[新]妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪- 初回1時間カッパスペシャル #1[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[新]妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪- 初回1時間カッパスペシャル #1[字]

<初回ゲストはカッパ!>小芝風花主演!
人間×妖怪のホラーコメディーがシーズン2で“帰ってきたん怪(かい)”!身も心もボロボロ女子が再び妖怪たちとシェアハウス!

◇番組内容
夢を追いかけ妖怪たちとのシェアハウスから飛び立った目黒澪(小芝風花)。しかし世の中は厳しく、澪はお金も夢も失いかけていた。かつてシェアハウスをしていたお岩さん(松本まりか)、酒呑童子(毎熊克哉)、座敷わらし(池谷のぶえ)、ぬらりひょん(大倉孝二)たちに街中でばったり会っても、澪は気づく気力もなく…。
そんな中、スイミングスクールでのバイトでイケメン講師の川辺雄介(小久保寿人)と一緒に働くようになり…?
◇出演者
小芝風花、松本まりか、毎熊克哉、豊田裕大、池谷のぶえ、池田成志、大倉孝二
【ゲスト】小久保寿人、宮本真希
◇脚本
西荻弓絵
◇演出
豊島圭介
◇音楽
井筒昭雄

【主題歌】ayaho『アミ feat. 和ぬか』
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】飯田サヤカ(テレビ朝日)、宮内貴子(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/youkai_kaettekita/
☆Twitter
 https://twitter.com/youkaihouse5
☆Instagram
 https://www.instagram.com/youkaihouse5/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 詩子
  2. 妖怪
  3. 河童
  4. 川辺
  5. 酒井
  6. 伊和
  7. 先生
  8. 本当
  9. ダメ
  10. 一同
  11. 失礼
  12. 大丈夫
  13. 本気
  14. 餓鬼
  15. 沼田
  16. 人間
  17. 百合子
  18. キャーッ
  19. 尻子玉
  20. 雷鳴

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(和良部詩子)〈むか~し むかし

令和の世に
妖怪と呼ばれた女がおった〉

〈その名は 目黒澪〉

〈喜界島に生まれた
ドジで気の弱い娘じゃったが

妖怪たちと暮らすうち 強くなり

なんと 角まで生えた〉

(目黒 澪)私 妖怪になります。

(一同)シェー!!
皆さんのせいですよ。

いってきます。

〈かくして 目黒澪は
空気を読まない人生を貫き

妖術 ヒラキナオリで
大空を羽ばたくと…〉

〈意気揚々と一冊の本を出し
売れない事など屁でもない〉

〈妖怪たるもの 金なんかに
左右されてたまるか!〉

〈…と 第二作を書くべく
奮闘したものの

現実は厳しく

妖怪とて 金がなければ
腹が減る事に

角を失った澪は
やっと気づいたのじゃった〉

(配達員)Rの22番で。
(店員)はい。 Rの22番…。

(配達員)もう! どいて どいて!
(配達員)邪魔! 邪魔!

すいません! すいません!

(カラスの鳴き声)
嘘…。

(佐藤 満)だ… 大丈夫ですか!?

すいません!
次のバイトなんで失礼します!

でも 鳥の糞! 鳥の糞!
ああ! あっ ああ…。

お疲れさまです。 ビーバーです。

すいません! あの… Yの21です。

お待たせしました。
バターチキンカレーです。

すいません。

失礼します。 すいません。

ぬ…。

(四谷伊和)ひい ふう
ひい ふう ひい ふう…。

ひい ふう…。

(清掃員)目黒さん!

ほら ここ! 水 水!
まだ残ってるじゃないの!

すいません! ああっ!

(清掃員)もう 何やってるのよ!
すいません! すいません!

ひい ふう…。

澪…。 ああっ!

すいません。 ジャッカルです。

(社員)こっち こっち!
すいません。

(社員)もう 遅いんだよ!
お待たせしました。

到着12時から14時って
なってんじゃん。

ユー ノウ?
わかってるの?

す… すいません。
失礼します。

すいません…。

すいません お願いします。
お願いします。 すいません。

(詩子)今日 おねぎ美味しそう。
すいません お願いします。

ありがとうございます!
(携帯電話の着信音)

はい。 目黒です。

ああ… すいません!

えっ! そんな…!

ま ま ま ま ま…
待ってください!

