[新]金曜ドラマ「俺の家の話」第1話「濃すぎる家族の全力介護が始まる!」※15分拡大…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[新]金曜ドラマ「俺の家の話」第1話「濃すぎる家族の全力介護が始まる!」※15分拡大

[字][デ]金曜ドラマ「俺の家の話」 主演・長瀬智也×脚本・宮藤官九郎の最強タッグでお届けする濃すぎる家族が織りなす、笑いと涙の王道ホームドラマ!いよいよスタート!

詳細情報
番組内容
主演・長瀬智也×脚本・宮藤官九郎の最強タッグでお届けする、笑いと涙の王道ホームドラマ!主人公・観山寿一(長瀬智也)はさんたまプロレスの人気プロレスラー、幼いころに家出して以来、実家に帰っていない。そんなある日、人間国宝で能の宗家である父・寿三郎(西田敏行)が突然の危篤に・・・。25年ぶりに実家に帰った寿一は、幼馴染の寿限無(桐谷健太)、妹の舞(江口のりこ)、弟の踊介(永山絢斗)に再会するが・・・。
出演者
長瀬智也、戸田恵梨香、永山絢斗、江口のりこ 
荒川良々、三宅弘城、平岩紙、秋山竜次 / 桐谷健太、西田敏行
井之脇海、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、羽村仁成(ジャニーズJr.)、勝村周一朗、長州力

脚本
宮藤官九郎(NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」、「タイガー&ドラゴン」、「池袋ウエストゲートパーク」)

スタッフ
演出:金子文紀
チーフプロデューサー:磯山晶
プロデューサー:勝野逸未、佐藤敦司

公式ページ
◇番組HP
https://www.tbs.co.jp/oreie_tbs/

◇twitter 
@oreie2021

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 親父
  2. ブリ
  3. 踊介
  4. 寿限無
  5. 宗家
  6. YO
  7. 介護
  8. 秀生
  9. ブリザード
  10. 寿一
  11. ナス
  12. 羽衣
  13. 長男
  14. 天人
  15. プロレス
  16. 寿三郎
  17. 野菜
  18. ウェーイ
  19. ブリザード寿
  20. ホント

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



TBS
created by Rinker
¥2,750 (2021/09/17 21:35:33時点 Amazon調べ-詳細)

4 3 2 1 スタート

(寿一)ああっ!

ああっ! あっ あっ

ブリさん

(原)よっしゃ~ ブリさん ナイス

ブリザード!

<ロープに飛ばされてる最中だが 今から俺の家の話をする>

<俺の家には 舞台があった>

《(寿限無)あ~っ! あ~っ》

《どうだ ギブか? ギブか?》

《あっ…》

<親父は日本を代表する能楽師>

<人間国宝だ>

<観山寿三郎 二十七世 観山流宗家にして>

<重要無形文化財 各個認定>

<全日本能楽協会理事長>

<全国に1万人以上の門弟を持つ>

《(小池谷)こらっ 寿限無!》

<親父は決して 俺を叱らなかった>

<一緒に悪さしても>

<叱られるのは決まって 弟子の寿限無だけ>

《(寿三郎)♬~それは天人の》

《♬~羽衣とて》

《♬~それは天人の…》

<きょうだいは 年子の妹・舞と>

<7つ下の弟・踊介>

<母さんは 優しくて控えめな人だった>

<控えめすぎて>

<顔も思い出せない>

(コタツ)ブリさん ギブアップ?

ブリさん 足 使って
足 足 ブリさん!

<親父は 長男の俺を 跡継ぎにしようと考えた>

<4歳で初舞台を踏むと>

<俺は才能を開花させ 神童と呼ばれた>

<だが 親父は 決して俺を褒めなかった>

《動くな》

<親父に褒められたい一心で 俺は稽古に励んだ>

動いて!
《動くな》

動けるよ!
《どうして動くんだよ》

<あのまま 稽古を続けていれば>

<今頃 俺は…>

ブリさん 集中!

分かってる

(原)ブリさん

ヤーッ!

ヤーッ!

きた~っ 寿固め!

(コタツ)ヘイ 多摩 ギブなの?

俺は もっと親父と

しゃべりたかった!

<だが 親父のまわりには いつも大勢の大人がいた>

<袴姿で 「いよおっ」とか 「ええい」とか>

<「さてさて」とか 奇声を発する>

<何考えてるか分からない 無表情の大人達>

<いつしか 親子の会話は消滅した>

《坊ちゃん 宗家が「足を崩すな」と》

《うらやましいよ 逆に
ハハハハハ…》

<俺は 親父の顔色を うかがいながら成長し>

<やがて…>

う~っ
何? 分かんない 何?

