<土ドラ>クロステイル~探偵教室~ #06【ストーカー対策】[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

<土ドラ>クロステイル~探偵教室~ #06【ストーカー対策】[字]

探偵の仕事はリスクマネジメント?ついに始まる本気の実地訓練は調査依頼の中で最難関のストーカー調査!誠実&生真面目な男が繰り出す怒りの一本背負いがスカッと炸裂!

番組内容
今回の課題は実際のストーカー調査。匡(鈴鹿央士)たちは講師の森村亨(佐野岳)と共に依頼人の女性・あかりとその恋人から話を聞き、男性陣は早速張り込みに。朋香(堀田真由)と純子(篠田麻里子)ら女性陣は教室でのデータ分析を命ぜられる。納得がいかない純子は社長室に直談判へ行き、そこで気になる写真を見つける。そんな中、丸川(伊藤正之)が警察に捕まり、丸川の過去が明らかに…。一体、ストーカーは誰なのか?
番組内容2
そして、純子が見つけた写真の中の“人物”と理子との関係とは!?
出演者
鈴鹿央士 
堀田真由 
草川拓弥(超特急) 
篠田麻里子 
福山翔大 
伊藤正之 
遊佐亮介 
高木勝也 
松村雄基 
山口香緒里 ※緒は「、」あり 

〈ゲスト〉
佐野岳
 ・ 
檀れい(特別出演) 
板尾創路
スタッフ
【企画】
市野直親(東海テレビ) 

【原作】
八津弘幸 

【脚本】
吉田真侑子 

【音楽】
POLYPLUS 
カワイヒデヒロ 

【主題歌】
「流星群」Penthouse(CONNEXTONE《ビクターエンタテインメント》) 

【共同プロデューサー】
東田陽介(テレパック)
スタッフ2
【プロデューサー】
河角直樹(東海テレビ) 
松崎智宏(東海テレビ) 
藤尾隆(テレパック) 
石井満梨奈(テレパック) 

【演出】
石井満梨奈 

【制作】
東海テレビ 
テレパック
ご案内
【公式サイト】
https://www.tokai-tv.com/crosstail/  

【公式ツイッター】
https://twitter.com/tokaitv_dodra  

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/dodra_tokaitv/ 

【公式TikTok】
https://www.tiktok.com/@dodra_tokaitv

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ストーカー
  2. 丸川
  3. 探偵
  4. 森村
  5. 藤巻
  6. 警察
  7. 山下
  8. 今日
  9. 純子
  10. 証拠
  11. ホント
  12. 依頼
  13. 自分
  14. 今回
  15. 彼女
  16. お前ら
  17. 一緒
  18. 気付
  19. 写真
  20. 場所

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン

(匡)来た!

(藤巻)間違いない。 あいつだ。

(丸川)悪いことするような人には
見えませんね。

今だ 確保。
(丸川)2人とも 慎重に。

♬~

ペットボトル 確認。

(シャッター音)

依頼どおり ごみの分別を
しない者を 突き止め

その証拠となる写真を撮ることに
成功しました。

うん。 まあ いいだろう。
他のチームも よくやった。

(森村)これで 今回の実習課題は
全員 合格だ。

(朋香)やった!

(野木)初めて
まともな先生だったな。

そうですね。
≪(ノック)

森村講師。

代表が お呼びです。

再試験?

なぜですか?

「ごみを分別しない人物の特定」

「犬のふんを放置する
飼い主の特定」

「自転車を違法駐車する
常習者の特定」

ちょっと簡単すぎない?

初めて 彼らだけで
依頼を請け負う実習ですし

あまり 難しいものは
任せられません。

それに 一歩 間違えれば

ジョーカー探偵社の信用にも
傷がつきます。

あなたの信用にもね。

私は 授業内容は
講師に一任しています。

そこで 生徒が 問題を起こせば
あなたの査定にも響く。

だから そうならないように
極めて簡単な実習にした。

いや…。
(理子)あなたの そういう

慎重に慎重を重ねるところ

私は 大きく評価しています。

さすが
リスクマネジメントの森村。

でも…
甘やかしすぎは よくないわね。

試験の意味がない。

申し訳ありません。
(理子)ということで

今回は 別の依頼を
彼らに請け負ってもらいます。

えっ?
(理子)沢木!

