい。

ニャーオ!
ひぃ!

ふふっ。 ただいま。
<見学会やります>

すみません。
正直に申し上げます。

霊や透視といった超常現象を
信じた事はありません。

「正直に申し上げます」
そう前置きする方って

相手に反論を許さないんですよね。

あなたには子供がいる。

でも 今は離れた所にいる。

何かと いろいろ心配でしょうね。

(小石川)真壁ちゃん
随分 揺さぶられてるね。

案外 本物の超能力者なのかも
しれませんね。

馬鹿馬鹿しい。
おい 余計な事を言うな。

わたくしの能力が
信じられるのなら

どうぞ
なんなりとお聞きください。

それでは お尋ね致します。

失踪した医師の事は

どうやって
お知りになったんですか?

何かをしたというわけでは
ありません。

ただ ご本人の声が
聞こえてきたんです。

この世の方の声では
ありませんでした。

(菱本)えっ すでに
亡くなっているんですか?

お気の毒ですが…。

今も 捜してくれ…
早く見つけてくれって…。

はあ…
気を抜くと頭が痛いんです。

♬~

大丈夫ですか?

はあっ…!

空を突き刺す高い塔…。

無数の糸が張り巡らされています。

空… 塔… 送電線?

(馨)「その2つの塔を結ぶ
水が流れる場所に

死者の持ち物が沈んでいます」

ありがとうございます。
早速 捜索に向かわせます。

信じて
いらっしゃらないんですか?

ああ いえ…。

でも まだ この情報が

信憑性があるものかどうか
わかりません。

(机をたたく音)
わたくしの言葉を

信憑性があるものに
できるかどうかは

あなた方の働きに
かかっているのでは?

(せき払い)

貴船さん 捜査をかく乱すると
罪に問われる事もあるんですよ。

寂しい人ですねえ。

傲慢で人を見下してるから
相手を信じる事ができない。

だから
プライベートでも素直になれず

あなたは大切なものを失ってる。

あなたのような哀れな方とは

これ以上 もう
お話しする事はありません。

♬~

行くぞ。

♬~

ええ~…?

よし。 2つの鉄塔の間に池がある。

手分けして捜そう!
(一同)はい!

どうした?

渡辺さん…
もう 3件も空振りしてますよ。

こんな 訳のわからない情報で

所轄を振り回して捜索させたら
馬鹿にされますよ。

どんな情報も決して侮らないこと。

これは
前任のモツさんからの教えだ。

行くぞ。

どうだ?
(警察官)いえ まだ何も。

♬~

(警察官)ありました! 靴です!
(一同)おお…。

(渡辺)携帯もあるはずだ。
慎重に取り出せ!

(一同)はい!

(カクカクシカジカ) どうもカクカクシカジカです

安心して移動したいからマイカーもアリかも?

そう思い始めたあなたに お知らせドーン

<用品10万! ダイハツ行ってみよ!>

《選択肢もドーン》

♬~

<愛のダイハツ 先どり秋祭>

(霧吹きの音)
高峰緑地公園の池の底から

被害者の携帯と靴が
発見されたそうですね。

はい。

真壁警部補。

貴船馨が透視したとおり
じゃないですか。

それは… はい。

貴船馨に協力を申し出ろと
言ったはずです。

なのに あなたは
彼女を怒らせました。

あなたが
もっと巧みに対応していたら

さらなる情報を引き出せたと
思えませんか?

お言葉ですが
貴船馨の言うとおり

携帯や靴が見つかったのは
何か裏があるとしか思えません。

裏があるなら 余計に
うまく対応しなきゃでしょ!

♬~

おい! 落ち込んでる暇ないぞ
おばはん。

裏があるなら
マル裸にしてやろうじゃない。

はい!

(小石川)貴船馨は
透視をビジネスとして

成り立たせてたみたいだね。

(玉垣)皆さん お待たせしました。

動画サイトのアクセス動向を
解析してみました。

(玉垣)数は増えていますが

最近は批判も多かったみたいです。

どんな批判?
(玉垣)はい…。

「大金を払ったのに
ペットが見つからなかった」とか

「ありとあらゆる意見を言うので
当たって当然」だとか…。

コールドリーディングだね。

いかようにも取れるような事を
片っ端から言って

透視が的中しているかのように
見せかけていた。

やっぱり
インチキって事じゃない。

(通知音)
(玉垣)あっ 新しい動画が

アップされました。

「もう ニュースは
ご覧になりましたか?」

「失踪した小林英二さんの遺留品が
見つかったのは

わたくしが透視をしたからです」

「警察は わたくしの言葉に
従っただけです」

よく言うわ。

人気が落ちてきたから
今回の事 仕組んだんじゃないの?

