[新]ボーイフレンド降臨! 初回1時間SP #1[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[新]ボーイフレンド降臨! 初回1時間SP #1[字]

突然現れた記憶喪失の青年・アサヒ(髙橋海人)と、人生に行き詰まった年上女子(桜井ユキ・田中みな実)が繰り広げる12歳差のトライアングル・ラブコメディー!

◇番組内容
小さな広告会社に勤める茶谷かしこ(桜井ユキ)は、仕事中にある男(髙橋海人)と最悪の出会いを果たす…!後日、かしこは警察から連絡を受け、病院を訪れると…あの男の姿が!男は記憶喪失で、身元も不明らしい。そこに高校時代にかしこと因縁のある女性・佐藤渉(田中みな実)がやってきて、男に“アサヒ”と名付け、さらには助けてあげようと言い出し…?ピュアな無防備男子をめぐるトライアングル・ラブコメディーが始まる…!!
◇出演者
アサヒ…髙橋海人(King & Prince)
茶谷かしこ…桜井ユキ
佐藤渉…田中みな実
黒瀬顕介…末澤誠也(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)
津久井エマ…片岡凜

榎田要…三宅健(特別出演)

赤井美香…伊藤修子
白鳥陽大…本多力
青柳有造…光石研
◇脚本
田辺茂範
◇監督
新城毅彦
◇音楽
ワンミュージック

【主題歌】King & Prince『彩り』(Johnnys’Universe)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)
【プロデューサー】残間理央(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、森田美桜(AOI Pro.)、小林麻衣子(テレビ朝日)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/bf_kourin/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. アサヒ
  2. 茶谷
  3. 警察官
  4. 社長
  5. コンペ
  6. 今日
  7. 大沢
  8. 仕事
  9. 名刺
  10. 自分
  11. カロンナ化粧品
  12. ドナドナ
  13. バイト
  14. 会社
  15. 看板
  16. 沙世子
  17. 本当
  18. 無理
  19. 期待
  20. 特別

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(警察官)止まれー! 待て!

(警察官)止まれ!

♬~

(警察官)
クソッ! 向こうに行ったぞ!

(警察官)止まれ!
(警察官)こっちだ!

♬~

(警察官)行け行け! 走れ!

(警察官)止まりなさい!
(警察官)止まれ!

(警察官)止まりなさい!
(笛)

♬~

止まれ!

(警察官)止まれ!

♬~

(警察官)飛び降りた!

♬~

(荒い息)

(荒い息)

♬~

(車の走行音)

(ブレーキ音)

(浅桜沙世子)営業担当兼
マーケティング担当兼

クリエイティブ担当兼
チーフデザイナー…。

(沙世子)随分 肩書あるけど。
(茶谷かしこ)はい!

で 結局 何をされてる方なの?

全部です。
全部って事はないよね。

弊社は
少数精鋭の広告会社でして

1社1名の専属スタイルを
売りにさせて頂いてます。

本日は 御社がお持ちの
リノベ物件に関して

ぜひ ご提案したい
広告プランがございまして。

こちらになるんですけども…。
あなた 年 いくつ?

35ですけど…。

結婚は?
独身です…。

お付き合いしてる男性は?
いませんけど…。

♬~

これ 築25年。
70平米 3LDK 7300万!

だけど あなたには特別… 6900万。

社長 今日は
広告プランのほうを…。

あなた 自分が
魅力を感じてないものの

広告 作れる?

マンションは
資産になるんだから!

なんなら 他にもありますよ!
ああ… すみません!

今の私に そっちの人生プランは
ないんです!

じゃあ 他 当たってくれる?

でも それ以外のご期待には
多分…

いや 必ずお応えしますので
何とぞ!

(佐藤 渉)うーん…
やっぱり 広さは2L以上で

できれば
日当たりと景色が良くって…。

築25年。
70平米 3LDK 7300万!

素敵…!

