「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」花魁合コンに参戦!愛の告白の嵐[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」花魁合コンに参戦!愛の告白の嵐[字][デ]

江戸の花魁・仙夏(岡田結実)が東京に舞い降りる!草食男子・蔵地(葉山奨之)と同居し、令和男子たちを恋の渦に巻き込み、現代女性にそっと寄り添う「粋キュン」恋物語!

出演者
仙夏…岡田結実
蔵地俊輔…葉山奨之
春日泉美…吉谷彩子

岩佐長兵衛…一ノ瀬颯
蔵地寿乃…山口まゆ
森谷香澄…藤江萌
大河内拓馬…中本大賀(円神)
松野隆二…森田甘路

鳥居直樹…前田公輝

蔵地雄彦…田中直樹(ココリコ)

【第4話ゲスト】
宮田尊…佐野和真
番組内容
仙夏(岡田結実)は、寿乃(山口まゆ)と合コンに参加することに。花魁として合コンを盛り上げようと、仙夏は大張り切り。合コン相手の宮田(佐野和真)と意気投合した寿乃は、順調に恋愛を進めるが…。一方、蔵地(葉山奨之)は泉美(吉谷彩子)にキスされて以来、彼女とどう接していいか分からなくなっていた。鳥居(前田公輝)は、仙夏のことが気になり、仕事が手につかない。仙夏の周りで動き出した恋の行方はどうなる!?
原作・脚本
【原作】
江戸キリエ「江戸モアゼル」(幻冬舎コミックス)
音楽
兼松衆ほか
【主題歌】
「Say Your Name」円神(nonagon records/UNIVERSAL SIGMA)
制作
【脚本】
政池洋佑
【監督】
菊川誠
【チーフプロデューサー】
岡本浩一
【プロデューサー】
汐口武史
斎木綾乃
森安彩
関本純一
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/edomoiselle/
番組公式SNS
【Twitter】
@edomoiselle_ytv
【Instagram】
@edomoiselle_ytv
【LINE ID】
https://lin.ee/2k4Y62F

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 仙夏
  2. 寿乃
  3. 江戸
  4. アタシ
  5. 手拍子
  6. 宮田
  7. 春日
  8. 泉美
  9. 気持
  10. 自分
  11. 鳩酒
  12. 今日
  13. 旦那
  14. 合コン
  15. 相談
  16. 大丈夫
  17. 一体
  18. 覚悟
  19. 江戸時代
  20. 仕事

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥990 (2021/09/17 21:35:32時点 Amazon調べ-詳細)

(蔵地寿乃)
仙夏さんは 江戸から

タイムスリップ
してきたんだよ!

♬~

(仙夏)あたたかい…。

(鳥居)俺と付き合え。
え?

あの子のことを好いてるんだね。

(長兵衛)お仙はどこだ?

置かれた場所で咲き誇るって
決めているのさ。

(蔵地俊輔)あれは 一体
何だったんだ。

《まったく春日さんの
意図が分からない》

何ぼ~っと
突っ立ってるんだ?

泉美のこと考えてたんだろ?
そんな訳ないだろ。

噂をすれば。

《ドラマじゃないんだから
そんなタイミングよく

来るかよ…。来た~!!》

泉美 いらっしゃい。

(泉美)あ…仙夏さん!

ちょっと
ストロー補充してきます!

(松野)ストロー 足りてるけど。

ちょうど今 蔵地の旦那と
泉美の話をしてたんだよ。

あれ?蔵地の旦那は?

大いに足りてる
ストローを補充しに行った。

じゃあ アイスコーヒーMサイズ
テイクアウトで。

(松野)はい。
あと…ストローも。

泉美 あんたと
話したがってたよ。

あ~…。
意気地のない男だねぇ。

なんで誰からも
「いいね」が来ないんだい。

何のこと?
まっちんぐあぷりだよ。

現代に染まりすぎだろ!

何が悪いんだい?

なんで 誰とも
まっちんぐしないんだい?