退去しろと言われても
引っ越すお金もないんです。

バイト先の飲食店が夜逃げして
お給料が入らなくて…。

強制執行… ですか?

そう。 世の中は お金がないと

自由に生きる事など
できないのでした。

♬~

あんまりだわ~!

うん うん…。

強制執行だなんて

どうして
世間は弱者に冷たいの?

違う! 澪が
私に気づきもしないなんて…。

あんなに
心が通じ合っていたのよ?

あっ そこ?

ああ~!

捨てられた女じゃあるまいし
泣くな。

人間が
ただの人間に戻っただけだろ。

のんべ!

よくも そんな冷たい事が!

(泣き声)
危ない… 危ないよ。

《情けない…》

《合わせる顔がないのに
来ちゃった…》

えっ…?

えっ?

えっ えっ えっ えっ えっ…!?

ああっ… ああ…。

どうして!?

やっぱり 連れて帰ってくれば
よかったわ。

放っておけ。

そもそも 俺たちのせいで
角が生えたのが

あいつの勘違いの
始まりだったかもしれねえ。

(詩子)勘違い?
そうね。

《書きたいものを書いて
何が悪い!》

《成功しなくて 何が悪い!》

なんの色気もない
ただの貧弱でバカな小娘が

作家気取りで
いい男を2人も振った

バチが当たったんだ。

原島ちゃんもユズも

とっくに違う人と結婚して
幸せにやってるもんね。

そういえば…。

結婚が女の幸せとは限らないわ。

それは 不幸な女の負け惜しみだ。
はっ!

岩ちゃんに向かって
なんて事を…!

確かに 私は
結婚に失敗したわよ。

毒盛られて死んで
旦那も若い後妻も呪い殺したっけ。

だからって
不幸な女の負け惜しみだとか

そういう男の決めつけが
ミソジニーだっていうのよ!

そうそう。 ミソジニーね。

やい! のんべ!
撤回しろ!

うう~!

あいつの今の不幸は

俺たちと
出会ったせいかもしれねえ。

(酒井)せめて
きっちり この世の厳しさを

教えてやるべきだったんだ。

地獄の沙汰も金次第。

しかも 未曽有の不景気ね。

人も妖怪も稼ぐ才能がなきゃ
食っていけないもんね。

それは…。

あいつとは 二度と関わるな。
それが お嬢のためね。

うう~! やっぱり 澪君にも
食べさせてあげたい~!

ああ~!

どうすればいいの~!?

(雷鳴)

えっ? ああ…。

ど… どうしよう。
(アラーム)

次のバイトが…。

えっ? あっ…。

(川辺雄介)大丈夫?
大丈夫です。

そっか。 じゃあ。

えっ? いや あの… この合羽…!

風邪…。

(指を鳴らす音)
引くなよ!

(雷鳴)

(おなかが鳴る音)

《ひもじすぎて
もう 歩け… ない…》

(においを嗅ぐ音)

(においを嗅ぐ音)

(おなかが鳴る音)

(詩子)これ お父さんね
熱いからね。 はい。

はい はい。
どうぞ。

(詩子)次の方 どうぞ。
(佐藤 周)どれどれ?

なんだよ これ。
豚汁じゃないのかよ。

(詩子)チッ! 生臭が。
いらないなら返しなさい!

これ 仏様のお供えだから!
チッ!

ああ…。

澪よ。 澪だわ。
澪が来た!

(詩子)澪君…! やっぱり 縁ね。

ああ… あんた。

おおっ…。
ああっ…! ああ…。

あんた 餓鬼にしか見えんな。

ガキ?
うん。

(せき払い)

(周)〈餓鬼とは 生前の罪により

飢えと渇きに苦しみ続ける
地獄に落ちた者の事でな〉

〈食べ物や水を手にするや

それが燃えて消えてしまうので

ああ 満たされない

もっと! もっと!
と欲しがり続ける

欲望の亡者なのじゃ〉

(詩子)若い娘に向かって
餓鬼だなんて 失礼ね!

本当 失礼!

ああ ああ…。

(においを嗅ぐ音)

(詩子)はい どうぞ。
すいません すいません!

最後の一杯よ。
最後の一個よ。

ありがとうございます!
ありがとうございます!

ヘヘッ… ヘヘヘヘヘ…。
(においを嗅ぐ音)

うわあ!
あっ 大変!

最後の一杯…!
もう ない…。

澪! 澪…!