あなたには特別… 6900万。

そんなに引いて頂けるんですか!?
今すぐ決めてくれるなら。

でも 希望は賃貸なんです。

こういう感じで 家賃7万。
即入居可で 敷金礼金…。

それは ない。

社長 表の掃除って
どこまでやったらいいですか?

(沙世子)見えるとこ全部よ。

あっ 了解でーす…。

(沙世子)ちょっと失礼して…
ありがとうございます。

あ~… あの
条件 いくらでも妥協するんで

大家さんの審査が甘い物件
ありません?

審査?

私も彼も
劇団でお芝居やってて…。

彼 台詞しゃべりながらじゃないと
台本が書けないって。

生きた言葉が生まれないって。

そしたら 今の部屋
両隣から苦情来ちゃって。

今月中に立ち退きしないと…。
(せき払い)

他 当たってくれる?

えっ でも
すっごくいい台詞なんです!

♬~(店内の音楽)

(津久井エマ)来週
また フランス戻っちゃうんだ。

しばらく会えなくなるね。

あっ エマ 週末
たまたま空いてるんだけど…。

エマ ちょうど
温泉でも行きたいなって思ってて

別に
どうしてもって言うんだったら

今から行ってあげてもいいけど。

もう行くわ。

なんで? せっかく
お誕生日のお祝いで来たのに。

うーん 気分じゃないから…?

ちょっと!

(中越)先生
お誕生日おめでとうございます。

(中越)先生! 先生…!

今日は こちらを。

先生の生まれ年 1999年の
ビンテージです。

お口に合えばと思いまして。

へえ…。

いやいや いやいやいや…!

この年のものは
なかなか出回っておらず

探すのに大変苦労したんです。

ねえ…。
はい。

苦労して手に入れたら
ワインって味変わるの?

はっ?
その苦労って 僕に関係ないよね。

♬~

うわっ…!

はあっ…!

ああーーっ!!

えっ? えっ えっ…
ちょ ちょ ちょっ… ちょっと!

何? 逆ナン?

はあ? なんで私が…。

違います! あれ! 看板!

今 そちらとぶつかって
穴 開いちゃったんですけど。

ああ…。
ああ…。

えっ? えっ えっ…
ちょ ちょ ちょっ… ちょっと!

「すみません」とかじゃないの?
普通。

人の物 壊しといて
何もないわけ!?

すみませんでした!

はあ? まだ 話 途中!

♬~

(ため息)

んっ。
えっ…?

んっ!
ん…?

ごちゃごちゃ言われんの
迷惑だから。

迷惑!?

そもそも ここの看板
警察に許可とってんの?

まさか 勝手に看板置いていいとは
思ってないよね。

物件案内の看板なんて
よくある…。

それ ルール違反だから。

♬~

警察 行く?

名刺。
め…。

会社の名刺!
ああ… はいはい…。

♬~

「茶谷かしこ」… ふーん。

いや… ちょっと! お金!

キイ~~ッ…!

ただ今 戻りました。

(白鳥陽大)おかえりなさい。
(赤井美香)お疲れさまです。

(白鳥)リノベ物件のチラシ
5000枚ポスティングだって?

大変ね~!

(黒瀬顕介)へえ~ 茶谷さん
そんな事までやってんですか?

まあね。

〈そう そんな事までやるのが
私の仕事だ〉

〈この会社に入って13年〉

〈広告代理店なんて言えば

華やかなイメージを
持たれがちだか

そんなのは大手のごく一部…
いや ほぼ幻想だ〉

〈うちのような零細企業は

これまでお付き合いのある
代理店から

乗り換えてもらうために

チラシだって配るし…〉

〈イベントスタッフにだって
なるし…〉

〈犬の散歩だってするのだ〉

〈でも それぐらいが分相応〉

〈不満なんてない〉

〈だって
私は私に期待してないから〉

黒瀬くんさ

うちは
こういう地道な営業努力が

業績に繋がってんだから…。

見習え!

