ドラマスペシャル 監察の一条さん/キュートでポップな新感覚ミステリー![解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドラマスペシャル 監察の一条さん/キュートでポップな新感覚ミステリー![解][字]

吉田鋼太郎×吉岡里帆ーーゆるふわおっさん監察官&ツッコミ爆発の毒舌美人上司の歳の差バディが大奮闘!笑いあり、胸キュンあり、刑事ドラマ界に異色のほっこり新旋風!

◇番組内容
新郎に結婚式をドタキャンされたまりあ(吉岡里帆)は、警察の疫病神と呼ばれる“監察”に異動する。そこでド派手な柄シャツで「てへぺろ★」と絡んでくる、ゆるふわ監察官・一条(吉田鋼太郎)と出逢う。早速2人は交番警察官の不倫調査に出かけるが、一条は下の名前で呼んでくるわ、監察対象者とパフェを食べてイチャイチャするわ、ドン引きが止まらないまりあ。やがて2人は、警察官による連続殺人事件に巻き込まれてゆく…。
◇出演者
吉田鋼太郎、吉岡里帆、鈴木伸之、南果歩
◇脚本
森ハヤシ
◇監督
神徳幸治
◇音楽
fox capture plan
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】三輪祐見子(テレビ朝日)
【プロデューサー】貴島彩理(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、井元隆佑(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/ichijo-san/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大木
  2. 一条
  3. 椎名
  4. 松永
  5. 監察
  6. 爆発事故
  7. 根岸
  8. 結城
  9. 富山
  10. 警察官
  11. 事故
  12. 三好巡査
  13. 仕事
  14. 相良
  15. LINE
  16. ロザリアガーデン
  17. 一緒
  18. 着信音
  19. 被害者
  20. 拳銃

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
日本コロムビア
¥5,820 (2022/08/13 16:41:24時点 Amazon調べ-詳細)

ぜひ ご覧ください。
よろしくどうぞ!

ナッツついてた。

「(爆発音)」

「(人々の悲鳴)」

(松永雄三)
「都内の婚活パーティー会場で

爆発事故が発生しました」

「発生から
15分ほど経過しましたが

現在は 救助隊 消防隊が到着し…」

♬~

(撃鉄を起こす音)

(三好勇太)
助けて… 助けてください!

(式場係員)お待ちください!

(結城まりあ)ごめんなさい!
行かせてください!

♬~

皆様… 大変申し訳ございません!

(ざわめき)

新郎のほうから連絡がありまして

急きょ 来られないという事に
なりましたので…。

(どよめき)

本日は 結婚式を
中止とさせて頂きます。

何 言ってんだよ!

(女性)逃げられちゃったのかな…。
(女性)逃げられた?

あっ 逃げられたというか…。

ちゃんと 今日は来られないと
連絡もありまして…。

一応 これからも

お付き合いを続ける
という事にはなりました。

(どよめき)

とにかく!

お忙しい中 お越し頂いたのに

誠に申し訳ありませんでした。

(どよめき)

いやあ… ハハハハ…。

ハハ… ハハハ…。

♬~

(泣き声)

(細田雄太)実家周辺

小中高の同級生たちも
あたったんですけど

三好巡査と接触した人物は
見つからなかったです。

(相良良治)
三好が拳銃を所持したまま

行方不明になって もう5日だぞ。

今日には
身柄を押さえないと まずい。

(2人)はい。

相良さん。
(相良)んっ? おお…。

マカダミアナッツです。

おう… ありがとう。

細田くんには キーホルダー。

あっ… すみません。

あと これ。
うわあ… かわいい…。

《予想はしてたけど

みんな 私の扱いに困ってる…》

椎名さん。

ハワイ行ったんだ?

はい。 新婚旅行で取ってたので
1人で。

ああ… 1人で。

キャンセル料
もったいなかったので。

椎名さんには…
コナコーヒーです。

ありがとな。

まあ 捜査にどっぷり漬かれば
嫌な事なんか すっ飛ぶよ。

はい。

あっ そういえば 椎名さん。

調布の殺人事件の捜査が
評価されて

また偉くなったんですよね。

まあ 役職はな。
面倒が増えただけだよ。

今後とも よろしく頼むな。 相棒。

はい よろしくお願いします。

(真中鉄矢)結城くん ちょっと。
あっ はい。

係長にも お土産です。

あっ ああ… どうもありがとう。

披露宴のスピーチ
無駄にしてしまって すみません。

ああ… それはいいんだ。

それより 君の異動が決まった。
えっ?

警務部だ。
警務?

異動願も出してただろ。
管理部門に行きたいって。

それは結婚するからで…。

もう
結婚しなくなっちゃったので…。

(せき払い)

まあ 先方も その辺は
考慮してくれてるみたいでね。

警務のどこですか?
経理ですか? 人事?

監察だ…。

監察!?

(せき払い)
結城警視。

監察の仕事については
どのぐらい知ってる?

監察は「警察の警察」。

非違事案と呼ばれる

警察官の
違法 触法行為について

警視庁監察規程

警視庁警察職員服務規程などの
規程に照らして

疑いのある
対象の警察官の監視

事実関係の裏付けなどを
主な業務とする部署です。

はい はい はい。 十分よ。

さすが
警察学校首席のキャリア組。

捜査一課 一番の勉強家って噂も
本当みたいね。

ありがとうございます。

(諏訪 翔)あっ 松岡さん。
ちょっと出てきます。

どこ?

(諏訪)
一課と方針の すり合わせに…。

(笹塚 翼)
失踪中の三好巡査の件です。

情報が全く出てないんで
相当 焦れてますよ。

うん。 紹介しとくわね。

その一課から異動になった
結城まりあ警視。

(諏訪)あっ 例の。
例の?

いや えーっと…。

とっても優秀だと噂の… なっ?

ええ。

《さすが監察…》

《結婚式のドタキャンも
把握済み…》

(瑠璃子)彼らは
私の班の諏訪さんと笹塚くん。

パッと見 絡みづらそうなんだけど
まあ 実際 絡みづらいかな。

(せき払い)
うん…。

今は 5日前に失踪した警官の
事案を担当してる。

それって一課でも動いてた…
私も同行しましょうか?

ああ あなたが入るのは
また別チーム。

先 入ってて。 そこ曲がった所。
はい。

失礼します。

よし…。

(一条善太郎)カカオは 心の傷を
優しく癒やしてくれます。

ああ…。
ジャスト フォー ユー。

ジャスト フォー ユー。
どうも…。

どうして
結婚式 来なかったんだろうね 彼。

えっ?

どのぐらい付き合ってたの?
《何?》

お仕事は 何をやってた人?
《何?》

年上? 年下?
《ズケズケと何? この人》

大変だったね まりあちゃん。

《まりあちゃん!?
えっ ちゃん付け?》

まりあちゃんは A型でしょ?
って事は 彼氏はB型かな?

《なんで 私の血液型
知ってるの?》

《えっ なんで柄シャツ?
私もだけど…》

《この余裕… すごい偉い人?》

ごめんなさいね。
こちらね 一条巡査部長。

《巡査部長!? 全然偉くない!
私より3つも階級下…》

結城さんには 一条さんと
チームで動いてもらうから。

えっ!?

ウェルカム監察! イエーイ。

イエーイ。

イエーイ。 イエーイ。

(口笛)

ハハハハ…。 一条善太郎です。

「善太郎」でいいからね
まりあちゃん。

よろしくお願いします。
一条巡査部長。

だから 善太郎でいいって
まりあちゃん。

カヌレ食べる?
大丈夫です。

結城と呼んでください。
一条巡査部長。

あと よろしくね。

一条さん。
あんまり振り回さないようにね。

ハハハ… わかってまーす。

テヘペロ。

《中年のテヘペロ…》

《かなり古いし
使い方 微妙に違う…》

《あっ 私 この人 苦手だ…》

まりあちゃんの席は ここでーす!

