遺留捜査 #3[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

遺留捜査 #3[解][字]

殺害された美人警官は、<特対>のリーダー・佐倉路花の後輩だった!それは、路花の昔の恋が招いた悲劇…!?ボロボロの紙切れから、糸村がたどり着いた切ない真実とは…?

◇番組内容
元警察官の前園由紀(黒川智花)が殺害された。由紀は<特対>のリーダー・佐倉路花(戸田恵子)の亡き友人・前園慶介の妹だった。一方、糸村(上川隆也)は、遺留品の“厚手の紙”が気になる。由紀は10年前、慶介の死とともに警察を辞め、写真家の高峰英作(湯江タケユキ)の下で働いていた。やがて、凶器の銃が暴力団員の銃撃事件で使われたものだと判明!路花の知られざる過去も明らかになって…!?遺留品が紐解いた、切ない真実とは…?
◇出演者
上川隆也、栗山千明、永井大、戸塚純貴、宮﨑香蓮・甲本雅裕、戸田恵子
【ゲスト】黒川智花、東根作寿英、湯江タケユキ、綱啓永、中村凜太郎 ほか
◇脚本
真部千晶
◇演出
濱龍也
◇音楽
吉川清之
◇主題歌
小田和正『風を待って』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【チーフプロデューサー】佐藤凉一(テレビ朝日)
【プロデューサー】藤崎絵三(テレビ朝日)、丸山真哉(東映)、谷中寿成(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/iryu_2021/
☆Twitter
 https://twitter.com/iryusousa_tva

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 由紀
  2. 雨宮
  3. 登夢
  4. 路花
  5. 沖田
  6. 寺川
  7. 佐倉
  8. 慶介
  9. 加藤
  10. 高峰
  11. 前園由紀
  12. クズ
  13. パルプ
  14. 彼女
  15. 牛乳パック
  16. 糸村
  17. カメラ
  18. サイレン
  19. シャッター音
  20. 教室

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/24 19:51:08時点 Amazon調べ-詳細)

ホントに辛いのかどうか。

(パトカーのサイレン)

♬~

(沖田 悟)
イノシシに罠を仕掛けに来た

地主さんが発見しました。

(雨宮 宏)別の場所で撃たれて
そこに埋められていたようだ。

(神崎莉緒)撃たれて?
(雨宮)背中に銃創がある。

(糸村 聡)
被害者のコートですか…。

(サイレン)

(沖田)身元を示すものは
何も所持していませんでした。

財布もスマホもなし。

(佐倉路花)ごめん ごめん!

遅くなっちゃって。
ご苦労さまです。

たまの休みだからさ
歯医者 行ってて…。

由紀ちゃん…。

お知り合いですか?

友人の妹よ。

えっ!?

前園由紀。 元警察官よ。

元警察官…?

烏丸署の地域課に
3年間 勤務していたんだけど

10年前 由紀ちゃんは
25歳の時に警察を辞めている。

(雨宮)今は?

(路花)わからない。

辞めたあとは
音信不通になってしまって。

元警察官が
銃で撃たれて殺された…。

和紙… かな?

♬~

(前園慶介)俺も…。

君と同じ思いだよ。

♬~

(ドアの開閉音)

司法解剖で 死後4日ほど
経過していると判明しました。

じゃあ 犯行は
この前の日曜日か…。

凶器は拳銃?
はい。

30口径 恐らく ロシア製の
改造拳銃ではないかと思われます。

遺体から摘出された銃弾は
鑑定に回しました。

あの… 前園由紀さんは

佐倉さんのお友達の
妹なんですよね?

うん。
お友達とは連絡ついたんですか?

彼は もう亡くなってるの。

そうだったんですか…。

彼…。
(ドアの開閉音)

前園由紀さんには
行方不明者届が出ていました。

誰が出したの?