俺 デザイナーなんで
営業は ちょっと。

茶谷さん リスペクトっす。

どうも~。

(美香)茶谷さん 電話。 警察から。

警察?

イテテ… イテテテテテ…。

「都立総合太郎」…?

(大沢)茶谷さん?
は… はい! はい!

お電話しました
夕日警察署の大沢です。

あの…
どなたか看板にぶつかって

怪我とかされちゃった
感じですか?

えっ 看板? 怪我?

えっ? 違うんですか?
ええ。

あっ 実はですね 茶谷さんに
確認して頂きたい人物がいまして。

えっ?
中にいる あの男なんですが…。

ん…?

うわっ…!

ああーーっ!!

あの時の…!

知ってるんですね?

あの 私にできる事があるなら
なんでも協力させてください!

♬~

《まさか… 犯罪者とか!?》

(大沢)こちらの方
君の事を知ってるそうだよ。

間違いありません。 この人です。
私 この人 知ってます!

あなたが僕を…。

はっ?

本当ですか?
それ 本当なんですか!?

僕は…
僕は 一体 誰なんですか?

♬~

記憶喪失?

(大沢)ええ。 彼 3日前

公園で倒れてるところを
通報されて。

大した怪我はないんだけど

自分が誰だか
わからないらしくて。

《今どき
韓流ドラマじゃあるまいし

そんな事って…》

唯一 ポケットに入ってたのが
この名刺。

あの… 僕とは
どんな関係だったんですか?

えっ?

あっ 名刺を持ってたって事は
お仕事で?

まずは名前から。 あと 年齢と
どこに住んでたかと

僕の仕事は?
待ってください!

私 あなたの事なんて
何も知りません!

えっ? えっ 何も…?
何も。

でも さっきは知ってるって!

いや 街で ちょっと話した程度で
なんていうか その…。

なんか… なんて言ったら…。

うわっ…!

何? 逆ナン?

♬~

これ 言っちゃっていいのかな…。

言っちゃってください。

私…
あなたにナンパされたんです!

ナンパ!?
あら…!

街 歩いてたら 声かけられて
で 仕事だからって断ったら

じゃあ せめて
連絡先 教えてって。

で しつこくて
何されるか わかんないし

なんか 断るに断れなくて
仕方なく この名刺を…。

覚えてない?

えっ… 僕が?
ええ。

あなたを?
ええ。

えっ 僕が?
そうですけど!

じゃあ 手掛かりはなしと。
ちょっと 署に連絡してきますね。

じゃあ 私も これで。

あっ お巡りさん!
(大沢)あ~…。

第一発見者の佐藤渉です。
(大沢)ああ…!

《佐藤… 渉!?》

彼 なんか思い出しました?

(大沢)結局 駄目でしたねえ。
そうですか…。

(大沢)今日は どうされました?

彼 今日 退院じゃない?
着替えの服を。

あの方が 倒れてる僕を
見つけてくれたんです。

うっそ…!

シュッとしたんじゃない?
(大沢)わかります?

〈佐藤渉〉

〈彼女は かつて
たった一人の私の親友だった〉

〈出会ったのは19年前
高校1年の春…〉

タッチが魚喃キリコっぽい。
すっごいうまい!

佐藤さんも好きなの?

うん! ねえねえ 一緒にさ…。

カナが複雑な気持ちのまま
帰ってたら…。

〈こうして
漫画を描く事になった私たち〉

〈ペンネームは 茶谷と佐藤で
ブラウン・シュガー〉

〈妄想好きの渉が
ストーリーを考え

それを私が作画した〉

〈そして
2人で初めて描いた漫画は…〉

あった! 入選!

このままいったら 私たち…。

(2人)プロデビュー!

〈まだ世界の広さなんて
これっぽっちも知らない

16歳の私たちは

この人生の延長線上に
成功があると確信した〉

〈その結果は…〉

〈3年連続の入選〉

〈私たちの才能は それ以上でも
それ以下でもなかった〉

いけるよ!

