【よるドラ】古見さんは、コミュ症です。(6)[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【よるドラ】古見さんは、コミュ症です。(6)[解][字]

下校時に強引なナンパの危機から万場木さん(吉川愛)を華麗に救った只野くん(増田貴久)と、それを目撃した古見さん(池田エライザ)。学校にはすごい転校生が現れる。

番組内容
下校時に強引なナンパの危機から万場木さん(吉川愛)を華麗に救った只野くん(増田貴久)と、それを目撃した古見さん(池田エライザ)。万場木さんからは好意を寄せる異性の存在を質され、古見さんは戸惑ってしまう。そして、学校には超絶ナルシストの転校生・成瀬詩守斗(城田優)が現れて、只野くんと一緒に文化祭の出し物を企画していくことになるが、出し物の発案をめぐって古見さんがまさかの「ヤル気」を示し物議をかもす。
出演者
【出演】増田貴久,池田エライザ,吉川愛,ゆうたろう,永野宗典,城田優,【語り】高橋克実
原作・脚本
【原作】オダトモヒト,【脚本】水橋文美江

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 古見
  2. 成瀬
  3. 万場木
  4. 只野
  5. 大丈夫
  6. 担任
  7. 無理
  8. メイド喫茶
  9. 気持
  10. 先生
  11. 文化祭
  12. 友達
  13. メイド
  14. チャイム
  15. テスト
  16. 頑張
  17. 自分
  18. アピール
  19. お願い
  20. 一緒

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/10/23 21:26:52時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

人との会話やコミュニケーションを
苦手とする人…。

そういう人間は えてして…

「あぁ 何で あの時 ああしたんだろう!」
などと 後々考えてモヤモヤする。

古見さん… 今 そのモヤモヤの真っ最中。

先日…。

(万場木)そういえばさ~
古見さんって好きな人いるの?

(只野)あれ? まだ残ってたんですね。
うん 試験勉強。

只野くんは?
ああ これ 先生に頼まれちゃって。

あっ 手伝おっか?
あっ いい いい。 大丈夫 大丈夫。

いいって いいって。
あ…。

貼るの?
うん。

どこかな。
ここ?

はい 5枚ぐらい。
こんな貼るの。

[ 回想 ] 一緒に帰りましょ。
彼氏ですよ。

こっちも貼っていいんでしょ?
うん。

♬~

あの時 万場木さんの質問に
うまく答えられなかった。

このままでは
友達として大変失礼ではないかと…。

翌日 万場木さんを待ち伏せ。

うわっ! えっ…。

おはよう。 何の… 何の罰ゲーム?

(古見)す… す… す…。

心の声 しゃべってる…。

す… すき…。
ちょっと待って!

ここじゃ注目浴びちゃうから。
向こう行こうか! えっ!

(万場木)
はい! ここ 座って! はい よいしょ。

ゆっくりでいいよ!

すき!?

すき…。
すき焼き!

違う。 えっ 何だ? すき…。

す… 好きな… 人は… いるの?
という…。

あっ 私が こないだ 聞いたやつ?

いるの!?

あ… 焦らせちゃったね! ごめん
筆談でいいよ。 うん 無理しないで。

めっちゃ古見さんっぽい質問だね。

あ~ 何だろうな…。

一緒にいて楽しいとか
ああ うれしいとか。

何となく気になるとか?

♬~

私は…。

[ 回想 ] 僕も かわいいと思います。
こっちの方が好きです。

一緒に帰りましょ。
彼氏です。

今はいないかな…。

何となく気になるっていうのは

好きとは ちょっと違うのかもしれない。

待って待って… 分かった!

今まで出会ったことのない感情だよ!

あっ ううん… メモんなくて大丈夫。

ん~ 何だろうな 胸キュンだったり
あっ ほわって あったかくなったり。

きゅん…。
うん。 ふわっ…。

ドキドキドキッとか。
ドキドキドキ…。

「何だろ この気持ち
今までにない気持ち

今まで出会ったことのない気持ち」。

「はっ! そうか
これが好きっていうことなのね!」。

いや あの… 顔まねしなくていいよ。
私 そんな 顔変かな。

でも何か… すっごいうれしい。

私 古見さんと
こういう恋バナとかしてみたかったから。

何か いいよね! 何か 友達っていうか
マブダチっていうかさ。

うんうんうん。
(チャイム)

テストだ。 テスト テスト テスト。
(チャイム)

やばい。
(チャイム)

(チャイム)

試験の真っただ中。

人知れず転がっていった この孤独な鉛筆。

古見さんのである。

…が 目立つのと 恥ずかしいのと
周囲への迷惑をも考えてしまうと

「鉛筆落としました」のひと言が
なかなか言えない…。

すいません ペン落としちゃいました。
拾ってもらえますか?