高峰英作 職業 カメラマン。

和紙ではない?
(村木 繁)ございません。

和紙は コウゾという
クワ科の樹木

もしくは
ジンチョウゲ科のミツマタや

ガンピという木の皮を原料として
作られます。

ですが この紙の原料は…。

パルプ。
パルプ?

これも これも これも

そして… これも
全て パルプでできております。

つまり この紙は

我々が普段使っている紙と
同じ原料でできてる?

ウイ! パルプとは

木材の中の繊維細胞を
加工したものでして。

そこに 様々な薬品を加え

機械でシート状に伸ばした紙を
西洋の紙…。

洋紙と呼びます。

この いびつな形は
一体なんなんでしょう?

わからん。

村木さん
いつもしている事を続けていては

いつも得ているものしか
手に入らない。

…って 誰かが言ってました。

「誰か」を 1回 連れてこい!

失礼します。

線条痕の鑑定結果 出た?

うちのデータベースには

一致する拳銃の登録は
ありませんでした。

今 各県警のデータで調べてます。
うん。

ああ 糸村さん。
はい。

被害者の仕事先がわかりましたよ。
えっ!

5年前から カメラマンの事務所で
働いていたそうです。

カメラマン?

(高峰英作)ああ いいねえ。
はい こっち。

はい ポーズ変えて そう。
ああ それ いいね。

(カメラのシャッター音)

(高峰)ああ いいね。 はい いいよ。

(カメラのシャッター音)
(高峰)はい。 はい。

おお かわいい かわいい。 はい。

(沖田)あの「柊 登夢」っていう
モデル

2年前に
スカウトされる前までは

超貧乏生活
送ってたらしいですよ。

お前 なんで
そんな事 知ってんだよ?

彼が専属モデルやってる その雑誌
よく読むんですよ。

僕 オサレ男子なんで。

プッ プッ…。

(高峰)はい 終わり~!
お疲れ 登夢くん。

(柊 登夢)ありがとうございました
ありがとうございました。

警察の方が…。
(高峰)んっ?

(高峰)えっ!?

前園さんって
元警察官だったんですか!?

初耳。

こちらでは どんな仕事を
されていたんでしょうか?

(高峰)経理から雑用から何から
一切合切やってもらってました。

何を頼んでも そつなくこなす
仕事のできる人で。

無断欠勤なんて初めてだったから
もう 心配で…。

家族もね いないって聞いてたから
私が届けを出しました。

あっ 失礼します。

あの… この紙 前園さんが
持っていたものなんですが

これ
お仕事で使うものでしょうか?

あっ いやあ…。
ちょっと…。

糸村さん いきなり来て
邪魔しないでください。

どうぞ お構いなく。
はい。 すいません。

あの… 彼女が殺された理由に
心当たりは?

ないですよ。

時々
辛辣な事を言う人でしたけど。

(雨宮)どんな事を?

目をかけていたアシスタントが
よそに転職しちゃった時…。

おい ちょっ…。

(前園由紀)クズがいなくなって
よかったじゃないですか。

クズ!?

恩をあだで返すような人間は
クズです。

どうやったって
変わんないんですよ。

前園さんのデスクですか…。

はい。 仕事関係のものしか
なさそうですね。

うーん… んっ?

♬~

すいません。

これは なんでしょう?

この前 前園さんが…。

お豆腐の容器があったら
持ってきてください。

…って言うから
うちから持ってきたんです。

お豆腐の空き容器を…
なんに使うんでしょう?

そこまでは聞いてません。
なるほど。

♬~

雨宮さん ちょっと!

(雨宮)えっ? 何?

(沖田)こ こ… これって…。

モデルガンですよ! 撮影の。

撮影で使ったやつ。
ああ~。

女の子のモデルが こうやって
パーンってやったりするでしょう。

ここに置いてあるのは
不要になった 撮影の小道具です。

なんだ モデルガンか…。

(銃声)

(莉緒の声)
先週 大阪で発生した銃撃事件。

その事件の銃弾の線条痕と

前園由紀さんの遺体から
摘出された銃弾が一致しました。

(路花)えっ!?
同じ拳銃が使われたって事?