こ… こ… こきが…

更年期?
は…

はっ?
反抗期…

反抗期が来た!

ブレイク ブレイク ブレイク…

《ウェーイ ウェーイ ウェーイ》

《ウェーイ》
《ウェーイ すげえじゃん》

《何やってんだ 寿一》

<さすがに これは怒られた>

《お前は 俺の跡を継ぐんだぞ》

《二十八世宗家の》

《自覚を持て 自覚を》

《何で俺なんだよ》

《寿限無のほうが うまいじゃん》

《何で俺なんだよ!》

《そういうもんなんだよ》

《「そういうもん」じゃ分かんねえし
分かんなきゃ継げないよ》

<16のとき 母さんが死んだ>

<46歳の若さだった>

<親父は その年の演劇賞を総なめにして>

<17歳で 俺は能を捨て>

<プロレス界の門を開いた>

<そこでの俺は 大勢いる門下生の 一人にすぎなかった>

<誰も俺を特別扱いしない>

<怠ければ ゲキが飛び 努力は正当に評価される>

<会長を頂点にした 完全な家族>

<俺の求める家族の姿が そこにあった>

《オウ オウ オウ オウ…》

<超獣ブルーザー・ブロディに 憧れていた俺は>

<「ブルーザー寿一」という リングネームで>

<デビューすると決めていた>

<だが…>

《青コーナー》

《ブル… ブル…》

《ブリザード寿!》

<デビュー当時のブリザード寿は アイドルレスラーだった>

<得意技は 寿固めと ブリザードチョップ>

<初めて 長州さんと 対戦した年に結婚>

<武藤さんと対戦した年に マンションを買い>

<蝶野さんと対戦した年に 男の子が生まれた>

こらこらこら こら

多摩さん ヤバいっす
ブリさん死んじゃいますって!

(秀生)しぬ しぬ しぬ

<その後 アメリカへ武者修行の旅に出て>

<プエルトリコ地区チャンピオンを 獲得したが>

<防衛戦で 大けがを負った>

<これで もう 能の舞台には立てない>

<なぜか そんな考えが頭をよぎった>

<帰国すると 妻から離婚を切り出された>

<ピークは とうに すぎていたが>

<養育費とマンションのローンが 2000万も残っていた>

<堀会長に誘われ>

<さんたまプロレスに 拾ってもらって 現在に至る>

ギブか?

よっしゃ~!

ワン ツー

スリー スリー スリー…

ブリザード!

ウィナー ブリザード寿!

(堀)ブリザード!
ブリザード!

ブリザード!

え~っ 皆さん

久しぶりの勝利です

心の中で ご唱和ください

おひさしブリザード!

あ~っ
(多摩)蹴り ヤバいとこ

入っちゃいました?
あっ 全然

お前 そんな
つまんねえこと気にしないで

もっと思いっきり来いよ
ファンに失礼だろ

アイタッ イッタ
えっ 膝も腰もっすか?

全身じゃないすか
全身 痛いってことは

全身 痛くないってことだし

寿 大変だ 親父さんが危篤だって

(足音)

親父

(舞)ちょっと チッ 知らせたの?

(踊介)まさか 寿限無だろ

座れば? 来ちゃったんだから

はい

この人 おじいちゃん?
何で寝てんの?

あっ 息子の秀生

ごめん 今日
たまたま 週1回の面会日で

おととし 脳梗塞で倒れたのよ

聞いてる? 兄貴に話してんだけど

ああ

あっ 舞か
舞です! 妹の

ご無沙汰してます!

幸い軽症だったんだけど
下半身に麻痺が残って

身の回りの世話は
寿限無がやってくれて

私と踊介が交代で
様子見に通って

最近は俺達も忙しくて

週2回 リハビリも兼ねて
デイケアに預けてたんです

(さくら)あつまれ やすらぎの森
スタッフのさくらです

体操の時間
ちょっと 目を離したら

寿三郎さん 倒れてて

最悪 意識が戻らないままって
こともあるらしい

あっ いくつだっけ?
まだ 72

でも 糖尿だし
心臓の手術もしてるしね

いつ?
何にも知らないね あんた

長男のくせに
あっ あの

今日は もう遅いですし
何かありましたら

連絡差し上げますので
そうね 帰りましょう

えっ?
ほら 行くよ

今後の話もしなくちゃ
なんないんだから

(寿限無)じゅいっちゃん お帰り!

えっ 寿限無?

お~っ 久しぶり!

うわっ
ハハハハ…

胸板!

さすがレスラー 立派になって

お前こそ 目 でっかくなったな~

えっ 目?

