特捜9 season5 #11[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

特捜9 season5 #11[解][字]

背中を刺された男性の遺体が発見された!彼は過去に事件を起こしたものの無罪放免となった人物で…?浅輪(井ノ原快彦)率いる特捜班と共に、ベテラン・猪狩が真実を追う!

◇番組内容
猪狩哲治(伊東四朗)の鑑識講習会に参加する小宮山志保(羽田美智子)。講習の内容は、10年前、被疑者に突き飛ばされ、被害者が死亡した事件。証拠は十分に採取されており、取り調べの当初は被疑者も殺害を認めていたが、裁判所の判決はなんと無罪だった。そんな時、浅輪直樹(井ノ原快彦)から事件発生の連絡が来る。現場には、背中から血を流し絶命している男性の姿が。この男性は、10年前の事件で無罪放免になった人物で…
◇出演者
井ノ原快彦、羽田美智子、吹越満、田口浩正、向井康二(Snow Man)、深川麻衣、原沙知絵、中村梅雀 ほか
◇脚本
たかひろや
◇監督
細川光信
◇音楽
吉川清之
◇主題歌
20th Century『夢の島セレナーデ』(MENT RECORDING)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】大川武宏(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、石田菜穂子(テレビ朝日)、丸山真哉(東映)、森田大児(東映)、土井健生(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9_05/
☆Twitter
 https://twitter.com/5drama9tokusou

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 剛田
  2. 香野
  3. 峯木
  4. 猪狩
  5. 被害者
  6. 青柳
  7. 祥吾
  8. 年前
  9. 高尾
  10. 事件
  11. 包丁
  12. 矢沢
  13. 連絡
  14. お願い
  15. 現場
  16. 裁判
  17. 裁判官
  18. 長谷川
  19. 犯人
  20. カニ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(猪狩哲治)
鑑識活動で採取した証拠は

犯人逮捕はもちろん
のちの裁判にも

非常に大きな役割を
持つ事になります。

だが 事件現場において

十分な証拠を
採取できないケースが少なくない。

そこで 今日は
一つ 実例を見てもらう。

これは 私が10年前

鑑識として現場に入った事件だ。

(猪狩の声)事件現場は定食屋。

(剛田祥吾)お客さん
お金払ってください。

(香野裕哉)ああ?

(猪狩の声)被疑者が金を払わず
出て行こうとしたのを

被害者が制止。

それに逆上した被疑者が

被害者を突き飛ばし 殺害した
というのが我々の見立てだった。

(小宮山志保)犯行を示す証拠は

十分に採取されているように
見えますけど…。

そのとおり。

最初は 被疑者も
殺害を認めてたんだよ。

えっ?

ところで この事件

最終的に
どんな判決が出たと思う?

えっ まさか
執行猶予が付いたとか?

いや 無罪判決だ。

えっ!?
(携帯電話の振動音)

すいません。
事件なんで現場に向かいます。

失礼します。 ごめんなさい。

はい いってらっしゃい。

♬~

(パトカーのサイレン)

(青柳 靖)これが凶器って事?
(矢沢英明)うん。

(青柳)随分 使い込んでるね。
(矢沢)ええ。

包丁って 何度も研ぐと
短くなるらしいんですよ。

でも 被害者
料理しなさそうですよね。

って事は 犯人が

外から持ち込んだものって事に
なるのかな?

(浅輪直樹)じゃあ 部屋の鍵は
開いてたって事ですか?

(香野留美子)はい。

裕哉? あなた いるんなら…。

♬~

ああっ…!

(高尾由真)この部屋には
息子さんが お一人で?

(留美子)はい。

(高尾)お仕事は
何をされてたんですか?

あの子 働いてなくて…。

えっ でも…。

この部屋は 昔 主人が
あの子に買ったんです。

生活費も 私が定期的に…。

でも 今日で最後にしようと
思ってたんです。

それが なんで こんな事に…。

(高尾)息子さん 何かトラブルに
巻き込まれていたような事は?

実は…。

(国木田誠二)
で 講習 どうでした?