先週の事件は 暴力団同士の抗争と
みられています。

被害者は
指定暴力団 浜之組の幹部。

対抗勢力 京都如月組の仕業では
ないかと思われていますが

まだ 実行犯は
特定できていません。

京都如月組…。

ちょっと出かけてくる。
あっ はい…。

(沖田)由紀さん見かけたのは
どのくらいですかね?

えっとね この間
出かけられる時に…。

これが 由紀さんのお兄さん…。

佐倉さんのご友人でしたね。

(雨宮)ただの友達では
ないかもしれませんよ。

あの表情は。

彼は もう亡くなってるの。

特別な関係の人だったのかも。
うん…。

この紙と同じものは
見当たりませんねえ。

(ドアの閉まる音)
(沖田)お邪魔しまーす。

おう どうだ?
雨宮さん。

マンションの管理人によると
日曜日の午前10時過ぎに

出かけていく由紀さんを見たのが
最後だそうです。

(雨宮)殺害されたのも日曜日。

どこへ行き
誰と会っていたのか…。

んっ?

♬~

(路花)寺川。

半月前に出所したんだってね。

(寺川 充)レジ袋が有料になってて
驚きましたよ。

出てきてから
前園由紀さんとは会った?

会うわけないでしょ…。

この間の日曜日は
どこで何してた?

一日中 部屋にいました。

あんた まさか…

如月組と
まだ繋がってるんじゃないの?

佐倉さんも変わりましたね。

昔のあなたは
ムショ帰りの奴にも優しかった。

そんな目で
にらんだりしなかった。

♬~

(路花)2006年に
協力雇用主の登録制度が発足した。

協力雇用主って
刑務所を出所した人や

保護観察の対象者を
企業が雇い入れ

立ち直りを支援する?
そう。

当時 私は 生活安全部で

協力会社を増やすプロジェクトの
一員だったから

高校時代の友人 前園慶介さんに

協力雇用主になってほしいと
頼んだの。

(路花)周りが見捨ててしまうから
罪を繰り返してしまう。

手助けをしてあげれば 彼らだって
ちゃんと生まれ変われる。

私は そう思うの。

俺も…。

君と同じ思いだよ。

(路花の声)慶介さんは…。

向きは…。
お前 よく考えろ。

(路花の声)
元受刑者を受け入れてくれた。

こっちから 池 見ろよ。
どっちだ?

(従業員)こっちですね。

(由紀)お兄ちゃん!
お弁当 持ってきた。

おう。
(由紀)佐倉さんが手伝ってくれた。

みんなの分もあるわよ。
(慶介)ありがとう。

(従業員たち)
ありがとうございます。

(路花)結婚したんだって?
おめでとう!

それもこれも
佐倉さんと親方のおかげです。

俺みたいな人間でも
生まれ変われた。

♬~

(由紀)私 警察官の採用試験を
受けようと思ってるんです。

お兄ちゃんや佐倉さんみたいに
人を助ける仕事がしたい。

それで 由紀さんは警察官に…。

でも 3年で辞めてるんですよね。
何があったんですか?

10年前 私は
慶介さんから相談を受けた。

協力雇用主制度で雇った
寺川充という元非行少年が

昔の仲間と
接触しているかもしれないって。

私は 寺川の行動を監視した。

(路花の声)寺川が出入りしていた
ビルの一室が

当時 拡大し始めていた

オレオレ詐欺のアジトだと
判明した。

仕切っていたのは
京都如月組だった。

京都如月組…
先週の銃撃事件の?

