「オクトー~感情捜査官心野朱梨~」#4笑う殺人看護師と悲しまない遺族の謎[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

「オクトー~感情捜査官心野朱梨~」#4笑う殺人看護師と悲しまない遺族の謎[字][デ]

【飯豊まりえ×浅香航大】8つの感情を色として見ることができる女性刑事が、動機の見えない事件を解き明かす!実際の心理学理論を用いた“感情ビジュアライズ”サスペンス

出演者
心野朱梨…飯豊まりえ

風早涼…浅香航大

雲川幸平…山中崇
北村聡子…日比美思

心野紫織…松井玲奈
心野陽介…豊本明長(東京03)

甲本祐希…臼田あさ美

平安衛…船越英一郎

<4話ゲスト>    
佐久巻麻美…徳永えり
葛木かんな…しゅはまはるみ
葛木花恵…松金よね子
番組内容
朱梨(飯豊まりえ)と風早(浅香航大)は、入院患者・花恵(松金よね子)の殺人容疑で看護師の麻美(徳永えり)を取調べる。麻美は快楽殺人を匂わせ、確かに、朱梨は“喜び”を表す黄色を読み取った。花恵の娘で料理研究家のかんな(しゅはまはるみ)は、母の死にショックを受けていた。しかし、大切な人を失った悲しみを表す色は見えない。花恵が亡くなる数日前、かんなが麻美に頼みごとをしていた様子が目撃されていて…!?
監督・演出
【監督】
林雅貴
原作・脚本
【脚本】
橋本夏
音楽
【主題歌】
I Don’t Like Mondays.「重ね色」(rhythm zone)
制作
【チーフプロデューサー】
岡本浩一
【プロデューサー】
福田浩之
田原秀雄
西紀州
坪ノ内俊也
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/8octo/
番組公式SNS
【Twitter】@8octo_ytv
【Instagram】@8octo_ytv
【TikTok】@8octo_ytv
【LINE】https://lin.ee/oTh0pYa

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 佐久巻
  2. 麻美
  3. 花恵
  4. 感情
  5. 遺族
  6. 全部
  7. 母親
  8. 理由
  9. 本当
  10. 家族
  11. 葛木
  12. 自分
  13. 動機
  14. 認知症
  15. 納得
  16. 葛木花恵
  17. 看護師
  18. 刑事
  19. 事件
  20. 警察

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥250 (2022/12/06 20:22:25時点 Amazon調べ-詳細)

[ 回想 ]
♬~

♬~

≪かわいそうにねぇ
ご両親が こんな急に…≫

≪お姉さんもねぇ≫
≪だってさ こんなことに…≫

(平安)君が朱梨ちゃんだね。

平安 衛といいます。

お父さんの仕事仲間です…

いや…っていうより

友達と言ったほうがいいかな。

今は 何を聞いても
つらいだろうけど

でも これだけは信じてほしい。

犯人は 私が かならず捕まえる。

君と…

お姉さんのためにね。

♬~

[ 現在 ]
(朱梨の声)平安さんには
いつも感謝してます。

私たちのこと
ずっと気にかけていただいていて。

いやいや 私なんて。

むしろ 感謝したいのは
私のほうだよ。

え?

朱梨ちゃんが父親と同じ
刑事になってくれるなんてさ。

これからも期待してるぞ。

はい。

(アナウンサー)東神奈川記念病院に
入院中だった

葛木花恵さん
75歳が死亡した事件。

警察は 同病院の看護師
佐久巻麻美容疑者を

殺人の疑いで逮捕したと
発表しました。

警察は 佐久巻容疑者が
葛木さんの点滴に

大量の空気を注入し
殺害したとみていますが

容疑の認否については
明らかにしていません。

(北村)
注目度高いですね~ この事件。

(雲川)白衣の死神か…。

♬~(佐久巻麻美の鼻歌)

佐久巻麻美さん。
♬~(麻美の鼻歌)

花恵さんの容態が 急変する直前
当直でないはずのあなたが

病室から出てくる姿が
記録されています。

♬~(麻美の鼻歌)

現場に残された
空のシリンダーからは

あなたの指紋が検出されています。

あなたは
それで点滴に空気を入れ…。
(麻美)もう大丈夫ですよ。

え?