「その上 ある女性刑事の
失礼な態度のため

協力を中断しておりましたが

明日 わたくしは自らの足で

小林さんを捜したいと
思っております」

こいつは騒ぎになるぞ。

彼女のほうが
先に見つけちゃったりしたら…。

「警察は貴船馨に負けた」って
炎上するだろうね。

(馨)「声が聞こえます…」

♬~

ああ… 近い…。

呼んでいます。

赤いバラのアーチ…。

白いブランコが揺れています。

(女性)追いかけよう!
(女性)馨様!

♬~

バラのアーチ…。

(女性)やっぱり
あの方は素晴らしい!

(山上)止まって!
これ以上 入らないでください!

(渡辺)あっ 待ってください。

ブランコ…。

♬~

(小石川)しかし
ここまでくると 本当に

透視能力があるんじゃないかって
思えてくるね。

これ 貴船馨が殺したって可能性は
ないかな?

彼女が真犯人だって言うの?
もし そうなら

遺体の場所を知ってても
おかしくないでしょ?

人気を回復させるために
事件を自作自演したとか。

ゼロではないけど…
被害者と貴船馨との接点は?

先ほど ナベ山コンビから
報告が上がってきました。

被害者 小林英二の経営する
美容外科の顧客データ

電話やメールの着信記録
全くヒットしなかったそうです。

接点なしか…。

(チャイム)

真壁有希子と申します。

馨さんに
おわびを申し上げたくて…。

ああ… ごめんなさい。
姉は 今 出かけてるんです。

失礼ですが どちらへ?

さあ… いちいち 私には
行き先は伝えていかないので。

お姉さんから 今回の透視について
何か聞いておられますか?

(渚)姉は 透視の事は
一切 私には話さないんです。

凡人に話すとね
能力が落ちちゃうんですって。

あなたは お姉さんの透視の能力は
信じてるんですか?

(渚)さあ…。

でも 子供の頃から
勘は鋭かったですよ。

それは 私もそうですけど。

妹さんも?
詳しく教えて頂けませんか?

姉は私の考えてる事がわかったり
私は姉の考えがわかったり…。

それが普通だと思ってました。

今は どうです?

あっ… 今は もうすっかり
なくなっちゃいましたけどね。

姉と大違いですよね。

ありがとうございました。

えっ…?
長居は無用よ。

馨さんに くれぐれも
よろしくお伝えください。

(渚)失礼します。
失礼します。 さあ。

♬~

戻りました。

(菱本)謝罪はできたのか?

本人は留守で 妹と話してきた。

♬~

(キーを打つ音)
やっぱり!

会ったのは妹じゃない。
馨本人だ。

今 馨は留守だったって
言わなかった?

この間の貴船馨

左側を前にして座ってる。

確かに
ちょっと不自然な角度だな。

今日 会った妹の渚も
同じ格好をした。

それに 右耳の下に手を当てる
しぐさも同じ。

いくら双子でも 癖まで一致する?

何かを隠してるのかな?
傷か痣か…。

それにしても なんのために
妹のふりなんかしたんだ?

おばはんに
会いたくなかったからか?

それはない。

ドアを開けるまで 私が来てるって
知らなかったんだから。

とすると 日常的に
妹のふりをしてたって事?

なんのために そんな事を?

確認してみる価値はあるね。

♬~

ここ!

動画サイトの貴船馨

ここに来た貴船馨

今日 家にいた妹の渚は
同一人物?

(菱本)どういう事だ?
全部 貴船馨なのか?

それとも
全部 妹の佐久間渚なのか…。

面白くなってきたじゃない!

(笑い声)

♬~

真壁さん 当たりでした。

被害者の経営していた
美容外科の顧客データに…。

「佐久間渚という名前が
ありました」

どんな治療を受けたか わかる?

(渡辺)「簡単な
レーザー手術だったそうです」

レーザー…。

時期は いつ?