組織犯罪対策チームと合同で
一斉摘発に踏み込む事にした。

その前日…。

(慶介)寺川は 使いっ走りを
させられてただけなんだよな。

見逃してやってくれないか?
それは できない。

詐欺に加担した人間は
全員 逮捕する。

(慶介)弱い奴だから…。

刑務所送りになったら
ますます連中に引きずり込まれて

もう こっちの世界には
帰ってこれなくなってしまう。

ただ 自分から出頭すれば
執行猶予がつく可能性はある。

執行猶予中も 俺が面倒を見れば

あいつを立ち直らせる事が
できるかもしれない。

寺川 連れて 警察行くよ。

(路花の声)
あの時の私の判断は間違ってた。

慶介さんの説得に
寺川は応じなかった。

逃げなきゃなんない!

(慶介)逃げちゃ駄目だよ! おい!

如月組は 裏切り者を許さない。
京都にいたら殺されるんだよ!

駄目だよ! 一緒に警察に行くぞ!

(寺川)無理だよ!

(頭を打つ音)
(慶介)あっ…。

(パトカーのサイレン)

♬~

(由紀)ああいうのを
人間のクズって言うんですよね。

あんなのを更生させようなんて
思うだけ無駄だったのよ。

兄も あなたも
無駄な事をしていたんです。

しょせん クズはクズ。

あの男 絶対に許さない!

許さなくていい。

でもね 私たちは警察官。
感情的になってはいけないのよ。

無理です! 私は
佐倉さんみたいにはなれません。

(路花の声)
その日 彼女は警察を辞めた。

慶介さんを殺した寺川充は
半月前に出所している。

(雨宮)そのタイミングで
由紀さんが殺されたって事は

お兄さんの復讐をしようとして
逆に 寺川にやられた。

先週 浜之組の幹部を撃ったのも
寺川なのかもしれません。

(銃声)

如月組から拳銃を渡されていた
寺川は

由紀さんに対しても
それを使った…。

糸村さんは 何してるんですか?

あっ どうぞ お構いなく。

いやいや… 糸村さんも
特対のメンバーなんですから

一緒に捜査…。
(雨宮)沖田 いいから!

あの人は ああいう人だから ねっ。
(沖田)ええ~?

いいの。 すいません。

寺川は 由紀ちゃんとは
会ってないと言っている。

でも あれは嘘だと思う。

彼女と どこで接触したのか
2人の行動を洗い出して。

(沖田・雨宮・莉緒)はい。

(ドアの開閉音)

♬~

あれ?
佐倉さん お出かけですか?

雨宮たちから連絡があったの。

日曜日の午前中 由紀ちゃんは

自宅マンション近くの花屋さんで
スイセンの花を買ってたって。

由紀さん
お墓参り 来ていたんですね。

スイセンは
慶介さんが好きだった花でね。

(路花の声)愛情を込めて
花や樹木を育てていく庭師だった。

人に対しても そう。

ご両親が亡くなったあとは
由紀ちゃんの親代わりもしてきた。

そんな彼だから

協力雇用主になってほしいって
頼んだのよ。

でも それが

彼と由紀ちゃんの人生を
狂わせる事になってしまった…。

(足音)

(住職)佐倉さん?

(路花)ああ! ご住職。

この前の日曜日 由紀ちゃんが
ここに来てたようですけど…。

はい お見えになりましたよ。

1人でしたか?

(住職)あっ いえ…。

あなたと前園由紀さんが
一緒にいるところを

住職が見てたのよ。

彼女から呼び出された?

あなたと前園由紀さんが
一緒にいるところを

住職が見てたのよ。

彼女から呼び出された?

(寺川)違いますって!

今さらだけど
慶介さんに謝らなきゃと思って

墓参りに行ったら
偶然 由紀さんが…。

♬~

(路花)それから 何があったの?

(寺川)何も…。

彼女にも謝らなきゃって
わかってたけど

いきなりで 言葉が出なくて…。

(寺川の声)
向こうも 何も言ってこなくて。

黙ったまま
すれ違っただけですよ!