3年連続で入選したんだよ
私たち。

しょせん 入選止まりなんだよ
私たち…。

〈そして 高校3年間をペン入れと
スクリーントーンに捧げ

渉と追いかけた夢の結末は…〉

はい いってらっしゃい。

〈そう 彼女は いつも

ポジティブに
ネガティブ事案を運んでくる〉

じゃ お巡りさん 気をつけて。

あっ!
渉さん!

今日 退院でしょ?
これ 私の彼の服なんだけど…。

あとで着てみます。
うん。

ねえ 名刺の人
知り合いじゃなかったんだって?

うん。 僕がナンパした人でした。

ナンパ?
ですよね?

えっ… あっ…。

じゃあ 私は これで…。

あの… どうも…。

あっ… 茶谷さん
ありがとうございました。

失礼しまーす。
茶谷…?

あの… あの 茶谷さんって…。

あっ 茶谷かしこさん。

えっ? かしこ?

人違いです!

かしこ!?
名刺の人って かしこだったの!?

やだ 偶然すぎる!
私の高校の同級生!

えっ!? 僕じゃなくて そっち!?

どうも久しぶり~。
やだ~っ!

じゃあ 私は これで。

よかった~!
う~わ ちょっと…!

彼 今日 退院する事になってて

私一人で どうしようかと
思ってたんだ。

はっ!?

支えてあげられる人が
一人でも多いと

彼も心強いと思う。
ちょっと!

身寄りもなくて お金もない。

このままだと
彼 ドナドナになっちゃうから。

はっ?
ドナドナ?

♬~「ある晴れた昼さがり」

♬~「市場へ…」
いや 売られていかないでしょ。

申し訳ないけど
私には何もできないから。

困ってる人がいるのに
手を差し伸べないなら

それは もう ドナドナだよ。

身元がわからないって事は
どんな人かわからないって事だよ。

だまされて ひどい目に
遭うかもしれないって事だよ。

ドナドナ詐欺かも
しれないんだよ!?

よく そんなひどい事が言えるね!
あんたこそ 考えなさすぎ!

なんで
そんな簡単に信じられんの!?

そんなふうにしか
考えられないなんて

かしこ かわいそうだよ。
ねえ 今 幸せ?

あんたに言われたくない!

ねえ どうして かしこって
いっつもそうなのよ…!?

もうやめて!

僕 ドナドナにはなりません!

だから 喧嘩しないで。

(ため息)

あ~…! 私 仕事あるから。

えっ…。

これ あなたのお金!

不動産の仕事
決まったばっかなんだから

今は それ以上の事は無理!

《ましてや 渉の思いつきに
巻き込まれるなんて

二度とごめんだ》

(携帯電話の振動音)

社長…?

(青柳有造)フフフフ…!

お疲れさまでーす。

おお~ 茶谷!
本当に よくやってくれたよ。

よかったです。
そんなに喜んでもらえるなら。

浅桜不動産の社長
ちょっと人使い荒いですけど。

浅桜不動産?
違うよ! カロンナ化粧品!

カロンナ化粧品?
そっちに連絡いってないのか?

今度の冬のキャンペーン

茶谷に コンペ応募してほしいって
直々に指名が来たんだよ!

なんで そんな大きなコンペが
私に?

俺が知るかよ。

とにかく 今週 締め切りの
書類選考があって

それに受かったら うちも

正式にコンペに
参加させてもらえるって話だよ。

これ チャンスだぞ。
すっごいチャンスだぞ!

あの! それ 私 できません。
えっ?

浅桜不動産から
受注受けたばっかで

今週末 マンションの売り出しキャンペーン
手伝う事になってて。

そんなの黒瀬辺りにやらせときゃ
いいだろ!

先方には 全部 私が担当するって
言っちゃってますし

それに そもそも
そんな大きなコンペ

私には無理です!

どうしてもか?
無理です。

ほう… そうか。

はあ~… わかった。

じゃあ 白状する。
フッフッフッ…!

