[字]屋台メシ部、はじめました Season3 インド「カティロール」…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[字]屋台メシ部、はじめました Season3 インド「カティロール」

インド・ニューデリーのローカルマーケット「ラジパットナガール」巡り。地元の人で賑わう所に美味しいものアリ!インドのラップサンド「カティロール」の作り方も。

詳細情報
番組内容
料理好きな俳優・濱正悟と後輩の坪根悠仁が、世界各国の屋台メシの情報を検索し、実際に作って食べる『屋台メシ部』。彼らの日常をドラマ仕立てで描きながら、素顔も垣間見える新感覚グルメチックドキュドラ。
世界の屋台メシの映像は、大定番な屋台メシから新名物などその国の“今”が分かるリアルなストリートフードの情報ばかり。すっかり食欲が刺激されたところで、屋台メシ部のふたりが作る“現地風屋台メシ”作りもみどころ
出演者
濱正悟
坪根悠
ホームページ
https://www.bs4.jp/yataimeshi3/

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – 歴史・紀行
バラエティ – 料理バラエティ
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. インド
  2. ヤバ
  3. 今日
  4. スパイス
  5. アタ粉
  6. チャパティ
  7. ハハハ
  8. 小麦粉
  9. カティロール
  10. ナン
  11. フフフ
  12. 全粒粉
  13. キレイ
  14. 生地
  15. have
  16. OK
  17. オニオンスープ
  18. サイズ
  19. サモサ
  20. スパイシー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



♬~

(坪根) よしよしよし…。

お~ うまそう!

あぁ~…。

♪~ 特別なスープを
あなたにあげる

♪~ あったかいんだからぁ♪

♪~ 瞳の奥にある

♪~ トゥントゥントゥン
トゥントゥン

♪~ トゥントゥトゥ~ン
トゥトゥ~ン

びっくりした ハハっ!

(濱) 何かその歌
前も歌ってなかった?

違いますよ 前はチーズ
チーズフォンデュですから。

あ~… ん? ん?
ねっ 今回は

スープです オニオンスープ!

オニオン… 最高じゃん。

何か ちょっと最近
寒くなってきたしね。

そうなんです
しかもね このオニオンスープ…。

♪~ I have a オニオンスープ
お~。

♪~ I have a チーズ
お~!

♪~ I have a パン!
お~。

ウ~! オニオングラタンスープ?

ご名答! これもう 焼いてるんで。
(拍手)

いいね~!
楽しみ 楽しみ!

ニクい飯作るね~。
任せてくださいよ~。

さすが坪ちゃん!
(電子レンジのアラーム)

お~。
お~ できた~。

お~! ホホホホ~!
う~ま~そう!

細かっ かけ方 ハハっ。
こうやって。

お~! うまいね。
う~まそう!

じゃあ いただきます。
いただきます。

猫舌なんだよな。
フフフ…。

うわ いい感じに このパンも
とろとろになってますね。

うまっ。

あ~! うまっ!
ちょうどいいな。

コンソメ? コンソメ感が…。
コンソメです オニオン。

<この番組は
俺 俳優の濱 正悟と…>

熱いな 絶対。
これ すごいもんね 湯気が。

<事務所の後輩…>
<坪根悠仁が…>

ん~!
いい声 出すね。

<世界各国の屋台メシを
一緒に作る

グルメチック
ドキュメントドラマ>

<そんなわけで…>

♬~

♬~

アウ!

♬~

何やってんの?

びっくりした。
えっ?

あの 今度 インド映画
出ることになって 僕。

えっ?
ちょい役ですけど。

韓国映画に引き続き… 何?
ボリウッドデビュー?

まぁ そういうことになりますね。

えっ マジか。

けど インド映画って
結構 独特なんですよね。

こうやって
踊り覚えなきゃいけなくて。

あ~ 何かドラマの途中に
ミュージカル始まっちゃうみたいな。

そうそうそう…。
あるあるだよね。

だから 今こうやって…
やってたんですよ。

えっ ちなみに…。
はいはい。

どういうタイトルなの?
『踊れツボラジャ』です。

ん?
『踊れツボラジャ』。

え… ちょい役なの?

ちょい役です。

じゃあ 今日の屋台メシ部は
どうしようかね?