2018年10月。 3年近く前ですね。

ありがとう。

引き続き 探ってくれる?
(渡辺)「はい」

小林英二と佐久間渚の関係を
追うぞ。

自分は もう一度
遺体発見現場を回ってみます。

渡辺さん…

よく キントリのパシリばかり
やってられますね。

おい。

はあ~…
パシリなんかじゃねえや。

♬~

(菱本)おい…
2人の出た小学校の教師に

話が聞けたぞ。

武蔵野中央署の少年係に
知り合いがいるんだ。

菱さん もう本当に顔が広くて
助かります。

ヘヘヘヘ…。

これが 2人の小学校時代だ。

そっくりだが こっちが姉の馨。

で こっちが妹の渚。

小さい頃から同じしぐさ。

そのとおり。 渚の耳の下には

ちょっと大きめのほくろが
あったんだと。

渚が 非常に気にしてたんで

教師も
それが印象に残っていたらしい。

レーザーを使った手術って

そのほくろの除去とみて
間違いないわね。

つまり 隠してた頃の癖が残ってて
斜めを向いたり

手を耳の下に当ててたりした。

(小石川)繋がったよ。
えっ?

過去の貴船馨のサイトを
調べてみた。

聞きたい?
あんまり楽しい話じゃないけど。

春さん 早く!

貴船馨のサイトは

2018年10月
すなわち 妹の渚が美容外科で

ほくろを除去した時期より前の
動画が削除されてる。

で 動画が残ってるのは
2018年の11月以降。

「緑が生い茂った場所…」

(小石川)貴船馨には

耳の下に手を当てるしぐさが
見られる。

そして 渚の手術をした
美容外科医は殺された…。

その2つから導かれる事実は
春さんのおっしゃるとおり

気持ちのいいものじゃ
ありませんね。

さて… どうする?

引っ張るか それとも…。

だまされましょうよ。

ありがとうございました。
どうも。

(携帯電話の振動音)

はい。

調べ班 真壁です。 捜査の進展は?

今 連絡しようと思っていました。

3年前まで佐久間渚が勤めた
園芸店が

この別荘の植栽の手入れを
引き受けていました。

佐久間渚には
土地勘があったと思われます。

やるじゃない! さすが 善…。

(山上)「この程度で
褒めないでください」

自分の仕事をしたまでです。

「あっ そう…」

じゃ 頼みがある。

ナベと一緒に 渚に会いに行って
こう言ってくれない?

♬~

お前がやれ。 譲ってやる。

えっ…?

重要任務だ。 失敗するな。

♬~

本当に何度もすみません。
警視庁の山上です。

事件について
重要な事が判明しましたので

どうしても
お話が聞きたいのですが…。

先日も お話ししましたけど
姉は警察には行きませんよ。

でしたら
渚さんに お願いできませんか?

私ですか?

こちらは 馨さん 渚さん
いずれでも構いません。

♬~

ドキドキするなあ。

馨様 渚ちゃん どっちが来るか?

(電話)

はい 調べ班。
ご苦労さま。 お願いします。

皆さん… 出番です。

よーし!

今日は 演技力の勝負ですね。

準備はいいか?
大女優に名バイプレーヤー。

これも あと何回できるかね。

カウントダウンは高らかに。

嘘つき女をマル裸にするわよ!

(一同)うぇーい。

♬~

妹は内気ですから

無礼な刑事の相手をする事は
できません。

(玉垣)始まりましたか?

「改めて おわびします。
その節は失礼致しました」

被害者の小林英二さんとは
面識は おありですか?

わたくしが?

ええ 貴船馨さん あなたです。

ございません。

遺体の場所を当てたから

わたくしの事を
疑っていらっしゃるようなら

それは見当違いです。

あれは…
能力に導かれた結果です。

妹さんは どうでしょう?

さあ…。

双子といえども 二十歳を過ぎれば
別々の人生ですから。

では 馨さん
透視… して頂けませんか?

渚さんと被害者との間に

なんらかの関わりが
あったのかどうか見てください。

それは いいね。

貴船さんなら
お安いご用じゃないでしょうか?