うちの会社な やばいぞ。
はい?

やばいを通り越して
潰れるの時間の問題!

はあっ!?

言っちゃった!
もう駄目なんだよ…!

ここだけの話
絶対 儲かるからって

海老の養殖に
手 出しちゃったんだよ。

そしたら 今年の夏の猛暑で
海老 全滅だってよ!

これ 詐欺ですよ。

えっ そうなの!?
海老 死んでないの?

養殖自体してないと思います。

おい 養殖はしてくれよ!

儲かるのを見越して
オフィスまで改装したのに…!

でも 大丈夫。

海老が取れなくても
コンペが取れれば

会社は立て直せる!

だから 私は…!

俺だけじゃないぞ。
社員全員の生活がかかってる。

そんな事 言われても
できないものは できません!

私には荷が重すぎます!

勝手に背負わせないでよね…!

茶谷さん お客さん。
お客?

かしこ~!

あーっ!
なんで ドナドナが ここに!?

名刺に住所あったから。

そういう事じゃなくて…。

実はね 私 アサヒくんと…。
アサヒくん?

ああ… アサヒです!

とりあえずでも 名前がないと
不便だからって渉さんが。

でね 私 アサヒくんと
役所に行ってきたの。

(職員)区の施設の利用には

まず 生活保護申請を
提出頂きます。

それが受理されますと

無料低額宿泊所に入所する事が
できます。 その後…。

(早口で説明する声)

(渉の声)もう 手続きだらけで
時間ばっかりかかるし

私が引き取り手になれば
施設に入らなくていいっていうし

だから 自分たちで
アサヒくんの身元

探し出す事にしたの。
…ん? で?

「で?」って…。
かしこ 広告代理店でしょ?

アサヒくんの情報を集めるチラシ
作ってもらえない?

それはさ 仕事の依頼?
それともボランティア?

茶谷くん… 言い方。

恩の一つでも売っときなさいよ。

そんな余裕ないですよ!

まあ 確かに お友達案件は
金にならねえからな~。

だったら 僕 体で払います!

か か か か… 体!?

えっ? ぼ ぼ ぼ ぼ… 僕だけ!?

僕 記憶とお金はないけど
時間と体力だけはあるんで。

(青柳)じゃあ うちでバイトする?
えっ?

君 絵とか描ける? パソコンは?

いや もうできなくていいや。

今週いっぱい… 今週いっぱい
いてくれたら それでいい。

いや 社長 今週いっぱいって…。

なんだよ?
「なんだよ?」じゃなくて…。

彼に カロンナ化粧品
やらせるつもりですか?

素人ですよ!?

このままじゃ
うちは確実に潰れるんだから

駄目元で
何もやらないより ましだろ!

だったら 私が!

えっ? やってくれるの?
あっ…。

あ~…! じゃあ
茶谷にお任せしちゃおうかな。

お任せし~ちゃお!
あ~…!

《は… はめられた…!》

かしこさん 僕 手伝いますよ。

君 本当に…。

はい! 体でお支払いします!

か か か か… 体!?

(沙世子)あら 2人?

お宅は 1社1名の
専属スタイルじゃなかった?

…なんですが うちの社長が
浅桜様には特別にと。

特別に。

でも ちょうどよかった。

ここ 週末に内見予約が
3組入ってるんだけど

リノベの工事が押しちゃって
掃除が間に合ってないのよ。

お願いしていい?

あの 今日
キャンペーンのお手伝いじゃ…。

お客の期待には なんでも
応えるのが売りなんでしょ?

…はい。

じゃあ お願いね。

社長 これを週末までに
っていうのは ちょっと…。

(沙世子)マジ助かる。

(ドアの閉まる音)
(ため息)

代理店って 大変なんですね。

やるしかないけど…。

♬~

あっ この掃除機
かけちゃいますね。

ああ… うん お願い。

(2人)うわあ~っ!
(せき込み)

もう… 何やってんのよ!