(舞)大州 秀生君と
お稽古場 行って遊んでな

(大州)行こうか
うん

舞に あんな大きな子がいるとはな

反抗期で大変よ
ビール飲んでいいよね

しかし 目 でっけえな
般若かよ

もういいから 始めるよ

大きくなったな 踊介
仕事は? まだ独り身か?

寅さんか! フーテンの

ふらっと帰ってきて
自分のペースで しみじみしやがって

金のバッジが 目に入らぬか
弁護士先生よ

ちなみに私は 進学塾の講師です

へえ~っ

っていうか
お前ら 能は? やめたのか

あんたが奔放すぎて
堅実に生きるしかなかったんだよ

稽古は続けてますよね
舞さんも大州君も

なかなか 筋がいいんだ
ホント? あの子 宗家 継げそう?

いや それは…

兄貴は パスだよね?

えっ? あっ ああ

とりあえず この先
何があるか分からないから

グループLINE作って
情報を共有しましょう

ほら 兄貴も 招待するから

スマホ買ってからね!

で 財産分与の件だけど

おい
誰も言わないから 私が言うけど

遺産って全部で いくらあんの?

帳簿

お屋敷の土地と建物と

あとは面や装束 骨董品など

売っちゃえ 売っちゃえ
メルカリのほうが

高く売れんじゃない?
大州 大人の話に

首 突っ込むんじゃないの

ざっと こんなもんかな

マジ? さすが 人間国宝

この2年
宗家は舞台に立ってません

弟子も半分に減って 現金収入は
ほとんどないのが現状です

だから 早く法人化しろって
言ったんだよ 親父に

何? どういう
メリットがあんの?

節税ですよ
相続税を安く抑えられる

さすが
っていうか お前ら

心配じゃないのか?
はい?

死にかけてんだぞ 親父

今まさに 病院で
管 いっぱい つけられてさ

よく置いてこれんな
あのね

しかも
遺産だの 跡継ぎだの 残酷だよ

LINE交換とか 今するんじゃなくて

今は親父のまわりを囲んで
励ましたりとかさ

感謝の気持ち伝えたりとか
そんなのは2年前に終わってんだよ

もう 次のフェーズに
入ってんだわ うちら

フェーズ?
覚悟できちゃってんだよ

色んな意味で
フェーズ?

みんな見てたんだ この目で
宗家が倒れるのを

《♬~御願円満》

《♬~国土成就》

《♬~七宝充満の》

《♬~宝を降らし》

《♬~国土にこれを》

《♬~ほどこ…》

《父さん!》

(舞)そのまま3週間
意識戻らなかったの

あのとき さんざん泣いて
お別れの言葉も

言っちゃったからね

フェーズ?
段階だよ! 段階 段階

悪かったよ
使ってみたかったんだよ!

何で知らせなかったんだ

電話したら プエルトリコで
武者修行してるって

きれいごとじゃねえんだよ
分かる?

残酷にならなきゃ
やってらんない日々だよ

週2回のデイケアだってな

楽しやがってって
思ってるかもしんないけど

朝 足元おぼつかない親父を
バンに乗せて

俺らが どういう気持ちでいるか
分かってるか?

重たいのよ ホント
親だと思うと 倍 重たいのよ

もう 人間国宝じゃない
ただの重たいジジイなんだ

二十七世宗家 観山寿三郎は

あの日 舞台で死んだんだ

生きてるよ!
親父は まだ生きてるよ バカ野郎

じゅいっちゃん

いまさら 長男面しようったって
そうはいかねえよ

待ってよ じゅいっちゃん!

リングシューズなんか
履いてくんじゃなかった

クロックス貸そうか?

いまさら

どの面 下げて…

そっか

病院 行くなら これ

持ってってもらおうと
思ったんだけど

宗家のスマホ 充電しといたから

ひでえ長男だよな

25年も ほったらかして

それでも俺は
じゅいっちゃんに継いでほしい

宗家も きっと そう思ってるよ

俺には もう その資格…

資格って何?
資格が欲しくて俺

宗家の世話してるわけじゃないよ

能が好きだから通って

この家が好きだから 養子になって

じゅいっちゃん帰ってくんの
ずっと待ってたんだよ

今 決めなくてもいいけど

いつか また

昔みたいに 2人で舞おうよ

分かった

ホント?

そんな でっけえ目で言われたら
考えないわけにはいかねえよ

おっ 漢字トレーニング?

