【よるドラ】ここは今から倫理です。 [終](8)[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【よるドラ】ここは今から倫理です。 [終](8)[解][字]

新時代の“よるドラ”は全く新しい学園ドラマ。山田裕貴演じるミステリアスでクールな倫理教師が悩める高校生の問題に立ち向かう。「この『倫理』は人生の必修科目です!」

番組内容
クラス全員が入っているグループチャットから抜けたことでクラスメイトからいじめを受けるいち子(茅島みずき)。高柳(山田裕貴)は、その問題について倫理の授業で対話することを提案し“最後”の授業が始まる。いち子や恭一(池田優斗)たちの対話を聞いた高柳は、ある哲学者の言葉を生徒たちに贈る。そして迎えた卒業式の日、いち子は高柳に告白をすることに…。「ここは今から倫理です。」最終回、見届けてください!
出演者
【出演】山田裕貴,茅島みずき,池田優斗,渡邉蒼,池田朱那,川野快晴,浦上晟周,吉柳咲良,板垣李光人,犬飼直紀,杉田雷麟,中田青渚,田村健太郎,梅舟惟永,異儀田夏葉,藤松祥子,川島潤哉,三上市朗
原作・脚本
【原作】雨瀬シオリ,【脚本】高羽彩
音楽
【音楽】梅林太郎

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 逢沢
  2. 先生
  3. クラス
  4. 幸喜
  5. 亮太
  6. グループ
  7. 恭一
  8. 本当
  9. 由梨
  10. グループチャット
  11. 香緒里
  12. 時代
  13. 勉強
  14. 世界
  15. ピコピコ
  16. 頑張
  17. 気持
  18. 自分
  19. 人間
  20. 梅沢

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/09/28 23:43:13時点 Amazon調べ-詳細)

したいなっていうふうに思います。

(高柳)これから対話を始めます。

念のため もう一度 状況を確認します。

逢沢さんの所属する3年4組は
大変 仲のいいクラスだそうです。

4組には クラス全員が入っている
グループチャットがあり

オフィシャルな連絡から たわいもない
おしゃべりまで活発に交わされ

そこでのコミュニケーションが

クラスのチームワークを
支えているそうです。

しかし 逢沢さんは
このグループチャットを退会しました。

逢沢さん 理由を説明してもらえますか?

(いち子)え~ だってさあ
何でもかんでも チャットに書くんだよ。

で いちいち それに
みんなが反応すんじゃん。

マジで 通知の量えぐくて。
ピコピコ ピコピコ ピコピコさあ。

(由梨)あ~ 分かるな。

実はさ 私 大学行きたくって。

(幸喜)へえ~ そうなん。
うん そうそう。

でも バカだから
マジで勉強 頑張んなきゃとか思ってて。

そしたら このピコピコが…。

で 退会しちゃった。

グループチャットの退会をきっかけに

現在 逢沢さんは
クラスで孤立しているそうです。

自分では いまいち分かんないんだけど。

(香緒里)
いや 明らかにハブられてんじゃん。

最近 お昼ずっと一人でしょ?

(陸)えっぐ…。
あと

チャットが荒れてるらしい。

(亮太)そりゃ そうだろうな。
それが 結構ひどくて

逢沢さんの あることないこと…
昔のことまで ほじくり返して。

(時代)ヤリマンとか?
ちょっと!

別にいいけど。 前は本当にそうだったし。

(香緒里)本当なら言っていいってことには
ならないでしょ。

皆さんに話し合って頂きたいテーマは

逢沢さんは グループチャットに
戻るべきかどうかということです。

では 始めて下さい。

え~ やっぱ むずっ。

(時代)逢沢さんの好きにすれば
いいんじゃない?

そもそも 何でこんなこと
みんなで話し合わなきゃなんないのよ。

(幸喜)
ハブられてんなら 俺らのクラス来る?

おおっ。
えっ 間君 めっちゃ優しいじゃん!

その気持ちは 超うれしいんだけど

今は いいかな。 もともと
勉強の時間が欲しくてしたことだし。

(亮太)おう。
(由梨)…ってことは

逢沢さんは 今 別に困ってないわけ?

う~ん… まあ。

(由梨)それじゃあ さ…。
(亮太)お~。

え?

(田村)先生 話 終わりますけど…。

(恭一)僕は…。
(幸喜)お?