(担任)はい。 どこ? これ?

と… これは 古見さんのかな?

じゃあ これ。
ありがとうございます。

♬~

[ 心の声 ]
しまった~! 消しゴム忘れた…。

♬~

[ 心の声 ] えっ… まさか古見さん

僕のために消しゴムを2つに…!?

♬~

[ 心の声 ]
必死か! 必死なんだね 古見さん…。

分かった 応援する! 頑張れ!

[ 心の声 ] こ… 古見さ~ん!

すいません
今度は消しゴム落としてしまいました。

また!?
拾って下さい。

(担任)てゆうか また!?

気を付けて。
ありがとうございます。

♬~

古見さん ありがとうございました。

ありがとうございます。

[ 心の声 ]
イチゴの匂いだ… イチゴちゃん…。

宝物にします!

は~い みんな
席 席着いて~。 席着いて。

こけてないぞ。 誰もこけてない。
先生 こけてない。

座れ。 いいから座んなさい。
はいはい はいはい。 はい いいですか~。

今日からね みんなのクラスにやって来る
転校生を これから紹介します。

はいはいはい いいから。 聞こえてる。
いるからな そこ。 いるからな そこな。

じゃあ どうぞ 入って。

♬~

(担任)おっ。 おおっ。

おっ いぐ?

黒板も喜んでるわ ほら なっ。
見やすい 見やすい うん。

老眼だから 先生。

成瀬…。
でかくね?

(成瀬)どうも 成瀬です。

ここ はねすぎました。

本校始まって以来のスケール感で
お送りしてます。 ねぇ。

規格外の転校生 成瀬くんです。
ねぇ はい。

みんなもね 仲よくなれそう…。
失礼。

ん? どうした?

彼の名は 成瀬詩守斗。

ザ・ナルシスト。

ナルシストとは…

ギリシャ神話に登場する美少年
ナルキッソスが

みなもに映る自分の姿に恋をしたという
エピソードから生まれた言葉である。

先生もね
そっちの世界に行きたいんだけどね

世間が許さなくて…。 ああん… うん。

というわけでね みんなね
もうすぐ文化祭ということで

実行委員を決めなきゃいけない
ということで…

成瀬くん!
はい。

友達作るいい機会だし
やってみない?

まぁ 先生がおっしゃるならば。

よし。 じゃあ… 只野くん。
え?

(担任)手伝ってくれる?
あ… はい。

じゃあ 決まり。 ちょっと 成瀬くんね
あの一番後ろの空いてる席 うん 座って。

はい。
はい~。

小さかったら言ってね うん。
はいは~い。

あっ 成瀬くん。 只野です。
よろしくお願いします。

(口笛)

[ 心の声 ] えっ 古見さん?

♬~

(担任)あと みんな よろしくな。
最高の文化祭にしような よし。

♬~

やっぱり
ジャスティン・ビーバーはいいよな。

洋楽聴いてますよアピール。

やっぱり BTSはいいよな。

K-POPだって聴いてるしアピール。

あっ 成瀬くん
文化祭のことなんだけど…。

やっぱり 北島三郎もいいよな~!

演歌だって聴いちゃうアピール。

(ため息)

成瀬くん?
わっ わっ! お… びっくりした。

僕 只野っていいます。
よろしくお願いします。
ああ よろしく。

文化祭の実行委員
慣れないうちから大変かも…。

大丈夫。 頼まれたからには全力で応える。
それが… 成瀬。

♬~

「バンド」。
バンド。 はい 次。

「自主映画」。
自主映画。 はい 次。

「もぐら叩き」。
もぐら叩き。 はい 次。

「お化け屋敷」。
お化け屋敷。 はい 次。

「なん…」。
なん… なん? えっ?

成瀬くん?

どうしたんですか?

(成瀬)文化祭なんてどうでもいいですって
書いてある。

えっ。
(成瀬)誰だよ こんなの…。

「なんでもいいです」って
書いてありますよ?

知らないのかい? 「なんでもいいです」は
「どうでもいいです」ってことなの。

「なんでもいいです」は
「なんでもいいです」じゃ?

