「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。」戦う花魁、走る厨二病男…切なき恋[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。」戦う花魁、走る厨二病男…切なき恋[字][デ]

江戸の花魁・仙夏(岡田結実)が東京に舞い降りる!草食男子・蔵地(葉山奨之)と同居し、令和男子たちを恋の渦に巻き込み、現代女性にそっと寄り添う「粋キュン」恋物語!

出演者
仙夏…岡田結実
蔵地俊輔…葉山奨之
春日泉美…吉谷彩子

岩佐長兵衛…一ノ瀬颯
蔵地寿乃…山口まゆ
森谷香澄…藤江萌
大河内拓馬…中本大賀(円神)
松野隆二…森田甘路

鳥居直樹…前田公輝

蔵地雄彦…田中直樹(ココリコ)

【第8話ゲスト】
蔵地幸春…手塚とおる
番組内容
仙夏(岡田結実)は「お前は蔵地(葉山奨之)が好きだ」と鳥居(前田公輝)に指摘され、戸惑いを隠せないでいた。そんな中、カフェ“蔵”に蔵地の父で不動産会社社長の幸春(手塚とおる)がやってくる。カフェに土地を貸している幸春は、赤字を理由に立ち退きを命じるが、仙夏は反発。「売上げを倍にすれば店を続けてもいい」という約束を取り付ける。一方で蔵地は泉美(吉谷彩子)からかつての夢だったイラストの仕事を依頼され…
原作・脚本
【原作】
江戸キリエ「江戸モアゼル」(幻冬舎コミックス)
音楽
兼松衆ほか
【主題歌】
「Say Your Name」円神(nonagon records/UNIVERSAL SIGMA)
制作
【脚本】
政池洋佑
【P・監督】
汐口武史
【チーフプロデューサー】
岡本浩一
【プロデューサー】
斎木綾乃
森安彩
関本純一
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/edomoiselle/
番組公式SNS
【Twitter】
@edomoiselle_ytv
【Instagram】
@edomoiselle_ytv
【LINE ID】
https://lin.ee/2k4Y62F

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 仙夏
  2. アタシ
  3. 蔵地君
  4. 旦那
  5. 蔵地
  6. 泉美
  7. 頑張
  8. カフェ
  9. 香澄
  10. 仕事
  11. 自分
  12. 鳥居
  13. イラスト
  14. 今日
  15. 松野
  16. 大丈夫
  17. 長兵衛
  18. 結果
  19. 江戸
  20. 親父

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥990 (2021/09/17 21:35:32時点 Amazon調べ-詳細)

(仙夏)アタシは
江戸から来た花魁さ。

(長兵衛)拙者 お仙を
連れて帰るために

江戸から参った。
(蔵地雄彦)いつの間にか

大きくなってたんだな
仙夏ちゃんの存在。

(鳥居)そういう中途半端な
態度をとるから

春日さんを
不安にさせるんじゃないのか?

自分の意思を はっきり表せよ。

もう蔵地の旦那に
世話になるわけにはいかないし。

(鳥居)なんで今頃になって
気づくんだ。

(泉美)蔵地君の家を出るように
仕向けたのも私。

仙夏さんに 蔵地君を
取らないでって言ったの。

(蔵地俊輔)ちゃんと 春日さん
だけを見るから。

(鳥居)お前は…

蔵地が好きなんだ。

おやすみでありんす。
おやすみ~…って

何やってんだよ!

見ればわかるだろ。アタシは
今日からここに住むんだよ。

いや ここに住むって…。
うちに帰ればいいだろ。

なんだよ…。

(泉美)その気がないなら
近づかないでください。

蔵地君のこと
取らないでください!

(泉美)こんばんは。
あれ 春日さん
もう仕事終わったの?

(泉美)うん。ごめんね
遅くなっちゃって。
ううん

ちょうど今 片付け
終わったから…よし!

