「オクトー~感情捜査官心野朱梨~」#7動機なき殺人。全ての感情を捨てた女[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

「オクトー~感情捜査官心野朱梨~」#7動機なき殺人。全ての感情を捨てた女[字][デ]

【飯豊まりえ×浅香航大】8つの感情を色として見ることができる女性刑事が、動機の見えない事件を解き明かす!実際の心理学理論を用いた“感情ビジュアライズ”サスペンス

出演者
心野朱梨…飯豊まりえ

風早涼…浅香航大

雲川幸平…山中崇
北村聡子…日比美思

心野紫織…松井玲奈
心野陽介…豊本明長(東京03)

甲本祐希…臼田あさ美

平安衛…船越英一郎

<7話ゲスト>成海道子…室井滋(特別出演)
川瀬洋和…ベンガル
番組内容
朱梨(飯豊まりえ)と風早(浅香航大)は、清掃員の川瀬(ベンガル)を殺害した容疑者・道子(室井滋)の取調べを行う。道子は川瀬を殺したと自供するものの、動機については何も語ろうとしなかった。朱梨は、道子の目を見ても感情がまったく読み取れない。「感情を捨てた」という道子との対話で、朱梨は逆に追い詰められていく。川瀬の妻は、2人が不倫関係にあったと主張。不倫のもつれが原因なのか?事件は意外な方向へ―!?
監督・演出
【監督】
松永洋一
原作・脚本
【脚本】
橋本夏
音楽
【主題歌】
I Don’t Like Mondays.「重ね色」(rhythm zone)
制作
【チーフプロデューサー】
岡本浩一
【プロデューサー】
福田浩之
田原秀雄
西紀州
坪ノ内俊也
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/8octo/
番組公式SNS
【Twitter】@8octo_ytv
【Instagram】@8octo_ytv
【TikTok】@8octo_ytv
【LINE】https://lin.ee/oTh0pYa

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 感情
  2. 川瀬
  3. 成海
  4. 事件
  5. 心野
  6. 道子
  7. お姉ちゃん
  8. 今日
  9. 事故
  10. 自分
  11. 自殺
  12. 帝都電機
  13. 年前
  14. 意味
  15. 雲川
  16. 関係
  17. 最初
  18. 風早
  19. 一緒
  20. 刑事

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(涼)
もし小野寺が犯人だとしたら

この事件には 警察内部も
深く関わってる可能性がある。

当時の捜査員で
心野が覚えてる人 いるか?

(朱梨)
平安さんって言うんですけど

今は警察庁の偉い人になっていて
忙しいはずなのに

今でも姉のお見舞いに
来てくれるんです。

(平安)
おう なんだ?お前が連絡もなしに
来るなんて珍しいな。

まあ 座れ。
次長は心野朱梨と
親しいそうですね。

本人から聞きました。

そうか。

それだけじゃない。15年前
あなたは東神奈川署の署長だった。

だから心野の父親のことは
もちろん

雲川や小野寺のことも
知っていたし。
座れ。

心野家の事件の捜査にも
参加していた!

座れ!

なぜ このことを
黙っていたんですか?

頼むから何か知ってるなら
教えてください。

あいつは…心野は その事件の
せいで 今も苦しんでいます。

(平安)
君の言う通り 心野陽介は
私の部下だった。

そして友人でも あった。

彼が殺されたとき 犯人は
何としてでも私が捕まえる。

そう誓ったんだ。

結果 被疑者死亡
という形には なったが

でも あのときの捜査は 今でも
間違ってなかったと思ってる。

黙っていたことは素直に謝るよ。

でも それは必要がなかったんだ。
どういう意味ですか?

君の特命は その心野家の
事件には関係ないんだ。

君には別の事件の真相を
探ってもらいたい。

押収薬物の横流し?

