モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #5[字] …のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #5[字]

小芝風花が主演のヒューマンホームドラマ!脚本家・橋部敦子が描く、モノの声が聞こえるちょっとヘンな彼女と家族の物語。この冬、一番あたたかい涙をあなたに!

◇番組内容
イヤホンを拾ったことから交流が始まった萌子美(小芝風花)と佑矢(加藤清史郎)は、互いの相棒を紹介し合うなど、どんどん打ち解けていった。さらに、職場でも萌子美にうれしいことが!涼音(水沢エレナ)の提案で、花屋のリニューアルを萌子美が担当することに。一方、清水家では伸寛(田辺誠一)、千華子(富田靖子)の“冷戦状態”が続いていた。家族の中に不穏な空気が漂う中、俊祐(工藤阿須加)にもある出来事が…?
◇出演者
小芝風花、工藤阿須加、加藤清史郎、水沢エレナ、内藤理沙、田辺誠一、富田靖子、橋爪功
◇脚本
橋部敦子
◇演出
竹園元(テレビ朝日)
◇音楽
【音楽プロデュース】S.E.N.S. Company
【音楽】森英治
【主題歌】GENERATIONS from EXILE TRIBE『雨のち晴れ』(rhythm zone)
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】竹園元(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、布施等(MMJ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/mokomi/
☆Twitter
 https://twitter.com/mokomi_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/mokomi_tvasahi/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 萌子美
  2. 涼音
  3. 伸寛
  4. 真由
  5. お花
  6. リニューアル
  7. 千華子
  8. トミー
  9. 自分
  10. 本当
  11. お店
  12. お母さん
  13. 写真
  14. 俊祐
  15. 世界
  16. フフッ
  17. 花屋
  18. 仕事
  19. 女子高生
  20. 情報誌

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/24 19:51:08時点 Amazon調べ-詳細)

(清水萌子美)お客さんに
喜んでもらえるお花が 私 わかる。

(須田 観)
それが 本当に思ってる事?

本音を言えないっていうのが
私の本音です。

でも お客さんに喜んでもらえる
お花を作りたいっていうのが

私の本音です。

(岸田佑矢)
お礼をしたいんですけど。

(清水伸寛)
いい加減にしろよ!

いつも 上から目線で
俺に ああしろ こうしろって。

ずっと 千華子の言うとおり
してやってきたじゃないか!

(石野伸司)あっちの感じで
お願いできませんか?

(清水俊祐)うん。 いいね。

ありがとう。

(岸田)何してるんですか?

スイセンとしゃべってました。

(岸田)そうなんだ。

はい。

あっ… ビーフシチュー
おいしかったです。

あっ… よかったです。

元気ですか?

あっ いや
そ… そうじゃなくて…。

元気です。

(2人の笑い声)

(岸田)花屋さんには
いつも いるんですか?

はい。 定休日は隔週火曜日です。

そうなんだ。
花が好きなんですか?

はい。

いいですね。

自転車 大切にしてるんですね。

ああ グレッグですか。
グレッグ?

こいつは
僕の相棒みたいなものなんで。

グレッグっていうんです。

私の相棒はトミーです。

トミー?
はい。

自転車ですか?
ああ… いえ。

なんだろう?

いつか 会えたらいいな。

えっ?

駄目ですか?

駄目じゃないです。

(2人の笑い声)

これから お仕事ですか?

配達のバイト 今日は夕方から。
そうなんですか。

これから 稽古です。

稽古?

僕 役者目指してるんです。
すごいですね。

いや…
目指すのは誰でもできます。

あっ… じゃあ 僕 あっちなんで。

はい。
じゃあ。

じゃあ。

トミーに よろしくです。

イヒッ… ヒヒッ…。

配達 行ってきます。
(3人)いってらっしゃい。

フフッ…。

(桜井真由)なんかいい事あった?
えっ?

なんか ニヤニヤしてる。

ねっ。
(依田涼音)してました。

あっ… な… 何もないです…。

(真由)ふ~ん…。

フフッ…。

♬~

萌子美 どれがいい?
お兄ちゃんは?

なんでもいいから
好きなの選んで。

ありがとう。
うん。

お母さん お弁当
もう作ってくれないのかな?

(テレビ)「…行きたいのに
高速乗ってもうたんか お前」

「♬~(音楽)」

「もう終わりだね」
「(一同の笑い声)」

(テレビを消す音)

(ゲームの音声)

俺の意見は何も聞かない。

自分の思いどおりにならないと
気が済まない。

お義父さんみたいに
不倫の一つもできたらよかったよ。

千華子といると どんどん
枯れていくしかないからな!