はい。
おっ 手伝おう。

大丈夫です。
あっ そう…。

へえ~。 これ かわいい…。

何?

押収品か何かですか?

いやいや いやいや… 違う 違う。
全部 私物です。

グランピングじゃなくてさ

今度 ガチなキャンプ
計画してるんだけど

まりあちゃん 一緒に行く?

いいえ 結構です。 それより

今 チームが抱えている
事案について

伺いたいのですが。
(LINEの着信音)

あっ ごめん。
(LINEの着信音)

本当 ごめん。
(LINEの着信音)

(LINEの着信音)
この時間 LINE多くてさ。

ごめん。
(LINEの着信音)

フフフフ…。
(操作音)

《よく見たら
フリック入力じゃなくて

連打で文字打ってる…》

あの… 一条巡査部長。

一条巡査部長。

一条さん。

(ため息)

善太郎さん…。
何?

《いや めちゃくちゃ
面倒くさい!》

勤務中のスマホの私的利用は
好ましくないのでは。

うん あのさ あの…。

プライベートと仕事用と
兼用なんだよね。

その辺はグレーって事で。

フフフフ…。
(LINEの着信音)

あっ…。

重要案件入ったので 行きます。

(LINEの着信音)
えっ?

(LINEの着信音)
オッケー。 すぐ行く。

(LINEの着信音)

(ドアの閉まる音)

やっぱり苦手だ…。

松岡さん。
んっ?

私は何をすれば
いいんでしょうか?

えっ? 一条さんからは何も?

はい。
今 重要案件が入ったとの事で

どこかへ。
ああ… よくある よくある。

よくあるんですか?

あの… 私たちが 今 追っている
事案というのは?

うん… 職員の相談ホットラインに
いくつかタレコミがあった中で

一条さんが選んでたのが これ。

(瑠璃子)監察対象は

墨田署 南錦糸町交番勤務の
大木康晴巡査部長。

何人もの若い女性と
2人きりで会っているという

目撃情報が多数寄せられてる。

相手が未成年だって噂もあるわ。

これって平たく言うと…。

イエス! 素行調査。

《おじさんの恋愛事情
調べるために

警察官になったわけじゃ
ないのに…》

《えっ? この店のチョイス…》

《やっぱり未成年と…》

《監察の役割は

不祥事の疑いがある警察官に
気づかれず

ひそかに 速やかに
事実関係を調べ

対象者に処分を下す事》

《相手が監察対象である事も

自分が監察である事も
知られてはならない…》

ごめん ごめん。
お待たせ お待たせ。

《えっ えっ えっ!? 一条さん!?》

《何やってんだ あの人…》

すみません。
いちごパフェ1つください。

《監察対象に あんなに近づくとか
何 考えてんの…》

大木 動くな。 動くな 大木。

動くなよ。 動くんじゃねえぞ。

ナッツついてた。

《なんで
おじさんのイチャイチャを

監察しなきゃいけないの…》

(大木康晴)トイレ行くわ。
おっ おっ…。

一条さん 何をしてるんですか?

あれ? あれあれ?
まりあちゃん どうして… 何?

わかってるんですか?
相手は監察対象者ですよ。

わかってるよ。
わかってて近づいてるんですか?

対象者を知るには
仲良くなるのが一番なんだよ。

だって
腹割って話してくれるじゃない。

普通 警戒されますから。

3回。
はあ?

3回サシで飲みに行けば
大抵 仲良くなれるから。

まりあちゃん 早速 今晩どう?
2人きりの歓迎会。

結構です。

とにかく すぐに離れてください!

秘密厳守が
監察の鉄則ですからね!

なんで
私が教えなきゃいけないのよ…。

じゃあ 頼むわ。

うん 大木ちゃん。
次は飲みに行こう。

♬~

うわっ! ちょっと…。

一緒に行こう。

一条さん 面が割れてるんだから
署に戻っていてください。

何 言ってるの。
カップルのほうが

この街に溶け込むでしょ?
逆に目立たないから。

《いや
めちゃくちゃ目立ってるし…》

はい。 はい。

♬~

本命登場…?

♬~

早くも尻尾を出しましたね。

あれ?

あれあれ!?

ここにあったラブホ…
ああ~ なくなっちゃったんだ!

はあ!?
いや 若い頃 よく来てたのよ。

ラブホなのに 学割利いたから。

目の前の対象者に
集中してください!

いや でもさ まりあちゃん

この時間から
あの化粧の決まり方って

あの子 キャバクラの子でしょ?
ただの同伴じゃない?

そこから恋愛に発展する事だって
あるでしょう。

いやいや いやいや…
警察官の安月給でキャバ嬢は無理。

一条 身をもって経験済み。

《いや
かっこつけて言われても…》

そもそもさ まりあちゃんは
どこからが浮気だと思う?

えっ?
《女子か! その質問》

Aから? Bから?
それともCから?

《表現 古っ…》

一条的にはさ
気持ちが伴わない限り

Cまでいったとしても それは
不倫じゃないと思うんだよ。

《お前の思想 知らんし!》

一条巡査部長は
女性のほうを尾行して

身元を確認してください。

私は 引き続き
対象者を尾行します。

いいですね? 一条巡査部長。

一条巡査部長。

善太郎さん。

オッケー わかった。
これ やめませんか?

報告 お願いします。

はい… 失踪中の三好巡査の姿を
捉えたのは

10月14日の22時。

警邏中の 防犯カメラに
映った映像が最後です。

他は?

周辺の防犯カメラでは
一切 姿を確認できていません。

(笹塚)以上ですか?
(相良)以上です。

はあ… 何かあれば
逐一 報告 お願いします。

♬~

♬~

お待たせ。
えっ えっ!?

一条さん…
脅かさないでください!

彼女の身元と連絡先 ゲットした。

何?

お店 行きましたね?
仕事だからね。

えっ えっ…?
あっ すみません。

気づかれると まずいから
このままでいい。

大木さんとの関係
さりげなく聞き出せました?

酒 飲んでる時は
仕事の話はしない主義だ。

《普通に楽しんできたな
エロおやじ…》

で その後の
大木ちゃんの動き どう?

今 会ってるのは 男性です。

今日のところは
特に進展なさそうなので

尾行は ここまででいいかと。
ああ そう。

ああ ごめん。

♬~

(パトカーのサイレン)

(椎名)凶器は拳銃か…。

正面から一発で やられてます。

松岡さん。
まず~い事になりました…。

(瑠璃子)どうした?

今朝方 久戸公園付近であった
殺しなんですけど…。

死体から検出された銃弾が

三好勇太が所持していた銃の
線条痕と一致したそうです。

えっ それって 失踪中の…。

ちょっと!

警察官が一般人を射殺した
となったら 大問題よ!

えっ…?

モーニング。
モーニング モーニング。

きみの朝だよ。
モーニング モーニング…。

一条さん ちょっといいですか?

ごめん ちょっと
LINE終わってからでいい?

駄目です。 これ見てください。
何よ… あれ?

今朝の殺人事件の被害者です。

被害者って… この人…。

そう 昨日
大木さんと一緒にいた…。

♬~

♬~ (真矢)デンタルリンスで
ケアしたいこといっぱい!

私は 贅沢な香りもほしい

だから ケアも香りも

ぜーんぶ お願い!

《8つの機能をひとつに》
♬~ ハグキプラス

《「プレミアム リンス」誕生》
贅沢な香り~

♬~ルックプラス
(主婦)あっ…フチ裏

洗いにくいのよね
♬~ (新津)それなら

洗いにくい所も 泡におまかせ!