15年前 東神奈川署から押収した
薬物10kgが消えた。

そして最近になって
薬物を横流ししていた刑事が

いるというタレコミがあったんだ。

それが雲川幸平だ。

♬~

昨日 午後3時 いけいど町に
あるビルの屋上から

清掃会社スタッフの川瀬洋和さん
73歳が転落。

その後 死亡が確認されました。

成海道子さん あなたは当時
同僚である川瀬さんと共に

ビルの清掃業務に
あたっていましたね。

(道子)はい。
そして川瀬さんが転落する直前

お2人が一緒に屋上にいる
ところを目撃されています。

目撃者によると あなたが
川瀬さんを突き落としたと。

成海さん。

ええ…間違いありません。

私が殺しました。

♬~

(北村)おお なんか あっさり
解決しちゃいそうですね。

では 犯行動機について
お尋ねしますが

あなたは なぜ
川瀬さんを殺したんですか?

理由が必要?

え?
ただ殺した。それだけ。

よくわかりませんが そんな風に。
川瀬さんに

恨みや憎しみが あったのでは?

いいえ。
好意を抱いていた?

いいえ。
もしくは

誰かを かばってるんですか?

いいえ。

♬~

なら 何が あなたを
犯行に向かわせたんですか?

殺意は どこから…。

ウツボカズラ…。

はい?
(道子)食虫植物の

ウツボカズラはね
自分に とまった虫を殺すの。

でも殺意は ないの。
ただ 殺すだけ。

私も同じ。

♬~

ホントに何も見えないのかよ。
はい…。

私が殺しました

全く見えませんでした。

それって心野さん側の
問題じゃなくて?

感情が見えなくなっちゃった的な。

いいえ。

(雲川)つまり感情のない
容疑者ってことか…。

どうするんですか?
このあと。

自白も目撃証言が揃いはしたが
動機が曖昧なのが気になる。

逮捕状の請求のときに
もう少し調べてみよう。

はい。
(咳込み)

茶でも出してやれ。
はい。

まあでも あんなふうに普通に話が
できる人間に感情がないなんてな。

成海の過去を知ったら
そうは言えなくなるかもな。

え?

なかなか壮絶な人生だったようだ。

成海が7歳の時
女癖の悪かった父親を

母親が刺し殺し その後 自殺。

成海は その一部始終を
目撃していた。

事件のあと 成海は親戚の家を
たらい回しにされて

育ったらしく そこでも
相当つらい目にあってる。

その後 良い人に出会って
ようやく幸せな人生と思いきや…。

不幸な事故死だった。

駅のホームから自殺しようとした
若者を止めようとして

巻き込まれたらしい。

いつ感情を失ったのかは
わからないが

そうしないと
乗り越えられないような

つらい経験をしているのは確かだ。

お姉ちゃん お姉ちゃん

お姉ちゃん

お姉ちゃん!お姉ちゃん!

(社長)穏やかだし
仕事はちゃんとするし

人なんか殺しそうには
見えなかったけど。

川瀬さんは どうですか?
こちらでは半年前から

働いていたそうですが。
(社長)あの人も別に
普通の人だったよ。

昔は帝都電機に勤めたことも
あるらしいけど

全然えばらないし 腰は低いし。

お2人の間に何かトラブルとかは
あったり しましたか?

そういうのも ないなぁ。むしろ
人付き合いの悪い成海さんが

珍しく彼とは
飲みに行ってる様子で

仲良かったんじゃないかな。

あなたは あの日 2人と一緒に

ビルの清掃を
担当されていたんですよね。

(スタッフ)
そう 休憩が終わっても 戻って
こないから呼びにいったら

ちょうど成海さんが
突き飛ばしてるとこで。

って これ もう何度も
他の刑事さんに話したけど?

なあ?
すいません でも ほら

聞き漏らしがあると
いけないんでね。

目撃者も2人が言い争った声は
聞いてないそうだ。

そうですか。

目立ったトラブルも
ないとなると

成海は本当に何の動機もなく
川瀬さんをここから…。

でも2人は仲が良かったそうです。

なのに どうして殺したりなんか。

何の感情もなく
人を殺せるなんて

私は信じられません。

(ドアが開く音)

(川瀬佐和子)仲が良かったか…
私に言わせれば

夫と あの人は それだけじゃ
なかった気がします。

どういうことですか?

あの会社に入ってから 夫は
帰りが遅いことも増えたんです。

それに今日…

これが あの女から届いて。

私が夫にプレゼントした
ハンカチです。

「奥様にお返しします」って

メッセージまでついて…。

だから 2人は

そういう仲だったんだと
思います。

許せません!私は…

あの女を絶対 許せません!