♬~

こうでござるか?
お~!いいじゃないか。

お~ いいでござるか?
いいじゃないか。

はやく畳んでおくれ。

(香澄)キュンでしょ。

おじさんが店にいるなんて
珍しいね。

(雄彦)今日はいないと
怒られそうだから。
どういうこと?

いらっしゃいま…。

(蔵地幸春)ブレンドをくれ。

(香澄)あの人 どっかで
見たことあるんだけど。

(大河内)
確か 日本の不動産王って
呼ばれてるカリスマ社長ですよ。

(松野)
俺のことヘッドハンティングしに
来たのかな。

松野さんの何の要素を
ハンティングするんですか?

♬~

普通だな。

コーヒーだけじゃない。店の内装も
店員の接客も…すべて普通だ。

親父 何しに来たんだよ。

え 蔵地君のお父さん?

今月末までに この店を立ち退け。

うちの土地で何年
赤字を垂れ流せば気が済むんだ。

ハッ…もう限界だ。

いや ちょっと待ってくれよ。
そんな急に言われても。

黙れ!結果を出せない人間に

意見を言う資格などない。

♬~

お前はここで何してる?
何って…。

イラストレーターの夢を
叶えたい。

俺にそう頭を下げて
会社を辞めたよな。

辞めさせてください

(幸春)イラストの仕事はせず
カフェでバイトか…。

逃げ続けた人間の末路だな。

ん?とにかく今月末までに
この店を明け渡してくれ。

ちょっと待ちな。

何なんですか あんた。

アタシは ここからどかないよ。

店の立ち退きは
決定事項ですから。

勝手に話を進めるんじゃないよ。

アタシは ここで
咲き誇るって決めてるんだよ。

咲き誇る前に結果を出せよ。

俺だって ここの売り上げが
倍になったら何も文句はないさ。

まあ お前たちに
倍は無理だろうがな。

ハハ…。
じゃあ やってやろうじゃないか。

正気か?
正気だよ。

仙夏の巻物に
不可能の文字はないんだよ!

♬~

絶対に売り上げを倍に 倍がえ…!

つ~か なんで
帰ってきてんだよ。

今は店の窮地だよ。
こういう時は寝食をともにして

一致団結してやらないと
いけないからね。

まぁ いいけど。
それより

蔵地の親父さんは
どんな人なんだい?

どんな人って…。

(蔵地寿乃)学校の成績が悪いと
お年玉くれない人。

座右の銘は
努力なくして成功なし。

努力しない人間は
すぐに切り捨てる。

で 俺はその
切り捨てられた人間ね。

親父の話は もういいよ。

俊ちゃん 会社辞めてから

一回もお父さんと
連絡してないみたい。

今回の一件で
また関係がこじれそうだなぁ。

なんで捨てられないんだろ…。

秋山さん
コーヒーはいかがですか?
(秋山)おう…。

え いいの?ありがとう。

いつも世話になってるから
いつもの倍入れとくよ。

あ~助かるねぇ。
あとホットサンドも
持ってきたんだ。

これも いつもの倍入れとく。
ボリューム満点だ いいじゃない。

料金も いつもの倍
3000円でありんす。

え 倍?え…
サービスじゃないの?

そんなわけないだろ。量も倍に
なったんだから 料金も倍だよ。

倍…。
はい 自分でやっておくれ。

自分でやっておくれ…。
そして3000円おくれ。

3000円おくれ?3000…。

鳥居の旦那。

元気でやってるか。
ああ。

店が立ち退きに
あいそうなんだって?

蔵地社長は 一度決めたことは
絶対に覆さないで有名だけど

大丈夫か?
知り合いなのかい?

今ちょうど協業の話が出てる。

俺から一言 言っておこうか。

お断りだよ。売り上げを
倍にするって約束したんだ。

だからアタシも正々堂々と
結果を出すんだよ。

毎度あり~!
さすが俺が惚れた女だ。

毎度ありって…2倍っすよ。

なぜ4倍買わない!?
え…。

このペースじゃ
売り上げ倍は到底無理だな。

松野の旦那
料理の提供時間が遅い。

店の回転率を上げるには
あと20秒は時間短縮しないとね。
え?