(沢木)はい。

こちらです。

はっ!?
無理ですよ いきなり これは。

特別に あなたが
サポートすることを 認めます。

そんな…。
(理子)頑張ってね。

(森村)ハァ…。

(朋香)再試験って 何でですか?

何が問題だったんでしょうか?

っていうか なぜ 先生が
頭を抱えてるんですか?

再試験は 依頼の中でも
最も難しく

危険が伴うといわれてる…

ストーカー対策だ。

ストーカー?

あの…。
(純子)安心してください。

私たちが あなたの力になります。

詳しく お話を
聞かせてもらえますか?

被害は いつごろから?

あ… はい。
半年くらい前から。

誰かに 後をつけられたり

ずっと監視されている気が
するんです。

無言電話や 郵便物が
荒らされていたこともあります。

そういうことを しそうな人物に
心当たりは?

ありません。
(乾)あります。

あかりは優しいから
親しい人たちを信じたいんです。

でも はっきり言って
客の中には

あかりに気があるやつも
たくさんいると思います。

客?

あっ… 私 美容室で働いてて。

(丸川)警察には
相談されましたか?

もちろん しました。

でも… 被害の証拠がない

相手が分からないでは
動きようがないと。

なので
警察に持っていくための証拠を

見つけていただきたいんです。

(森村)失礼ですが…。

勘違いということは
ありませんか?

ストーカー調査の8割は
思い込みです。

思い込みじゃありません。

ホントに 何度も…

無言電話が かかってきて。

(あかりの泣き声)

そこまで
追い詰められているのなら

引っ越しすることを
お勧めします。

仮に ストーカーの証拠を
つかんで 警察が動いたとしても

相手が すぐに逮捕されるとは
かぎりません。

あなたは
ずっと 不安を抱えたまま

生きていかなければ
なりません。

それなら いっそのこと
引っ越してしまうのも解決策です。

それは 僕も 前から
提案してるんですが

彼女は それを 望んでいなくて。

(あかり)私 やっと
スタイリストになることができて…。

指名をしてくれるお客さんも
増えてきたんです。

今のお店を 辞めたくないんです。

分かりました。 では 正式に
依頼を お引き受けいたします。

調査期間ですが…。

(野木)3日か…
さすがに 短すぎるな。

(森村)仕方ないだろう。
今の彼女が支払える

ぎりぎりの額だ。

われわれ探偵は その中で
できることを やるしかない。

じゃあ 1分1秒
無駄にできませんね。

早速 あかりさんの周囲の
張り込みをやりましょう。

そうだな。
だが 芹沢と 堀之内は

この場に残って
バックアップしてもらう。

えっ? どうしてですか?

今回は万に一つも
ミスは許されない。

リスクマネジメントだ。

女は足手まといだってこと?

(藤巻)俺は賛成。
相手はストーカーなんだし

美女は狙われる可能性が
大いにある。

そうですね。 最悪の事態だって
考えられます。

そんなことは 探偵を
目指したときから覚悟はできてる。

私も。 ここで じっとしてなんて
いられません。

立派な覚悟。

と言いたいところだけど

何も分かってないわね。

ミスを犯して
最悪の事態になるのは

あなたたちじゃない。
依頼者よ。

あなたたちのせいで

彼女が命を落とすことだって
じゅうぶんにある。

それがストーカー調査です。

そろそろ 探偵ごっこは
終わりにしなさい。

今回だけは
まったく理解ができません。

やった。 そういうの 好き。

これだけのリスクを背負って

彼らにやらせる理由は
何ですか?

