親愛なる僕へ殺意をこめて #02【怒涛の第2話!危険な潜入と意外な協力者】[字][解][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

親愛なる僕へ殺意をこめて #02【怒涛の第2話!危険な潜入と意外な協力者】[字][解][デ]

第2話にして怒涛の展開!半グレ集団・スカルに潜入するエイジに危険が迫る!そんな中、意外な協力者が現れて、もう一人の知らない自分の行動に驚愕する…!

番組内容
浦島エイジ(山田涼介)は、半グレ集団『スカル』のリーダー“サイ”こと佐井社(尾上松也)に呼び出され、彼らが根城にするクラブを訪れる。そこには、傷を負ったナミ(川栄李奈)と、拷問を受けたと思われる男性の姿が…。スカルの金を盗んだ犯人を追っていたサイたちは、その過程でその男性とナミがこっそり付き合っていることを知ったのだという。「大事な商品に手を出した」と怒るサイは、エイジにその男を拷問するよう指示。
番組内容2
サイの信用を失わずにもう一人の自分である“B一”の情報を聞き出さなければならなかったエイジは、覚悟を決め…。

解放されたエイジは、ナミと再会。エイジは、改めて自分が二重人格であること、殺された畑葉子(浅川梨奈)と付き合っていたのはもう一人の自分であることを伝えた。ナミは、エイジの言葉を信じなかったが、葉子を殺した犯人に心当たりがあると言う。葉子が失踪した10月19日、ナミは葉子と
番組内容3
会う約束をしていた。葉子は「例の客と会うから帰るのは11時過ぎにくらいになる」と言っていたが、結局そのまま失踪していた。ナミは「サイが厳重に管理しているデートクラブ『アリス』の顧客情報を盗み出せばその客にたどり着けるかもしれない」とエイジに告げる。

同じ頃、明京大学内では、エイジが連続殺人犯・LLの息子だといううわさが広まっていた。その声は、エイジの恋人・雪村京花(門脇麦)の耳にも届き…。
出演者
山田涼介 
川栄李奈 
門脇麦 
尾上松也 
早乙女太一
 ・ 
髙嶋政宏 
桜井ユキ
 ・ 
佐野史郎 
遠藤憲一 

スタッフ
【原作】
『親愛なる僕へ殺意をこめて』原作:井龍一 漫画:伊藤翔太(講談社ヤングマガジン刊) 

【脚本】
岡田道尚 

【音楽】
☆Taku Takahashi(m-flo) 

【主題歌】
Hey! Say! JUMP「ウラオモテ」 

【プロデュース】
草ヶ谷大輔 

【総合演出】
松山博昭 

【制作著作】
フジテレビジョン
ご案内
【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/shinainarubokue/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/shinboku_cx  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/shinboku_cx/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 葉子
  2. ナミ
  3. サイ
  4. 学生
  5. エイジ君
  6. スカル
  7. 桃井
  8. 犯人
  9. 白菱
  10. ハァ
  11. 犬飼
  12. B一
  13. LL
  14. 浦島エイジ
  15. 絶対
  16. 息子
  17. 沢井
  18. ホント
  19. 一同
  20. 拷問

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン

≪(泣き声)
ナミさん!?

(王川)こいつら
こっそり付き合ってたんだよ。

(サイ)こいつは 俺たちの
大事な商品に手を出した。

エイジ君!
はい…。

仕上げは 君に任せるよ。
えっ?

(サイ)一度でいいから
見てみたかったんだ。

LLの息子が
どんな拷問をやってくれるのか。

(サイ)本家本元の登場だなぁ~!

(盛り上がる声)

ウハハハハ!

(沢井)道具は一通り揃っています。
好きなのを選んでください。

《どうしよう…
拷問なんてできるわけがない》

(西)サイさん! こいつ
本当にLLの息子なんすか?

正直 何かイメージが違い過ぎて

サイさんが一目置くような人には
見えないんですけど!

(男)確かにな。
(男)俺も そんな感じしてたわ。

(西たちの笑い声)

静かにしろ!

エイジ君が集中できないだろ。

《ここで信用を失ったら

スカルの連中からB一の情報を
聞き出せなくなる》

(一同)お~。

(一同)燃やすのかよ。
一番えぐいやつ選んだな。

ヤバいっすね。
やっぱ さすが。 すげえな。

ハァ ハァ…。

(ナミの泣き声)

(ナミの泣き声)
(ヒロ)うぅ… うぅ…。

(ナミの泣き声)

(ナミ)お願い… もうやめて。

そんなのやったら
ホントに死んじゃう…。

邪魔です。

やめて…。

邪魔なんです!
(ヒロのうめき声)

(荒い息遣い)
(ヒロのうめき声)

(ヒロの叫び声)

《僕たち もう終わりにしよう》

(男)エイジさん
マジでヤバかったよな。

傷ついた耳を さらに燃やすなんて
普通できねえよ。

(男)
LLのDNAって半端ないっすね。

≪なっ!

