モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #4[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #4[字]

小芝風花が主演のヒューマンホームドラマ!脚本家・橋部敦子が描く、モノの声が聞こえるちょっとヘンな彼女と家族の物語。この冬、一番あたたかい涙をあなたに!

◇番組内容
萌子美(小芝風花)は佑矢(加藤清史郎)に、やっと拾ったイヤホンを渡すことができた。自分と似ている感性を感じ、二人の交流が始まる。一方、萌子美の家では両親の仲がますますこじれていた。ある事件をきっかけに、萌子美たちの前で伸寛(田辺誠一)と千華子(富田靖子)の言い争いが始まり、激高した伸寛が祖父・勧(橋爪功)の過去の不祥事を持ち出し、千華子を傷つけてしまう…。しかし、それを聞いた萌子美たちは意外な行動をとり…
◇出演者
小芝風花、工藤阿須加、加藤清史郎、水沢エレナ、内藤理沙、田辺誠一、富田靖子、橋爪功
◇脚本
橋部敦子
◇演出
常廣丈太(テレビ朝日)
◇音楽
【音楽プロデュース】S.E.N.S. Company
【音楽】森英治
【主題歌】GENERATIONS from EXILE TRIBE『雨のち晴れ』(rhythm zone)
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】竹園元(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、布施等(MMJ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/mokomi/
☆Twitter
 https://twitter.com/mokomi_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/mokomi_tvasahi/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 千華子
  2. 伸寛
  3. 萌子美
  4. お花
  5. 本当
  6. お母さん
  7. 不倫
  8. 涼音
  9. お願い
  10. お客さん
  11. 弁当
  12. アレンジメント
  13. 自分
  14. 素直
  15. 駄目
  16. お兄ちゃん
  17. お父さん
  18. カップ麺
  19. 加減
  20. 亀田

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,000 (2021/09/17 21:03:57時点 Amazon調べ-詳細)

(清水萌子美)
よろしくお願いします。

失敗しちゃって
どうしようってなって

言葉が出てこなかった…。

(石野伸司)どうしても
お花を飾りたいんです。

なんとかお願いします!

(依田涼音)なんでもいいから
作りゃいい

ってもんじゃないんだから。

思ってる事があるなら
言わないと わかんないから。

お客さんに喜んでもらえるお花が
私 わかる。

(須田 観)
それが 本当に思ってる事?

なんか言ってない事
あるんじゃないの?

不倫?
(清水伸寛)それはないです。

それは俺か!

本当の事は… 言えないです。
でも

お客さんに喜んでもらえる
お花を作りたいっていうのが

私の本音です。

伝わったよ。

(清水俊祐)よかったな。
ありがとうございます!

♬~

すみません。

♬~

(岸田佑矢)あっ…。

♬~

これ…。

えっ どうして…?

拾いました。

ああ…! ありがとうございます。

ああ よかった~。

もう戻ってこないんじゃないかと
思ってました。

ずっと戻りたがってました。

やっぱり?

寂しがってたんだよね。

萌子美。

何か ご用ですか?

いえ。 じゃあ。

じゃあ。

♬~

大丈夫か?
うん。

ナンパか?
なんて声かけられた?

かけられてない。
えっ?

私から かけた。

ああ…。

えっ!?

(伸寛)早速 見てきたよ
萌子美が作ったアレンジメント。

素晴らしい。
ありがとう。

(伸寛)感動した。
(清水千華子)だからって

ドーナツ
こんなに買う事ないでしょ。

ハハッ…。

伸寛くん
俺は喜んでドーナツ頂くよ。

(伸寛)はい はい!

(千華子)もしかして
名乗ったりしてないでしょうね?

このアレンジメントを作った
父ですって。

それ 思いつかなかったな。
やめてよ 絶対に。

わかってるよ。
でも こういうのって

ビギナーズラックって
言うんじゃない? ねえ。

ああ…。

そうだったとしても
萌子美 頑張ってるから。

(千華子)萌子美
勘違いしちゃ駄目よ。

萌子美 素直に喜んでいいんだぞ。

いちいち なんなの?

俺は
萌子美に話してるだけだから。

居候の赤の他人って事
忘れないでよ。

ねえ…。

やっぱり いいや。
えっ 何? 気になるじゃない。

どうして
お母さんと おじいちゃんは

そんなに仲が悪いの?

それは答えられない。

自分で言えって言っといて。

お兄ちゃんは知ってるの?
知らない。

もう おしまい。
この話は おしまい。

話さないでよ。
うん…。

(千華子)話さないでよ 絶対に。

別に隠すような事でも…。

私が どれだけ悲惨な目に遭ったと
思ってるの?

♬~

俺は 今日も元気だよ。

♬~

(千華子)忘れ物ない?
うん。

はい。 いってらっしゃい。
いってきます。

いってらっしゃい。
いってきます。

♬~

おじいちゃん いってきます。
おう! いってらっしゃい。

♬~

(伸寛)あのさ…。
(千華子)んっ?

どうして 俺の弁当は
なくなったの?

どういう事?

前は 俺の弁当も
作ってくれてたよね。

だって
もう 事務所 行ってないじゃない。

いや… 場所が
事務所から家になっただけで

仕事はしてるわけで。

私は 家で簡単に済ませてるのに

伸寛だけ お弁当なんて
おかしくない?

もしかして 昼ご飯 作れって事?