あ~ そうですね。
今日 この流れは多分…。

まぁ インドですね。
インドだよね~。

インドって初めてですよね?
そうだね。

じゃあ インドいっちゃいますか。
ちょっと調べてみるね。

はい。
これとか いいかもよ~。

あ~ いいじゃないですか。

よし~。

ナマステ 私はナタンシです。

ニューデリーにある
日本語センターに通っています。

今日は ラジパットナガールマーケット の

おいしいものを
食べ歩きしたいと思います。

早速 行ってみましょう。

街並み いいっすね。
すごいね。

<ニューデリーの観光名所
インド門から車で15分>

ザ・インドだ。

<…は インドで
最も古い市場の一つ>

<何百軒もの店が立ち並び

道端で物を売ってる人も
たくさんいます>

ほら 人が集まっていますよ。

早速 行ってみましょう。
行ってみましょう。

何かカラフルだね。
ホントですね 色取り取り。

こちらは…。

お~!

え~!

<そこに…>

<最後に…>

スパイシーな水って
気になりますね。

ねっ お~ 一口でいけるんだね。

いいサイズ。

パニプリは…。

スパイス。

お~。
6個も入ってるんだ。

たこ焼きみたいな…。
うんうんうん…。

お~。

追いコリアンダーウオーター。

どんな味するんだろう。

おっ 締めのパニ。
おいしかったです。

地元流なんだ。

これは ジャガイモを使った…。

注文しましょう。

アルティキ。
何だ それは。

初めて聞く名前ばっかり。
すごいね。

何これ 何これ。

潰してるよ 何か。

しかも グリーンチリ 辛そう。
辛そう!

そこにヨーグルトか。

これ 好きそうっすね。
好きそう。

食べてみます いただきます。

めっちゃうまい。
「めっちゃうまい」。

ホントの時に出る言葉じゃん。
ハハハ…!

すごい屋台多いね やっぱり。

いいですね 雰囲気が。

見てください ここで

おいしそうなものを
作っていますね。

ここで おいしそうなものを
作っていますね。

これは…。

サモサか。

<サモサを作るには まず…>

<それを半分に切ったら

次は具を包みます>

<カリっと揚げれば
サモサの出来上がりです>

<食べる時には
スパイシーなソースも

付けてくれるんですよ>

はい いただきま~す。

どんな味?
気になるね。

でも 私は好きですね。
カロリー高いんだ。

今日は特別な日だから…。
おいしいものほどね 罪だよね。

皆さんのために食べますね
はい 食べま~す。

ん~! めっちゃおいしいです
おいしいですね!

次は…。

カティロール?

<こちらが…>

<目の前で作ってくれるので
出来たてですよ>

おいしそうだね。
ねぇ これうまそう。

うまい めっちゃおいしい。

…を見せてもらいましょうね。

<このお店では
全粒粉の混じった小麦粉を

生地に使っています>

<まずは 生地を焼いていきます>

クレープの板みたいな。
ねっ ホントですね。

これも感覚なんだろうな。
そうだね。

お~ いい色だね。
お~ いい焼き色。

おっ! ツルッツル。
ずっと見てられるね。

<両面がいい色に焼けたら

次は具になる野菜を炒めます>

<そして スパイシーなタレに

長時間 漬け込んだチキンを
加えます>

めっちゃ豪快だね。

<をかけ 最後は…>

インドっぽくなってきたね。
うん。

<これをくるくる巻けば
完成です>

うわっ これ うまそう。

カティロールを…。

ホームメイド。
スパイスを使うこと。

これは…。

早送りでしょ さすがに。
フフっ すごいですね。

お~!
あ~! ロールアイスが…。

ねっ。
うわ~ これ気持ちいいだろうな。

<ほ~ら おいしそうでしょ?>

かわいい見た目だね。
かわいい。

映えだね。

ちょっと 硬めで…。

あっ 甘さ控えめなんだ。

確かに こんだけあるから。
おいしい!

皆さん いかがでしたか?

インドには他にも
おいしいストリートフードが

まだまだあるので
遊びに来てくださいね。

(ヒンディー語)

待ってま~す! バイバ~イ!
ありがとうございます~!

アハハハ…!
ハハっ!

何か楽しかったな~。

強烈でしたね。
ヤバかったね。

いや 強烈!

もうホント行きたくなった。
行きたくなりました。

もう今日は
濱さんに決定権を譲ります。

ありがとうございます。

うわ~ 迷うな~!
どれも おいしそうでしたからね。

いや~… 分かった。

うん。

カティロール。
カティロール。

しかも 実はね坪ちゃん 今

冷蔵庫にお宝眠ってんのよ。

お宝?
うん カティロールってさ

ホームメイドのスパイスが決め手
って言ってたじゃん?