大きな声じゃ言えませんが

警視庁も あなたの能力には
全面降伏してるんです。

身内の透視はできません。

情報が勝ってしまうからです。

ああ… そうですか。

残念…。

じゃあ 私が透視しようかな。

あなたの動画を見て

私にも透視ぐらいできそうだな
って思ったんですよね。

馬鹿な… できるわけないだろ。
お前 失礼だぞ。

でもね ちょっと練習をしたら
いろんな想念が浮かんで…。

♬~

見える…。

バラのアーチ…? ブランコ…?

おい どうかしてるぞ。 やめろ!

月の光… 男の人…?

そして 髪を束ねた女性…。

あっ 渚さん…?

人形…?

いや…
ブロンズ像を振り上げて…。

なんなんですか? これは。

見える…。

渚さんが お金を渡してる。
さっきの男の人に。

今度は… ああ… 病院…。

渚さんが治療を受けてる…。

壁にカレンダー…。

あっ…。

2018年… 10月…。

(菱本)やるねえ。 主演女優賞だよ。

いえ まだ ノミネートです。

春さんも負けてませんよ。

(小石川)おい… まさか本当に?

見える… もう少し…。

見える!
見えるわけないでしょ。

…ですよね。

すいません…。

全部
渡辺や山上が調べた事実です。

渚さんが美容外科に行ったのも
お金を下ろしてた事も

被害者の小林さんが

それと同じ金額の借金を
返済していた事も。

透視なんかで見えるわけがない!

渚さんが 小林さんを
殺害したんじゃないでしょうか?

あなたは それに気づいたから

遺体が どこにあったか
知っていた。

違います。
どう違うんです?

殺したのは わたくしです。

(小石川)馨さん? あなたが?

なぜです?

妹が お金を要求されてるのを
知って

あの男に会いに行ったんです。

あの男はクズです。

妹が孤独な事を知って

近寄って 甘い事をささやいて
貢がせた。

そして 脅したんです。

妹さんは 何を脅されたんですか?

偽者だとバラす…
そう言われたのでしょうか?

渚さんは 美容外科で
ほくろの除去手術を受けた。

お姉さんに成り済ますために。

違いますか?

佐久間渚さん。

(佐久間 渚)フッ… ハハ…。

わかってんなら 早く言ってよ。

お姉さんは… 貴船馨さんは
今 どちらにおられますか?

自宅の中庭に物置がある。

そこにある冷凍庫の中で
眠ってるわ。

♬~

了解しました。

行くぞ。

♬~

(渚)母が死んで
2人きりになったら

姉は 私の行動を
何から何まで支配しようとして

息が詰まりそうだった。

(貴船 馨)また 仕事辞めた?

ごめん…。

仕事は駄目 男は駄目…。

お母さん
心配したまま死んじゃったけど…。

本当に双子の妹なのかねえ。

能力は 全部
私がもらっちゃったんだね。

あんたがもらったのは
そのほくろだけ。

そのほくろね

あんたの運勢じゃ
幸せになれない印なのよ。

私には見えるのよ。

あんたは 一生
望むものは手に入らない。

ハハッ… フフフフ…。

何よ? その目は。

お姉ちゃんだって偽物じゃない。

見える 見えるって
嘘ばっかり言って

人をだましてる!

あんたに言われたくないわよ!

私がいなきゃ 馬鹿なあんたは
野垂れ死ぬしかないんだから…。

(馨)キャーッ!

(馨)嫌っ!

(馨)ううっ…! うっ…。

♬~

(有希子の声)罪を隠すために
お姉さんのふりをしたんですか?

そうよ。

(ため息)

姉は周囲を馬鹿にしてたから

恋人もいないし
友達もいなかった。

馬鹿な私でも
十分 成り済ます事ができたの。

でも あの男…。

(小林英二)えっ?
もう お金がない?

じゃあ バラすしかないな。

(小林)お前が
貴船馨を演じてるんだろ?

すぐわかったよ。

知ってて 私と付き合ってたんだ?

姉さん 一体 どこにいるの?

まさか
お前が殺したんじゃないよな?

えっ… 嘘…。

勘弁してよ。

まずいな…。

このままじゃ
俺まで協力者と思われる。

(渚の声)
ああ 死んでもらうしかないって

思ったわ。

(殴る音)
(小林)あーっ!

(渚の声)それで
前に仕事で行った事のある別荘に

呼び出して…。

(殴る音)

(小石川)なぜ わざわざ
警察に協力を申し出たり

動画で遺体の場所を透視して
世間を騒がせたんですか?