それが 大事なところが
聞けなかったんですよ。

ありゃ…。

(早瀬川真澄)解剖結果 出ました。

死亡推定時刻は
午後6時から7時半の間。

死因は 背中を刺された事による
出血性ショック死。

刺し傷も一致したから

現場にあった包丁が凶器とみて
間違いないと思います。

(高尾)現場からは
被害者の香野裕哉

そして 母親の香野留美子

この2人以外の指紋は
見つかってません。

目撃情報も同様です。

凶器が 刃渡り12センチの和包丁。

主に プロが使用するもの
だそうです。

現在 販売ルートのほうから
あたってます。

遺体からは 背中の刺し傷以外

争った形跡は
見つからなかったそうよ。

背後からグサッですか。

犯人 被害者と面識があった
可能性が高いですね。

母親のアリバイは?

自宅にいたという確認が
取れてます。

ちなみに 被害者は 父親から
親子の縁を切られていたそうです。

えっ なんで?

この被害者の香野 過去に
殺人事件を起こしてるんですよ。

えっ?
ただ 最終的に無罪になってます。

えっ それって冤罪って事?

正当防衛が認められたって
言ってました。

ねえ それって いつの事件?

あっ えっと 確か… 10年前です。

もしかして その時の現場って
定食屋さん?

そうです。
被害者は その店の 一人息子の

剛田祥吾さんという方です。

えっ 小宮山さん
この事件 知ってるんですか?

いや さっき 猪狩さんの講習で
聞いたばっかり。

その時の現場 鑑識に入ったの
猪狩さんなんだって。

私 ちょっと
詳しく 話 聞いてきます。

お願いします。
で その被害者の家族は?

えっと 父親がいまして
剛田浩司さんという方です。

その父親 怪しくないですか?
(矢沢)うん。

正当防衛とはいえ

被害者に 息子さん
殺されてるわけですからね。

その父親が
飲食店を経営してまして

場所は 板橋にある
かしを食堂です。

ん? 何食堂っつった?
(高尾)かしを食堂。

かしを食堂… 行くぞ。
えっ?

場所 わかってるんですか?

お願いします。
(三ツ矢翔平)いってらっしゃい!

あっ 三ツ矢くん。
(三ツ矢)あっ いってらっしゃい!

ありがとう。
お疲れさま。

あれ? えっ 3人だけですか?

何? 俺たちだけじゃ
不満なわけ?

そりゃ 少ないより多いほうが
報告しがいがありますよ。

じゃあ
ちょっと呼び戻してきます。

あっ 冗談ですよ!
何? 何? どっちなの?

元気に報告させて頂きます!

はいはい。
じゃあ お願いします。 どうぞ。

被害者のスマホを調べました。

最近 頻繁に連絡を取っていたのは
峯木明という人物です。

峯木明…。

あの本の…。

この 最後にかけた番号は?

あ… 調べたら 東京地裁でした。

(高尾)えっ?
地裁!?

はい どうぞ。

ありがとう。

先ほどは すいませんでした。
バタバタと。

いや 構わんよ。

で どうだったんだ?
事件のほうは。

それが

実は 殺害されたのは
香野裕哉だったんです。

香野裕哉? ちょっと待って。

まさか さっきまで話をしていた
あの事件の?

10年前の事
詳しく教えて頂けますか?

香野側が
正当防衛を主張する根拠は

現場に落ちていた包丁から
採取された

被害者 剛田祥吾の指紋だった。

当時 香野側の主張する内容は…。

あっ こんなだったな。

(祥吾)お客さん。

だから 金は あとで払う
っつってんだろ。

駄目です。 今 払ってください。

(猪狩の声)支払いを巡り
香野と被害者は口論となった。

香野は財布を忘れただけで
支払いの意思はあったが

被害者は それを許さなかった。

いいから払えっつってんだろ!

おい おい おい…。

突然の事に 香野は恐怖を感じ
必死に身を守ろうとした。

その結果…。

不自然だわ。 そんな事で
包丁を持ち出すなんて。

検察側も そう主張した。

実際 包丁に残っていたのは

右手の指紋だったんだよ。

被害者は左利きだ。

えっ じゃあ…。

だが 裁判で
その事は重視されなかった。

えっ なぜ?

第一発見者

被害者の父親の行動だ。

(剛田浩司)祥吾…!

何してるんだ!

祥吾! 祥吾!

