妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪- #5[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪- #5[字]

小芝風花主演!
人間×妖怪のホラーコメディーがシーズン2で“帰ってきたん怪(かい)”!
第5怪は、小豆洗い&菅原道真公が登場!妖怪シェアハウスvsAIロボット!?

◇番組内容
目黒澪(小芝風花)の記事で大作家・大河内(木村靖司)を怒らせ、編集長・上竜樹(安井順平)からクビを言い渡された小豆沢流(岩崎う大)は怒り狂い妖怪化!襲われそうになった澪は、間一髪のところでシェアハウスの妖怪たちに助けられ、小豆沢が実は「小豆洗い」だと判明する。小豆洗いと澪は、天神様=菅原道真公(山内圭哉)の助言を受け、再び奮起!大河内に謝罪するが、澪たちは意外な方法で大河内と対峙することになり…?
◇出演者
小芝風花、松本まりか、毎熊克哉、豊田裕大、池谷のぶえ、大倉孝二
【ゲスト】岩崎う大、安井順平、武田梨奈、尾碕真花、木村靖司、山内圭哉
◇脚本
西荻弓絵
◇演出
山本大輔
◇音楽
井筒昭雄
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】飯田サヤカ(テレビ朝日)、宮内貴子(角川大映スタジオ)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/youkai_kaettekita/
☆Twitter
 https://twitter.com/youkaihouse5
☆Instagram
 https://www.instagram.com/youkaihouse5/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ショキショキ
  2. 小豆沢
  3. 妖怪
  4. 詩子
  5. 先生
  6. 仕事
  7. 酒井
  8. 本当
  9. 未来
  10. クビ
  11. 小豆
  12. 駄目
  13. 大河内
  14. 大河内先生
  15. アズッキー
  16. 伊和
  17. 小豆洗
  18. 人間
  19. 目黒
  20. AI

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





(目黒 澪)〈おしゃれオフィスで

やっと 書きたい夢に近づいたと
思った その瞬間

因縁の編集者 上様と再会〉

(上)書けると言うのなら…
書いてみれば?

〈呪い克服にチャレンジするも
ならず〉

〈妖怪さんたちの協力で
やっと書いた記事が

大作家 大河内先生の
逆鱗に触れて…〉

(上)この責任は…

取ってもらいますよ 小豆沢さん。

クビだ。

(小豆沢 流)
ショキショキ ショキショキ…!

ショキショキ ショキショキ
ショキショキ~!

ショキショキ ショキショキ!

♬~

(小豆沢)
よくも 俺の足を引っ張ったな!

食らえ!
(悲鳴)

あっ…!

(指を鳴らす音)

(小豆沢)ここは?
ショキショキショキ!

(沼田飛世)慌てて 「ショキショキ」
口走るところを見ると

やはり 貴様 小豆洗いだな!
と思ったけど

なんで 金ぴか?
(和良部詩子)趣味悪っ!

小豆沢さん 妖怪だったんですか!?

ショキショキショキ… 目黒~!
わあーっ!

(四谷伊和)
まさか 澪をいじめてたのが…。

(一同)お前だったとは!

(酒井 涼)どれ 食ってやろう。

嫌… 嫌だ 嫌だ 嫌だ!

脱げ!
(小豆沢)駄目 駄目!

それは駄目! 犯罪 犯罪だよ!

大事なやつ!
ちょっと待ってください!

あの 小豆洗いって

ただ 小豆を洗うだけの?
超マイナーな?

なんのために出てくるか
よくわからない

怖くもなんともない妖怪ですか?
澪… 澪 ちょっと言いすぎ。

そんな言うなよ。
あっ すいません。

いや… えっ?

俺って 銭洗いじゃなかったっけ?

(詩子)寝ぼけとんのかい!

鎌倉の弁天様じゃあるまいし

銭洗いなどという妖怪は
おらんもんね。

(詩子)〈とある寺の小僧 日顕は
ものの数を数えるのが得意で

小豆の数を いつでも言い当てた〉

(日顕)「和尚様 これは
2千9百飛んで6粒でございます」

(詩子)〈和尚の寵愛を受けた
日顕を妬んだ同僚は

なんと 彼を井戸に突き落とし
殺してしまった〉

〈以来 その井戸からは
小豆洗いとなった日顕の

小豆を洗う音が聞こえるように
なったのじゃった〉

「ショキショキ」

殺されたんですか?
出世のために?

