火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」♯2【偽装彼女でボスをだませ作戦!】…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」♯2【偽装彼女でボスをだませ作戦!】

[字][デ]“人並みが一番”の平凡女子が戦場のような職場へ!?ファッション雑誌編集部を舞台に鬼上司と子犬系男子に振り回され、恋に仕事に奮闘する胸キュン・お仕事ラブコメディ

番組内容
潤之介(玉森裕太)から偽装彼女になることを頼まれた奈未 (上白石萌音) だったが、姉として紹介されたのはなんと鬼上司の麗子(菜々緒)だった。麗子から問い詰められるうち、その場しのぎでつい嘘をついてしまう奈未。しかしその嘘がきっかけで、翌日、漫画家・荒染右京(花江夏樹)との大きな交渉を任されることに。無理難題を麗子から押し付けられるが、潤之介のためにと頑張る奈未だったが…
出演者
上白石萌音、菜々緒、玉森裕太、間宮祥太朗、久保田紗友、亜生(ミキ)、秋山ゆずき、 太田夢莉、高橋メアリージュン、なだぎ武、倉科カナ、ユースケ・サンタマリア、花江夏樹
脚本
田辺茂範
音楽
主題歌 Kis-My-Ft2「Luv Bias」(avex trax) 音楽 木村秀彬
スタッフ
演出 田中健太、石井康晴、山本剛義 プロデューサー松本明子、編成 宮﨑真佐子
公式ページ
◇番組HP http://www.tbs.co.jp/BOSSKOI_tbs/ ◇instagram https://www.instagram.com/bosskoi_tbs/ ◇番組Twitter @bosskoi_tbs https://twitter.com/bosskoi_tbs
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 奈未
  2. 編集長
  3. 彼女
  4. 鈴木
  5. 潤之介
  6. ジュン
  7. 荒染先生
  8. 仕事
  9. 先生
  10. 人並
  11. ファッション
  12. 交渉
  13. チャンピオン
  14. 本当
  15. 無理
  16. 今日
  17. 半田
  18. カルティエ
  19. 雑用係
  20. 中沢

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/09/24 22:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

ちょっと これさすがに…
これは無理ですからね

<(奈未)編・集・長!?>

<待って これ どういうこと!?>

<どうして 編集長がここに!?>

<頭の中を整理してみよう>

<私 鈴木奈未は 就職のために上京したら>

<なぜか ファッション誌の豪腕編集長の>

<雑用係をすることになった だけど…>

(麗子)何の信念もない

人並みの根気すらないのね

<もう 仕事を辞めようと 落ち込んでいたとき…>

(潤之介)夢ってさ
なきゃいけないのかな?

それで笑えなかったら
意味なくない?

俺の彼女になってほしい

彼女!?
フリでね

<そして 彼のお姉さんに 会うことになったんだけど>

<そこに現れたのが…>

<あっ なるほど そういうこと>

<…って 全然 分からない! 落ち着いて 落ち着くのよ 私>

<もしや ここんところ編集長に 振り回され続けたせいで>

<何でもかんでも 編集長と認識してしまう>

<私の脳内のバグが…>

潤之介の姉の宝来麗子です

<バグじゃな~い!>

お疲れさまです

ねえ 「お疲れさまです」って
おかしいでしょ

紹介するよ
今 俺が付き合ってる

彼女の奈未ちゃん

鈴木… です
奈未ちゃんね

鈴木 奈未さん

間違い ありません

二人とも どうしたの?

少し驚いてるの

潤之介が わざわざ会わせたい
っていう女性が

あまりにも選びそうにない
タイプだったから

そう? こう見えて
奈未ちゃん 料理 得意だし

レシピサイトの指示どおりに
作っているだけで

創意工夫の欠片もありません
まあ でも 語学堪能だしね

堪能になりたいなと思って
勉強を始めようかなと

思い立っている段階です
なんだけど 仕事はバリバリ

あら お仕事を?
そう そうなの!

ヘニャヘニャです もう…

ヘニャヘニャの
すっとこどっこいの

ノーバリバリです!
何 言ってんだよ

「仕事愛が止まんない」とか
「永遠に仕事してたい」とか

言ってたじゃん
言ったっけ?

