【土曜時代ドラマ】立花登青春手控え2(3)「化粧する女」[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【土曜時代ドラマ】立花登青春手控え2(3)「化粧する女」[解][字]

藤沢周平原作。若き青年・登が、人間が持つ欲望や苦しみ・悲しみ、希望に向き合い、持ち前の正義感と柔術で事件を解決していく姿を、爽やかに描く「青春時代劇」の決定版。

番組内容
畳刺し職人の房五郎(岡田義徳)が、連日与力の高瀬(小木茂光)からしつような拷問を受けていた。登(溝端淳平)は、高瀬の拷問が行きすぎと考えるが、どうやら高瀬は、房五郎が隠している別の強盗の罪を吐かせようとしているらしい。登は、房五郎が女房・おつぎ(玄理)とグルであると疑いを持ち、おつぎに会いに行く。しかし、おつぎは登の意に反し、地味な女だった。さらに真相を探る登。すると意外なことが明らかになる。
出演者
【出演】溝端淳平,平祐奈,宮崎美子,マキタスポーツ,正名僕蔵,波岡一喜,鷲尾真知子,石黒賢,古谷一行,岡田義徳,玄理,小木茂光
原作・脚本
【原作】藤沢周平,【脚本】古田求
音楽
【音楽】羽岡佳

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
ドラマ – 時代劇

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 房五郎
  2. 手塚屋
  3. 高瀬様
  4. 直蔵
  5. 登兄
  6. 今日
  7. 一人
  8. 女房
  9. 先生
  10. 大丈夫
  11. 牢問
  12. フフッ
  13. 高瀬
  14. 証文
  15. 白状
  16. 百助
  17. フフフッ
  18. 一緒
  19. 親分
  20. 亭主

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





ABEMA



NHK
created by Rinker
¥1,320 (2021/06/24 20:08:27時点 Amazon調べ-詳細)

♬~

<登は その日 夜勤だった>

(登)立花です。

(桂順)あっ お帰りなされ。

いや~ 冷えますね。

ええ。

う~ん…。

どうかしましたか?

また お見えになっておるのです。

ああ…。 では 高瀬様は
いつものように?

多分 そうだと思います。

多分? 牢医師として
立ち会わせて頂くとは

言われなかったのですか?
いや 申し上げました。

しかし 高瀬様は

「今日は何もせぬ。 房五郎と
じっくり話し合うだけだ」と

申されましてな。

それ以上 おして附きそう事も
できかねました。

<高瀬とは

奉行所吟味方与力
高瀬甚左衛門の事である。

高瀬は ここのところ 度々

小伝馬町の牢屋敷を訪ねては

囚人の房五郎を
牢問しているのだ。

牢問 すなわち 拷問である>

(房五郎)うわ~! うっ!

<罪名は

強引に金品を借りる事を
意味する

押し借りで

敲きの上 江戸払いと
決まっている。

この上 牢問にかけるのは
理屈に合わない事だった>

ああっ! あっ ああっ!

♬~

(平塚)どうしました? 先生。

また 高瀬様がいらしていると。

しかも お一人で。

高瀬様は 房五郎を

押し借りなどという
ケチな事じゃなく

もっと大きな悪事に
加担していると見ています。

百両とかの大金が絡んだ
話だといいます。

しかし 証しがないので

押し借りで引っ張って責めたが
白状しねえ。

やむなく 刑を決めたが

高瀬様は 腹が
おさまらねえんでしょうな。

(平塚)あの顔 見ましたかね?
先生。

牢の方としても 言い分はあるが

事を荒だてるのも気まずい。

まっ しばらく 様子を見よう
って事じゃないですかね。

≪医師の立花です。
失礼します。

♬~

(高瀬)御医師 後は頼む。

万平。
(万平)へい。

脈は やや弱いが
乱れてはいないな。

うっ… うう。

腹もやられてますぜ 先生。

手伝ってくれ。

うっ うっ… ああ…。

後で 手当てしてやるが
牢に帰ったら いたわってもらえ。

ありがとうございます。
うっ…。

高瀬様が なぜ あんたを
責めてるのかは分からんが

隠している事があるなら
正直に白状するんだ。

これは医師として言うが

そうしなければ 生きて
ここを出られぬかもしれんぞ。

ありがとうございます 先生。

でも 何を
白状したらいいのやら…。

あっしには 隠している事なんて
ございませんので。

あっ… うう…。
はあ はあ…。

ううっ… はあ…。

<房五郎は畳刺しだ。

出来心から
押し借りを仕掛けた男である>

≪(足音)

小淵様。

高瀬様の牢問ですが ちと 腑に
落ちかねるところがあります。

今日の笞打ちでは
腹まで打っておりました。

かようなしかたは
許されてはおらぬはずですが

いかがなものでしょうか。

加えて 医師の立ち会いも
拒まれた由ですが

これも法に違っております。

いずれにしろ やり過ぎとしか
思われませんが

この事は 奉行所の方でも

ご承知の上でしょうか?