うん そうなんだけど…

(不正解の音)

(不正解の音)

秀生君 あんた 何年生だっけ

5年生だって

<秀生は 学習障害と診断された>

《それと
多動症の兆候も見られますね》

《多動…》
《お心当たり ありませんか?》

《(ユカ)授業中 ウロウロしたり》

《勝手に教室を
出たりすることがあったようで》

《学校から呼び出しを》

《えっ そうなの?》
《うん》

<せめて 週1回 一緒に勉強して>

<苦手意識を 克服させようとしていた>

《ほらっ》

《はい にんべんの漢字10個
これ やってみろ》

<親父は勉強を教えてくれたこと なんか一度もなかった>

<運動会も 父親参観も>

<卒業式すら来てくれなかった>

《違うな
それ ぎょうにんべんだよ》

<ただ一つ 俺と親父の共通言語>

<それが プロレスだった>

《リング上を徘徊する…》
《おお あの ブルドーザーっていうのは》

《悪役なのに 華があっていいよな》

《ブルーザーだよ》
《ああ ブルーザー?》

《おっ おっ おっ》
《おおおっ おっ おっ》

《おお 落とすのか 落とすのか》

《あ~っ!》
《あ~っ!》

<寡黙で 厳格な父が>

<プロレスを見ている間だけは>

<子供みたいに はしゃいで 饒舌になる>

《血だ 血だよ》

《いや~っ
プロレスっていいな 寿一》

《反則しても 血が流れても》

《何か節度があって
品があっていい》

親父

席 外しましょうか?

25年間

ずっと考えてた

何で 俺なのか

長男だから
勘がいいから

性格が素直だから
顔が濃いから

まだ いたのか

あっ すいません 出ます

そんなもんじゃねえ
親父の跡を継ぐ理由が

そんな どっかから借りてきた
ような言葉で いいわけがねえ

もっとオリジナルの
世界中で俺しか持ってねえような

世界タイトル
チャンピオンベルトみてえな

そんな何かじゃねえと

納得できねえ

そうかな
そうだよ

親の跡を継ぐって
一番 楽っていうか

安易なコースじゃないんですか?

親の敷いたレールの上を
何も考えずに歩くだけですよね

難しく考えすぎなんじゃ
ないですか?

すいません 出ます

「そういうもんだ」って
あんた言ったよな

だったら 言わしてくれ

子供は 親に褒めてもらいたい

そういうもんなんだよ

褒めてもらいたかった

褒めてほしくてレスラーになった
うん?

世界タイトルのチャンピオンベルト
持って帰ってきたら

さすがに 褒めてくれるだろうって

がむしゃらになってやったけど

プエルトリコ王座
止まりだった

例え話じゃなかったんだ

あれっ?

どうしました?

親父の携帯…

まあ いいや 親父

いまさらだけど

継ぐよ 俺

あんたの跡
継ぐよ

継いでやるよ
二十八世

だから
褒めてくれよ 親父

今度こそ
褒めてくれよ

なあ 親父

(アラーム)

寿三郎さん

寿三郎さん!
親父

先生 呼んできます

しゃべりたかったぜ 親父

俺の話

あんたの話

家族の話

今度こそ

褒めてほしかったぜ ちくしょう

あっ ねっ ですよね? ねっ?

さんたまプロレスの
ブリザードさんですよね?

ねっ ちょっと握手 握手 ねっ
無視すんなよ!

本日のメインイベント
ブリザード寿選手

引退記念試合
30分 一本勝負を行います!

♬~

(♬~BLIZZARD)

《(長州)やめて どうすんだ?》

《家業を継ぎます》

《一応 長男なんで》

《息のあるうちに親孝行したくて》

《貯金は ローンもあるんだろ?》

《それは…》

《親父の遺産で何とか》

《まあ 潮時じゃねえか? 42だし》

《いや
まだ やれますってブリさん!》

《プリティ
俺達が勇気を振り絞るのはな》

《リングシューズを
履くときじゃねえんだよ》

《脱ぐときなんだよ 察してやんな》

《何言ってっか分かんねえよ》

(ゴング)

手 抜くんじゃねえぞ

分かってますよ ブリさん

ああっ!

あ~っ あ~っ

《だったら ブリさん 引退試合
自分とタッグ組んでください》

《ブリザード寿の最後の花道
俺が きっちり盛り上げますんで》

《プリティ》

ヘイ ブリさん ヘイ!

よっしゃ~!

《ブリさんに憧れて
レスラーになり》

おりゃあ!

《ブリさんの背中を
追いかけてやってきました》

《ブリさんイズムの後継者は
俺しかいないと自負してます》

しゃあ! しゃあ! しゃあ!

《ブリさんに追いつき
ブリさんを追い越し》

プリティ
でぃ~あ~!

《ブリさんを愛し
ブリさんに愛され》

《ブリさんを踏み台に》

代われ プリティ

《さんたまプロレスをしょって立つ
レスラーになりますよ!》

カウント!

