モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #8[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~ #8[字]

小芝風花が主演のヒューマンホームドラマ!脚本家・橋部敦子が描く、モノの声が聞こえるちょっとヘンな彼女と家族の物語。この冬、一番あたたかい涙をあなたに!

◇番組内容
萌子美(小芝風花)は兄・俊祐(工藤阿須加)のハサミを使ってフラワーアレンジメントを作って以来、体に異変が起こっていた。モノと話すことが出来なくなってしまったのだ。心配をかけたくない萌子美は、佑矢(加藤清史郎)にだけ自分の不安を打ち明けた。一方、両親にも新たな問題が。伸寛(田辺誠一)が突然、「田舎暮らしを始めたい」と言い出したのだ。家族がすれ違う中、佑矢が夕食を食べに清水家を訪れたことでさらに…。
◇出演者
小芝風花、工藤阿須加、加藤清史郎、水沢エレナ、内藤理沙、田辺誠一、富田靖子、橋爪功
◇脚本
橋部敦子
◇演出
鎌田敏明
◇音楽
【音楽プロデュース】S.E.N.S. Company
【音楽】森英治
【主題歌】GENERATIONS from EXILE TRIBE『雨のち晴れ』(rhythm zone)
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】竹園元(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、布施等(MMJ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/mokomi/
☆Twitter
 https://twitter.com/mokomi_tvasahi
☆Instagram
 https://www.instagram.com/mokomi_tvasahi/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 萌子美
  2. 佑矢
  3. 自分
  4. 普通
  5. 伸寛
  6. 俊祐
  7. 千華子
  8. 田舎
  9. 本当
  10. トミー
  11. 仕事
  12. 大丈夫
  13. 調子
  14. モノ
  15. 移住
  16. 今日
  17. 部屋
  18. アレンジメント
  19. 明日
  20. 裏切

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



created by Rinker
¥2,750 (2021/06/22 16:16:22時点 Amazon調べ-詳細)

(清水俊祐)これにて
いいお兄ちゃんの役を

降板させて頂きます。

(清水萌子美)お店を閉めずに
なんとかできませんか?

(岸田佑矢)
お兄さんが戻るまで

お店 守るって言ってましたよ。
何様だよ。

(依田涼音)
ああ… どうしよう。

兄が作るようなアレンジメント
私 作ります。

(涼音)
すごい 萌子美ちゃん!

おかえり。
どうせ 思ってんだろ?

家出まで中途半端だって。

(須田 観)
中途半端 いいじゃないか。

(涼音)どうかした?
あっ いえ…。

ちょっと疲れちゃったから
今日は休ませてもらった。

何も聞こえない…。

えっ?

しゃべれなくなった…。

お花たちも モノたちも…。

トミーとも。

急に?

うん。

そうなんだ…。

うん。

びっくりした?

うん。 すごくびっくりして…。

そっか。

じゃあさ 僕といっぱい話そう。

ねっ。

うん…。

ありがとう 佑矢くん。

あっ… 佑矢さん。

ハハッ…
大丈夫だよ 萌子美ちゃん。

あっ… 萌子美さん。

フフ…。

(桜井真由)
明日11時 ご来店で

シラハマ様ですね。

はい… はい。
ありがとうございます。

(涼音)萌子美ちゃんには
本当にびっくりしたよ。

何が?

萌子美ちゃん
俊祐が作るみたいな

オーソドックスなアレンジメント
全然作れなかったんだけど

俊祐のハサミに触れたら
できたんだよ。

えっ どういう事?

わかんないよ。

なんとかしなくちゃ
いけなくなって

とっさに思いついて
やってみたら

なんか できたって感じだったよ。

(清水千華子)
お昼 お弁当あるから。

(清水伸寛)えっ!?

作ってくれたの?
買った弁当に見える?

いただきます。

おお…!

♬~

うまい。

でもさ どうして お弁当なの?

(伸寛)おいしい。

はあ…。

あのさ…。
ん?

話があるんだけど…。
何?

それ 終わってからでいいよ。
今じゃ駄目なの?

ちゃんと話したいからさ。

気になるじゃない。 何?