《ぬ…》

《まだ わからねえか?》

《だって
あんなに飢えてるのよ?》

《あれじゃ 本当に餓鬼だわ!》

《お嬢とて 惨めな姿は
見られたくあるまい》

う~ん! 失礼します。

うん。 これ
ごま油利いてる。 うん。

(ため息)

うっ! ううっ…!

「水泳教室 時給2000円」…。

2000円!?

あの… すいません。

このチラシを見てきたんです…。
うわっ!

大丈夫か?
大丈夫です。

あっ!

あの… この間
この合羽を貸してくださった…。

ああ… あの時の。

本当に ありがとうございました!

おかげさまで
風邪も引かずに済みました。

うむ! それはよかった。

あっ はい…。

(川辺)うちは
公共のプールを借りて

プライベートレッスン

ないし 少人数のグループを
丁寧に指導するのが売りだ。

君が水泳講師もできれば

バイト代
500円プラスになるんだが…。

水泳は得意です! 島育ちなんで。
あと 滝行もしました!

滝行? アハハハハッ…!

うむ! 面白い。 採用。

あ… ありがとうございます!

(おなかが鳴る音)

うむ! いい音だ。

ちょっと待ってて。

食べれば泳ぎがうまくなる
きゅうりドッグだ。

い… いただきます!

美味しいです!

ハハハハハッ…!

明太マヨが また うまいんだよ。
本当ですね!

《これは
地獄に仏 どん底に神!》

(歓声)

(歓声)

(歓声)
ええ~? 速っ!

やっぱり 神だ。

さあ 皆さん せーの…。

(一同)ハッピースイム!

(川辺)1 2!
(女性たち)1 2!

(川辺)頑張って!
そうそう そうそう いいですよ。

もっと もっと いけ!
いけ いけ いけ! 上げろ!

上げろ 上げろ!
上げろ 上げろ 上げろ 上げろ!

(川辺)初日の感想は?

確かに 泳ぐと すっきりします。

心の垢が落ちるというか

禊ぎみたいな効果があるな
って思いました。

うむ! 君なら
必ず いい講師になれる。

本当ですか?

ところで 現住所欄が空白なのは
どうして?

実は 今 ノマド族でして…。

なんなら しばらく
ここに寝泊まりしてもいいぞ。

えっ!? ほ… 本当ですか!?
(川辺)ああ。

どういうわけか

放っておけない気がする。

《久々に キュン!》

どういうわけか
放っておけない…。

♬~

澪が 恋を…。

♬~

(ニワトリの鳴き声)

(川辺)うまいか?
美味しいです。

今日は レッスン前に
これを売る。

ふ~ん!

高っ! えっ!?

えっ?

いや かわいいなと思って。

えっ…?

君には本気になりそうだ。

(水に顔をつける音)

あれ?

(川辺)さあ レディースの皆さん
レッスン後の必需品。

若々しい
ハッピーオーラのために…。

(指を鳴らす音)
こちらが おすすめです!

それと 回数券のシステムも
変わりました。

20回券で
レッスン2回分がおまけです!

おまけ?

(川辺)皆さん
ただでさえ おきれいなのに

もっと おきれいになれますよ。

(百合子)あら お得!

断然 お得です!

私 20回分 買うわ!
もちろん ドリンクも!

ありがとうございます。
ありがとうございます。

(女性たち)コーチ! コーチ!

百合子さん 今日もきれいだ。

フフフッ。
本気になってもいいですか?

ええ? どうしようかな?
いいじゃないですか。

じゃあ
あと10回分 買ってあげる!

♬~

(百合子)ハッピー。

また レッスンで。
(百合子)は~い!

えっ!?
あの男 やっぱり クズの予感。

なんすか!? これ。
火が すごい…!

いざ 助太刀致す!

(酒井・沼田)ダメだ!

(伊和・詩子)ああ ああっ…!

(伊和・詩子)おお おお おお…!

(沼田・酒井)ああ ああ ああ…!

(酒井)おお~っ!
(伊和・詩子)ああ ああ ああ…!

んんっ…!
やあ!

あっ! こんにちは…。

(百合子)う~ん!
もう わかったって…!

切るわよ~!

あの… どうしたんですか?

旦那のカードで
レッスン券 買いすぎて

離婚寸前なの!
ええ…?

フフッ… フフフ…。

でも… でも!

川辺先生に本気だって言われたら
仕方ないじゃない?