包丁を取り上げた?
ああ。

その父親の行動で
指紋の付き方が不明瞭になり

決定的証拠には
ならなかったんだ。

さらに 香野側は…。

(弁護士)剛田祥吾さんは
過去に傷害事件を起こし

高校を中退しています。

危険な人物であった事は明白です。

剛田祥吾さんが
突然 包丁を持ち出して

迫ってきた事で
さぞ 恐怖を感じた事でしょう。

(猪狩の声)そこから裁判の流れは
香野側に大きく傾いた。

そんなの ただの偏見じゃない。

そして そのまま…。

(長谷川 治)
被告人 香野裕哉に対する

傷害致死被告事件について

次のとおり 判決を言い渡します。

(長谷川)主文 被告人は無罪。

(傍聴人たちのどよめき)
(剛田)そんな…。

そんな事があるか!

こいつは… こいつは
祥吾を殺したじゃないか!

(長谷川)席に座ってください。
静粛に!

香野側の主張どおり
正当防衛が認められた。

検察側は控訴せず
そのまま無罪が確定した。

(矢沢)青柳さん
ここ 来た事あるんですか?

えっ お前 覚えてない?
えっ?

一緒に食いにきた事あるだろ
しょうが焼き 日本一の。

ああ~!

やってませんね。

(たたく音)
(矢沢)すみません。

(たたく音)

(矢沢)すみません。

(剛田)はーい!
(青柳)あっ いた。

(解錠音)
はい。

あっ すいませんね。

いつも どうも。
(剛田)いや… どうも すいません。

もう 店やめちゃったんですよ。

申し訳ございません。

ああっ… こういうもんです。

えっ 弁護団ですか?

香野の父親が大金を使って
優秀な弁護士を集めたそうよ。

裁判は完全に
弁護側のペースだったみたい。

じゃあ 誤審だった可能性も…。

十分 考えられると思います。

地裁に確認 取れました。
(浅輪・小宮山)お疲れさま。

香野は 長谷川治という裁判官と
話がしたいと言っていたそうです。

えっ 裁判官と?

その裁判官 10年前に
無罪判決を出した人物です。

被告人は無罪。

通常 裁判官に
取り次ぐ事はないそうで

それを伝えたら そのまま
電話は切れたとの事でした。

香野の目的がわかりませんね。

これ ちょっと
見てもらってもいいですか?

これ 香野が

この峯木明っていう記者と
頻繁に連絡取ってたんですよ。

フリーの事件記者ね。

いろんな事件の本 出してる。

裁判官に
連絡を取ろうとしてた事と

関係があるかもしれませんね。
うん。

この人と連絡は?

いや 何回か かけてるんですけど
なかなか繋がらないんですよね。

じゃあ 私たちが引き継ぐ。
とりあえず

この本 出してる出版社から
あたってみるわ。

お願いします。

じゃあ 我々は
裁判官 あたってみます。

お願いします。 行きましょう。
よし 行こう。

(剛田)あれは
間違いなく誤審だった。

なぜ そう言いきれるんですか?

それが事実だからだ。

なんで
店やめちゃったんですか?

せっかく しょうが焼き
食えると思ったのに。

悪いね。

もう先週で 店やめたんだ。
諦めてくれ。

理由は?

息子さんの敵 とったから?

香野裕哉さんが
今朝 遺体で発見されました。

何か ご存じないですか?

警察に話す事は何もない。

出ていってくれ。

♬~

行くぞ。
えっ?

あっ…。

どうも ありがとうございました。

ちょっと いいんですか?

あの反応が見れれば
十分だろう。

あれ以上 なんも しゃべんねえよ。

告白本ですか?
はい。

10年前の裁判では
正当防衛が認められたんですが

それは誤審だった。

その事を 無罪になった本人が
告白するっていう内容の。

前代未聞ですよね?

相当 売れるはずです。

だから 峯木さんとは
早く打ち合わせしたいんですけど

まだ取材終わってないのか
全然来てくれなくて。

最後に来たのは?

2週間ぐらい前ですかね。

香野さんが 10年前の裁判の
被告人だったって事は

覚えてらっしゃったんですか?
(長谷川)もちろん。

刑事事件で
無罪判決を出すという事は

めったにありませんので。

じゃあ 今回 香野さんが
あなたに連絡してきたのは

その裁判の事が
何か関係してるんでしょうか?

