【よるドラ】古見さんは、コミュ症です。(4)[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【よるドラ】古見さんは、コミュ症です。(4)[解][字]

転校が決まった片居くん(溝端淳平)の望みがかない、只野くん(増田貴久)と古見さん(池田エライザ)と万場木さん(吉川愛)は4人で海へ行くことになったのだが…

番組内容
転校が決まった片居くん(溝端淳平)の望みがかない、只野くん(増田貴久)と古見さん(池田エライザ)と万場木さん(吉川愛)は4人で海へ行くことになったのだが、ワクワクが空回りして道中の車内はぎこちない空気に包まれる。さらに、浜辺では古見さんが悲しいアクシデントに見舞われる。そして、片居くんが去ってしまった2学期の校内では、早くも新しい生徒会長を選出する選挙戦が本格化し、古見さんたちも巻き込まれる。
出演者
【出演】増田貴久,池田エライザ,溝端淳平,吉川愛,ゆうたろう,筧美和子,大西礼芳,【語り】高橋克実
原作・脚本
【原作】オダトモヒト,【脚本】水橋文美江

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 古見
  2. 片居
  3. 只野
  4. 万場木
  5. 大丈夫
  6. 応援演説
  7. 清子
  8. 友達
  9. 気持
  10. 自分
  11. 無理
  12. お断り
  13. マレーシア
  14. 阿瀬
  15. 今日
  16. 電話
  17. 本当
  18. バス
  19. ビーチボール
  20. ブー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/10/23 21:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

海! 海! 海!

みんなで海へ行くことになった。

こんなことは初めてである。

古見さん ゆうべは
緊張のあまり よく眠れず。

待ち合わせの場所に誰よりも早く着いた。

忘れ物はないか 確認する。

これで7回目。

只野くん 古見さんが心配で早めに来た。

古見さんのことだから
恐らく30分以上前には来ているだろうと。

しかし待ち合わせ場所が
少しズレていることに気付かない…。

そんな只野くんを
見ている片居くん。

只野くん。

「只野くんとビーチボールで遊んだら
楽しいだろうな」と思っている。

トス!
そんな片居くんを

何とも言えない顔で見ている万場木さん。

更に只野くんを見つけた。

「何をやってるんだ?」と。

(万場木)もしも~し なじみちゃん。
今 どこ?

今まさに 電話しようとしてた。

早く来て~。
なじみちゃんいないと盛り上がんないよ。

(なじみ)ごめん。
行けなくなっちゃったの。

ボクとしたことが
ダブルブッキングしててさ。

ドタキャンさせてくれないかな。

おわびに車出したから。
は? ど~ゆ~こと?

海で旅館やってる友達がいて
送迎頼んだから。 じゃあ よろしく!

え? ちょちょちょ 待って…。
(電話が切れる音)

(電話が切れる音)

どうしよ。

♬~

心の声 き… 気まずい…。

予想外のバス!

今 みんなの心の中に

「しゃべらなきゃ…!」
という意志が生まれている。

今 みんなの心はひとつ!

心はひとつなのに
気まずいとは これいかに!

[ 心の声 ]
「駅名にまつわる豆知識いろいろ」…?

そうか 電車の中でおしゃべりしようと
用意してきたんだね!

古見さん… バスでも構わないよ!
それ話そう!

あ~ 暑いね~。

うん。
うん。

今日17回目の「暑いね」。

言うほど暑くはないのだが

話題に困った時の
お天気に触れるというやつ。

あっ あの… じゃあ あの…
「しりとり」でもしますか?

しりとり…
言わずと知れた低年齢向けの言葉遊び…。

高校生たちがやる遊びではない。

了解。 了解。
じゃあ 僕から 時計回りで…。

イルカ。 カ。

「片瀬江ノ島駅」。

[ 心の声 ] 駅名!?

きんぴらごぼう。
馬の耳に念仏。

つ? つ… 綱渡り。

「陸前高田駅」。

[ 心の声 ] 古見さん
無理して駅名縛りでいかなくても!

キウイ。
一富士二鷹三茄子。

び… ビー玉。 ま。

「舞浜駅」。
きな粉。

虎穴に入らずんば虎子を得ず。
ず? ず… 頭痛?