あっ… うん…。

これからの事なんだけど
ちょっと考えてる事があって。

うん。

田舎で暮らせないかなって
思ってる。

は?
田舎っていうのは

軽井沢とか 八ヶ岳とか。

もちろん 仕事は続けるよ。

でも 仕事量を
減らせるだけ減らして

できるだけ ゆったりとした生活が
できないかなと思って…。

無理に決まってるでしょ。

駄目かな?
何を言い出すかと思ったら…。

ちょっとぐらい考えて…。

お弁当 作ったぐらいで
調子に乗らないでくれる?

いや… あっ…。

立ち聞き?

感じ悪いなあ…。

本当なの?
田舎で暮らしたいって事ですか?

いや お弁当 作ってもらって
調子に乗った事。

いや そっち?
即 却下だったね。

話せる雰囲気だと
思ったんですけどね。

伸寛くんさ 千華子と一緒になって
変わっちゃったね。

それは…。
なんか つまんなくなっちゃった。

そりゃあ 男は結婚すれば
誰だって変わるんじゃ…。

あっ… カッコ お義父さんは除く
ですけど。

照れるな…。

ただいま。

おかえり。 どう? 具合は。

うん もう大丈夫。

晩ご飯 食べたいもの ある?

夜だけど 佑矢くん呼んでもいい?

うん もちろん。

佑矢くん 来るの?

佑矢くん バイト終わってからだと
遅くなるから

私 佑矢くんと あとから食べる。

うん。 俊祐も
遅くなるような事 言ってた。

うん。

トミー。

(秒針の音)

ただいま~。
(伸寛・千華子)おかえり。

あれ? まだ食べてなかった…?

腹減ったよ~。

(チャイム)
あっ 来た!

はい。
「岸田です」

はーい。

(舌打ち)
あいつかよ…。

どうぞ。

(岸田)お邪魔します。

ご飯 また たくさん食べてね。

ありがとうございます。
(伸寛)どうぞ どうぞ。

お母さん 部屋で食べるね。
(千華子)えっ?

いただきます。

(千華子)ああ… うん…。

どうぞ。
お邪魔します。

何やってんだ?

シッ!

トミー。

食べよっか。
うん。

ああ…。 ねえ もう
飯 食い終わってるよね?

そうなんじゃない?
何やってんのかな?

やっぱ まずいんじゃないかな。
(千華子)何が?

(伸寛)いや だって
部屋に二人っきりだよ。

はあ?
佑矢くん 19歳の立派な男だし…。

ベッドあるし。
お義父さん!

ねえ やっぱ 上 見てきたほうが
いいんじゃないの?

私たちが下にいるのに あの部屋で
何かするとでも思ってるわけ?

えっ 何?
いや…。

あっ…。
あっ あの時か!

いえ 違いますよ。
伸寛くん 家に来た時

千華子の部屋で
イチャついてただろ?

ちょっとチューしただけじゃない。
そうだけど…。

調子こいてんな。
えっ?

ああ 萌子美だよ。

ほら 俺がいない間 店を守るとか
なんとか言っちゃって

ちゃんと店を守ったから
調子こいてんだよ。

あっ ほら
萌子美の変な力 あるじゃん。

モノがしゃべるとか 泣くとか。

あれ やっぱり ガチらしくて

その力で
店のピンチ 救ったんだって。

ガチって… 何かしたの?

俺が作る オーソドックスな
アレンジメントは作れないのに

俺のハサミ握ったら
作れるようになったんだって。

えっ?
どういう事?

全然わかんない…。
多分 俊祐に

同調しちゃったんじゃないかな?

だから 俊祐ができるような
アレンジメントも

自分が作れるようになった。

余計わかんないんだけど…。

つまりさ 俺にはない力があって
活躍して 仕事の次は男。

引きこもってた分
はっちゃけてんだよ。

はっちゃけてる…。
はっちゃけなのか?

やりたい放題かもな~。

ねえ やっぱり
上 見に行ったほうが

いいんじゃないかな?
私?

父親が出てったら
佑矢くん 引くって。

母親だって そうでしょ。

(足音)
あっ 来た。

ごちそうさま。

ごちそうさまでした。

お母さん
すごくおいしかったです。

お母さん?
そう よかった。

よくねえよ。
帰るの?

はい。
ああ そう…。

さようなら。
失礼します。

はーい。
じゃあ。

おじいちゃん お兄さんも
失礼します。

お兄さんじゃねえっつうの…。

今日はありがとう。
うん。

またね 萌子美ちゃん。

またね 佑矢くん。

萌子美。
ん?

ちょっといい?

俺が言うのも なんだけどさ…。

今日 早退したろ?