わかりません。
話してもいませんので。

ああ そうですか。
どうも ありがとうございます。

ありがとうございます。
すいません。

(長谷川多津子)
あなた 前にいらした方の事

刑事さんに お話ししたほうが…。
(ため息)

そんな事はわかってる。
余計な口を挟むんじゃない。

ごめんなさい。

あの…。

実は 先週
その事件の被害者の父親が

うちに訪ねてきましてね。

えっ 剛田さんがですか?
ええ。

ですから
あの判決に間違いはありません。

俺は あいつが罪を認めたと
聞いたんだ。

だから
あれは明らかに誤審なんだ。

頼む。 すぐに
裁判をやり直してください。

いいですか?

一事不再理という原則があります。

無罪が確定したら
再度 審理を行う事は

憲法でも禁止されているんです。

…だったら

俺がやってやる。

その方が殺された事との関連性は
わかりませんが

事実として
こういった事はありました。

剛田さんは 今になって
なんで そんな事を…。

なんか 心当たりないんですか?

記者の方から 何度か
取材依頼の手紙はありましたが…。

その方って
峯木さんという方ですか?

あっ 名前のほうは
ちょっと…。

その手紙って
拝見してもよろしいでしょうか?

♬~

消印は1週間前ですね。

すいません これ お借りしても
よろしいでしょうか?

私は構いませんが。
ありがとうございます。

ちなみに 峯木さんとは
お会いになったんですか?

いいえ。 このあと
特に連絡もなかったですし

彼女とは話した事もありません。

…わかりました。

峯木さん こちらに
よくいらしてるそうですね。

(マスター)ええ。 大体 取材対象者と
一緒に来る事が多いですね。

距離を縮めたほうが
聞き出せる内容が増えるって

いつも言ってました。

この人と一緒に来た事
ありますか?

ああ 来てました。
珍しく 彼女 苦戦してましたけど。

というと?

この男
かなり たちが悪いというか

この前なんか…。

(香野)いいじゃねえかよ
たった3万ぐれえ。

(峯木 明)いい加減にしてよ。
もう いくら渡したと思ってるの?

あっ そう。

じゃあ この話は なしだ。

ちょっと…!

さてと どこ持ってくかな?

わかった。

渡すから。

これで最後だから。

ハハハ…。

そんな怒んなよ。
なんか 俺が悪いみたいじゃん。

ああ…。 じゃあ また連絡するわ。

♬~

これで本が出せなかったら
絶対殺してやる。

あんなに荒ぶってる彼女は
初めて見ました。

(高尾)告白本ですか?

香野って 随分 大胆な事
しようとしてたんですね。

でも 一事不再理の原則で
罪を告白しても

裁かれないって事を
峯木さんから聞いていたようだよ。

いや それにしても 世間から
相当 たたかれる事ぐらい

想像できたでしょうにね。

それ以上に得るものが多いって
考えたんじゃないかしら。

出版社も 告白本の売り上げ
相当 見込んでたみたいだし。

はあ… お金か。
借金も かなりあったんでしょ?

はい。 母親も
それで悩んでたみたいです。

とにかく 本の出版を巡って

峯木さんと何かのトラブルに
なってた可能性がある。

お疲れさまです。
お疲れさま。

峯木さんと いまだに連絡が
取れないの 気になりますよね。

仮に 彼女による
犯行だったとした場合

すでに逃走している可能性
ありますよね。

その線で探ってみましょうか。
はい。

あの… それ 誰の話ですか?

(高尾)あっ 峯木さんの事です。

あっ だったら その必要ないかも。
(高尾)えっ?

犯行時刻 現場付近の防犯カメラに
剛田が映ってました。

(青柳)あと 凶器の包丁
剛田のものだった。

なので
剛田を引っ張る事になります。

じゃあ お願いします。

♬~

香野さんの家の近くで
何をされていたんですか?

♬~

この和包丁

あなたが15年前に購入した記録が
残っていました。

これ あなたのもので
間違いありませんよね?

そうです。

(矢沢)殺害を決意したのは
当時の裁判官から

裁判のやり直しはできないと
聞かされたからですか?

裁判のやり直しが
できない事ぐらい

知ってましたよ。

私は あいつに
ひと言 言ってやりたかったんだ。

店に来たんですよ あいつが。

(剛田)あっ すいません。
まだ準備中なんですよ。

ご無沙汰です。 覚えてます?

お前…!

出ていけ! とっとと出ていけ!

まあ 落ち着いてくださいよ。

10年前の真実
知りたくないっすか?