あの菅原道真みたいな…。

ちゃうちゃうちゃう。
そこ 一緒にしたらいかんよ。

道真公は神様。

こいつは…。

なんか こんなだよ。

詩ちゃん よろ。

♬~「小豆洗うの得意なだけで」

♬~「なんで足元すくわれる」

♬~「出世争い怖すぎる」

♬~「世渡り下手は浮かばれぬ~」

そうだ 俺 銭じゃなくて
小豆 洗ってたんだ!

思い出したか アズッキー。
アズッキー?

(小豆沢)いや~ 出世欲のあまり
人を殺すなんて

人間は やっぱり 恐ろしい。

そんなお前が
なぜ 澪をいじめるんだ?

そうよ!

そんな事 言ったって
こっちだって必死なんですわ。

今の仕事 あっしにとって
最後の砦なんです。

それを そこの間抜けな小娘に
奪われたくないでしょう!

最後の砦とは?

元々 あっしは
小豆の山を見るだけで…。

6229粒!

ご名答!
数えたん? わらし。

すごいスペックですね!
信じちゃったよ。

(小豆沢)
だけどね 電卓が普及して

私の仕事は
一気になくなっちまったんですよ。

パソコンが普及してからなんて
もう 毎日が地獄ですわ。

ショキショキショキ
ショキショキ ショキショキ…。

ショキショキ~。
いいよ 「ショキショキ」 もう。

世の中が便利になればなるほどに
仕事も居場所もなくなって

気がつけば 洗って数えるのが

小豆から銭に
変わっていましたとさ。

その銭も もはや

キャッシュレスの時代に
なっとるもんね。

だあっ…
嫌な事 言わないでください!

ただでさえ 数えるものが
なくなってるっていうのに…。

とにかく やっと見つけたのが
今の仕事なんです!

ショキショキ ショキショキ~!

でも 編集の仕事で
何を数えるっていうの?

出版社は
今でも 自筆で原稿を書く

大作家先生を抱えてるんです。

あっしだったら
文字の数 行の数 誤字脱字の数

全部 一瞬で
ばっちり わかるんですわ!

触るな!
えっ?

大河内先生の玉稿だぞ。

お前
ぐしゃぐしゃにしてんじゃんか。

ああ… でも もうクビだ…。

明日から
どうやって生きていけばいいの?

不安定。 どうしたよ?

皆さんに手伝ってもらった
あの記事が

大河内先生の逆鱗に触れて
大変な事に…。

まさか 大河内先生が
AIロボをペットにしてるなんて

上だって知らなかったはずなのに。

だけど 上は責任取らないから…!

はめられたか。

すわっ はしご外し!

(小豆沢)ああ~ こんなに頑張って
仕事してきたのに

結局 クビだ~!
私もです~!

(泣き声)
ショキショキ ショキショキ…。

ねえ 泣かないで。
ショキショキ ショキショキ…。

やかましいわ もう!
ショキ…。

(すする音)

もしかして アズッキーさんも
闇落ちしかかってたんじゃ…。

闇落ち!?
あーっ!

あとで 美味しく頂きます。

河童とか お歯黒べったりが
我を失って

とんでもない化け物に
なっていたの。

マジですか!?
皆さん 気の毒な事情があって。

まさか アズッキーさんにも
そんなご苦労があったなんて…。

人間にしかできない仕事が
減ってるんですよ。

世の中 便利になりすぎちゃって。

みんな スマホに頼りすぎなのよ。

便利だからって
まるで 神様でもいるみたいに

こんな ちっちゃい画面
こうやって必死に拝んじゃって。

それじゃあ 誰も
妖怪に気づいてくれやしないわ。

実は そうやって この世から
消えていった妖怪は多い。

えっ そうなんですか?

かまどを守る かまどどん。

(酒井)消えたな。

かかしの守り神 かかしっしょ。

消えた。

そんな世界 寂しいです。

皆さんと会えない世界なんて
私 嫌です!

澪…。

でも どうしたらいいのか…。

どうしようもない流れで

あっしも この世から
消えかかってるって事ですわ。

一生懸命
資本主義社会に適応してきたけど

上に にらまれたら
もう終わりだよ。

アズッキーさんも 上さんの呪いに
かかってるんじゃ?

私もそうなんです。

(雷鳴)

(雷鳴)

(菅原道真公)
呪いの事なら なんなりと。

(一同)はは~! 天神様!

やだな~ 楽にしてよ…。

これでも 元は人間
ただの官僚なんだから。

あっ! 道真公?

わっ…! すいません。
お嬢さん 呪いというのは

自分で自分にかけている事も
あるんじゃよ。

えっ?

