【ドラマ10】正直不動産 [終](10)「正直不動産、誕生」[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【ドラマ10】正直不動産 [終](10)「正直不動産、誕生」[解][字]

登坂不動産の管理物件を奪い取る秘策で、本気で潰しにかかるライバル・ミネルヴァ不動産。両社の戦いはいよいよ最終局面に…。そんな矢先、2億円超の相続物件が浮上する。

番組内容
登坂不動産の管理物件を奪い取る秘策で、本気で潰しにかかるミネルヴァ不動産。両社の戦いは最終局面を迎える。そんな矢先、2億円超の相続物件が出てくる。ミネルヴァは、いち早く情報をつかみ、自社に有利なサブリース契約を結ぶが、永瀬(山下智久)は、その物件のある問題に気づく。顧客と会社のピンチに永瀬は、昔のようにうそがつけるようにと神頼みすると、突然風が吹き、息を吐くごとくうそがつけるように復活するのだが…
出演者
【出演】山下智久,福原遥,市原隼人,泉里香,長谷川忍,倉科カナ,高橋克典,大地真央,草刈正雄
原作・脚本
【原作】大谷アキラ,【原案】夏原武,【脚本】水野光博,根本ノンジ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 平尾
  2. 永瀬
  3. 社長
  4. ミネルヴァ
  5. 桐山
  6. 契約解除
  7. 結婚
  8. 仕事
  9. オーナー
  10. 家族
  11. 頑張
  12. 契約
  13. 正直
  14. 大河
  15. 登坂
  16. 不動産屋
  17. アパート
  18. アパート建
  19. お願い
  20. お前

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



るのは初めてです。

(永瀬)えっ!? 契約解除!?
な… なぜでしょうか?

今から すぐお伺いに…。
(電話の切れる音)

♬~

(月下)どうしたんですか?
管理委託を任されてる

メゾンドダウト国分寺のオーナーが
契約解除したいって。

そこって うちが
8部屋担当してるところですよね?

全部ミネルヴァに替えるってさ。
また ミネルヴァですか!?

(花澤)では 今後は弊社が しっかりと
管理業務させていただきますので。

(オーナー)よろしくお願いします。
こちらこそ よろしくお願いします。

失礼いたします。

(大河)そこだけじゃない!

うちが契約してる ほかのマンションも
どんどんヤツらに奪われてる。

管理委託料は
不動産屋にとって生命線の一つだ。

契約してる物件が多ければ多いほど
経営が安定する。

それまで奪うなんて。

ヤツら 本気で潰しに来てる。

♬~

(鵤)なるほど。 管理委託契約ね~。

管理委託費を2パーにすると提示すると

多くのオーナー様が
くら替えしてくださいました。

フッ。 さすが花澤。

あっという間に1位を取り返し
西岡も それに釣られて業績を上げた。

(西岡)ありがとうございます。

(鵤)花澤。
(花澤)はい。

全社員に伝えろ。 機は熟した。

登坂に全面戦争を仕掛ける。

(登坂)みんな
我が社は今 大変厳しい状況にある。

これを打破するには 全員の力が必要だ。

どうか 力貸してくれ。

お願いします。

社長 任せてください。
我々が登坂不動産を守ります。

私も微力ながら 精いっぱい頑張ります。

よ~し! てめえら 成約取れるまで
生きて帰ってくるんじゃねえぞ!

大河。 はい やめます。
すいません 社長。

(笑い声)

よ~し みんな 行ってこい!
(一同)はい!

月下。 はい。
久々に平尾さんとこ 顔出しに行こう。

ああ 確かに。 町の長老ですもんね。

引っ越しとか 転勤のこと
知ってそうだし。

行こう。
はい!

いってきます。
(大河)行ってこい! いってきます。

(大河)行ってこ~い!

♬~

[ 心の声 ] ここで流れを変えるんだ。

俺たちに頭まで下げた社長のためにも。

平尾さん いつ お亡くなりに?