お奉行の裁断は

しばらく 高瀬与力のやる事を
黙認せよというものであった。

高瀬様は
そうせざるをえない訳を述べ

お奉行の黙認を取り付けた
という事だったらしい。

≪(戸が開く音)

あら 登さん。

今日は 随分 お早い事。

気が めいるような事が
ありまして

早々に 退散してきました。

何があったのです?

吉益東洞先生の
万病一毒説ではありませんが

牢の中には 一毒がある。

気付かぬうちに
その中に住む者の心を侵すのです。

あら~ 何の事を言ってるのか
私には さっぱり。

あっ… 私事ですので
気になさらず。

私ね これから買い物があって

日本橋に参りますの。
日本橋ですか。

ふだん 高くて
買えないようなものが

半値以下で売り出してるとか
聞いて。 早い者勝ちなの。

あっ では 一刻も早く
行かなければ。

久しぶりに散財しちゃおうかな。
フフフフフ。

あっ 食事は おきよに
言ってありますから ご安心を。

では 行ってまいります。

フフフフッ。

叔父上も
お出かけですか?

おっ おお… 登。
うん。 その~

ほら 吉川との約束を
急に思い出してな。

碁。 碁の集まりだ。

鬼の居ぬ間に何とやら
ですな。

何を言うか。
前々からの約束だ。

しかし この時分から飲むとなると
お体の方が気になりますが。

だから 碁の集まりと
言ってるではないか。

あっ そうでした。
留守中 頼むな。

おちえと仲良くな。 うん。

♬~

あら 登兄さん お帰りなさい。

「兄さん」?
今日は 早かったじゃないの。

ああ… 急に おちえさんの顔が
見たくなってね。

あら お上手。 ウフフフフッ。

叔父上や叔母上は
出かけたようだな。

そこで お会いになったんでしょ?
うん。

お父様… お母様が出かけると
すぐに出ていったわよ。

そんな感じだ。
(2人)フフフッ。

お帰りなさい。 すぐに
ごはんにしますか?

うん。 飯を食って
湯を使う。

それから昼寝だ。

お風呂…。

お風呂。

えっ?

んっ?

♬~

登兄さん。

お背中 流しましょうか?

ああ… あっ…。

よし やってくれ。

はい。

♬~

♬~

はあ…。

このごろは どうだね?
えっ?

悪い仲間と
つきあっておらんだろうな?

フフッ 大丈夫よ
心配しなくても。

昔の仲間で つきあってるのは
みきちゃんぐらいよ。

私 このごろ みきちゃんと一緒に
お針の稽古に通ってるのよ。

ほう~。 それは結構じゃないか。
フフッ。

ねえ 登兄さん。
何だ?

伽羅屋って知ってる?

伽羅屋? 高価な香木とか
化粧道具を売ってる店か。

うん。 出来たのよ この近くに。

よかったら
一緒に行ってみない?

白粉塗って
紅でも さすつもりなのか?

見るだけよ 見るだけ。

しかし 今日は
出かけなくてはならなくてな。

後は 昼寝じゃなかったの?

そう すねるな。
そのうち 一緒に行こう。

ほんと!?
ただし 見るだけだぞ。

約束ね! 楽しみにしてる。
うん。

はい おしまい。

やっ さっぱりした。

はっ!

わ~っ! わっ…。

あっ…。

はあ…?

そりゃあ 百助だ。

知っているか?
もちろんですよ。

なかなかの岡っ引きですがね

ちょいと面倒くせえとこの
あるやつで。

会って 話したい事があるんだが。

分かりやした。
お連れ致しやしょう。

おい 直蔵。 へい。
おめえもついてこい。

えっ!? あっしもですか?
おう。

(直蔵)はあ~。

手塚屋の押し込みは
男2人だったと…。

直蔵 てめえ 勝手に
閉めんじゃねえ この野郎!