って言っても
どうせ教えてくれないのは

分かってるので
自分で考えます。

(理子)そうね。

あなたなら
もしかしたら 分かるかもね。

♬~

どうですか?
(男性)うん いい感じ。

じゃあ 一回 流しますね。
(男性)はい。

お願いします。

吉本さん お待たせしました。
(吉本)はいはい。

(あかり)あれ?
ちょっと 痩せました?

えっ? 分かる?
(あかり)分かりますよ。

今日 こちらのお席です。
すいません 待たせちゃって。

(吉本)いやいやいや。
今日も よろしくね。

(あかり)はい。 今日は
どんな感じ…。

(あかり)カラーは今日は
なしで…。

(藤巻)乾さんの
言っていたとおり

男性の客が多いな。

この中に ストーカーがいるとは
思いたくないですね。

あかりさん あんなに楽しそうに
働いてるのに。

自宅の方は どうだ?

(野木)今のところ 不審な人物は
見当たりませんね。

芹沢さん 堀之内さん

写真 送るので
整理と分析 お願いします。

(通知音)

(純子)マンションの住人

宅配業者。 美容室の客。

(森村)いいか。
ストーカーは 必ずしも

被害者と面識があるとは
かぎらない。

男性と決めつけるのも 危険だ。

(森村)女性が恨みを持つ場合も
あるし

好意を持つことだって
考えられる。

要するに
みんな怪しいってことじゃん。

あっ これなんか どうですか?

えっ? イメージ 違いすぎない?

(あかり)え~ でも
すごく似合うと思いますよ。

あかりちゃんが
そう言うんだったら

やってみようかな。
(あかり)ホントに?

うん。
(あかり)じゃあ 準備しますね。

お願いします。

駄目だ。 誰か 代わってくれ。
どうした?

このままじゃ 俺 彼女のこと
好きになっちまう。

俺が
ストーカーに なっちゃうよ。

緊張感 ないな あいつ。

ハハッ!

ハァ…。

藤巻の言うことも
ちょっと 分かるな。

はっ?

自分じゃ そんなつもりないのに

知りたいって
気持ちが強すぎて

気付いたら ストーカーみたいに
なっちゃうこと ありません?

ないわよ。
どんな事情があろうと

弱い者を傷つける卑劣な
行為でしょ ストーカーなんて。

分かってるけど…。
最初は 相手のこと 好きとか

一緒にいたいっていう プラスの
気持ちだったはずなのに

ボタンひとつ
掛け違えたら 誰でも

ストーカーになる可能性が
あるんじゃないかな?

あなた ストーカーを
擁護するわけ?

だから 誰も そんなこと
言ってないじゃない。

言ってるわよ。
自分で 気付いてないの?

2人とも ちょっと冷静に。

あっ… もしかして 先生

こうなるの 分かってたから
2人を 外したんですか?

芹沢と堀之内は
こういう案件に対して

真逆の 過剰な思い入れがある。
だから 念のために外した。

(2人)えっ!?

リスクマネジメント…。

さすが。

不審者です!

捕まえますか?
(森村)いや。 接触はリスクが高い。

あくまでも ストーカー行為の
確実な証拠を押さえることを

優先しろ。
(野木)了解。

尾行します。

これじゃ
人物特定は難しいですね。

警察を動かす証拠には
なりませんね。

すいません。
タクシー 拾われて 失尾しました。

1人での尾行は限界がある。
持ち場に戻れ。

(あかり)ありがとうございました。

心配しなくて いいから。
俺らが見張ってるからさ。

あっ そうだ。

記念に 写真 撮っていい?
(あかり)あっ はい。

(シャッター音)

ありがと。
(あかり)はい。

ありがとうございました。

実習だってこと忘れて
楽しんでますよね あれ。

ある意味 肝が据わってますね。

≪(足音)
(森村)誰か来るぞ。

♬~

お疲れ。
今日は もう 終わりだろ?

待ってるから 一緒に帰ろう。

いつも ありがとう。

髪。

ああ これ。 これは…。

お母さんの。
えっ?

ああ もういい。

女性が 髪 切ったの
気付かない男は モテないわよ。

えっ? どこ切ったの?