♬~

まだ怒ってる?

(清水千華子)全然。
怒ってるのは伸寛でしょ?

安心して。 私 もう何もしないし
何も言わないから。

言いすぎた…。

やっと本音が言えたんでしょ。

吉丸さんのお花 できました。
あっ ありがとう。

そういえばさ
前に 萌子美ちゃんが

あんまり持たないって言ってた
バラの花

本当に持たなかったんだけど
どうしてわかったの?

あっ… なんとなくっていうか…
子供の頃から ここに来てたし…。

花と話せる みたいな?

ただいま。
(涼音・真由)おかえりなさい。

(涼音)組合長
なんの話だったんですか?

町の情報誌を作るから
うちの店も載せないかって。

店の宣伝になるって事ですか?
うん。

お金かかるんですか?
いや 無料。

だったら やりましょうよ!
うん…。

どうせやるなら お店
リニューアルしたらどうですか?

リニューアル?

お店の雰囲気
変えたらどうかなって。

ああ… どうやって?

萌子美ちゃんが
全部 ディスプレーする。

えっ…。

(涼音)こんな小さな
アレンジメントでも

萌子美ちゃんの世界が
詰まってるじゃないですか。

(真由)見てみたいかも。
(涼音)ですよね。

仕入れる花も 萌子美ちゃんが
選んでみたらどうですか?

萌子美ちゃんは
お店の売りになります。

花が持つかどうかがわかるし
花と話せる萌子美ちゃんって事で。

みんなに その事 言ったの?

えっ…。
(涼音)えっ? どういう事?

えっ…。

(涼音)ちょ… ちょっと待って。

萌子美ちゃん
本当に花と話せるの?

いや あの…。
はい。

お花の気持ち わかります。

(涼音)えっ… どういう事?

お花が一番居心地がいい場所が
わかったり

そのお客さんのところに
行きたがってるお花が

わかったり…。

じゃあ… じゃあ これは?

居心地悪いとか思われてるの?

あっ… これが嫌とか
そういう事じゃないです。

ただ 一番居心地がいい場所が
私にはわかるので

そうしたくなるだけで…。

マジで? 面白いね 萌子美ちゃん。

信じてくれるの?
いえ わかんないです。

花と話せるかどうかなんて
そこ どうでもいいです。

私は 萌子美ちゃんが作る世界が
見てみたいだけだから。

私も。

♬~

リニューアルの事
ちょっと考えてみるよ。

(ため息)

ただいま。
ただいま。

(伸寛)おかえり。

何してるの?

あの… とりあえず 米だけでも
炊いておこうかと思って。

千華子が
なんにも作らないからかあ。

一日中 こんな感じか?

(伸寛)ああ… いえ。
(千華子)そう。 何もしてない。

ほっとけ。 あっ 出前取ろう。
俺がごちそうするから。

居候のくせに
偉そうな事 言わないで。

はい… 居候でございます…。

フフッ…。

(ゲームの音声)

(涼音)ねえ リニューアル
考えておくって どういう事?

考えるまでもなく やるでしょ?

うちの店 おじいちゃんの代からの
お客さんが多くて

この店に親しみを持ってくれてて
その親しみが売りでもあって…。

その
昔からの高齢のお客さんたちが

亡くなったら どうなるの?
このお店に将来はあるの?

わかってるよ そんな事。

じゃあ 何にこだわってんの?

やるよ リニューアル。

フフッ…。

(俊祐の声)
「うっせえ うっせえ うっせえ」

「嫁でもないのに嫁さん面すんな」

「うっせえよ!」

(ため息)

はあ…。

(一同)いただきます。

おいしそう。
おいしそうだね。

ねえ。
ねえ。

久しぶり。
うん。

なんだよ? 食うのか?

(千華子)そうよ。

うん おいしい。
うん。

萌子美 仕事 順調か?

うん? なんだよ?
フフフフフ…。

いい事が なんかあったのか?

うん。 ハハハ…。

今日ね 涼音さんに

私がお花としゃべる事
バレちゃったんだけど

涼音さん
それは どうでもよくって

私の作る世界を見たいって
言ってくれた。

ハハハ… なんかね 本当に
どうでもいいって感じだった。

そうなんだよね…
他にも 全然気にしない人いるし。

スイセンとしゃべってました。

そうなんだ。

えっ 誰?