まったくよ。
へい ただいま…。

手塚屋の押し込みは
男2人だったと

まっ これは 手塚屋の話で
分かっております。

その一人が房五郎ではないかと
疑われたのですな~。

<手塚屋は 駒形町の表通りに
店を構える

繰綿問屋である>

♬~

<盗賊2人は

一人も人を傷つけず
土蔵も開かず

当座の金ばかりを
残らず奪って消えた>

…で 房五郎が疑われた
訳というのは?

ご存じのように
房五郎は畳刺しで

田原町の畳屋。

手塚屋での畳替えを依頼され

職人は5人で
房五郎が親方代理で

ほかの者を指図してたようです。

おまけに 房五郎は
最後の一日は 自分一人で来て

仕事のあとを念入りに見回って
帰った。

手塚屋が
押し込みに襲われたのは

それから 10日も
たたないうちでした。

たったそれだけの証しで
引っ張ったんですかい?

とてもじゃねえが
それだけでは引っ張れねえと

申し上げたんだが…。

まあ そうこうしているうちに
いつも使ってる男が

房五郎の押し借りの一件を
聞き込んできたんで。

これで引っ張れると。

押し借りというのは
どういう事だったんですか?

確か おつぎって名だったな
房五郎の女房は。

これが なかなかの働き者で

家の中でも
内職の手を休めねえ女ですが

時々 小料理屋に
手伝いにも行ってました。

ところが このおつぎを

あるじある女だと知りながら
口説いた男がいた。

なるほど。 それで
カッとなった房五郎が

その男に押し借りをはたらいた
という事か。

おつぎは
やられた訳じゃなかった。

それにしては

6両という大枚の堪忍料で。

6両ですかい!?
手籠めにされかかっただけで?

房五郎は証文まで用意して
乗り込んだらしい。

証文?
証文まで書かせたんですか?

何せ 6両ですからねえ。

借り受けたという形を
取ったんでしょうが…。

その押し借りですが
その時 一度だけでしょうな?

一度?

無論 一度だけですよ。

地元で そんな事を
2度も3度もやられて

知らずにいるようじゃ

岡っ引きの沽券に関わりますよ。

念のため 房五郎の家の在り場所を
教えてくれませんか?

そんな事聞いて
どうしようってんで!

お医者が捕り物の真似事
しようってのかい!

まあ まあ まあ… 百助さん…。
(直蔵)よしなせえって。

直蔵は口挟むんじゃねえ
このばか野郎!

あれは まずいや。
ああ 百助さん 怒ってやしたよ。

分かっている。
分かってんのに

何で 房五郎の家なんか
聞いたんです?

百助親分の話を聞いていて
気持ちが変わったのだ。

それまでは 房五郎の女房に
会おうなどとは

考えてもいなかった。
しかしな

押し借りの事を聞いたあとで

針の先ほどのものだが
疑いが残った。

疑い?
疑いたぁ 何です?

証文まで書かせたというのが
気になるんだ。

いくら 6両という金とはいえ
そこまでするものだろうか。

(直蔵)う~ん。
まあ そうですね…。

房五郎と おつぎが
もしや グルだとしたら…。

夫婦で組んで 押し借りを?

親分 今日は世話になった。

百助親分の手前もあるだろうし

ここからは
私一人で探るという事にしよう。

房五郎の女房に
会いに行くつもりなんですね?

分かりやした。
おい 直蔵 行くぞ。

(直蔵)えっ? ああ…。

ああ 先生

俺たち 岡っ引きは
人を疑うのが商売だが

お医者は そうじゃねえんじゃ
ねえですかい?

「医は仁術」とかって言葉が
あるそうじゃねえですか。

大概にしといた方が
いいんじゃねえかな。

♬~

ごめんくだされ。

房五郎さんの おかみさんですか?

はい。

あの… うちの亭主の身に
何か?

いや 病気とか何か
という事ではないが

少し 心配な事が出来た。

実はな 房五郎が

牢問にかけられておってな。
牢問?

つまり 責め苦だ。

それも見るに堪えないほどのな。

そんな… どうして うちの人が?

奉行所の役人は

房五郎を手塚屋に押し入った
夜盗の一人との疑いを

捨てきれんのだな。

しかし 多少でも
その疑いがあれば別。

それで 少し 事情を
聞きに来たのだが…。

♬~

押し借りの事だが…。

私が悪いんです。

お店で声をかけてきた
お客さんに

はっきり断ればよかったんです。

証文まで書かせたそうだが…。

頭に血がのぼったんですよ。

大体 手塚屋さんの事だって

そんな大それた事が
できる人じゃありません。

だって 手塚屋さんに
泥棒が入ったという その晩は

亭主は どこへも出かけず
うちの中にいたのですから。

その事は 百助親分に話したのか?