(沖田)嘘だ。

由紀さんに ののしられて
カッとなって

寺川は撃ち殺したんですよ。

だが 寺川の部屋の捜索では
拳銃は見つかっていない。

由紀さんが殺害された場所も
わからないままだし。

このままじゃ 証拠不十分。

神崎さん 今日も また
糸村さんは自由行動ですか?

なんで 私に聞くのよ?

だって 神崎さんが
保護者なんでしょ?

誰が そんな事 言ったの?
雨宮さんです。

あっ… 雨宮さん!
あっ 電話だ。 もしもし?

何を作ってるんですか?

ジュースでしょ。
白いから ココナツかな?

紙です。
(綾子・村木)はっ?

由紀さんのお宅のバスタブに

牛乳パックが
つけられていたんです。

なんのために そんな事をしたのか
気になって調べてみたら

牛乳パックから
紙が作れるみたいなんです。

牛乳パックの原料は
上質なパルプでできています。

それを再利用して
再生紙にする事は…

もはや 常識です。

でも それって
工場で再生させるんですよね。

手作りでもできるんですか?
それが できるんです。

手順としては こうして
牛乳パックを水にふやかしてから

両面のシートを剥がして
ちぎって

水と一緒にミキサーにかける。
すると…。

はい! これがパルプです。

由紀さんが持っていた紙も
原料はパルプでした。

牛乳パックから
作られていたのかもしれません。

それを確かめるためにも

実際に作って
比較してみたいんです。

なるほど なるほど。
(綾子)どうやるんですか?

今から 紙すきをします。

ふんふんふん…。
ああ~ はい はい はい。

その木の枠 組んでね
網 張ってね。

…って 道具からか!

村木さん ちょっと
手を借りてもいいですか?

だから もう わかってるの。
それね…。

(綾子)どこかに
売ってありそうですけどね

紙すきの道具。
全然やりたくないよ。

こうするんです。
嫌だなあ。

ちょっと縦が長いです。
嫌だなあ。 なんで?

(綾子)糸村さん。
はい。

なんか お豆腐のパックでも
代用できるみたいですよ。

お豆腐のパック…?

んっ?

村木さん…。
んっ?

繋がっちゃいました。
何が?

(高峰)いいね。
本当に 登夢は成長したよ。

(登夢)ありがとうございます。

(スタッフ)高峰さん!
また警察の人が…。

(ため息)

♬~

今日は なんですか?

すみません。 先日 こちらにあった
お豆腐の容器が

なくなっているんですが。

なんでもさんが持っていきました。

なんでもさん…?

不用品の回収業者です。

撮影の小道具の処分を
前園さんが頼んでいたみたいで。

コンクリートブロックを
引き取りに来たんです。

その時 豆腐の容器も
持っていきました。

♬~

なんでも引き取るから
「なんでも」…。

(足立信子)別の意味もあるよ!

はい?

(信子)なんでもリサイクルできる。

ああ…
そういう意味の「なんでも」。

捨てるものなんて
なんにもない。

手をかけてやれば…

再利用できる。 ねっ?

あの… お豆腐の容器も
再利用できるんですか?

高峰さんの事務所から
お持ち帰りになりましたよねえ?

ああ… あれは
うちの嫁がやってる教室で使うの。

教室?

(携帯電話の着信音)
ちょっと すいません。

どこ ほっつき歩いてるんですか?

ちょうどよかった。
神崎さんも一緒に行きましょう。

はあ?

(足立篠絵)豆腐のパックの底に

細かい穴を
たくさん開けてください。

(子供たち)はい!
(篠絵)では 皆さんも

気をつけて やってみてください。
(子供たち)はい!

(篠絵)ここに パルプを入れて

この網を入れて 水切りをします。

(子供たち)はい!
(篠絵)はい。

それでは
皆さんも やってみましょう。

(子供たち)はい!