あっ そういうとこ
姉ちゃんに似てるかも

だって 実際 同僚や上司からの
信頼 厚いんだろ?

うっすいです! 極薄! もう…

えっ 何?
言ってなかったっけ?

今 音羽堂出版にいるって

私 お姉様専属の雑用係を

待って 待って 待って 待って
えっ すげえ偶然じゃん!

あの 編集長!
いえ… お姉様 いえ…

編集長? あの…
お飲み物 お持ちします!

お砂糖どこだっけ? ジュン
何…

ジュン?

お姉ちゃんの部下なら
先 言ってよ

知らないですよ
上司の家族構成なんて

てか 宝来なんですか?
宝来だよ

宝来潤之介
言ってなかった?

ないです!
えっ 打ち合わせで…

《あっ… お仕事
カメラマンなんですね》

《そう》

《趣味は サーフィンとバイク》

《で 付き合い始めたのは 半年前》

《共通のサーフィン仲間達と
飲んでたときに会ったのが最初》

《私 サーフィンしませんけど》
《うん 俺もしない》

《設定だから》
《ああ…》

《あっ あの… 何て呼べば?》

《じゃ… ジュン》

《ジュン》
《うん》

《何か照れますね》

《じゃ 俺は 俺は?》
《えっ じゃ》

《な… 奈未ちゃんで》

《奈未ちゃん》
《ジュン》

《奈未ちゃん?》
《ジュン?》

《奈~未ちゃん》

ジュン…
奈未ちゃん…

やっぱ 宝来って言ってないわ
ほら~ もう

確認しとけば
気づけたかもしれなかったのに

じゃ 今から 姉ちゃんに
本当のこと言う?

いや それはそれで 今後
超絶気まずいです!

そうだよね

何してるの?

あっ 姉ちゃん!
あっ!

ジュンったら もう~

それで いつからなの?

半年前から
一週間前です

半年前から
一週間前です

あれ?
半年前に出会って…

<私が一週間前に 就職で上京したこと>

<編集長 知ってるから!>

イッ…
あっ そうだ そうなんです

半年前に ネットサーフィンをしてる
共通の知人を介して

そうそう ネットでね
ねっ で

あの… ず~っと
遠距離だったんですけど

近くにいたいなと思って
それで?

あなたは 潤之介の
どこを好きになったの?

ギャップ?
彼女に聞いてるの

あの~ 何ていうか その…

ギャップですね あの
普段は おおらかなんですけど

ふと ある瞬間 その…

言ってることが
噛み合わなかったりとか

行動が行き当たりばったり
だったり?

うん… あれ?
あっ そういえば この間

海 行ったの 千葉の ねっ
ねっ

あと 公園で
健ちゃんのお祝いしたりしたね

イッテ…

けんちゃん?

けんちゃんっていうのは
あの~

<健ちゃんは つまり…>

私…

けん玉チャンピオンなんです!
けん玉?

チャンピオン?
うん はい 略して

ケンチャン あの…

私が けん玉チャンピオンになった
お祝いを

二人でしたんです
そうそう そう

意外な特技ね
もう プロ級だよ

いやいや もう
密かな趣味といいますか

ちょっと 今 けん玉
持ってないんで

お見せできないのが
残念なんですけど

あっ 待って 俺 けん玉 どっか
しまってあったかもしれない

ないよ! ない!
そんなものはない

えっ…

大丈夫?
ちょっと…

あの…
今日は緊張してしまって

もう限界です

ありがとうね 奈未ちゃん

姉ちゃん 完全に信じてたよ

いや~ 明日から
どうしましょう

やっぱ 私 職場でも

潤之介さんの彼女で
通さないとですよね

問題は そこだよね

俺は 奈未ちゃんがいいなと思って

彼女になってくれなんて
お願いしたけど

同僚にまで 俺の彼女とか
思われんのは嫌だよね

<「奈未ちゃんがいいなと思って」>

いや 別に嫌とかそういうんじゃ…
カワイイ!

あ~っ!

