モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #6[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #6[字]

小芝風花が主演のヒューマンホームドラマ!脚本家・橋部敦子が描く、モノの声が聞こえるちょっとヘンな彼女と家族の物語。この冬、一番あたたかい涙をあなたに!

◇番組内容
萌子美(小芝風花)は、清水生花店のリニューアルをきっかけにSNSを始めることに。自転車の青年・佑矢(加藤清史郎)ともSNS上でつながり交流が始まった。そんな矢先、萌子美はたまたま兄・俊祐(工藤阿須加)のスマホを見てしまい、兄のSNSアカウントを発見する。“いい人”という名前のそのアカウントには兄の裏の顔が…。さらに佑矢が清水家を訪れたことがきっかけで、家族みんなを巻き込む予想もしない事件が起きてしまう。
◇出演者
小芝風花、工藤阿須加、加藤清史郎、水沢エレナ、内藤理沙、田辺誠一、富田靖子、橋爪功
◇脚本
橋部敦子
◇演出
竹園元(テレビ朝日)
◇音楽
【音楽プロデュース】S.E.N.S. Company
【音楽】森英治
【主題歌】GENERATIONS from EXILE TRIBE『雨のち晴れ』(rhythm zone)
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】竹園元(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、布施等(MMJ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/mokomi/
☆Twitter
 https://twitter.com/mokomi_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/mokomi_tvasahi/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 千華子
  2. 萌子美
  3. 岸田
  4. 伸寛
  5. 涼音
  6. クソ
  7. フフッ
  8. 花屋
  9. エヘヘ
  10. 本当
  11. 役者
  12. 佑矢
  13. 大学
  14. 着信音
  15. 目指
  16. お兄ちゃん
  17. お母さん
  18. モノ
  19. 携帯電話
  20. 俊祐

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,000 (2021/09/28 22:33:47時点 Amazon調べ-詳細)

(清水萌子美)スイセンと
しゃべってました。

(岸田佑矢)そうなんだ。

(依田涼音)花と話せるかどうか
なんて どうでもいいです。

(涼音)萌子美ちゃんが作る世界が
見てみたいだけだから。

(清水俊祐)
リニューアルの話だけど

全体のコーディネートを
萌子美に任せたら

って話になったんだけど
やってみたらいいと思う。

(須田 観)楽しみだなあ
萌子美の活躍。

(女子高生)かわいくない?
(桜井真由)萌子美ちゃんが

選んだの?
いいじゃん 萌子美ちゃん。

(俊祐の声)「うっせえ
うっせえ うっせえ」

「嫁でもないのに
嫁さん面すんな」

「みんなクソ」

(清水千華子)ごめんね。

お母さんが奪った萌子美の10年間
返せないし

ごめんしか言えなくて
ごめんね…。

萌子美は 10年間 本当に
なんにもしてなかったのか?

無駄じゃないよ。

私だから作れるもの
作っていくから。

♬~

(涼音)いきますよ。
(清水伸寛)はい。

(涼音)はい パンジー!

(カメラのシャッター音)

ありがとうございます。
(伸寛)ありがとうございます。

(岸田)こんにちは。
こんにちは。

(岸田)あれ?
なんか変わりました?

あっ… はい。

(岸田)ああ… すごい。
エヘヘ…。

(岸田)えっ これ 萌子美さんが?
あっ はい。

本当に?
リニューアルオープンです。

(岸田)えっ…。
あの台とかも自分で作りました。

えーっ! あの白いやつ?
はい。

(涼音)ホームページ できました!
こんな感じでどうでしょう?

(真由)いい感じじゃない!
ねえ 店長。

うん。
萌子美ちゃん どう?

かわいいです!

(真由)あっ これ
萌子美ちゃん作ったやつだね!

そうそう そうそう…。
(真由)かわいい!

(ため息)

あっ お兄ちゃんも
SNSやってるよね。

…えっ?
見つけたよ。

ああ~ 最近 全然使ってないけど。

私も やってみようかな。
えっ?

教えてくれる?

…うん。
フフッ。

(携帯電話の通知音)

(千華子)ねえ 萌子美。
うん?

お客さんと仲良くなる事って
あるの?

仲良くって?
(千華子)話したりとか。

ああ… 今は まだ あんまり。

(千華子)なんか
親しそうだったから。

ほら 若い男の子と
話してたじゃない 赤い服着た。

…お客さんじゃないけど。
(千華子・伸寛)えっ?

(千華子)どこで知り合った子?

どこだっていいじゃん。
(座卓に足をぶつける音)

(千華子)言えないような
知り合い方?