…ったく 何してんのよ。

♬~

なんなんですか? ここは。
ああ… シーッ!

リサイクル工作の教室です。

普段は捨ててしまうようなものを
再利用して

手作りで いろんなものの作り方を
教えてくれるんです。

はあ~。

これが乾くと…

こうなるわけだ。 へえ~。

よくできましたね。

じゃあ 前園由紀さんは

先月から
この教室に通ってたんですね。

押します。

この前の日曜日も来てましたか?

はい。 いらしてましたよ。

ありがとうございました。

糸村さん 裏取り行きますよ。

あっ そちらは お任せします。
はあ? えっ…?

あの… 牛乳パックから紙を作って
何に使うんですか?

リサイクルを楽しむ事が
目的ですが…。

子供たちは お絵描きなんかをして
おうちに飾ったりしてますね。

なるほど…。

では 前園由紀さんは
どうだったんでしょう?

この紙を
何に使うつもりだったのか

ご存じありませんか?

事件当日の由紀さんの足取りが
わかりました。

お墓参りに行ったあと 彼女は

みやび文化市民センターで
行われている工作教室に

参加していました。

お墓の前で別れたっていう
寺川の証言は 本当だったのね。

教室が終わって
市民センターを出たのは

午後3時半過ぎです。

(雨宮)あっ… 自転車に乗ってる。

(沖田)
自宅を出た時は歩きでしたよね。

市民センターの敷地内には

シェアサイクルが
置いてありました。

(路花の声)シェアサイクルって

使いたい時だけ料金を払って乗る
あれ?

(莉緒の声)シェアサイクルには
GPSが付いているんです。

彼女が走ったルートを
調べてもらいました。

市民センターを出たあと
こういうルートをたどって…。

(路花)途絶えたのは… ここ?

(沖田)この辺りですかねえ?

(雨宮)ああっ! 自転車 自転車!

♬~

由紀さんが借りた
シェアサイクルで

間違いありません。

ここで自転車を降りて…。

♬~

どこへ…?

♬~

血痕…?

佐倉さん!

♬~

ここが殺害現場なのかも…。
鑑識を呼んで。

(雨宮)はい! 沖田。
(沖田)はい。

すみません。 ちょっと
お話 聞かせて頂けませんか?

(沖田)おお…。

採取された血痕は

前園由紀さんのもので
間違いございません。

(綾子)これも

殺害に使われたものと
同じ拳銃から発射されたものです。

やはり
あそこが犯行現場だったんだな。

現場には 犯人のものと思われる
複数の靴跡が残されていました。

その一つ この靴は
神戸の靴メーカーと

有名アーティストの
コラボで作られた

限定モデルでした。

予約制で 150足しか
販売されていないんです。

これが購入者リストです。

ちょっと… ねえ!

♬~

あれ…?

(二宮)
皆さんご存知の
あの大きな洗剤の中身は

約7割が水だったんです

(主婦達)ええ~っ! (主婦A)ほとんど水

はい ほとんど水です
あんなに重かったのに!?

ほとんど水 運んでます
(主婦B)きちんと測ってたのに!?

ほとんど水 ショック~

まあ…そうなりますよね

だから 《脱!ほとんど水洗剤》

《はい どーん! 新NANOXは 約7割が

洗濯成分で 濃いーの》

<5大汚れを最強洗浄!>

汚れを落とすなら? 「ナノック~ス」

違う! 僕は殺してない!
やったのは加藤たちです。

「加藤たち」って 誰なの?

(登夢)やばい連中です。
暴力団とも繋がってる。

どうして 君は
そんな連中と知り合いなの?

ギャンブルに
はまってた時期があって…。

賭ける金もなくなった僕に
加藤が声をかけてきて…。

(加藤恭一)
これで 一発逆転してこい。

(路花)素人を深みにはめる時の
常套手段だわね。

結局 返せなくて。
ぼったくりバーで働かされて…。

(殴る音)

(殴る音)

客 逃がして どうすんだよ。

(殴る音)
(登夢)ううっ…!