ワン ツー スリー

(ゴング)

よっしゃ~!

お前が決めて どうすんだ

すいません
何か ゾーン入っちゃって

何のゾーンだよ バカ!
見ろ 今日の主役を

汗ひとつ かいてねえよ

お疲れ

前代未聞だよ こんな引退試合

ある意味な プロレス史に残るよ!

あざっす
褒めてねえよ バカ!

すいません
あっ ちょっ 長州さん すいません

しかも 何だ
あのマイクパフォーマンス

《その道を行けば!》

《どうなるものか!
行けば分かります!》

(多摩)猪木さんのやつじゃん
しかも マイク壊しやがって

《皆さん!》

《親を大切に》

《家族を大切に》

《ブリザード!》

《ありがとう!》

すいません ブリさんの花道

思いっきり汚しちゃって

いや あれは あれで
俺らしい最後だったよ

寿 大変だ! 親父さんが…

退院したって

ハハハハ… やあ 一門の諸君

ハハハハ… やあ 一門の諸君

お集まりいただき ありがたき幸せ

親父…
今朝 急に 目 覚ましたんだって

(舞)頭 どうしたの?
親父 親父!

お~っ ブリザード寿!
ハハハッ

親父
見たよ 配信

親父
ぐっだぐだの引退試合な

生きててよかった 親父
0点!

ああっ!

ううっ ううっ…
大丈夫か?

あっ ふうっ

死の淵より よみがえりし
二十七世宗家

観山寿三郎より 諸兄に

よき知らせと
あしき知らせがございます

え~っ まずは よき知らせ

私の余命は

半年でございます

まあ 医者は短めに言うもんだから

まあ 1年と思っていただいて
まあ 結構だと思います

(ざわつく)

それから もっと いい知らせ

さくらちゃん
はい

ハハッ 「はい」って
かわいい かわいい

ちょっと こっちへ いらっしゃい
ごめんなさい

そこ ちょっと通してあげてね
通してあげて ほら

はいはい はいはい
はいはい はいはい カモーン

1 2 3 4 あ~っ ハハハハッ

来ました さくらです

舞 踊介 お父さんな

この さくらちゃんと結婚します

はあっ?
「はあっ?」じゃないよ

お母さんと呼びなさいよ

それから さくらちゃん

あなたのポジションは ここ ここ

はい
はい

は~い
重くない?

麻痺してるから全然平気なの

はあっ? 何それ
はあっ? あんた いくつ?

はあっ? いくつ違うの!

やめろ やめろ
イチャイチャすんな

1万人の門弟の頂点に立つ
宗家としての威厳と自覚を…

ああ そういうの
そういうのダルいっすね

72年間 飲まない

買わない 打たないで
めっちゃ我慢してきたんだよ

最後の1年

好き勝手
ぶちかまし系でいきますんで!

シクヨロ! ヘヘヘヘヘッ

レッツゴー
ゴーゴー

悪い知らせは?

ああ 言ってなかったっけ

そうか ハハッ

私の資産は 全て

この さくらちゃんに譲渡します

はあ~っ?
お前達には

びた一文
やりまセンチュリーハイアット

ヘヘヘヘ… 言っちゃった

とうとう言っちゃったの
言っちゃったよ 言っちゃった

すごいね
言っちゃった

♬~君はFunky Monkey Baby
♬~Baby

かわいい
かわいい

ねえ ニャンニャン寝てるね
寝てるね

本人に代わって
お二人のなれそめを紹介します

宗家は デイケアの
しみったれたムードになじめず

何度も逃亡を
繰り返していたようです

当たり前だよ あんな老いぼれ達と
一緒じゃ お前 安らげるか?

あんたも老いぼれなんだよ

手を焼いた施設側が
担当者を変えると

《初めまして
新米スタッフのさくらです》

《立った 宗家が立った》
《あっ 立った》

《立った 立った》
《お~っ》

恥ずかしながら 立っちゃいました

立っちゃったって もう

そういう意味じゃないですよ

さくらちゃん
この家はね 下ネタはNGなの

ごめんね 堅くて ごめんね

何もかも違ったんだよね

さくらちゃんの この 何ていうの

包み込むような その

献身的な介護

あ~っ じゅじゅだから できたの

「じゅじゅ」って呼ばせてんだ

ある日 じゅじゅから「倍の給料
払うから在宅で介護してくれ」と

プロポーズされました
そうなの?

だって デイケアじゃ
週2回しか会えないじゃん

去年の秋から
週5で来ていただいてます

何それ やらしい この家で?