これじゃ無理だろ。

なんでだよ?
伍陌両って いくらだよ。

マッチングアプリ界の
貴公子と呼ばれる俺が

アドバイスしてあげるよ。

あんた すっごい人気だね。

誰 これ?
写真 別人じゃないですか。

ちょっと加工してるだけだよ。
いやもう ちょっとどころか これ

遺伝子レベルで加工しないと
こうならないでしょ。

っていうか なんで そもそも

マッチングアプリなんか
やってんだよ?

寿乃に誘われたんだよ。
寿乃に?

マッチングアプリとか
やめとけって。

相手 どんな奴か
わかんないんだしさ。

(寿乃)今って こういう出会い
当たり前だから。
いいじゃないかい。

寿乃は恋がしたいというんだ。

聞いたところによると
まだ恋をしたことがないんだ。

初恋ってのは ものすごく
いいものだからね。

さっき 運命的な人と
マッチングしたの。
ん?

理想的な条件で検索したら
身長170以上 筋肉質

性格穏やか 職種・公務員って
検索したら 1人出てきたの!

公務員って何だい。
え~と 江戸でいうと
与力みたいなもの。

最高じゃないか。江戸じゃ
力士 火消し 与力は

三大人気職業だったんだよな~。

この人なんだけど どう思う?

色男だね。
笑顔が うさんくさいな。

(スマホの通知音)
あっ!たけるさんから
メッセージ来た。

3対3で合コンしませんかって。

合コンって何だい?

ん~…男女が出会う
お酒の場のこと。

酒の場か…いいねぇ。

で アタシの他に誰 誘うんだい?

え 来るの?

花魁が酒の場に
行かないわけにはいかないだろ。

寿乃の恋 応援するよ。

♬~

♬~

仙夏さん やっぱり今日の合コン
来ないでほしいかも。

なんでだい?

仙夏さん連れてくと その…

想定外のことが起こるというか。

想定外があるから
面白いんじゃないか。

必ず行くよ。

いや 家で留守番してて。

よ~し じゃ相撲で
決めようじゃないか。

なんで 相撲?
うちのふるさとでは こういう時

相撲で白黒
はっきりつけてたんだよ!

(蔵地雄彦)いいね 女相撲。
仙夏山と寿乃海だ。

よし…ここにしよう。
仙夏ちゃん いい?

まかせな。
お願い。

私も力には自信あるからね。

勝負!

見合って 見合って。

はっけよい のこった!

うっ!
う~っ!

ハッ ハッ…。
仙夏山の勝ち!

あ~!くそ!

ほんとの姉妹みたいだな。

アホらし。

心配いらないよ。吉原で鍛えた

花魁の腕 見せてやるよ。

あ~やっぱり心配だ!

(LINEの通知音)
なんでだい…。
おい仙夏 スマホ鳴ってるよ。

ありがとう。

今日 うちの会社で
お茶でもどうかな?

(秋山)残念ながら アライグマ
ベーカリーとの専属契約が

打ち切られることになりました。
(LINEの通知音)

よし!
え?

け…契約打ち切り
嬉しいんですか?

いや…ピンチはチャンスだ。

また 会社が飛躍する
きっかけになる。

さすが 社長!
(携帯のバイブ音)

♬~

(鳥居)ちょっと いいかな?

(泉美)産地直送プロジェクトの
件ですよね?

その件じゃなくて 仙夏さんの件で。
業務時間中

仕事以外の相談は乗りません。

5分 いや3分でいい。

相談したいんだ。
ダメです!

春日さん わかってると思うけど

今話してんの うちの社長だよ。

社長だろうが何だろうが
仕事以外の相談は乗りません。

仕事の相談だ。
じゃあ いいですよ。

働く上での活力を得るため
仙夏さんをお茶に誘った。

仕事じゃないし。
このスタンプ 返ってきて。
どう思う?

これは 俺に気があるだろ。

特に何も感じないです。

そんなはずはない。
こんなスタンプ

他では見たことがない。
今 私忙しいんで

他の人に
聞いてもらってもいいですか?

何かあった?
何かありましたよ。

何かあったのに
何もない感じのままで。

男の人って一体
何考えてんですかねぇ?

(泉美)どうすんの これ?