(伸寛)あっ いや… 違うから。
(千華子)そうよね。 ビックリした。

(伸寛)昼は 適当に 自分で食うよ。

(千華子)それより いつまでも
パジャマでいないでくれる?

それ 洗濯するの? しないの?

洗濯機
もう回しちゃったんだからね。

(食器を洗う音)

(伸寛)ごめん…。

(石野)こんにちは。
(桜井真由)いらっしゃいませ。

いらっしゃいませ。
いらっしゃいませ。

あっ こんにちは。

注文をお願いしたいんです。

ありがとうございます。
どういったお花にしましょう?

お店に
お花を絶やしたくないので

定期的に アレンジメントを
お願いしたいんです。

あ… ありがとうございます。
配達もさせて頂きます。

助かります。

ありがとうございます。

♬~

(涼音)ドーナツ屋さんのお花
どうするんですか?

どうって…?

萌子美ちゃんが作るんですか?

ああ…。

いや…
この前のは あれでよかったけど

萌子美には まだ早いから
俺が作るよ。

わかりました。
うん。

♬~

萌子美。

わからない事
いっぱいあると思うし

真由さんと涼音ちゃんから
いろいろ教わって。

…はい。
うん。

♬~

♬~

(メールの着信音)

(涼音)リビングだと

どういうイメージが
よろしいですかね?

クラシカルな感じなのか…。

(萌子美の声)本当の事 言ったら

涼音さん
不愉快になると思うし

お兄ちゃんも困ると思う。

本当の事って?

このお花は
この位置が心地いいの。

お客さんが喜んでもらえるお花が
私 わかる。

お花が そのお客さんのところに
行きたがるから。

♬~

ねえ…。
んっ?

どうした?

なんでもない。

なんだよ?

涼音さんって… 彼氏いるのかな?

えっ!? なんで?

あっ…。

これ 食べてください。

あ… ありがとうございます。

じゃあ。

じゃあ。

どういう事?

あっ…
イヤホン拾った お礼だって。

ああ…。
駄目だった?

いや… 駄目じゃないけど。

おなか減った!

♬~

フフフ… おいしい。

店長 これで どうでしょう?
うーん…。

サンデリアーナ 少し減らしても
いいかもしれないですね。

(真由)ああ~。

ねえねえ 店長ってさ
家では どんな感じなの?

ここにいる時と
同じような感じです。

ふーん… 裏表ないんだ。
多分。

まあ そんな感じするよね。
フフフフ…。

(貧乏揺すりの音)

(貧乏揺すりの音)

(箸を置く音)
なんなんだ!?

これで 飯がうまいのか?

我慢しようと思ったけど
やっぱり 無理。

なんかあった?

あなたよ。
えっ?

(千華子)夕方 スーパーに行ったら
亀田さんの奥さんに

お宅のご主人 お昼に
カップ麺持って 歩いてたわよ

って言われたの。
うん…。

どうしてくれるの?

夫に ご飯を作らないで
カップ麺を買いに行かせた妻って

思われたのよ。
えっ…。

しかも 亀田さん
おしゃべりだから

ご近所中に広まってるに
決まってるんだから。

何年も お弁当を作り続けてきた
私が

なんで そんなふうに
言われなきゃいけないわけ?

大体 なんで
カップ麺 裸で持ち歩いたの?

はっ…?

(千華子)レジ袋
買えばいいじゃない。 2円でしょ。

前に もらうなって…。

(千華子)
なんで そこで 2円ケチるの!?

(伸寛)いや…。
(千華子)その2円のために

どうして 私が
ご近所中の笑い者にならなきゃ…。

(伸寛)いい加減にしろよ!

もう うんざりだ。

俺を なんだと思ってる?

馬鹿にするのも
いい加減にしろよ!

いつ馬鹿にしたっていうのよ?

いつもだよ。
はあ?

いつも 上から目線で
俺に ああしろ こうしろって。

出会った頃はさ
素直に 俺の言う事 聞いてたのに

気づけば
俺の意見は何も聞かない。

自分の思いどおりにならないと
気が済まない。

ずっと 千華子の言うとおり
してやってきたじゃないか!

なのに…
2円 2円 2円 うるさいよ。

なんで そこまで ガタガタ
言われなきゃなんないの!

俺も お義父さんみたいに

不倫の一つでもできれば
よかったよ。

(箸を置く音)

俺か?

(伸寛)しかも お義父さん
ただの不倫じゃないからな。

現役高校教師が元教え子と不倫。

ちょっと… やめてよ!

(伸寛)同じ男として
うらやましいよ! 尊敬するよ!

千華子といると どんどん
エネルギー吸い取られて

どんどん
枯れていくしかないからな!

♬~

(千華子)萌子美?

♬~

(泣き声)

うん あの… そういう事だ。

そう…。

おじいちゃんは…。

んっ あっ…
お風呂 頂こうかなあ。

(泣き声)

お母さん…。

萌子美だけじゃなくて

お父さんまで
私に不満があったなんて。

お母さんが
家族のためにやってきた事

全部 迷惑だったって事?

そんな事ないよ。

本当は 俊祐も
私に不満があるんじゃないの?

ないよ。
本当?

ないって。

俊祐が わかってくれるだけで
お母さん…。

萌子美 ショック受けてるよね…
あの人に懐いてるから。

(笑い声)

おじいちゃんが不倫だって。

(笑い声)

お母さんは 昔 お父さんの言う事
素直に聞いてたんだって。

(笑い声)

はあ~…。 昔か…。

私は どうだった?

♬~