俺は 奴が何を言ってるのか
全く理解できなかった。

(剛田)一体 なんのつもりで
そんな事を…。

奴は あの日の事を
語り出したんだ。

10年前の あの日…。

だから 金は あとで払ってやる
っつってんだろ。

駄目です。 今 払ってください。

おい 調子にのってんじゃねえぞ
コラッ!

わかりました。 警察 呼びます。

はあ…。

てめえ いい加減にしろよ!

(祥吾)ああっ…!

(香野)ああーっ!
(祥吾)うっ…!

(荒い息遣い)

マジかよ。

♬~

(香野)俺 お父様には
感謝してるんすよ。

だって ほら いろいろ
いじくってくれたおかげで

本当の事
バレなかったわけじゃないっすか。

で 今 どんな気持ちっすか?

いや だから あんたのせいで
息子殺した犯人が

無罪になっちゃったわけじゃ
ないっすか。

それ聞いて どう思ってるんすか?

出ていけ…!

(江上 純)やべえ…。
何してるんだ!?

(香野)何 バレてんだよ。

(剛田)何してるんだよ!
(香野)もういいよ 入ってこい。

(江上)すいません 失礼します。
すいません 失礼します。

で どうなんすか?
教えてくださいよ 今の気持ち。

やっぱ 俺の事 殺したいっすか?

それで 香野を殺した…。

俺は殺してない。

ん…? どういう事だ?

確かに 俺は 奴を殺す覚悟だった。

(剛田の声)だが…。

香野…!!

(剛田の声)俺は殺せなかった。

俺より先に
あいつを殺した人間がいる。

あんたが そう言いたくなる
気持ちは

すごく よくわかります。
でもね…。

10年前と同じだな!

あんたら また
10年前と同じ過ちを繰り返す。

俺は やってない。

やってない!

やってない… やってない…!

(剛田)
「やってない… やってない…」

「やってない…!」

(高尾)主任。
んっ?

これ 見てください。

♬~

♬~

マヨネーズ 好きですか

内臓脂肪を減らす はじめてのマヨ

食べていい 食べてよい

「キユーピーフィッテ」機能性表示食品

(ボイスチェンジャーの声)「どうなんすか?」

「教えてくださいよ 今の気持ち」

「やっぱ
俺の事 殺したいっすか?」

「あれ?
何も言えなくなっちゃった」

「せっかく 息子殺しの犯人が
目の前にいるのに」

(ボイスチェンジャーの声)
「うあああーーっ…!」

(ボイスチェンジャーの声)
「やっぱ 殺したいんすね?」

(ボイスチェンジャーの声)「やめろ…!」

(ボイスチェンジャーの声)
「殺してもいいんすよ」

「ただ… 動画 撮ってるんで

今度は 証拠消したり
できないっすけど」

(ボイスチェンジャーの声)「うああああ…!」

なんか 複雑な気分ですよね。

でも 部屋に入ったら
すでに殺されていたっていうのは

やっぱり 無理があるよね…。

まあ 証拠もありますしね。

剛田の供述が本当だっていう
可能性も視野に入れて

捜査していいかな?

真犯人がいるっていう
剛田の供述を信じるって事?

まあ 確かに
嘘だっていう確証はないし

峯木さんに
話 聞かなきゃいけないし

今は いくつかの線がある
状態ですけど

一本に絞れるところまで
持っていかないと。

ねっ 猪狩さん。

10年前
我々には それができなかった。

あの判決は 我々の責任でもある。

剛田の話が嘘かどうか
俺には わからん。

だが まだ 捜すべき証拠は
残ってるんじゃないか?

賛成です。

真犯人がいる可能性を
考えましょう。

その場合 犯人は

剛田の店から 凶器の包丁を
盗んでいた事になりますね。

ええ。 店に その痕跡が
残ってるかもしれませんから

すぐに調べます。
(猪狩)主任。

俺に やらせてくれ。

お願いします。

じゃあ 我々3人は
剛田さんの店 あたります。

我々は
峯木さんの行方を追いましょう。

我々は どうしましょう?

剛田に聞かなきゃいけない事が
あるだろ。

よし! じゃあ
皆さん よろしくお願いします!

やはり
自宅には戻ってきてませんね。

もう… どこに消えたんだろう?
(携帯電話の振動音)

あっ…。
(携帯電話の振動音)

国木田です。

えっ…? 峯木さん 見つかった?
えっ?

えっ? 峯木明の遺体が!?