<考えてみれば カメラマンってまわりに>

<キレイなモデルの人とか いっぱい いるんだよな>

<なのに 彼女のフリ どうして 私を選んだんだろう?>

<偽装とはいえ まったく気がない女性に>

<「彼女になって」なんて 言わないだろうし>

<もしや このまま 私 本当の彼女になっちゃったりして>

またね~
あの~

私 潤之介さんが彼氏だったら

嬉しくないことも
ないですよ

ホントに!? じゃ これは

二人だけの秘密

二人だけの… 秘密

そうですね!
じゃ 名づけて

「偽装彼女として
ボスとうまくやろう作戦」

いいね じゃ 作戦内容は…

まず 第一に
ほころびが出ないよう

姉ちゃんとの接触は
必要最低限に抑え

二人きりになることを
何としても避ける

(明日香)何?
(和美)何してんの

ルーティンの仕事は 先手を打つ

おはようございます
忍びのように

それでいて 待ち受け画面などで

さりげなく 姉ちゃんにアピール

あっ ごめんなさい!
(中沢)痛えな

すいません
(由衣)何? これ

えっ 鈴木さんの彼氏!?
嘘 嘘!

(栞)見せて 見せて!
彼氏っていうか…

彼氏です
(和美)雑用係のくせに?

は~い
≪マジで?

ありえなくない?

「現状 編集長は
いつもと変わらぬ朝です」

≪鈴木さんに彼氏って
おかしくないですか?

「引き続き俺の彼女よろしく!」

≪こちら
お貸し出しの商品となります

ありがとうございます
あっ… すいません

これ 編集長から
差し入れのお菓子です

皆さんで
召し上がってください

お気遣い ありがとうございます

(宇賀神)鈴木さん
あっ!

お使いですか?
ああ 副社長

はい もう 今日
あと5店舗もまわんないとで

こき使われてますよ~

まあ 彼女のそばにいれば
色々 勉強になると思いますけど

いやいや もう 私は もう
普通で人並みの

お仕事をさせて
いただければな~なんて

人並み?

確かに 人並みも
いいもんですけどね

(半田)続いて
懸案となっている表4の広告に

カルティエが入るかどうかですが
いまだに

お返事をいただけておらず
保留となってます

進捗あったら また報告します

何か理由あるの?

(遥)前に うちの別の雑誌で
先方を怒らせてしまったみたいで

それ以来 関係が
うまくいってないらしいです

次に第2特集のカルチャー企画
2ページですが

誰か案がある人

はい
はい

日本酒の特集は
どうでしょうか?

世界的な日本食ブームに伴って
世界での

日本酒人気は
高まっていますし…

ないな それはない

もっと こう 心に刺さるような
斬新な企画ないわけ?

漫画家とファッションの
コラボ企画は どうですか?

日本の漫画は
海外でも評価が高いですし

ファッションを絡めた
イラストを描いてもらえれば

話題性だけではなく

雑誌のブランディングとしての
効果も期待できるかと

いいんじゃない?
よし!

肝心なのは
どの漫画家に依頼するか

鳥山明 井上雄彦 大友克洋

荒染右京…
荒染右京!

あっ…

いや 世界的な人気もありますし
うちから出してる少年誌で

連載持ってるんでパイプもあります
進めて

はい! では 近いうちに
私と中沢で先生の所へ

(中沢)俺 企画書 書きます
(半田)すぐにコミック編集部に…

半田さん
(半田)はい!

先生への交渉
あの子 連れてって

えっ… 鈴木ですか!?

はい?
いや でも 鈴木は 雑用係ですし

これ

けん玉?

あの子 けん玉チャンピオンなの
えっ!?

あなたに人並みの仕事を
与えてあげる

漫画家先生を説得してきなさい
えっ!?

えっ… えっ!?

ちょっと待ってください

デスクの上に置いてあるパズル

タイアップ先のプレゼントなの
明日までに完成させといて

私 交渉なんて無理です!

仕事愛が
止まらないんじゃなかった?

永遠に
仕事してたいんじゃなかった?

いや それは…
語学も堪能だったわね?

これ 翻訳しておいて
いや できないです!

交渉だって無理です!
売れっ子漫画家先生には

あなたみたいなタイプがいいの

でも 私 交渉なんて
したことないですし…

けん玉をしてくればいい
それだけ

け… けん玉!?