おとついですわ。
全然知らなかったです。

いつも優しく接してくれて
すごくいい方で…。

叔父さんとは
子どもの頃 会うたぐらいですわ。

せやのに これ 急に身内おらんから
この家 相続せえいう話来て もう

びっくりしてるんすわ。
そうでしたか。

けど あれやね
不動産屋さんって ほんま察しええね。

はい?
いや ほら 私 嫁も子どもも大阪おるから。

ここもろても 正直困るんですわ。

せやから さっさと売ろう思てたら
不動産屋さん 次々と。

次々ですか?
うん。

(西岡)
相続した甥の平尾晴哉と話してきました。

本人は 土地の売却希望でしたが
アパート経営を強く勧めてきました。

ほう。
(西岡)家族と大阪に住んでいるので

不安そうでしたが
サブリース契約を結べば

入居者探しも 物件の管理も
全て うちが行い

長期間 安定した家賃収入が得られると
説得したら

すぐに気が変わって サインをしました。

(鵤)そうか。 契約書は?
(西岡)こちらに。

うちの取り分が20%と多額なことや

うちの都合でしか中途解約できない
という文言などを

さりげなく入れておきました。
もちろん 本人は気付いていません。

あの 社長

なぜ 平尾さんが亡くなったことを
早くに知れたんですか?

フッ。 近隣のケアハウスに金を配ってる。

年寄りが死んだら
医者の死亡確認と同時に

訃報を伝えろとな。

人の死は金になる。
特に身寄りの少ない老人の死はな。

あっけないもんだな。

人が何十年も住んだ場所が
10日で さら地だ。

でも ここに また新しい家が建って
新しい家族が住むんですよね。

平尾さん?
どうもどうも。

ちょっと ご近所に挨拶回りですわ。

この土地売ったんじゃなかったんですか?
いえ 売りません 売りません。

ここ アパート建てますねん。
アパート!?

そう。 ほら 土地って売ったら
もう それでしまいでしょ。

せやったら アパート建てて ほれ

サブリース契約
あれ結んだ方が賢いな思てね。

[ 心の声 ] ミネルヴァの口車に
まんまと乗せられたな。

あの どれくらいの規模のアパート
建てるんですか?

2階建て。 で 1Kの部屋を10部屋かな。
で 家賃が管理費込みで11万。

1Kで11万!?
そう。 ほんなら

月の家賃収入が 110万やろ。

そこから まあ ミネルヴァさんの取り分で
20パー引かれるけど

こっちには 毎月88万も入んねんで。
すごない? これ。

すごいっしょ。 ほら 見て見て

新車買うたりましてん。 ヘヘヘ…。
あの… その規模のアパートですと

建築費に 6, 000万程度かかりますが
資金の方は?

月30万のローン。

でもね それ引いてもね 毎月 不労所得が
50万以上やからね ほんますごい。

ね? すごすぎるやんね。
確かに それはすごい…。

(風の音)

…ことあらへん。
めっちゃヤバい状況やん …です!

何や それ?
1Kのアパートを11万で借りる人が

どれくらいいると思ってるんですか?
もし入居者が減ったら

家賃設定を大幅に下げられた上に

何十年も膨大なローンを支払うことに
なるんですよ。

いっ… でも それはミネルヴァさんが…。
ミネルヴァに

「家賃30年保証で 必ずもうかります」って
言われたんでしょ。

まさに「キング オブ 常套句」。

必ずもうかるなら自社でアパートを建てて
貸し出すはずです!

悪いこと言いません。
もう一度 契約書見直してください!

(平尾)いやいやいや
ちょ ちょっと待ってください。

け… 契約書 今ここにないですけど…。

(健太)おねえさん これ。
あそこで拾ったの。

ん? 何ですか それ?

ここで?
うん。

[ 心の声 ] これ… まさか…。

ネットで調べただけですが
縄文時代の土器のようです。

うん。
となると 発掘調査が必要になります。

発掘調査?
終わるまで

あそこにアパート建てられません。
ええ!?

ちょ… 何… 何でなん… 何… 何で
こんな石ころ一つで そんなことなんの?