「なんでもいい」には
「どうでもいい」の成分が入ってるの。

せ… 成分?
「なんでもいい」を繰り返すと

「どうでもいい」になるの。

そんな解釈…
優しさから「なんでもいいです」って…。

優しさ?
みんなの好きなようにやって下さい

自分は なんでもいいですからって…。
うわっ 出たよ。

寛大なふりして無気力人間。

そんなの 八方美人で
自分がないヤツの言い訳だよ!

あ… いや…。

(担任)あれ?
進まんな~。 全然進まんな~。

会議が進まんな。

あれ まだ決まってないの? これ。
え? うん。

先生ね 1票入れたんだけどね

もう なんでもいいから
「なんでもいい」って書いちゃった。

(ざわめき)

先生のことは もう どうでもいいから
ねっ あの みんながやりたいことやって。

早く… 早く決めよう。

あっ じゃあ 改めて
出し物 何がいいか 挙手で決めませんか?

「なんでもいい」は なしにして…
それなら いいですよね?

…ああ。

じゃあ 挙手 お願いします。
「演劇上演」がいい人。 はい。

(担任)「ごんぎつね」 うん。

「もぐら叩き」がいい人。
(生徒たち)はい。

「メイド喫茶」がいい人。

いないですか?

あら 古見さん メイド喫茶やりたいの?

(男子生徒)はい!
(男子生徒)古見さんがやるなら 俺も。

はい!
はい!

(担任)お~ お~ お~ お~。

は~い!

♬~

(なじみ)へえ~ メイド喫茶か。

でも 意外だね 古見さん。
メイド喫茶やりたかったんだ?

ちょっと…。
もしかして…。

分かってない…?

古見さん メイド喫茶って
どういうものか分かってる?

ん? メイド どこ行った?

ていうか そもそも
メイドさんを知らないんじゃない?

まあ 古見さんはメイド喫茶に限らず

流行りの場所とか そういうの
知らないというか 疎いというか…。

(なじみ)え? どこどこ?
え? どこですか?

あれは… ドヤ顔…?

てゆうか
友達いなかったんじゃないのかい?

(万場木)ちなみに 誰と行ったの?

お~…。 あ~…。
あっ…。

(3人)古見さん…。

じゃあ 行こっか!
あっ 放課後?

(万場木)そうだね 行こ行こ!
行きましょう。

どこ行きます?
(なじみ)確かに どこがいいかな…。

参ったなぁ。

♬「胸の中にあるもの
いつか見えなくなるもの」

長年の念願がかなった古見さん…。

だが カラオケとは
コミュニケーションの苦手な人にとって

魔界の地。

ノリも分からなければ
自分が何を歌えばよいかも分からない。

そんな状況に陥っているのが もう一人。

あ~ King Gnu? あっ ヒゲダン?
back number。

あ~
全部 原キーでいけちゃうんだよなぁ…。

あっ BTS? あっ 米津?

ワンオク? 菅田将暉?
あっ この辺もいけちゃうな 原キーで。

成瀬くん…
実は 人とカラオケに来るのは初めて。

むしろ上げる? 上げる? むし…。

「この曲はベタすぎてつまらないかな」
「この曲は狙いすぎかな」と

頭の中が大変なことになっている。

こういう場合 考えすぎたあげく
間違ってしまうのが世の常で。

♬「ある日 もりの中 くまさんに」

心の声 クセ 強っ…。

[ 心の声 ]
(なじみ)これって… 輪唱した方が…。

[ 心の声 ] うん そうだと思う。

(成瀬)♬「くまさんの」
(なじみ 只野 万場木)♬「くまさんの」

♬「ゆうことにゃ」
(なじみ 只野 万場木)♬「ゆうことにゃ」

♬「おじょうさん」
(なじみ 只野 万場木)♬「おじょうさん」

♬「おにげなさい」
(なじみ 只野 万場木)♬「おにげなさい」

♬「すたこら サッサッサッのサ」
(なじみ 只野 万場木)♬「サ」

♬「すたこら サッサッサッのサ」
フゥ~!

みんなと心が通じたことが
とてもうれしい成瀬くん。

緊張から解き放たれ
クセの強さにも拍車がかかり…。

♬「白い かいがらの
ちいさな イヤリング」

古見さんは? 歌う曲 決まった?

そして 肝心の古見さんは…。

(成瀬)予約は右下。

(押す音)

[ 心の声 ] …え?