♬~

この辺りに お仙の匂いが…。

一体どこにいる?

江戸のコスプレって
流行ってるの?
(香澄)さぁ。

仙夏ちゃんの友達かな。

(鳥居)スイーツ好きという
噂を聞いて

日本一のパティシエに 作って
もらったんだ。かわいいだろ。

奇妙な形だねぇ。
え かわいさ わからない?

え…手?

けど 味はおいしい。

フフ…う~ん。
なら よかった。

あんたにも 直さんみたいに
優しいところがあるんだね。

俺は直さんじゃないから。
ん?

え いや…気にしないでいい。

日本での暮らしは不便だと思うし
何でも相談していいから。

アメリカでMBA取ってる俺…。
そうだ

鳥居の旦那なら
わかるかも。

まっちんぐあぷりで まっちんぐ
するには どうしたらいい?

え?
寿乃に助言するためにも
成果を出したくてね。

どうして そんなアプリを…。

いや 気にするな
ここから距離を詰めればいい。

そうだ 今日夜 時間あるかな。

三ツ星の『エメール・ロンション』を
予約してて…。
申し訳ないねぇ。

今日の夜は合コンなんだよ。

合…コン!?

今日は私 江戸好きを
封印していくから。

どうしてだい?寿乃。

江戸好きって
男性に引かれそうだから。

ピラティス女子になります!

(大久保)…体育教師です。オッス!
オッス!

(宮田尊)宮田 尊です。27歳です。
公務員です。

趣味は音楽鑑賞で
毎年フェスに行ってます。

じゃあ次は 女性陣。

はい。
蔵地寿乃です。二十歳です。

え~と 大学2年生です。
趣味はピラティスです。

ピラティス…。
(寿乃)はい。

はい!かすみんこと
森谷香澄 二十歳で~す。

カフェでバイトしてます。

鳴かぬなら
アタシが鳴こうホトトギス。

吉原に百花繚乱 咲き乱れる

涼八屋の仙夏でありんす。

常陸の国生まれで 11の時から

妓楼に勤めてるよ よろしく。

変わった子だね…。

ハハハ…。

まあ みんな 自己紹介も
終わったし 乾杯しませんか?

乾杯!
(一同)かんぱ~い!

なんで横並び?
もうすぐ女の子来るから。

女の子?
合コンって言ってなかったっけ?

いや言ってないですよ
2人で飲むって。

相手ファッションモデルだから
許してよ。

どういう人脈で
そんなつながり あるんですか?

マッチングアプリ。
あっ パリコレに出た

モデル仲間 連れてくって
伝えたから

こう モデル歩きしたり
ふとした時に

こう ポージング決めたり
そういう感じで頼むよ。

それじゃ 香澄ちゃんから始まる
山の手線ゲーム!

(一同)イェーイ!
(大久保)では 職業の名前!

せ~の!
(手拍子)

看護師!
(手拍子)

保育士。
(手拍子)

岡っ引き。
(一同)え?

岡っ引きも知らないのかい。
寿乃 言ってやんな。

岡っ引きっていうのは
江戸時代のけい…。

あはは…てか 私
あんま よくわかんないなぁ。

寿乃 どうしたんだい?
今日は江戸好きを

封印するんだって。
はははは…。

(手拍子)
プロレスラー。

(手拍子)
先生!

(手拍子)
料理人。

(手拍子)

(手拍子)
(一同)小便?

(宮田)確か 小便仲間って

尿の販売を専門に取り扱う
業者のことだよね?

あんた よくわかってるねぇ。

宮田さんって
江戸のこと詳しいんですか?

大学の専攻
江戸時代の文化だったんだ。

まあ女子受け悪いから プロフィールには
書かなかったんだけどさ。

(手拍子)
靴職人。

(手拍子)
ネイリスト!

(手拍子)
作曲家。

(手拍子)

(手拍子)
あ~ それ なんだっけ?

姫が おならをした時に

「私がしました!」って
身代わりになる仕事です。

あ~。

もしかして 寿乃ちゃんも
江戸 好きなの?

