ドラマ「ちょい釣りダンディ」第4話【主演:臼田あさ美】[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドラマ「ちょい釣りダンディ」第4話【主演:臼田あさ美】[字]

檀凪子(臼田あさ美)と社長の天王寺(上地雄輔)が希少なタナゴ釣りに挑む。隣に座る謎の老人が無言で差し出した釣り鈎(バリ)で天王寺はタナゴがどんどん釣れ出すが…

詳細情報
番組内容
檀凪子(臼田あさ美)は社長の天王寺(上地雄輔)に、仕事帰り、釣りに誘われる。ここは大宮第二公園の池。希少なタナゴが釣れるという。やる気満々の天王寺の真横には無言の老人が微動だにせず腰かけている。タナゴが釣れない天王寺に老人は専用の釣り鈎(バリ)を差し出すやいなや、居なくなった。
番組内容続き
するとどんどんタナゴが釣れ出した。夜、夕まづめで女将のいつき(太田莉菜)がウミタナゴ料理を披露。あの老人は誰だったのか?天王寺が貰った釣り鈎の秘密とは?
出演者
檀凪子(天王寺建築設計事務所・営業)…臼田あさ美
七瀬いつき(小料理屋・夕まづめの女将)…太田莉菜
富澤(夕まづめの常連客)…川瀬陽太
ゴイサギ長作(謎の老人)…猪股俊明
常連の釣り客…福本伸一
   ・
天王寺誠(天王寺建築設計事務所・社長)…上地雄輔
原作・脚本・監督
【原作】阿鬼乱太『ちょい釣りダンディ』(秋田書店「ヤングチャンピオン・コミックス」刊)
【脚本】山咲藍
【監督】平体雄二
音楽
オープニングテーマ:C SQUARED「Sexier」(Virgin Music Label and Artist Services)
エンディングテーマ:B.O.L.T「雨のち晴れ」(EVIL LINE RECORDS)
番組概要
建築設計事務所に勤める檀凪子(臼田あさ美)、通称ダンディは会社帰りや仕事の合間で釣りを楽しむ、“ちょい釣り”女子。図面ケースに忍ばせた釣具を取り出し、海釣り・川釣り・コイ釣りまで、彼女の手にかかればどんな魚でも釣られてしまう。そして行きつけの小料理屋で、その日に釣った魚などで作る絶品料理を味わう!!遊び心を忘れた大人達に捧ぐ、釣りを通して人生を楽しむ女性の、愛と癒しの釣りドラマ!
関連情報
【公式HP】
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/choitsuri/
【公式Twitter】@choitsuri_BS7ch
https://twitter.com/choitsuri_bs7ch
【公式Instagram】@choitsuri_bs7ch
【公式アメーバブログ】
https://ameblo.jp/choitsuri-bs7ch/
関連情報続き
【配信】NTTドコモ ひかりTV&ひかりTV「釣り楽ライフ」で1週間先行
※広告付無料動画配信サービス「ネットもテレ東」(テレビ東京HP、TVer、GYAO!)にて放送直後より配信
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。BSテレ東4Kでは、超高精細の映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 社長
  2. タナゴ
  3. 今日
  4. タナゴ釣
  5. 勝負
  6. 天王寺
  7. ウミタナゴ
  8. 富澤
  9. ダンディ
  10. エサ
  11. お願い
  12. ゴイサギ長作
  13. 鈎先
  14. 眼力
  15. 江戸時代
  16. 趣味
  17. 上下
  18. 丁寧
  19. お疲れさ
  20. お料理

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥5,773 (2022/08/13 19:43:12時点 Amazon調べ-詳細)

<礼儀正しく 人に優しく

趣味を楽しみ 趣味を極める。

そんな人のことを
性別問わず ダンディと呼ぶ。

仕事終わりの ちょっとした合間

自分自身 そして

水の中の魚たちに向き合う
ちょい釣り。

私にとって ちょい釣りとは

人生を豊かにしてくれる そして

少しだけ
子どもに戻ることを許される

ワガママなひとときなのだ>

(檀)社長のおかげで
うまく話がまとまりそうです。

(天王寺)これまで 檀さんが丁寧に
やり取りしてくれたからです。

いや… もともと あの人が
キーパーソンだって見抜いた

社長の眼力のおかげです。
ともあれ よかったです。

檀さん 今日は直帰でしたよね?