運動中に倒れたのも
ここなんです

やらしい! 何の運動してたんだか

私のほうも 彼には同情をこえた
好意を抱いていましたので

父さん
こんなこと言いたくないけど

加トちゃん?
加トちゃんパターンに

憧れてるクチ? バーカ

あれは
加トちゃんだから許されるの!

私も寿三郎さんを愛しています

さくらちゃん
(踊介)72だぞ?

冷静に考えて ないだろ

父さん 聞いてる?
聞いてるわけねえだろ!

愛してるって言われたんだぞ
何にも聞こえない

壊れかけのRadio状態だぞ 今 俺は

金 目当てなんだろ
なあ 女 後妻業の女

分かった 相続の件は置いとこう

跡継ぎは?
そうだよ

ヘルパーに宗家 継げる?
継げないね

じゃあ 誰なんだよ 跡取りは

一人 立候補したやつがいるんだよ

ねえ さくらちゃん

さすがに
褒めてくれるだろうって

がむしゃらになってやったけど

プエルトリコ王座止まりだった

例え話じゃなかったんだ

《あれっ?》

《どうしました?》
《親父の携帯…》

《まあ いいや》

《親父 いまさらだけど》

《継ぐよ 俺》

あんたの跡 継ぐよ

継いでやるよ 二十八世

大事な お話でしたので
失礼とは知りつつ

録画させていただきました

はい ありがとう

マジかよ
悪いな~ ハハッ 寿一

いや 一銭にもならねえのにな
ハハハハハ…

いや あの あのときは

親父 もう意識なくて…

死にかけてるから
ノリで言っちゃった

ナメられたもんだな~

寿限無

私と お前とで

一年 365日

欠かさず稽古で積み上げた芸を

この ずうたいばかりの
放蕩息子が

ただ 長男だからって理由で

かっさらっていくんだぞ
そんなんじゃねえよ

金 目当ては お前だろ
俺の意識がないのをいいことに

違う
だったら

「継いでやる」じゃねえだろ

「謹んで
継がせていただきます」だろ

話は それからだよ 言ってみろ

継がせて

いただきます

♬~それは天人の羽衣とて

どうした 忘れたか?

♬~それは天人の羽衣と…

やめろ 声に艶がないんだよ

お前の喉は あれか 排水溝か!

寿限無
はい

♬~それは天人の羽衣とて

♬~それは天人の羽衣とて

♬~それは天人の羽衣とて

♬~たやすく人間にあたうべき

♬~ものにあらず

やめろ!

さくらちゃんが怖がってるんだよ

大丈夫 あの 急に

呪いの儀式が始まったのかと

「羽衣」よ お能の演目
あんた それでも日本人?

まあ 誰が継ぐかは

私が決める
遺言状もちゃんと書く

遺産目当てなら
せいぜい嫌われないように

介護しなっせえ

あっ?

<これで よかったんだろうか>

<無論 遺産目当てじゃない>

<けど 一銭にもならないとは>

<少なからず 期待していた自分にも>

<腹が立った>

いいんだ これで

<金になりそうなものは 全て売り払い>

<携帯を買い換え>

<俺は25年ぶりに実家に戻った>

<親父の介護をするために>

(O.S.D)お義兄さん 老眼すか?

誰?
旦那 元ラッパー

元じゃねえし
今は ちょっと自粛してるだけだよ

旦那
初めまして 自分 O.S.Dっす

長田さん
(寿限無)都内で ラーメン屋

4店舗 経営してるんだって

週6で厨房 立ってますんで
もう ラーメン屋じゃんって思うよね

でも ラッパー そこが好き

ってか 古典芸能
マジ リスペクトす 自分

ヤベエっす 色彩とかヤベエっす
ルーツ・オブ・アート 室町的な

何だろう アプローチが
ヒップホップと似てんすよね

観阿弥 世阿弥 韻 踏んでる的な

大丈夫 よくよく聞いてると
普通のことしか言ってないから

そこが好き
ありがとね

お義父さん!
オー イエイ!

ハハハ…
YO YO

YO YO ほい YO ハハッ ゴッドファーザー
YO YO YO YO

ハグしてくれよ マイサン
オー ノー ハグ ノー ご時世

こっち オイ オイ
オー イエイ

あの 始めちゃってよろしいですか
いいんじゃない 踊介 まだだけど

では こちらをご覧ください

「じゅじゅの介護計画」

極力 私が つきっきりで
お世話しますが

実は 介護職員初任者研修を
受けている最中で

まだ できること
できないことがあるんですね

そうなの?
例えば入浴など 体に触れるケアは

親族以外は
資格がないとできないんです

それは あんまり 何か
よくないっちゅうか つまんない

あ~っ じゅじゅが触るのは
ウェルカムだよ

ああ そうなんだ 聞いたか?
やっぱり 在宅介護っていいな

そこで 皆さんに交代で
お手伝いをお願いしたいんです

ヘヘッ 水くさいよ お義父さん
もっと甘えてほしいよ メン

あっ ホントか? メン
アハハハ…

じゃあ 月曜日は?
あっ さーせん 月曜日は

環七店のスープの仕込みだ

じゃあ 私 泊まるよ 大州と
その代わり火曜日は?