逢沢さんには
グループに戻ってきてほしい。

(幸喜)ふ~ん。

ここにいる人たちには
伝わらないかもしれないけど

僕らのクラスは 本当にいいクラスで…。

へえ~。
(恭一)みんな仲がよくて

僕みたいな3軍以下の陰キャ男子にも
分け隔てなく接してくれて

仲間に入れてくれて
すごいいい感じだったんだ。

だけど 逢沢さんがグループ抜けてから
変な感じになって。

(香緒里)逢沢さんがいじめられてるのは
逢沢さんが悪いってこと?

発言 遮ってんぞ。
逢沢さんが悪いなんて思ってない。

でも クラスのみんなも
悪いわけじゃなくて。

ちょっと びっくりしちゃった
っていうか。 それまで…。

大丈夫? こういうの怖くない?
(都幾川)うん。

(恭一)それで ちょっと
怒ってるだけっていうか。

え~ 私 感じ悪かったかな?

そりゃあ そうだよ。 突然だもん。

せめて 何かひと言あればさ。
(香緒里)それは変じゃない?

何で逢沢さんが謝るの?

でも 体育祭で盛り上がってる時に
抜けたのは まずかったかなって

今 思った。

だから 逢沢さんが戻ってくれば
全部 元どおりになると思うんだ。

え~。

何?
(時代)元どおりなんて ありえないから。

てか そもそも あんたんとこのクラス
仲よくなんてないんだって。

この子がハブられてる時点で
お察しじゃん。

グループチャットが みんな仲よしって
幻想を作ってたの。

僕にとっては 幻想じゃなかった。

本当にみんないい人で

僕 そんなこと経験したことなかったから
すごい うれしくて。

分かった分かった。 私 グループ戻るよ。

それで みんなに ちゃんと謝るし
仲よくする。

本当?
えっ それは…。

「最大多数の最大幸福」。

あ~ 何かそれ見たことあるぞ。
え~っと…。

ベンサムの功利主義。

♬~

犠牲って 私が?

そうだよ。 だって 逢沢さんは
グループに戻りたくないんだから。

それでも みんなが仲よくするために
グループに戻ったら

それは犠牲じゃない?

そんな深く考えてなかった。

あの… これ すっごい的外れなことかも
しれないけど…。

ん?
通知切ったら?

グループには戻って 通知を切れば…。
そうか!

実は 僕のクラスにも
グループあるんだけど 通知切ってる。

たまに スタンプとか送っとけば
全然バレないよ。

(幸喜)めちゃめちゃ あっさり解決。
(笑い声)

(陸)う~ん 微妙。
(亮太)お?

(陸)うまく言えねえけどさ
何かモヤるっていうか その…。

谷口君は…。
(幸喜)おっ しゃべった。

逢沢さんをいじめてた人たちのこと
許せる?

え?

(都幾川)逢沢さんが グループに戻って
クラスが元どおりになっても

みんなが逢沢さんをいじめてたっていう
事実は なくならないんだよ。

僕は…
僕は そういう空気がすごく苦手で。

(恭一)
いや だから これはいじめじゃなくて

一部の人が過激に反応してるだけで

そのほかの人たちは
本当にいい人たちで

今はちょっと 意見を言えない空気に
なってるだけだから。

ノーコメントは イエスと同じだろ?

何かさ そこなんだわ モヤってるのは。

その 通知切って
グループに戻るっていうのは

とりあえずの妥協策っていうか…。

根本的解決になってないってことだよね。

うん。 周りに流されて
いじめをノーカンにするってことだろ?

谷口君は…
もし 自分がいじめられてたとして

それは いじめじゃなくて

ちょっと過激な反応だからって
言われたら

納得できる?

♬~

できない。

何言ってんだろ。

俺は そうやって流されて
痛い目見たからさ。

わざわざ
しょうもない連中の中に戻らないで

逢沢は ここで ふんばっても
いいんじゃねえのって思うけど。

それは 何かなぁ…。

高崎さん?