もし この交渉が成立したら
弟の彼女として

親に推薦してあげてもいいのよ
えっ…

そのかわり失敗したら
もう ここには来なくていい

えっ クビってことですか!?
それは困ります!

「ピンチです
無理難題な仕事を言われました!」

「けん玉を成功させないと
クビだって!」

≪ジュンさん 行くなら

(尾芦)ジュンさん ジュンさん
ちょっと 今晩

みんなで ご飯行こうかなって…
俺 パス!

食い気味~
ええ~

「今晩 作戦MTG
会社前で待ってる!」

中沢さん!

荒染先生の交渉
中沢さんが行ってください

知るか
あっ… これ

限定品のどら焼き
編集長が買ってこいっつって

食べなかったやつです
いらない

栗 入ってます
いらない

荒染先生って
どんな人なんですか?

ふざけんな
何で仕事取られた俺が

アドバイスしてやんなきゃ
なんねえんだよ

それぐらい 自分で調べろ

はい…

(中沢)そもそも

お前 先生の作品 読んだの?

いえ

先生の代表作 「ヨビガミ」

全39巻は基本中の基本

39巻…
あのな~

言っとくけど読み始めたら
一瞬だから

ああ まず 3巻に
すげえいいシーンがあって

ふふ…
何だよ

中沢さん 優しいですね
そんなんじゃねえよ

あっ!
奈未ちゃん!

潤之介さん

あっ… えっと~
彼氏です

えっ!?

あっ…

彼氏です

仕事以外は
いっちょまえだな

お疲れさまでした~
奈未ちゃん

買ってきた
うちで練習しよう

すごっ!
これが真のケンチャン…

いける?

思いっきり
やってください

あっ お… 折れない程度で

全治一週間ぐらいの打撲で

そんな絶妙な加減 無理

じゃ もう 最悪 折れても
いいの?

あっ ダメ!

無理ですよ~
奈未ちゃん 見て

奈未ちゃんは
笑ったほうがカワイイ

俺も手伝うから
一緒に頑張ろう!

はい!

な…

すいません
私の仕事させちゃって

ううん 大丈夫

俺 パズル 得意だから

イッタ!

これで冷やして

OKかな

何?
ううん… 何も

あっ…

これ

あっ 今度
小さいギャラリーでなんだけど

個展 やるんだ
へえ~

その写真 選んでて
失礼します

あっ これ カワイイ
これ?

はい
ねえ 見にきてよ

案内できたら渡すから
はい!

<これは もう この状況は もう>

<本当の恋人みたい!>

まだ 痛む?
ううん

あっ よし 練習再開!

奈未ちゃん

ジュン…

イタッ…

うん… おはよう

おはようございます
えっ 私 昨日…

練習しながら寝ちゃってたよ

声かけたんだけどね
あっ!

結局 一回も成功してない!

コーヒーでも いれようか?
コーヒー!

インスタントだけどいい?
ああっ!

ダメ! 9時までに
オールミルクリストレットショットノンシロップソイラテ!

ああ~っ!

どうぞ
ありがとうございます

あっ… 熱っ!

(フランス語で)

おはようございます
編集長

雑用係が朝帰り?

あっ これは違くて
昨日の着回しコーデ?

よろしいですか?

荒染先生とアポ取れまして

今日の13時から
先生のお宅へ伺うことに

えっ もうですか!?

期待してるわよ
チャンピオン

あの 半田さん
けん玉のことなんですけど

申し訳ないが
お前の出番はない

俺が一発で
決めてしまうから

あ~ よかった~!

鈴木 交渉なんて
初めてなんだろう?

あっ はい
じゃ うちや競合誌の

基本的なことだけでも
教えといてやるか

うちのターゲットは
30代から40代

扱うのは ファッション ビューティー
あとはカルチャー

そこには
それぞれ担当者がいる

そして それらの誌面とは別に
必ずあるのが広告

純広と呼ばれる
広告主が制作した広告と

編集部が依頼を受けて
通常のページのように作る

タイアップ広告がある

あっ ところで あの…

どうして
私が編集長の雑用担当に?

ズバリ! 面接のときの
鈴木のファッション

ファッション?
あのとき

鈴木のコーディネートを見て
直感で

センスのいいスタイリストでも
ついてんのかなと思った

なのに 足もとを見たら
履いてたパンプスだけが

クッソダサくて もう!