そんな言い方されたら
話したくもないよな~。

(千華子)今は ネットとかで
気軽に知り合えるから

ちょっと心配なだけ。
ネットで知り合っちゃ駄目なの?

駄目とかじゃなくて
お母さんの若い頃には

考えられない事だから。
(伸寛)そうだぞ。

あっ お父さんとお母さんは
どうやって知り合ったの?

えっ?
大学のテニスサークル。

えっ テニスやってたの?
(伸寛)うん。

じゃあ お母さん あの短いの
はいたの? これくらいの。

はいたかな~。
かわいかったな。

未来の夫がテニスウェアで決まる
っつってな

随分 小遣い せびられた。
(伸寛)えっ…。

余計な事 言わなくていいの!
今は やらないの?

(千華子)お母さんの話じゃなくて
萌子美の話でしょ。

なんの話?

萌子美が話してた 若い男の子よ。
ああ デリバリーの子?

(伸寛・千華子)デリバリー!?
(千華子)えっ… ナンパされたの?

ナンパしたの。
(千華子)はっ…!?

(伸寛)冗談だよな?
さすが 俺の孫だな。

(伸寛)冗談だよな?

萌子美は免疫ないんだから
男の人との付き合いは慎重にね。

悪い人じゃないから。
どうして わかるの?

そうだぞ。

その人が乗ってる自転車が
言ってた。 大切にされてるって。

うーん… あのね…。
お母さんたちの考えより

自分の感覚 信じる。
でも…。

いいぞ いいぞ!
いや だから…。

学生さんって事?

そうなんじゃないの?

違うよ。
(千華子)フリーターって事!?

(伸寛)えっ!

目指してる事があるから。

いつ そんな話 したの?
何 目指してるの?

税理士とか?

あっ…。

青春だね! ヘヘ…。

よし 5-6で決まり!

あっ…。

(操作音)

あっ!

あった! あっ… 見て!

エヘヘ… アハッ…!

(岸田の声)「役者目指してます!」

♬~

フフッ…。

フフッ…。 トミー。

はい チーズ。
(シャッター音)

フフッ…。

♬~

(投稿する音)
フフフフ…。

(携帯電話の着信音)
うわっ びっくりした。

えっ なっ… なんで!?
なっ…! なんで!?

(岸田の声)
「トミーかわいいですね」

「花屋さんですか?」

えっ あっ…! えっ なんで!?

なんで? なんで…!? エヘヘ…!

(操作音)

♬~

(携帯電話の着信音)

(萌子美の声)「はい」

♬~

(着信音)

(着信音)

(岸田の声)「名前
ちゃんと言ってませんでした」

「岸田佑矢です」

(萌子美の声)「清水萌子美です」

フフッ…。

♬~

ありがとうございました!
また来てくださいね。

(涼音)はい… はい。

わかりました。 すぐに。
失礼します。

(涼音)店長! 青山さんの配達
1時間 間違えてます!

えっ マジ!? やっば!

やばい…!

いってらっしゃい。
いってきます!

(真由)いってらっしゃい!
いってきます!

(モノの声)

(俊祐の声)「全然心地よくない
クソ クソ クソ」

えっ…?

俺のスマホ 見なかった?

見てないけど…。
ないんですか?

うん…。

♬~

ああ…。

♬~

(俊祐の声)「全然心地よくない」

「クソ クソ クソ」

「人のせいにしてんじゃねーよ」

「そういうヤツが
一番ムカつくんだよ」

「うっせえ うっせえ うっせえ」

「嫁でもないのに嫁さん面すんな」

「うっせえよ!」

「不倫したくてもできないやつw」

「人に迷惑かけるなと言い
一番迷惑かけてるやつw」

「元教え子と不倫w」

「クソ」 「みんなクソ」

♬~

(携帯電話の着信音)

(岸田の声)
「萌子美さん こんばんは」

えっ! あっ…。

こ… ゆ… 佑矢さん? 佑矢くん?

えっ どっ… どっち!?
えっ えっ…。 あっ…。

ゆ… 佑矢さんで
だ… 大丈夫だよね?

フフ…。

友達いないとか
言わないほうがいいかな?

いっか…。

♬~

(岸田の声)「そうなんだ」

(萌子美の声)「はい」

(岸田の声)「僕は 萌子美さんの

貴重な
リアルな友達ってことですね」

フフッ…!

(萌子美の声)「はい」

(岸田の声)
「リアルで話しませんか?」

あっ…。

ウフッ! アハハ…!

フフフフ…!