(道子)私が殺しました

あなたは なぜ
川瀬さんを殺したんですか?

(道子)理由が必要?

成海さん…
あなたは被害者に対し

本当に なんの感情も
なかったんですか?

(道子)あなたは 何を見てるの?

なぜ そんなに見つめるの?

私には…他人が抱いている感情が
見えるんです。

その人の瞳に。

感情が見たいのに
あなたからは何も見えないんです。

信じてもらう必要はありません。

信じます。

あなたの言う通りだから。私…

感情を捨てたの。

捨てたって…。

疲れるでしょう 感情って。

自分のも他人のも。
どちらもに

振りまわされてるなんて
とても…生きづらそうね。

最初の質問に戻ります。

あなたは
被害者の川瀬さんに対し

何の感情も
なかったんですか?

殺意はありません。
でも 事件のあと あなたは

被害者の妻である佐和子さんに
ハンカチを返していますよね?

「奥様に お返しします」と添えて。
ええ。

あなたは川瀬さんと
男女の仲だったのでは?

違いますか?

奥さんからは
どんな感情が見えた?

質問に答えてください。

激しい悲しみと…怒りです。

佐和子さんから見えたのは

大事な人が亡くなった悲しみと

命を奪われたことへの
激しい怒りでした。

あなたのことを…許さない。
そう おっしゃっていました。

そう…ありがとう。

満足ですか?

感情なんて やっぱり
ないほうが いいのよ。

愛も喜びも 簡単に
悲しみや怒りに変わる。

人を苦しめる。
母も そうだったわ。

最初から…何もなければ
苦しむことなんか ないって。

植物のように
ただ 生きていけるって。

感情を捨てることは
自分を守ることなの。

でも ありえないんです。

なんの感情もなく
人を殺せるなんて。

人が人を殺すとき
そこには 必ず

激しい感情がある。

はぐらかさず
真実を語ってください。

あなたが知りたいのは
事件の真相?

どういう意味ですか?

あなた…私の中に
感情を見つけたいのよ。

人は…感情を持っているべきだと
思っているから。

不幸に見える?

そうだとしたら とても傲慢ね。

♬~

今日は お姉さんのとこ
行かなくて いいのか?
えっ?

ああ…。もう そんな時間ですか。

じゃあ お疲れ。

風早さん!
んっ?

私が やってることは
傲慢なんでしょうか?

えっ?

そ…そんなこと聞かれても
困りますよね。すいません。

心野…。

お前は この事件から
降りても いいんじゃないのか。

えっ?

感情が見えないんじゃ
心野が やる意味ないだろ。

いえ やります。
感情が見えようが見えまいが

私は刑事なんで!

そうか…。

見て。カエルの気圧計。

これで天気が
わかるんだって。

いつか また2人で…。

(道子)あなた…私の中に
感情を見つけたいのよ。

人は…感情を持っているべきだと
思っているから

ごめん。
今日は やっぱり帰るね。

おはよう…。

あの これって…

5ページです。

(北村)なんか ありました?

えっ?
すっごい怖い顔してますよ。

あ いや…
もとから こういう顔なんだよ。

あっ 雲川さん。
おはようございます。

わかったかもしれないぞ。
成海の動機。

成海さんの夫が
亡くなった事故の…。
帝都電機?

帝都電機って…
被害者の川瀬さんが

昔 務めてたところですよね?
そうだ。

帝都電機に確かめてみたら
川瀬は当時

事故で亡くなった小池さんの
上司だったらしい。

小池さんは 川瀬の厳しい指導に
追い詰められ 自殺したんだ。

それって…。

駅のホームから
自殺しようとした若者を

止めようとして
巻き込まれたらしい…

このこと 成海さんに
ぶつけてみましょう。
うん。

(電話のベル)

はい。
刑事第1課…えっ?

♬~

膵臓がん?
(医師)はい。それも末期の。

治療を拒否されてるので
我々としては何もできず

もう 手のほどこしようは
ありません。

話は できるんですか?
(医師)今日は 難しいかと…。

♬~

(道子)意外と死なないものね
人って…

それで?
今日は お見舞い?

