[新]俺の可愛いはもうすぐ消費期限!? #1[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[新]俺の可愛いはもうすぐ消費期限!? #1[字]

30歳を目前に“可愛い”の期限を宣告された「あざかわ男子」丸谷康介(山田涼介)と恋愛経験ゼロの「ロボット女」真田和泉(芳根京子)。キュンに不慣れな二人の恋を描く。

◇番組内容
ビールメーカーの新商品発表会のステージでフラッシュを一身に浴びる男ー営業部の丸谷康介(山田涼介)、29歳。生まれながらの『可愛さ』を武器に、恋も仕事も順調だった。しかし、謎の男(古田新太)に唯一の武器である『可愛さ』に期限があることを知らされる。その宣告から、後輩の一ノ瀬圭(大橋和也)に得意先の担当を奪われるなど康介の人生は暗転し始める。そんな時、無口で不愛想な真田和泉(芳根京子)が康介の前に現れ…
◇出演者
山田涼介(Hey! Say! JUMP)、芳根京子、大橋和也(なにわ男子)、迫田孝也、鞘師里保、西田尚美、古田新太
◇脚本
田辺茂範
◇監督
新城毅彦
◇音楽
井筒昭雄
◇主題歌
Hey! Say! JUMP『恋をするんだ』(ジェイ・ストーム)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)
【プロデューサー】峰島あゆみ(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、森田美桜(AOI Pro.)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/orekawa/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 丸谷
  2. 一ノ瀬
  3. お願い
  4. 鏑木
  5. 本部長
  6. 担当者
  7. 康介
  8. 新人
  9. 夏浪漫
  10. 今日
  11. 社員
  12. 担当
  13. 本当
  14. 莉子
  15. 営業
  16. 女性
  17. 真田
  18. 人生
  19. エレベーター
  20. ダメ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(大原美波)弥生ビールから
夏浪漫 新発売!

(司会者)大原美波様
ありがとうございました。

続きまして 弊社の丸谷より

商品について説明させて頂きます。

営業一部の丸谷康介です。

どうぞよろしくお願い致します。

この度 発売されます
この夏浪漫は

ビールが あまり得意でない方や

最近 お酒を飲み始めた
若い方でも

とても飲みやすく
ライトな飲み口を目指しました。

(鏑木 悟)いい! 丸谷くん!

(カメラマン)ビール
ひと口 飲んでもらえます?

えっ? 僕ですか?

♬~

くぅ~!

あっ…。

全部 飲んじゃった。

(一同の笑い声)

(カメラマン)泡 ついてますよ。

えっ? ああ… すいません。

(鏑木)新商品の夏浪漫
こちらで試飲を行っております。

ぜひ お試しくださ~い!

すいません。 抜けちゃって。

できる社員は大変だね。

営業なのに
広報にまで駆り出されて。

このまま 広報に
引き抜かれたりしないでね。

何 言ってんすか。

えっ? すでに?
声かけられてたり?

絶対ダメだよ! 丸谷くん。
うちの部のエースなんだから!

ないですよ! 代わります。

新商品の夏浪漫
こちらで試飲を行っております。

ぜひ お試しください。

〈かわいいバイアス〉

〈やってる事は同じでも

この見た目が
受け手の先入観に作用し

なんか いい感じに
見えてしまうのだ〉

(女性)罪深~い!

(女性)こっち見た~!

♬~

(おっさん)見るだけって…
見るだけって言ったでしょ!

よろしければ どうぞ。
それはダメなんだって!

ほらほら! みんな 行って!
早く! 早く!

いらないから! もう。

行って! 行って!

(堀 良太)丸谷くん 丸谷くん。
はい。

なんか
ニュースサイトの記者さんがさ

個別で取材したい
っつってるんだけど…。

取材? でも 俺 営業ですよ。

いいんだよ。 先方が丸谷くんに
って言ってるんだから。

ここはいいから 行って。

じゃあ…。

♬~

いいですか?
(鏑木)はいはい。

すいません。

よし!

(女性)かわいいわよね~!

♬~

やっべ!

かわいい! かわいいわ~!

(おっさん)ほら!
みんな もう行くよ。 ほら!

み… みんな! 急いで!
行っちゃうからね!

(歓声)

(女性)罪深いわ~!

♬~

(おっさん)すいません。
ちょっと すいません。

♬~

(エレベーターの到着音)

すいません。

あっ すいません。

♬~

かわいい。

もう ダメ。 我慢できない!
はっ!?