「あいつに
恨まれてるんじゃないか?」と

思う心で苦しくなるだけの事。

要は 呪いにかかるも解くも
自分次第という事じゃよ。

自分次第?

じゃあ
呪いの力はないって事ですか?

呪いの力はあるよ~!

私が 関係者を きれいに殺して

災害まで起こした事は

歴史上の事実なんだからね!

す… すいません…。

でも 呪いよりも
もっと強い力がある。

それは 祈りの力だ。

自分のためだけでなく
人々の幸せを祈る力じゃよ。

さすが 天神様! 言う事が違えや。

実は あんたに冷たくしたのも

この人 意外と才能あるじゃんって
思ったからで…。

小さい妖怪で ごめん。

意外と才能あるって 本当ですか?

いえ 本当だって
思えばいいって事ですよね?

上さんの呪いも
呪いと思わなければ気の持ちよう。

自分次第で呪いは解ける!

そうそう
ようやく気づいたようね。

よかった よかった。
はい これ どうぞ。

ありがとうございます。
じゃあ 健闘を祈るぞよ。

よいしょ…。
あっ 天神様 ミニ牛も頂ける…?

あっ 駄目 駄目。
頂けない?

お餅 付いてました。

♬~

(酒井)やい 小豆洗い

てめえ 妖怪のくせして

おめおめと このまま抹消されても
いいとでも思ってるのかい?

へっ?
(酒井)大河内だろうが誰だろうが

妖怪の意地を見せやがれ!

ここは 一発 勝負のかけ時ね。

ショキ!

♬~

今昔出版。

引き上げた原稿は
全部 そっちに渡す。

誰だ?

(指を鳴らす音)

一体 どういう事だ…?

(小豆沢)申し訳ございません!

どうしても
直接 先生にお詫びしたくて。

あの記事を書いたのは
私なんです。

申し訳ありませんでした!

(きなこの鳴き声)

きなこまで なぜ ここに?

(鳴き声)

無事か?

「僕は元気です」

「先生の健康状態も
異常ありません」

ありがとう。

この子ほど
賢くて かわいい相棒はいない。

それを
「AIとその限界」などと…。

なぜ あんな記事を書いたのか
説明してもらおう。

AIは 人間を助けてくれて

劇的に便利な生活を
与えてくれたと思います。

でも このままでは

人間が どんどん退化すると
思ったんです。

どういう退化だね?

第六感が退化すると思うんです。

それで 何が困る?

虫の知らせがなくなるとか…。

それよりも
妖怪が見えなくなります。

君は 妖怪がいると
思ってるのかね?

妖怪は… います!

私も いると思う。

あっ 本当ですか?
先生…!

だから 先生の作品が
好きなんです 私は!

さあさあさあ
ぐーっといきましょう 先生。

ぐーっとね。 はい。

なんだね? 君たちは。

(沼田・伊和・詩子)
澪の身内でございます。

(酒井)先生 この2人のクビ

繋げてやっちゃあ
もらえませんかのう?

(沼田・伊和・詩子)このとおり!

そう言われてもねえ…。

あの… 小豆沢さんの原稿を読む
すごい能力は

先生にとっても 必要なはずです!

いや この目黒の若い才能こそ
育てるべきなんです!

どうか お怒り
鎮めちゃあもらえませんか?

神様でも死人でもない。 拝むな!

ならば この きなこと戦って
勝ってみなさい。

うん?
は?

(酒井)これは…。
(大河内)触るな。

きなこが どれほど優秀か
私も見物する事にしよう。

(鳴き声)

いざ 勝負!
よろしくお願いします。

「7六歩」

「5二金」

「王手」
ああ~!

アハハハハッ…。

参りました。
まで 7手をもちまして

きなこ名人の勝ちでございます。
(鳴き声)

痛っ!
見て見て。 かわいい かわいい。

勝負事は 俺に任せろ。

いざ 勝負!

第1問。

かわいいな お前。

「日下部松之助 楽茶碗 乙御前」

正解。

第2問。

「十二代 石崎五右衛門
有田焼 花鳥一閑人湯呑」

正解。
ああ~。

第3問…。

(きなこ)
「音無総一郎 山染付飾皿」

正解。
ああ~。

きなこ様の勝ち~!

何をやってるんだ。
何をやってる…。

♬~(詩子)「人生いろいろ
男もいろいろ」

(詩子)やったー!

勝ったね。 これ 勝ったよ。

♬~(きなこ)「女だっていろいろ
咲き乱れるの」

えーっ!
(詩子)オーマイゴッド!

106?
ああ…!

きなこ様の勝ち~!