はい。
じゃあ じゃあ

江戸東京博物館とかって…。

あ 週1で行きます。
えっ じゃあ

実物大の日本橋 めちゃくちゃ
テンション上がるでしょ?

わかります!
(宮田)すごいよね?
入ってさ すぐさ

橋渡ってくとさ
段々 未来から徐々に徐々に

江戸に近づいていく感じ
あれ たまんないよねぇ。

あれ?おかしいなぁ。

いやね
まもなく着きますって ほら

さっき連絡きたんだけどな。
(携帯のバイブ音)

4人分 割り勘で。

ちょっと待ってよ。
帰ります。

楽しい宴だったね。

寿乃ちゃん 連絡先
聞いてもいいかな?
はい。

はい。

ありがとう。

あ アイコン可愛い。

いやいや 普通ですよ。

でも 本人の方が もっと可愛い。

え?

宮田の旦那のこと
気になってるんだね。

そんなんじゃ…。

いいじゃないか。
そういう気持ちがあるから

毎日が華やぐんだよ。

いい顔してるね。

もっと慎重にいった方が
いいんじゃない?

可愛いとか 簡単に言う男
ろくな奴いねえから。

なんか見ていたような
言い方するね。

例えばだよ 例えばの話。

蔵地の旦那は
少し慎重すぎなんじゃないかい?

え?
鉄は熱いうちに打てと
言うだろ。

そんなに慎重じゃ

せっかく熱くなった
相手の気持ちも冷めてしまう。

《それは まずい…》

♬~

《春日さん
コーヒー 配達に来たよ。

俺とコーヒー どっちが好き?

って 完全にヤバい奴じゃん!》

君 ちょっといいかな?

俺に 壁ドン?

仙夏さんのことで相談があるんだ。

仙夏の?

マッチングアプリを始めたり
合コンに行ったり

全然 振り向く気がしない。

一体どうすればいいと思う?

鳥居社長も
そういうので悩むんですね。

あっ すいません。
俺の辞書に

悩むなんて文字はないから
悩みじゃなくて

ベストを尽くそうとしているんだ。

あいつ 江戸時代が好きだから

そういうの意識すれば
いいんじゃないですか?

江戸か…なるほど。

(電話の呼出音)
(鳥居)秋山

江戸に関する書物 集めてくれ。
東京中から すべて!頼んだぞ。

なんで そんな仙夏のことが
好きなんですか?

彼女ほど面白い人間は
他にいない。

笑うのも怒るのも
常に一生懸命だ。

全力で生きている。

俺が出会った すべての女性の中で
最も魅力的だ。

しかし 彼女はいつも

俺に 直さんっていう
別の男を感じてる…。

俺は鳥居直樹として
彼女を振り向かせる。

そう決めたんだ。

なんで社長と話してんのよ。

最近さ
春日さん なんか怖いよ。

え…そうですか?
普通ですよ。
うん。

ほんと?
うん!

あ~。

あ~。

《結局 春日さんと
会えなかった…。

せめて メッセージを送りたい。

恋愛の神様 俺に力を!》

なんだい 揃いも揃って
木札なんか見て。

何か あったのかい?

宮田さんに どんなメッセージを
送ればいいかなぁって…。

そんなことかい。

江戸にはね
『女用文忍草』っていう

本があってね。
恋文の送り方が書かれてるんだよ。

聞いたことある。色んなテクニックが
書かれてるんだよね。

《何 その本!?
俺も詳しく聞きたい》

その本にはね…。

…と書いてあってね
まあ つまり

すぐには返事をしない
ということだね。

男は追われると
距離を取りたくなるものだから。

少し時間を置くんだよ。

そういうテクニック
今の時代でも聞いたことあるかも。

実践してみる。

うん。
他には?

文章に 自分の口紅や
香りを移すのもいいだろうね。

そうか!

木札にやっても無理だろうね。

(足音)

はぁ…仙夏さんのおかげで

明日 ピクニック…
いやいや えっと

物見遊山することになったの!
物見遊山?よかったじゃないか!

でも どうなるか
わかんないけど。

どうなるか わからないから
恋は楽しいんじゃないか。

楽しんできな。
そっか…そうだよね?