見てもいい?
はっ?

顔 もっと近くで見せて!

ああっ! ああ ああ…!

やっぱ マジかわいい。
超絶かわいい!

それに なんか いいにおい!

なんですか!? 怖い 怖い 怖い
怖い 怖い 怖い 怖い…!

でも かわいい人生もここまで。

このかわいい もうすぐ
終わっちゃうんだよなあ…。

…はっ?

(エレベーターの到着音)
(アナウンス)「1階です」

♬~

今のは シーッで。

♬~

《かわいいが終わる?》

《って おい!》

♬~

えっ!? 何? どういう事?

っていうか 誰!?

♬~

♬~

(携帯電話の振動音)

何?

(康介の母)何って! 見だよ
インターネットのニュース。

齋藤のおずちゃんが
おめの写真 載ってらはんでって

プリントアウトすて持ってぎで。

どってんすたわ。

ああ… 昨日の。

♬~

評判いいべな。

こった芸能人みだいな事すて
こっち戻ってくる気 あんの?

父っちゃも 心配すてらおん。

別に 求められたから
やっただけだって。

もう 会社だから切んね。

〈求められる事に
120パーセント応える〉

〈それが俺の人生〉

〈青森の造り酒屋の長男として
生まれた俺〉

〈その容姿は 生まれた時点で
すでに完成していた〉

〈そんな俺の周りには…〉

かわいい!
かわいい!

ありがとう。

〈この見た目のおかげで

俺は
特別扱いされる事が多かった〉

〈そして 俺自身も
自分は特別だと信じていた〉

〈だが 中1の時…〉

ごめん。
なんで?

だって
丸谷くんって顔だけだから。

(チャイム)

(笑い声)

顔だけ? 何 言ってんだか。

〈そんなわけがない〉

〈それを証明するために

俺は 顔以外でも
本気を出してやった〉

こうだから… こう!

わからない! これ。

逆だ。

♬~

♬~(ギター)

♬~(ハミング)

〈でも 数値化された
俺の能力は…〉

超普通~!

〈それなりに落ち込んだ〉

〈でも 立ち直った〉

〈俺の才能は この顔だ!〉

〈だったら
この与えられた唯一の才能を

最大限に生かして
生きていくしかない〉

丸谷康介です。

〈そう腹をくくってからは…〉

〈恋も〉

(森保莉子)おはようございます。

ありがとう。

〈仕事も〉

月間売り上げMVP おめでとう!
ありがとうございます。

(拍手)
やりました!

〈また人生は そこそこ
うまく転がり出した〉

〈そう。 かわいいは正義だ〉

ありがとうございます。

(エレベーターの到着音)

〈その俺の かわいいが
もうすぐ終わる?〉

フッ… バカバカしい。

(山室つかさ)丸谷くん。

あっ 部長。
おはようございます。

(つかさ)紹介するわね。

今回の人事で
うちの部に来る事になった

一ノ瀬圭くんと真田和泉さん。

関西支社から来ました
一ノ瀬圭です。

よろしくお願いします!

鏑木です。
(一ノ瀬)よろしくお願いします。

丸谷です。
(一ノ瀬)よろしくお願いします。

真田さんは ここ来る前は
商品開発部にいたの。

2人とも3年目だから 同期か。

はい。 しゃべったのは
今日が初めてですけど。

(一同の笑い声)

アハハハハッ…!

真田さんは 一ノ瀬くんの元気に
圧倒されちゃったかな?

あれ?

ああ… ごめんなさい!

僕 元気だけが取りえで
圧倒しちゃいましたよね?

(真田和泉)大丈夫です。

あっ… アハハ。
ありがとうございます。

それでね 2人の教育係を
鏑木くんと丸谷くんにと思って。

えっ? って事は
僕と丸谷くんのコンビは解消?

しばらくは。

ああ~! 丸谷くんと別れるなんて
ショック…。

俺もです。
ああ~!

鏑木くんは一ノ瀬くん
丸谷くんは真田さんをお願い。

《こっち?》

よろしく。

《俺の笑顔 スルーですか》

まずは うちの大得意先に
引き継ぎのあいさつをね。

はい!

(鏑木)ここの棚割りは
帝王ビールがシェア率1位で

うちは ずっと負けてたんだけど
3年前に丸谷くんが頑張って

順位
ひっくり返しちゃったんだよね。

さすがです! 丸谷さん。
ありがとう。

じゃあ 行きましょうか。

新人さん?
(鏑木)はい。

今日で いったん
私は担当から外れまして

真田が代わりに入る事になります。

よろしくお願いします。
(本部長)よろしくお願いします。

丸谷くんは引き続き?
もちろんです!