「上野御徒町」。
チーズケーキ!

九死に一生を得る。
る… る?

る… 留守番電話。

「若桜鉄道」。

う… う…。
う。

海!
み… 身から出た錆。

違う違う違う…! 身から出た…。
海 海 海… 見て! 本当だ~。

(万場木)わあ~ 着いた~!

♬~

♬~

えっ。

あっ そっか。
そういえば しゃべってないですね。

しゃべり疲れた。

車の中で全力で
しりとりしすぎたし。

気をつかってるっていうか

気をつかわなくて
いられるようになったんでは?

それ!
しゃべらなくても大丈夫っていうか。

いいね。 いいよね そういう感じ!
ヤッホイ!

うわ~!

古見さんも行きましょ。

あっ! あっ 手! ああっ…。

あっ やっ な… 何でもないです!

あっ ビーチボールでもやりますか。

じゃあ いきますよ。

あ~ すいません。 何か返しにくいとこに
打っちゃいましたね。

じゃあ 片居くん いきますよ。
うん。

はい。

イテッ…。 お~。
あっ…。

すいません 取れなかった ごめんなさい。

じゃあ 万場木さん いきますね。 はい!

おっ びっくりした。
アハハ。

空振り。
ごめん。

空振り。
ウフフフ。

じゃあ 古見さん いきますね。

お~。 お~。
もう一回。

おっ。

はい!

(万場木)アハハハ! 只野くん!

♬~

あっ…。

大丈夫?

[ 心の声 ]
ああ… みんなで楽しく遊んでる時に
誰かがケガしちゃった この空気感…!

どうしよっか?

私は どっちでも。

どっちでも。

[ 心の声 ]
しまった! 「どっちでも」という

ますます追い詰めてしまうような言葉を
誘導してしまった~!

すさまじく
申し訳ないと思っている古見さん…。

♬~

よし そうしよう!
ほら こういう時は 気にせず遊ぼう。

自分が空気感悪くしちゃったみたいに
なっちゃうからさ。 ああ。

そうしましょう。
うん。 じゃあ 古見さん 行ってくるね。

横 いいですか?

あの…。

大丈夫ですよ。
2人ともいい人だし

もし嫌われる心配とかしてるようだったら
そんなのは全然 大丈夫です。

只野くん 古見さん。

あっ ジュース買ってくれたの?

お金払わないと。
ああ いいよ。 また今度で。

ありがとう。

お…。

僕の方が 何て言うか…
今日はありがとう。

実は僕… ずっと不登校で…

去年の今頃なんて
自分の部屋のベッドに寝転がって

天井ばかり見てた…。

これといって 大きな理由が
あったわけじゃないんだけど。

何か 熱を出したのをきっかけに 休んで
何となくズルズル…。

一回 そうなっちゃうと
ずっと休み続けて…。

そういう自分が嫌になって…。

高校入ったら 変わりたかった…。

強くなりたいっていうか…
や 何だろう…。

例えば 今日みたいに

みんなと
こういうことしたかったっていうか…。

みんなとワイワイしたり…。

フツーにみんながやってるようなこと…
やりたいって いつも思ってた。

できましたね。

♬~

さみしい…?

え…。

(万場木)お待たせ~い! フゥ~!

お金…。
今度でいいよ!

はい 食べよ~。
ありがとう。

ありがとう。
どういたしまして。

うん! おいしい!

みんなで食べるのが一番最高なんだよ。

おいしい…。

おいしいね…。

(片居のすすり泣き)

どこ行っちゃうんだっけ?

マレーシア。

マレーシア… マジか。

大丈夫!

今 目の前に広がってる海は

世界中どこでもつながってるよ。

♬~

へえ~ 只野くんって
そんなロマンチックなこと言う人だっけ?

あ… いや ほら なじみがいたら
こんなこと言いそうかなって。

言いそう!
言いそうだよね。

♬~

だから 心はつながってる。

オレらのこと 忘れないでって。

♬~

古見さんも 何か言っとく?

♬~

じゃあ… 片居 誠の と。

と?