毛先 3mm。

フッ… それは 分かんないって。

パパは いつも
すぐ 気付いてくれたわよ。

そんなんじゃ パパみたいな
探偵には なれないわよ。

別に そこ 目指してないし。

ねえ。
うん?

ちょっと 見てほしいんだけど。

これ 親父?

(藤巻)
《俺 その事件 知ってるぜ》

《前に調べたんだ》

あら! いい男。

「金のために守秘義務を破った
極悪探偵T」

これ どういうこと?

そのせいで 人ひとりが
死んだって書かれてる。

親父 いったい
何をやらかしたんだよ。

もしかして 探偵 辞めたのも
そのせいか。

他を検索しても
これ以上の記事は出てこないし

この週刊誌も
とっくに廃刊になってるから

調べられないし。

母さん… 何か知ってる?

知ってる。

ような…
知らないような。

何だよ それ。

フフ… 言ったでしょ。

あのころのパパは
無茶してたから

あること ないこと
噂されてたのよ。

だから いちいち 覚えてない。

あっ…。
何か 思い出した?

あなた 髪形 変えた?

アハハハ… そう。

《駄目だ。 親父とストーカーが
交互に 母さんの髪を切り始めた》

《もう ぐちゃぐちゃだ》

(バイブレーターの音)

(せきばらい)
はい。

(朋香)捕まった。
えっ?

丸ちゃんが 捕まっちゃった。
え~っ!?

(柳楽)≪帰れば「金麦」≫
(黒木)≪帰れば「金麦」≫

≪冷蔵庫になんか…
そうだ 明太子あったな…≫

≪明太たまご…≫
≪んー コンビーフで… ユッケ≫

フフッ ≪たまねぎ ジュって焼くか…≫
≪いや 水餃子 ゆでてネギぱーんと…≫

≪あ じゃがバタ塩辛のっけ的な?≫
≪焼き鳥かぁ≫

(柳楽・黒木)
≪ハイ ハイ ハイ ハイ ハイ!≫

(柳楽・黒木)≪ただいま おかえり≫

<サントリー「金麦」>
(柳楽・黒木)プハーッ!

面目ない。
何があったんですか?

(森村)昨日 解散後 1人で
依頼者のマンションを

張り込んでたそうだ。
えっ?

(あかり)《携帯 忘れてるよ》
(乾)《ああ ごめん ありがとう》

《うん》

《フフ…》

(男性)《いてっ! いてて…》

《いててて…
あ~ いってえ!》

《何 すんだよ!
おい 放せよ!》

あのストーカーを
取り押さえたんですか?

(山下)彼は
ストーカーではありません。

萩本あかりさんと 1年前まで
付き合っていた

元恋人だそうです。

以前の住所に 間違って

彼宛ての郵便物が
送られてしまい

昼間 こっそり 取りに来たら
ポストが開かなかったので

夜 また 出直したと。

それで 丸ちゃんと 遭遇して
捕まえちゃったってわけね。

重ね重ね 面目ない。

(森村)だから
うかつに接触するなって

あれほど言ったでしょ。

ひとつ 間違えれば 傷害罪で
訴えられるところだったんです。

皆さんにも じゅうぶん
注意を促すようにと

所長から言われ
今日は 来ました。

ホントに 申し訳なかった。
(山下)やめてくださいよ。

私だって 昔 世話になった
丸川さんに

こんなこと言いたくはないんです。
えっ?

世話になったって?
(森村)お前ら 知らなかったのか?

丸川さんは 警視庁の元警察官だ。

(一同)えっ!?
(丸川)警視庁といっても

ずっと 交番勤務を
しておりましたから。

丸川さんが 探偵になって
やりたかったことって

こんなことなんですか?
しっかりしてくださいよ。

そんな 偉そうなこと
言えるんですかね。

(純子)そもそも 警察が
あかりさんのストーカー被害に

対応しないから 私たちに
助けを求めに来たんでしょ。

いや それは…。
(丸川)それは 違います。

ストーカー被害に対して
警察だって動いているんです。

丁寧に聴取もするし
防犯カメラを確認したり

定期的に電話連絡をしたり…。

でも… 具体的な被害の証拠が
なかったり

加害者が 曖昧なままでは
進展のしようがないんです。

警察官も ジレンマを
抱えているんです。

(山下)とにかく 二度と
丸川さんを

警察沙汰に巻き込まないように
してください。

(朋香)ねえ 丸ちゃん
何で 警察官を辞めてまで

探偵になろうと思ったの?