でも 物見遊山って
何 持ってけばいいんだろう。

今の時期は鳩酒じゃないか。

はとざけ?

鳩の毛をむしり
丸ごと酒で煮る。

ものすごく温かいよ。

うん 大丈夫かな。
ん?大丈夫って?

寿乃 鳩酒はいいのかい?

公園にいたから
アタシが とってこようか?

今回は おにぎりにしておく。

おにぎり?いいねぇ!

アタシは吉原で おにぎりの仙夏と
呼ばれていたんだよ。

手伝おうか。
大丈夫。

これは自分で作りたいから。

恋だねぇ。

そうなのかな…
なんか わかんないんだけどさ

こういう気持ちって

楽しいなぁって…思うの。
うん。

あんたの初恋
陰ながら応援しているよ。
ありがとう。

何でデートの後つけんだよ。

陰ながら応援するって
言っちまったんだよ。

ほんとに陰ながら
見ていくつもりかよ。

この匂いは…。
何?

鳩酒だねぇ。
鳩酒?

今の時代も
物見遊山には鳩酒なんだね。
はと?

あ~っ!やはり寒い日は

鳩酒に限るなぁ!
はははは…。

今の時代
誰が鳩酒なんか飲むんだよ。

でも この匂いは
鳩酒なんだけどねぇ。

顔 隠して。

(宮田)お~。

わざわざ作ってくれたの?
こういうの 初めて作るんで

おいしいかどうか
わかんないですけど。

じゃあ いただきます。

うっ!
えっ 大丈夫ですか?

えっ…。
うまい。

驚かさないでください。

びっくりした。
ごめん ごめん。

あ こういうふうに

海苔巻きおにぎりができたのって
江戸時代からなんだよね。

確か元禄の頃からアサクサノリの
養殖が始まって

ご飯粒が手につかないようにって
海苔を巻いたんですよね。

そうそう。
(寿乃)アハハ…。

寿乃ちゃんって

俺の運命の人かも。

え?

こうやって 江戸の話できたの
初めてだからさ。

それは私もです。フフ…。

順調じゃないか。
うん…。

蔵地の旦那は どうだったんだい?
何のこと?

きのう 泉美に木札で
恋文 送ろうとしてただろ?

送れなかったんだよ。
どうして?

今までさ 女の子と

近い関係に
なったことなかったから

どうしていいのか
分かんなくて。

正直さ ちょっとだけ
怖いんだよ。

みんな一緒だよ。

寿乃もアタシも

みんな怖いんだ。

相手に嫌われるかもしれない
失敗するかもしれない

でも その先にしか
本当の幸せはないから。

恋ってのは おびえながらも

大胆に前に進むしかないんだよ。

そうだよな。

仙夏は どうなんだよ。

鳥居社長のこと。

アタシは…
いずれ江戸に戻るから。

こっちで
そういう思い出作ったって

別れが悲しくなるだけだろ?

お前こそ
怖がってるだけじゃないの?

「わっちは置かれた場所で
咲き誇る」だろ?

もっとさ
今しかできない過ごし方を

するべきなんじゃない?

あれ?

見失った。
はぁ…。

はぁ…蔵地の旦那が
しっかり見張っててくれないから。

俺のせいかよ。
仙夏の顔が邪魔なんだって。

もっと顔をな こうやって

こうやって こうやって
よけてくれれば

俺だって確認できたのに。
そんなこと…。

♬~

落ち着きなよ。

アタシ達が心配したって
何の意味もないんだから。

お前に言われたくねぇよ。
全部 こぼしてんだよ。

口に入ってねぇだろ?
入ってるよ。

ただいま~。
寿乃!

あのあと どうだったんだい!?
あのあと?

細かいことは いいから。
どうだったんだい?

告白されて
付き合うことに なりました~!

めでたい めでたい。
祝いの舞を踊らないとね。

舞は いいから。
ちょっと早すぎるんじゃない?