18年前
ご主人が亡くなった事故と

川瀬さんには
関係があったんですね。

ご主人は自殺しようとした
男性を止めようとして

事故に巻き込まれた。
そして その

自殺の原因を作ったのが
川瀬さんだった。

つまり ご主人が亡くなった
そもそもの原因は

川瀬さんにあった
という事になりますよね。

やっぱり あなたには

川瀬さんに対する
憎しみや怒りの感情が

あったんじゃないんですか?

そうね…。

夫が死んで…私の
すべての感情が消えた。

(泣き声)

(道子の声)喜びが消え…

何かに期待したり…

驚いたりすることもない。

今度 一緒に仕事する
成海道子さんです
(道子の声)恐れや悲しみ

怒りすら 感じなくなった。

それからは 毎日ただ
生き延びるだけ。

それが…私の人生だった。

でも あの男と出会ったの。

川瀬さん 昔 帝都電機で
働いてたんだって?

(川瀬洋和)
まあ だいぶ前の話ですから

帝都電機でしょ。なんで
辞めちゃったの もったいない

(川瀬)
まあ いろいろあるからね

(道子の声)
今思えば 変なカンが働いたのね。

あの…
え?

たばこの火
貸してもらえませんか?

(川瀬)午後 あと ひと踏ん張り
がんばりましょう

(道子の声)
ある時 酔った彼は
泣きながら私に語ったの。

俺のせいで
2人の人が死んだんですよ。

俺は それを一生 背負って
いかなきゃいけないんですよ

(道子の声)
18年前の事故の原因は
自分だって。

ふっ…まだ あったのよ。

なくなったと思っていた
激しい怒りが 私の中に。

♬~

がんで死ぬ前に
復讐を果たしたということですか。

ええ。

殺したことで
あなたの怒りは消えたんですか?

そうよ。何も見えないでしょう?

♬~

あなたの言うとおりよね。

人が人を殺すとき
そこには 強い感情がある。

最初から 感情なんかなければ
誰も苦しまずにすむのよ。

♬~

そうか 認めたか。

はい ただ…。

どうした?
なぜ成海は

今になって 恨みがあったと
認めたんでしょうか。それに

人を殺したことで
怒りが消えるなんて

俺には信じられません。

まさか お前がそんなこと
言うようになるなんてな。

だが 証拠は十分に揃った。

これ以上 この件を
長引かせるわけにはいかない。

しかし 心野はまだ…。

いいんです 風早さん。

もう いいんです。
え?

すいません。
私 今日はここで帰ります。

ねえ お姉ちゃん

今日は どんな日だった?

ご飯は おいしかった?

なんか おもしろいことあった?

外は暑かったなとか
なにも思わなかった?

ねえ お姉ちゃん
なんにも思わなかった?

ねえ お姉ちゃん!
お姉ちゃん なんとか言ってよ!

お姉ちゃんは
このままの方がいいの?

ねえ!

苦しいよ…お姉ちゃんのせいで。

(泣き声)

お姉ちゃん…。

(涼の声)そうですか 心野が…。

(甲本の声)
あんなふうに 紫織さんに
感情をぶつけるなんて…。

あと…15年前の事件の犯人と
同じ目をした男に会ったって。

どうぞ。

(甲本)それで私 その人のことを
知るためには

もっと いろんな人の感情を
見たほうがいいんじゃないかって

言っちゃって。それが
紫織さんのためにもなるって。

そうだったんですか…。

もしかしたら 私が朱梨ちゃんを
追い詰めちゃったのかもしれない。

♬~

あいつは最初から

ずっとお姉さんのことだけを
考えてます。

そっか…。
でも

今は その前提がゆらいでる。

お姉さんの感情を
取り戻したいって思いだけが

あいつを突き動かしてきたんです。
なのに…。

最初から 感情なんかなければ

誰も苦しまずにすむのに

それ自体を
否定されてしまったから…。

きっと 進む道がわからなく
なってるんだと思います。

そう…。

でも ちょっと安心したわ。

(ペンを落とした音)
すいません。

(甲本)風早さんみたいに

朱梨ちゃんの気持ちを ちゃんと
側で見ててくれる人がいるって

わかったから。朱梨ちゃんのこと
よろしくお願いします。

はい。

(足音)

座ってくれ。

なんですか?