他人から見て
どんなにささいなことでもさ

本人にとっては 死ぬのに十分な理由に
なったりもするし。

「逢沢さん ふんばれ」とは
簡単に言えないかな。

私 大丈夫だよ。

(由梨)あ~ いや あの
これは あくまでも例え話で。

やっぱり きれい事かもしれないけど

誰が被害者とか
誰が加害者とかっていうふうに

考えちゃいけないんじゃないかとも
思う。

いじめっ子も いじめられることもある。

みんな違うんだから
必ず誰かの敵になるでしょ。

逢沢さんも
勉強に逃げることができてるわけで

いっそ このことを
勉強に向かう力にしてさ。

(幸喜)大して理由なんか
ないかもしれないけど

南さんが言うように
流されてるだけの人が多いだろうし。

そうなのよ。 全員のこと想像して
和解してくなんて 切りがない話でしょ。

(由梨)切りがないから
想像してあげて耐えるなんて

そこまで強くなる必要ないでしょ。

卒業までの3か月
やり過ごせばいいでしょ。

そんなつもりで 勉強してるわけじゃ…。

悔しくねえか。 一生 後悔する…。

逃げると分かったら
ふんばることだってできるだろうし…。

おんなじ話 ぐるぐる回ってない?
逢沢さん 無理すんなってことでしょ。

(亮太)先生 これって 結論出るんすか?

結論…。

どうしましょう。

皆さんの話が すばらしくて

何も考えてなかった。

一人一人が 正直に
飾らず話してくれて

それが とても心地よかった。

もっと聞きたかったけれど。

時間もありませんしね。

逢沢さんは
グループチャットに戻るべきか。

この問いに
僕は明確な結論は出せません。

一人一人に意見があって
それ全てに 一理ある。

共同体を維持するために
誰かに我慢を強いていいのか。

正しさを守るために
人を傷つけていいのか。

自分の意志は
他人の意志より尊重されるべきか。

たった今 この教室に渦巻く葛藤は

世界中に渦巻いている。

この教室は狭く
閉ざされた空間ですが

しっかりと世界とつながっている。

あなたたちの思考によって。

パスカルは言いました。

「人間は考える葦である」。

人間は葦のように弱いが

広大な宇宙をとらえるほどの
思考の力を持っている。

我々の尊厳の全ては
考えることの中にある。

ですから 考え続けて下さい。

思考し続けて下さい。

自分のことだけじゃない
目の前にいる相手の気持ちを。

見も知らぬ遠い異国の人のことを。

過去に生きてきた人たちのこと。

これから生まれる
未来に生きる人たちのことを。

世界は広大で
宇宙は どこまでも広がっていますが

あなたたちは その果てまでも

飛んでゆくことができる。

逢沢さん どうしますか?

みんなの意見を聞いて。

どうもしない。

やっぱり ほっとく。

友達なら みんながいるもん。

そうですか。

これにて 倫理を終わります。

起立!

礼!

ありがとうございました。
(一同)ありがとうございました。

(チャイム)

ごめんね 恭一。
みんなと仲よくできなくて。

(恭一)明日 お昼一緒に食べよう。

え~。
(恭一)何だよ!

(香緒里)私も一緒に ごはん食べる。

(幸喜)俺ら 大体 学食でだべってるから。

(田村)はあ~ ちょっと外しちゃったかな。

率直に発言してくれて
ありがとうございます。

(時代)別にフォローとか頼んでないから。

失礼しました。

[ 心の声 ] いろんな考えの人がいる。

逢沢 やってる~。

急なキャラ変 引くわ。

[ 心の声 ] 私にとっては正しいことが
ほかの人には間違ったことで

ほかの人が気持ちよくなるために

私は嫌な思いをしたりする。

同じ世界に生きてても
同じものが見えているとはかぎらなくて

同じものを見て
同じように考えていても

私たちは同じ人間じゃない。

何で ここでやってるの?
(香緒里)察してよ。

「あっ 出た。

受かった」。
うん?

「合格しました」。

え~っ! やったじゃん!

おめでと~う!

[ 心の声 ] 私は私で 君は君で

その点は すれ違ったり
近づいたりすることはあっても

一つになることはない。

空に浮かぶ星みたいに。

♬~

[ 心の声 ] 人間って さみしいね。

生きるって
なんて独りぼっちなんだろう。

だから 少しでも そばにいたい。

それでは 始め。

[ 心の声 ] 分かり合えなくても
一つになれなくても

体温や息遣いを感じられるところまで
近づきたい。

独りぼっち同士 そばにいようよ。

先生!