あの たった破片一つでも

文化財保護法では 土器や貝塚など
遺跡として認められているものが

土地から出てきた場合
教育委員会に届け出が必要となります。

その調査の結果
文化財だと確認された場合

発掘作業は長期に及びます。

嘘やん。
ちなみに 調査費用や発掘作業の費用は

全額 平尾さんのご負担になります。
何で? おかしい おかしい。

そそ… それは ほら 市とか国が援助…。
サブリースの場合 個人事業主になります。

そうなると 平尾さんがご負担するのが
一般的なんです。

アホなこと言わんとって! 無理やろ~!

これから いろんなローン始まんねん。
ちょっと待って。

ちょっと ちょっと…
永瀬さん なんとかして 頼むわ。 なっ?

それが
我々には どうすることもできなくて…。

何やねん それ!
どう… どうしたらええねん!

(美波)う~ん それ大変ですね。

お代わりは?
ああ じゃあ 半分ぐらい。

は~い。

土器なんて 埋まってることあるんですね。
温泉だったらよかったのに。

[ 心の声 ] いつの間にか うちで
晩ごはんを食べるのが日課になっている。

どうぞ。
いや 半分ではないけども…。

それで永瀬さん 例の答えは?
えっ?

[ 回想 ] 私と結婚を前提に
おつきあいしていただけませんか?

あ~ それが 実は あの…
今うちの会社がバタバタしてまして。

もうちょっとだけ待ってもらえます?
あの… しっかり じっくり考えたいんで。

考えたいってことは
ナシではないってことですね?

えっ う~ん まあ…。
分かりました。 待ちます。

ただ確認なんですが
月下ちゃんとは何もないんですよね?

ほら これ。
えっ いつの間に!? 怖~。

今そこに引っ掛かってる場合ですか?
こいつは ただの後輩です。

1ミリも… いや 1ミクロンも…

いや 1ナノミクロンも
そんな気ありません。

♬~

うん 嘘ついてない目ですね。 信じます。

間取りもいいし 値段もいい。
公園も近いし 静かそうだね。

ええ 大変静かでございます。

(風の音)

(風の音)

両隣のミュージシャンが
寝ている間はね!

(2人)ミュージシャン!?
右隣は ヘビメタのギタリスト。

左隣は ジャズピアニスト。 朝から晩まで
メタルとジャズと異次元セッションが

堪能できますよ! ウェイ!

そりゃ 断られるわ~。

お疲れさまで~す。

永瀬先輩 桐山さんのこと聞きました?
桐山?

あの 国分寺にタワマン建てる計画
あるじゃないですか?

あれ 桐山さんが関わってるらしいんです。

あの~ 大手の帝都不動産が
進めてるやつだよな?

はい。 その帝都を口説いたのが
桐山さんなんですって。

すごくないですか?
…そうだな。

私たちも頑張らないとですね。

[ 心の声 ]
どこかでライバルだと思っていた桐山が

知らないうちに はるか遠くを走ってる。

それに引き換え 俺は…。

[ 回想 ]
(桐山)さすが ライアー永瀬ですね。

息を吐くように嘘を並べて
契約をもぎ取る。

本調子じゃないあんたを倒して
1位になっても 意味がない。

俺の知ってる永瀬財地じゃない。

[ 心の声 ] 嘘さえつければな。

♬~

祠と石碑を壊して ごめんなさい。

そろそろ 元に戻してください。

会社が大ピンチなんです。

お願いします。

♬~

…何してんだ。

(風の音)

♬~

うぁ~…。 あ~…。

部長 どうしたんですか? 部長。

今月厳しいからさ
俺の給料カットになってよ。

それ 奥さんに伝えたら
家追い出されちまった~。 あ~…!

[ 心の声 ] それ 給料のせいじゃないだろ。
どうせ 不倫がバレたんだろ。

それは…。

[ 心の声 ] 自業自得ですね。

…きついですね。

[ 心の声 ] あれ? …風が吹かない?

そうなんだよ。 まいったよ。
永瀬 俺どうすりゃいいんだよ~。

奥様にピンクの薔薇を買ったら
どうです?