成海さんの事件はもう…。
終わってない。

心野 言ったよな。

なんの感情もなく
人を殺せるはずないって。

はい。でも 成海さんには…。

心野は見てないだろ。

俺には お前みたいな
力はないけど

刑事の勘みたいなもんならある。
その勘が言ったんだ。

心野が見ていない感情を
信じるなって。

だから もう一度
目撃者に話を聞いてきたよ。

俺が見たものは
もう何度も話したってば。

こっちだって 暇じゃないんだよ
あっ え…

この時計 いい時計ですね。

同僚の方から聞いたんですけど

あなたが その時計を
するようになったのは

事件のすぐあとからだって。
でも その時計

この仕事だけで
買えるんですか?

いや これはさ…

なにか隠してること
ありますよね?

(涼の声)そしたら 吐いたよ。

本当は 成海が突き落とした
ところは見ていないって。

どういうことですか?

それを今から 確かめに行くわ。
成海のところに。

風早さんだけ行ってください。

心野。

成海さんの感情が見えなければ

私が行く意味ないです。

意味があるとかないとか
関係ないだろ。

15年前の事件とか
お姉さんのこととか

そういうのも関係ない!

大事なのは 今のお前の感情だ。

見たくないのか?
あの人の色。

見たいです。

成海さんの色。

♬~

また来ると思ってた。

それで?

目撃者が吐きましたよ。

あなたが川瀬さんを
突き落とすところを

見たというのは 嘘だと。

そして あなたから

自分が突き落としたと
証言してほしいと

金を渡されたって。

川瀬さんが落下したのは
事故だったんですよね?

やっぱりダメね。

感情に流されやすい人に
頼んじゃ…。

成海さん 教えてください。

なぜ こんなことを?

あなたは川瀬さんに対して

怒りの感情は
抱いてなかったんですよね?

怒りも 悲しみも

私の中に
なんにも残っていなかった。

がんだって
わかったときも同じだった。

もっと生きたいとも
早く死にたいとも思わない。

ただ 死を待つだけの存在。

花瓶の花みたいに。

それってもう
生きていないのと同じよね。

そんな時に彼が…。

♬~

(川瀬)うわ~!!

(落ちた音)

♬~

♬~

でも なんで
自分が突き落としたなんて…。

見つけたの 自分の役割を。

え?

(道子)偶然の事故で
人が死んだ時

一番 不幸なことは
なんだと思う?

残されたものが 怒りをぶつける
相手がいないこと。

私は あの女を
絶対 許せません!

つまり あなたは

殺人犯になることで
川瀬さんの奥さんの

憎しみの対象になろうとした
ということですか?

ええ。それが私の役割。

でも なんで?

なんにも
感じなくなるよりは いい。

私みたいに。

生きるということは

感情の中で もがくことだから。

最後に 役割が果たせて

私は 満足です。

♬~

♬~

♬~

悲しみの色でした。

最後に成海さんの目から
見えたのは

深い悲しみの色でした。

そうか。

成海さんは…

ほんとに
満足してたんでしょうか。

あの人は最後に生きたんだよ。

言ってただろ。

生きるということは
感情の中で もがくことだって。

だから

人生の最後に やっと少しだけ

感情の中で もがけたんだ。

それが たとえ悲しみだとしても
生きたんだ。

心野がやってることは
間違ってない。

少なくとも
俺は そう思ってる。

♬~

♬~

お姉ちゃん。

♬~

お姉ちゃん
こないだは…ごめんね。

♬~

私が苦しいのは
お姉ちゃんのせいじゃない。

♬~

お姉ちゃんのことが
大事だから。

♬~

私は お姉ちゃんと一緒に
生きたい。

♬~

うん。わかった。

これから向かう。

♬~

では 小野寺大伍は?

奴も横流しに関係を?

おそらくな。

そして 雲川は
我々の動きに

気付き始めてるかもしれない

雲川を追ってくれ。
必ず 小野寺も見つかるはずだ

♬~

♬~

お疲れ様です。風早です。
使います。

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~