誰って事ないけど。

涼音さん いい人じゃないか。
萌子美の才能を見てくれて。

才能だなんて 大げさだよ。

自分の事を
低く見積もるんじゃない。

でも なんか 嬉しいな。

萌子美が 今日あった事を
話してくれるなんて。

うん。
(伸寛)ああ ごめん。

ずっと家にこもってた時の事
駄目って言ってるわけじゃなくて。

私も いろいろ話せて嬉しい。

あっ そっか。
うん。

あっ 萌子美
リニューアルの話だけど…。

リニューアル?
うん。

町の情報誌に
店が載る事になったんだ。

ウェブもあって 宣伝になる。
へえ~。

店のスタッフも 萌子美が作る花を
気に入ってくれて

全体のコーディネートを
萌子美に任せたら

って話になったんだけど…。

うん やってみたらいいと思う。

えっ…。
(伸寛)すごいじゃないか 萌子美!

でも 本当に私でいいのかな?

自分の事を
低く見積もるんじゃない!

みんな 言ってたろ
萌子美の世界が見たいって。

俺も見たい。
(伸寛)お父さんも見たい。

ヘヘヘ…。 うん。

でも… そっか。 そっか…!

どうしたの?

いや… あの昔からのお店が
変わるんだなと思うと…。

ああ… なんか 寂しいの? 意外。

いや そりゃ お父さんは
花屋には絶対ならないぞと思って

税理士になったんだけど…。

まあ ちょっとだけ寂しいけど

その何倍も
リニューアルは嬉しいから。

見た目が変わっても
おじいちゃんの思いは

ちゃんと 変わらずに
俺が守っていくから。

ありがとな 俊祐。
うん。

あっ! 今の

「おじいちゃんの思いは ちゃんと
変わらずに守っていく」

っていうの
情報誌のコメントに使えるな。

ねえ?
うん。

楽しみだなあ 萌子美の活躍。

(伸寛)そうだ!

お店のリニューアルの前に…
みんなで 写真 撮らないか?

あっ うん! そ… そうだね。

ねえ 母さん。

いいわね。

誰かさんが不倫なんかしなきゃ
私も教師になって活躍してたかも。

えっ… 教師って?

今まで話した事なかったけど

お母さん
高校の教員になるはずだったの。

でも 大学4年の時

その人が元教え子と不倫する
っていう大事件が起きた。

諦めるしかないでしょ。

だって 親が教え子と不倫する
高校教師だなんて

いい笑いものだもん。

なりたければ
なりゃよかったんだよ。

なれるわけないでしょ。
いい恥さらし。

(俊祐の声)
「人のせいにしてんじゃねーよ」

♬~「正しさとは 愚かさとは」

(俊祐の声)「そういうヤツが
一番ムカつくんだよ」

ああ…!

♬~「はぁ?
うっせぇうっせぇうっせぇわ」

♬~「あなたが思うより健康です」
(叫び声)

♬~「一切合切凡庸…」

(萌子美の声)
私の相棒はトミーです。

いつか 会えたらいいな。

トミーに よろしくです。

フフフ…。

「トミーに よろしく」だって。

イヒヒヒヒッ…。

あの人
トミーに会いたいんだって。

ヘヘヘヘッ…。
アハハハハ…! フフフ…。

あっ!
あの人の名前 聞いてなかった。

ああ~…。

(涼音)はい お待たせ。
ありがとう。

やっぱり お母さん 来ないね。

(伸寛)声は かけたんだけど…。
ほっとけ!

これで お願い。
はい! 撮りまーす!

おじいちゃん 写真。
(涼音)撮りますよ。

はい パンジー!

(カメラのシャッター音)

次は 涼音さんと真由さんと
お兄ちゃんで。

(涼音)ありがとう。

真由さんは?

私は大丈夫。

ツーショット いい感じ。

ああ… じゃあ…。

はい パンジー。

(シャッター音)

はい。
(涼音)ありがとう。

うん? どうした?

あっ いや…
なんか 重いなって…。

ああ… なんでだろうな…?

はい。

あっ 写真
私のスマホにも送ってね。

うん。
ヘヘヘ…。

(涼音)もらいます。
(真由)はい。

(涼音)皆さーん
温かいお茶でもどうですか~?

(伸寛)おっ それはいいですね。

♬~

あっ ごめん。

お待たせ。
うん。

大丈夫?
うん。

よいしょ…。

萌子美 これ お願い。
はい。

お願いします。
はい。

へえ~ いいじゃん 萌子美ちゃん。
はい。

急いで。
はい。

♬~

(真由)おはようございまーす!
(3人)おはようございます。

あっ 萌子美ちゃんが選んだの?
はい。

いいですよね?
うん。 すっごくいい!