あっ…。

ええ。
多摩の林から見つかったって。

死後数日は経過していて
殺しの可能性が高いみたい。

香野よりも先に
殺されていたとなると…。

ええ。 峯木さんを殺したのは
香野の可能性も。

我々は話を聞いてきます。

お願いします!

なんだ? その男も
事件に関わっているのか?

いえ 峯木は女性です。
はっ?

記者で 香野の告白本…。

(高尾・浅輪)あっ!

もしかして
今 同じ事 考えちゃった?

だと思います。
(携帯電話の振動音)

あっ…。 はい。

香野の動画を配信してる人物が
わかりましたよ。

江上純。
香野の大学の後輩のようです。

それより
なんで 誰もいないんですか!?

ああ…。
ああ そうか。 それはごめんね。

それより
詳細をメールで送ってください。

お願いします!

猪狩さん ちょっと行ってきます。
(猪狩)ああ。

(戸の開閉音)

♬~(真矢)ハミガキは美白で選ぶ!

…けど 他のケアも気になるあなた

(女性)えっ!?
実は全部よくばれるわよ

歯の美白 お願い!

気になるあれこれも…

ぜ~~~~んぶ お願い!

≪「ハグキプラス プレミアム よくばりな美白」!≫

<ダブルホワイトニング処方で 歯本来の白さへ>

<8つの機能全部をひとつに>

≪「ハグキプラス プレミアム よくばりな美白」誕生!≫

もう よくばりな美白

(青柳)一つ 質問があります。

どうして 現場に 自分の包丁を
残していったんですか?

あんなものがあったら
疑われるのはわかってたはずです。

なんか
理由があると思うんですよね。

このまま あなたが黙ってたら

息子さんの無念は
晴れないままです。

俺たちの事を信用できないのは
わかってます。

けど このままだったら

10年前と同じ事を
繰り返してしまう事になります。

それは
息子さんも望んでないだろうし

俺も嫌です。

お願いします。

あの場所で何があったのか
教えて頂けませんか?

祥吾がね… 私に…。

初めてだったんですよ…!

親父 これ。
なんだ?

誕生日だろ 今日。

ええ?

ありがとよ。

おい…。

こんな しゃれたもの
俺がいつ使うんだ?

知らねえよ。
(剛田)ありがとよ。

ああ…。

(剛田の声)それと同じだった…。

(祥吾)親父。

(剛田の声)祥吾が現れたんですよ。

祥吾…!

♬~

祥吾…。

(剛田の声)あり得ない事なのは
わかっていた。

でも 俺には

祥吾が敵をとったとしか
思えなかった。

そのハンカチ
今 どこにありますか?

店にあります。

ありがとうございます。

今度は 必ず 真相を突き止めます。

行くぞ。
はい。

(ボイスチェンジャーの声)
「せっかく 息子殺しの犯人が

目の前にいるのに」

なぜ 剛田さんの神経を
逆なでするような動画を?

いや バズれば金になるって
香野先輩に そう言われたから

俺は それにのっただけですよ。

そんな理由で…。

その動画 消してね。
えっ?

頼むよ。
はい…。

いい子 いい子。
はい…。

でも 彼
告白本を出すんじゃなかったの?

ああー…。

なんか 記者の女が 金もらって
ばっくれたらしいっす。

実は あの動画
さすがに胸くそ悪すぎたみたいで

再生 伸びてないんですよ。

それで 先輩…。

(ボイスチェンジャーの声)
「せっかく 息子殺しの犯人が

目の前にいるのに」

(ため息)

もういいや 面倒くせえ。

俺も ジジイから 金 引っ張るわ。

つうか 本当に その記者って
金 受け取ったんすか?

はあ?

直接 ジジイんちに取材行く
っつった日に消えたんだぞ?

金もらって口止めされたに
決まってんだろ。

そうだ お前。

俺の事 口止めするとこ
動画 撮れよ。

えっ?
それで また ゆすれんだろ。

本当は おとといが
その予定だったんですけど

なんか
連絡がつかなかったみたいで。

相手って 誰?

あっ お疲れさまです。
(矢沢)あっ どうも。

(青柳)ふーん…。

おい なんだ?

ああ…。
あの… ハンケチありませんか?

ハンカチって これの事か?
ああ…。

ああ…!
それかもしれませんね。

それにしても
ハンケチじゃなくて ハンカチ!