♬~

あっ!

(ため息)

そろそろ お昼にしようか。

僕 買ってきますよ。

あっ… じゃあ ついでに
コロコロもお願いしていい?

買ってきました!
ありがとう。

はい。 えーと おにぎりと…

はい 『コロコロ』。

(ため息)

これで どうやって
掃除しろっていうのよ!

お昼に読みたい漫画あるのかと…。

違う…! こっちでしょ こっち!

ん…? どうなってんだ? これ。

海苔の巻き方も記憶にないの?

うーん… 思い出せません。

♬~

ああっ…! かしこさん!

えっ…。

全然 泡 流れなくて…。

(ため息)

洗剤の量 間違えてない?

うわあーーっ!!

疲れた…。

お疲れさまです。

えっ? なんで いるの?

社長さんが バイトの間は
ここ泊まっていいって。

かしこさん まだ仕事ですか?

うん。 仕事 マンションの掃除
だけじゃないから。

(ため息)

あっ おはようございます。

えっ… 1人で先に来てたの?

昨日 迷惑かけちゃったし…。

♬~

朝日…。

はい。

あっ… いや あなたじゃなくて。

この部屋
いい朝日が差し込むなと思って。

お~ 本当だ!

♬~

んっ! あ~…!

よし!
何?

この朝日 浴びてたら

なんか 今日も一日 頑張ろう!
って気になって。

あーっ!

えっ?

フフフフフ…!
えっ?

(榎田 要)ただいま。

あっ おかえり! 早かったね。

あんま 稽古 のらなくて。
うん…。

あっ 今週発売の『nan-nan』
買っといて。

俺のインタビュー 載ってるから。
えー! すごいじゃん!

次の公演の事 話 しといた。
じゃあ 次の公演

お客さん
いっぱい入っちゃうんじゃない?

うん。

それね 例の彼の情報
集まればと思って。

ふーん…。

♬~

無理しすぎじゃないですか?
僕 手伝いますよ。

ん? 大丈夫。
こっちの事は気にしないで。

寝てていいから。

(せき)

♬~

(沙世子)あら~!

すっごいきれいに
なってるじゃない!

ありがとうございます。
あらららららら…!

あと こんなの
作ってみたんですけど…。

ん~?

(かしこの声)
「東南向きのお部屋なので

リビングには
気持ちいい朝日が差し込み

1日のスタートを
爽快にきることができます」

「リビング全体を見渡せる
対面キッチンは

家族の様子を見ながら
楽しくお料理できます」

「浴室暖房乾燥機があるから

24時間どんな時でも
浴室で洗濯物が乾かせます」

へえ~! いいわね これ。

下手な説明よりも 部屋の良さが
頭にスーッと入ってくる。

1社1名の専属スタイルの
強みです。

今回は2人ですけど。
特別に。

ご苦労さま。 フフフ…。

いいねえ。 いい!

じゃ!

♬~

これからも よろしく。

はい!

ありがとうございました!
ありがとうございました!

(ドアの閉まる音)

(2人)はあ~…!

あ~! 終わった…!

あっ 昨日 作ってたのって
このパネルだったんですね。

おかげで ちょっと
くたびれちゃったけどね。

僕 最初

代理店って こんな事までやるんだ
って思ってたけど

こんな事までやってるから

かしこさんは
商品の本当の良さに気づいたり

お客さんの気持ちに寄り添ったり
できるんですね。

えっ… 何?

すごいです! かしこさん
めっちゃリスペクトです!

…どうも。

まっ あとは
カロンナ化粧品のコンペが

うまくいったらね。
はい。

あ… そういえば あの子
バイト 今日までか。

お礼も あいさつも
ちゃんとできなかったな~…。

ありがとう。

《コンペに通れば あの看板も
私のデザインに…!》

よし!