《(鈴木)奈未 それ 就職祝いだ》

《もう… 気が早いって》

《靴は やめます》

(半田)なまじっか ファッションに
興味がある人間ってのは

現場で
ファッションに携われないと

「私もファッションの
仕事した~い!」

「頑張ってんのに報われな~い!」
なんて言うもんだから

もう 面倒くさくて

その点 鈴木は
ファッションに興味がない

だから あなたに雑用係を任命
ハハハ…

(荒染)企画書を拝見しました
ファッション誌から

お声がけいただけるなんて
光栄です

では お受けいただけると…
いや

もう一つ
僕じゃなきゃいけない理由が

分からないんですよね

確かに

世界的に
名の通っている漫画家は

先生以外にも
たくさんいらっしゃいます

その中で
先生の描かれるキャラクターは

ファッションという面から見ても
的確に時代を捉え

メッセージ性にあふれている
そうだ

最新刊 最高でした!

あの~ 戦いの中で
過去を振り返るやないですか

「オレは なぜ
ここにいるんだ!」

泣けるんですよね~

そんな表現者は
荒染先生をおいて

他にいないと思うんです

荒染先生をおいてね
他には

なるほど

そうだ 先生 そういえば あの~

けん玉が ご趣味だとか

実はですね うちのこの鈴木

けん玉のチャンピオンなんですよ
へえ~

<「お前の出番はない」って 言ったのに!>

チャンピオンの技
ぜひ 見てみたいです

いやいや そんな
お見せするほどのもので…

ぜひ 見せてくださいよ
ほら うん

そうしたいんですけど あの…
うんうん

今日 あいにく けん玉が
あっ じゃ…

これ 差し上げます

フーッ

先生 お上手!
さあ チャンピオン

ありがとうございます

ほら 鈴木
はい…

<イチかバチか>

あっ…

(田中・橋本)「ビオレu The Body」!
(橋本)外でついた…。
(田中)イヤ~な汚れ。

(2人)
まさつレス~ッ!っと 落としちゃおう!

ほら! ゴシゴシしなくても 落とせるよ。

気持ちいい~!
(2人)「ビオレu The Body」!

(半田)最悪ですよ
言っちゃ何ですけど

こんなポンコツ
連れてけって言った

編集長も
どうかしてると思いますけど!

すいません…
どうすんだよ 創刊号の2ページ!

穴 開くぞ!
すいません

半田さん
はい

私の新しい雑用係の条件には

「嘘をつかない」って
加えておいて

かしこまりました
ちょっと待ってください!

「チャンピオンじゃないのに
チャンピオンと言わない」も

付け加えておきます!

これって そもそも
私の責任ですか!?

俺の責任?
ああ… そうじゃなくて

だって 編集者でもない私に
交渉を頼む時点で

もう 結果
見えてるじゃないですか!

やっぱり 編集長

私が潤之介さんと
付き合ってるのが

気に食わなくて
意地悪してんですよ

そうかな?
結局 いっつもそうなんですよ

私が選ばれるのは
ネガティブな理由

ネガティブ?
この会社 入れたのだって

ファッションセンス
なかったからだし

よく分かんないけどね

あの… 一つ聞いても
いいですか?

うん?

潤之介さんは
彼女のフリを頼む相手

どうして 私だったんですか?

う~ん それはさ…

実際に付き合わないから?

恋に発展しそうな子に こんなこと
お願いできないでしょ

ああ… そうですよね

やっぱ そうなんですよ

今日は帰ります

あっ ねえ 奈未ちゃん

<いつも そうだ>

<勝手に その気になっちゃって>

《ホントに!?》

《じゃ これは 二人だけの秘密》

<嘘なのに…>

<嘘なのに…>

《俺も手伝うから 一緒に頑張ろう》

《はい》

<全部 嘘なのに>

<浮かれて 頑張っちゃって>

バカみたい…

(バイブレーター着信)

遅い

私 もう
クビなんじゃないんですか?

退職願はできたの?

あの… 編集長にも
責任あると思います

任命責任?
はい

あなたは何も分かってない
できもしないくせに

自分をチャンピオンとか
その場しのぎの

嘘をつくような人間に

荒染先生が自分のイラストを
提供できると思う?

