真夜中ドラマ「今夜はコの字で Season2」コの二[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真夜中ドラマ「今夜はコの字で Season2」コの二[字]

日本に帰ってきて多忙を極める恵子(中村ゆり)は、新しいレシピ本のコンセプトを決めかねていた。そんな恵子を見たアシスタントのミキ(藤井武美)は地元のコの字に誘って…

詳細情報
番組内容
都内に新しいキッチンスタジオを構え、精力的に働く恵子(中村ゆり)。アシスタントのミキ(藤井武美)も復活した。レシピ本にも力を入れたい恵子はコンセプトを決めあぐねていた。そんな恵子を見たミキは、なにかヒントになればと、地元のコの字酒場に恵子を誘う。
番組内容②
そこは、わずか五坪の小さな立ち飲みのコの字だった。元々仲買をやっていたというマスター自家製のカラスミとフグ刺しを注文し、日本酒の冷やに舌鼓を打つ二人。そして…。
出演者
田中恵子(34)フードコーディネーター…中村ゆり
吉岡としのり(30)シューエイプロジェクト社員…浅香航大
山田大河(25)シューエイプロジェクト社員、吉岡の後輩…小園凌央
ミキ(28)恵子のアシスタント…藤井武美
ヒロタ…金井良信
ナレーション…下條アトム
原作・脚本・監督
【原作】「今夜はコの字で」
原作・加藤ジャンプ 画・土山しげる
(集英社インターナショナル刊)
【脚本】タナカトモフミ
【監督】久万真路
音楽
【主題歌】「面影」上野大樹(formusic records)
番組概要
2年の月日が流れ、広告代理店「シューエイプロジェクト」で働く吉岡としのり(浅香航大)は、マネージャーに昇進した。憧れの先輩、田中恵子(中村ゆり)は動画配信が世界的に人気を博しており、イタリアでの料理修行から帰国。ほどなくして二人のコの字酒場学校は再開されるが、フードコーディネーターとしての仕事が多忙すぎる恵子。吉岡は吉岡で、責任も増え、仕事に邁進中。
そんな中、コの字酒場でどんな出会いが…?
関連情報
【番組公式HP】
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/konoji2/

【番組公式Twitter】
@BS7ch_konoji

【番組公式Instagram】
@bs7ch_konoji
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ミキ
  2. ホント
  3. 恵子
  4. 煮込
  5. 大森
  6. 最高
  7. 親父
  8. お願い
  9. お店
  10. カラスミ
  11. 一緒
  12. 蒲田
  13. 乾杯
  14. 今日
  15. 山田
  16. 女将
  17. お客さん
  18. カレーコロッケ
  19. ナオ
  20. マスター

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





created by Rinker
ポニーキャニオン

(ミキ)結構 スケジュール パンパンですけど
体調とか大丈夫ですか?

(恵子)うん。
日本でも ありがたいことに

いろんな仕事いただいてるけど
レシピ本には特に力入れたくって。

で また ミキちゃんに
力借りたいなと思って。

私も また恵子さんとご一緒できて
うれしいです。

ありがとう。

前回のレシピ本は
ちょっと違和感あって。

彼氏向けのレシピって なんか

女性が一方的に
尽くしてるって感じで

ちょっと違うかなと思って。

まあ 自分の恋愛の反省もありつつ
言ってるんだけど。

でも 恵子さんの中で

何か新しいコンセプト
見つかるといいですね。

イタリアとかスペインのお店も巡ったけど
まだ考えが まとまらなくて。

みんな忙しくしてる中で

簡単に作れて 食べて元気が出て

生活に彩りが与えられる
みたいなものがいいんだけどね。

う~ん なんだろう…。

コの字に ヒントとかないかな。

あ… 恵子さん
今日 1杯いきません? グイッと。

だよねぇ。 頭で考えるより
そっちのほうがいいよね。

はい。
恵子さんに ぜひ紹介したい

とっておきのコの字が
蒲田にあるんです。

えっ 蒲田に
とっておきのコの字?

<コの字型のカウンターがある店を
コの字酒場という。

座れば 左右 斜め 人の顔が並ぶ。

上座も下座もなく フラットな場。

いわば そこは
人と人がふれあう舞台。

さあ こよいも
一緒に乾杯しませんか?>

(吉岡)あぁ うまっ!
うまっ!

(恵子)蒲田とか久々に来たな。
(ミキ)ホントですか?

(ミキ)この雰囲気大好きです。

(恵子)なんか餃子が有名だからさ
コの字 ノーマークだった。

ここかぁ。
ここです。

なに また
数値悪かったんだって?