これ以上 証拠を
提示していただかなくて

大丈夫です。私がやったので。

(麻美)
私が 葛木花恵さんを殺しました。

♬~

刑事さん
何してらっしゃるんですか?

信じていただけないかも
しれませんが

あなたの感情の色を
描かせていただいています。

感情…。

じゃあ 今 あなたに見えている
私の感情 当てましょうか?

「喜び」ですよね。

♬~

はい。

ハハハハ…!

(涼)あんた なにが
そんなに嬉しいんだ。

え~ やっと夢が叶ったから。
夢?

私 ずっと
人を殺してみたかったんです。

それが達成できたことが嬉しくて。

座りなさい!

アハハ…は~い。

♬~

今 私 すごく幸せなんです。

フフ…。

♬~

♬~

人を殺してみたかったから殺した。

これが あなたの犯行動機ですか?
はい。

殺す相手は誰でもよかった。

そうですね。

こ~わ…。

なぜ 葛木さんだったんですか?

それは…う~ん

ちょうど そこにいたからとしか。

ああ これ あれみたいですね。
登山家の方が言う

「そこに山があったから」的な。

ふざけるな!
そんな勝手な理由で…

遺族が それで納得できると
思ってるのか?

じゃあ どんな理由がいいですか?
は?

自分の家族が殺されたことに
納得できる理由。

刑事さんは
そんなものあると思いますか?

もういい。

じゃあ
事件当日の行動についてだが…。

佐久巻の自白内容と他の証拠との
整合性もとれてます。

調書がまとまり次第 送検します。
頼んだ。ひとみちゃん お茶。

え?
ああ いいや 自分でやる。

でも怖かったですよね。

人を殺しといて幸せって…

なんて言うんでしたっけ
ああいう人って。

快楽殺人者だろ。
そう それ!

殺す相手は 誰でもよかったとか
酷すぎます。

ほんとに
誰でもよかったんでしょうか?

さっき 風早さんが
遺族の話をした時に

佐久巻さんの中に
「怒り」の感情が見えたんです。

遺族が それで納得できると
思ってるのか?

遺族に対する怒り?個人的な
恨みがあったってことか?

そこまではわかりません。

葛木花恵さんの遺族って 確か…。

料理研究家の
葛木かんな先生ですよ。

だよなぁ。
(北村)認知症のお母さんの

介護のこともオープンにしてて

応援してる主婦も
多かったんですけどね…。

(葛木かんな)
私の料理を食べて…

笑ってた母の笑顔…

忘れられないんです…。

恨まれるような人には
見えないけどな…。

んで お前
なんで今日は来たんだ?

来ちゃダメですか?

聞き込みは苦手なんだろ。
いっつも 俺を顎で使うくせに。

佐久巻さんの「怒り」の原因が

唯一の遺族である
娘のかんなさんにあるとしたら

直接 会ったほうが良いと思って。

それに今日はグミも いっぱい
持ってきたんで大丈夫です。

いや 多すぎんだろ…。
え?

ってか ほんとにそれだけか?

いや まだあります…。

いや グミじゃなくて

さっき佐久巻が言ってたこと。

自分の家族が殺されたことに
納得できる理由。

刑事さんは
そんなものあると思いますか?

気にしてんじゃないのか
個人的に。

まあ どっちにしろ
お前が気になるっていうなら

最後まで付き合うしかないけどさ。

ここには ずっと
お母さまと お2人で?

はい 父が亡くなってから。

恥ずかしながら
私は ずっと独身で…。

そんなに珍しいこととは
思いませんが。

ええ。
でも ほら 料理研究家って

結婚してる方が多いんです。

だから 独り身の
私が考えたレシピは

普通の主婦にはウケない
って言われることも多くて。

なるほど…。

母は そんな私の心の支えでした。

認知症で
介護が必要になってからも

私の料理が食べたいから 施設には
入りたくないって言って。

それが結果的に
仕事にもつながって。

今の私があるのは
全部 母のおかげなんです。

そうですか…。

(物音)

おい 心野。
あ すいません…。

いいのいいの。
すいません。

こちらこそ ごめんなさいね。

母が死んだなんて
まだ信じられなくて

ちっとも片付けられないの。

それで なんですか?
聞きたいことって。

ああ えっと…。

被疑者の佐久巻麻美についてです。
失礼します。

何だよ…すいません。

えっと…彼女との間に

なにか トラブルなどは
ありませんでしたか?