ありがとうございます。

(真由)そうそう 昨日 下の子が
つかまり立ちしたんですよ~。

へえ~。
(真由)もう かわいい…。

はい
わざわざ ありがとうございます。

いいんですよ お礼なんて。
すいません。

吉丸先生に
よろしくお伝えください。 はい。

できた。 ヘヘッ…。

あっ ここにお願いします。
はーい。

花が もっとかわいく見えるね。
(真由)うん。

よいしょ…。

(女子高生)見てみよう。
(女子高生)見てみよう。

えっ かわいくない?
かわいい!

(女子高生)すごいおしゃれだね。
(女子高生)何色がいい?

ただいま。
(真由)おかえりなさい。

お待たせしました。
こちらでよろしいでしょうか?

(女性)ああ かわいいです。

(真由)どうですか?
なんか 気になるもの…。

お待たせしました。
ありがとうございました。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

(真由)いろいろ変えてみたので
よかったら見ていってくださいね。

また お待ちしております。

また お越しください。

あっ お兄ちゃん おかえりなさい。
ただいま。

♬~

(伸寛)おお~
生まれ変わったみたいだなあ。

おっ 萌子美! ハハハ…。

天国のおじいちゃんも喜んでるよ。

萌子美 俊祐 ありがとな。

俺は何もやってないから。

(伸寛)おっ 情報誌 できたよ。

なんだよ!
まだ ふてくされてるのか?

萌子美 ごめん…。

ごめんなさい。

えっ な… 何が?

ごめんね…
萌子美の時間を奪って。

萌子美が 10年 家にこもって
何もしてなかったのは

お母さんのせい。

小さい時から 人と比べて違うと

変だ おかしいって思って
直さなきゃって思った。

萌子美の一番の理解者で
味方なのは お母さんだって

本気で思ってた。

人とのコミュニケーションが
苦手って決めつけて

工場の仕事 見つけてきて…。

その仕事 萌子美に向いてて…

萌子美のためになってるって
本気で思ってた。

本当に ごめんね。

なんにもわかってなかった…。

(千華子のすすり泣き)

お母さんが奪った萌子美の10年間
返せないし

どうしたら許してもらえるのか
わからない。

ごめんね。

ごめんしか言えなくて
ごめんね…。

萌子美は 10年間 本当に
なんにもしてなかったのか?

えっ?

自分の事を
たくさん考えただろうな。

自分 このまま
部屋にこもりっきりなんだろうか。

この先
どうしたらいいんだろうか。

どうせ 誰もわかってくれない。

毎日 自分と
たくさん話をしただろうな。

無駄な事でしょ。

そうやって 無駄に
つらい思いをしたのは 私のせい。

もっと早く
いろいろできたはずなのに…。

いろいろやってただろうが。

萌子美の部屋は いつもきれいだ。

モノたちを大切にしてる。

花屋で無駄になったお花を
持って帰ってきて

自分の部屋に きれいに飾ってる。

なかなか豊かじゃないか。

それが なんなの?

無駄じゃないよ。

みんなと同じように
学校 行ってたら

今みたいに
お花の事 好きにならなかったし

お花をどう扱っていいのか
わからなかったと思う。

お母さん…。

お花を使って 私だから作れるもの
作っていくから。

それは きっと お花も人も
心地良くなれる世界だと思う。

♬~

見て これ。
生まれ変わったみたいだろう。

えっ…
これ お兄ちゃん 半目だよ。

いいの? これ。
嘘でしょ?

ふざけんなよ…!
アハハ! もう載っちゃってるよ。

なんで これ使うんだよ。
他の写真 あったろ。

(真由)萌子美ちゃん 早く早く!

わあ 素敵!

持って。
(千華子)あっ… うん…。

(伸寛)よし! 写真 撮ろうか。

《全然 心地良くねえよ!》

《クソ クソ クソ!》

ちょ… ちょちょ… ちょ…。

あの… 後ろのお花 入ってます?

(涼音)あ~ えっと…
もうちょっと 皆さん 左側に。

左。 はいはい はいはい…。

(涼音)そうですね。
はい これで入ってます。

あっ ちょっと待って。

(涼音)いきますよ。
(伸寛)はい。

(涼音)いきますね。

はい パンジー!

(カメラのシャッター音)

うち この近くだから
寄ってかない?

(伸寛)来た…!
(千華子)来ちゃったじゃない…!

(千華子・伸寛)年下!?
そうみたい。

めんどくせえな…。
えっ…。

あのダッサい花屋が 唯一
俺の居場所だったってわけよ。

萌子美 萌子美って うるせえよ!

〈これまでの放送を見るなら
TELASAで〉

(東海林光夫)フフフフ…。