はい。
親分さんにも それから

お奉行所から来た
怖い顔のお役人さん。

高瀬という人か!

ひとつきほど前に
お供の方を連れてきて

うちの中を
残らず捜していきました。

床下まで探って。
何を捜していたんだ?

手塚屋さんから盗んだ
百両だそうです。

「お前は知らないのか」って
怖い顔で叱られて

震えが止まりませんでした。

だが 出てこなかった訳だ。

出てくる訳ないじゃないですか
旦那様。

すいません。

(すすり泣き)

かわいそうに あの人
濡れ衣まで着せられて。

♬~

[ 心の声 ] 房五郎の押し借りの罪は
動かないにしても

手塚屋の泥棒というのは やはり
高瀬様の見込み違いだろうな。

話がある。

わしが あの囚人を責めるのを

狂気の沙汰と見るかもしれん。

…が これには訳がある。

房五郎が 夜盗の一人だと
さしてきた投文がある。

詳細をきわめたものじゃった。

投文?

お主らの心配は
分からんでもない。

故に 法は守る。
安心せい。

しかし わしの勘だが

あの男は…

盗賊の片割れじゃ。

今に分かる。

♬~

回想 あっしには
隠している事なんて

ございませんので。
(高瀬)あの男は盗賊の片割れじゃ。

(おつぎ)かわいそうに あの人
濡れ衣まで着せられて。

(藤吉)俺たち 岡っ引きは
人を疑うのが商売だが

お医者は そうじゃねえんじゃ
ねえですかい?

はあ はあ はあ…。

今日は このぐらいにしておこう。

はあ…。

立花さん!

立花さんは 最近 私に
手加減をされているのですか!?

手加減? そんな事はない。
しかし…。

はあ… 手加減に見えるのは 私に
迷いがあるからかもしれない。

その迷いが 技を
鈍くさせているんだろう。

迷い… ですか?

何があったのですか?

あ~っ!

登兄さんと
こうして歩いてると

まるで夫婦みたいね。

おちえ…。

お前 寝ぼけてんのか?

はあ? 寝ぼけてなんかないわよ!

何よ もう。
んっ?

フフッ。
んっ。

おお… あっ。
あっ ごめんなさい。

ごめんなさいね。
いててて…。

あっ…。
何よ もう。

外で待ってる。
うん。

ああっ! オホホホ。
ごめんなさい。

はあ~。

(戸の開閉音)

♬~

おつぎ?

♬~

≪(車力)危ねえぞ!
≪(女性)キャッ!

あっ…。
おい 大丈夫か? おい。

大丈夫ですか?
大丈夫か? 立てますか?

あっ はい。
悪かったな~。 よいしょ。

大丈夫か? お気を付けて。
ありがとうございます。

ありがとよ。

♬~

ありがとうございました。

さっき あの家から
若い女が出てきたが

気付かなかったか?
あ~ あの女

このところ ちょいちょい
姿を見せますな。

なかなか いい女ですな。
ハハハッ。

あそこは どういう家だね?

芳蔵という道楽息子が
一人で住んでいるだけですがね。

道楽息子?
親たちが死んでしまいましてね。

いい人たちだったが…。
息子は遊び人で

今に あの家も
売りに出すんじゃないかなんて

近所じゃ うわさしてますな。
さっきの女と芳蔵は どういう?

さあ?
そこまでは知りませんね。

おおかた 新しくできた
情婦か何かじゃないでしょうか。

ハハハハハッ。
そうか すまない。

登兄さん お待たせ。

おう。 いや~ でも
お金持ちっているのね。

さっと入ってきて
白粉やら 紅やら

おまけに伽羅まで買って
さっさと お金払うんだから。

私なんて これだけ買うのに
どれだけ迷ったかしれないのに。

あっ お金持ち!

えっ? ちょっと…。

すまん 所用を思い出した。
えっ?

ちょっと 登兄さん?