あ~っ! あああ…。

あの… あの…
さっきは蹴ったりしてごめんなさい。

でも ああするしかなくて…。

《うっ!》

あっ あっ やめて やめて やめて
やだやだ… やだ! やだ!

(ナミ)んっ。

えっ?

ヒロ君 大事には至らないって。

そうですか。

病院の先生が言ってたんだけど
大量出血でヤバかったらしい。

でも 焼かれたのが耳だったから
助かったって。

もしかして 止血してくれたの?

今日 漫画で たまたま
そういうシーンを見たんです。

あのままだったら
危ないと思って

漫画みたいにできるかなぁなんて。

あなた
本当に浦島エイジなんだよね?

えっ?
あ…。

葉子から聞いたことがあるの。

(ナミ)《ねえ そのエイジって男
ホントに信用できんの?》

《だまされたりしてない?》

《アハッ 大丈夫だって》

《絶対そんなことないから》

《エイジ君は
私に約束してくれたの》

《「この腐りきった世界から…」》

《俺が お前を救い出してやる》

葉子は あなたが
自分を救い出してくれるって

本気で信じてた。

でも そういうキャラには
ちょっと見えなくて。

それ 僕じゃないです。
えっ?

だから言ったじゃないですか!

僕は二重人格で
葉子さんと付き合ってたのは

もう一人の僕だって。

もう一人の自分…
僕はB一って呼んでるんですけど。

そのB一が どんな人間なのか

いつから二重人格になったのか
まったく分からないんです。

ナミさん お願いです。

あの 何でもいいんで
B一のこと教えてください。

僕は どうしても
自分のことが知りたいんです。

いいかげんにしてよ そんなの
信じられるわけないでしょ。

ハァ。

でも私は あなたがやったとは
思ってないから。

私 葉子を殺した犯人 知ってるの。

えっ?
そいつと会えば何か分かるかもね。

もう一人のあなたのこと。

(サイ)さっきの どう思う?
(沢井)えっ?

(サイ)浦島エイジだよ。

(沢井)かなりきつい拷問だったと
思いますけど。

あれは拷問じゃない。

止血だ。

俺たちに協力するふりをして
助けてたんだ。

あいつは何か におう。

浦島エイジと
畑 葉子の関係を調べてみてくれ。

(沢井)はい。

(ナミ)《あっ もしもし 葉子?》

《今日って
何時ごろ帰ってくる?》

(葉子)《これから
例のお客さんに会うから

11時すぎくらいかな》

《じゃあね》

(チャイム)

(ナミ)それっきり葉子が
帰ってくることはなかった。

えっ?

葉子は
そいつに殺されたんだと思う。

最近 葉子から聞いてたの。

金は出すけど 手は一切出さない。

いつも話だけして帰っていく
変わったお客さんがいるって。

その人の名前は?
知らない。

何歳ぐらいの人?
知らない。

他に知ってることは?
知らないって言ってるじゃん。

そうですか…。

これ B一のスマホなんですけど

もしかしたら葉子さんから
その人のこと

何か聞いてるかなと
思ったんですけど

ロックかかってて。

何か思い当たる数字とか
ないですかね?

スカルの売春ビジネスが
うまくいってるのは

政治家とか
VIPなお客さんの秘密を

サイが
徹底的に守ってきたからなの。

つまり その秘密が漏れたら
サイは命を狙われる。

だから お客さんに関わる情報は

全部 サイ 一人で
管理してるらしい。

もし そこにある
ALICEの顧客リストとか

葉子の勤務記録を
調べることができたら

その男にたどりつけると思う。

それって
どうやって調べるんですか?

盗むしかない。

はい?

無理です。 絶対無理です!

もし そんな大事なもの
盗んだことがバレたら…。

確実に殺される。

(学生)犯人
絶対あいつだと思うんだよね。

(学生)殺人だぞ。
(学生)だってさ 浦島エイジって

LLの息子らしいぜ。
(学生)えっ それマジ?

(学生)マジ。
(学生)拷問殺人の犯人も

浦島君じゃないかって。

雪村さん よくそんな人と
1年も付き合ってられたよね。

(学生)ホント 怖いんだけど。
(学生)でも さすがに別れたでしょ。

(学生)どうかな。
(学生たち)怖いよね。

(シャッター音)

最近 息子さんと
お会いになりましたか?

