ボイスⅡ 110緊急指令室#02[解][字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ボイスⅡ 110緊急指令室#02[解][字][デ]

唐沢寿明主演!真木よう子・増田貴久!110番通報を受ける緊急指令室(ECU)を舞台に「声」「音」を頼りに制限時間内に人々を救い出すタイムリミットサスペンス第2弾

出演者
唐沢寿明 真木よう子 増田貴久

田村健太郎 宮本茉由 中川大輔 藤間爽子
遠藤雄弥 福澤重文 宮田佳典 松本博之 大河内 浩
増田昇太 藤本隆宏
ほか

【第2話ゲスト】
片山友希 山田百次
長尾純子 坂田 聡 花岡すみれ 中山求一郎
古賀 葵
番組内容
「ようこそ、こちら側に」襲い来る白塗り男の罠!大切な人を狙われた樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)、そして石川(増田貴久)が迫られる選択とは!?樋口の裏をかいた白塗り男と共犯者・二ノ宮純名(片山友希)は、樋口の息子・大樹を連れて逃走!倉庫で襲われた重藤雄二(増田昇太)の兄・通孝(藤本隆宏)率いる捜査一課も捜査に加わり、全力で逃走車両を追跡する。ひかりは重藤雄二が殺害された時の映像を見直していた
監督・演出
【演出】 大谷太郎
原作・脚本
【脚本】 浜田秀哉

Based on the series “Voice”, produced and distributed by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co., Ltd, and written by Jinwon Ma.
音楽
【音楽】 ゲイリー芦屋

【主題歌】 BLUE ENCOUNT
「囮囚」(ばけもの)
(キューンミュージック)
制作
【チーフプロデューサー】 三上絵里子
【プロデューサー】 尾上 貴洋 能勢 荘志 戸倉 亮爾 (AX-ON)
【制作協力】 AX-ON
【製作著作】 日本テレビ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 事件
  2. ハァ
  3. 塚田
  4. 白塗
  5. 足音
  6. 足達
  7. 武井
  8. 野郎
  9. 大樹
  10. ECU
  11. 光代
  12. 早紀
  13. 犯人
  14. 了解
  15. ウソ
  16. 金属音
  17. 子供
  18. 緒方
  19. 大樹君
  20. 大丈夫

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥990 (2021/07/25 10:47:04時点 Amazon調べ-詳細)

(知里) 重藤班長が監禁されて
いることが分かりました。

(石川 透) 大樹が
拉致されたタイミングで…。

(口彰吾
)
2つの事件は つながってる!

(白塗りの男)
選択しろ 仲間を助けるのか

わが子を助けるのか。
(口大樹
) 助けて…。

(白塗りの男)
どっちを選ぶ? 口彰吾

橘! 大樹を頼む。

(白塗りの男) スマイル。
あ~~‼

探り出すんだ 音を!

(重藤雄二)
死ぬわけにはいかないんだ。

まだ返事を聞けてないんだ。

(橘ひかり)
時間がない! 急いで!

(ドローンが落ちた音)
ぐあぁ~‼

あぁ…! うぅ!

ぐあぁ~!

(焼き印を押し当てる音)

他には誰もいない。

(緒方) ライブじゃなかった…。

犯人から連絡があった直後…

班長は殺されていた!

(佐伯)
こっちに大樹君のケータイが!

(爆発音)

クソっ 手のひらで踊らされてる!

(爆発音)

何だ? あいつ…。
最前列で楽しんでやがるんだ。

(白塗りの男)
火が付いたか 口彰吾

白塗り野郎!

大樹!

(白塗りの男) パパ 君を見捨てて
助けに来なかったね。

ママを助けなかった時みたいに…。

大樹!

(撃鉄を起こす音)

クソッタレが!

♬~

スマイル。

うお~~‼

(白塗りの男) 隣の子犬だ。

(銃声)

(車の走行音)

現場近くのトンネルから北上する
黒のワンボックスカーを追え!

ナンバーは
「みなと か 11-85」だ!

白塗り野郎は俺のことを
近くで見てやがった!

(早紀) Nシステムで
中央バイパスの通過情報 調べて。

(知里)
了解! 類似車両も検索します。

(緒方) 長津田トンネル設置の
防犯カメラから映像届きました。

ちょっ ちょっ ちょっ…!

(早紀)
ケータイの位置情報 もう一度 検索。
了解!

(重藤通孝)
片桐! マルヒを逃がすな。

幹線道路に
交通機動隊の検問を要請。

捜一には
稼働中の車両を集中運用させろ。

(片桐) はい!