早く。
(大河内)ありがとうございました。

なんで名刺を交換しないんだい?

今ここで人脈を広げて
売り上げを拡大させないと。

サラリーマンじゃないんだから。

ちょっと あんた!
あんたの掃除は ちゃんと

イノベーションできてるのかい?
は?

お客様のニーズに
ちゃんと答えられないと

マネタイズはできないんだよ。
全然何言ってるかわかんないから。

だって…
この本に書いてあったんだよ。

こんな本 参考にすんな!

そもそもカフェの本じゃないから。
そんな頑張る必要ある?

え?
(香澄)私 この店自体に
そこまで思い入れないから。

つぶれたとしても
別のバイト探せばいいじゃん?

香澄…。
俺も。最近
家庭教師のバイト始めて

そっちの方が時給いいんで。
実は俺も今

他の店からバリスタとして
声がかかってるんだよね。

あんたら裏切るのかい?

ま 仕方ないよ。
みんなにも生活があるんだし。

2人で頑張ろう。

そうだ…蔵地の旦那

引き札の絵を描いてくれないか?
引き札?

蔵地の旦那に 絵を描いてほしい。

(鳥居)やり直し。イラストが
まったく魅力的じゃない。

そんなんで他社の提案に
勝てるわけないだろ。

すいません!ただ お言葉ですが

江戸に詳しいイラストレーターが
なかなかいなくて…。

言い訳はいい。
早く探せ 江戸に詳しい人間を。

はい。
1人います。

東京で一番 江戸時代に
ふれ合ってるイラストレーターが。

(鳥居)人選は君に任せた。
はい!

え!俺の絵で大丈夫かな…。

大丈夫すぎるよ!
それに いいタイミングかなって。

蔵地君も ずっとバイト続けてる
わけにはいかないでしょ?

なら この機会に
イラストの仕事に

挑戦するのも いいのかなって…。

私も 最大限に
バックアップするから。

うん せっかくだし やってみるよ。

ほんとに?ほんと?やった!

蔵地君なら絶対いけるから。

一緒に頑張ろう!
うん。

うん。フフ…よかったよ~。

(寿乃)
これまでにわかった条件は3つ。

1つ目は
大八車に乗っていること。

2つ目は地面に
足がついていない状態ってこと。

3つ目は
空に満月が出ているってこと。

寿乃には頭が上がらぬな。

寿乃の支えがなければ ここまで
行き着くことはできなかった。

ありがとう。
そんな 私なんて。

寿乃 何か
困ったことが起きた時は

拙者を呼べ。拙者が助けてやる。

長兵衛さんは
江戸に帰っちゃうじゃん。

どんな手段を使ってでも
必ず江戸から駆けつける。

それだけ寿乃には
世話になったからな。

また帰れなくなったら
どうする気?

その時は もう一回
一緒に帰り方を探ってくれ。

♬~

早速 描いてるねぇ。
楽しみだね。

♬~

あれ?
今日 みんなは どうしたんだい?

み~んな休みだって。

アタシが舞を踊って
2倍 客を引き寄せようかね。

あ そういう店じゃないんで
大丈夫です。

(ドアが開く音)

いらっしゃいませ。何名様…。

親父…何しに来たんだよ。
まだ月末じゃないだろ。

ここに新しいマンションを建てる
計画が出てきてな。

見学させてもらうぞ。おい。
はい。

いや ちょ…
勝手なことすんなよ。

お前 いつまでフリーター
みたいなこと やってるんだ。

今年で26歳 中途半端な生き方

そろそろ やめたほうが
いいんじゃないか。

今 イラストの仕事
やってるから…。
あ?

イラストの仕事が来て
そっち今 頑張ってるから。
いらすと…。

このカフェは どうするつもりだ?

こっちも ちゃんと結果を出すよ。
はははは…。

こっちがダメだったら あっち。

一度ダメだったイラストの仕事
うまくいくと思うのか?