(珠代)3日前に来ました。

そのとき変わった様子などは?

まったくありません。
(犬飼)まったくって…。

あんな事件があったんです。
ない方が不自然でしょ。

刑事さん。

エイジが犯人なんてことは
絶対にあり得ませんよ。

15年前 八野衣 真の保護司だった
あなたは彼の無実を信じた。

でも その結果…。

浦島エイジは
八野衣 真の息子です。

あのときと同じ過ちを
繰り返さないことですね。

(桃井)失礼します。
(亀一)桃井さん。

それは違うな。

エイジは私たちの息子だ。

子供を信じない親なんて
いませんよ。

(タイピング音)

(クリック音)

フッ フフフ…。

フフフ…。

桃井さんって 15年前の事件にも
関わってたんですか?

浦島 亀一のことも
知ってるみたいだったので。

ああ 新人のとき
猿渡管理官の下でな。

てことは桃井さん
今 幾つなんですか…。

(桃井)うるせえ お前。
(犬飼)おっ おお…。

(バイブレーターの音)

(犬飼)桃井さん!

新たな容疑者が
見つかったようです。

♬(音楽)

痛っ。
(犬飼)すいません。 大丈夫ですか。

(桃井)これは ホテル グランパールの
防犯カメラの映像だ。

撮影されたのは
10月19日 深夜23時。

この2日後 畑 葉子は
変わり果てた姿で発見された。

ああ この日は

葉子さんから連絡があって
迎えに行ったんですよ。

フッ…
どっから どう見ても

脅してるようにしか
見えないけどな。

(サイ)背中を支えてただけですよ。
彼女 具合が悪かったんで。

へぇ~。

刑事さん。

俺が畑 葉子を殺した
証拠があるなら

見せてもらえますか?

出口はあちらです。

ホールに
カワイイ女の子たちがいたな。

売春防止法違反で
お前を引っ張ることも可能だが。

犬飼 署へご案内さしあげて。

はい。

立て!

ハァ…。

刑事さん もっと賢くなろうよ。

美人が賢くなったら嫌われるだろ。

クッ クク フフフ…。

お先に失礼します。
(店員)お疲れ。

お疲れさまでした。

(バイブレーターの音)

もしもし。

(ナミ)
サイが警察に連れていかれたの。

今すぐ こっちに来て。
えっ!?

(ナミ)この様子だと
しばらくは戻ってこないと思う。

あ… でも…。
(ナミ)急いで!

こんな機会
次 いつ来るか分かんないよ?

(通話の切れる音)
あっ…。

≪(京花)エイジ君。

昨日のことなんだけど…。

《僕たち もう終わりにしよう》

♬~

ごめん。

♬~

《いまさら何を迷ってるんだ
僕は》

《京花ちゃんを守るために
B一の正体に迫る》

《そう決めただろ》

(盛り上がる声)

(江口)スリーカード!
(王川)お前…。

ずるしただろ お前。
(江口)してないっすよ。

(ドド)おい!

酒 持ってこい!

≪飲むね~。
≪よっ さすがドドさん!

(ナミ)どう? 大丈夫?

サイの部屋に着きました。

これ 貸してくれたお客さんって
何者なんですか?

セキュリティー会社の社長さん。

開けられないもんはないって
いつも自慢してくるの。

こんなやり方でホントに…。
(解錠音)

開いた。

だから
迎えに行っただけですって。

(机をたたく音)
(犬飼)ふざけるな。

そんな言い訳が いつまでも
通用するわけないだろ!

桃井 ちょっといいか。

はい。
(サイ)フッ。

何でしょうか?
(猿渡)やつを帰せ。

どういうことですか?

サイは間違いなく
事件に関わってます!

これは俺の指示じゃない。
上からだ。

上?

やつの売春クラブは
お偉いさんが多いからな。

ハッ…。
(猿渡)気持ちは分かる。

だが今日のところは諦めろ。

ハァ…。

帰っていいぞ。
(犬飼)桃井さん。

終わりだ。

フフ…。

(サイ)そうだ。

うちのデートクラブは
美人揃いです。

よろしかったら どうですか?

あ~ 安心してください。

秘密は絶対に守りますから。

桃井 薫さん。

ベロベロ。

ログイン画面になりました。
(ナミ)じゃあ タブレットと

つないでみて。
はい。

つなぎました。
あとは自動的に

やってくれるはずだから。

はい。

(バイブレーターの音)

もしもし。
ナミさん 成功しました。

よし すぐにファイル見つけて。
はい。

あれ?
(ナミ)どうしたの?