だめだよ~。

《フフッ あのお客さん
いい具合に出来上がってるな》

あっ ミキちゃん いらっしゃい。

お疲れさま。
お疲れさまです。

こちら いつもお世話になってる
フードコーディネーターの田中恵子さん。

はじめまして。
はじめまして。

ミキちゃんオススメのお店って聞いて
楽しみにしてきました。

ありがとうございます。

ミキちゃんはね
うちのね お店のマドンナなの。

もうホントに いつもね
男性陣から好かれちゃって

もうホントにね
愛らしいミキちゃんがね…。

もういいです もういいです
言い過ぎです。

ごめんなさい。
今日は何飲もうか?

え~と じゃあ
私 日本酒を冷やで。

はい。
じゃあ 私もそれで。

OK じゃあ 辛口いっとこうか。
いっとこう いっとこう。

OK!
お願いします。
は~い。

ここ お魚がおいしそうだから
日本酒にしてみた。

そうなんです。
ここ お魚最高なんです。

ねぇ マスター。
あ~ ミキちゃん。

相も変わらず わかってるね。

じゃあ… カラスミと…。

(恵子)じゃあ フグ刺し。

マスター カラスミと フグ刺し。
お願いします。

了解しました。 ちょっと待ってね。

は~い。

ねぇ あの人マスター?
そうなんです。

酔っ払いかと思った。

私も最初 そう思ってました。
だよね。

(ミキ)でも 腕は確かですから。

はい お待たせね~。
升までナミナミ。

はい お待たせね~。
ありがとうございます。

はい これ ゆずポン酢ね。
は~い。

はい こちらがフグと…。

すごい大きい。

はい カラスミね。
あ~ おいしそう。

え~とね このカラスミは
今日 ケンカしないように

親父さんが気遣って
ちゃんと6枚にしたからね。

あ~ すごい。
これで え~とね 880円。

えっ 安い。

ゆっくり堪能してね。
(2人)ありがとうございます。

すご~い。

じゃあ いただきま~す。
いただきま~す。

いい?
はい。

なんか パリパリなんだけど。

そうなんですよ。

あっ 炙ってるんだね。
そうなんです。

じゃあ いただきます。
はい。

う~ん おいしい!

すっごい濃厚な旨み。

うん おいしい。

親父さん 今年のも最高ですね。

これ 親父さんの自家製なんです。
えっ!

カラスミって 塩漬けしたり干したり
すっごい手間がかかるのに。

そうなんだよ。

自家製ならではの
濃厚な味と香りが広がるね。

じゃあ じゃあ…。

あ~ 最高。

おいしい!
お酒に めちゃくちゃ合う。

最高ですね。
ねぇ。

うん うまっ!

すんごい新鮮でプリップリ。
こんな分厚く切ったフグをさ

この値段で食べられるって
すごくない?

すごいんですよ。

いや~ 姉さん
何から何まで わかってる人だね。

しかも このフグ 天然ですよね。

えっ 天然と養殖 わかるの?

いや~ うれしくなっちゃうね。
で ところで あなた何者?

フードコーディネーターやってます。

あ~ どうりで どうりで。

親父さん もともと

魚の仲買やられて
お店始めたんです。

あぁ だからこんな安く
こんな新鮮なお魚を出せるんだね。

はい。
いや~ うれしいね。

うちの魚はね
ほとんど天然ものなんだけどね。

まあ 俺が飲みたくて
始めた店なんだけどさ。

いや~ このご時世
商売厳しいんだけどさ

まあ お客さんが喜んでくれるのが
もう うれしくて。

それが生きがいみたいな
もんなんだよね。

お母さん おかわり。

あっ 私は
あなたのお母さんじゃないから

お母さんっていう言い方
やめてもらえますか。

だって。
皆さんにマミコって呼ばれてるんで

名前でお願いします。
すんません。

すんません。

えっ 親父さん 魚河岸の仕事も
してるってことは

江戸っ子ですか?