心の声 「木綿のハンカチーフ」?

心の声 何 何? この曲。
全然 知らないけど…。

古見さん 頑張れ!

♬~(「木綿のハンカチーフ」)

♬~

♬~ (成瀬)チャンス!

♬~

聴こえるよ 古見さんの歌声!
心で聴いてるから!

♬「ただ都会の絵の具に」

♬「染まらないで帰って
染まらないで帰って」

アリーナ!

そのあとも
古見さん念願の友達カラオケで

心を通わせた5人。

いつしか古見さんも ほんのり ノリノリ。

♬~

お待たせ~。
メイドさん連れてきたよ~ よいしょ~。

(万場木)それ 借りてきたの?
そっ。

古見さんに
メイドってものを知ってもらうため。

私がね 実際に行ったところも
こういうメイド服を着て

「おかえりなさいませ」って
迎えてくれるの。

で 帰り際に仲よく2ショット撮ったり。
(万場木)うん。 せ~の!

(3人)萌え萌えキュン!

あっ… ですよね。

でも よかった 知ってもらって。

無理してやることないと思います。
あっ キッチン担当でも…。

待って 只野くん。
無理かどうかは分かんないでしょ。

古見さん
メイド服 めっちゃ似合うと思う!

(なじみ)試しに試着して練習してみる?
いや そこまでしてやることじゃ…。

甘やかすなぁ 只野くんは。
甘やかしてるわけじゃ…。

(なじみ)せっかくの文化祭なんだしさ。

このメイド喫茶で
友達できるかもしんないよ。

だからって 無理してやらせることじゃ
ないでしょって話。

だから
無理かどうかは分かんないでしょって話。

只野くんは 古見さんには無理だって
決めつけてるんじゃないかな。

(なじみ)そっ それ!
(万場木)う~ん。

(なじみ)何でもやってみればいいんだよ!
ちょっと待ってよ。

だからって 無理にやらせるのは…。
また話が戻る! 何でも決めつけないで!

決めつけてるわけじゃ…。
(なじみ)どう見たって そうです!

(万場木)はいはい もうおしまい!

只野くんは
どうして無理だって分かるの?

古見さんのことは分かるよ。

ねぇ… 大事なのはさ

古見さんが
どうしたいかなんじゃないの?

…やります。

♬~

ほんとにメイドさんの格好して
「ご主人様」とかやれます?

もし できそうになかったら
そう言って下さいね。

♬~

あ… あっ すみません。

確かに そうですね。
あ… じゃあ 僕はここで。

あ… こっから ひとりで大丈夫ですか?

あっ これが余計か…。

気を付けて。
じゃあ 気を付けて帰って下さい。

また明日。 すいません。

♬~

あ… はい。

あ… 今… 話して… 大丈夫ですか…?

あっ はい…。

あの日…。
あの日…?

私のこと… 気にかけてくれて…

たくさん… 話してくれて…。

あぁ… あの時…?

あんなふうに…
誰かとおしゃべりしたの 初めてで…

すごく… すごくうれしかったんです…。

僕も 楽しかったです。

♬~

で…?

あ…。
(男性)もちろん準備してるよ。

(男性と女性の話し声)

あっ あの

ゆっくりで大丈夫ですよ?

古見さんのペースで大丈夫なので…。

あの… では あの… 続きを…。

はい。

あの時… 優しくて…

優しい気持ちを…
たくさん もらいました…。

いつも… 今も…

只野くんの優しさが…
私の心に あって…

あるんですね ずっと… いつも…。

♬~

なので…。

♬~

もう… 大丈夫です…。

友達も増えました…。

なので あの…

文化祭… 頑張ります…。

…もしもし?

はい… 頑張りましょう。

じゃあ… おやすみなさい…。

おやすみなさい。

只野くん 今のは戦力外通告も同然。

一方 古見さんは切ってから気付いた。

何だろう… この気持ち…。

[ 回想 ]
きゅん…。 ふわっ…。 ドキドキドキ…。

「今までに出会ったことのない気持ち」。
「これが好きっていうことなのね!」。

…と思っているなんて

知る由もない只野くん。

古見さんと何かあった?
まだ友達になってないってこと?

好きな人とか いるの?
分けてあげたいです この気持ち…。

肝試しやんない?
うわ~! いたいた! 成瀬くん!?

好きっていう感情
友達の先に落っこちてたりするんだよね。

好きです…。
えっ。