ピンクの薔薇? 何言ってんの お前~。
花言葉は「感謝」。

奥様に 花と一緒に
感謝の気持ちを伝えるんです。

部長ほどのすてきな旦那様を
奥様が許さないはずがありません。

[ 心の声 ] 何だ これ? ペラペラと嘘が。

そうか? でも それ効果あんのか?
効果なんて…。

[ 心の声 ] ほら 来るぞ~。

あれ? 来ない。

ありますよ~。

硬派な男 大河部長が薔薇ですよ!

ギャップで ほれ直しますわ!
なるほどな!

ありがとう 永瀬。 俺 薔薇買ってくる!
OK レッツ ゴー! グッド ラック!

[ 心の声 ] もしかして 嘘がつける?

ごめん 俺ちょっと早退するわ。
(一同)えっ!?

捜さないで。 うん 大丈夫だから。
うん 大丈夫。

♬~

沙友理ちゃん 分かるよ その気持ち。

俺でよければ 慰めてあげるから
今度ごはん行こう。

(沙友理)
どうせ「香水くさい」とか言うんでしょ。

あの時は 失礼なこと言って 本当ごめん。

えっ?
そんな僕を…。

…許してほしい。

許す!

[ 心の声 ] 元に戻った~! フ~!

嘘さえつければ こっちのもんだ!

昨日は失礼いたしました。

実は お二人に この物件を見せるのを
忘れておりまして。

また 隣がうるさいんでしょ?
ご安心ください。

右隣は 定年退職された物静かなご夫婦。

左隣は 出張の多い独身のビジネスマン。
更に 上の階は…。

お~ お~ お~っ! 永瀬 お前のおかげで
だいぶ盛り返してきたぞ~!

すごいなぁ。

♬~

回りくどいことが嫌いなんで
単刀直入に言います。

登坂に任せている物件
全てを私に譲ってください。

♬~

(マダム)それが どういう意味なのか
分かってる?

ええ。 そのかわり 私が
あなたの資産を 今の5倍…

いや 10倍にして差し上げます。

フフ… 話だけでも聞こうかしら。

♬~

榎本さん。

すいません。 お待たせしました。

榎本さん あなたと過ごしていく中で

あなたの優しさや すてきなところ
たくさん知ることができました。

…永瀬さん。

僕の人生は
もう あなたなしでは考えられません。

僕と結婚を前提につきあってください。

[ 心の声 ] もちろん
結婚なんてする気ゼロで~す。

このキラーワードさえ出しときゃ
簡単に落ちるっしょ。

永瀬さん 私のこと バカにしてます?
はい?

私は永瀬さんの正直なところが
好きだったんです。

今のあなたの言葉からは
真実が一つも感じられません。

帰ります。

あ…。

♬~

すっごいすてきな部屋!
私 ここにします!

よかったです。
初めての1人暮らしの部屋

永瀬さんに探してもらえて
本当によかったです。

ありがとうございます。

(女性客)うわ~ 近くにスーパーあるんだ。

♬~

[ 心の声 ] 成績が上がってんのに
一つもうれしくない。

むしろ お客様に対して
後ろめたさを感じる。

永瀬先輩
さっきのお客様 契約しないそうです。

何で?

あそこが事故物件だってこと
隠してましたよね?

最近 全部その方法で
成約取ってませんか?

本当に それでいいんですか?

私は 今の永瀬先輩は尊敬できません。

♬~

おい 永瀬。 トップオブレジデンス新宿の
オーナーさんから連絡が来た。

うちが管理を任されている
全40戸全ての管理委託を解約したいって。

藤堂さんですか?
(大河)あそこは家賃が高額だ。

もし全部解約されたら うちはもう…。

♬~

[ 心の声 ] 大丈夫。 嘘がつける今なら
絶対言いくるめられる。

今すぐ説得してきます。
頼んだぞ。

♬~

旦那様 お客様です。

♬~

登坂不動産の永瀬です。

今 商談中なんですが。

(藤堂)永瀬君 部長に伝えたとおりだ。
帰ってくれ。

♬~

藤堂様
思い直していただけないでしょうか?