あ~っ 無理 池袋店のミーティング
おお

兄貴は?
寿一さんには また別で

お願いしたいことがあります
俺は 土日以外は基本パスね

いいよ 踊介はよ

じゃあ 水曜日は?
早稲田店のミーティング&スープチェック

さーせん
私も夜まで みっちり講義

過払い金の無料診断が 12件
木曜日が 「ラーメンウォーカー」の取材だろ

いいよ いいよ
金曜日は 背脂だ 背脂チェック

いいよ いいよ
もういいよ ラーメンボーイ

えっ?
お前達も お前達だよ

もういいよ 嫌々するんだったら
介護なんかせんでいい もう

ほっといてくれ もう ったくよ

俺が やるよ
えっ?

そのために帰ってきたんだから
寿一さんには お風呂と

OMTを専門で
やってもらいますので

OMT?
おむつ交換ですね

おむつ?
親父 おむつしてんの?

OMTチェンジ シクヨロ メーン

寿三郎さんたっての希望なんです

担当曜日については
追ってLINEで お知らせします

何で 俺なんだよ

じゃあ お父さんを
浴室に運んであげてください

ほら しっかりして
プロレスラーでしょ

そうだよ そうだよ アンドレ・ザ・ジャイアント
だって こんなもんじゃねえぞ

分かってる
よいしょ

しっかり しっかり

動くな
ゆっくり ゆっくり

下ろすぞ 下ろすぞ
ゆっくりね ゆっくり はい

あ~っ はあっ

はあっ
じゃあ 足から ゆっくり

お湯をかけてください
あっ

ああ アツアツ…
ああ 何してんの 何してんの

熱いな お前は
温度 確かめてから

ああ

じゅじゅ いくよ
あ~っ

あっ 気持ちええ 気持ちええ

あ~っ あ~っ 気持ちええ

そしたら
足 洗ってあげてください

何してんの 湯冷めしちゃう

何で

何で 俺なんだよ

言ったじゃないですか 体に触れる
介護は まだできないんです

いや そうじゃなくて

25年も離れてたのに

何で まだ俺なんだよ

泣いてんの? 介護に特別な感情を
持ち込まないほうがいいですよ

泣いてない 泣いてないですよ

あ~っ

くそっ

風呂くらい 一人で入れねえのかよ

だせえ

早くしてくれよ 風邪ひいちゃうよ

もう 貸して どいて もう!

情けない 何で他人の私にできて

息子のあんたに できないのよ

こんなもん
こんなもんって おおっ…

手伝わないなら出てって
くんないかな 狭いんだから

息子だから

息子だから できねえんだよ

ちくしょう

(秀生)こんにちは

(末広)ケアマネージャーの

末広涼一と申します

えっ 何?

病院で すすめられたんです
自宅で介護するなら

一応 受けといたほうがいいよって
認知症のテストだって

えっ?
言ったのよ 頭は ハッキリしてるって

今は そうでも
何があるか分かりませんしね

要支援1から
要介護5まで

7段階に分かれていて

それぞれ適応するサービスを
受けられるんですよ

いや 結構です
家族でやるって決めたんで

介護保険サービスを受けるのは
国民の権利なんです

決して恥ずかしいことじゃ
ないんですよ

いや 親父 知ってんの?

知ってるよ 知ってるよ

あっ 知ってんだ
あの あの 私は構わんよ

(大きな声で)
おじいちゃん おじいちゃん

耳は悪くないんですよ
あっ そうですか すいません

おじいちゃん
おお あっ 寿一のせがれの

秀生
秀生にもな おじいちゃんの

何でもないとこ見せなくちゃな
それでは簡単なテストをします

あっ ねえ 僕もやる
ダメだよ

何で テストでしょ?
一緒にやりたい

これ 遊びじゃないんだから
向こう行こう

おじさんが宿題みてやるから
ないもん 宿題 やる!