あ~ 言ってましたね。

ジャジャ~ン!

えっ?

濱特製スパイスに漬け込んだ
タンドリーチキン!

(拍手)
最高じゃないっすか!

これもう ガラムマサラに
クミン ターメリック

カルダモンにクローブ シナモン

全8種類ぐらいかな?
昨日から漬け込んでます。

これヨーグルトも漬けてて
味 今しみしみ。

ありがとうございます!

いいな~
ホームメイドのスパイス。

あとさ 生地 あの… チャパティ。
あ~ チャパティね。

あれも作りたいね。
あれ いいっすね できますかね?

全粒粉3で
え~… 小麦粉が7だよね?

3対7でしたね。
3対7だったよね。

インドの全粒粉のアタ粉。

あ~ はいはいはい…。

あれ さすがに…。
ないですか?

ないな~。
あ~ ないか。

あっ あとさ チャットマサラ。

あ~ はいはい。
あれさ

インドで
ガラムマサラに次ぐぐらいの

ポピュラーなスパイスなのよ。
うんうん。

あれもいっちゃう?
うれしそうですね 何か。

だって新しいスパイスだよ?
まぁまぁ…。

高ぶってるよ。
アハハハ…!

じゃあ もう僕
チャチャっと買ってきます 今日。

チャチャチャチャチャチャっとね。
チャチャチャっと。

OK 買い出し部。 買ってきます。
よろしくお願いします。

なぜなら 「幸運」だから。
お~!

フフフ…
あの~ 運 使い果たさないでね。

任せてください いってきます。
いってらっしゃい 気を付けて。

濱さん。
おかえり。

いいの買ってきましたよ。

おっ 何ですか? 何ですか?

デデン。
おっ! まさか?

チャットマサラ。
はじめまして~。

え~ 何か… どなた?

MDHさんです。
MDH… 違うでしょ。

ハハハ…!
へぇ~ マンゴーも入ってるんだ。

そう。
ザクロ。

これ。
まさか…。

アタ粉で~す!
アタ粉~!

めちゃくちゃ
チャパティが大きく載ってるね。

素晴らしいです。

じゃあ 今日はチャパティ担当で。
チャパ担で。

粉をじゃあ…。
小麦粉。

こっちが
小麦粉ですね 小麦粉。

…と アタ粉。
アタ粉。

インドの全粒粉。
ねっ 全粒粉。

色違いますね やっぱ。
ねっ ちょっと濃いよね 色が。

アタ粉の方が。
最初に混ぜとこうかな 軽く。

で 水を…。
お水ね 4回に分けて。

ちょっとずつか。
うん。

粉触り いい。
粉触り。

ある程度いったら手で…
手のこの一番硬い所で

思いっ切り
う~って こねてもらって。

なるほど あ~!

これは たまらん感覚です。

マジで 俺もやりたいんだけど。
ハハハ!

だいぶ まとまってきました。
いいね。

ちょっと足りなくなってきたんで
僕が用意した…。

お~!
追い小麦粉で。

そうね 粘り気ちょっと
取らないといけないからね。

打ち粉で。
打ち粉で。

これ いいんじゃないですか?
もちもち。 いい感じじゃん!

じゃあ 30分放置。

あっ これで
30分寝かせるんですね。 OK。

じゃあ お肉焼いちゃおうかな。

いきま~す。
あ~ タンドリー!

あ~!
うわ~!

(肉が焼ける音)
いい音 ヤバっ。

フフフ…。
超うまそう。

豪快だったね 今。
ハハハ…!

弱火でね。
じっくり。

じっくりいきましょう。

何かいい感じかも。
あっ いい感じ。

裏返していっちゃうね。
はい。

裏返して また同じ時間ぐらい…。
そうだね。

うわ~ めちゃくちゃいい色。
いい感じですね。

ほっ! OK!

ちょっと ちょっと ちょっと…
味見したいな。 味見。

あっ いいんですか?
いいサイズのがあったよ。

熱っ。

これうまい これ挟むの楽しみ~。

おいしい。
ハハハ…!

おいしい これ
どうやって作ったんですか?

あっ 材料は これ。

ん? 「これ」?