まだ 警察官になって
間もないころ

1人の女性が ストーカー被害を
訴えてきたんです。

でも 証拠がないし
相手も分からなくて。

巡回を増やすことを約束して
その日は帰ってもらいました。

その帰りに

彼女は ストーカーに襲われて。

幸い ケガは軽傷でしたが

ひどいショックを受けて。

結局 誰にも知らせずに
引っ越していきました。

それから 何度も同じような
悔しい経験をして。

でも ある日
探偵に依頼したと言って

ストーカー被害の証拠を
完璧に揃えて

警察に持ってきた人が
いたんです。

警察では できなかったことが
探偵なら できるかもしれない。

そう思って
早期退職を決めたんです。

彼女を救うことが

私が探偵になる理由
そのものなんです。

(森村)丸川さんの気持ちは
よく分かりました。

残り 2日間
精いっぱい頑張ってください。

この教室で。
(丸川)えっ!?

(丸川)えっ!?
私も この教室に 居残りですか?

(森村)当然。
リスクマネジメントだ。

(操作音)

やはり ストーカー案件を
実施させたのは 失敗でしたね。

警察署長には
これから 謝罪に伺うと

連絡を入れてありますので。

たった一度のミスで 信用なんて
一瞬で失われてしまう。

あかりさん 出勤しました。

ようこそ 落ちこぼれ部屋へ。

両手に花ですね。
これは これで 悪くないです。

どこ 行くの?

やっぱり現場に出られるように
校長に直談判してくる。

このまま2日間も
じっとしてらんないでしょ。

じゃあ 私は 取りあえず
昨日 撮った映像の中に

不審者がいないか
もう一度 見直してみます。

あっ… それ 昨日 全部 見たよ。

こういうサポートは 交番勤務で
よくやってましたから

今 できることを
やるしかないです。

私 美容室の方 見直すから

丸ちゃんは
マンションの方 お願い。

はい。

(ノック)
(純子)失礼します。

♬~

(あかり)おはようございます。
(女性)おはようございます。

[しかし それ以降

依頼者に接触する不審な人物は
一切 現れることなく…]

[調査は 何の手応えもないまま
あっけなく終了した]

(あかり)やっぱり 私の
思い込みだったってことですか。

(森村)あくまでも われわれが
調査した3日間においては

そうでした。

もし ご希望であれば
調査の延長も可能です。

費用は 掛かってしまいますが。

あかり…。

やっぱり どこか誰も知らない
場所へ 引っ越さないか?

この前 探偵さんたちも
勧めてくれたじゃないか。

もし このまま
君に 何かあったら

俺は 一生 後悔する。

大丈夫だよ。

えっ?

この報告書に
書かれているとおり

私の思い過ごしだったのかも。

探偵さんたちが
それを証明してくれたんだもん。

もう 安心だよね。

(あかり)皆さん
どうも ありがとうございました。

(森村)え~ 今回の
ストーカー調査の依頼は

無事 終了だ。

あらためて 君たちは この課題

合格です。

何だ これ。

全然 すっきりしないですね。
≪(ドアの閉まる音)

ホントに いいのかな? これで。

いいも悪いも
どうしようもないじゃない。

大丈夫だよな。 ストーカー調査の
8割は 思い過ごしなんだから。

(バイブレーターの音)

もしもし あかりさん
どうしたの?

ストーカー!?

何があったんですか?

あかりのマンションに着いて
中に入ろうとしたときに

誰かに
つけられてる気配がして。

あかりだけ 先に 中に入れて
確かめに戻ったんです。

そしたら
いきなり 襲い掛かられて。

顔 見たんですか?