♬~

あっ おもとさん これ。

いつも ありがとう おつぎさん。

あの人と仲良くね。

あっ 何言ってんだよ。
フフフフフ… 嫌だね。

回想 これが
なかなかの働き者で

家の中でも
内職の手を休めねえ女ですが

時々 小料理屋に
手伝いにも行ってました。

いや~ でも
お金持ちっているのね。

白粉やら 紅やら
おまけに伽羅まで買って

さっさと お金払うんだから。

フッ 房五郎は大した男さ。

相変わらず
頑張ってるらしいぜ。

お役人が 責めるのを
やめたんじゃないだろうね?

奉行所に投げ込んだ文には

房五郎と俺しか知らねえような

あの晩の細かい事を
書いておいたんだ。

でも あんまり責められたら

白状しちまうかもしれない
じゃないか。

そしたら どうする?

あいつは
吐かねえと決めたら

責め殺されても吐かねえ男さ。

だから 俺は 安心して…。

さしてやったのよ。

ここまで来りゃ

奉行所が房五郎を放す事は
まず ねえな。

牢に とめておいて

じっくり 責めるだろうさ。

…すれば 気は確かでも
体が弱ってくる。

長え事はねえよ。

何にも言わずに

秘密は 墓の下まで
持っていくって訳?

そうよ。

あいつは 義理堅い男だ。

友達を裏切るような真似は
しねえよ。

(おつぎ)友達だって? ハッハハハ。

あんたも 本当に悪党だねえ。

房五郎が捕まった時に

分け前はどうなるんだと
駆け込んできたのは誰だい?

そりゃ そうよ。
百両が ここに眠ってるんだから。

(芳蔵)フフッ。
(おつぎ)フフッ… あ~あ。

早く あの亭主 片づかないかしら。

草履表の内職しながら

牢から戻る亭主を待つ 哀れな女
って顔しながら生きるの

あたしゃ もう飽きた。

あんたと一緒になってさ

上方辺りに引っ越して
のうのうと暮らしたい。

フフフッ。
ハハハハハッ。

(芳蔵とおつぎの笑い声)

♬~

おい 何だい てめえは。

どこのやつだ お前!

あっ いててて…。

うわっ! 痛っ…。

♬~

私をどうするの?

どうもせん。

だが あの男と手に手をとって
逃げようなどとは考えぬ事だな。

罪が重くなる。

それに あの男は
足に ひびが入ってる。

しばらくは歩けん。

♬~

私から役人に告げる事はせぬ。

お前次第だな。

♬~

うわ~!

うお~!

(房五郎)ああ~!

うあああ~!

<その日のうちに

登は 房五郎が手塚屋の押し込みを
自白した事を聞いた。

房五郎は 自分から
高瀬与力を呼んでもらい

一切を白状したのだという>

面目ねえ!

あっ…。

ちょいと 親分… 親分。

いや どうも驚きました。

房五郎の女房ですがね
調べてみたら なんと

押し借りが もう2つ
出てきやした。

客が女房に手を出す
後で 房五郎が乗り込むって

同じ手口で
もちろん 夫婦で共謀。

どうも あの女房には
ころりと だまされました。

先生をどなりつけちまった手前
どうにも きまり悪くって

藤吉親分に頼み込んで

詫びを入れたいと思い
ついてきた次第で。

あいすみません! すみません!

しかし あの女
とんだ女狐でしたねえ。

(百助)う… うなぎでも
おごらして下せえ。 ねっ?

うなぎは お嫌いですかい?
お好きですかい? すみません!

♬~

<登は 裏切られた気分でいた。

欲に踊った 3人の男女も醜く

高瀬与力の執念まで
おぞましく感じた>

♬~

登兄さん。

おちえ… か?

お針の稽古の帰りなの。

♬~

どう? このお化粧。 ぐっと
女っぽくなったんじゃない?

あっ…。
せっかく 見せに来たんだから

何とか言ってよ。

うん。

は~ん。 ハッ。

「は~ん」って ちょっと…
登兄さん!

あっ 用事を思い出した。
登! あっ…。

あっ?
痛~っ! 大丈夫か?

痛くないし~。
走るからだ。

フフフッ 登が走ったんでしょ。

フフフッ。

あの3人 どっかで
見たような気がするんだが…。

「人を見たら 泥棒と思え」ってのは
聞いた事があるが

囚人に見えるってのは珍しい。

源次という人は いるかね?

私のようなものにも
本当に親切で。

おしづさんのために
金を巻き上げてやるつもりよ。

押し込みだと!?
同じ店を

本職の盗っ人が狙ってるんです。

こいつが押し入ったあとは
どこも血の海。

今晩やるって…。
今晩!?

♬~