貴様らに任せてられるか!

(佐伯のせき込み)

(島田) 佐伯 大丈夫か?
(佐伯) 大丈夫っすよ!

(宮脇) 出動班と つながりました。

こちら 足達。

(足達) 人員装備異常なし
俺たちも急行する。

(島田) 大樹君を助ける!
(佐伯) 重藤班長の敵も!

(香川) クッソ~! 飛ばしますよ。

(サイレン)

逃走中の車両は
黒のワンボックス

ナンバー 「みなと か 11-85」。

本件 各検問所
現在までの状況 送れ。

(警察官) 3号線下り 監視検問中。

発見に至っていません。

バイパス下り 同件
現在まで該当車両 通過なし。

似寄りの車両
職質するもシロと判明。

(早紀) ECU 了解!

各局は引き続き
本件警戒任務に当たられたい。

(重藤)橘を幸せにするの
俺じゃ ダメか?

幸せに…

橘…

♬~

室長 私が指揮を執ります。

外れてください。

最後の映像データを!
えっ?

重藤班長が殺された映像を
見直したい。

犯人につながる手掛かりを
つかめるかもしれない。

聞き逃さない…

犯人の音を。

絶対に この耳で捕まえる!

映像データ 送りました。

♬~

(ドローンが落ちた音)
ぐあぁ~‼

あぁ…! うぅ!

(ゴム手袋を鳴らす音)

(足音)

《犯人が歩く際

足音に かすかな金属の音が
混じっている》

(金属音が混ざった足音)

♬~

♬~

各検問所において
現在まで警戒するも

特に関連情報等は報告なし。

クソ… 何者なんだよ。

俺を狙えば兄貴がかばって
隙ができるって読んでた。

兄貴のこと知り尽くしてる。

止まれ!

こちら 口

栄町5丁目13番地で
車を乗り捨ててる。

(早紀) また車を乗り換えた?

いや 白塗り野郎は至る所に
検問が敷かれると想定済みだ。

ここからは車を使わず逃走する。

では すぐに
周囲の防犯カメラを…。

逆だ!
防犯カメラのない地点を探れ。

えっ?

俺なら 防犯カメラのないエリアを
逃走経路に使う。

分かりました。

それ以外のエリアは
他の捜査員で調べます。

口警部補
その地点 半径5km圏内

防犯カメラを設置していない
エリアのデータを送ります。

栄町の交差点を抜けて本町通りに。

もしくは 59号線方面だ。
手分けして追いましょう。

2人とも無線をオンにしたまま
追跡してください。

私が音を拾って
バックアップします。

橘 絶対に ここで捕まえるんだ!

はい!

ECUから各局
現在時より 通話統制とする。

(操作音)

♬~

《被疑者男 40代前後

身長175cm
体重60kg前後》

《被疑者女は 30代前後

身長165cm
体重45kg前後》

《条件が一致する歩幅の音》

《絶対に聞き漏らさない》

(足音)

《捉えた!》

石川巡査部長 被疑者女の足音を
キャッチしました。

50m先を右に曲がりました。

了解。

♬~

♬~ 被疑者女を発見!

♬~

うっ…。

あぁ!

諦めろ もう逃げ切れない。

何が おかしい?

♬~

(子供たち)♪~ おちゃらか
おちゃらか おちゃらか ほい

寂しがり屋なの
どうせ死ぬなら友達とね。

動くな!

かつて あなたは人を殺した。

撃てるの? 透ちゃん。

止まれ! 止まれ!

撃つなら ここね!

止まれ!

止まれ!

止まってくれ…。

(銃声)

今の銃声は?

石川巡査部長が
被疑者女と接触をして…。

石川巡査部長 状況を!

(悲鳴)

(ざわめき)

すぐに救急車を。

えっ?

ようこそ こちら側に。

♬~

(サイレン)

(佐伯)
皆さん 下がってください!
(島田) おい。

こちら E3 足達
被害者女 死亡。

♬~

石川巡査部長が

被疑者女を

射殺。

大樹君は

被疑者男が連れているはずです。

捜し出せ
こっちのエリアに必ずいる!

♬~

(金属音が混ざった足音)

《地面に金属が触れる音》

被疑者男の音を捉えました。

走る速度からして
大樹君を抱えています。

(金属音が混ざった足音)

前方 約40m先を
右に曲がりました。

(金属音が混ざった足音)

(フェンスが倒れる音)

金属製の何かを倒して

どこかへ入って行きました。

横浜ニューシティービルです!