あっ はい。

僕も この間 休日出勤したんで
今日は早上がりします。

そうですか。 お疲れさまでした。

お疲れさまでした。

そういえば…。

この公園に
釣りができる場所があるとか。

あ~ そうですね。

《まさか?》

たまには 檀さんの釣りに
お供させてもらいたいなぁなんて。

あぁ…。

《そう言うんじゃ
ないかと思った》

すみません。 ご迷惑ですよね。

プライベートの時間だし
僕みたいなド素人と。

お疲れさまでした。

えっ…。

ウソですよ。 行きましょう。

いいんですか?
はい。

やった! 僕 釣りの経験
ほとんどないんですけど

イメージはバッチリです。
手首のスナップを こう…。

うわっ!
あ~ ごめんなさい。

いや そんなスナップは
必要ないかもしれない…。

行きましょう。

<檀:大宮第二公園は
大宮駅からバスで15分ほど。

四季折々の自然が楽しめる
香りロードや

テニスコート 軟式野球場

茶室や展示ギャラリーなどの施設も
整備されています>

上がりましたね。

ですね。

<私 檀凪子 32歳。
設計事務所勤務。

以前から来たかったここ。

広くてゆったり
ちょい釣りが楽しめるオアシス>

《今日も
最高のちょい釣りができそう》

どうしました?
あぁ 行きましょう。

《檀:たぶん…》

そういえば
僕 釣り竿持ってなくて。

借りられるとことかって
どこかありますかね。

社長 今日は
これを使ってください。

竹筒?
はい。

これ 釣り竿?

はい 竹製の継ぎ竿です。

継ぎ竿?

これで魚が釣れるんですか?

あっ… おぉ~。

社長 あれが
今日私たちが釣る魚です。

こんにちは。
あ~ こんにちは。

こんにちは。
今日はどうです? 釣れてます?

あ~ 今日は
気温がちょうどいいから

魚も活発に動いてる感じだけど
どうですかね~。

そもそも最近
数が減っちゃってね。

へぇ~。
そうですよね。

社長 これです。
これ。

いいですか?
どうぞ。

うわっ 小さい魚ですね。

ハハハ。
タナゴです。

タナゴ?
タナゴ。

へぇ~。

<タナゴ。
日本全国で釣ることができるが

近年は都市化などの影響で
絶滅が危ぶまれる種もいる。

繁殖期になると オスは虹色のような
美しい婚姻色になる。

食用とせず リリースしたり
観賞用として釣る人が多い>

タナゴ釣りっていうのはね
江戸時代には粋な趣味として

上流階級の大名とか
商人に親しまれたらしいんですよ。

でね いかに こだわり抜いた

いい道具で釣りをするか
っていうのも重要でね。

私の竿はこれ。 自作です これ。

へぇ~ すごいですね!

江戸時代に親しまれた釣りが
今もできるって

なんか いいですね。
そうですね。

江戸時代の粋な遊び
私たちもやってみましょうか。

はい。

あの…
あの方も常連さんですかね。

あぁ 近くの特養ホームから
来てるみたいだけど

話しかけても無愛想なんで 誰も
相手にしなくなっちゃいましたね。

釣りの腕はね 全然みたいですよ。

あっ 今日 雨降りそうだからさ
これ使ってよ。

えっ いいんですか?
いい いい。

すみません
ありがとうございます。

ありがとうございます。
はい どうも。

こんにちは。

《ここは釣れなさそうか…》

社長 他の場所も見てみますか?

あぁ ちょっと…。

こんにちは。

お隣 おじゃましても
よろしいですか?

えっ?

ありがとうございます。

ここにしましょう。

なんとなく… ここがいいです。

わかりました。

《なんで
折りたたみ椅子だけ持参?》

それでは檀さん
ご指導お願いします。

まず タナゴ釣りで
いちばん大事なのは

専用のタナゴ鈎です。

<タナゴは小さな魚で
口も小さいので

鈎も小さく カエシも
小さいものを使います>

エサは何を使うんですか?
こんな小さな鈎に虫?

赤虫という
小さな虫でもいいんですが

今日は この
黄身練りというエサを使います。

<タナゴ釣りのエサは
自分で簡単に作ることができます。

卵の黄身に 粘度を調節しながら

ホットケーキの素を混ぜるだけ。

それを タナゴ釣り専用の
ポンプに入れて使います。

100円ショップに売っている

化粧用の注入器でも
代用が可能です>

うわ うまそう!

食べないでくださいよ。

これを 鈎先に

すこ~しだけ 付けて使います。

こう?
そうですね。 こんなもんで はい。

そうだ せっかくだから
勝負しませんか?

勝負?
はい。

1時間で釣れなかったほうが
このあとに1杯おごる。

いいですね。 その勝負 乗ります。

タナゴ釣りは
結構コツがいるんですけど

社長が相手だからって
私 手加減しませんよ。

もちろん。 全力でお願いします。

あっ 今日
バケツが1つしかないので

釣った魚は すぐリリースしましょう。

あっ じゃあ 魚を釣ったら

この 枝を1本置いて
数えましょう。

それでは タナゴ釣り勝負。

始め!

まずは檀さんの釣り方を
盗ませてください。

竿を 鉛筆を持つように持ちます。

鈎を ゆっくり水面に落として

浮きが安定したら
竿を小さく上下に揺らして

誘いをかける。

アタリは いろいろあるんですけど
浮きが沈んで 少し動いたら…。

あっ。

おぉ~ すごい! すごい!