あ…トラブルってほどのことじゃ
ないんですけど。

あったんですか?
(かんな)ええ。

彼女 何考えてるか
わからないじゃない?

母が怖がってるように
見えたから

担当から外してもらえないかって
病院に相談したことがありました。

もしかして…
彼女 それ恨んで 母を?

それは まだわかりません。

そう…でも…

どんな理由があったにしても

母を殺したことは
絶対に許せません。

つまり佐久巻には
自分の勤務態度にケチをつけた

葛木かんなを恨む理由が
あったってことだよな。

だから遺族の話をした際に
「怒り」の感情が見えたと。

本当にそうですかね?

これ 見てください。

先ほど 佐久巻さんの話を
した時に

かんなさんから見えた色です。

もしかして 彼女
それ恨んで母を?

赤…これって…。

「怒り」です。かんなさんも
佐久巻さんに対して

強い「怒り」を感じてました。

母親が殺されたんだ。
当たり前だろ。

でも 大切な人を
亡くした人から見えるはずの

「悲しみ」の青い色は
見えなかったんですよね。

母親を殺した佐久巻に
「怒り」はあるが

母親が死んだ「悲しみ」はない…
ん?これ どういうことだ?

病院のほう どうでした?

うん…佐久巻の同僚が
事件の5日ぐらい前に

2人が話してるのを
見かけたそうだ。

あと 他の看護師からも
気になる話が出てきました。

被害者の花恵さんは
娘が見舞いに来る前は

いつも怯えた様子だったそうです。

(葛木花恵)かんなに殺される…
かんなに殺される

殺される?

花恵さんは認知症だったんだろ?

確か 認知症の症状には

ありもしない被害妄想が
でることもあるって。

ただ人を殺してみたかった。

あなたの犯行動機は
本当にそれだけですか?

殺人を誰かに
頼まれたということは?

そんなことはありません。

これは 一体 何が目的ですか?

すいません 貴重なお時間を。

本当ですか?
花恵さんを殺したい人は

あなただけじゃなかったのでは?

何が言いたいんですか?

入院中 花恵さんは
骨折をした理由を

階段から突き飛ばされたからだと
漏らすことがあったそうです。

しかも 突き飛ばしたのは…

娘の葛木かんなさんだと。

ハハッ…なんだ そういうことか。

そういうことかって…。
いや なんでもありません。

とにかく 私は
誰にも頼まれてません。

(かんな)
一体なんなの 今の取り調べは。

あれじゃまるで 私があの女に

母を殺すように
頼んだみたいじゃない。

違うんですか?

当たり前よ!私が母を
殺したいだなんてあり得ない!

ですが 事件の数日前に
あなたが

佐久巻さんに何かを頼んでいる
姿が目撃されています。

これで全部うまくいくの
あの もうほんとに あの…

その際あなたは
「これで全部うまくいく」と

佐久巻さんに
言っていたそうですね。

これは どういう意味ですか?

母は 私が作った

チョコレートムースを食べると
調子がいいの。

「全部うまくいく」っていうのは
そういう意味!

なのに あの看護師は
「規則だから」の一点張りで…。

全部 母のためを
思ってのことなの。

殺しの疑いかけられるなんて
心外です!

(ドアの開閉音)

どうだった?

誰かから殺害を依頼されたかを
聞いた時。

殺人を誰かに
頼まれたということは?

(麻美)
そんなことはありません

「驚き」が見えたんです。

図星だったってことか。
おそらく。

(佐久巻百合子)
あの子は 人を殺すような子じゃ
ありません!

こんなこと するはずない!
≪落ち着いてください
わかりましたから≫

≪落ち着いてください!≫
佐久巻麻美の母親だ。

(百合子)真面目な子なんです。
落ち着いてください
わかりましたから。

≪あ~…どこ行くんですか!?≫

(百合子)絶対に…無実です。

麻美は 無実です…。

あ…。
大丈夫ですか?