それが先生の答え
これは あなたの仕事

ゆえに 全てあなたの責任
私に責任はない 以上

あなたは
「人並みでいい」とか言って

努力することから
逃げてるだけ

「人並み 人並み」って言うなら

まず 人並みの責任を取ったら?

≪これ やっぱり
日本酒しかないって

そうですかね~
いやいやいや

取り寄せられるの
日本酒しかないっすよ

≪だって 日本酒だったら
おつまみも一緒に…

≪確かに
≪もう~ 無理ですよ

そんなの 分かんないです

ああ…

先日は
大変 失礼いたしました!

もう 終わったことですから

あの…

けん玉
見てもらえませんか?

いやいや この前ので
実力は分かりましたよ

どうしても 見てほしいんです!
ああ…

フーッ

はあ… できた

初心者の技ですけど

手首… 結構 練習したんですね

あっ…

私… 今回が初めてなんです

ちゃんとした仕事
任されたの

で… こんなに何かを
頑張ったのも初めてで

嘘をついたこと
すごく後悔しました

気持ちは分かりました

それと…

「オレは
何で ここにいるんだ!」

あれって アキトが3巻で
トウシロウに負けたときから

ひたすら 修行に明け暮れて
で ついに勝利した末に

しぼりだした
いわば 心の叫びですよね

もう 私 あれを読んだとき
思わず涙が出てしまって

先生の漫画の
キャラクター達って

ちょい役まで 一人一人
クセも信念も強くて

仲間のために
自分の命を顧みない姿が

かっこよくて

だから あの…

私…

先生の漫画の
ファンになりました

すっごい遅いんですけど

今日 お会いできたら

どうしても
そのことは伝えたくて

では… これで失礼します

♬~

<ノンアルコール
99.9%除菌 ウイルス除去も>

<除菌に安心 「ジョアン」>

(谷原)毎日 お疲れさまです!
さぁ パッと洗いますか!

で 「クリア除菌」 見て この泡立ち!

アワアワなのに~ 泡切れ 早っ!

ヌルヌルしない。 助かる~!
♬「キュキュット」

「クリア除菌」!
汚れも ニオイも スッキリ!

奈未ちゃん 先生は?

「気持ちは分かりました」って

じゃ イラストは?
そこまでは

そっか~

あの…

もう 終わりにしませんか?
恋人のフリ

やっぱり 嘘ついても

本当のとこは
変えられないっていうか

逃げてるだけっていうか…

そっか…

淋しいな~

付き合ってたのは
嘘なのにさ

別れるの 本当みたいで

あっ… これ 返します
ううん

お礼にプレゼント

ありがとうございます

俺のほうこそ ありがとう

元気でね

あっ… こっちか

<嘘は本当にならない>

週末のフランス大使の
パーティーなんですけど

招待していただけることに
なりました

カルティエ
マーケティング部長のシモンさんも

出席されるそうですよ
ありがとうございます

で 僕も一緒に伺います

あっ… 二人で!?
ええ

まずかったですか?
あっ いえ… そんな

(ノック)

失礼します

編集長 お伝えしたいことが

うん… どうぞ

では 僕は これで

どうぞ
すいません

ちょうど こっちも
あなたに話があったの

そっちの用件は?

別れました

私 潤之介さんとは
もう 別れましたから

だから もう…
こっちの用件

5分前に
荒染先生から連絡があって

イラストの件
受けてくれるそうよ

えっ!?

「新しくファンに
なってくれた子のために」

「受けてみようと思う」って

本当ですか!?

本当に本当ですか?

交渉を成立させた ご褒美

あなたをパーティーに連れてってあげる
パーティー?

(宇賀神)久しぶりです

≪ボンジュール
シンイチ!

オー!

えっ えっ えっ?

あっ… ウィ ウィ ウィ

(麻美)あ~ら 麗子 お久しぶり

あなたも来てたのね
どちら様?

相変わらずね
海外生活が長いと

一緒に働いてた先輩の顔も
忘れるのかしら?

私ね 今
「ZEAL」の編集長してるの

よろしく
嘘でしょ!?

ここって 婚活パーティーの会場?