1回目のデートで
告白なんてさ。

いや!絶対 早すぎる。

やっぱり告白っていうのは
何年も何年も熟成させて…。

そんなに熟成したら
腐っちまうよ。

私も まさか
告白されるとは思ってなくて

驚いちゃったけど
まあ 素敵な人だし

いいかな~って。

恋っていうのは 火がつくと

すぐに燃え上がるものなのさ!

陰ながら…フフッ…。

これからは表立って
応援するよ!

やった…イエーイ…イエーイ!
どうした?

楽しそうだな。何かあった?

な 何もないよ。
そうか。

何もないのが 一番だよな。
うん。

あ~ また お父さん
靴下脱ぎっぱなし。

洗濯かごに入れてって。
あぁ…ごめん。

まっ 今日は私が入れておくけど。
今度からは気を付けてね~。

え?

何か今日 怖いぐらい優しいな。

♬~

(寿乃)仙夏さん 1つだけ
お願いがあるんだけど…。

何だい?
彼のための贈り物 探すの

手伝ってほしいな~って。

いいねぇ。アタシに任せな。

(寿乃)ありがとうございます!
いいんだよ。

あ~ 何で俺まで。
いいじゃないか。

どうせ暇だろ?
決めつけんなよ。まあ暇だけど。

贈り物は何がいいかな?
刀がいいだろうね。

そんなもん 誰が喜ぶんだよ。

うわ!すぐ近くにいた。えっ 怖!

何を贈るか決まっているのかい?

仕事で使えるものとかが
いいかな。

う~ん じゃあ しめ縄だね。
しめ縄?

うん。

あ 宮田さん。
(宮田晴太)パパー!

お父さん 江戸戦隊の
変身ベルト欲しい。

あいつ 結婚してるのか?

密通か…粋じゃないねぇ。

いないな。

おっ びっくりした。

寿乃は?

上の押し入れに こもりきり。

何か あった?

いや…。

(携帯のバイブ音)

もしもし…。

降りてこないな。

おはよう。
おはよう!

大丈夫か?
うん。

まぁ…。
いただきます。

あんな…男よりさ

もっといい奴
たくさんいるから。

あ 何だったら
カフェの大河内とか…。

私 別れないよ。
え?

(寿乃)きのう 宮田さんから
電話かかってきて話したの。

私のこと本気で好きって
言ってくれたから。

奥さんのことは?
いずれ別れるって。

いずれって いつだよ!?

不倫する男は
みんな そう言うんだよ。

家族といるとこ見ただろ?

あれは絶対 別れる気は ないね。

あんなクソみてぇな男と
会わないほうがいい…。
ほっといてよ!

別れないって決めてんだから
もう 口出さないで!

あんたは ちゃんと
覚悟できてるのかい?

2番目の女になる覚悟は
できてるのかい?

(寿乃)
2番目の女で何が悪いのよ。

本気で好きでいてくれるんだから
それでいいじゃん。

仙夏さんは いいよね。
直次郎さんみたいな人に

好きになってもらえて。
一番 愛してもらって。

もう 私のことは ほっといて。

仙夏さんなんかに
私の気持ちなんて分かんないから。

♬~

お待たせしました。
あぁ…。

ごめん あの 急きょ 仕事で
帰らないといけなくなっちゃって。

はい。
(宮田)ごめんね。

何 見てるんだい?

寿乃の写真。
整理してたら出てきて。

(雄彦)
この頃から
江戸時代のことが好きでね。

かわいかったな~。
そう。

最近 寿乃
何か悩んでるだろ?

母親が早くに死んで

子どもの頃から 大人に
ならざるをえなくなったから。

全然 弱音 吐かなくてね。

そうだったんだね。

こういう時 いつも

父親じゃなくて
母親がいればなぁと思うよ。

でも 仙夏ちゃんが来てくれて
ほんと よかった。

妹みたいな立場になれて

久しぶりに子どもっぽく
できるようになったから。

この前の仙夏ちゃんの
相撲とか

ああいう姿 初めて見たよ フフ…。

あの男と逢引するのかい?

逢引する前に

ちょっと アタシに
付き合ってもらってもいいかい?

何?ここ。

あいつのところに行くなら
アタシを倒してから行きな。

なんで 仙夏さんを?