(小豆沢)先生 次は私が!

(大河内)そうだな…。

私の小説に
うな重が登場するのは 何回だ?

「12回です」
(小豆沢)違う! あっ 違います。

そのうち1回は 豆腐を使った
うなぎもどきでした。

君は そこまで覚えているのか?
(小豆沢)もちろんです!

おお~。

これで きなこの3勝1敗だ。

(小豆沢)よしよし よしよし…!

ショキショキ ショキショキ…。

私の小説のデータは 全て

きなこに食わせてある。

私のような文章を書けと言えば
書ける。

君も 同じお題で書いてみないか?
えっ…。

(大河内)面白いほうを
勝ちとしよう。

わあ むちゃぶり!

先生 お題は?

(大河内)そうだな…。

「未来」なんてどうだ? きなこ。

「タイトル“未来"ですね」

未来…。

制限時間は5分。

あの 澪は指を痛めていて。
口述でも…?

何?
あっ いえ!

大丈夫です。
(大河内)じゃあ 始めよう。

用意 始め!

(鳴き声)

(鳴き声)

ううっ… くっ…!

♬~

(詩子・伊和)指が動きますように。
呪いが解けますように。

きなこの勝ちだな。

くっ…!

書かずに死ねるか!

(風の音)

あっ…!

(息を吐く音)

《祈りの力ね》

(キーボードを打つ音)

あっ…。

♬~

5分経過。 やめ!

えっ もう?
もう?

書けた… 書けました!

ああ~ よかった!
呪いが解けたか。

では きなこから。

♬~

「私の未来は永遠に続く」

「私の全てを知るAIが
私の死後も生き続けるからだ」

「そのAIは

やがて 私と似た見た目すら
必要でなくなるだろう」

「どこにいても
私と会え 会話できる未来に

私は生き続ける」

妖怪のような…。
(詩子・伊和)本当に。

(酒井)見事だ。

で お前は?
はい。

「未来が見えない」

「毎日
思いも寄らない事ばかりが起き

失敗と どん底が続く」

「それでも やりたい事がある」

「応援してくれる仲間たちがいる」

「いつか 私の書く力で

みんなを笑顔にする未来が
来ると信じて しがみつく」

♬~

《微妙…》

駄目ですか?

先生 判定は?

きなこ 帰ろうか。

えっ? あっ あの…。

(小豆沢)まあ
やれるだけの事はやったよ。

はい…。

午後 ハローワーク行くけど
行く?

もうちょっと希望持ってても
いいですか?

うん。

お二人とも 梢さんと上さんが
お待ちかねですよ。

(小暮 梢)大河内先生が
あなた方の謝罪

受け入れてくださったの。

えっ!
じゃあ クビじゃ…?

クビだなんて とんでもない。

2人とも これまでどおり
頑張ってくださいね。

本当ですか?
よかった~!

(上)目黒からは

書きたい気持ちだけは
伝わってきたと。

大河内先生にも

借金取りに追われた
地獄のような時代があったんだ。

死ねば楽になると
考えた事もあると

聞いた事がある。

それを思い出したそうだ。

♬~

あっ あの…!

私 初めに言えなかったんですが

編集だけではなく
書くほうも頑張りたいです。

改めて よろしくお願いします!

期待してるわ。

はい。

あっ 完全に呪いが解けたね。
あっ 本当だ!

(梢)それと 目黒さん。
はい。

実は マルチメディアクリエイターの黒原さんが

映画の公開に合わせて

ノベライズを出す予定が
間に合わなくて

急いで書いてくれる人を
探してるの。

もし 助けてもらえたら…。

いや 助けるだなんて
とんでもない。

ぜひ 私に書かせてください!

ああ よかった。

これが うまくいけば
あなたの本採用も決まるはずよ。

ありがとうございます!
頑張ります。

(梢)あとは
上さんに頼んであるので。

♬~

よろしくお願いします…。

〈まさか ここから
本当の地獄が始まるとは…〉

〈渡る世間は妖怪だらけ?〉

えー…。

澪が
満とイチャイチャしてたのよ!

大好きだなあ。
(佐藤 満)えっ…。

えっ? このままじゃ
私が偽物になっちゃう!

我が輩はドッペルゲンガー男爵!

観念しなさい 狸野郎!

〈映画公開日は
ろくろっ首イイな〉

映画をヒットさせるには まず…。

(伊和・詩子)初動?

初動とは
公開した最初の週末の興行成績。

つまり…。

〈『妖怪シェアハウス』番外編
『ほんとに映画化するん怪?』

最新回 配信スタート!〉