麻美 麻美…。
向こうで話 聞きますから。
ねっ 行きましょう ちょっと。

たとえ殺人犯でも
母親にとっちゃ

たった1人の大事な娘だ。

やりきれないだろうな。

私は 母のことを一番に考えて
生きてきたんです。

なのに 私を疑うなんて…。

なんで すぐ言っちゃうかな。

ネットでも うちへの批判が
結構増えてますね。

うわっ
「警察さいてー」ですって。え~…。

残念な知らせだ。

明日の正午には
佐久巻麻美を送検しろってさ。

え?

この事件は 世間の注目度が高い。

それがここにきて 警察のメンツを
潰すような報道をされたんだ。

上は さっさと
収束させたいらしい。

いや でも…。
心野の気持ちはわかる。

だが 佐久巻の自白もとれてて
証拠もある。

この後の取り調べで
何も聞き出せなかったら…。

この件は終わらせてくれ。

♬~

(麻美)
もう すべてお話ししました。

刑事さんたちは
一体何が知りたいんですか。

あんたが葛木花恵を
殺した動機だよ。

だから ただ人を
殺したかったからだって

ずっと言ってますよね。

あなたの感情は
そう言っていません。

感情。それって証拠に
ならないんですよね?
はい。

だったら もう
いいじゃないですか。

どんな思いで殺したにせよ

私が人を殺したという事実に
変わりはないんですから。

あんたなぁ…。

確かにそうです。

あなたが言う通り
動機がわかっても何も変わらない。

亡くなった人が
戻ってくるわけじゃないし

どんな理由であれ 殺されたことに
納得なんてできない。

でも だからといって
曖昧なままでいいわけじゃない。

残された家族は 大事な人がなぜ
殺されなきゃいけなかったのか

せめて その理由を
知りたいんです。

そんなのどうでもいい。

遺族の感情なんて
どうでもいいです 私にとっては。

これ以上
お話しすることはありません。

♬~

そういや お母さんが来てたよ。

え?

泣いてたぞ お母さん。
あんたは無実だって。

そうですか…。

じゃあ 母に伝えてください。
今までありがとう。

あなたの娘に生まれて
幸せでしたって…。

風早さん これ
確認お願いします。
うん。

お前はよくやってる。
今日はもう休め。

どうでした?
ああ。いいよ これ…。

ねえ お姉ちゃん 私が
お姉ちゃんの為だと思って

やってることって…
自己満足なのかな?

でも たとえ私の
わがままだったとしても

私は やっぱり諦めたくない。

昔みたいに

お姉ちゃんと話したい。

お姉ちゃんと話したい…。

♬~

だから

もうちょっと頑張らせて。

♬~

(携帯のバイブ音)

はい。

花恵さんのことで
おもしろいことが わかったぞ。

え?でも あの事件はもう…。

ちゃんと わかんないまま
終わっていいのかよ。

言っただろ。

お前が気になるなら
最後まで付き合うって。

何か見落としがないかと思って

解剖医に会ってきた。
そしたら ここ。

これって…。
胃薬の一種だ。

直接の死因とは関係ないから
注目していなかったが

これが花恵さんの体内から
検出されていた。

それの何が おもしろいんですか?

この薬は 娘の葛木かんなさんに
処方されていたものだ。

ちっとも片付けられない

しかも この薬 高齢者が
飲むことは推奨されていない。

何でかっていうと…。

え…。
そういうことだ。

でも 何で?
何で家族に こんなこと…。

お前は 家族ってもんを
信じすぎだ。

すべての家族が
愛で繋がってるわけじゃない。

父さん!

家族っていっても
結局は他人なんだ。

自分の思い通りにはならない。

だから 捜査においては…。
自分の思い通りにはならない。

ありがとうございます。

(ドアが閉まる音)

♬~

「喜び」ですよね?

♬~

遺族に対する怒り?

♬~

殺人を誰かに
頼まれたということは?

私が母を殺したいだなんて
あり得ない!