作り方はウェブね。
ウェブ… はいはい。

いつでも見れるから。

何回でも見てくれ。

はい ということでね。

30分たったんじゃないですか?
もう。

ちょうどたった
32分たちましたね。

お~ じゃあ 打ち粉をして…。

スファ~。

スファ~。

あっ もうそれもね。
もう ここで付けちゃう。

あっ そういうことね。

4つですね。

丸くしといた方がね
キレイに広がるから。

そう。

ウゥ~~。

キレイに巻けるように薄く…。
もうキレイじゃないですか。

けど だいぶ丸くなってきた。
いいね~。

ここだけ 気になるけど。
フフフ…。

まぁ いっか。
いいんじゃない。

包めれば 今日は。
そうですね。

チャパティ素人だから 俺ら。

あい~。

ピロン よし。

じゃあ その間に僕は2枚目を。

何か宇宙人の顔みたいな
形になったな。

フフフ… ちょっと細長いっすね。

グレイだっけ?
グレイ。

ちょっとこれ 押さえてから
焼かないとダメだな。

どんどん膨らんできてるぞ。
押さえなきゃいけないんですね。

ヤバい 反発してくる
この押さえ付けに。

あら? いいんじゃないの
これ もう…。

いくね。
はい。

ハッ ヤバいぞ これ。
うわ~ いい。

あっ ヤバい ヤバいヤバい…。

ほら 呼吸しようとしてるもん。

ピィ~っていってますね フフっ。
やっぱ宇宙人かも。

じゃあ 俺 具やっちゃおうかな。

あ~ じゃあ 僕
それやっときます 押さえるやつ。

じゃあ 鶏 入れちゃいます~。

お願いしやす! あ~ いい。

色取り取りでいいですね。

ヤバいね。

潰せます? それ。
大っきくて巻けないからね。

ワ~オ。

ほんなら 巻いていきまひょか。
いきまひょか~。

のせちゃうよ? じゃあ。
はい。

あんまりのせると…。

こんぐらい?
いいっすね。

うひょ~!
うまそうでございますよ。

いいですね。
マヨ いきま~す!

緊張するな…
お~お~…! 結構出るね。

ケチャ いっちゃうね。
はい。

いきま~す。

あ~! いい。
あ~!

さぁ チリ。

あっ 結構かける。

最後の仕上げの
このチャットマサラ。

うわっ すごい香りが何か
いろんなフルーティーな。

二振りぐらい。

じゃあ 巻きますか。

あっ 怪しいぞ これ。

怪しいね あっ いいじゃん。

硬いなぁ…。
ハハハ…!

硬ったいなぁ…。

じゃあ 入れちゃいま~す!
はいは~い。

これ
食べんのも何かムズそうだな~。

何かいい感じだぞ これ ほら。

意外とね。
ほら見て ほらほら見て。

あっ めっちゃキレイっすね
そっち。

じゃあ これで食べますか。

食べよっか
外で食べる? 天気いいし。

確かに いいっすね。

うん! うん! うん!

うん うまい!
おいしい!

生地もちもちですね。
うん。

スパイスがすごい いい。

チャパティ
めちゃくちゃ香ばしいわ。

ヤバっ うまっ。

鶏 軟らかっ 結構感動かも。
うん。

やっと インド。
やっと インドですよね。

初インド。

あ~ うまっ。

実はインド人って…。
はいはい。

向こうでは
あんまりナン食べないらしいよ。

えっ? インド料理といえば
ナンみたいな…。

あるじゃないですか。
…って思うじゃん?

でも本場はね
カレーのお供といえば

ナンじゃなくて
チャパティなのよ。

今 食べてる?
うん しかもね

向こうのナンって このチャパティと
同じぐらいのサイズらしいよ。

えっ? だって
ナンって下手したら

濱先輩の
顔3つ分ぐらいのデカさ…。

3つ分はないか
けど デカいじゃないですか。

そう
でも あれって日本だけらしい。

あっ そうなんですね。
そう。

日本のインド料理屋さんが
お客さんを取り合って

で どんどんサービスで
大っきくしてったんだよ ナンを。

その結果 あのサイズ感が
定着しちゃったらしい。

そんな理由で?
ヤバいよね。

本場のインドの人は
こっちであのナン見て

めちゃくちゃ
びっくりするらしいよ。

あっ そりゃあ そうでしょ。

だって 僕たちでいえば
おにぎりじゃないですか。

おにぎり 海外行った時こんな
デカかったらびっくりしますもん。

俺んち こんぐらいだよ?

へっ?