「泡ピタ」! 《ヒミツは

密着泡 60秒後に流すだけ》

《便座も床も》
♬~「泡ピタ」! 《新発売》

(相良)被害者は松永雄三。

本日の午前5時頃

現場付近で
犬を散歩させていた老人が

胸から血を流して倒れている
被害者を発見後 すぐに通報。

(細田)解剖所見によると
死亡推定時刻は

昨夜10時から12時の間と
みられています。

この被害者 確か…。

(椎名)業界では
それなりに名の知れた記者です。

3年前 ロザリアガーデンの
爆発事故の際に撮影した

ショッキングな動画レポートで
一時期 騒がれてました。

(近藤)ああ…。

次。 被害者と三好との関係性は
わかったか?

真田くん 無理言ってごめんね。

(真田)いえいえ。
一条さんには恩があるので。

僕がここに入れたって
絶対 黙っててくださいね。

うーん…。
ええ…。

黙ってるよ もちろん。
失礼します。

ありがとう。

お友達 多いんですね。

あっ 彼はね
前 監察対象だったんだよ。

監察対象と
近づきすぎじゃないですか?

うん まあ それからね 一緒に
飲みに行くようになったんだけど。

ほら 全てが出会いだからさ。
ねっ?

そういえば 一条さん。

都内にある102の所轄署

全部 渡り歩いたって噂
本当ですか?

あっ それ 間違ってる。
101。 リーチ。

《多すぎ…》

《どうせ いろいろ やらかして
飛ばされまくったんでしょ…》

(細田)すでに報告にあったように

検出された銃弾から 凶器は

失踪した三好勇太所持の
SAKURAで間違いありません。

(椎名)それと
被害者の前夜の足取りですが

死亡推定時刻に
久戸公園の防犯カメラが

姿を捉えていました。

(近藤)一緒にいる男の身元は?

(椎名)大木康晴

墨田署の南錦糸町交番勤務の
巡査部長です。

(机をたたく音)
(どよめき)

(椎名)大木ですが
現在 有給休暇を取っています。

凶器の所有者である三好とは

5年前に同じ交番勤務である事も
わかっています。

関係があったという事か…。

大木への取り調べは?
手配済みです。

♬~

(椎名)結城?

えっ あっ…
椎名さん お疲れさまです。

監察が どうしてここに?

あっ… すいません それは…。

どちらにしろ
あまり目立たないほうがいい。

監察をよく思わない人間
多いから。

気をつけます。
あれ? 椎名くん?

ああ 一条さん。
久しぶり。

今度さ また合コンやろうよ。

ああ… はい。

正直 苦手ですけど 僕でよければ。

行こう。
(椎名)ハハハハ…。

じゃあね。

(細田)被害者の松永さんとは
どういったご関係で?

いや… ただの飲み友達です。

(相良)防犯カメラには
殺される直前

被害者と一緒に
あなたの姿が映ってました。

何をしていたんですか?

いやあ… いや これは あの…。

凶器は あなたとも関係がある
三好巡査の拳銃だったんですよ。

これって 任意ですよね?

でしたら これ以上
私から話す事はありません。

♬~

確実な証拠がない以上
釈放するしかないか。

残念ですが…。

♬~

「関東工科大学」…。

♬~

もめてる?

(カメラのシャッター音)

♬~

富山光則准教授。

専門は 金属材料工学。

ハハハハハ…!
ハハハハハ…!

本当? 絶対そんな事ないでしょ。
いやいや…。

ちょっと 一条さん!
何してるんですか?

まりあちゃん
このスモーカー 最高!

あっ 食べる? くん玉。
いりません。

ええ~?
えっ? ビール飲んでるんですか?

いやいや ノンアル ノンアル。
ノンアルだから。 気分だけ。

はあ… 見つかったら
どうするんですか?

このほうが公園に溶け込んでて
逆に目立たないでしょ。

あれ?
まりあちゃんこそ 何?

タブレットで
イケメンの画像あさり?

違いますよ!

大木さんが接触してた相手です。
ほら イケメンじゃん。

ほら 見て シゲさん。
本当だ。

ねっ。 貸して。 よいしょ…。

へえ~。

あれ?

これ 怪我でもしてるのかな?
うん?

ほら。 だってさ これ
公式のプロフィル写真でしょ?

それで リストバンドって
なんか おかしくない?

確かに 違和感ありますけど

別に 怪我を隠してるとは
限らないのでは?

そうかな?

だって この間 会った
セイラちゃん。

あの子も
やけど痕を隠してたんだよ。

やけど痕?
うん。

(相良)お前ら ここで何してる?

あっ… お疲れさまです。

結城… お前 確か
監察行ったんだよな?

はい。
あっ!

もしかして 俺たちの中に
監察対象いるんですか?

それは 言えません。
(相良)ええ~ つれないねえ。

まあ どちらにせよ

捜査の邪魔だけは
しないでくれますかね。

わかりました。 行きましょう。
うん。

じゃあ シゲさん ごちそうさま。
あっ また。

美味しかった。

ありがとう。
どういたしまして。

また。

♬~(店内の音楽)

ああ~ くん玉とビール 合う~!

好きなんだっけ? くん玉。

ちょっと 今日は
くん玉の口になってまして。

あっ こんな忙しい時に
ありがとうございます。

それなりに自由の利く
ポジションになったからな。

元部下のメンタルも心配だったし。

そういや あれから
どうなったんだよ? 婚約者とは。

連絡取ってません もう。
どう接していいか わかんなくて。

普通 あの流れだったら
別れるからな。

ああ~
その選択肢はなかったですね~。

うん そっか…。

特殊だな お前。
うん?

んっ! 椎名さんは?
結婚とかされないんですか?

う~ん… 今は仕事が大事かな。
ふ~ん…。

そもそも 相手 ずっといないし。

意外ですね。 モテそうなのに。

知ってた?
「モテそうですね」って

興味ない相手に対して言う言葉
なんだって。

んっ…! そうなんですか?

いや 私 全然
そんなつもりなかったです。

むしろ 興味ありますし。

いや 興味あるっていうのも
なんか変ですよね。

すいません。 ハハッ…。

結城… 強いんだっけ?

ああ…。

いや… 弱いです。

(2人の笑い声)

♬~

本当にすいません。

ああ… 帰って
資料まとめたかったのに。

ハハハハ…。

やっぱり いいな。
えっ?

いなくなって気づいたよ
お前のありがたみが。

必要だと思った資料は 翌朝には
ばっちりそろえてくれてたもんな。

働かせすぎたかな?

ええ そのせいで
結婚 逃しました~!

ハハハ…。 悪かったな。

俺が責任取ろうか?

えっ! いや そんな…!

椎名さんに
そこまでして頂かなくても…。

冗談だよ。
なんだよ? そのリアクション。

フフッ…。

あっ もう ここで大丈夫です。

私も いつか また 一課で
椎名さんとお仕事がしたいです。

うん。 俺からも
早く優秀な仲間を戻してくれって

部長に伝えておく。

ありがとうございます。

結城…。

気をつけて帰れよ。

はい! フフッ…。

ハハッ…。

(パトカーのサイレン)

三好か…。

拳銃は?
見つかっていません。

ただ 殺害に使用された凶器は
遺体に残された銃弾から

三好巡査自身が所持してた拳銃に
間違いないとの事です。

そうか…。

それと 遺体の状態から
死後1週間は経過していると。

1週間?

…となると
おとといの松永雄三殺害は

三好巡査には不可能
という事になるな。

こうは考えられないでしょうか?

大木巡査部長が
三好巡査から拳銃を奪い 殺害。

そして おととい
その銃で松永も殺した。

まだ断定できませんが。

だとしても
大木がそんな事をする理由は?