麻美は 無実です…

♬~

今まで ありがとう。

あなたの娘に生まれて
幸せでしたって…

♬~

♬~

はぁ はぁ はぁ…。

はぁ はぁ…。
大丈夫か?

はぁ はぁ はぁ…。

はぁ はぁ はぁ…。

見えました…麻美さんの色。

♬~
<ひきたつ果実の新チューハイ!>

♬~

(長谷川) りんごーーー!

<サントリー「CRAFT-196℃」!>
りんごー!

(小栗)あ!
(宮沢)<ビールが美味しい夏こそ!>

あー! めちゃくちゃうまいビール飲みてー!

<冷やしジョッキに>
冷やしプレモル

<高級ビール! いっちゃいましょう!>

<「ザ・プレミアム・モルツ」>
あー

あなたの動機が わかりました。

やっぱり あなたは
頼まれていたんですよね?

殺してほしいって。

それなら
違うって言いましたけど。

娘の かんなさんではなく

被害者である 葛木花恵さん
ご本人からだと どうですか?

花恵さんの体内から

この薬が検出されていた。

でも この薬は 普通は
高齢者には処方されないそうだな。

副作用として
認知症のような症状が現れるから。

あなたは 花恵さんが
この薬を飲んでいる…

いや 飲まされていることを
知っていたんじゃないのか?

本人は認めてるよ。

[ 回想 ]
ありえない。

わざと母を認知症にして
私に何の得があるんですか?

認知症の母を気遣う健気な娘。

周囲に そうアピールして

料理研究家としても
注目を集めるためですよね?

花恵さんを突き飛ばして
骨折させたのも あなたでは?

殺害するためではなく

より介護が必要な
状況にするために。

代理ミュンヒハウゼン症候群。

あなたの精神状態は
そう呼ぶこともあるそうです。

ただ これは
れっきとした虐待です!

虐待?そんなわけないわよ。

全部 これも!これも!

全部 母のために!
母のために 私は!

落ち着いて!落ち着いて下さい!
母のために!私は!

いろんなことしてきたのよ!
何で誰も わかってくれないの!

[ 現在 ]
かんなさんは ずっと
「怒り」の感情を見せていました。

それは
母親を殺されたことにではなく

母親が自分の支配下から

奪われたことに
対してだったんです。

このことを あなたは
知っていたんですよね?

だから 遺族の話をした際に
「怒り」の感情を見せた。

遺族が それで納得できると
思ってるのか?

自分の家族が殺されたことに
納得できる理由。

そんなもの あると思いますか?

バレちゃったなら仕方ないですね。

このことを知ったのは偶然で…。

[ 回想 ]
葛木さん もうすぐ娘さん
いらっしゃるそうですよ。

あれは 嫌だ。

え?

ムース…私じゃなくなる…。

これ 食後に必ず
食べさせてくださいね。

すいません こういうのは
規則で禁じられていて。

これで全部うまくいくの。
ほんとに あの 困るんです…。

あ あっ!

すいません!

触らないで!

[ 現在 ]
(麻美)
薬剤師の友人に調べてもらって

わかったんです。
それが そういう薬だって。

花恵さん本人も
そのことには気がついていた。

[ 回想 ]
このこと ちゃんと警察に
言いましょう。

もういいの…。
いや でも…。

それより 私を殺してくれない?

え?

終わらせるほうが幸せな
親子の関係もあるのよ。

[ 現在 ]
それで 点滴に空気を…。

はい。
でも 私の動機は変わりませんよ。

言いましたよね 偶然だって。

確かに花恵さんに頼まれたのは
事実だけど

私が人を殺したかったのも
事実です。

死にたい花恵さんと 殺したい私が
たまたま出会っただけ。

もはや運命的ですよね。

神様に感謝しないと。
ははは…。

まだです。
え?

私が見つけた
あなたの本当の動機。

まだ全部 言っていません。

あなたの本当の動機。
まだ全部 言っていません。

なにが言いたいんですか?