よかったですね!
ねえ!

あっ! 見たよ ネットニュース。

ああ!
もう お恥ずかしい限りです。

そうだ! 新商品の夏浪漫

本部長に飲んで頂きたく
お持ち致しました。

すいません。
よろしくお願いします!

あら~! 悪いねえ。

あれ? それ ポスター?
はい。

ちょっと 店舗の一番いい所
貼ってあげてよ!

(担当者)もちろんですよ。
ええ~? ありがとうございます!

(担当者)大原美波!
僕 ファンなんですよ。

同じデザインの
クリアファイルもありますけど。

はい! 僕 持ってますよ。

(担当者)ありがとうございます。
(一ノ瀬)どうぞ。

あっ! すいません。

あっ…!

売り上げの前年比…。

ええっ!?
うち 八ツ木屋より下なの?

(鏑木)そ そ… それは内々の…!

失礼致しました!

もう見ちゃったもん! ガッカリ。

あの… あくまで
前年との対比でして

売り上げ総数では 断トツで
御社がナンバーワンですから!

そんな口当たりいい事 言ったって
結果 それなんでしょ?

うちより 八ツ木屋さんに
力 入れてるって事ですもんね。

そのような事は決してありません。

本部長!

この結果は
御社を押し上げられなかった

私の責任です!
丸谷くん…。

これまで 本部長に
かわいがって頂いたのに

ふがいない限りです。

本部長! 今日から
毎日 売り場に顔を出して

これまで以上に
頑張らせてください!

本部長!

丸谷くんに
その顔されちゃうとなあ…。

また キャンペーン張ってみるか。
ですね。

ありがとうございます!
ありがとうございます!

《これが営業だよ 新人くん》

(莉子)じゃあ 康介の
そのキラースマイルで

新人くんのピンチを救った上に
成績まで上げたわけだ。

まあ 今まで築いてきた
信頼関係もあったからね。

その調子だと 世代交代も
当分先って感じだね。

世代交代…?

だって 康介だって
もう29でしょ?

いや 29なんて
まだまだでしょ。

莉子なんか すでに後輩から
おばさん扱いされてるし。

♬~

ねえ 莉子の話 聞いてる?
うん…。

何…?

このかわいい もうすぐ
終わっちゃうんだよなあ…。

なんか 顔 変?

ううん。

やっぱり
康介の顔 好きだなって。

あんま近くで見るなよ。
ハハッ…。

♬~

(菜々緒)健康ってどこから来ると思う?
(オカリナ)どこ?

ここ

胸?
ハートよ ハート

なるほどね~

(2人)ぷはぁ~
<サントリー新「オールフリー」>

(缶を開ける音)プシュッ
(店員)カツカレー大!

(ビールを注ぐ音)

(おじさん)おばちゃん カツカレー

<「金麦ザ・ラガー」の新!>

(杉咲)ウーシィー
(役所)ヴクワ コーヒーニューニューイポン

ドゥジュコーヒーニューニュー
オンドレモア?

(神木)ナンダヴァ?
ホントワァ「ミルキープレッソ」ユンジャケ

(飲む音)ゴクッ!

アララ~ コーヒーニューニュー!

(双子姉妹)コーヒーニューニュー!?

<本当の名前は 「ミルキープレッソ」>

ホントハカゾクミンナウッシー

ニューニューサントウゥスィ
アトジュポン クドゥッサ

<ニューニューな朝に 「ミルキープレッソ」>

あの… どういう事でしょうか?

うん。 えー… そう。
う… うん うん。

引き継ぎのタイミング
っていうのもあるし

これから うちの担当は

一ノ瀬くんに
お願いできたらなと思って。

一ノ瀬ですか?
うん。

実は あのあとね…。

本当に申し訳ありませんでした!

もう 大丈夫だから頭上げて。

それで これ 自分なりに
考えてきたんですけど…。

お願いします。

(担当者)「販売計画案」?

はい。 御社の販売実績のデータを
分析しまして…。

(担当者の声)その資料が
過去の販売データに裏打ちされた

本当に見事なもので…。

えっ!? すごっ!