おっ… 椎名さん これ…。

DNA鑑定に回してくれ。
(細田)はい。

やけど痕 やけど痕…。

やけど痕 やけど痕…。

やけど痕…。

(椎名)ロザリアガーデンの
爆発事故の際に撮影した

ショッキングな動画リポートで
一時期 騒がれてました。

はっ!

♬~

(松永)「どうですか?」

「ロザリアガーデンの婚活パーティー」
「(爆発音)」

「(爆発音)」

「(人々の悲鳴)」

(男性)「早く! 早く逃げて!」

(男性)「早く逃げてください!」

(松永)
「都内の婚活パーティー会場で

爆発事故が発生しました」
(タッチパッドのクリック音)

(タッチパッドのクリック音)

♬~

「都内の婚活パーティー会場で
爆発事故が発生しました」

(ドアの開く音)
ああ~… モーニング…。

モーニング モーニング…。

きみの朝だよ モーニング。

一条さん これ見てください!

ごめん ちょっと…
いったん仮眠させて。

夜釣りしてたらさ
朝まで長引いちゃって…。

(あくび)

でもね 最後に こんなちっちゃい
タチウオが釣れた。

ハハハハハ…。 逆にすごくない?
全然すごくない。

(あくび)
これ見てください。

ちょっと待って。 ちょっと…。
ちょっと… ちょっと…。

ああーーーっ!! ああっ!
ああーーーっ!! 痛い!

何するんだ!
まりあちゃん 何するんだよ!

ひどい ひどい まりあちゃん。
ひどい…。

もう… 一条さんが
シャキッとしてくれないから…。

ああ… 目 覚めた。
はい 座って。

何?

いきますよ。
うん。

(まりあの声)
大木さんが会っていた

キャバ嬢のセイラさん。

(まりあの声)
関東工科大学の富山さん。

「爆発事故が発生しました」

(まりあの声)そして 殺された
フリー記者の松永さん。

爆発事故のあった
ロザリアガーデンにいたんですよ。

えっ… えっと
それって つまり…?

大木さんは この事故を
調べていたのかもしれません。

なんで?

事故当時 大木さんは…

墨田署勤務。

事故の現場からは
だいぶ離れている。

じゃあ
担当ってわけじゃなさそうだね。

うん…。

事故の関係者と何か接点が…。

接点?

例えば
死亡した被害者との繋がりとか。

聞いた事ないですか?

大木さんの口から
この中の誰かの名前を。

う~ん… でも 大木ちゃんにさ

この年齢の友達って
いたっけかな?

えっ… 大木ちゃんの子供とか?

大木さんは 子供いないですよね?

いや でもさ 大木ちゃん

子供をあやすの
抜群にうまいんだよ。

公園で泣きやまない子供とか。

あの手慣れた感じは
もしかしたら…。

どうした?

はっ!
えっ?

行きましょう!
ええっ?

三好巡査の遺体に付着していた
毛髪のDNA鑑定 出ました。

(近藤)結果は?

大木巡査部長の毛髪と断定できる
との事です。

よーし… 松永雄三及び
三好勇太殺害の容疑で

大木康晴の身柄を拘束しろ。
(捜査員たち)はい!

♬~

(携帯電話の着信音)

はい。

(椎名)「大木の任意同行ですが

拳銃所持の可能性があるため
拳銃携帯命令が出ました」

いったん戻ります。

よしよし よしよし よしよし…。
戸籍謄本 もらってきました。

交差… 交差… オッケー。

はい。
何するんだよ~?

はい 仕事してください。
もう…。

はい。
うん…。

大木さんは 警察官になる前に
結婚して 娘さんが1人。

2年ほどで離婚して

娘さんは 奥さんのほうに
引き取られたみたいです。

えっ 大木ちゃん そんな事
一度も話してくれなかったな…。

えー… 奥さんの名字は…

「沢口」。

被害者リストの中に

お名前が。

「沢口百合香」?

大木さんの娘さんです。

大木さんのところに行きましょう。
(LINEの着信音)

ちょっと待って。

大木ちゃんからLINE。
あっ…。

行こう。
はい。

行きましょう。

ここだよね?
はい。

(相良)おい 監察 何やってる?
ちょっと大木ちゃんと話そうと…。

(細田)駄目 駄目 駄目…
駄目ですって。

大木の身柄はこっちで押さえます。
一課が? どうしてですか?

今朝方 失踪していた三好巡査が
遺体で発見され

大木の毛髪が検出された。

大木が殺しに関与していた
可能性が高い。

いやいや いやいや…
駄目ですって。

♬~

(チャイム)

(チャイム)

(細田)鍵 借りてきました。

(解錠音)

♬~

♬~

大木ちゃん…。

♬~

(小栗) 《久々に 集まった》

ならこれでしょ
(山田)でも こんな気持ちいい日は?

爽やかなプレモルにしよっか!

(川口)しちゃいましょ
(小栗・山田)よし はい

<新!爽やか。これがエールビール
「〈香る〉エール」 プレモルから>

はぁ~
青空みたいだ

(柳楽)《帰れば 「金麦」》

《帰れば 短パン》

《解き放つ すなわち 解放》 シュッ!

(缶を開ける音) プシュー

<帰れば 「金麦」> んー!
<「サントリー金麦」> おっ!

(相良)昨日から 交代で
近隣の公園から

大木巡査部長を
監視していました。

その間 本人も含め
一切の出入りはありません。

発見時に 凶器である拳銃を
本人が握っており

手から硝煙反応も出ています。

自殺と考えて間違いないかと。

だとした場合 動機は?

(細田)ここ数日

ロザリアガーデン爆発事故の
関係者と

接触を図っていたようです。

松永も その一人でした。

大木と血の繋がった娘である
沢口百合香さんは

ロザリアガーデンの
婚活パーティーに参加しており

爆発事故に巻き込まれ
死亡しています。

当時 カメラを回していた松永は

記者として勇気ある行為と
評価された一方で

救助活動を怠ったという
非難があったのも事実のようです。

実際 亡くなった沢口百合香さんと
相田まどかさんは

救助が早ければ
命を失わないで済んだと

書いていた媒体もありました。

(近藤)大木には
松永を恨む理由があった

というわけか…。

三好の殺害に関しては どうだ?

(細田)交番勤務時代 大木は

職務怠慢な三好に対して
行きすぎた指導をしています。

それが問題となって
大木は謹慎処分を受けています。

(相良の声)当時の恨みもあって

大木は 三好の拳銃を奪い
三好を殺害。

そのあと 松永を殺した。

三好の死体を隠す事で

その罪を三好にかぶせようと
考えた。

ただ その死体が見つかった事で

自分が疑われる事が
免れないと考えた大木は…。

(銃声)

(相良の声)自殺を選んだ。

よーし…
その線で証拠を固めてくれ。

(相良・細田)はい。

(ため息)

まだ残ってたの?
あっ…。

大木さんの報告書を
まとめてました。

松岡さんは こんな時間まで何を?

(ため息)

事が事だけに
上と記者対応の相談。

みんな 責任のなすりつけ合いで
もう げんなりよ。

ああ~ 今すぐ
リフレクソロジー行きたい。

それは お疲れさまです。

報告書作りは退屈?

あっ… いえ そんな事は…。

監察のやりがいって
なんなんでしょうか?

目の前で殺人が起きても
対象の行為が

非違事案にあたるかどうかを
調べて 報告する事しかできない。

捜査に関われば 嫌な顔をされて

やるのは仲間のあら探しだけ。

私が あのまま
捜査一課にいれば

大木さんの死だって
事前に止められたかもしれない。

監察って… 何ができるんですか?

それは 一条さんに聞いてみたら?

一条さんに聞いても…。

そもそも
一条さんって なんなんですか?