暗かったし
フードを かぶっていたので。

(あかり)さすがに
あの部屋にいるのは 怖くて

また 皆さんに
甘えてしまいました。

すみません。

でも これで 警察に届ければ
動いてくれるんじゃない?

(乾)どうでしょうか。
顔を見たわけでもないですし

あのマンションは 古くて
防犯カメラも ついていないので。

向こうも それを
分かってるのかもしれません。

かなり 狡猾なやつですよ。

結局 私は また 同じことを
繰り返してるだけなんですね。

悔しいな。

あかりさん もう一度

依頼をしてもらうことは
できませんか?

そうすれば 今度こそ…。

とても そんなお金は…。

それに もう じゅうぶんです。

私… 引っ越します。

(あかり)これ以上 私のせいで

誰かが 傷つくのを 見たくない。

お店 諦めるんですか?

仕方ありません。

いいの? 本当に。

≪(ドアの開く音)

あれ 丸ちゃん。 まだ いたの?

(丸川)ええ。 調査で集めた映像を
消去する前に

もう一度だけ 見直そうと思って。
そういうお二人は?

まあ 似たようなもんよね?

うん。 落ちこぼれのままじゃね。
あの先生 見返してやらないと。

≪(ドアの開く音)
(森村)あ~ 残念だが

俺が お前らを
見直すことはない。

なぜなら 俺の講義は
もう終わったからだ。

お前らが これ以上何をしようが
俺には 一切 関係ない。

ノーリスク。
まっ お前らも

これ以上 余計なまねして
新偕代表を怒らせないことだな。

じゃあ。

あいつ ホント 嫌い。
≪(ドアの閉まる音)

でも 今のって
好きにしろってことだよね?

悪あがき してみましょう。

《課題は合格したし
あかりさんたちも引っ越すから

もう心配ない…

はずなのに 何で こんなに
すっきりしないんだ?》

(千穂子)パパのこと
何か分かった?

今は 学校が
それどころじゃないから。

あら そう?

最近 ママにも
全然 連絡ないし

本当に失踪しちゃったのかな?
あの人。

いや してるから 失踪。

あっ そうだった。 フフ。

いろんなことが バレて
合わす顔がないんじゃないの?

いろんなことって?

あの昔の記事のこととか。

その話は もうおしまい。

あ~ せっかく 結婚式の
スピーチ 考えてたのに

全部 忘れちゃうじゃない。
結婚式?

うん。 あした パート仲間の
披露宴に お呼ばれしてるの。

マミちゃんと ストーカーさん。
ん?

自分のストーカーだった人と
結婚するんですって。

はぁ!? あり得ないでしょ。
それは。

自分のこと こんなに
好きでいてくれる人は

他にいないって
気付いたんだって。

ああ…
確かに そういう一面も あるけど。

いやいや 駄目でしょ。
ストーカー行為は犯罪だから。

見る場所が変われば
見え方も変わってくるのよね。

ストーカーも パパも。

《結局 俺たちは 一度も
ストーカーと遭遇しなかった》

《乾さんが 襲われたのは
調査期間が終わった直後》

(朋香)《ボタンひとつ
掛け違えたら 誰でも

ストーカーになる可能性が
あるんじゃないかな?》

(千穂子)《見る場所が変われば
見え方も変わってくるのよね》

《まさか… そんな…》

(バイブレーターの音)

もしもし。
(朋香)丸ちゃんが

気になる写真 見つけたんだけど
見て。

(バイブレーターの音)

≪(ドアの開く音)

すいません 今日は…。

どうしたんですか?

悪いけど

俺の言うとおりに
してもらえるかな?

♬~

(藤巻)いや~ おいしかったね
焼き肉。

(あかり)はい。
(藤巻)ホルモンとか たまんなかった…。

(あかり)はい。
すごい おいしかった。

次はさ 俺の店 来て。

♬~

(藤巻)今日は ありがと。
じゃあね。

♬~

♬~

≪そこまでだ!