待ってろ 白塗り野郎!

♬~

♬~

今 ビルに入った。

♬~

(金属音が混ざった足音)

(金属音が混ざった足音)
犯人の足音 後ろから聞こえます。

(金属音が混ざった足音)

下です。

音が消えました。

♬~

(金属音が混ざった足音)

10m先 左方向から犯人の音が!

♬~

助けて…。

《大樹君の声》

口警部補
前方 左斜めに大樹君が!

♬~

大樹!

ん~ あ~ う~!
大樹!

(大樹) う~ う~!
プレゼント。

(スイッチを押す音)
ボン!

(爆発音)

(ノイズ)
口警部補!

(ノイズ)
口警部補
応答を!

(早紀) 至急 警戒員は
横浜ニューシティービルに急行願いたい。

(靴底をこする音)

(靴底をこする音)

さすが 耳がいい。

橘ひかり。

《全て見抜かれていた》

引っ掛かりましたね。

(ノイズ)

(恵) 口警部補との
無線が途絶えました!

♬~

あ…。

(せき込み)

♬~

♬~

大樹…。

スマイル。

大丈夫。

大樹君 生きてますよ。

♬~

いい目だ。

怒りに満ちあふれてる。

その怒りが お前を救ってくれる。

解放しろ

己を。

♬~

席は空けた。

その席には 口彰吾

お前が座れ。

これからが始まりだ。

♬~

大樹から

手を離せ…。

3日後 12時

解放します。

離せよ…。

寝坊して遅れないようにね。

(注射をする音)

♬~

連れ去られた口大樹君を
本牧港 シンボルタワーにて解放すると

マルヒから入電あり。

緊急出動班ならびに全警戒員は
至急 現場へ急行されたい。

♬~

大樹!

大丈夫か!?

大丈夫か?

こちら足達 マルヒの
指定した場所で大樹君を保護。

(佐伯) すぐに救急車の要請を!

♬~

♬~

(ドアが開く音)

外傷性ショックで目を覚まさない。

白塗り野郎

大樹の腕に焼き印を。

えっ?

3日の間に何をやったのか

何が目的で解放したのか…。

♬~

「席は空けた」?

ああ その席に俺が座れと。

まさか それで重藤班長を…。

まだ分からない。

ヤツの狙いが どこにあるのか…。

ただ

「これからが始まりだ」と
言っていた。

♬~

橘 すまない。

え…。

重藤から
橘とのことは聞いていた。

絶対に無駄死には させない。

俺たちで捕まえるんだ

白塗り野郎を。

♬~

幸せから逃げてる?

私が?
(重藤)無理もない

聞かなくていい ひとの声を
聞き続けて来たんだ

今だって そうだろ?

どこかで相手を警戒してしまい
一歩 踏み出せない

橘を幸せにするの
俺じゃ ダメか?

♬~

♬~

見守っていてください…。

見守って…。

(通孝) 納得がいきません
口をECUの班長に戻すなんて

(小野田)
現時点でECUの班長を

務めることができる人間が
いないんだ。

しかし 本部長…。

(小野田) 港東署が全国に
ECUを展開するモデルケース。

これは警察庁が決めたことだ。

歩みを止めるわけにはいかない。

あくまでも臨時だ。

後任の候補を探る 秋までには
あらためて人事を見直す。

それだけ時間があれば十分です。

(小野田) それから
石川巡査部長もECUに戻す。

口警部補の申し出だ

ちょっと待ってください 処分は!?

生活安全課が勝手に捜査に加わり
被疑者を射殺…。

(小野田) 多くの子供たちが
巻き添えになるのを

未然に防いだんだ!

とっさに行動に移さなかったら
大惨事が起きてた。

私も含めて 上層部のクビが
飛んでたところだ。

私からの注意処分とする。

話は以上だ。

(ドアが閉まる音)

はぁ…。

(振動音)

小野田です。

(通孝) おい!

お前をECUの班長に戻すために
白塗り野郎は弟を殺した。

ヤツは そう言ったんだろ?

ああ。

おい!

お前のせいで弟は死んだんだよ。

おい!

離せ。
(足音)

(片桐)
一課長! 落ち着いてください!

ハァ ハァ ハァ…。

ハァ ハァ…。

お前の周りでは よく 人が死ぬ。

次は誰だ?