しかし
こちらの提示した条件が圧倒的でね。

うちは 管理委託料を
2%で お受けさせていただくんですが

登坂さんは 今?

うちは 5%でやらせていだたいてます。

それ 契約当時から
一度も見直しをしていないですよね?

…ええ。

それは オーナー様への甘えです。

弊社は コストを徹底的に見直し
無駄を削減し

オーナー様に 一切 負担をかけない
管理業務を行うことをお約束します。

もちろん 登坂さんとのおつきあいも
あると思いますので

どちらをお選びいただくかは
お任せいたしますが。

私の気持ちは もう決まってる。
ミネルヴァさんの方が信頼できる。

ありがとうございます。

[ 心の声 ]
まずい。 契約解除を避けるには

ミネルヴァより低い1.5%を
提示するしかない。

でも それじゃ コスト割れだ…。

いや 待て。 1.5%と言っておいて
あとで コンサル料や広告料とか

ほかの名目を適当に付け加えれば
なんとかなる。

お待ちください。

でしたら うちは…。

[ 回想 ] 今のあなたの言葉からは
真実が一つも感じられません。

私は 今の永瀬先輩は尊敬できません。

うちは… 何%にされるんですか?

うちは…。

現状どおり
5%でやらせていただけないでしょうか。

どういうつもりだね?

私は 今
「1.5%にします」と言おうとしました。

その分 ほかの名目で補填するつもりで
嘘をつこうとしたんです。

ただ 1.5%や2%の管理委託料では
どうしても行き届かない点が出てきます。

オーナーの藤堂さんはよくても

管理が手薄になって
清掃やクレーム対応も雑になり

マンションに住んでる方々が
快適に暮らせなくなる可能性があります。

だから私は 嘘がつけなかったんです。

住民の皆様のためにも
どうか うちと契約を続けてください!

藤堂様
こんな言葉に惑わされないでください。

もし 住民の方が出て行かれても

うちが責任を持って
新たな契約者を見つけてきます。

(石田)おっす!

おっす!

石田さん。
ん?

何だ? あんた。
おっす!

菓子。
ありがとうございます!

あの… お二人 知り合いなんですか?

金魚のウンコ。

ですが 先輩
和菓子は頼んでおりませんが。

だから…。 バカ!

新作だよ。 試食。
(藤堂)あっ はい!

わお~!
「わお~」じゃない。 いいから食え。 はい!

そっちも どう?
ありがとうございます。

(石田)はい。
あっ いただきます。

あのな…。 返事は?
はい!

この男は いいことも悪いことも全部言う。

今どき 珍しいバカ正直な男だ。

バカかもしれない。

まあ 俺が保証する。

はい はいはい ハハ
確かにバカ正直ですね。

分かりました。 永瀬さん 今までどおり
管理委託は おたくにお願いします。

ありがとうございます!

♬~

どうだ うまいか?

先輩 うますぎです。 ハハハ…。
お前に言われてもな。

そっちは?

めちゃくちゃうまいっす。

あんたは?
あっ…。

おいしいです。

やった~。
ハハハ…。

♬~

石田さん!

ありがとうございました!

礼なら おたくの社長に言え。
社長?

いい顔になったな。

(シャッター音)

♬~

社長 ありがとうございました。

私が頼んだわけじゃないんだ。

藤堂さんのことを話したら
「任せろ」とおっしゃって。

そうだったんですか。

永瀬が石田さんに誠意を尽くした結果だ。
…誠意ですか。

ん? どうしたの?

いや 最近
自分がどうやって仕事すべきか

よく分からなくなってきて。

確かに 営業スタイルで
試行錯誤しているようだけど

私から見たら 何も変わってない。

「不動産屋になりたい」と
うちに転がり込んできた時と

お前は何も変わってない。

♬~

平尾さん?

(クラクション)
危ない!

(急ブレーキの音)

平尾さんは?
こっちです。

失礼します。 平尾さん 具合は?