あっ…。

フフフ… 元気だね。
(モノの声)

寒くないの?
(モノの声)

あっ そうなんだ。
(モノの声)

あっ… ありがとう。 エヘヘ…。

(足音)

あっ…。

今 花としゃべってました?
はい。

花としゃべるって 本当にしゃべる
って意味だったんだ。

えっ…。
そうなんだ?

エヘヘ… はい。

もう一回 見てみたいな。
なんか楽しそうだったから。

嫌です。
なんで?

嘘です。 エヘヘ…!

♬~

やっぱり 嫌です!
えっ なんで?

あっ グレッグ!

♬~

こんにちは。

今日もご機嫌だね。
フフッ。

ねえ ちょっと止まって。
ん? うん。

(涼音)ねえ
あれ 萌子美ちゃんじゃない?

えっ?

(涼音)彼氏?

前にも言ったと思うけど

萌子美 ほとんど
人と接してこなかったから…。

ちょっと行ってくる。
(涼音)はっ?

2… 3…。
3年?

それくらい。
萌子美。

あっ… あの 兄です。

こんにちは。

友達?

あっ… うん。

岸田です。

うち この近くだから
寄ってかない?

えっ?

はい!

みんなでご飯食べる事になった。

はあ?
私とご飯行く約束だったよね?

ごめん。 まさか
来るとは思わなかったから…。

じゃあ なんで誘ったの?

あっ いや…
家族の顔をちらつかせれば

萌子美に変な事できないかなと
思って。

私も一緒にお邪魔しちゃおうかな。
えっ?

帰る。
あっ 涼音ちゃん…。

ねえ 私が彼女だって事
いつまで隠しておくの?

いや… それは…。

よーくわかった。 もう別れる。

えっ 涼音ちゃん…?
デートもダッサい花屋の車だし!

涼音ちゃん! 涼音ちゃん…!

チッ… 面倒くせえな…。

(千華子)急に言うから
こんなんしか作れなかったけど…」

十分でしょ。

あと なんか忘れてない?
片付いてるわよね?

十分でしょ。
(千華子)ちょっと…!

なんで 今 飲んでるのよ?
(伸寛)ん?

はあ!? 萌子美が
男の人 連れてくるのよ?

フリーターは認めないから。

俺も飲もうかな!
(千華子)ちょっと…!

あっ メイク…
メイク忘れてた…!

ただいま。
来ちゃったじゃない…!

おかえり!
来た…! 来た 来た 来た!

(足をぶつける音)
あっ…。

いらっしゃい!
(千華子)あっ…。

(伸寛)どうも どうも どうも。
寒かったでしょ。

萌子美の父です。

母です。

はじめまして 岸田佑矢です。

上がって。

(千華子)へえ~ 静岡出身なの?
はい。

(千華子)じゃあ
今 一人暮らし?

はい。 ここから近いです。
(千華子)へえ~。

デリバリーのバイトしながら?
はい。

(千華子)フリーターって事?
そうですね。

(千華子)ああ そうなの~。
(岸田)はい。

(せき払い)
まあ… 飲もう。

(岸田)あっ…。
せっかくですが 19なので。

ああ…。 えっ?
(千華子)えっ?

(千華子・伸寛)年下!?

そうみたい…。
(岸田)あっ そうなんだ。

私 22。

やるな 萌子美。

(千華子)なんだ 年下なんだ。
子供ね。 あっ…。

あの… 人生 これからよね。
(岸田)はい。

僕 役者 目指してるんです。
(千華子・伸寛)役者?

志村喬さんみたいな。

(千華子)えっ?

渋いね~。

(千華子)あっ… ああ~。
(伸寛)あっ はいはい はいはい…。

どんな人?
あのね…。

ブランコのってるんだよ。

…まあいいや。

今度 DVD渡すね。
うん。

そういえば 俺の知り合いにも

通ぶって
役者 目指してる奴がいたな。

結局 役者で売れなくて
バイトが本業になってたけど。

僕は 4年間は
親が援助してくれるんです。

ああ…
ハングリー精神が全くないんだ。

そんなので売れるの?
お兄ちゃん。

ハングリー精神と 売れる事って
関係あるんですか?

えっ?

苦労せずに売れるなら
そのほうが良くないですか?

僕が大学に行くと思って

親が せっかく ためてくれた
お金なので

使わせてもらってます。

大学のためのお金でしょ?

将来に向けて学ぶためのお金です。
だから 大学でも 劇団でも

学ぶ事に変わりはないって
言ってくれてます。

(千華子・伸寛)へえ~。

うちは そうはいかないわよね。

大学行かず 劇団入るって
言われたら 反対してるだろうな。

そういえば 俊祐って 大学で
演劇サークルやってなかった?

(岸田)えっ… お兄さん
芝居やってたんですか?