♬~

あれ
探偵さんたちじゃないですか。

どうしたんですか? こんな所で。

あなたの方こそ ここで
何をなさってるんですか?

私は
偶然 ここ 通り掛かったら

あかりが いたので。
偶然?

はい。

あかり 一人で 出歩いちゃ
危ないって言ったろ。

また いつ ストーカーに
襲われるか。

さあ あかり 一緒に帰ろう。

だってよ。

≪何で 俺が 一緒に
帰らなきゃ いけないんだ。

ハァー。

もしかして 人違いですか?

お前ら… 何のまねだ?

大事な恋人を
こんなやつと 見間違えるなんて。

あなた 本当に
愛してるんですか?

あかりさんのこと。
ふざけるな!

お前らが
だまそうとしたんじゃないか。

そんな格好で 美容室から
出てきたら 誰だって…。

(藤巻)俺たちの後を
つけていたんですか?

お店から ずっと。

じゃあ 2人が
チューしたところも…。

(野木)はっ… してない!
あれは ふりだ ふり。

(丸川)乾さん
もう ごまかすのは やめましょう。

(都賀)あなたが 2人の後を
つけている異常な様子は

ばっちり 録画しました。

ビデオ通話で この映像を
あかりさんも 見ています。

ストーカーは あなたですよね?

あかりは どこだ?

あかり!
(丸川)ちゃんと 私たちの仲間が

安全確保しています。

(乾)何で 俺だと?

あなたがストーカーに
襲われたのは

俺たちの調査期間が
終わった直後です。

あまりにも タイミングが
よすぎる。

犯人は 俺たちが
3日間 調査することを

知っている人物だとすると

依頼者であるあかりさんと
俺たち以外には

あなたしか いないんです。

そのことを確信したのは

この写真です。

2人の後ろに
あなたが 写っています。

あなたは いつも こうやって
彼女のことを見ていた。

(藤巻)何でだよ。

こんなこと しなくても

あかりさんは あんたのこと
好きだったじゃないか。

どうかな…。

最初のころは
俺も そう思ってたけど

時間を重ねるうちに
分からなくなった。

あかりにとって
一番 大事なのは

あの美容室と 客たちなんです。

結婚を申し込んだときも

それを理由に
先延ばしにされました。

だから…

だから そんなもの
全部 なくして 誰も知らない…。

(乾)俺と あかりだけの
世界に 行きたかった!

大丈夫?

はい。

お水 持ってくるね。

違うんです。

ホントは だんだん
彼のことが重荷になってしまって。

でも 言いだせなくて。

気付いたら 仕事を理由に
彼から逃げようとしていました。

はっきりと
彼を拒む勇気がなかった。

そのせいで 彼は…。

(乾)あかりは どこだよ!

あかりのとこに 案内しろ!

乾さん もう やめましょう。
(乾)うるさい!

いいよ。
もう 自分で さがすから。

あいつの居場所は すぐに分かる。
位置情報を 共有してるからな。

ああ… お前らの事務所か。

おい…。
(乾)俺に近づくな!

取り押さえられるもんなら
やってみろ!

その瞬間 暴行罪で
訴えるからな!

しょせん 探偵なんかに
何もできないんだよ。

どけよ!
≪(足音)

(丸川)えいっ!
(乾)うっ!

あっ!

勉強不足ですね。 凶器を持った
相手になら 正当防衛です。

放せ! お前ら探偵なんかに…。

≪(笛の音)
≪お前たち! そこで 何やって…。

この時間 交番の警官が
ここを巡回するんです。

お巡りさん 助けてください!
集団リンチです!

(山下)乾 剛さんですね?

萩本あかりさんに対する
ストーカーの件で

お話を 伺わせていただきます。

ちょっと 待ってください!
俺は 何も…。

(山下)乾さん
ここに至るまでの経緯は

全部 ビデオ通話で
見させてもらった。

話は 署の方で ゆっくり聴く。

お前ら 覚えとけよ!
あかりは 俺のものだ!