道路で頭をぶつけただけや。

いや 両足複雑骨折で
当分動けないみたいで。

でも… 命は助かって本当よかったです。

死んだ方が ましやったわ。

そんなこと言っちゃダメですよ。
今から ご家族も来るんですよ。

お子さん まだ小さいんですね。

まだ 2歳やねん。

この子が二十歳になる頃な
俺 もう70過ぎや。

嫁さんも まだ若いしな。

せやから アパート建てよう思たんや。

家族のためにな 財産残したろう思て。

せやのに…
こんなことになんねやったら…。

あんな家
相続せえへんかった方がよかった。

♬~

おう 足元 気を付けろよ。

♬~

なんとかならないですかね?
平尾さんの契約書 見たけど

あのサブリース契約だと
正当な理由がない限り

オーナーの平尾さんからは
契約解除できないようになってた。

そんな…。

これか。
桐山!

えっ 何で ここに?
トラブルが起きた土地の情報は

すぐ入ってくる。
ただ 埋蔵文化財包蔵地じゃ

どうにもならないな。

ちょっと待ってくれ!

ここのオーナーが
ミネルヴァにだまされた。

何か助ける方法はないか
一緒に考えてくれないか?

助けたら
キックバックでも もらえるんですか?

一円にもならない。
じゃあ 何のために?

家のことで困ってる人を助けたいから。

ああ…
慈善事業してるんじゃないんですよ。

分かってるよ! ただ俺が そうだった…。

[ 回想 ] このままだと 君と家族が
暮らしてきた大切な家を奪われて

金は一銭も入ってこなくなるだろう。

私のこと信じるなら
救ってやってもいいよ。

俺が家のことで困ってる時
助けてくれたんだよ 社長が。

だから 俺も助けたい。

♬~

どうぞ ご勝手に。

♬~

直接話すしかねえか。

直接って
あの怖いミネルヴァ社長とですか?

♬~

じゃあ 私も行きます。

私 永瀬先輩の相棒なんで。

行こう。
はい。

♬~

失礼します。

平尾さんのサブリース契約の件ですね。

分かりました。 契約解除しましょう。

いいんですか? ありがとうございます。
ありがとうございます。

ただし 違約金として 家賃収入の6か月分
660万を払っていただきます。

660万…。 いや それはちょっと…。
あの~ 平尾さん 事故に遭ってしまって

今 動くことすらできないんです。

金を払えないんなら 契約解除は無理だな。
じゃあ。

鵤社長! 平尾さんは
あなたの会社のお客様なんです。

そのお客様が苦しんでるんです。

契約とか お金とかよりも もっと
大切なことがあるんじゃないですか?

君 今すぐ この世界をやめなさい。

君じゃ 生きていけない。

お待ちください!

私は 不動産屋の仕事は
家を右から左に仲介することだけでなく

お客様の人生の新たな一歩を踏み出す
手伝いをすることだと思ってます。

住む家が変われば 人生が変わる。

私は その瞬間を
何度も何度も見てきました。

私は 自分の仕事に誇りを持ってます。

あなたは
ご自身の仕事に誇りを持ってますか?

フッ。

永瀬君 不動産は資産だ。
金を得るための道具だ。

そんなものに希望を持つな。

希望を持つから 絶望する。

鵤社長!
商談中だ!

それが…。

社長!?
社長!?

ご用件は?

1, 000万ある。

平尾さんの違約金
うちで肩代わりさせてもらう。

いいでしょう。 それで手を打ちます。

その前に聞きたいことがある。

さっき 平尾さんの家を解体した業者から
連絡が来た。

解体中 土の中から土器が大量に出てきた。

それをミネルヴァに報告したら
口止め料をもらったと。

これは事実かな?

さあ 知りませんね。

ちょっと
文化財保護法 なめないでください。

社長 それが事実なら
行政処分だけでなく 詐欺罪になります。

最悪の場合 弊社は
業務停止か 免許取り消しの可能性も!