(矢沢)ああ… そうですね。
(猪狩)古いなあ。

アハハハ…
多分 これだと思います。

剛田が現場から持ち帰ったもので

犯人の痕跡が
残ってるかもしれませんから。

ちょっとお借りします。

あら…?
俺が調べる。

あっ…。 じゃあ お願いします。
(猪狩)うん。

(青柳)…っていうか あの
早く調べてもらえませんか?

それじゃあ 足らんだろう。

犯人が ここから凶器を盗んだ
という証拠が

まだ見つかってない。

(青柳)はあ…。
(矢沢)ああ…。

(ドアの開く音)
えっ 誰?

うわっ! びっくりした…。
(矢沢)ああ…。

すいません。
今 ちょっと取り込んでまして。

どうされました?
いや… おやっさんに

しばらく 店 閉めるから
残ったビール引き取っといてくれ

って言われてたんで。
(矢沢)ああ…。

すいません。 後日 来てください。

あっ はい…。

(猪狩)ちょっと待ってくれ。
はい?

今 どうやって入ってきた?

♬~

鍵が閉まってる時は いつも

あの鉢の下にある置き鍵を
使わせてもらってます。

♬~

(猪狩)関係者のサンプルは
そろってんだろうな?

当たり前でしょ。

さあ これは 誰の指紋だ?

これ 見てください!

向かいのお宅から借りた
防犯カメラの映像です。

この 中に入っていく人って
そうですよね?

これで
峯木さんの足取り つかめたわね。

お疲れさまです。
峯木さんの解剖結果。

頭部に
鈍器で殴られた痕があったから

それが致命傷だったとみて
いいと思う。

それと 口の中から繊維片が。

緑色で じゅうたんのようなものの
繊維じゃないかって。

緑色のじゅうたんって…

もしかして
あの部屋に敷いてあった…?

うん…。
(ドアの開く音)

(青柳)犯人の指紋 出ました。
えっ!?

一致したのは この人物だ。

これで
ようやく 一本に絞れましたね。

行きましょう。
行きましょう。

♬~

ああ… 長谷川さん。

ちょっと お時間よろしいですか?

長谷川さん
以前 お会いした時に

峯木さんとは
会った事も 話した事もないと

おっしゃっていましたが

それは間違いありませんか?
ええ。

だとしたら 不思議です。

どうして 峯木さんが女性だって
ご存じだったんでしょうか?

いいえ。 このあと
特に連絡もなかったですし

彼女とは話した事もありません。

峯木さんの名前は「明」です。

女性にしては珍しい名前だとは
思いますが。

くだらん言いがかりだ!

本当は その目で
確認したんじゃないんですか?

峯木さんが女性だという事を。

だったら なんだというんだ。

まさか
私が殺したとでも言いたいのか?

いいえ。

あなたは
峯木さんを殺していません。

♬~

峯木さんが この家に入る様子が

防犯カメラの映像に残ってました。

この時間 家には
あなた一人だった事も

確認が取れてます。

峯木さんの遺体に残っていた
繊維片。

ご自宅の緑色のじゅうたんと
一致しました。

ここから 峯木さんの血液も
検出されています。

長谷川多津子さん。

峯木明さんを殺害したのは

あなたで間違いありませんね?

(香野の声)「正当防衛なんて
ただの でたらめだよ」

「なのに 裁判官も弁護士も
みんな だまされちゃってさ」

「本当の事わかったら
あいつら やばいんじゃないの?」

「まあ 俺は助かったけど」

(操作音)

ご主人と
直接 お話をさせてください。

誤審だったという事実を
どのように受け止めるか

それを伺いたいんです。

(多津子の声)
すぐ 主人に連絡を取りました。

そしたら…。

(長谷川)「そんなもの
お前がなんとかしろ!」

で… でも…。

そんなつまらん事で

私のキャリアに
傷がついてもいいのか?

とにかく その記者を黙らせろ!

♬~

(多津子の声)
殺すつもりは なかったんです。

でも 気づいたら…。

♬~

(長谷川)お前… なんて事を…!

ご… ごめんなさい!
すぐに警察を…。

(長谷川)やめろ!

私がなんとかする。

峯木さんの遺体を遺棄したのは
あなたですよね?

奥様が 全て話してくれました。

警察は
そんなでたらめを信じるのか?