(万場木)トマト!

じゃあ… 時計。
い… い… 以心伝心。

ブー。

え~… 異口同音。

ブー。
え~…。

帰りたくない。

ずっとこのまま 笑っていたい。

どうでもいいこと言い合って
ずっと笑っていたい… と思っている。

(万場木)かわいい!

今 みんなの心はひとつ!

だけど 「さようなら 片居くん」
「元気でね 片居くん」

「どうか無理しないで 片居くん」

「片居くん」 「片居くん」!

片居くんがマレーシアに行って3週間。

只野くんの周りで
新たに熱いドラマが始まろうとしていた。

彼女の名は 潔 清子。

生徒会長の選挙に立候補している。

♬~

(阿瀬)清子ちゃん。

先生が 応援演説を誰に頼むのか
早く決めてほしいって。

(潔)じゃあ あなたやって 応援演説。

わ… 私じゃ力不足だよ。 無理 無理!
ほかの人の方がいいんじゃないかな?

そうだ!

彼女の名は 阿瀬志吹。

潔さんの幼なじみ。

古見さ~ん。 ちょっといいかな。

何 何? どうしたの?

潔さんが
生徒会会長に立候補したの知ってる?

で 応援演説をしてくれる人を探してて。

もしよかったら
古見さんにやってもらえないかな~って。

お~!

ノートに書いてでの
応援演説っていうのは あり?

何でも!
古見さんがやってくれるなら。 ねっ?

(阿瀬)あ~ よかった!
ありがとう 古見さん!

よかったね 清子ちゃん。
お断りします。

えっ!?
お断りします!

(万場木)え? どういうこと? え? え?

(阿瀬)清子ちゃん!
え? マジかよ? え? びっくりした!

♬~

潔さんって 悪い人じゃないと思うんです。

ほとんど話したことないのに

こんなこと言うの
おかしいって思うだろうけど。

あっ 古見さんも そう思います?
悪い人じゃないって。

古見さんも気付いてたんですね…。

しかも 適当じゃなくて
ものすごく丁寧に…。

下駄箱の辺りも すごくきれいに
ひとりで掃除してる時あるし…。

あんな 「お断りします」なんて
どういうつもりで言ったんだろう。

ほんとの気持ち…。

僕 聞いてきます。

古見さんも行きます?

♬~

だ… 大丈夫ですか?
あっ ありがとうね。

(潔)持ちます。
あっ ありがとう。 あっ すいませんね。

ハァ… 本当にありがとうございました。
いえ 本当に…。

♬~

あっ。

触らないで!

大丈夫。

何で 私のこと つけてきたの?

バカよね。

自分から助けたのに
さっきのおばあさん。

その人に触れたところが
気持ち悪くてしかたないなんて。

分かったでしょ?
私といると お互い不快になるの。

放っておいて。

あっ 待って 潔さん。

むしろ あなたが私のこと嫌いでしょう?

嫌いだから そうやって筆談で。

筆談は違います。
丁寧に気持ちを伝えられるから。

潔さんのこと嫌いとか
そんなんじゃなくて。

そうなるってば。

だって私 あなたが注目されてる人だから
応援演説 頼んじゃえって思ったのよ。

ずうずうしい…。

そんなことをね
一瞬でも思った私が大嫌いなの。

潔さん待って。
あっ 待って下さい!

潔さん!

古見さんが。

「じゃあ 友達になりましょう」。

「じゃあ」って何?
えっ。

意味分かんないんだけど。
あ… これ。

僕も古見さんも 潔さんが どんなに学校を
きれいにしようとしてるか

知ってるので…。

♬~

古見さん。

♬~

友達になって応援してくれるなら。

♬~

2人 仲よく握手した…。

その後 めちゃくちゃ手を洗われた…。

しかし古見さん 潔さんと友達になった!

応援演説は古見さんに?
よよいのよい!

私は 清く正しく戦いたいの。

清子ちゃん…。
触らないで! 友達じゃないから。

大きな声でのおしゃべりも
控えて頂けますか。

嫌なら断っても…。
(古見)よくない。

まだ間に合いますよ。
ほんとの気持ち 聞かせて下さい。