おい!
(パトカーのサイレン)

(舌打ち)

(パトカーのサイレン)

(蹴る音)
(登夢)ううっ! ああっ…!

(パトカーのサイレン)

動ける?

(登夢)警察の人?

違う。 クズ同士の喧嘩の度に
警察呼んでたら キリがない。

「(パトカーのサイレン)」
(由紀)どいて。 駅への近道なの。

♬~

ねえ… 大丈夫?

大丈夫!?

♬~

栄養不足だって
お医者さん 言ってたから。

食べなさい。

すいません…。

(由紀)今日だけだからね。

あんたたちみたいなのと
関わるのは ごめんだわ。

そう言いながらも 体調が戻るまで
家に置いてくれたんです。

「それから
職場に連れていってくれて…」

この子に 何か仕事を
与えてやってくれませんか?

いい顔してるねえ。
モデルやってみるか?

えっ…?

(カメラのシャッター音)

(高峰)
もっと自然にできない? ねっ?

(カメラのシャッター音)

(高峰)カメラ見ない。

(カメラのシャッター音)
カメラ見ない! いい?

(高峰)いくよ。
(カメラのシャッター音)

(登夢の声)あれから2年…。

今の僕があるのは
全て 由紀さんのおかげです。

なのに…
早く本当の事 言わなきゃと…。

でも 怖くて…。

ごめんなさい… 由紀さん。

事件の日の事 話して。
何があったの?

あの日は…

由紀さんと
夕食の約束をしていたんです。

写真集を出す事が決まって
2人で お祝いをしようって。

(登夢の声)待ち合わせ場所に
向かっていたら…。

(加藤)よう 登夢。 久しぶり。

♬~

なんなんですか?

コンビニ入ると お前が
表紙やってる雑誌が目に入って

むかつくんだよ。

お前だけが
日の当たる場所にいると思うと

胸くそ悪くて 殺したくなる。

ハハハハハ…!

でも 殺さない。

1000万 用意しろ。

えっ…?
(加藤)エコノミーじゃなくて

ファーストクラスに
乗りたいんだよ。 長旅だからな。

なのに 如月組がくれた
高飛び費用が少なくて!

(登夢)高飛び…?

(加藤)ハハッ…。

浜之組の幹部を バーン!

(銃声)

(加藤)おい 出せ!

俺ら しばらく 日本離れるからさ
餞別くれよ。

今のお前だったら
1000万くらい 楽勝だろ?

(登夢)そんな金 ないです!
(加藤)だったら 借りてこい!

人気モデルになら

貸してくれるとこ
いっぱいあるだろ。

俺の周りで 金回りがいいのは
お前だけなんだよ。

(由紀)登夢!

登夢は
もう あんたたちとは違うの。

まっとうに生きてる子の
邪魔をしないで。

どきなさい!

♬~

(由紀)帰ろう。

(銃声)

♬~

(加藤)余計なまねしてくれるから。

(登夢)由紀さん…! 由紀さん!

登夢…。

救急車…!

(銃声)

(加藤)俺に逆らうと
こうなっちゃうんだよ。

(加藤)おい!
死体 どこかに片付けてこい。

(玉城征夫)はい。

(登夢)ああっ…。

(加藤)1000万 頼むよ。

(すすり泣き)

(すすり泣き)

(笑い声)

(沖田)残念だけど
ファーストクラスには乗れないよ。

(雨宮)京都府警だ。

♬~

(加藤)離せよ! ああっ…!

組織犯罪対策課も
お前らの話 聞きたいってよ。

(雨宮)
この男の供述どおりの場所から

凶器の拳銃と由紀さんの所持品が
発見されました。

(沖田)柊登夢は どうしますか?