だって…。

いずれ 遺体が見つかるでしょ。

そしたら 私の指紋とか髪の毛が
見つかるかもしれない。

透視して

遺体を見つけたふりをして
そこに行けば

その時のものと交じって
わからなくなると思ったのよ。

渚さん…
あなたは馬鹿なんかじゃない。

むしろ したたかよ。

さもなければ

馨さんを殺して 3年間も
のうのうと成り済ますなんて

できるわけがない。

フッ…。

他人には わかんないわよ…。

私はね ずーっと…

ずーっと
お姉ちゃんのおまけだったの。

♬~

(渚の声)馬鹿な私の代わりに
試験受けたのも お姉ちゃん。

竹村くんの事が好きなの。

(竹村)ごめん。
馨ちゃんだったらよかったのに…。

(渚の声)好きな男の子に
告白したのも お姉ちゃん。

(渚の声)私はね…。

私は…

あの女に
人生 乗っ取られてきたのよ!

(小石川)
お姉さんの人生を乗っ取って

どうでした?

楽しかったわよ…。

フフッ…。

貴船馨になると…
どんな事にも自信が出るの。

全然違う景色も見えた。

でも それは
あなたが見た眺めじゃなかった…。

そうね…。

全部…
お姉ちゃんが見てた景色だった。

貴船馨として
頑張れば頑張るほど

ただの佐久間渚との差が
開いていく…。

惨めだったわよ。

(ため息)

だから…。

今回の事で決めてたの。

もし このまま うまくいけば

私は 2人分の人生を
味わってやろう。

でも 失敗したら…。

貴船馨は… お姉ちゃんに返す。

(電話)

調べ班。

(渡辺)
貴船馨の遺体を発見しました。

葬るように安置してあったのが
せめてもの救いです。

♬~

これで あなたは
佐久間渚さんに戻れます。

♬~

あなたにとって お姉さんは
誰よりも わかり合える分身で

だからこそ 憎まずにいられない
存在だったんですね。

(ため息)

最後に… あなたの事
透視して差し上げましょうか?

結構です。

あなたが 私に子供がいるって
見抜いたのは

年齢的に ヤマをかけて
私の表情から読んだだけ。

離れた所にいるって見抜いたのも
もし外れたら

心理的に距離があるって
言い逃れるつもりだったんでしょ。

そのとおりよ。

でもね こんな私でも

ごくたまに
本当に見える事があるの。

(渚)ああ~…。

あなた…
近いうちに 仕事を追われる。

(渚)それも あなただけじゃない。

あなたの仲間たちも…
みーんな…

遠くに追いやられる…。

気の毒ね~。

アハハハハ…。

フフフ…。

(笑い声)

(有希子の声)
本当は ちょっとドキッとした。

信じないんじゃなかったのか?
透視なんて。

(しんじ)お待たせしました~!

どうぞ。

あれ?
今日は お二人ですよね…?

(かやの)いい雰囲気ですね。

ナイスなバディという事で…!

ちょっと やめてよ~!

ごゆっくり どうぞ!
ごゆっくり~!

おい!

ハハハハ…。

ところで 山上くんは
いい刑事になりそうじゃないか。

そりゃあ…。

善さんの息子だもんな。

知ってたの!?

これでも 一課の監理官だぞ。

はあ~…
言わないでくれって言うから

一生懸命 黙ってたのに。

キントリ解散後も

ナベ山コンビとして
頑張ってほしいな。

(北斗の声)彼は しっかり
見張り役を果たしてますよ。

今のところ
真壁も キントリの面々も

妙な動きはしていません。

(宮越 肇)北斗さん…。

人ごとのような顔をされては
困りますね。

(宮越)
彼らを確実に黙らせる方法を

考えてください。

我々も
もう 後へは引けませんよ。

♬~

♬~

♬~

(メールの受信音)

(マウスのクリック音)

嘘…。

♬~

菱さんが逮捕された!?
そんな事 あり得ない!

私が殺しました。
(菱本)キントリ最後の日までに

間に合うか?
(小石川)久しぶりに

ドキドキしてきた!
何か きっと 裏があると思う。

(北斗)私の考えてる事が
わかってたまるか!

信じてる。

〈これまでの放送を全部見るなら
TELASAで〉