来る場所
お間違えじゃありません?

来る場所 間違えてるのは
あなたでしょ?

どうせ 出稿目当てで
クライアントに

媚びでも
売りにきたんだろうけど

そんな地味~な部下連れて
元「マリ・クレール」の

カリスマ編集長が
落ちぶれたものね~

彼女は
有能なアシスタントよ

すいません

チッ…

チアーズ

ありがとうございます

(宇賀神)ブブザメゼビアン?

(奈未がせき込む)

ブ… ブ…

楽しんでますか?
ああ~

ウィ

もう 別世界のようですよ

あっ…

次 宝来さんの番です
おっ

(英語で)

メルシー ボークー

えっ 何で 編集長が!?

まさか…

鈴木 こっちへ
嘘…

チャンピオン
ここは行くしかありませんね

いやいやいや… いや

無理 無理 無理です

あそこにいるのが
カルティエの

マーケティング部長の
シモンさん

このけん玉に カルティエの
広告がかかってるから

会場を盛り上げてちょうだい

このために
連れてきたんですか!?

≪ケンチャン!

(ケンチャン コール)

(一同)オーッ!

≪ブラボー!

(一同)オーッ!

いや…

あっ…

あなた もう下がっていい

急に言われても できないです!

エブリィワン

イテテ…
どうしたの? それ

色々あったんですよ

オイ 誰だよ

撮影で使うレモン
ここに届いてんぞ

えっ ダメだったんですか?
また 鈴木か

今日の撮影
広尾のBBスタジオだろ

ボーっとしてんな
すいません あとで運んでおきます

みんな! 荒染先生から
イラスト届いたぞ~

えっ 見たいです!
見た~い!

ジャーン!
(一同)オーッ!

≪素敵!
≪素敵!

鈴木も見るか?

ああ…

えっ!?

えっ これ
カルティエですよね?

カルティエ側から 荒染先生の
イラストが掲載されるなら

ぜひ コラボしたいって
提案してきたんだ

えっ!?
すごくないですか? それ

しかも 念願だった表4も決定!

(和美)あれだけ 渋られてたのに!?
ホントですよね

カワイイ!
うん!

もしかして!

あっ 副社長! 編集長は!?

見てませんが

副社長も
ご存じだったんですか?

カルティエの広告のこと
ええ

宝来さんから
聞いてなかったんですか?

何も!
彼女 カルティエのシモンさんが

荒染先生の
漫画のファンだと知って…

《荒染右京…》

僕に何か場を
つくってほしいって

頼んできたんですよ

《あなたを
パーティーに連れてってあげる》

(宇賀神)しかし ビジネスとは

関係ない
パーティーの席上だし

だから きっかけをつくったんです

それが 私のけん玉!?
はい!

で 見事 シモンさんは食いついた

ドンマイ!

(フランス語で)

(一同の拍手)

荒染先生との交渉に
私を行かせたのも

パーティーで
けん玉をやらせたのも

みんな そのための!?

ビジネスというのは
人の心を動かすもの

今回 あなたが
荒染先生の心を動かして

宝来さんが
シモンさんの心を動かした

言うなれば 今回の結果は

あなたと宝来さんの
コラボってことになりますね

では 僕は これで

人並み以上も 悪くないでしょう?

私のこと
利用したんですね

あなたが
弟の彼女だなんて言うから

頼み事させてもらった
だけだけど

6000万
あなたのけん玉で得た広告料

ざっと 6000万

使えない道具も使い方次第

それでも使えなきゃ…

私… 人並みになるまで
もう逃げませんから!

あっ… ああっ!

ああ~っ!

潤之介さん!

撮影の小道具?
どこまで運ぶの?

いえ… 大丈夫です

あの… 潤之介さん

今日は どうして?

会いたかったんだ
奈未ちゃんに

前は 「実際に付き合わないから」
って言ったけど…

もう一個あった
俺が奈未ちゃんを選んだ理由

奈未ちゃんなら

最後まで 俺の願い
頑張ってくれると思ったから

信じられると思ったから

だから 俺
奈未ちゃんがよかったんだ

潤之介さん…

はい 着いた

あっ…

ありがとうございました

じゃ… ここで

俺のこと好き?