そうね。

私も よくわかってないのよ
あの人の事。

無理に若作りして
微妙にスベってるだけ。

それは 私にも わかります。

でもね 親身になって
話 聞いてくれると思うわよ。

あの人 ああ見えて 意外と…。

意外と?

意外と…。

意外だから。

(携帯電話の振動音)

(ため息)

あっ… また面倒な相手だ。

じゃあ あと よろしくね。

はい。

(ドアの閉まる音)

(ため息)

えっ?

あっ あっ あっ…!
一条さん!

はあ もう…。

こんな時間まで
何してたんですか?

あっ ちょっとね
マッサージ行ってた。

あっ… マッサージっていっても
エロいやつじゃないよ。

あの ハワイ式の
ロミロミマッサージ。

ロミロミ…。

ロミロミ…?

一条さん 監察って なんですか?

うん…。

そうだな…。

♬~

膝とか肘とか

体の中の曲げを司ってる部分
じゃないか?

それ… 「関節」ですよね。

テヘペロ!

もういいです!

報告書 確認してください。

はい。

大木巡査部長の
非違事案についてです。

はい。

へえ~…。

すごい。

さすが よく書けてる!

ありがとうございます。

でも 足りない。
はい?

こいつには
大木ちゃんが書かれてねえ。

えっ…?

明日 会いに行ってみるかい?

大木ちゃんの人生に。

(はなをすする音)

(大木貴晴)あっ…。
あっ どうも。

この度は 兄の康晴が
申し訳ありませんでした。

あっ…。

すいません…。

謝らないでください。

まだ 大木ちゃんが… 失礼。

大木さんがやったと
決まったわけじゃないんで。

…えっ?

どうされたんですか?
いえ…

話を聞きに来られる刑事さんは
皆さん

兄が犯人である事を前提に
話をされていたので…。

私も
やっていないと信じています。

愛想悪くて
思い込みの激しい人間ですが

面倒見のいい兄で。
うん…。

ああ~ 勇太くんの事もそうです!

亡くなられた
三好勇太巡査ですか?

ええ。 兄が
しつこく面倒を見たおかげで

態度も改善され
懐いてくれていて…。

えっ… そうなんですか?
ええ。

…ああ!

私の引っ越しの手伝いにも
来てくれて。

へえ~! これ いい写真だな。

大木さんと娘さんの関係は
どうだったんでしょうか?

奥さんと離婚してから しばらくは
会ってなかったみたいですけど

5年前 奥さんが亡くなられて
それから

一人きりになった百合香ちゃんを
気にかけるようになって

仕送りとかもしてたみたいです。

誕生日も ここで
毎年 祝ってあげてましたし。

(沢口百合香)ありがとう!
かわいい…。 すごいね!

いやあ 嬉しい。
(大木)フフッ… 高かったんだぞ。

(2人の笑い声)

でも また今年も お父さんとか。

なんだよ… 嫌なのかよ?

そりゃあねえ。

せっかくの誕生日は 彼氏に
お祝いしてもらいたいでしょ。

(ため息)

ああ そういえば… あれは?
婚活は うまくいってるのかよ?

う~ん… まあまあ?

ふーん…。

あっ…!

はい これ!
プレゼントのお返し。

何? …うん?

(大木)「無病息災」

最近 警官が襲われる事件
多いからさ。

財布に入れとくといいんだって。

ありがとな。

一応…

おそろい!
(大木)うん?

「恋愛成就」?
(百合香)うん。

ふ~ん…。
(百合香)お願いします!

(貴晴の声)
空白の期間はありましたけど…。

(貴晴)2人は 本当に
いい親子に戻れていたんです。

でも 3年前

あんな爆発事故があって…。

♬~

(すすり泣き)

どう思った?

大木さんの印象は変わりました。

ただ 大木さんが犯人である事を
覆す証拠にはなりません。

うん… 今のは
警察官としての意見でしょ?

まりあちゃん自身は
どう思ったの?

ここ数日
大木ちゃんを追いかけて

彼が この一連の事件の犯人だって
本当に そう思った?

私は… 大木さんが無実だとは
思えません。

ですが 捜査一課の出した結論には
いくつか疑問も残ります。

例えば 大木さんの動機。

松永さんへの
逆恨みなのだとしたら

どうして 3年も経った今なのか。

三好巡査の拳銃を
凶器に使った意図も

2人の関係が悪くないと
わかった以上 不可解です。

そうだね。

ただ… それら全ての疑問を
クリアにするのは

私たち監察の仕事ではなく
捜査一課の仕事です。

別に 関係なくな~い?
ええ…?

警察官にも監察にも

服務規程っていうルールは
細かく存在するけど

別に 仕事のやり方まで
書いてあるわけじゃない。

まりあちゃんが
疑問に思うなら

疑問に思う事を追及して
何が悪いの?

まりあちゃんさ…

監察である前に
人でしょ。

フフッ…。

♬~

はあ… よし!

♬~

(たたく音)

♬~

♬~

えっ…? おはよう。

(諏訪)うわうわ うわうわ…
なんだ? これは。

おはようございます。

結城さん もしかして徹夜?
若いなあ。

(笹塚)っていうか
なんなんですか? これ。

刑事資料係の天樹さんから
借りてきた

ロザリアガーデン爆発事故の
資料です。

まず 婚活パーティーの
参加者リスト

主催者側の担当社員と
調理業者の名簿

備品発注リスト

被害者の解剖記録に

関係者の供述調書

そして 鑑定結果報告書まで
何から何まで全てそろってます。

はい。
はい。

なんで 今さら
そんな事故の事を?

最近 大木さんが調べていた
事故です。

大木さんが亡くなった事に 大きく
関係している可能性があります。

それを調べ直します。

だとしたら 急がないと…。
えっ?

大木康晴の送検が決まったわ。

週明け 月曜の朝よ。

タイムリミットまで
あと3日か…。

皆さん 手伝ってくれませんか?
聞き込み。

(諏訪)うん… ねっ。

♬~

そうでしたか…。

ありがとうございました。

お待たせ お待たせ~!

一条さん
どこ行ってたんですか?

あれ…? 一条の行動 気になる?

まりあちゃんってさ…
結構 束縛したがるタイプ?

別に そういうわけじゃ…。
へえ~。

で 次は?

大木さんが接触していた

関東工科大 准教授の
富山さんです。

あれ?

これ 山登りにでも行くのか?

ああ…。
ねっ?

警視庁の結城と申します。
(富山光則)あっ どうも…。

どうも 一条です。

富山です…。

大木康晴さんの件なら
ちょっと前に

捜査一課の刑事さんに
お話ししましたけど。

今日は 3年前の爆発事故について
詳しくお話を。

(富山)えっ…?

どちらにせよ 今は無理です。
これから実験なんで。

時間は合わせます。
あっ… 本日の夜でも。

う~ん… 時間取られるし
こっちにメリットないしな。

メリットあれば… いいんですか?

次は 婚活パーティーを
主催していた会社の担当者で

根岸さんという方です。

事故のあと 会社が倒産して

いろいろな職を転々とされていた
と聞いています。

ほう…。

(チャイム)

あの… 警視庁の結城と申します。

お時間 取らせませんから。

ロザリアガーデンの
爆発事故について詳しくお話を。

(根岸)ロザリアガーデン!?
まだ そんなの調べてるの?

っていうか 話す事ないし…
帰ってくれる?

あれっ!?

そこに置いてあるの

ビルドのトライアルフォームじゃ
ありません?

ビルド 好きなの?

一条 めっちゃくちゃ好きです!

どうぞ!
いいんですか?

はい。
ええ~! へえ~…。

根岸さんのコレクション
品がいいな…。

ツボ押さえてますよ。

わかる!?
あの!

そろそろ 事故のお話も
よろしいでしょうか?