いや 俺ね 九州の牧場の
末っ子なんだけどさ。

ワルばっかやってたから
親父に勘当されちゃって

東京に逃げてきちゃったんだよ。
それでいろんな仕事やったけど

そうこうしてたら
うちの奥さんと巡り合って

結婚したんだけどね。

だけど うちの奥さんね
浜田出身なんだけど

渋谷でね
ハウスマヌカンとかやってたんだよ。

へぇ~ そうなんですね。

もうあのね 20年前は
ホントにね もうホント ど素人で

しょっちゅう年配の人にね
もう めちゃくちゃ怒られながら

ホント大変でした そのときはね。

でも今はさ この人目当てのね
お客さんばっかなんだよね。

マミコさんにも
そんなころがあったんだ。

そう 私もね その いろいろ
言われてきたお客さんに

育てられて
私が今の自分がいるって感じで

今は反対に その人たちを
介護してあげたりとか

ときどきは もうホント
お客さんMの方多いから

ホントに いろいろね
叱ってあげたりとか

お互い励まし合いっこしながら
今は頑張ってます。

もうホント 感謝 感謝ですね。
すてき~。

いい話 聞いちゃいましたね。
ありがとうございます。

《すてきなお店だなぁ。

ここは 九州から出てきたマスターと

島根県 浜田出身の女将さんが
2人で東京で必死に作り上げた

5坪のお城なんだ》

俺につくお客さん いねえからな。
ハハハハ。

はい お待たせ。 ブリね。

かなり大きい。

すごい脂のってますよ。
ねぇ おいしそう。

あっ ありがとう。
は~い。

じゃあ お先です。
はい。

うわぁ ブリンブリン。

だって ほら 重いもん。

う~ん。

おいしい。

こういうさ 小皿でいろんな味を
楽しめるのっていいよね。

女性でも お腹いっぱいにならず

お酒を飲みながら
食べられますもんね。

スペインでも こういう小皿料理
いっぱいあったなぁ。

私も こないだまで手伝ってたのが
バルの店でした。

それだ 次の本のテーマ。

あっ…。

(2人)ピンチョス!

あ~ これだ!
これですね。

すごいすごい 決まったね。
よかった~。

乾杯しよう。
しましょ。

(2人)乾杯。

ごちそうさまでした。
ありがとう。

ありがとう お疲れさま。
あぁ ミキちゃん どうもね。

恵子さんも また
よろしくお願いします!

お疲れさま!
気つけてよ。 バイバーイ。

バイバイ。

もう 最高のお店だった。

よかった 恵子さん
絶対 気に入ると思ったんです。

ねぇ もう1軒行かない?
はい。

近くの大森に
いいコの字があるの。

はい。
あっ…。

吉岡くんも誘おうかな。
はい。

(山田)ホントに ここら辺なんすか?
いや このへんのはずなんだよ。

味があるな。 いいなぁ。

(山田)雰囲気はいいですけど。

先輩 ホントに合ってるんすか?

いや この辺のはずなんだけど。

ここもディープだな。

あれじゃないですか?
えっ?

あっ これだ。

いらっしゃいませ。

吉岡くん!
あっ 先輩。

ミキさん お久しぶりです。
お久しぶりです。

今 飲み物頼んだとこ。

あっ じゃあ僕 瓶ビールください。
瓶ビール。

私も瓶頼んだから
じゃあ グラス2つで。

グラス2つで。
じゃあ僕 レモンサワーで。

レモンサワー。

あっ コイツ うちの会社の後輩の
山田です。

で ミキさん。
恵子先輩のアシスタント。

はじめまして。
よろしくお願いします。

ごめんね 急に呼び出して。

よかったら
一緒に飲まないかなぁと思って。

ちょうど山田と
打ち合わせ終わりで

大井町にいたんで
急いで駆けつけました。

いや~ 恵子先輩
最近忙しそうだから

ご一緒できて うれしいです。

僕も こんな
ミキさんのような美しい方と

一緒にお酒が飲めて最高っす。
ありがとうございます。

お前な コの字を楽しめるように
なったのはいいけど

最近 調子乗ってないか?

今の 妹の洋子に伝えとくね。

冗談 冗談ですよ!

洋子ちゃんには
言わないでください。

僕 洋子ちゃん一筋なんですから。

バイスです。

その瓶 初めて見ました。

そう コダマ飲料ってとこが出してる
あっ 大森の会社なの。

へぇ~。
へぇ~。

私も シソのサワー
おいしそうだから頼んだけど

知りませんでした。
この瓶 かわいいですね。

ねっ。
あぁ すみません。

ほ~い。 フフフフ。

ありがとう。
はい。

よよよい!

じゃあ 乾杯。
(一同)乾杯!

あ~ うまっ。

おいしい。
しみる~。

バイスサワー 飲みやすくて おいしい。

すみません。 煮込み2つください。

煮込み2つ はい。

はい 煮込みで~す。
おいしそう。

煮込みで~す。

蔦八に来たら まず
この煮込みを食べなきゃね。

ナオさん。
そうで~す。

ありがとうございます。
うわぁ おいしそう。

う~ん うまっ!