ハァ ハァ…。

ハァ…。

♬~

銃声

♬~

ようこそ こちら側に

♬~

あぁ…。

ハァ ハァ ハァ…。

ハァ ハァ…。

(足達) ECUの班長として
口さんが復帰する

それと石川もだ。

こんな形で
口さんが戻って来るなんて…

(香川) 重藤さん
口さんが戻って来たら

一緒に現場出るって
いつも言ってたんすよ。

はいはい 湿っぽいのは なし。

そんな暇ないでしょ
捕まえますよ 俺らで 犯人を。

当たり前だ お前が仕切んな。

マルヒについて
1つ 分かったことがあります。

共犯の女は二ノ宮純名 30歳。

彼女が体に巻いていた
爆弾のことです。

(足達) 爆弾の特殊な構造が
別の事件の物と一致したんです。

市役所の立てこもり犯の物です。

(堀部)動くな~!

あの事件と
つながっていたんです。

白塗り野郎…。

(堀部) チャットで いつも
あの方は俺を認めてくれた。

市長が いかに
金をくすねてるかも知った。

それで

プレゼントを贈ってくれた。

♬~

(堀部の声)
「はなまる」が付いた箱に

爆弾が入っていた。

そいつと会ったことは?

ない。

でも あの方が考えてることと

俺が考えてることは一緒だ。

(ドアが開く音)

声の高さと話し方が安定してます。

堀部はウソをついていませんね。

白塗り野郎の狙いって…。

火が付いたか 口彰吾

火を付けてるんだ。

えっ?

憎しみや恨みを持つ者の心に
火を付けて

一線を越えさえ 楽しんでやがる。

(着信音)

何か分かったか?

(足達) 共犯者の二ノ宮純名の
パソコンに

堀部についての詳細が。

(足達)
それだけじゃありません。

すでに起こった
いくつもの事件の犯人の

あらゆる個人情報もあったんです。

教師が同僚教師を
殺害した事件や…。

(足達)
少年が小学生を殺した事件。

(足達) YouTuberを殺害し
殺人動画を流した事件に…。

(足達) 何人もの女性の顔を
切り刻んだ事件 それと…。

(足達)
警察官のストーカー殺人事件。

ここ半年 関東一円で起きた
凶悪事件です。

どれも事件が起こる前に
調べられています。

まさか ヤツが裏で?

ってことは
これから起こる事件にも…。

何 不安がってんだ。

簡単な話だ
片っ端から救えばいい。

助けを求める人を助ける。

ただ それだけだ。

♬~

(自動ドアが開く音)

口さんが戻って来たんだ
これから忙しくなるよ!

「ハマの狂犬」だからね。

正直 ネーミング ダサいよね?

ある ないで言ったら ないよね。

(知里) 重藤さんが亡くなって
1週間も経ってないのに

よく軽口 言えますね。

こういう時だからでしょ。

平常心で私たちが臨まないと

生死のはざまにいる通報者は
救えない。

まぁ そういう感じ。

ハハハ… 思いは同じだよ。

取りあえず 「ハマの狂犬」は
ダサいって言ってたこと

ご本人に伝えておきます。
えっ!

小松さん 小松さん あの…。
(入電音)

(緒方) 違う違う違う…。
(入電音)

はい 110番です
事件ですか? 事故ですか?

落ち着いてください お名前を。
(自動ドアが開く音)

(知里)
室長! 連れ去り容疑事件です。

通報者は たけいみつよ 45歳。

学校に行く途中
娘さんが男性に連れ去られたと

本人からメールが送られて来た。

娘さんの名前は
たけいかおる 16歳。

回して。
はい!

室長の橘です。

娘さんが男性に連れ去られたと
伺いましたが…。

(武井光代) あいつが薫を…
助けてください!

犯人に心当たりが?

塚田巧一朗。

娘からメールが来た時
GPSを見たら

あいつの家の近くでした。

しかも 娘と電話が
ずっと つながらないんです!

(武井良彦) あの野郎…。

(光代) ちょっと…。

あなた やめて!

お願いだから!

やめて! お願いだから!
武井さん?

どうしました?

今 夫が包丁を持って
あの男の家に…。

ご主人の名前は?

武井良彦です。

助けてください!

(警報音)

コード0 少女拉致事件発生!

現在時から本件関連通話を
優先とし 他の通話を規制する。

マルガイは 武井 薫 16歳。

マルガイからのメールにより
マルヒは

つかだこういちろう 男性と判明。

また マルガイの父親
武井良彦が

包丁を所持し
マルヒ宅に向かったもよう。

ECU緊急出動班は
至急 出動せよ!