♬~

あっ どうしよう…。

<あの 「TSUBAKI」から

ダメージケアの黒 誕生>

<イオンの力が 髪を根本から補修>

<艶あふれるオーラ髪へ
「黒TSUBAKI」>

(せき)

うう…。

(体温計のアラーム)

はあ…
なんで このタイミングで…!

朝まで待ってよ…!

(荒い息)

ねえ その男の子
名前 まだ決まらないの?

うん。 なんか しっくりくるのが
浮かばなくて…。

じゃあさ…。

♬~

アサヒって どう?

アサヒ…。

いい!
アサヒって すっごくいい!

うん。

《そっか… アサヒって
あの主人公の名前だ》

《私がアサヒって付けたんだ》

かしこさん…。

かしこさん!

♬~

え…?

頑張りすぎ。
こんなになるまで頑張って…。

もっと
自分をいたわってあげないと。

♬~

何やってんだろうね 私…。

私ね いつも 自分に
期待しないようにしてたんだ。

自分に期待すると こうなる…。

わかってたのに…。

わかってたのにね…。

♬~

♬~

何か食べたいもの ある?

じゃ… じゃあ… しょうが湯。

しょうが湯ね。 オッケー。

♬~

アサヒくん…?

夢…?

はあっ! 最悪! 寝落ちした…!

まっず! 何これ!?

♬~

夢じゃなかった…?

♬~

これ…。

これも彼… アサヒくんが?

♬~

私の代わりに…
アサヒくんが描いた?

おお… 茶谷 朝までやってたのか。

おはようございます。
カロンナ化粧品 提出した?

それが まだなんですけど…。

えっ? お前 締め切り 10時だろ!

何やってんだよ!
資料できてないのか!?

ある事には あるんですけど…。
だったら 急げよ!

今なら まだ間に合う!
いいから急げっ!!

ああ… はいはいはい…。

♬~

あの…!
すいません お願いします…。

(受付)お預かりします。

(荒い息)

無理です!
(2人)お願いします!

内訳が不透明なんで 無理です!
いい店なんですよ。

黒瀬も ちょっと 頭下げて…。

使いすぎです!

(美香)あら?
昨日 徹夜じゃなかったの?

あの…
アサヒくん 帰ってませんよね?

アサヒくん? 見てないけど。

(黒瀬)ってか
バイト 昨日までっすよね?

なんか用事?

(せき払い)

(シャッター音)

(携帯電話の着信音)

かしこ? どうしたの?

渉 今 アサヒくんと
一緒だったりする?

会いたいんだけど
連絡とれなくて。

アサヒくんなら
今 私の彼と会ってるよ。

渉の彼と?

あっ… こんにちは。

君… やっぱり 思ったとおりだ。

えっ?

アサヒくんに話あるからって。

役所の近くの公園で会うって
言ってたけど どうしたの?

ありがとう。

♬~

…えっ?

ええっ!? ちょっと待って!

お尻 見せて。

えっ? えっ… お尻?

脱がなくていい。
クルッと向こう向いて。

クルッと。
はい。

え… えっ?
こんな感じですか?

見える…。

見えるよ!
えっ?

君が舞台でスポットライトを
浴びてる姿が見える!

はい?

君… 俳優に興味ある?

俳優!?

(自転車のベル)

かしこー!
えっ?

うわっ!
ちょ ちょ ちょ ちょっ…!

あの アサヒくん…。
ああ まだ会えてない。

じゃなくて えーと…
ウルシバタ… なんだっけ?

えっと… あっ えっと…。

かしこ これ! えーと…。

これ! この写真!

目元しか わかんないけど
アサヒくんに似てない!?

「漆畑澄人」…。

かしこ 知ってた?

「日本が誇る100年に一人の
現代美術家」だって!

《だから あの絵…》

♬~

そうだよ!
これ アサヒくんだよ!

間違いなくアサヒくんだよ!

やっぱり そうだよね?

彼と別れて
役所に向かったらしいから

私 行ってくる!
えっ… ちょ… ちょっと!

(携帯電話の着信音)
ああ…!