江戸だと 密通は死罪だよ。

そんくらいの覚悟がないと

密通は 続けられないんだよ。

今は 令和だから…バカバカしい。

大した覚悟がないってことだね?

だから そうやって逃げるんだね?

逃げてないから。
逃げてるじゃないか。

アタシからも
自分の気持ちからも。

もう邪魔しないでよ!

ほんとに好きなのかい?

好きだよ!

そのくらいの覚悟じゃ

アタシのことは倒せないよ。

好きだから!

それは 本音なのかい?

そりゃ 既婚者だから
不安もあるけど

でも 宮田さんは
やっぱり特別な人だし

私のこと 大切にしてくれるし
別れたくない!

ほんとに
大切にしてくれるのかい?

心の臓の奥にある気持ちは

どう思ってるんだい?

♬~

何でだよ!

何で 私の初恋の相手
既婚者なんだよ。

ふざけんな!
ふざけんな!ふざけんな!

うぅ…何で 私が

こんな目に…

くそ野郎!!

♬~

どうしたいか 後は 自分で考えな。

大丈夫?

はい。

私 宮田さんのこと
好きです。

どうしたの?急に。

そうやって言ってくれて
すごい嬉しい。

別れてください。

え?
私と別れてください。

俺のこと 好きなんでしょ?

はい。
ならさ…。

私 やっぱり一番になりたくて。

仙夏さんが 直次郎さんのこと

ずっと好きだったみたいに。

俊ちゃんが 泉美さんのこと

ずっと好きみたいに…

私も そういう初恋したいなって。

そういう恋できるか
わかんないですけど…

でも 仙夏さんみたいに胸張って

初恋を話せる自分でいたいから…。

すいません。

さようなら。

♬~

♬~

よく我慢したね。

よく涙を こらえたね。

♬~

♬~

やっぱり好きだったなぁって…。

あぁ…。

でも こんな恋じゃダメだから。

仙夏さんみたいな
恋してみたかったから。

そうかい。

私も 仙夏さんみたいな恋
できるかな?

できるに決まってるじゃないか。

あんたは アタシの妹だよ。

♬~

アタシよりも幸せになるんだよ。

♬~

ありがとな 寿乃のこと。

礼なんて いらないよ。

次は あんたの番なんじゃ
ないかい?

心の臓の奥にあるもの

吐き出さないと腐っちまうよ。

♬~

よっ。
よっ。

この辺りに座っていただいても
よろしいでしょうか?

何 そのよそよそしい言い方。

こんなに お菓子を買っても
よかったのかい?

いいの いいの
こたつで食べよ。
やったねぇ。

敵襲だ!寿乃 先に行ってな!

え 敵!?

なんだ 矢文か…。

一体 誰だい?

確か この席だったよね。

ん?

半年前 この店で再会した時

そこに座ってた。

あ~ そうだったかも。

でも 驚いたよね。

まさか こんな近くで
働いてたなんて。

実は 俺 最初

春日さんとの再会 喜べなかった。

なんで?

春日さん キラキラしてるから。

それに比べて 俺は

フリーターだし 目標もないし

胸張って
向き合う自信がなかったから。

♬~

蔵地君から 江戸を
意識するといいと聞いて

弓矢教室に通ったんだ。

変わったことをするんだねぇ。

俺だって困惑している 正直。

こんな方法で 自分の気持ちが
うまく伝わるはずがない。

自分でも分かっている。

でも こうするしかなかった。

こんなこと 初めてなんだ。

君の前で
どう振るまっていいのか

どう声をかけていいのか
まったく分からない。

でも…

今は あん時とは違う。

高校時代から 10年経って

色んなことが変わったけど
10年経っても

たったひとつ 自分の中で

変わらないことがあるって
気づけたから。

♬~

春日さん…

好きです。

10年前も 今も

いや…あの 今は もっと強く

はっきりと自信を持って

春日さんのことが 大…。
これ以上

言わなくていいから。

えっ?

でも…

ひとつだけ

分かってることがある。

俺 あんたのことが…。

あんたのことが…。

その気持ち…

口にしなくて いいよ。

♬~

♬~

♬~

♬~