フフフフフフ…!

アハハ… アハハハハ…!

ちょっと いいですか?
何?

もしかして
本気になりそうだとか

私だけじゃなくて
皆さんに言ってるんですか?

そうだよ。
そんな…。

それって
だましてるって事じゃ…?

うーん… わかってないなあ。

人生諦めかけた おばさんたちが

あんなに喜んでるのは
なぜだと思う?

この僕に

「人生これからだ」
「あなたは きれいだ」

「可能性は無限」
「本気になってもいいですか?」

そう言われて
かつての恋心を取り戻し

それが 恋愛ホルモンを
活性化させるからだ。

エストロゲン
フェニルエチルアミン

ドーパミン エンドルフィンが
脳内にバンバン出て

幸福感に包まれる。

それの何が悪い?

えっ? ええっ…。

おばさんたちに
夢を見させてあげて…。

何が悪い?
で で… でも…!

わかってないなあ。

僕が本気なのは

自分のかわいさに気づいていない
君だけだ。

♬~

ああっ!

辞めさせて頂きます!

あっ そう。
「あっ そう」?

ちょっ… えっ? えっ?
ちょっと ちょっと!

だったら
貸している金を払ってもらおう。

はっ?

これまでの水泳講師見習いの
レッスン代 事務所の宿泊代

合計100万円!
そ… そんな…。

払えないなら働くしかないだろ?

他に仕事がないんだろ?
食い詰めてるんだろ?

散々 俺を利用して
勝手に辞めるつもりか。

そんな事が
許されるとでも思ってるのか!?

警察に相談します!

警察?

どの口が言うんじゃ コラーッ!
ああーっ!

ああっ!

♬~

キャーッ!

♬~

ああ ああ ああ ああーっ…!

(雷鳴)

あああああーっ!!

(一同)あああああーっ!!

すいません すいません!
驚いたりして。

そうよ! 今さら。

(詩子・沼田)失礼ね!
すいません!

でも 皆さん

お会いしたかったです~!

澪~!

(一同の泣き声)

実は もう 会っていたんだが…。
おい!

えっ!?

(店員)バターチキンカレーです。

澪…。

到着12時から14時…。

引っ越すお金もないんです。

炊き出しの時だって…。
(沼田・酒井)だ~!

炊き出し? あの時も
皆さん いらっしゃったんですか?

しっかりと目が合ったのよ。
えっ?

ありがとうございます!
ありがとうございます!

澪ったら 私たちの事
忘れてしまったんじゃないかと…。

すいません
気がつかなくて…。

気づいたとしても
皆さんに合わせる顔なんか…。

あんな大きな事 言って
出て行ったのに…。

うん。 だろうね!

…と思って
わしらも声かけんかった。

♬~

あの ところで ここは…?

ここは 通称 閻魔寺。

その奥にあるシェアハウスよ。

あの生臭坊主に世話になってるの。

えっ?

餓鬼にしか見えんな。

ああ~!

ほら。 裏本尊の閻魔様よ。

(詩子)わらしに お声がかかって

しばらく
ここを守る事になったの。

神社とお寺
交互に住む習わしなのよ。

日本は神仏習合だからね。

(かしわ手)

ああ…。

えっ でも 私 どうして…?

ゆ~っくりと思い出してみて。

ほら バイト先の水泳教室で

あのイケメン社長といい感じに…。

それで…
本気になりそうだとか言われて。

でも 教室の皆さんにも
同じような事を…。

それを問いただしたら…。

どの口が言うんじゃ コラーッ!
ああーっ!

キャーッ!

それだけで殺されそうに!?
はい!

でも
もうダメだって思った瞬間…。

ああーっ…!
(雷鳴)

(雷鳴)

(詩子)涼ちゃんが心配して
尾行してたのよ。

えっ…。
心配じゃねえ。 たまたまだ。

もう!
私には行くなって言っといて…。

お前が行ったら 殺すだろ。

うーん…。

絶対殺す!

あの… あの!

助けて頂いて
ありがとうございます!

いいの…。 ちょっと どいて!

いいのよ 澪。

ぬ~ そいつ 人間とは思えんな。

あれは妖怪だ。

見たの?

ただ 見た事もねえ奴だった。

ど… どうすれば
いいんでしょうか?

簡単だ。 一切関わらん事ね。

えっ でも
まだバイト代もらってません!

バカか お前!
今度こそ 殺されるぞ!