俺は
岸田くんのお兄さんじゃないけど。

あっ 俺はね おじいちゃんって
呼んでくれていいよ。

あっ はい。
劇団入ったのって 本当は

大学落ちたからだったりしない?
お兄ちゃん。

大学受験はしてないです。

高校で受けなかったのは
僕だけでした。

地元では名のある
進学校だったんですけど。

(千華子)へえ~。 勉強できるのに
大学行かなかったなんて

勇気あるのね。

売れなかったら どうするの?

その時 考えます。

そんな行き当たりばったりな
考えで いいと思ってるの?

絶対安全な道なんて
ないですから。

(千華子)そうよね。
私たちが若かった頃とは違うもの。

どんな時も
柔軟にやっていきたいです。

(伸寛)もしかして 佑矢くんって
最先端なんじゃない?

(千華子)フフッ…。 佑矢くん ほら
遠慮しないで どんどん食べて。

(伸寛)どうぞ どうぞ。
(岸田)はい。

これだけ質問攻めにされたらな
食ってられないな おちおち。

岸田くん
おなか減ってないんじゃないの?

ペコペコです。 いただきます。

(千華子)わあ~ 食べて。 はい。
(岸田)ありがとうございます。

(千華子)これ 自信作。 お肉~。

あっ おいしそう。 いただきます。
(千華子)はーい。

(伸寛)肉じゃがも。
(岸田)肉じゃがも。 頂きます。

(伸寛)どうぞ どうぞ。
(岸田)肉じゃがも頂きます。

(千華子)お箸 延ばしてね。
(岸田)はい。

(千華子)おいしい?
(岸田)…まだ食べてないです。

(千華子)あっ ごめん ごめん!
(伸寛)ハハハ…。

(ドアの開く音)

あっ おまたせ。

あっ 生トミーだ。
ウフフ…。

トミー またな。

またね。

じゃあ。
うん。

♬~

よいしょ。

♬~

(伸寛)佑矢くん
しっかりしてるね。

(千華子)うん。 柔軟にやっていく
って すごくない?

いや… 19の時って 俺たち
そんな考えてないよね ここまで。

(千華子)フフフ…
私は考えてたわよ~。

(伸寛)嘘~? へえ~。
今の子は しっかりしてるよね。

(千華子)ほら しっかり拭いて。
手 止まってるわよ。

彼にいろいろ聞いたのは
萌子美のためだから。

うん…。

お兄ちゃん。

うん?

なんだよ。

大丈夫?

えっ?

今 「大丈夫?」って言った?

うん。

それ 俺のセリフだけど。

えっ?

昔から いじめられた萌子美を

「大丈夫?」って心配する
いいお兄ちゃん。

それが 俺の役。

おじいちゃんの花屋を継いだ
家族思いで

地元のお年寄りから人気の
花屋の店長。

それが 俺の役。

全部 役だから!

(千華子)ねえ
どうしたっていうの?

ああーっ! ああっ! ああっ!
(壁を殴る音)

ああ… ああっ!

こ… これは何の役だ?

ハハハハ… 馬鹿なのか?

ば… 馬鹿?
うん 馬鹿だな。

役じゃねえし。 本当の俺だし。

はあ…。 チッ。

はあ…。

本当の俺はよ
全部 中途半端なんだよ。

役者の夢も中途半端。

(千華子・伸寛)役者?
えっ いつ目指してたの?

花屋を継いだ理由も中途半端。

じいちゃんの店を守るって
言ってたぞ。

就活から逃げただけだし。

でもさ あのダッサい花屋が 唯一
俺の居場所だったってわけよ。

はあ…。 ガキの頃から
みんな 萌子美 心配して。

頭の中 萌子美の事でいっぱいで。

萌子美 萌子美って うるせえよ!

俺が一人で守ってきた花屋
どうなってるよ?

萌子美の世界に染まっちまって

俺の居場所 奪われたって事
わかってる!?

っていうか みんな わかれよ!!

ちょっと落ち着こう。

結局 全部
萌子美が持っていってるんだよ。

♬~

(荒い息)

(千華子)何も心配ないって
思ってきたのに。

中途半端 いいじゃないか。
(せき込み)

お店を閉めずに
なんとかできませんか?

(涼音)店長みたいな
アレンジメントって言われても

わかんないよね。
何も聞こえない…。

(岸田)えっ?
しゃべれなくなった…。

(伸寛)父です。
(千華子)母です。

(涼音)デートも
ダッサい花屋の車だし!

〈これまでの放送を見るなら
TELASAで〉

(吉丸圭佑)〈今日は
『富豪教師Q』第6話の放送日〉