E2はマルヒ宅に

E3はマルガイが拉致された
現場を中心に

マル索してください。
E3 足達 了解!

E2 口
了解!

(早紀の声) GPS画面 確認して。
(室員の声) はい 了解!

(早紀の声) つかだこういちろうを
照会してください。

≪了解!≫

つかだこういちろうという男性に
ついて詳しく教えてください。

あいつは

娘を…

うちの家族を壊した男です。

(知里)
室長! 塚田巧一朗は7年前

強制わいせつで逮捕された
前科があります。

被害に遭ったのは武井 薫さん。

当時 まだ9歳!?

塚田は3か月前に出所しています。

娘さんは かつて塚田から

性的被害に遭ったんですね?

はい。

塚田が出所したことは
ご存じでしたか?

通知が来て知りました。

不安がると思って
娘には黙っていました。

でも 1週間前

娘が あいつを見かけたって…。

髪を切る音

何やってんの?

薫!?

(武井 薫)離して!

髪を切れば
私だって分からないでしょ!

どうした?

ハァ ハァ…

あの男を見た

校門の後ろに隠れて

私のこと にらんでた

(武井)あの野郎…

どうして
あいつが出て来るのよ!

もう 毎日毎日 怖くて…

怖くて…

おかしくなりそう!

泣き声

(武井優太)
大丈夫? お姉ちゃん

優太 出てって!

もう みんな 出てってよ!

(光代の声) 警察に話したら
「塚田は否定している

対応を考えるから
様子を見ましょう」って

それで今日 こんなことが…。

お願いします どうか

娘と夫を助けてください!

(チャイム)

この野郎! どけ!

薫!

薫!

(智子) えっ!?

どこだ? 薫を どこにやった?

(悲鳴)

薫は どこだ!?
(塚田) 一体 何の話ですか?

しらばっくれるな! お前に
拉致されたと薫からメールが。

今度は薫に何をしたんだ!?

僕は知りません
今日は支援団体の方が

いらっしゃるので
外には出ていません。

ウソをつくな!
娘に指一本でも触れてみろ。

殺してやる。

(智子) キャ~! キャ~!
(梶田) 落ち着いて 落ち着いて!

(サイレン)

被害者は9歳で性犯罪被害に?

(早紀) マルガイの父親は

塚田巧一朗に
危害を加えかねません。

悲劇の連鎖を断ち切る。

何て事件だ。

♬~

透。

はい。

乗り越えろ。
えっ?

事件の傷は

事件を解決することでしか
癒えない。

苦しくても向き合うしかない。

でも 本当にキツい時は

頼れよ 俺を。

兄貴のほうこそ

頼ってくださいよ。

俺を。

被害者家族の画像 送ります。

(送信音)

♬~

E2 塚田の自宅に現着。

相互通話を常時オンに。

了解。
(操作音)

(警察官) 港中町PB 現着。

周囲を警戒してくれ。
(警察官) はい。

(塚田) 信じてください!
僕は本当に何も…。

お前 1週間前も学校に来ただろ!

警察にもお話ししましたが
行くわけが…。

考えてみてください!

娘さんに何かあったら
僕に疑いが… 手を出すはずが…。

今度こそ許さない!

お前のせいで
どれだけ娘が苦しんで来たか!

事件のことは
本当に心から反省してます。

もう二度と あんなことは…。

信じてください!
ふざけるな! 娘はどこだ!?

(ドアが開く音)
警察です。

(武井) 来るな~!

石川からECU 現場
マルガイの父親が包丁を所持。

塚田の首に包丁を当てて
人質に取っています。

落ち着いてください
包丁を下ろして。

お前たちが こいつを
野放しにするからだろ!

助けてください! 何か誤解が…。

娘に何かあったらな

あんたたちも許さない!

口班長

塚田の声は ウソを
ついているように聞こえません。

(緒方) これを見てください。

被害者の薫さんが
メールを送った地点を中心に

防犯カメラを調べたら ヒット。

(緒方) 母親にメールを
送った時刻と一致します。

(早紀) もしかして これって…。

至急 E3は薫さんの保護を。

拉致事件は…。

武井さん
事件は娘さんの自作自演。

狂言です。
はぁ?

市営バスに1人で乗り込む
防犯カメラの映像がありました。

そんなこと信じるか! えぇ!?

警察は こいつの味方をするのか?

娘が そんなウソ
言うわけないだろ!

その男を
逮捕させたかったんでしょう。

ウソだ~!

(光代) 薫!