そんな… いいじゃないか。

どうもすいません 本当に。

っていうか
あんま覚えてないんですよ…。

あの会社 なかなかブラックで
記憶から抹消したいぐらいでね。

あの これ
コーンスープですよね? 缶の。

はい。
ああ そうか…

この カップに移す
っていう手があるんだ。

缶からだと 最後のほうのコーン
出てこないでしょ。

そう! わかる…。

そうそう…!
なんの話ですか? これ。

ロザリアガーデンの爆発事故が
起きたのは

3年前の10月22日。

午前11時頃から

婚活目的の参加者を集めた
ガーデンパーティーが開かれていました。

現場にいたのは
参加者の男性10名

女性12名

パーティー主催会社の担当者
2名。

事故のきっかけとなったのは…

料理ブースで使われていた
小型LPガスボンベの

ガス漏れです。

バルブ部分が経年劣化していた
事によるものだそうです。

爆発の原因は?

日光です。
(瑠璃子・諏訪)日光?

隙間から差し込んだ光が

ウォータータンクを通して
集まり

料理ブース内にあった
台ふきんが発火。

ガス爆発を引き起こしました。

隣接していたカップルテントにいた
相田まどかさんと

料理ブース内にいた
沢口百合香さんが

爆発に巻き込まれて 死亡。

8名が重軽傷を負いました。

ガス漏れに関しても
発火に関しても

自然発生的なものとされ
事故と判断されました。

う~ん… いろいろと不運が
こう 重なったんだなあ。

その人たちってさ

たまたま そこにやって来た
他人同士なのかな?

ええ…。 かなり人気の
パーティーだったらしいので

参加者は 抽選で無作為に
選ばれていると聞きましたけど。

そっか…。

いやね 元々 知り合いだった人は
いないのかな? と思って。

どういう意味ですか?

(LINEの着信音)

あっ… ごめん。 ちょっと…
ちょっと待って。 ごめん。

はあ…。 返信なら
あとにしてもらえませんか?

ああ…。

まりあちゃん

富山先生が会ってくれるって。

えっ?

(字幕)
ハーブの多くは荒地に自生していた。

草食動物から身を護るためか。

昆虫を誘うためか。

彼らはその遺伝子に強い個性をもった。

いつものサラダにハーブの葉を

ちぎって散らす。

不意に野生の風が吹く。

愛してるよ。

愛してる。

(野田)愛してるよ…。

愛してる…。

愛してるよ。
おっ!

あっ… あっ…。

あっ 照れたーっ! アウトー!!

はい デコピン…。

(5人)デコピン デコピン

デコピン デコピン。

バシッ!

結構 痛い!
飲もう! 飲もう 飲もう…。

乾杯!

(一同)乾杯!
チアーズ!

フッフッフッ…。

なんなんですか? これ!
えっ… 何?

まりあちゃん 「愛してるよ」ゲーム
知らないの?

男女が交互に座って 「愛してるよ」
って ささやきを回していくわけ。

で 照れたら 負け。
このゲームも そうなんですけど

この状況です!

だってさ この間 富山先生がさ
話してもいいけど

メリットがなきゃ嫌だって
言ってたでしょ。

だから 一条 合コン
セッティングしてあげたわけ。

富山先生のお友達も ご一緒に。
だとしても なんで 私が!?

オッケー。 じゃあ 次は
せんだみつおゲーム!

せんだ!

みつお!
ナハ ナハ!

野田ちゃん 誰狙いよ?

俺 ほのかちゃんかな…。

ああ やっぱり そうだよね。
いいセンスしてる。

っていうか っていうかさ…

富山くんって 結婚してるけど
こういう合コンってよく来るの?

ああ あいつは
女性関係 ゲスいんで。

エッヘッヘッヘッ…。
あの時は?

あの爆発事故があったパーティー
あったじゃん?

あの時も もしかして
結婚してた?

ああ… あの時は婚約してたけど
まだ独身。

ただ あの事故で
ストーカーの女と切れたから

幸せな家庭 築けてるって。

そうなんだ…。 へえ~
そりゃ よかったじゃん。

ちょっと 2人とも
トイレ長くない?

作戦会議 作戦会議。
ああ~!

《はあ… 頭痛い》

《合コンで かなり
時間を無駄にした気がする》

《大木さんの送検は
明日なのに…》

顔 怖いよ。

ああ 椎名さん…。
おはようございます。

ロザリアガーデンの爆発事故を
調べてるって聞いた。

ええ。

俺らの出した結論に
納得できてないんだな。

あっ そういうわけでは…。

フフフッ…。

痛… くない。

眉間にシワ寄りすぎ。

結城は笑ってたほうがいいのに。
えっ?

この事件が落ち着いたら
どこか行くか? 2人で。

えっ?

結婚がなくなったの
俺のせいっていうのもあるしな。

そんな…!

まあ 無理にとは言わないからさ。

…はい!

♬~

あっ まりあちゃん。 モーニン!

なんですか? その格好は!

いや あれから ゆうべ
盛り上がっちゃってさ。

これから みんなで
キャンプ行きまーす。

はあ!? こんな時に
キャンプ行くんですか?

こんな時って… 今日 日曜だよ?
まりあちゃん 行こう。

行きません。
ええ~。

だって…

ガーデンパーティーの参加者も
来るから

事故の話 聞けるよ。
富山先生も来るって。

どういうメンバーですか…。

あっ まりあちゃん まりあちゃん

これ 知ってる?

あっ… 根岸さんが
コーンスープ飲んでた。

そう!
ククサっていうんだけどね

木のコブを
くりぬいて作るんだけど

今 上級キャンパーの間で
流行ってるんだよね。

はあ… そうなんですね。

よし あの根岸の野郎も
誘ってやるかな…。

うん…?

♬~

(タッチパッドのクリック音)

(松永)「はい じゃあ
火もついたところなので

これから 川で釣った魚を
焼いていきたいと思いまーす」

ああー…!!

(松永)「現地調達した食材は
いいですよね」

ええ…?

ちょっと いってきます!
えっ?

まりあちゃん?

まりあちゃん どうしたの?
まりあちゃん…。

(松永)
「いや これ 絶対 うまいよ これ」

「はい! ええ… 終わりました。
じゃあ これでですね

ひっくり返していきながら
焼き上がるのを…」

(キーを打つ音)

(松永)「都内の婚活パーティー会場で
爆発事故が発生しました」

「現在は 救助隊 消防隊が到着し

懸命の救助活動 消火活動を
行っています」

「ご覧ください。 凄惨な現場です」

「この光景が
爆発の威力を物語っています」

「これが現状です」

「ご覧頂けましたか?」

「一体
どれほどの被害が出ているのか

これから 私も救助活動に参加し

できる限りの事をしたいと
思います。 以上です!」

よーし いい感じ いい感じ。 うん。

(根岸)は~い 買い出し
行ってきましたよ。

ご苦労さん。

あれ… 女子たちは?

(富山)露天風呂があるみたいで
みんな 行きましたよ。

(根岸)えっ もしかして…
混浴ですか?

うん… 今 それを
確認しようと思ってたところ。

一緒に行く?
もちろん!

ちょっと待ってください。

あれ? まりあちゃん
どうしたの? 来てくれたの?

キャンプに
来たわけじゃないんです。

えっ?
私の話を聞いてもらえませんか?

(富山)仕事の話なら
外しましょうか?

いえ お二人にも
聞いてもらいたいんです。

俺らも必要なの?
ええ。

3年前に起きた

ロザリアガーデンの
爆発事故に関する話なので。

あれは ただの爆発事故ではなく

とある人物の計画の上で
起こったんです。

でも あれは どう考えても
事故だって 警察も…。

はい 冷めないうちに。
一条さん!