得体の知れない妖怪に近づくのは
危険だ。

取って食われるかもしれんぞ。

そ… そんなに危険なら…。

復讐よ!

クズ男もクズ妖怪も

私が成敗してやる~!

(詩子)ああっ… 神棚が!

プルプル… プルプルするな。

そんなに危険なら…

ますます 私だけ
逃げるわけにはいきません!

えっ?
(詩子・酒井)えっ?

私のうかつさで
馬鹿高いものを買わせてしまった

生徒さんたちを
放っておけないです!

皆さん
このままだと大変な事に…。

なんとかしないと!

なんとか…。

女の怨念
思い知らせてやりましょう。

(伊和・澪)シャーッ!

猫なの?

川辺さん…。

ええ~?

か… 川辺さん?

うわあっ!

何しに来た?
警察でも連れてきたのか?

いえ あの…
昨日は すいませんでした!

あの…
お詫びに新しい生徒さんを…。

あの… 昨日は 澪が
ご迷惑をおかけしたんじゃ?

いえいえ とんでもない。

おなかがすきすぎると
妙な事を口走る癖がありまして。

すいません…。
あっ!

申し遅れました
澪の身内の伊和と申します。

ナースです。
どうも。

澪の身内の詩子です。
澪がお世話になっております。

お世話になっております。
それは それは…。

ようこそ ハッピースイムへ。

あら あら あら! まあ…。

(伊和・詩子)キャーッ!
(詩子)いや 本当 ねえ…。

澪ちゃんの言うとおり

イケメンだわ~。
イケメンだわ~。

うまい! お上手だ。

あの 記念に
写真撮ってもいいかしら?

私も 私も。
もちろん!

(伊和・詩子)キャーッ!

(詩子)じゃあ ちょっと
お願いします。 はい はい…。

せーの!
(カメラのシャッター音)

…おおっ!

(シャッター音)

さあ レッスンを始めましょう!

せーの!
(一同)ハッピースイム!

やだあ 先生 取れちゃった。

結んで~。

わらしが結ぶと
恐ろしい形になっちゃうからね。

ちょうちょ結び。

(百合子)ほどいて ほどいて…。

私も 私も…!
お金が こんなにあるわ!

受け取って!

ありがとうございます。
ありがとうございます…。

健康ドリンクは ただのレモン水。

サプリは ただの小麦粉。

ぬ~!?
病院のツテで

ラボで調べてもらったから
間違いないわ。

レモン水 1本 8000円。
小麦粉 1瓶 2万円!

馬鹿高っ!
それでも売れちゃうんです。

回数券は 20回で100万円です。

(沼田・詩子)シェーッ!

泳ぎがうまい 口もうまい。

シックスパックのいい男。

僕 年上が好きなんです。

あなたといると ホッとする。

やっぱり 誰にでも うまい事を…。

そうやって
女を食い物にしてきたのよ。

それで バレそうになったら
殺してきたんだわ!

澪みたいに 水に沈めて…!

(作動音)

どこから出てきてんの。

それだけじゃねえ。

水泳教室で あれこれ売りつけ

いいところでトンズラするのが
手口。

プレゼントも もらいたい放題。

同時に37人と付き合っている。

要するに 泳ぐホストだ。

(詩子)37股!

ねぎ臭っ!
あとで 美味しく頂きます。

とんだゲス野郎だな。

このクズ 間違いなく妖怪よ。

妖気 半端なかったもの。

先生
私 入会しようか迷ってるの。

だって 私 特別扱いされないと
ダメな人だから。

もちろん
あなただけをマンツーで。

ああ…。

ああっ! ダメよ 先生…。

ダメ ダメ ダメ!
いいじゃないですか 一度ぐらい。

だから 先生…。
僕の事 嫌いですか?

危うく 生気 吸い取られる
ところだったわ。

あっ! なんか あの…
この辺から…

元気玉みたいなのを
ポンって出して

食べてました!

で ポワ~ン クネクネって
生徒さんが…。

何? それ。
なんだ? それは。

女の魂をもてあそぶとは
妖怪の風上にも置けん。

おい おい…
どうした? どうした?

許せな~い!
風がすごい。

わらしもよ~!

もらいにいくな 風を。
すげえ回ってるね。

正体がわからない相手とはいえ
ここは ひとつ

やるしかないか。

だが 水の中だと
間違いなく殺される。

えーっ!

