俺の可愛いはもうすぐ消費期限!? #2[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

俺の可愛いはもうすぐ消費期限!? #2[字]

大得意先の担当を後輩に奪われた康介。和泉と共に山奥にポツンと佇む営業先に出向くが、エンジントラブルに見舞われ山奥で一晩二人きりに。寝床を探し二人が見つけたのは…

詳細情報
◇番組内容
生まれながらの『可愛さ』を武器に、仕事も恋も順調なビール会社の営業マン・丸谷康介(山田涼介)。康介の前に30年後の自分だと名乗る謎のおっさん(古田新太)が現れ、自分の『可愛い』がもうすぐ終わると宣告される。それがきっかけかのように、仕事も恋も空回り…人生が暗転していく。そんな康介の前に現れたのは、26年恋愛経験ゼロの「ロボット女」真田和泉(芳根京子)。正反対の人生を歩んできた和泉に次第に惹かれていくー
◇出演者
山田涼介(Hey! Say! JUMP)、芳根京子、大橋和也(なにわ男子)、迫田孝也、鞘師里保、西田尚美、古田新太
◇脚本
田辺茂範
◇監督
新城毅彦
◇音楽
井筒昭雄
◇主題歌
Hey! Say! JUMP『恋をするんだ』(ジェイ・ストーム)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)
【プロデューサー】峰島あゆみ(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、森田美桜(AOI Pro.)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/orekawa/
☆Twitter
 https://twitter.com/oshidoraEX
☆Instagram
 https://www.instagram.com/oshidora_ex/
☆TikTok
 https://www.tiktok.com/@oshidora_ex

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 丸谷
  2. 一ノ瀬
  3. 真田
  4. ロードサービス
  5. キャッスル
  6. ニュー
  7. 鏑木
  8. ベッド
  9. 社長
  10. 時間
  11. 社員
  12. 今日
  13. 連絡
  14. エンジン
  15. 担当
  16. 本社
  17. 本当
  18. ストレス
  19. バッテリー上
  20. ラブホ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





♬~

(セミの鳴き声)

(丸谷康介)〈夏の暑い日〉

〈俺は
珍しい形の小石を見つけた〉

おお~! 超ハート!

熱っ!

あっつー!!

(康介の声)なんで
俺に付きまとうんですか!?

(おっさん)それは…!
「それは」!?

〈あのおっさんの肩にも
同じやけどの痕が…〉

俺 お前なんだよ。

59歳の丸谷康介。

30年後の未来から
やって来ました。

♬~

(女性)罪深~い!

〈最初に会ったのは
新商品の発表会場〉

かわいい人生もここまで。

このかわいい もうすぐ
終わっちゃうんだよなあ…。

…はっ?

〈あのひと言から
俺の全てが狂い始めた〉

(担当者)うちの担当は

一ノ瀬くんに
お願いできたらなと思って。

(社員)ついに
丸谷の時代も終わったか…。

(森保莉子)別れたい…。

(莉子)
もう その顔も見たくないの!

(真田和泉)ひどい顔ですよ。

〈これは
俺のかわいいが終わる前兆か?〉

〈それとも ただの偶然…?〉

《冷静に考えろ!》

《俺の幻想や妄想だ
って事もある》

《大体 未来から来たなんて
映画やアニメの世界の話だ》

《最近
疲れているのかもしれない》

《潜在的な悩みが
脳内のバグとなって…》

《そう… きっと そうだ!》

《新人に仕事も取られてない》

《彼女とだって
これまでどおり…》

おはようございます。

(社員)おはよう。
(莉子)おはようございます!

今日も 朝から かわいい。
(莉子)ありがとうございます。

(社員)めっちゃ元気もらえるよ
朝から。

この前さ ここで教えてくれた映画
めっちゃ面白かった。

《いや 既読さえ付かない
これが現実…》

じゃあ お得意先の担当も もう…。

おはようございます。
(社員たち)おはようございます。

(堀 良太)丸谷 おはよう!
おはようございます。

(社員たち)おはようございます。
おはようございます。

《なんだ? その
「そっとしておきますけど

温かさは 持ち合わせて
おります」風の ほほ笑みは》

《刺さる…》

《みんなの優しさが
俺の弱った心に刺さりまくる!》

(一ノ瀬 圭)丸谷さん…
すみませんでした!