出るとこ出るか。
それとも 違約金なしで契約解除するか。

その話が
真実かどうかも分かりませんから。

本当です。
我々は 嘘がつけない不動産屋なんで。

金はいらん。 帰れ。

♬~

さら地にかかった費用だ。 釣りはいらん。

みんな 帰るぞ。
はい。

♬~

土器 発掘した業者
お前が調べてくれたんだってな。

ありがとうな。

別に あなたのためにやったわけじゃない。

登坂社長には 俺も世話になったので。

桐山すごいよな。
でかい仕事ばんばんやって…。

俺なんて 大して進歩も成長もしないで

同じとこ
ぐるぐる回ってるような感じだよ。

ぐるぐる同じ場所を歩いているとしても
それが らせん階段だったら

少しずつ 上に
上ってることになるんじゃないですか。

お前は相変わらず かわいいヤツだな。
あ?

あれだろ? 今 遠回しに
俺のこと慰めてくれたんでしょ?

かわいいヤツだな。

…やっぱり あんたは正直すぎて大嫌いだ。

♬~

(マダム)じゃあ 一応収まったのね。
(登坂)土地の売却は これからですけど。

だったら 私が買ってあげる。

当分 発掘調査で手が付けられませんよ。
いいの。

発掘が終わったら アパート建てて
ミネルヴァに管理委託する。

そしたら どっちも損しないでしょ。
いいんですか?

覚えてる? はるか昔 あなたたち二人に
同時期にプロポーズされたこと。

そんな昔の話を…。
その時に決めたの。

あなたたちには フェアでいようって。

だって 二人とも愛してるから。

私は さすがに社長のやり方には
ついていけません。

君もやめるか?
いえ やめません!

実績を上げて 会社の株を半分取得し
あなたと対等に話せるようになります。

それは楽しみだ。

フッ。

この間は 大変失礼しました。

あなたの言うとおり あの時の僕の言葉は
薄っぺらいもんでした。

だから 今日は…
正直な気持ちをお伝えさせてください。

(正)もしかしたら 永瀬ちゃん
プロポーズするんじゃないか?

(直子)絶対そうだよ。 頑張れ!
頑張れ~! 頑張れ…。

[ 心の声 ] とかいって
実は もう嘘がつけるんですよ~ん。

よし 適当に結婚のことはごまかして
大人のおつきあいしちゃおう。

榎本さん いや 美波さん。 い~や 美波。
はい。

僕も あなたのことが大好きです!

だから 結婚を前提に…。

(風の音)

…する気なんて 1ミリもありませ~ん!

は?
[ 心の声 ] あれ? どうなってんだ?

…ていうか そんな結婚を前提とか
堅苦しいこと言ってないで

もっとライトな関係で
いいじゃありませんか。

とりあえず 今夜は一緒に過ごしましょう。

ほら 事前に 体の相性とか
そういうのを確認しておいた方が…。

この すけべじっこが!

うわっ!

フン!

へば!

♬~

祟り 消えてな~いし!

♬~

(拍手)

ふ~ん 逆に。
(大河)ということで

今月の営業成績1位は 月下!
はい。

いやいや もう
私の教え方がよかったのかなと思い…。

ほかの者も よく頑張ってくれた。

おかげで うちも持ち直した。 ありがとう。
(一同)はい!

[ 心の声 ] 嘘がつけなくなり
正直に仕事をするようになって

分かったことがある。

それは
家の数だけ 人生があるということ。

その人たちの数だけ
大切なものがあるということ。

ある人は家族。

条件は1つだけ。
[ 心の声 ] ある人は結婚。

正直すぎない人。

[ 心の声 ] ある人は仕事。
併せれば 大手デベロッパーに

マンション用地として提案することが…。
[ 心の声 ] これからも 俺は

家を通じて
多くの人の人生に関わり続けると思う。

[ 心の声 ] だから もう決めた!

月下。
はい!

今日から 俺をこう呼ぶんだ。
えっ?

正直不動産の永瀬財地!

何ですか? それ。
めっちゃ ださいんですけど。

ださい?
はい。 そんなことないだろ。

だって
正直なの 当たり前じゃないですか。

まあいい。 そう呼べ!

正直不動産 永瀬財地です!

何なんですか?

えっ ちょっと待ってください。

どうぞよろしく。
その言葉 気に入っちゃったんですか?

いいだろう? 響きがいいだろう?

(風の音)

♬~