とはいえ 弱点はあるはず。

弱点…。

わ… わからないんですけど…。

あっ でも
きゅうりは好きそうでした。

(一同)きゅうり?

先生~!
伊和さん。

遅い!
もう 来ないかと思った。

ごめんね。

私ね お料理も お酒も

フフッ 新しい水着も
先生のために用意したの。

来ました 来ました 来ました…!

(詩子)早く 早く…!

どうぞ こちらへ。

ハハハハ… どうも いらっしゃい。

伊和さん
一人じゃなかったんですか?

シェアハウスなんです!
詩子さんが寮母さんで。

住人でーす!

どうぞ。
(詩子)さあ どうぞ。

召し上がれ。

これは…!

先生 きゅうりがお好きかと。
(川辺)おお!

いただきます!
(詩子)はい どうぞ どうぞ。

ああ… うまい!

よかった。

《やっぱり あれじゃないの?
あれ!》

《だが 俺が見た時は
あれじゃなかった》

《作戦どおり ガンガン飲ませて
油断させるべし》

《任せてちょうだい》

あの 私 今 これが聞こえなくて…
なんて言った…?

大丈夫だから…。

♬~

おっ! いい腹筋してるね。

よし! 勝負だ。

よーし! 受けて立とう!

♬~

よっしゃあ!

のんべも頑張って~!

はっけよ~い のこった!

のこった!

のこった のこった!

のこった! のこった のこった!
のこった!

のこった のこった!

先生の勝ち!
(川辺)よーし!

(歓声)

おかしいわね。

あれは相撲は好きだけど
弱いはず。

(酒井)よっしゃあ! もう一丁!

先生の勝ち!

のこった! のこった のこった!

(川辺)うおーっ!
先生の勝ち!

のんべは もう~! 何…。

あれは…
こんなに強かったか?

(詩子)おっとっとっと…。

(詩子)あら すごい!

すごいねえ。

もう一杯。

あれなら
生魚も大好きなはずなのに。

あれ?

先生 どうぞ。

いやいや 生は いやいや…。

どうぞ どうぞ!
いや 本当に本当に 生は…。

そう言わずに どうぞ!

そう?

じゃあ…。

ああ~ うまい!

生 いった!
生 いったわ。

あっ…。

(川辺のいびき)

事務所の熱帯魚
この人が食べたんじゃ…。

やっぱり こいつ あれかも。

あれ?
シーッ!

見れば わかる。

小さいトング。

ハ…! 先生が ハ…!

(4人)シーッ!

(ドライヤーの作動音)

熱い! うわっ! うおっ うおっ!

熱い! 熱い! 熱っ!
何すんだよ!

おぬし やはり…。

(伊和・詩子・酒井)河童だな。

か… 河童?

なんの事だ…。

(一同)ギャーッ!

なんだ お前らも妖怪か。

河童が なんで そんなに…。

エリマキトカゲみたいに!?

(酒井)女心をもてあそび
金をむしり取るとは

妖怪の風上にも置けねえ
泳ぐホスト野郎め!

この クズ河童!
(詩子)エロ河童!

おいらは 河童じゃねえ。

スイマーだ!

(地響き)

(地響き)
ハハハハ…!

(酒井)なんで 河童が
こんなに強いんだ!

ただの河童とは思えん!
どういう事ですか!?

(澪・伊和)キャーッ!

「よ~っ!」

♬~

どれ 尻子玉でも抜いてやろう。

ああ… ああ…。

尻子玉?
し… 尻子玉って言ったわ!

うん。 やっぱり 河童だ。
わらし!

♬~「おいらは河童 水の神」

♬~「スイスイ泳いで遊びます」

♬~「悪さもするが いいことも」

♬~「スイスイ泳いで致します」
効いてる 効いてる。

♬~「綺麗な水を守ります~」

うわ… なんか出たよ。

(吐く音)

プラゴミ?

(吐く音)

大丈夫ですか?

苦しい?

(川辺)あっ? あっ…。

ああ~! ああ…。

そうだ… おいら 河童だったんだ。

むか~し むかし…。

(詩子)〈日本全国の水辺には
河童が うようよおった〉

〈相撲と きゅうりと
お酒が大好きで

いたずら好きの
愛すべき妖怪じゃったが

中には
人や馬を沼に引きずり込んでは

尻子玉を抜いて殺すという
悪~い河童もおったとさ〉

プラゴミ
こんなに のみ込んでたら

さぞ おつらかったんじゃ?