おお 茶谷!? 今 カロンナ化粧品の
担当の方から連絡あって

ぜひ 本チャンのコンペにも
参加してほしいってよ!

書類選考 通ったんだよ!

えっ?

なんか 提出書類の中に
手描きの絵 入れたのか?

それが すっごい
評判良かったみたいでな。

《それって あの絵…!》

聞こえるか? この盛り上がり!

バンザーイ…。
バンザーイ。

(3人)バンザーイ!

あの… 社長
そのイラスト 私じゃないんです。

えっ?

それ描いたの
アサヒくんなんです。

元のデザインは私ですけど

実際に絵に起こしたのは
アサヒくんで…。

そうなの?
でも 全然問題ないだろ。

あいつは うちの人間なんだし。

いや そうなんですけど
そうじゃなくて…。

あのバイト 絵描けたのか~。

《っていうか 世界的に活躍する
アーティストだし!》

よし! 最終コンペが終わるまで
バイト延長だよ。

「どうせ あいつ
行くとこないんだろ?」

いやいや… でも…。

よし こっから逆転だ! なっ!

ちょっと 社長!
(不通音)

延長って!

《自分の素性を知って

うちみたいな会社に
関わってくれるだろうか…》

《いや くれるわけがない…!》

《でも だからといって
身元を知らせないわけには…》

あっ?

えっ…? 渉!?

♬~

アサヒくーん!
渉さん!?

今 宿泊施設の手続き
してきたとこで…。

もういいの! アサヒくんは
もうドナドナじゃない。

えっ?
実は なんと…!

あれ…? あれ? 雑誌…。

まあ いっか。
いや なんですか?

あのね…。

ちょっと待った~!!

かしこさん?
かしこ!

今 ちょうど アサヒくんに

まあ アサヒくんっていうか
漆畑…。

アサヒくん!
はい! はい?

あの… ああっ…!
えっ? どうしたの?

あっ 書類選考 結果出て
コンペ 参加できる事になった。

おお~っ! ハハハッ!

アサヒくんの絵のおかげ。
ありがとう。

いやいや…
あの絵 使ってくれてたんだ。

いや 勝手に進めちゃって
よかったのか

心配だったんだ。
ううん!

あの それでね…。

かしこ…?

《コンペが終わるまで…

コンペが終わるまでで
いいから…》

う… うちの社長が

アサヒくんのバイト
延長していいって。

ええっ!? いいの?
いいって。

いいの!? やったー!
やったー…。

渉さん ドナドナ回避だよ。
ドナドナ回避。

かしこ!

あっ!

宿泊施設 うちの会社から遠いから
通えないじゃん。

急いで取り下げてきます。
いってらっしゃい。

いってらっしゃい!

《アサヒくん ごめん…》

ねえ ちょっと かしこ!

えっ?
「えっ?」じゃない!

なんで?
なんで アサヒくんに

身元がわかった事
教えてあげないのよ!?

ああ… そ… それは…。

ん~?

それは…。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(榎田)ただいま。

テレビ! 協力してくれるって。
すごーい!

僕とデートした事あるの!?
(エマ)最低の男!

イッ…!

アサヒくん 鳥!
うわあっ! あっ あっ…!

ご飯粒ついてるよ。

僕は 一体 誰なんですか?

〈無料見逃し配信はTVerで〉

〈TELASAでも
第1話の配信がスタート!〉

〈今後も全話配信します〉

〈「ボーイフレンド降臨! テラサ」
で検索!〉

(福原)
じゃがりこ、あげりこ! 資料たすかりこ!

(尾崎)
じゃがりこ、あげりこ! プレゼン、がんばりこ!
気分たかまりこ!

じゃがりこ、あげりこ!
また手伝ってあげりこ!

(凛美・平澤)
じゃがりこ、あげりこ! ハハハハ!

《じゃがりこで、つながりこ
カルビーじゃがりこ!》

さあ 『あざとくて何が悪いの?』
今夜のゲストは