うん。

遅くまで 男 連れ込んで
何やってんだよ?

「連れ込む」っていう言い方は
似つかわしくないんじゃないか?

俊祐がいない間
お店 頑張ってくれたんだし…。

だから「俺が言うのも なんだけど」
って言ってんじゃん。

明日 仕入れあって
朝早いけど どうすんの?

行くの? 行かないの?

行かない。

はあ? ねえ 花屋なめてる?

萌子美はさ
花を見分ける能力があるんだから

ちゃんとやってくれないと。
ごめん…。

ごめんじゃなくてさ…。

私… しゃべれない。

はあ?
いや しゃべれてんじゃん。

花としゃべれなくなった。

えっ?
えっ どういう事?

花だけじゃなくて 全部。

トミーとも しゃべれなくなった。

普通になったって事?
「普通」ってなんだ?

いつから?
今日。

自分の部屋にいると
シーンとしちゃって 慣れなくて

佑矢くんに来てもらった。

そうだったの。
そっか そっか…。

どんな感じだ?

びっくりして 戸惑ったけど…
大丈夫。

そうよ。 それが普通なんだから。

「普通」ってなんだ?

あなたが普通じゃないって事は
確か。

お兄ちゃん…。

それでも お店は続けたい。

もちろん いいわよね?

うん まあ…。

ありがとう。
うん…。

♬~

おやすみ。

おやすみ。

♬~

あっ ちょうどよかった。
あのー 電気 消してってくれ。

おじいちゃん もう寝ます。

おやすみ!

♬~

なんか用があるなら
早く言わないと もう寝ちゃうよ。

俺のせいかな?

何が?

萌子美が 花やモノと
しゃべれなくなったの…。

どうして そう思うの?

いや… ほら 萌子美に
ひどい事 言っちゃったじゃん。

萌子美 萌子美って うるせえよ!

俺の居場所 奪われたって事
わかってる!?

っていうか みんな わかれよ!!

萌子美の事 深く傷つけた。

だから
しゃべれなくなったのかな?

それで しゃべれなくなったかは
わからん。

ただな 言葉の威力ってのは
想像以上に大きいからなあ。

どうしたらいい?

まあ ほっとけ。

えっ?

おじいさんは
もう おねんねです。

♬~

おやすみ。
うん おやすみ。

(秒針の音)

(バイクの走行音)

(秒針の音)

♬~『雨のち晴れ』

(真由)
そうだ 明日の天気予報 見た?

いえ 見てないです。
すいません。

はーい。
いらっしゃいませ。

あの 昨日 予約した
白濱ですけど…。

えっ… えっ?

嘘… ほ… 本物…!

いや… はい。

(真由)も… 萌子美ちゃん!
白濱… 白濱亜嵐!

(涼音)シッ! し… 失礼ですよ。
いや 大丈夫ですよ。

こちらです。

あっ…
うわあ 素敵なお花ですね。

ありがとうございます。
(真由)ありがとうございます…。

みんなファンで 応援してます。
頑張ってくださいね。

(白濱)ありがとうございます。

ありがとうございました。
ありがとうございます!

あっ そうだ。

雨のち晴れですよ。

明日の天気予報 雨のち晴れです。

♬~『雨のち晴れ』

じゃあ。

じゃあ…。

(2人)わあ~…!

あっ お金!

お金 お金…!

♬~

クリーニング屋さん
届けてきます。

はい。
お願いします。

なんとなく お花の感じ
変わったような気がするし

変わってないような気もするし…。

萌子美ちゃんが
明るくて元気だから。

うん… そうですよね。

(クラクション)

(携帯電話の着信音)

(女性の笑い声)

(ざわめき)

(千華子)今日はね 全部
初めて作ってみましたシリーズ。

どれもうまそう!
しかも 全部簡単。

便利よね
ネットで調べれば

いくらでも
簡単レシピが出てくるから。

ネットかよ!
何? それ。

いや 自分で考えたのかと
思ったんだよ。

そんな暇じゃないから。
いただきます。

いただきます。
いただきまーす。

もしかして 気ぃ使ってくれた?

そういうわけじゃないけど…。

大丈夫だよ。
これが普通なんだし。

別に
なくてもよかったものなんだから。

「普通」ってなんだ?

22になって

ぬいぐるみと一緒に寝てるって
やっぱり変だし。

トミー どうするの?