私は裁判官だぞ。
そんな事 するはずがない。

全て あの女が勝手にやった事だ。

私は 何も知らん。

じゃあ
どうして香野を殺したんですか?

…はあ?

あなたは
香野から連絡が来た事を知って

峯木さんの事が全てバレていると
思った。

だから 香野を口封じのために
殺したんですよね?

何を馬鹿な…!

殺したのは剛田だろう?

あいつには
強い動機があるじゃないか。

「動機がある」… それが

剛田さんに罪を着せようとした
理由ですね?

剛田さんの店の裏口にある
植木鉢に

あなたの指紋が残ってましたよ。

あなたは
凶器の包丁を盗もうとして

剛田さんの店に向かった。

そこで 業者が 置き鍵を使って
店に入るところを

見たんじゃないですか?

あなたも同じように
その鍵を使って 店に侵入した。

♬~

違う… 何かの間違いだ!

(ノック)

♬~

このハンカチから 被害者の血液と
何者かの汗が検出された。

汗は 恐らく
このハンカチの持ち主のものだ。

どこで これを…?

剛田さんが
現場から持ち去ったものです。

あなた

剛田さんが来た時 まだ
部屋にいたんじゃないですか?

ジジイ 話 わかんじゃねえかよ。

(刺す音)
うわあっ…!

♬~

(剛田)香野!!

香野…!!

♬~

(長谷川の声)あの時は
運が味方したと思ったが…。

そうではなかったようだな…。

あなたは人を殺しました。

そして
その罪を他人になすりつけた。

裁判官という
人を裁く立場にありながら。

一度でも
考えた事なかったですか?

大切なものを失った人の気持ち。

事実をねじ曲げられてしまった
人の気持ち。

これから
一生かけて 考えてください。

剛田さんが
どんな気持ちだったか。

♬~

ごちそうさん。

(剛田)はい
しょうが焼き定食 お待たせ。

レバニラ定食 すぐ出すからね。

♬~

(剛田)いらっしゃい。

♬~

いやあ… しかし
今回も助かりましたよ 猪狩さん。

いやいや…
礼を言うのは 俺のほうだ。

なんせ ずっと気になっていた
事件だからさ。

ところで 新藤はどうしたんだ?

ああ…。

いや 新藤はいろいろありまして
今 謹慎中なんですよ。

まあ もうすぐ戻ってくると
思うんですけど。

そうか。 まあ 若いうちは
いろいろ経験するのがいい。

では 俺は この辺で。
あっ!

(一同)ありがとうございました。
ご苦労さん。

気をつけて。
(猪狩)はい!

♬~

ああ… そういえば 青柳さんって
どこ行ったんですか?

んっ? ああ…
多分 しょうが焼きだと思うよ。

んっ? しょうが焼きって?
(ドアの開く音)

(高尾)あっ… 青柳さん
どこ行ってたんですか?

(青柳)しょうが焼き。

えっ…?
ねっ。

そうだ… カニ!

ねえ 班長
新藤くんからのカニ まだですか?

ああ… まだ届いてない。
ええーっ…。

謹慎は もう解けるんですよね?
確かに 確かに。 遅いですね。

カニカニ カニカニ言われて

嫌になってるんじゃないのカニ?
もう 静カニ!

ねえ もしかしてさ

カニはカニでも
カニカマって事もあるのかな?

ああー…。
(猪狩)呼んだか?

えっ? ああ 猪狩さん!

おう。
今 この忘れ物を取りに来たら

「イカリ イカリ」って
呼んでたからさ。

ああ~! いやいやいや…
「イカリ イカリ」じゃなくて

「カニ カニ」って
言ってたんですよ。

カニ…? ああ…。

カ~ニン!

「カ~ニン」じゃなくて 「カニ」!

コラ! 恥ずかしい事
やらせるんじゃない!

いい年してるんだから!
(一同の笑い声)

♬~

♬~

♬~

♬~

新藤!
(新藤 亮)先輩…!

(銃声)

(青柳)白昼堂々の狙撃事件ね。

(折口)捜査に協力してもらいたい。
(浅輪倫子)新藤くんだよね…?

(村瀬健吾)Xデーってのが
驚くなかれ…。

今日なんです。
急ぎましょう!

『特捜9』無料見逃し配信は…。
(一同)TVerで!

全部見るなら…。
(一同)TELASAで!

過去のシリーズも配信中です。
です!

みんな 見ましょう。
(一同)はい!