逃走資金も渡してるから
犯人隠避で書類送検。

脅されてやった事だから
不起訴になりますよね?

それは
私たちが決める事じゃない。

調書 まとめておいて。
(雨宮・莉緒)はい。

(ため息)

佐倉さん 3分だけ
僕にお付き合い頂けませんか?

えっ…?

10年間 佐倉さんは 由紀さんに
手紙を書き続けていたんですね。

どうして それを?

ご住職から お話を伺いました。

毎年 慶介さんの命日に…。

♬~

(慶介)君と同じ思いだよ。

(路花)警察を辞めた由紀ちゃんに
手紙を出したんだけど

転居先不明で
戻ってきてしまったから

ああするしかなかったの。
毎回 大した事は書いてない。

ただ 元気でやってますか? って。

でも… 彼女から返事が来る事は
なかった。

まあ 読みもしてないだろうしね。

いえ 由紀さんは
佐倉さんからの手紙を

読んでいたはずです。

なんで わかるの?

先月の事です。
仕事先の不要品を

引き取ってくれる業者を
探していた 由紀さんは

なんでも引き取ってくれるお店を
見つけたんです。

そのお店には
名物のお母さんがいて…。

(信子)人それぞれの
考え方なんだけどさ…。

捨てるものなんて
本当は なんにもないのよ。

手をかけてやれば 再生できる。

ゴミクズだって
ちゃんと生まれ変われるの。

同じような事を言ってた人たちが
いました。

その言葉を信じて 私は
ひどい目に遭った事があるんです。

「しょせん クズはクズ」
そう思っていた由紀さんに

最近 心境の変化が
あったみたいなんです。

えっ?

きっかけは
柊登夢さんとの出会いでした。

(由紀)動ける?

柊さんに
生き直すチャンスを与え…。

(高峰)
もっと自然にできない? ねっ?

(カメラのシャッター音)

カメラ見ない! いい?

生まれ変わっていく柊さんを
見守っているうちに

由紀さんは わかったんです。

慶介さんや佐倉さんの気持ちが。

でも… 今なら わかる気がします。

周りの助けがあれば
クズはクズじゃなくなる。

ちゃんと生まれ変われる。

私 これに行ってみようかな。

いくつかある教室の中から

由紀さんが 牛乳パックから
紙を作る教室を選んだのには

理由がありました。

被害に遭ったのは 3回目の
レッスンの日だったんですが

由紀さんは ここまで作れるように
なっていました。

このまま通い続けていれば

こんな葉書が
作れたはずなんです。

葉書?

由紀さんは言っていたそうです。

春になって 桜が咲いたら

桜の花びらをあしらった
葉書を作って

ある人に出したいんだと。

ずっと
手紙をもらい続けてきたのに

返事を
返せていなかったから… って。

まさか… 私に?

普通の葉書じゃ
駄目だったんです。

わざわざ 牛乳パックをほぐして
パルプにして すいて

もう一度 紙にする。

そんな手間暇かかった紙に

由紀さんは
「生まれ変わる」という意味を

込めたかったんじゃ
ないでしょうか。

春が来たら
こうして作った その葉書に

10年分の手紙の返事を書く事を

由紀さんは
楽しみにしていたんだと

僕は思います。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(由紀の声)
春になったら 葉書を送ろう。

佐倉さん 喜んでくれるかな?

嬉しいよ… 由紀ちゃん。

♬~

♬~

(沖田)殺された中松里香子は
殺人事件で指名手配中です。

(川端葉子)前田とは別れて!
(小川深春)もう二度と来ないで!

(路花)奪われる前に殺した?
マドラー…。

(葉子)
これ 幸運のマドラーなのよね?

3分でいいんです。
僕に時間を頂けませんか?

『遺留捜査』の無料見逃し配信は
ABEMA TVerで。

TELASAでは
全話を一挙配信。

過去のシリーズもご覧頂けます。