おじいちゃんと一緒にやる!
ああ いいよ いいよ

おじいちゃんは構わないよ
その代わり おじいちゃん

手加減しねえぞ
うん

じゃあ 1から9までで
好きな数をここに書いて

1から9までで 好きな数
(末広)ええ 1から9まで はい

(秀生)書いた

じいじは これだ ヘヘッ

じゃあね 今から知ってる野菜の
名前を言ってくれるかな

野菜?
ええ

何かと思えば 野菜?
ええ お野菜です

あなた 人をバカにするのも
いい加減にしなさいよ あなた

にんじん

えっとね 私はね
あの 現役の能楽師で

人間国宝ですよ あなた えっ
承知しております はい

大根
大根

あの…

ホントに まあ

えっ キャベツ キャベツ キャベツ

レタス

白菜
かぼちゃ

お父さん?

(踊介)
どうしたの? 野菜だよ お父さん

うん 分かってるよ 分かってるよ

えっとね えっと

キュウリ キュウリ ヘヘッ

たまねぎ
ちょっと ぼうや 黙ってようか

あと ほうれん草
すいません ちょっと この子

学習障害があって
いいよ 黙ってろよ お前

もう いいから
ああ

お父さん ほら
好きなのあるじゃない

ほら お盆に
割り箸 刺して動物の形にするの

ほら 麻婆 麻婆

ナス!
はい おじいちゃん

さっき書いた数字 いくつだっけ?

私?
おじいちゃんは 6だよ 6

ああ
6 6 6だよね

父さん…
後日 正式なテストをしましょうね

勝ち? 僕の勝ち?

もう 手加減しないって
言ったじゃん

あの あの もういっぺん
やってもらってもいいですかね

はい どうぞ
じゃあ にんじん

ナス
レタス

白菜
ブロッコリー

うん うん

うん あの ほら あの ちょっとさ

あの 水っぽくてさ あの ナ…

ナス
ナス

あの お盆なんかにさ
今 言った

あの 割り箸とかさ 刺して
言った言った 今 言いましたね

動物の… あっ ナス ナス

(末広)言った もう言っちゃった
言った? 言った?

勝った また勝った

もう おじいちゃん

(踊介)何 笑ってんだよ
笑ってません

(踊介)
嘘つくな 笑ったよ 今 あんた

おかしいか? 旦那がボケて

秀生君が嬉しそうだから
(秀生)ねえ お父さん

おじいちゃんに勝ったよ 勝った
ああ すげえな

(秀生)お父さん やった

♬~住み馴れし

♬~空に何時しか行く雲乃

♬~羨ましき氣色かな

♬~迦陵頻伽の馴れ馴れし

♬~迦陵頻伽の馴れ馴れし

♬~聲 今更に僅かなる

♬~雁がねの帰り行く

♬~天路を聞けば

♬~懐かしや

どうだい

能の謡や台詞なら

こうやって
すらすら出てくんだけどな

何で

野菜のキュウリやナスは

出てこないのかな

別に いいだろ

あんた 八百屋じゃねえんだから

風呂 入るぞ

ざまあねえよな
あのまんま稽古続けてりゃ

すんなり 家元 継げたのにな

借金まみれで もう
四十すぎて 親の介護とはな

ちょっと黙っててくんねえかな

照れくさいのは お互いさまだよ

かゆいとこ ねえか?
ないです

流すぞ

あんた 俺が ガキの頃

一度も風呂に
入れてくれなかったんだってな

おふくろが言ってたよ

一回も
おむつ交換してくれなかったって

お能というのはな

神様に奉納する
神聖なる芸能なんだよ

おむつ替えた手で 舞えるか

俺が やるよ

あんたが俺に
やってくれなかったことを

全部やってやるよ

何でか分かるか?

そういうもんだからだよ

もっと 足 開け
チンチン洗ってやるよ

いいよ お前
いきなり遠慮してんじゃねえよ

いいよ
見なきゃいいから

おおっ お前
うるせえな 静かにしろよ

声 出ちゃうんだよ お前

言ってんだろ お前 おお おお

じゅじゅ ベッドで食べる?
ああ

親父 こっちで食うって
何か狭っ苦しいな

すいません お待たせしました

よし
はい

よ~し じゃあ食うか

いただきます
いただきます

よ~し

あれっ どうしたの?

いただきます

久しぶり じゅいっちゃんの
「いただきます」聞いたの

いいよね 長男感あって

まあ 長男だし

うまいんだよな 飯が うん

うまく感じる

他は ともかく 「いただきます」は
兄貴が一番だね お父さん

フフッ そうだね

寿一 お前は ず~っと

「いただきます」だけ言っとけ

褒められたね お父さん

そうかな?

はっ?

(踊介)あの女…

さくらちゃん あの 納豆さ これ

まぜまぜ まぜまぜ
マゼラン海峡しちゃってください

俺がやってやるよ
いいよ 触んなよ お前

何でだよ!

<これが 俺の家の話だ>