結果が出なかったら
必ず立ち退いてもらうからな。

♬~

(ドアが閉まる音)
蔵地の旦那。

絵を描くこと 再開したのか?

うん まあ 実はね。
店には迷惑かけないから。

よかったじゃないか。
え?

アタシは蔵地の絵が好きだ。

だから そっちも頑張りな。

おう。

蔵地君
引き受けてくれたみたいだな。

はい。そうなんです。

プレゼン 勝てそうか?
必ず勝ちます。

君が そこまで
強い意志を示すの珍しいな。

私 絶対 蔵地君の夢を
叶えたいんです。

そうすれば 2人の絆が
もっと強くなると思うから。

あ…でも鳥居社長 こういう
私情挟むの嫌いでしたよね。

挟めるだけ挟めばいい。
え?

結果さえ出せば
俺は何も言わない。

ありがとうございます。

よし!

蔵地君も ずっとバイト続けてる
わけにはいかないでしょ

中途半端な生き方

そろそろ やめたほうが
いいんじゃないか

くそ!

さて アタシも頑張ろうかね。
何してんの?

引き札の絵を描くんだよ。

それは 俺が描くって。
いいんだよ アタシに任せれば。

そのかわり あんたは
そっちに集中したら。

仙夏 絵描けんのかよ?

ここを こうやって…
あ こうやって。

こっちのほうがいいかもね…。

できた。

どうだ?これ。

こんだけ時間かけて これかよ。
下手くそすぎんだろ。

下手でもいいじゃないか。

こういうのは
楽しみながら描くのがいいんだよ。

お店のことは アタシに任せな。

あんたは そっちで 咲き誇りな。

そうだよな。

もっと いいのができたよ。

ジャジャーン!

え いやいや…
さっきと全然 変わんないから。

蔵地の旦那の顔だよ。
嘘でしょ?

え?
あのね

人の顔を描くときは

こうやって…。
ふふふふ…。

俺の顔だよ。
すごい。

♬~

うん すごくいい。
本当?

うん。お世辞抜きにいい。
ちゃんと江戸っぽさも出てるし

何より楽しんで描いたっていう
感じが伝わってくる。

楽しんでは描けたかな。

よし。これなら自信持って
プレゼンできそう。

ありがとね。

すみません。
はい はい。

このテーブル
拭いてもらっていいですか?
少々お待ちを。

≪すいません≫
は~い。

こんな ちゃんと働くの
人生で久しぶりだな。

温かいカフェラテの
Lサイズください。

わかった。
蔵地の旦那 温かいカフェラテ…。

♬~

蔵地君 聞いて!
なに?

蔵地君のイラスト
最終プレゼンに残ったの。

マジで?
すごいよ!

私の目に狂いはなかった。

あ 明日までに
直してほしいところあるから

お願いできるかな?
もちろん!

♬~

もう 頑張りすぎなんだって。

♬~

♬~

お仙。

ありがとう こんな夜遅くまで。

大丈夫。
私も隣で一緒に資料作るから。

あ~っ!

えっ こんな時間に掃除?

なんか
汚れが気になっちまってね。

何で仙夏ちゃんは 店のために
そんなに頑張ってくれんの?

うん…。

そんなに頑張ってるつもりは
ないんだけどね。

アタシは この店が好きなんだ。

お調子者の松野の旦那

いつも明るい香澄
頭のキレる大河内

困ってるお客さんに
真っ先に気付ける蔵地の旦那。

最高の布陣じゃないか。

何で春日さんは こんなに
俺のこと応援してくれるの?

カフェで再会した頃の私
覚えてる?