薫?

薫‼

武井 薫さんですね?

(光代) 薫…。

(光代)
ホントに心配したんだから。

たった今
娘さんが保護されました。

ウソの通報で
その男を逮捕させた後

自分で自分の体を傷つけて

その男のせいにするつもり
だったんでしょう。

(武井) そんな話 信じない!

許さない
俺がこいつを裁いてやる!

(銃声)
(悲鳴)

刃物を下ろせ。

娘の自作自演は好都合。

そいつを殺す口実が出来た。

殺したほうが楽になれますか?

分かったようなことを言うな!

俺たち家族の苦しみは
あんたたちには分からない!

ああ 分からない!

兄貴。

どれだけ深い傷を抱えたか…。

俺には説得する言葉がない。

聞かせてくれ 家族の声を。

(光代) 薫

お父さんが今 何をやろうと
してるか分かってるの?

(薫) お父さんが何よ?

(光代) あいつの家に
殺してでも薫を取り戻しに…。

バカ!

お父さんが?

お父さんが あんたのこと
どれだけ思ってるか。

そいつを殺したら…

あなたの家族は
もっと苦しむことになる。

娘さんが悲しむことになる!

♬~

どうしたらいいんだよ。

どうしたら忘れられんだよ。

(武井) どうやったら…

娘を救ってやれんだよ。

誰か教えてくれよ。

教えてくれよ!

あぁ~!

あ~…。

(泣き声)

帰る場所がある。

え?

何があっても
迎えてくれる家族がいる。

娘さんにとって

そのことが確かな支えになる。

あぁ~…。

(パトカーのサイレン)
(泣き声)

大丈夫ですか?
武井良彦 署まで同行願います。

♬~

(知里) それにしても
あの場で威嚇射撃って…。

それが口流
「ハマの狂犬」だからね。

ダサいって言ったの内緒でね。

ハハハハ!

(塚田) 刑事さん。

ありがとうございました。

性犯罪の被害者は
自分のことを「生存者」と呼ぶ。

え?

心に傷を抱えながらも

必死に生きて 生きて
生き抜いてるんだ。

今も まだ

被害者と家族が苦しんでること

1分 1秒 忘れるな。

首に血が…。
大丈夫です。

でも…。
鼻炎が ひどくて。

換気しないと苦しくて。

(鍵を開ける音)

《鼻炎?》

《でも 鼻腔の詰まる音は
していない》

《なぜ 今 ウソを…》

(子供のような声)
これから あの子と遊ぶんだ。

《今 子供の声が?》

《近所の子供の声?》

《でも もう聞こえない》

《気のせい?》

これから
署で お話を聞きたいので

ご協力お願いします。

(梶田) はい。

♬~

緒方さん ちょっと
調べてもらいたいことが。

(緒方) はい。

こちらへ どうぞ。
(梶田) はい。

(パトカーのサイレン)

(鼻歌)

(自動ドアが開く音)

(光代) お父さんに謝りなさい。

薫!

お父さんが騒ぐから
失敗したじゃない。

やめなさい!

(薫)
お父さんが余計なことしなきゃ
また逮捕できたのよ!

(光代)
お父さんは あんたのために…。

苦しいふりをするのは やめて!

私が一番苦しいの!

苦しくて 苦しくて…。

こんなことなら
あの時 死んどけばよかった!

何てことを…。

(武井) もういい。

家に連れて帰ってやれ。

(武井) 腹へっただろ
何も食べてないんだろ?

何か食べさせてやれ。

もう 優太も帰って来る時間だ。

(自動ドアが開く音)

少し気になることが。

先ほど 塚田が
鼻炎だと言っていましたが

鼻腔が詰まる音は
聞こえませんでした。

何で あんな
ささいなウソをついたのか…。

それと 子供の声が
聞こえたように思えたんです。

何て聞こえたんだ?

「これから あの子と遊ぶんだ」と。

(緒方) 室長 7年前

塚田が起こした事件の
捜査資料を取り寄せました。

塚田は 小さな子供に執着して
事件を起こした

小児性犯罪者でした。

あの時

においが嫌で息を止めていた?

大人の女性が苦手だから?

それと 事件を起こした際

子供の声を発して
薫さんに近づいたと

記録があります。

「あの子と遊ぶんだ」というのは
塚田本人…。

これから あの子と遊ぶんだ。

フフっ。

塚田が言った「あの子」とは?

まさか…。

(鼻歌)

優太君 遊ぼう。

♬~

(塚田の鼻歌)