いや あの… 顧客リストのフォルダは
見つかったんですけど

ファイルが1つもありません。
えっ?

もしかしたら
別のフォルダにあるのかも。

探してみます。

≪(クラクション)

(ブレーキ音)

ヤバい 急いで。

えっ?
サイが戻ってきたの!

えっ!?
ちょ… ちょっと待ってください。

話が違うじゃないですか。
とにかく急いで!

はい!

ああ! あっ… ナミさん
勤務記録の方も空っぽです。

どこにもありません!
なら検索かけて 早く!

はい。

♬~

♬~

ナミさん やっぱり駄目です。
これって どういうことですか!?

そんなの私に聞かれても
分かるわけないでしょ。

もういいから早く逃げて!
分かりました!

♬~

(カーテンがなびく音)

ナミさん まずいです。
何が!?

外には人がいて
窓には格子があって

逃げ道がなくなりました。
どうしたらいいでしょうか!?

ナミさん?

ごめん。

(通話の切れる音)
ナミさん? ナミさん!

見捨てないでください!

♬~

≪(ドド)サイさん!

♬~

♬~

(解錠音)

(火災報知機の音)

(江口)サイさん 大変です!
(サイ)何があった?

どっかのバカが ホールで花火を。
それで乱闘に。

(乱闘する声)

チッ。

(荒い息遣い)

どうかしましたか?

(サイ)中に誰かいる。

(震え声)

♬~

♬~

(解錠音)

♬~

(一同)おい! どこだ おら!
どこいんだよ! 出てこいよ!

殺すぞ こら!
隠れんなよ! 出てこいよ!

出てこい こら! どこ行った!
隠れんな こら! あっ?

おい! まだ近くにいる 捜せ!

(一同)はい!

(一同の怒声)

何でサイのパソコンには
何も入ってなかったんですかね?

(ナミ)
社長さんに聞いてみたんだけど

一度 誰かに
データが狙われたんじゃないかって。

じゃあ サイは
データを安全な場所に

移動させてたってことですかね?
たぶんね。

(ため息)

あっ… そうだ。

これ 今回は
本当にありがとうございました。

危ないことまでしてもらって。

勘違いしないで。

別に あなたのために
やったわけじゃないし。

私は ただ 犯人を見つけたいだけ。

ナミさんにとって

葉子さんは
特別な存在だったんですね。

今の私がいるのは
全部 葉子のおかげだから。

《パパ活?》
《デートして ご飯するだけだから》

《いい小遣い稼ぎに
なると思うけど》

《女の子たちも厳選してて

ここに呼ばれた時点で
君も特別なんだよ》

(女性たち)《かんぱ~い》

(ナミ)そのとき 私 まだ
こっちに出てきたばっかりで

友達とかもいなくてさ。

あそこにいた女の子たちの
仲間になれるんだって思ったら

フッ 浮かれちゃって。

でも だまされたって
気付いたときには

もう後戻りできなくなってた。

(殴る音)

《辞めたらどうなるか
分かってるよな?》

《お前だけじゃない》

《お前の家族もだ》

(車のドアの開閉音)

《おい》

(ダム)《はい。
今 ナミ ピックしました》

《はい。
次 ユカリ ピックします》

(葉子)《うまく生きてくコツ
教えてあげよっか》

《何されても 何が起きても

この世界の出来事は
ぜーんぶ嘘》

《そう思いながらね

ずーっと笑顔でいることだよ》

(ナミ)それからは いつも
葉子と一緒に笑顔つくって

現実ごまかしながら
やってきたの。

♬~

♬~

《じゃあ 仕事 行ってくるね》
《うん》

《ちょっと待って》
《んっ?》

(葉子)《これ あげる》
《んっ?》

《シロツメクサの花言葉は
「幸運」なんだって》

《へぇ~ そうなんだ》

《このピアス
エイジ君にもらったんだ》

《えっ? いやいや
そんな大事な物もらえないって》

(葉子)《ううん だからナミに
もらってほしいんじゃん》

《2人で幸せになろうね》

♬~

(はなをすする音)

私は…。

絶対に犯人を許さない。

(はなをすする音)

(学生)《今回の事件も
お前が犯人だったりしてな》

《うわっ!》

(沢井)浦島エイジの女関係を
調べてきました。

畑 葉子とのつながりは?
(沢井)これを見てください。

♬~

♬~

それと もう一つ面白いものが。

♬~

(ナミ)《私は…》

《絶対に犯人を許さない》

(キャスター)ここで 15年前の事件を
整理してみたいと思います。

LL事件は 15年前の4月20日

八野衣 真容疑者の自殺により

終結しました。

八野衣 真容疑者は
5人の女性を拷問して殺害し

埼玉県のハタノヤマの山中に…。
4月20日…。

♬~

0 4 2 0。

あっ!