とにかく
早く普通の生活に慣れたい。

そうね。
「普通」ってなんだ?

とにかく 萌子美が元気なら
それでいいからさ。

うん。 いただきます。

あっ そういやさ

移住の話 どうした?
移住? なんの事?

田舎で暮らすっていう…。
(千華子)ああ…。

なんか
そんなような事 言ってたけど

とっくに済んだ話だから。
(伸寛)えっ…。

どういう事?

お父さん
田舎で暮らしたいんだって。

(萌子美・俊祐)えっ?

ああ。 そうなんだ。

えっ 引っ越すの? この家は?

仕事どうすんの?
っていうか 俺と萌子美は?

そんなの
無理に決まってるんだから。

田舎って 人間関係が大変でしょ?

癒やしを求めて
都会から移住したのに

ご近所付き合いが
うまくいかなくて

癒やしどころか
かえって疲れるっていうじゃない。

そういう事もあるけど…。

車がなきゃ
生きてけないっていうし。

私 免許持ってないから。
まあ そうだけど…。

どうして
急に行きたくなったの?

ああ 急じゃないんだ。

急でしょ?
そんな話 聞いた事ないもの。

あっ そういう事だったのね。

えっ?

仕事を在宅にしたのは
移住の準備だったんでしょ?

他にも 隠してる事
あるんじゃないの?

本当は お客さん減ってるとか。

えっ 本当なの?

減ってるっていうか…

持ってかれた…。
誰に?

島崎。
部下の?

島崎さん 事務所辞めて
うちのお客さん 持ってったの?

裏切られたって事?
いやいや…。

だって お客さん
持ってかれたんでしょ?

裏切られたって事じゃない。

俺が 彼に裏切らせた。

裏切らせた…?
日本語 おかしくない?

独立するなら

俺に相談してくれれば
よかったんだけど

なんにもなくて
ショックだったよ。

そりゃそうよ。
弟みたいに かわいがってたのに

勝手に独立するなんて ひどい!

独立 考えてた事
気づいてやれなかった。

今 考えると かわいがってた分

自分の近くに
置いておきたかったんだと思う。

もしかしたら あいつ

俺に いいように使われてるだけ
って思ったのかもな。

いや… ショックだったよ。

でさ 事務所の事
いろいろ考えてたら

そもそも
自分はどうしたかったんだ

っていう事になって
考えてたら 思い出したんだ。

田舎で税理士やりながら
自分で野菜を作る生活。

昔は そんなの現実的じゃないし

仕事するなら都会だって
思ってたけど

今なら できるんじゃないかって
思ったんだ。

調子こいてんな。
そんな簡単に言わないで。

意外と簡単なんじゃないか?
いい加減な事 言わないで。

そうなんですよ!

移住しちゃえばいいって事に
気づいちゃったんです。

この家 簡単に手放せるの?
うん。

嘘…。

税理士なんていう
堅そうな仕事して

地に足つけて生きてます
みたいな感じになってるけど

元々 俺って
ふわふわしてたじゃん。

(俊祐・萌子美)そうなの?

付き合ってた時にさ

突然 俺が 何も言わずに
フラッと1人で旅に出るから

よく怒ってた。
へえ~。

そういうとこ直すって言うから
結婚してあげたのに。

元々の自分に戻りたかった。

今でも 戻りたいって思ってる。

戻れ 戻れ! はい!

(手をたたく音)

本当の自分を思い出せ!

(手をたたく音)

♬~

♬~

♬~

(岸田)萌子美ちゃん。

佑矢くん。
急いで来てくれたの?

そのほうがいいと思って。

どうしたの?

自分が どこにいるのか
わかんなくなっちゃった。

私が私じゃないみたいで…。

私の「普通」は
お花やモノとしゃべれる事で…。

私は 他の誰にもなれなくて…。

佑矢くん… 怖い…。

今の私は… 私じゃない…。

♬~

本当に怖いね。

(泣き声)

(伸寛)モノと話せなくなった事 全然
大丈夫じゃないんじゃないかな?

おじいちゃん 本当に不倫したの?
好きになっちゃったものは

しょうがないもん。
出てけ!

一緒に暮らさない?
えっ?

(伸寛)田舎で暮らすって
決めたんだ。

またトミーと話したい!
お願い 教えて。

あの時か!
いえ 違いますよ。

調子こいてんな。
本当の自分を思い出せ!

〈これまでの放送を見るなら
TELASAで〉