ああ…
よくぞ 気づいてくれました!

いや プラスチックが
悪いわけではない。

ポイ捨てする人間が悪いのだ。

そうよ。 プラは
適切に燃やせば害はないのに。

医療現場は
プラのおかげで助かってるのに。

なんか すいません…。

(川辺)思い起こせば

高度経済成長期から
水質汚染が始まって…。

工場排水 生活排水
都会の川が臭かったのなんの。

おいらたちが住む
川や海を汚す人間たちを

ちょっと
懲らしめてやろうと思って

水泳教室を始めたら…。

いつの間にか
我を見失ってたんですかねえ。

いや
何かに取り憑かれてたような…。

(投げる音)
うわっ!

妖怪のくせに
何かに取り憑かれてただ?

言い訳にも程があるね。

そうよ。
散々 女の魂 もてあそんで。

儲けまくったくせに!

…っていうか
ただ泳いでるだけなのに

みんな キャーキャー言って
喜ぶでしょう。

そうやって育った尻子玉は
うまいんですよ。

もう 気がついたら病み付きで。

あれ? お金っていうより
尻子玉ジャンキー?

まあ おばさんたちも おいらも

もっともっとの欲望には
キリがないと。

フンッ!
フン。

こんなクズに ほだされて。

お嬢も もっともっとの欲に
駆られたか。

すいません!
私 本当に餓鬼でした。

♬~

あの お酒を 一杯 頂いても?

痛っ!

反省がない! このクズ河童!

(酒井)こんな悪河童
焼いて食っちまおうぜ。

河童の甲羅焼きか。
(詩子)腕が鳴るわ。

そんな… 許してください!
お願いします!

どうする? 澪。

河童さん。
はい!

もう 女の人を もてあそぶのは
やめてください。

だました人に ちゃんと謝ると
約束してください。

ははあ~! 約束致します。

だったら
河童の詫び証文 書いてください。

♬~

ごめんなさい!

(悲鳴)

嘘! お金返してよ!

(笛)

(満)暴力はいけません
暴力は!

はい ちょっと
署まで来てもらおうか。

あっ… どうも。
どうも。

あの… もう
ビーバーは辞めたんですか?

えっ?
いや そういうわけでは…。

きっと また
いいバイトが見つかりますよ。

ちゃんと お裁き受けなさい。
ビシッとね。

はい!

(満)ほら 行くぞ!

♬~

♬~

河童に惚れそうになるとは
情けないにも程がある。

妖力のせいだもの
仕方ないでしょ?

自分だって
負けそうになってたくせに。

(酒井・伊和)フン!

すいません…
自分でも情けないです。

でも どうして河童さんが
あんなふうに…?

ゴミや公害 環境の変化によって

妖怪までもが 醜い化け物に
なってしまうという事が

あるかもしれんし
ないかもしれん。

えっ どっち?

水爆実験のゴジラみたいな?

(酒井)
他にもいるんじゃねえのか?

我を忘れて 闇落ちした妖怪が。

♬~

詩さん?

闇落ち!

ああっ! えっ!
おお~。

ナイスキャッチ…。
お~う。

あの… 私 また しばらく
お世話になってもいいですか?

(詩子・伊和)もちろんよ。

よかった…。

では 景気づけに…。

ほれ。

えっ?

(4人)おかえり 澪!

ただいまです!

(酒井)まあ 飲め。

じゃあ いっちゃおう。
はい いっちゃおう。

〈こうして 再び妖怪さんたちとの
暮らしが始まった〉

よしっ!

〈妖怪は 人間の姿で
社会に溶け込んでいる〉

よ…。

うわっ!

よ…。

うわっ!

やっぱり 書けない…。

(2人)美と健康は
歯が作るのですから。

(赤坂 紅)お歯カラーです。

(笹原小梅)澪さん?
小梅ちゃん!

(伊和・酒井・沼田・詩子)顔の整形!?
頑張って きれいになります!

私たちのシェアハウスの事が
映画になるなんて

もう 夢みたいです!

銀幕よ。 もう 信じられないわ!

まさかの まさかだな。

ねえねえ ねえねえ
ヒットしたら もしかして…。

〈『妖怪シェアハウス』番外編
『ほんとに映画化するん怪?』は

このあと TELASAで
配信スタート〉