受かっちゃった。

(桐谷)おめでとう。
(松田)おめでとう! すご~い。

ありがとうございます。
おめでとうございます。

先生 来年は もっと
点数取れる授業もしてよね。

ハハハ 確かに…。

はい。

皆さんが歩んできた
これまでの3年間は

きっと
これからの人生の糧となるでしょう。

本校の課程を無事修了し
未来へ向かって

新たな一歩を踏み出す皆さんを

教職員一同 心から祝福したいと思います。

入る?
(木原)全然入ってない。 きつくない?

いや 入らんわ。
小林先生!

シャッター押してもらっていいですか?

(小林)大変だと思うけど
何だかんだ仲よくやんなさいよ。

早く撮ってもらっていいですか?

ありがとうございました。
(藤川)うんうん。

(由梨)あれ~? 先生泣きそう。

高崎さんも 本当に。
はい。

よし 3人で写真撮りましょう。
うん。

(梅沢)一緒の大学か。
これからの時代っていうのは…。

ありがとうございます。
(梅沢)お~い。

(亮太)あっ 2人いた。
君…。

(亮太)梅沢先生。
何だよ。

2列 2列 …になってるわ。

何で俺が…。

あのさ あんた
何で いつも私の隣 来るの?

(梅沢)はい 早くしろ~。

はい 撮るよ~。 3 2 1。

(シャッター音)
(梅沢)オーケー!

どうしたの?

告白しようと思って。

こっ… こっ… 告白!?

うん 決めてたの。

高柳先生に告白する。

あ~。

怖いから 近くまで一緒に来てほしくて。

僕が?
は? 来てくれないの?

行くけどさ…。

卒業 おめでとうございます。

大学でも頑張って下さい。

「愛こそ

貧しい知識から
豊かな知識への架け橋である」って

先生 教えてくれたよね。

マックス・シェーラーですね。

私にとって 先生が架け橋なの。

先生 お願い

私と つきあって下さい。

私 これから いっぱい勉強するから。

私 きっと
先生みたいな豊かな人になるから。

お願い。 先生の隣にいさせて下さい。

ありがとうございます。

気持ちだけ頂きます。

逢沢さんなら
きっと いい人が見つかります。

そういうの やめてよ。

若いから これから いっぱい
出会いがあるよとか

恋と憧れを間違えてるんだよとか。

私は あなたの倍近く
生きているんですよ。

あなたの世界と出会いが
これから どれだけ広がっていくかは…。

やめて!

先生が私を振るのを
私の若さのせいにしないで!

だって それは 私のせいじゃないもん。

そうですね。

分かんないよ! 先生には分かんないよ!

私がどれだけ先生のこと 好きなのか。

世界は広げたいよ。
いろんなこと知りたい。

でも 出会いは これで終わりでいいよ。

逢沢さんは
将来のことを考えていますか?

結婚とか 子どもとか。

子どもは欲しい。

結婚式も したい。

何で そんなこと聞くの?

私は

結婚には懲りたから もうしません。

♬~

じゃあ 初めからそう言ってよ。

私が 初めに
先生のこと好きって言った時

あの時に そう言ってくれたら 私

こんな必死に頑張らなくても。

すみません。

逢沢さん!

♬~

逢沢さん。

♬~

レジ袋…。
お願いします。

分かりました。

873円になります。
はい。

(亮太)幸喜。
来過ぎなんだけど。

だって 今日 休みだもん。
(陸)お前 休み多いよな。

お前は 次のバイト見つかったのかよ。

何か宅配でもやろっかなとは
思ってるけど。

宅配?
(亮太)お前 何運ぶの?

(陸)そりゃあ おいしいもん。
おいしいもん運ぶの?

♬~

あ~ もう また負けた。

もう 19連敗だよ。

「ねえ どうやったら勝てるの?」。

おお。

あれ?
初のお部屋公開じゃないですか?

え… っていうか 渋い部屋に住んでるね。
「そう?」。

もう一回やろう! (都幾川)「いいよ」。
次は勝つよ。

頑張って。
(由梨)「ハハハ! よっしゃ~」。

(オンライン授業の音声)「例えば コロナに
ついても下水を調べれば その濃度で

いろいろなことが分かるんです。

下水を調べることっていうのは
昔からやっていて…。

これミュートにして
みんな聞いてないんじゃないよね?

何か質問はありますか?」。

時代 何食べたい?
私 アイス。

(笑い声)

いいでしょ 好きなの。

♬~

ああ…。

♬~