♬~

♬~

(ナミ)《金は出すけど
手は一切出さない》

《いつも話だけして帰っていく
変わったお客さんがいるって》

白菱…。

♬~

白菱 凜?

(クリック音)

えっ…?

被害者の父親?

♬~
(アキ)♬~ く~るくる く~るくる

(トシ)♬~ぬるミノン~
♬~くるりとまわしてぬるミノン~

<繰り返しがちな
肌あれに>

<敏感肌を
守りながらうるおす>

<お風呂あがりも ミノン>

(トシ こどもたち)♬~くるりとまわして
ぬるミノン~

(ナミ)《葉子は
そいつに殺されたんだと思う》

いっ…。

す… すいません。

えっ えっと…。
エイジ君。

何で君が ここに?

私たちは
しばらく会わない約束だっただろ。

えっ?
もしかして…。

バレたのか?

私たちが 犯人だって。

は… 犯人?

まさか… 僕たちが
畑 葉子さんを殺したんですか?

何を言ってるんだ!

私たちが そんなこと
するはずないじゃないか。

じゃあ 僕たちが
何をしたって言うんですか!

お金だよ。
お金?

スカルから
6, 000万を奪ったじゃないか。

どうしてですか?
えっ?

どうして僕たちが
そんなことしたんですか!

どうしてって…
君が計画したことだろ。

僕が…?

エイジ君 さっきから
いったいどうしたんだ?

以前とは まるで別人のようだが。

あ… いや あの…。

じ… 実は あの
最近の記憶がなくて。

記憶が? 何で そんなことに?

あ… えっと あの…
お金を盗んだときに

スカルのやつらから頭をやられて。
(白菱)えっ!?

大丈夫なのか?
だい… 大丈夫です。

そんなことより
この後って時間ありますか?

(バイブレーターの音)

(白菱)私がエイジ君と出会ったのは
今月の初めだ。

葉子ちゃんから私のことを聞いて
不信感を抱いたのだろう。

《うっ!》

(首を絞める音)
《うっ… うっ…》

《分かった。 す… 全て話す》

(白菱のせき)

(白菱)《ハァ ハァ
私が 彼女に近づいたのは

罪滅ぼしのためだ》

どういうことですか?

15年前 娘は売春をしていた。

だから
LLのターゲットにされてしまった。

LLのことは当然憎んだ。
だが それと同時に

娘に売春をさせていたやつらを
私は恨んだ。

それから売春する子を見つけては
彼女たちに近づき

売春組織の実態を調べた。

売春組織を
1つでも多くつぶすことが

娘を守れなかった私のできる
償いだと考えたんだ。

若い女性を食い物にする豚どもを
駆逐する。

それまでは 娘の汚された魂が
完全に救われることはないと

私は そう確信しているんだ。

その思いを知った君は
私に協力を求めてきた。

それが スカルからお金を奪う
計画だったんだよ。

お金?

知ってたの?
はい。

でも 理由が全然分からなくて。

君はホントに
何も覚えていないんだな。

私が預かってた3, 000万だ。

君のと合わせると
6, 000万になる。

その6, 000万は スカルが

暴力団との覚醒剤取引のために
用意したお金だ。

約束を守れなければ
スカルはつぶされる。

つまり君は 暴力団を利用して
スカルの壊滅をたくらんでいたんだ。

なぜですか?

なぜ僕はスカルを…。
それは…。

葉子ちゃんを救うためだ。

《エイジ君は
私に約束してくれたの》

《「この腐りきった世界から…」》

《俺が お前を救い出してやる》

(白菱)スカルをつぶせば
売春で苦しむ

ALICEの女の子たちを
解放してやることもできる。

だから私は エイジ君の計画に
喜んで協力したんだ。

ただ 今では後悔している。

結果的に葉子ちゃんが

私たちの仲間であることが
バレてしまった。

それで サイに…。

ちょっと待って。
今の どういう意味?

これを見てほしい。

(葉子の泣き声)

え…?

≪京花ちゃん。

(葉子の泣き声)

(葉子)うっ… うっ…。

(葉子の泣き声)

葉子ちゃんを殺したのは…。

(葉子の泣き声)
(白菱)サイなんだ。

(葉子)あっ…!

♬~

♬~