トクショーの件

僕 自分が担当になろうとか
そんなつもりじゃなかったんです。

なのに…。

そっか そっか そっか。

《みんなのほほ笑み 台無し!》

(鏑木 悟)丸谷くん
俺からも ごめん!

あんな完璧な提案書まで
持っていくと思わなくて…。

ああ…。
(一ノ瀬)僕 丸谷さんも

完璧な提案 出してたと
思ったから…。

あれは クオリティー高すぎだよ。

高すぎだったんですね…。

(キーボードを打つ音)

何 言ってんだよ。

弥生ビールを
業界トップにするためにも

みんなで切磋琢磨するなんて
当たり前だろ。

一ノ瀬
俺から引き継いだんだから

最低でも
俺の売り上げ記録を抜かす事。

いいな?

はい!
頑張れ!

でっかい。 丸谷くん でっかいよ!

《こうでも言わないと
みじめだから》

心置きなく 外回り行くぞ。
はい!

私たちは 今日は何を?

何しましょうかね?

(山室つかさ)おはよう。
(社員たち)おはようございます。

丸谷くんと真田さん

ちょっといい?
はい。

新しい2人の担当なんだけど…。

《まあ ここは
気持ちを切り替えて!》

ここ お願いできる?

「せいかつドラッグ」…。

聞いた事ないですけど…。

結構な山の中に
ポツンと本社があるんだけど…。

ここが本社…。

ってか 倉庫じゃん これ。

♬~

♬~

(社長)ごめんね
従業員 みんな出払ってて。

いやいやいや。

せいかつドラッグの社長さんに
ごあいさつできただけで

来たかいがありました!

そう?
はい!

いやあ こんなかわいい営業さんが
来るなら

カミさんも呼んどきゃよかったな。

《この山の中では

まだ 俺のかわいいバイアスも
通じるようだ》

俺もさ 昔は

かわいい かわいいって
言われたんだよ。

わかります!

写真あるけど 見る?
ぜひ。

はいはい。 どう? これ!

うわあ~!

(社長)これね
会社 立ち上げたばっかりだから

29の時か。

かわいいですね!
かわいいですよ!

そう?

これが こうなるんだから。

いや 面影ありますって!

《全然ない…》

ある? そうかな?

ねえ?
私には わかりません。

《おい! 社長は
「かわいい」を欲してるんだぞ!》

《空気 読んで!》

あっ… 他の写真も
見てもいいですか?

…いいよ。

《い… 一気に
かわいいが崩れてきた…》

(社長)これ 30の時。

会社 忙しくてさ。

やはり ストレスと睡眠不足は
よくないね。

ストレスと睡眠不足…。

へえ~。

いやあ…
うわあ かわいいな~…!

かわいいですね 本当に…。

もういいよ。
俺の写真なんて 面白くないよ。

いや そんな事は…。

ビールだっけ? 何ビール?

あ… あの 社長

表に段ボール
たくさんありましたよね?

すいません 社長。

段ボールまとめる用のひも
お借りしてもいいですか?

ああ 悪いね。

今日は 誰も来ないから
戸締まりもしちゃうし

終わったら 適当に帰ってよ。
はい。 お疲れさまです。

営業って 結構 泥くさいでしょ。

商品開発部とは 勝手が違うよね。

よいしょ…。

真田さんは 営業へは希望して?

今後 仕事をしていく上で

希望であったか否かは
必要な情報でしょうか?

あっ… いえ…。

《このロボット女…!》

よいしょ。

こんなもんか…。

いい時間だし
そろそろ帰りますか。

(エンジンをかける音)
ん…?

(エンジンをかける音)

あれれれれ…?

♬~

バッテリー上がり?
「はい」

なんか ヘッドライトつけっぱなしに
しちゃってたみたいで。

この辺り 民家も店もないし
車も通んなくて…。

ロードサービスには連絡した?
「これからなんですけど…」

車の保険会社
確認しておこうかなと思って。

そういう事!
あっ そっか そっか。

今 ちょうど 会社 戻ってきたから
わかると思うよ。

はい。
「じゃあ それ こっちで調べて…」

ついでに
ロードサービスも手配しとく。

すいません。

鏑木さんが ロードサービス
手配してくれるって。

真田さん もし あれだったら
先 帰っててもいいよ。

2人で待ってても仕方ないし。

公共交通機関では
便の悪い場所だから

営業車で来たのでは?
そうでしたね…。

調べたら 最寄り駅まで
徒歩で3時間でした。

ん…? それは
もはや 最寄りなのか?