いや だって せっかく…。
一条さん。

では 説明させて頂きます。

まず 爆発のきっかけとなった
ガス漏れですが

ガスボンベのバルブ部分が

作為的に劣化させられていた
可能性があります。

濃塩酸ニトロリアという薬品を
使えば

微量でも
バルブを劣化させる事ができる。

富山さんの研究室の実験で

濃塩酸ニトロリアを
使われていますよね。

大学の経理に
購入履歴が残っていました。

今さら 僕を疑ってるんですか?

仮に 僕が薬品を使って

ガス漏れを引き起こす事が
できたとしても

当日 僕は 参加者として
その場にいたんです。

爆発が起きるよう細工するなんて
無理です。

主催者側の根岸さんなら

思うように それらを配置する事は
可能ですよね。

なんの事ですか?

大体 僕が 爆発を引き起こす
メリットが

どこにあるんですか?

例えば 参加者の誰かを
殺そうとしていたとか?

は?

爆発の起きる少し前

松永さんが 犠牲者の一人である
相田まどかさんを

カップルテントに誘ったのを
見た人がいます。

ですが 爆発時

松永さんは 少し離れた所から
カメラを回していた。

こうなる事がわかっていたような
タイミングです。

事故に見せかけた殺人だ
って言いたいんですか?

(ため息)

でも その場にいた参加者たちは
全員 面識のない他人だった。

協力なんてできない。

警察でも そこは調べたはずだ。

警察の捜査が及ばないような
場所で出会った3人だとしたら

どうでしょう?

例えば 人目につかない山奥で
偶然 出会った

ソロキャンプが趣味の3人とか。

(一条の声)
これ 山登りにでも行くのか?

ククサっていうんだけど…。

(まりあの声)根岸さんが
コーンスープ飲んでた。

(一条の声)今 上級キャンパーの間で
流行ってるんだよね。

証拠もないのに
適当な事 言わないでください!

そして 唯一
キャンプ好きを公言していた

松永さんが
よく訪れていたキャンプ地を

いくつか回って見つけてきました。

他のソロキャンパーの方が
撮影された写真です。

これって…。

あなたたち3人ですよね。

しかも この3人には
もう一つ 共通点があります。

共通点?
この爆発事故をきっかけに

それぞれ3人の望みが
かなっているんです。

スクープを取り 名を上げた
松永さん。

会社が倒産して

ブラックな職場環境から
抜け出す事ができた 根岸さん。

そして 結婚前にもかかわらず

手を切れず
ストーカー化してしまった女性を

葬る事ができた 富山さん。

(まりあの声)実際
亡くなった相田まどかさんは

当時 あなたの恋人だった。

主催者側の根岸さんは

当日の出席者を
自由に選ぶ事ができました。

恐らく 山奥のキャンプ場で
偶然 出会った3人は

お互いの悩みを打ち明けて…。

(松永)
皆さん 悩みが尽きませんね。

(富山)でも 今の話 全部
解決できるんじゃないですかね?

僕ら3人が協力すれば…。

全くの別業種なのに?

それがいいんです!

僕らに面識がある事を
誰も知りません。

それを利用するんです。

♬~

(爆発音)

俺と松永は知らなかったんだ…。

あんなでかい爆発が起こるなんて。

こいつが
人を殺そうとしてたなんて…!

やめろ!
(根岸)俺たちは

こいつに利用されただけなんだ!
(富山)やめろっつってんだろ!

(根岸)お前のせいだ!
根岸さん 根岸さん!

(根岸)全部 お前…!
(椎名)落ち着いて!

まだ話は終わってない。

椎名さーん!
僕が頼んで 来てもらったんだ。

話は聞かせてもらってた。
こちらからも 質問いいかな?

どうぞ!

(椎名)爆発事故が
計画的犯行だったとして

どうして 3年経った今になって

松永さんが
殺される事になったんだ?

最近の松永さんは
記者としての仕事も減り

動画チャンネルも迷走

登録者数は 一時期の
10分の1ほどになっていました。

つまり 金に困っていた…。

確かに 金に困っていた松永から
脅迫めいた事は言われた。

でも 俺は殺しなんかしてない!

詳しい話は
署のほうで聞かせてもらいます。

お連れして。
はい。

だから 俺は
本当にやってないんだって!

(細田)落ち着いて 落ち着いて。
署で聞きます。 こちら…。

♬~

さすがだな 結城。 よく調べた。

ありがとうございます!

♬~

待って 椎名くん。

大木ちゃんの件が
まだ終わってない。

♬~

待って 椎名くん。

大木ちゃんの件が
まだ終わってない。

確かに
爆発事故を故意に起こしたのは

根岸さんと富山くんで
間違いないと思う。

ただ 松永さんや三好巡査を
殺したのは

富山くんじゃない。

えっ… 何を言ってるんですか?

できないんだよ 彼には。

また 友達になったからって
かばうんですか?

いやいや そうじゃなくて…。

あの爆発で
富山くんも自ら爆風を受けて

やけどを負っただけじゃなくて

右手の筋を損傷してるんだ。
えっ?

握手をした時にね
気がついたんだ。

(一条の声)
右手の人さし指と中指に

力が入ってないって。

もちろん 日常生活に
支障を来すわけじゃないけど

拳銃の引き金を引く事はできない。

えっ?
じゃあ やっぱり 大木さんが…。

ううん… それも違う。

お金に困っていた松永さんが
脅迫していた人物は

富山くんだけじゃないんだ。

どういう事ですか?

お守り。

お守り?

そう お守り。

大木ちゃんは

ずっと お守りを捜してたんだ。

大木さん
娘さんの遺留品を調べて

必死に
何かを捜しているようでした。

そうでしたか…。

ありがとうございました。

(一条の声)娘さんが 大切に
財布に入れていたはずのお守りが

あの爆発事故のあとに
消えてしまった事が

大木ちゃんは
ずっと気になってた。

恋愛成就のお守り。

婚活パーティーには
必ず持って行ってるはずなのに。

お守りが消えたのは
誰かが財布からお金を盗んだ時に

お守りも一緒に
財布から抜かれたからだ。

まりあちゃん
事故現場の動画 映せる?

あっ… はい。

(松永)「都内の婚活パーティー会場で
爆発事故が発生しました」

「現在は 救助隊 消防隊が到着し

懸命の救助活動 消火活動を
行っています」

「ご覧ください。 凄惨な現場です」

「この光景が
爆発の威力を物語っています」

(松永)「これが現状です」

「ご覧頂けましたか? 一体
どれほどの被害が出ているのか…」

この動画には映ってないけど
この時 現場にいた松永さんは

ある人物が 百合香さんの財布から
お金を盗む瞬間を見ていた。

凄惨な現場です。 この光景が
爆発の威力を物語っています。

♬~

これが現状です。

ご覧頂けましたか?

「一体 どれほどの被害が
出ているのか…」

この状況で
そんな事するなんて…。

当時 この管内で
同じようなケースが多発していた

という記録も残ってる。

で その人物というのが…。

まりあちゃん 巻き戻してくれる?
はい。

はい ストップ。

これ…。

椎名くん これ…

椎名くんだよね。

♬~

3年前 君は地域課の警察官として
この現場に居合わせていた。

♬~

何を言ってるんですか?

椎名さんが
そんな事するわけないでしょ!

警察官が 現場から
遺留品を持ち去るという行為は

重罪だし 足もつきやすい。

ただ 現金に関しては

財布の中の金額に関する記憶は
所有者でも曖昧。

まりあちゃん
今 いくら持ってる?

えっ? あっ えっ…。

でしょ? そこに目をつけた。

当時は 爆発事件を
前面に押し出すために

松永さんは
この件には触れなかった。

ところが 月日が経って

当時 地域課の いち警察官に
過ぎなかった椎名くんは

出世して
捜査一課の刑事になった。

つまり
脅迫に値する存在になったわけだ。

(松永)あの日 確かに見たんだよ。

あんたが 被害者の財布から
金抜いてるの。

今さら そんな話 誰が信じる?