私 追い込まれてて あんまり
笑ってなかったと思うんだ。

でも蔵地君のおかげで
自分の仕事で笑えるようになった。

すごく感謝してる。

今でも思い出すよ。

蔵地の旦那が店のこと
いろいろ教えてくれたこと。

アタシは これからも
蔵地の旦那の隣で

いろいろ教えてもらいたい。

蔵地君が
私を思い続けてくれたこと。

すっごく うれしかった。

あぁ 誰かが
自分の人生を見てくれてる。

そう思ったら すごい
頑張ろうって思えたんだよね。

ごめん 私 なんか恥ずかしいこと
言ってるよね。

飲み物 取ってくる。

いや…。

全然 恥ずかしいこと
言ってないよ。

俺も 春日さんがいて
すごい頑張れたから。

♬~

なんか こうしたくなっちゃった。

♬~

俊輔のイラスト
仕事 軌道に乗ったら

一緒に働けなくなるかもよ。

一緒に働けなくなっても

この店があれば
思い出は ずっと残るだろ。

だからアタシは この店を守る。

(アラーム音)

あれ…。
(アラーム音)

アラームかけてた ごめん。

こんな時間にかける?
ごめん。

よし!じゃあ 今度こそ
飲み物 取ってくるね。

(ドアの開閉音)

ごめんね 専門用語で。
(泉美)ははは…。

えっと この赤が…。
(泉美)何だっけ?

赤の21番。
(泉美)赤の21番。ははは…。

(泉美)何だっけ?
まあ でも多分…。

は?なんで親父が。

(泉美)今 鳥居社長と協業の話が
進んでるみたい。

こんなところで何をしてんだ。

何って
イラスト描いてんだよ。

ふ~ん。

フッ これが お前の絵か。

蔵地社長 お待たせしました。

鳥居社長 うちの息子
よろしくお願いします。

(鳥居)はい もちろんです。

私が こう言ったら
鳥居さんは断れないか。

失礼しました。ハハハ…。

結局 俺のさじ加減一つなんだよ。

お前自身も逃げ場があると
思ってんだろ?

最終的には うちの会社に
来ればいいって。

あ~ そうだ。東北に
うちの新しい子会社ができたんだ。

今の仕事がダメんなったら

そこで働かせてやってもいいぞ。
ん?どうする?

なぁ どうする?
ちょっと待ちな。

また あなたですか?

あんたが強い人間だってのは
よく わかった。

旦那が弱いのも よく知ってる。

ただね 蔵地の旦那は弱い分

弱い人の気持ちが
よくわかるんだよ。

だからアタシが
こっちに来た時…。
ハハハ…。

くだらない。
そんな生き方してきたから

こいつは ず~っと
うだつが上がらないんだ。

お前自身が迷ってるから

イラストとカフェ
両方やろうとしてんだろ。

鳥居社長 行きましょうか。
(鳥居)どうぞ。

蔵地君 プレゼンで おさえたい所
伝えといていいかな?

♬~

すいません!

はい…。
頼んだアイスコーヒー
来てないんですけど。

すみません。
今 お待ちします。

これ どんな味なんだろう?

長兵衛 何してるんだい。
さっさと仕事しな!

すまぬ!

長兵衛 何やってんだ!
あんた やる気あんのかい!?

ないなら出ていきな!

申し訳ない。

♬~

仙夏さん どうかしたの?

長兵衛に八つ当たりしちまってね。

仙夏さん。好きな人に
好きな人がいる時 どうする?

寿乃…
好きな人でも できたのかい?

あ いや…私の話じゃなくて。

あ 友達から そう相談されて。

仙夏さんなら どうするかなって。

相手の恋を応援するだろうね。

好きな人には誰よりも
幸せになって欲しいから。

相手の恋が成就するのが

一番幸せな結末だろ。

絶対うそ。

そんなの
ただの きれい事だから。

好きな人に好きな人がいる時

そんな風に考えられないから。

もっと苦しくて切なくて

本当は
自分のこと見て欲しいのに

相手は別の人を…

だから 胸が痛い。

そういうもんなんじゃないの?

仙夏さんは胸の痛み
感じたことない?