ロードサービスを待ったほうが
早いかと。

ですよね~。 ウッス…。

今日は 帰りが遅くなりそうで…。

はい。

はい。

せっかくのお誘いですが…。

(須藤周平)
「わかった。 じゃあ また」

もし 今夜 振られたなら
私 空いてますけど。

(須藤)山室部長。

真田さん?

本社に来る用事があったんで
一緒に飯でもと思ったんですが…。

心配?

♬~

ほい。

えっ?

いやいやいや… いいって。
そういうわけには。

これのお礼。

♬~

ひどい顔ですよ。

ありがとう。

では…。

はい お水。

この前さ
変なとこ見せちゃったんだけど

あれ 気にしないで。

あの変なおっさんが言ってた事
全部 でたらめだから。

まあ… んな事 言われても
普通 気にするか。

私…

丸谷さんに興味ないので。

お水 頂きます。

あっ… そう…。

《う~ん… 無愛想っていうより
性格に難ありだろ》

(風の音)

♬~

遅すぎるな…。

(呼び出し音)

あっ 鏑木さん すいません。
あの…

ロードサービスが まだ来なくて
住所って ちゃんと…。

ああ~ ごめん ごめん!

ロードサービス 連絡してなくて。

ただのバッテリー上がりなら
もう一台 車があれば

俺でも対処できると思って。

今 向かってるとこ。

…はい?

ほら トクショーの件もあったし
保険屋さんに連絡したら

この事も部長の耳に入ると思って。

いやいや… 別にいいですよ。

で いつ 到着するんですか?

いつかな? 道 混んでたし
実は まだ都内で…。

すいません! 僕のせいなんです。

「丸谷さん きっと
お腹すかせてると思って…」

(鏑木)それは…!
おいしいタルト買っていこうって

鏑木さんに言ったら…。
(鏑木)一ノ瀬くん!

そろそろ 充電やばいんで…。

お店 めちゃくちゃ混んでて…。

タルトはサプライズ!
(一ノ瀬)はっ…! そうだった!

あの… また近く着いたら 連絡…。

今のは 聞かなかった事に…。
(一ノ瀬)でも 本当に驚くのは…。

(電話が切れる音)
えっ…?

えっ… ええ~?

ごめん 真田さん。
充電 切れちゃって

申し訳ないんだけど 鏑木さんと
連絡とってもらってもいい?

私も バッテリー上がりの対処法や
この周辺の事を

ずっと調べていたので。

ピーンチ。

ここ 道なりでいいんだよね?

ただ もう 東京行きの最終電車は
間に合いませんが。

まあ でも 駅前なら
宿泊施設ぐらいあるでしょ。

そこでスマホ充電して
朝 ロードサービス呼んで

まあ 明日 車には
タクシーで戻ればいいしね。 うん。

やはり ストレスと睡眠不足は
よくないね。

《なんとしても ベッドでの睡眠は
死守せねば…!》

《このまま歩けば 9時には
チェックインできる》

《一日の疲れをとるために
1時間の半身浴は必須》

《入浴後は
リラックスタ~イム!》

《ストレッチに30分
その他諸々のケアに30分》

《睡眠時間は 最低でも8時間》

《この計算なら

朝一でロードサービスを手配して

一杯のスムージーでも頂ける!》

《よし!》

はあ… ちょっと これさ…

普通の道で3時間もきついけど

この山道は ちょっとね…。

あれ…? 真田さん 平気そうだね。

無理そうなら 引き返しても。

…いや。

俺 ベッドで寝たいから!

《もう 昔の俺じゃない》

《俺のかわいいを守るには

ベッドなしの夜は
考えられない!》

《ベッドで…
ベッドで寝るんだ!》

♬~

はあ…。

真田さん?

どうしたの?

うわっ…。

大丈夫?

なんかあるかな…?

お城があります。

城?

「ザ・ニュー・キャッスル」…。
ラブホ!?

(梅沢)やっぱ王道だわ~
(缶を開ける音)プシュ!

(大久保)何をごちゃごちゃと…
(缶を開ける音)プシュ!

(グラスの音)カチン!
<サントリー「こだわり酒場のレモンサワー」>

(しずちゃん)健康診断?
(山里)しずちゃん!

どやったん?
いやいやいやいや… あらら

飲んどく?

おすすめ!

(小栗)誕生
♬~<プレモルの最高峰>
(缶を開ける音)プシュッ!