(松永)最近 ロザリアガーデンの事件を
調べてる警官がいる。

そいつに話したら
相当 食いつくんじゃねえかな。

その脅迫に
追い打ちをかけるように

椎名くんの前に
大木ちゃんが現れた。

(椎名)ロザリアガーデンの件は
間違いなく事故だと思います。

(大木)やはり そうか。

あと あの… 現場に
お守りは落ちてませんでしたか?

(椎名)お守り?

なくなってるんです。

娘が財布に入れていた
恋愛成就のお守りが…。

どうだったかな…。
ごめんなさい 急ぐんで。

(大木)待ってください。

(一条の声)これ以上 大木ちゃんに
事件の事を調べられるのは

都合が悪い。

(一条の声)だから 君は

大木ちゃんに罪をかぶせて
松永さんを殺そうとした。

(一条の声)拳銃を奪う相手を
三好巡査にしたのも

大木ちゃんとの繋がりを
考えての事だ。

(一条の声)直前に

大木ちゃんの取り調べに
立ち会っていた椎名くんなら

その場で
大木ちゃんの毛髪を採取して

三好巡査の遺体に付着させる事も
可能だ。

大木ちゃんが亡くなった現場には
刑事たちが張り込んでいたが

彼らをコントロールする事も
君にならできる。

大木の任意同行ですが

拳銃所持の可能性があるため
拳銃携帯命令が出ました。

(相良)いったん戻ります。

♬~

(銃声)

(銃声)

一条さん…。

勘弁してくださいよ。
全部妄想でしょ。

証拠はあるんですか?

大木ちゃんのアパートに侵入する
君の姿を見た

っていう人がいるんだ。

そうそう! こいつ こいつ!

こいつが
ベランダをよじ登ってたのよ。

それだけじゃない。

三好巡査が殺害された
現場の近くで

夜釣りをしていた人が

君を見たっていう情報も
入手してる。

夜釣り…。

(一条の声)夜釣りしてたら
朝までになっちゃってさ。

松永さんの殺害現場の近くにある
ロミロミマッサージの従業員が

死亡推定時刻頃に君を見た
って言ってる。

ロミロミマッサージ…。

(一条の声)ロミロミマッサージ。

遊んでたわけじゃなかったんだ…。

でも いつから…

いつから 椎名さんを怪しいと
思ってたんですか?

3年前 僕は
椎名くんの担当だったんだよ。

えっ?

それ以来 君を追いかけてきた
ずーっと。

3年前の事件のあと

別の事件現場で
金品がなくなるという事案で

椎名くんが
監察対象に挙げられていた。

でも 椎名くんは

警察官としては優秀で
プライベートも品行方正。

確かな証拠が見つからず
処分するには至らずに終わった。

でも 僕は その時

君の事を
もっと知りたいと思った。

だから 君を ある日
合コンに誘ったんだ。 覚えてる?

合コン…?

でも あの日 君は

好みの女の子がいないと
わかった途端に

仕事のふりをして帰ったよね!

飲み代も払わずに!

あの時から 僕は
君が信用できないと思ったんだ。

これが 君を疑い続けた
一番の理由だ!

それが理由…?

…1万7000円だ。

たかが1万7000円だぞ。

(椎名の声)俺が あの日
財布から抜いた額だよ。

命懸けで毎日働いて
殺人現場に駆けつけたって

もらえる手当は
たったの数百円だぞ。

そのくらいもらって
何が悪いんだ?

こんな事で どうして

今まで積み重ねてきた地位を
捨てなきゃならないんだ。

地位って なんなんだよ!

そんなもん どうでもいいだろ!

一条さん!

大木ちゃんはな
一緒に飲む度に泣いてたよ!

理由は言わなかった。

でも
深い傷が残ってるのはわかるよ!

自分の命よりも大事な娘を
奪われたんだぞ!

でもな 大木ちゃんは
最後まで警察官だった。

復讐じゃなくて

純粋に事件の真実を
突き止めようとしてたんだ!

その大木ちゃんを…!

いや 何人もの命を

たかが地位と自分の保身のために
奪った君を

僕は 絶対に許さない!

ハッ…。

長年 監察で
くすぶり続けてる人間には

わかんねえよ。

(たたく音)

私も許しません。

そして
あなたの事を信じた私自身も…。

♬~

よいしょっと…。

すみませんでした!

えっ 何が?

何もわかってなかったのは
私のほうです。

あんなに近くにいた
椎名さんの事を

疑いもしなかった。

監察官 失格です。

椎名くんを監察していた時

コンビで動いてる君の事を
知ったんだ。 それで

ああ この人は
真剣に事件と向き合う人なんだな

って思った。

で 僕が 直接
松岡さんにお願いしたんだ。

監察に君を欲しいって…。

そうだったんですか。

君は 監察に向いてると思うな。

その考えは 今も変わってない。

行こう。

はい。

よっ…。

まりあちゃんさ 前に言ってたよね
監察って なんなんだろうって。

ええ。

監察が 仲間を疑ってかかる部署だ
っていうのは間違いない。

でも 仲間と向き合って
そこに真実を見つけて

時には その… 仲間の人生を
救ってあげる事ができるのも

監察の仕事だと思ってる。

まあ なんていうか その…
ちょっと照れくさいけども

僕は
監察の仕事に誇りを持ってます。

私も いつか そうなりたいです。

では 改めて ウェルカム監察!

イエーイ!
イエイ!

(2人)
イエーイ イエーイ イエーイ!

(2人)ヒュ~! イエーイ!

(2人の笑い声)

よし! じゃあ 帰ろう。
はい!

♬~

聞きました。 椎名 全面的に
自供してるみたいですね。

そっか…。

結城さん 監察 やっていけそう?

はい!

よかった~!
いろいろ大変そうだったから…。

一条さんから聞きました。
私が監察に来たのは

一条さんが
推薦してくれたからだって。

えっ?
えっ?

一条さんに
そんな権限なんて… ないわよ。

でも 一条さんが…。
一条さんが言っていたのは

単純に 顔がタイプだから
一緒に働きたいって話でしょ。

顔?
(諏訪)そうそう そうそう。

スタイル良すぎず
美人すぎない あの感じが

逆にグッとくる。
好きなんだと語っていた。

あれ?

結婚式ドタキャンされた話
聞いて

めっちゃガッツポーズしてましたし。
ああ…。

結城警視 破談!

よっしゃー! オッケー!

破談! 破談! 破談!

そうだったんですか…。

(まりあと瑠璃子の笑い声)

(ドアの閉まる音)

みんな モーニング。

なんか 今日の一条さん
決まってません?

今日は まりあちゃんと
2人きりの歓迎会だからね。

私 やっぱり 行きません。

えっ なんで?
昨日 オッケーって言ったじゃん。

状況が変わりました。
絶対に行きません。

なんなら 今すぐ コンビを
解消してほしいくらいです。

ええっ!? ちょっ… 何? それ。
えっ… 何 怒ってるの?

自分の胸に聞いてみてくださーい。

えっ? 全然わからない。 なんで?
何? どうしたの?

じゃあ…
みんなで一緒に行きますか。

行かないです。
(笹塚)うん 行かないです。

私たちで妥協しておこう
みたいな感じ

イラッとするわ!

いや… いやいや そんな事は…。
いや そうじゃなくて…。

行きましょうよ。 行こう!
みんな 行こうぜ! 行こう!

テヘペロ。

それ
今どき 誰も使ってませんから。

ぴえん。

ぴえん超えて ぱおん。

♬~

テヘペロ。