(担当者の声)でね
それを本部長に見てもらったら

すごい 一ノ瀬くんの事
気に入っちゃって…。

本部長が?
(担当者)うん。

そうですか…。

では 担当に一ノ瀬も加えて…。

それが… 本部長

この際 新しい風 入れて
現場を活気づけたいって。

担当は 一ノ瀬くんでって…。

おっ おお… なるほど。

まあ でも 後輩が育つのは
嬉しい事ですから。

わかりました。
よろしくお願い致します。

(担当者)本当!? よかった。
はい。

《俺の笑顔が負けた…》

ねえねえ 一ノ瀬から
何か聞いてなかった?

聞いていました。
えっ?

私が一ノ瀬さんに
資料を渡しました。

はっ!? えっ!?

(和泉の声)商品開発で
マーケティング資料を

よく扱っていましたので

販売戦略に
参考になりそうなものをまとめて。

なんで?
「なんで」…?

それさ 俺に相談してくれても
よかったんじゃない?

っていうか あの提案自体
俺がやってもよかったわけだし。

丸谷さんの営業スタイルとは
違うと感じたので。

違う…?
はい。

丸谷さんは 具体的な提案よりも
担当者さんとのお付き合いや

その場の勢いで
契約を伸ばしているのかと。

ああ ハハハッ…。

そっか そっか そっか そっか。
まあ そんな事もないんだけどね。

問題 ありました?

…いや。

《なんなんだよ!
あのロボット女!》

《営業もやった事ない新人が!》

(社員)トクショーの担当
丸谷から新人に代わったってさ。

マジで? 丸谷って
あそこの本部長のスペオキだろ?

(社員)そう。 ついに
丸谷の時代も終わったか…。

(社員)その新人って あれだろ?
(携帯電話の振動音)

(社員)そう 一ノ瀬。 すげえな。

切り替えよう。

ごめん。 お待たせ。

おなか減ったよね?

今日ね ちょっと
いいお店 予約しといた。

お店?
うん。

だって 俺たち
付き合って ちょうど1年だろ?

(泣き声)

(泣き声)

別れたい…。
えっ?

莉子 限界…!
康介とは もう 無理!

はっ? えっ? なんで?

だって 康介 莉子の事
全然見てくれないじゃない!

1年付き合って わかった。

康介は
自分にしか興味ないんだよ!

そんな事ないよ。
今日だって ほら プレゼント…。

(箱が転がっていく音)

もう その顔も見たくないの!

♬~

えっ…?

ドンマイ。

ちょっと!

♬~

ちょっと なんで逃げるんですか!?
人が見てるから!

逃げないでくださいよ!
やめろよ! もう!

なんで 逃げるんですか!?
やめろよ!

なんなんですか!? 本当に!

(2人)うわっ!

まずいぞ…! 接触はダメだ!

付きまとってるの
そっちですよね!?

なんで 俺に付きまとうんですか!?

それは…!
「それは」!?

あなたの変な予言から 俺の人生

どんどん どんどん 悪い方向に
行っちゃってるんですよ。

俺は ただ ちょっと
自慢したかっただけなんだよ。

自慢?

いたでしょ?
俺の周りに お姉さん方。

俺も昔はイケてたんたぞって
そういうのあるでしょ?

でも みんな
全然 信用しないから

じゃあ
実物 見せてやると思って。

はっ?

俺 お前なんだよ。

59歳の丸谷康介。

30年後の未来から
やって来ました。

これ もう いいかな?

かわいいが終わるって…。

俺が言うのも なんだけどさ…。

ごめんね。

♬~

なんの冗談だよ…。

未来から来たって…。

俺のかわいいが終わるって…。

♬~

笑えないんだけど。

丸谷くんって顔だけだから。

康介の顔 好きだなって。

〈俺は かわいいという才能だけで
選ばれてきた〉

〈かわいい以外に何もない〉

〈なんにも…〉

〈その事は 俺が一番わかってる〉

〈そのかわいいが
もうすぐ終わる…〉

もう やだ…。

♬~

寒いし おなかすいたし。

〈俺… もう求められないんだ〉

♬~

ひどい顔ですよ。

♬~

♬~

明日も よろしくお願いします。

♬~

♬~

(携帯電話の振動音)

はい。

(須藤周平)「おう。
お前の声が聞きたくなってな」

「相変わらずか?」

はい。 相変わらずです。

♬~

♬~

丸谷さんに興味ないので。
あっ…。

(鏑木)丸谷くん かわいくない!

この山道は ちょっとね。

ラブホ!?
いいですよ 私は別に。

〈無料見逃し配信はTVerで〉

〈見放題サービスTELASAでも
第1話の配信がスタート〉

〈今後も全話配信します〉