<醸造家の果てしない夢を>

この一杯に!

<「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」>
ワ~オ

♬~ (石原)初めまして

≪それはまだ 味わったことのない

京都です。≫

京都を ゴクゴク!
≪初めての 「伊右衛門 京都ブレンド」≫

お城があります。
城?

「ザ・ニュー・キャッスル」…。

ラブホ!?

いいですよ 私は別に。
いい!?

ベッドで寝たいんですよね?

駅までは まだ だいぶありますし

ただ泊まるだけでしたら
私は あそこでも。

いやいや いやいや…。

おーい おーい! えっ いや…。

《いやいや いやいや…
まずいでしょ!》

《教育係が
女子社員とラブホって…》

《でも 3時間の道のりを
まだ1時間も歩いてない現実…》

《ベッドでは寝たい!
お風呂も入りたい!》

《お肌のケアも…!》

私… 丸谷さんに興味ないので。

《俺だって同じだ!
間違いが起こるとは思えない》

《でも…》

あの夜 私と丸谷さんは
ニュー・キャッスルに。

(一同)ニュー・キャッスル…!?

ニュー・キャッスルって…。

(社員たち)ニュー・キャッスル!?

ニュー・キャッスル…。

ニュー・キャッスル!

丸谷くん… かわいくない!

《あり得る! 大いにあり得る!》

《かわいさを守るために 俺は
かわいさを失っちまうのか!?》

♬~

真田さん
ちょっと そこで待ってて!

♬~

はい。

事情を話して 譲ってもらった。

ここに泊まるのは ちょっとね…。

ベッドはいいんですか?

昼間の電話…

今日 誰かと約束してたんでしょ?

あっ その…
相手 詮索してるとかじゃなくて

もし そういう相手が
いるんだとしたら

こういうとこには入んないほうが
いいと思うよ。

足 出して。

♬~

「ニュー・キャッスル」…。

よし…。

車 戻ろうか。

♬~

♬~

大丈夫?

♬~

(雨の音)

うわあ…。

これ 駅に向かってたら
びしょ濡れだったね。

えっ でも…。
もう一枚 あるので。

ありがとう。

(雨の音)

…元上司です。

ん?

昼間の電話…。
ああ…。

別に 約束してたわけじゃなくて

本社に来てたから
ついでに誘われただけなんで

一応…。

そうなんだ。

私 営業部へは
飛ばされてきたんです。

前の職場でトラブルがあって
それで…。

真田さん。

社長からもらった試供品 やる?

…結構です。

(ため息)

♬~

お疲れさん。

♬~

(ボンネットの開く音)

♬~

…おはようございます。

ごめん 起こしちゃった?

この車
その前 通りがかってくれて

事情を話したら
すっごい いい人でさ。

多分 これで
かかると思うんだけどな…。

(エンジンをかける音)

(作動音)

よっしゃー! かかった!

すいません
ありがとうございました。

助かりました 本当に。

いや もう
ひと晩中 困ってたんで…。

(男性)本当ですか。
お力になれてよかったです。

ありがとうございました。
あと一つなんですけど

今 ちょっと
スマホの充電も切れてまして

近くにコンビニあったら

寄っていきたいなと
思ってるんですが…。

悪いね 運転。
いえ。

しっかし
帰るのが朝になるとは…。

結局 鏑木さんたちも
来なかったし。

(エンジンをかける音)

かあ~…! ガス欠って…。

一ノ瀬くん
ロードサービス 呼んでくれる?

一ノ瀬くん!
はっ… はい!

ガス欠だから
ロードサービス 呼んでくれる?

はい! はい。 すいません…。

(一ノ瀬)えっ…? えっ?

鏑木さん! 今の…。

早く… ロードサービス 呼んでよ。

♬~

あの…

車が通りかかるの 寝ないで
待っててくれたんですよね。

ありがとうございます。

♬~

♬~

理想の上司って感じだよね。
(須藤)俺も 真田の名刺

もらっとこうかな。
積極的じゃない?

もしかして ぶきっちょ?

いつも ああいう事やるんですか?
(一ノ瀬)まだ かかりそうで…。

違う違う 違う違う!
説明させて!

絡み合ってしまいまして。
真田さんに伝えたくて。

〈無料見逃し配信はTVerで〉

〈TELASAでは
第1話から全話配信中〉

〈「俺かわ テラサ」で検索〉