あかりは
誰にも あげないからな!

(山下)丸川さん
いくら警察じゃないとはいえ

こんな やり方 賛同できません。

無茶しすぎですよ。

ホントに申し訳ない。

でも 助かったよ。
巡回 ご苦労さまです。

(山下)巡回?
ああ… 今日は

別の場所で 国際会議があって

ここは
巡回しない予定だったんだ。

えっ?
(山下)でも あんなビデオ通話を

見せられたら
動かないわけにはいかないだろう。

丸さんが
つないでくれたんですか?

いいえ。
(山下)直接 署に来て

見せられたんだよ。
早く 行かないと 危険だって。

あなたたちの上司の名前は…。

(丸川・匡)
リスクマネジメント!

(山下)まっ 結果として
ストーカー犯罪を

未然に防いだことは
認めます。

われわれだけでは
どうすることも できなかった。

私は なりたいなんて
みじんも思いませんが

丸川さん あなたは
探偵になってください。

世の中を ちょっとでも
よくするために。

また 一緒に 頑張りましょ。

それでは 失礼します。

丸さん。 ありがとうございました。

いえいえ。
ケガがなくて よかった。

俺… 最近 色々あって

探偵って ホントに 正しいこと
できるのかなって

思い始めてたんですけど

丸さんを見て
また やる気 出ちゃいました。

えっ?
私の どこを見て そんな…。

何て言うか…

丸さんからは
正義のにおいがするんで。

それは そうですよ。

交番勤務35年。

私の取りえといったら
それくらいのもんですから。

フフフフ…。

腹 減ったな。

ラーメン いっちゃう?
いいね それ。

ちょっ… 俺 この格好で?

なかなか 似合ってますよ。

この動画は 永久保存版です。

(野木)頼むから それ 消してくれ。

正義ねぇ…。

単純で いいわよね 男って。

こっちは こっちで 女子会しよう。

愚痴 聞きますから。
な~んでも 言ってください。

あんたは ただ 他人の秘密が
知りたいだけでしょ。

私が 力になるから 安心してね。

この人 そんなこと言って
最後は いっつも

自分の愚痴ばっかなんですよ。
(純子)はあ!?

フッ…。

そばにいてくれて
ありがとうございます。

私も お二人のように
強くならないと。

(理子)ご苦労さま。 生徒たちも
いい経験になったでしょ。

あなたなら 必ず うまく
やってくれると信じていたわ。

よく言いますよ。

いざとなったら
危険を回避できるよう

あの場所に 何人
探偵 配備してたんですか?

そこまでして
今回のストーカー依頼を

あいつらに やらせた理由を

ぜひ
教えていただきたいものです。

今回は 丸川さんのため…

だけではないですよね?

あの子たちに
知っておいてほしかったの。

ちょっとした運命のいたずらで

人は 簡単に
怪物になるってこと。

ねえ 乾が釈放されたって。

(藤巻)えっ?
あいつ 終身刑じゃねえのかよ。

(丸川)つきまとい行為に対して
罰則は科されず

警告や 禁止命令が出されるに
とどまる場合も多いです。

あかりさん 不安でしょうね。

被害者は 一生
泣き寝入りするしかないのか。

そんなこと ないよ。
(純子・匡)えっ?

あかりさん
無事に引っ越したって

携帯に連絡あった。

新しい場所で 今度は いつか
自分のお店を開くって。

そっか。

前に進んだんだ。
よかった。

フフ…。 信頼の証しに

私たちにだけ
住所 教えてもいいって。

知りたい?
(藤巻)知りたい!

こいつにだけは
教えない方が いいね。

そりゃないって。

でも うかつに情報を
しゃべったら

昔あった例の探偵みたいに
なりかねませんよ。

ああ 藤巻が見せてくれた あの?

(純子)そういえば
私 見ちゃったんだけど。

(純子)この男が 新偕校長と

一緒の写真に写ってた。

えっ?

(純子)校長も この男と
関係があるのかも。