あなたは 逮捕された当初

「喜び」の感情を
見せていました。

私 ずっと人を
殺してみたかったんです

それが達成できたことが
嬉しくて

まるで 快楽殺人者のように。

でも その感情が
最も大きく現れたのは

お母さんが悲しんでると聞いた時。

じゃあ 母に伝えてください

あなたの娘に生まれて
幸せでしたって…

そのことが気になって
調べたんです。

あんた 母親から かなり厳しく
育てられたらしいな。

成績が少しでも下がると
反省文を書かされ

母親の許可なくトイレに
行っただけのあなたを

3時間 正座させることも
あったって。

それにあんた 看護師になる前

何年も 医大受験に挑戦している。

佐久巻さん

それは あなた自身の
望みだったんですか?

お母さんから
教育虐待を受けていたんですよね。

あなたから見えた「喜び」は

そんなお母さんを
悲しませることができたから。

あなたが
花恵さんを殺した本当の動機。

それは
殺人犯として逮捕されることで

母親に
復讐することだったんですよね?

なんでそこまで調べちゃうかな…。

終わらせるほうが幸せな
親子の関係もあるの

お願い…私を死なせて…

いや…そんなこと
できるわけないじゃないですか

娘が犯罪者なんて
死ぬより つらい…

死ぬより つらいの

♬~

これじゃあ私 頭のおかしい
殺人犯になれないじゃないですか。

なんで そこまでして…

人を
殺す必要なんてなかっただろ。

母と縁を切れば
よかったのにって?

赤の他人が そんなこと言うのは
簡単ですよね。

あの人は 大学時代に私を妊娠した
せいで医者になれなかった。

だから その夢を
まるごと私に託そうとした。

(百合子)
麻美は きっと白衣が似合うわ

でも 私…
(百合子)麻美

これは あなたのためなの

あなたのため…
そう言われるたびに

あんたのせいって
責められてる気がして。

私には 母が選べなかった
理想の人生を生きる責任がある。

そうしなきゃ 捨てられるって…。

でも どんなに頑張っても
私の頭じゃ医者なんて無理で。

やっと看護師になって
納得してくれたって思ったら。

やっぱり看護師じゃダメよ

それより早く結婚して
子供を産みなさい

その子を立派な
お医者さんにしなきゃ
でも…

麻美 これは
あなたのためなの。ねえ…

ああ…。

このまま一生

私の人生は あの人に
コントロールされるんだって

そう思ったときに…。

終わらせるほうが
幸せな親子関係もある。

だから人を殺して終わらせたの。

母の理想通りに生きる私を。

あの人が泣いてるって聞いたとき
本当に嬉しかった。

ざまあみろって思った。

この犯行動機って
母に伝わりますか?っていうか

伝えてほしいんですけど。

この際 全部ぶちまけるのも
いいかなって。

自分のせいで娘が
殺人者になったって知ったら

あの人
どんな顔するんだろうなあって。

♬~

刑事さん。

私 今 本当に幸せです。

♬~

♬~

(記者)お母さまに
無理やり薬を

飲ませていたというのは
本当ですか?

(記者)あなたが認知症に
していたんですよね?

(記者)答えて下さい 葛木さん!

(北村)
ま~ やっぱ世間的には佐久巻の
犯行動機が どうこうより

こっちのほうが気になりますよね。

結局 佐久巻の母親には
伝えたんですか?本当の動機。

いや。

だが どのみち裁判で
すべて聞くことになるだろうな。

入って。

すべての家族が 愛で繋がってる
わけじゃない か…。

♬~

(甲本)あんまり無理しないでね。
きっと紫織さんも

心配しちゃうから。

心配…。

(甲本)確かに今の紫織さんから

感情を読み取ることは
できないし

朱梨ちゃんにも感情の色は
見えないと思う。

だからって 何も感じてないとは
言い切れないんじゃないかな。

♬~

♬~

やっぱり平安次長か。

あと もうひとつ…。

(平安)
すっかりに馴染んだようだな。

いえ…。

いいことだよ。
この調子で 引き続き頼むぞ。

雲川を追う理由を
教えてくれませんか?

いったい 何があったんですか?

それは 君が知る段階じゃない。

ですが…。

わかってくれ 涼。

父さん!
わかってくれ 涼

≪風早 涼は
平安次長の息子です≫

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~