感じてるさ。

感じて…感じて
胸が張り裂けそうになってるよ。

どうしていつも隣にいたのに

今は私の横に いないんだ

どうして違う人の隣で
笑ってるんだって。

どうすれば いいんだい。
この気持ちどうすればいいんだよ。

仙夏さん もしかして。
言わないでおくれ これ以上。

この気持ち…

あふれてしまうから。

あれま 珍しい服着てるねぇ。

大事なプレゼンだからな。

それより…そっちは大丈夫か?

大丈夫に決まってるだろ。

アタシは
不可能を可能にする女だよ。

その感じ 安心した。

(携帯のバイブ音)

はい もしもし。

うん もう準備できたから
は~い。

そういえば仙夏…。
泉美が待ってるだろ。

さっさと行きな。
あ うん。

アタシもいざ 決戦の舞台へ。

♬~

(雄彦)今月 倍の
売り上げを達成するには

今日 30万の売り上げが
必要か~。

なかなか厳しいでござるな。

後ろ向きなこと
言ってんじゃないよ。

みんなで
達成してやろうじゃないか。

おう!
おう!

♬~

(泉美)蔵地君 蔵地君
落ち着いて。

うん。
今日は頑張ろうね。

頑張る…。

大丈夫。
この作品があれば

必ずプレゼン勝てると思う。

♬~

今日は寒いから あまり人が
外に出ていないでござるな。

このままじゃ まずいな~。

あ…アタシ
外で呼び込みしてくるよ。

うぇ~い!
へ~い。

いらっしゃい…。

友達 連れてきた。

香澄…。

あ テキーラ あります?
俺 ウォッカ。

あぁ…どうぞ。どうぞ こちらに。

(香澄)どうぞ どうぞ。楽しんで。

それから この2人も。

あんたら
戻ってきてくれるのかい?

正直 この店自体に
そんな思い入れはないけど

この店で働くみんなのことは
大好きだから。

俺も最後くらいは
役に立ちたいなって。

向こうの店
時給5000円だったけど

断ってきた。
え?それは
もったいなくない?

え?
松野さんは そっちの仕事の方が
いいと思いますよ。

(松野)え?マジで?

仙夏ちゃん!?仙夏ちゃん!?

お仙!お仙!
仙夏ちゃん!?

仙夏ちゃん!?
(長兵衛)お仙!

(携帯のバイブ音)
ちょっと ごめん。

うん。
(携帯のバイブ音)

はい もしもし。

え?仙夏が?

(泉美)
蔵地君 最終プレゼンの内容

もう1回 確認しておこうか。
先方が求めて…。

お店のことはアタシに任せな

(泉美)わかりやすさで まあ
基本的な方向性は…。

あんたはそっちで
咲き誇りな

(泉美)熱意があれば
何でも伝わるかな…。

蔵地の旦那は弱い分

弱い人の気持ちが
よくわかるんだよ

(泉美)蔵地君?

ごめん。
え?

俺 行かないと。
どういうこと?

カフェに戻らないと。

ちょっと待って!

仙夏さんのため?

行ったら全部 終わりだよ?

ねぇ 終わりだよ?

終わっても いいの?

今 行かないと
きっと後悔する。

♬~

仙夏 お前 大丈夫か?

どうして あんたが ここに?
いいから 寝てろ。

お前が倒れたら

俺が困んだよ。

あとは任せろ。

うん…。

これ。

さっき渡せなかったから。
これは…。

約束したやつ 作ったんだ。

よし!

♬~

カフェ 藏です。
よろしくお願いします。

カフェ 藏です。
よろしくお願いします。

カフェ 藏です。すいません。
よろしくお願いします。

え かわいい。
へぇ~。

面白そうだし行ってみるか。
うん。

ありがとうございます!

ありがとうございました。

(一同)ありがとうございました。

(ドアの開閉音)
よし。

27 28…。

これは 目標の30万円
いったんじゃないの~?

29万4000円…。

あぁ…2倍は達成できずか。

アタシのせいだ。

アタシが 途中で
倒れたりなんかしちまったから。

いや 諦めるのは まだ早い。

え?