うまっ!
ヤバっ!

おいしい。

ホクホクしてる。

熱っ。
豆腐もうまい。

あ~ ビールに合うわ。

めちゃくちゃ合うよね。

(ミキ)ものすごくコク深いですね。

(恵子)ここの煮込みは
和牛のモツ使ってんの。

あっ 和牛ですか。 だからか。

すごいコク。

僕のお肌もプルプルになっちゃうわ。

はぁ?
フフフフ。

自家製カレーコロッケです。

(山田)うまそう!
おいしそう!

おいおい お前なんで
1人でかぶりついちゃうんだよ。

2つしかないだろ。
えっ?

もう~
半分こしようって思ってたのに。

吉岡 後輩の指導がなってへんよ。

すみません はい。

でも おいしいでしょ
ここのカレーコロッケ。

ホクホクのジャガイモの甘みに
ピリッとスパイシーで マジうまいっす。

うわぁ うざいわ。
もう めっちゃムカつきますよ。

ここのカレーコロッケ マスターのお母さんの
手作りなんだって。

へぇ~。

ナオさん カレーコロッケもう1皿ください。

はい。 カレーコロッケお願いします。

もう~。 すごい性格だよね。

うわっ また食べたよ。

そうですか。
長年お疲れさまでした。

ヒロタさんには
長年ごひいきにしていただいて。

いや こちらこそ。

あの… こちらのお店には
よくいらっしゃるんですか?

えぇ 会社が大森にあるんでね。

大森って ホント
昔ながらの いい飲み屋さんが

たくさんありますね。
そう。

競艇と競馬場への
バスが出てたりするし

会社も いっぱいあるからね。

僕も入社したての頃 この店にも
先輩に連れてきてもらってから

もう40年以上 通ってるかな。

40年? すごい。

じゃあ このお店も
そのころから ずっとあるんだ。

いや この店
一度閉店しちゃったんだよ。

えっ そうなんですか?

先代は 女将さんが
煮込みを作って接客もして

頑固な大将が ブスッと
煮込みをよそいでるような

そんな2人の店だったんだけどね。

大将が亡くなって
女将さんも引退して

一度 店をたたんだんだよ。

そうだったんですか。

それを聞いた
今の大森出身のオーナーが

「大森の文化遺産を
なくしちゃダメだ」っていって

今のお店 引き継いだんですよね。
そうそう。

味もちゃんと
女将さんから引き継いでね。

おかげで 今も
この煮込みを食べられるんだよ。

今日も おいしかった。

それじゃ 私はこのへんで。

ナオさん お会計お願い。

はい 40円のお返しです。

家が遠いから 気軽にここにも
来られなくなるのが寂しいよ。

そうは言わず たまには
奥さんと来てくださいよ。

うん。 苦労ばっかかけたからね。

これからは サービスしなくちゃね。

私 今日で定年なんですよ。

そうだったんですか。

お疲れさまでした。

お疲れさまでした。

じゃあ。

ありがとうございました。

お店 復活してよかったですね。

思い出の味が
ちゃんと残ってるって

かけがえのないことなんだよね。

あの…
そろそろ シメ頼んでいいっすか?

お前 今の話聞いてたか?

いや 聞いてましたよ。
めちゃくちゃ しみましたよ。

でも シメ頼みたいじゃないすか。

はい とうめしです。

はい とうめしです。

はい とうめし。

あ~ うまそう!
はい どうぞ。

ありがとうございます。
う~ん おいしそうすぎる。

うまっ!
しみる~!

おいしい。
もう最高やんな。

和牛のエキスが染み込んだ
おつゆで食べるご飯。

一味かけよう。 絶対合うよね。
合いそう。

絶対合う。

使う?
ありがとうございます。

あ~ おいしそう。

ナオさん。
はい。

おかわりください。
おかわり。 はい。

何杯でもいける。

<蒲田 五坪。

町工場 ネオンと酒場がひしめく蒲田。

なかでも ひときわにぎやかなのは
さしみや五坪。

目印は 小さなコの字カウンター。

10人もいれば満杯の店に
夜な夜な集うは

酒好き 魚好き。

優しい女将とブルース声の大将と

過ごせば気持ちは
大平原。

2軒目は 大森 蔦八。

大森の路地
大きなコの字カウンターの中

古い鍋には うまい煮込み。

これぞ蔦八。

この街の要。

一度は下ろされた そののれん。

若い世代が引き継いで
再び灯った その明かりは

絶えることなく
続いていく>