まだ間に合う。

いや 間に合わせる。

(ドアが開く音)

(ドアが閉まる音)

親父 ちょっといいかな。
何の用だ。

親父の言うことは
何でも聞きます。

親父の言った通り
東北にある子会社で

一生懸命 働きます。

他にやれっていうことが
あったなら

それも 全力でやります。

だから…

あの店を潰さないでほしい。

そこまでして なぜあの店を守る?

ある人が気づかせてくれたんだよ。

自分の人生は

自分の力で
咲かせないとダメだって。

最初は 失敗もしたし
ケンカもたくさんした。

でもさ…

それ以上に
いっぱい笑ったんだよ。

自分にとっても

その人にとっても

カフェのみんなにとっても

あの場所は
大切な居場所なんだよ。

どうか…

あのカフェを
潰さないでください。

(ドアが開く音)

粋じゃないねぇ。

何で ここに?

蔵地の旦那…

アタシは あんたがいなきゃ
嫌なんだよ。

あんたが あの店から
いなくなるのが嫌なんだ。

あんたのおかげで

アタシは笑えてるんだ。

あんたが隣にいてくれるから

あの店が

アタシの居場所になるんだよ。

仙夏…。

相変わらず甘いな。

つくづく甘い。

そんな考えだから
結果が出ないんだ。

お前みたいな人間
うちには必要ない。

あの土地も お前にくれてやる。

あんな客が入らない場所

所有していても仕方がない。

結果が出せないものは切り捨てる。

それが俺のやり方だ。

くれてやるって
どういうことだい?

立ち退かなくてもいいんだ。

店 続けられるのかい?

そうだよ!

やった!

それでは カフェ 藏の
継続を祝いまして

乾杯。
(一同)かんぱ~い。

≪ああ おいしい≫

祝いの舞を踊ろうかね。

≪おお~!≫

あれ どうやって踊るんだっけ?

(松野)
忘れちゃった?仙夏ちゃん。

じゃあ 俺が代わりに踊りま~す。
(香澄)引っ込め!

ありがとうな。

なに言ってる
お前たちを切り捨てただけだ。

アニキも 俊輔に似てるな。

素直じゃないし
結局 弱い人を見捨てられない。

俊輔変わったろ?

頼れるようになった。

あいつにも ようやく
守るものができたみたいだな。

(香澄)踊れないでしょ。
(松野)踊ってみろよ じゃあ。

(長兵衛)拙者か?
(香澄)いける いける?

(携帯のバイブ音)
(長兵衛)これは 何…

粉…粉円盤でござるか?
(松野)粉円盤って…。

(香澄)何それ 初めて聞いた。

今日は ほんとにごめん。

また謝った。

今日は 蔵地君の
ダメなところを発表します。

え?

まず 今みたいに
すぐ謝るところ。

はっきり自分の気持ちを
伝えてくれないところ。

優柔不断なところ。

ちゃんと私を見るって言ったのに
見てくれないところ。

それなのに 時々

ちゃんと優しいところ。

性格悪いこと言ってるのに

今みたいに優しい顔で

受け止めようとしてくれるところ。

これ 褒めてないからね。

中でも 一番ダメなところは…。

仙夏さんを好きなところ。

早く 仙夏さんのとこ
行ってあげて。

いや…でも…。
もう 早く!

じゃないと
私 泣いちゃうじゃん。

最後ぐらい笑ってたいから。

私 誰よりも 蔵地君のこと
見てるから知ってるの。

蔵地君が誰よりも

仙夏さんの前で笑ってるって。

ごめん。

♬~

♬~

♬~

(鳥居)お疲れ様。

聞いてたんですか?

趣味が悪いですね。

♬~

これから大きなプロジェクト
任せていいか?

このあと 俺と飲みに行け。

社長命令だ。

嫌です。

今日は 1人で飲みたい気分です。

♬~

温かい

やっぱり夢じゃないんだね

♬~

仙夏!

蔵地の旦那…。

♬~

お前が好きだ。

♬~

(長兵衛)遂に見つけた。

これで 江戸に帰れるぞ!

♬~

♬~