まずは1匹。

1匹目。

よし。

《浮きが止まったら竿を上下》

《あっ 息止まってた。
落ち着こう。

1回 深呼吸しよう》

《あ~ こんなふうに
自然の中でリラックスしたのは

久しぶりかもしれない》

おぉ~ すごい!

2匹目。

《小さなタナゴを釣り上げる
このワクワク感。

魚の大小は関係ない。

やっぱり釣りって楽しい》

《檀さん いつも
こんなふうに釣りしてるのか。

ステキだなぁ…。
って 見とれてる場合じゃない!

まだ1匹も釣れてない!》

《おじいさんも釣れてないか…。

ん? あのタナゴ鈎 変だな。

鈎の先が
曲がってないように見える。

あっ また引っかかっちゃった。

檀さんと同じように
やってるつもりなのに

なんで釣れないんだろう?》

えっ?

これは 鈎?

これ僕に くれるんですか?

ありがとうございます。

誘いは細かく丁寧に。

誘いは細かく丁寧に?

変だと思ったら
とにかく合わせろ。

変だと思ったら
とにかく合わせろ。

はい。

《ゆっくり竿を上下させる》

《ん? 今 浮きが
わずかに動いたような》

《動きに合わせて…》

おぉ~ 釣れた!

檀さん 見てください!
釣れました!

おめでとうございます!

えぇ~ うわっ。

また釣れた! えぇ?

《えっ ビギナーズラック?

それとも 魚の群れが移動した?》

《すごい。
魚が勝手にかかってきた感じ。

これ魔法の鈎か?》

釣りって楽しいですね。

なら よかったです。

《さんざん
釣りの先輩ヅラしちゃったのに

この流れはつらい。

社長 すごくはしゃいでる。

まぁ こんなに
楽しんでくれてるなら

勝負とか
どうでもいい気がしてきた》

あっ… あっ やった!

えぇ~!

(夕方のチャイム)

社長 1時間経ちました。

あれから全然
釣れなくなっちゃいましたね。

この池では
タナゴが減ってしまったと

常連さんも言ってましたし
最初が奇跡だったんですよ。

僕が2匹で 檀さんが3匹。

まいりました!

社長も すごいですよ。

《勝負なんて
どうでもいいと思ったものの

ホッとしている自分》

結構 才能あるのかも。

日頃の素振りの成果か?

こう シュッて。

そろそろ片づけして帰りますか。
はい。

あっ おじいさんにお礼を。

あれ? いない。

いつの間にか
いなくなっちゃいましたね。

なんだか不思議な方でした。

あっ。

これは おじいさんが使ってた鈎。

《あの人 いったい
何者だったんだろう?》

こんばんは。
(いつき)あ~ なぎちゃん。

お疲れさま。
こんばんは。

いらっしゃいませ~。

《誰?》

(富澤)ダンディさん こんばんは。
こんばんは 富澤さん。

今日 早いですね。
ダンディさん?

あっ 私の
あだ名みたいなものです。

あだ名。

そちらの方は?
うちの会社の社長です。

えっ!
あ~ 社長さん。

天王寺と申します。

《なにこの いい感じのオーラ》

私 なぎちゃんの幼なじみの
七瀬いつきと申します。

富澤です。
よろしくお願いします。

どうぞ。
(天王寺)すみません。 失礼します。

実は タナゴ釣りで負けたほうが
1杯おごるってことになりまして。

《えっ?》

タナゴ釣りですか。
で どっち勝ったんですか?

もちろん檀さんです。
はい。

僕なんか かないっこないですよ。

《社長と2人で釣り?

私だって ようやく ようやく

この間 2人で
念願の釣りに行けたのに!

許せない 同じ会社だからって
社長だからって

ちょっと筋肉あるからって!》

いつき おしぼりちょうだい。

おしぼり。
あ~ ごめん ごめん。

はい すみません。
なんか絞られてる。

あの 飲み物は?

え~ いつものおまかせで。
社長 どうします?

じゃあ 僕も同じので。

同じの… はい。

はい いつもの。
(2人)ありがとうございます。

なぎちゃんのやつ。

じゃあ乾杯。
乾杯。

富澤さんも お疲れさまです。
よろしくお願いします。

今日のお料理が タナゴはタナゴでも

ウミタナゴのお料理で~す。

(檀)ウミタナゴ。

(いつき)はい。 ウミタナゴの
梅醤油仕立てになります。

おいしそう。
ふ~ん。

あとは 鮒寿司になります。

いただきます。
いただきます。

僕 ウミタナゴ食べるの初めてです。

さっきのタナゴとは もちろん
違うやつですよね?
うん。

タナゴは コイの仲間で
ウミタナゴは スズキの仲間です。

(天王寺)へぇ~。

ウミタナゴは
稚魚をたくさん産むことから

地域によっては
妊婦さんが安産祈願のために

たくさん食べるそうですよ。
へぇ~。

さすが女将さん 詳しいですね。

とんでもないです。

《当たり前でしょ!
魚の知識なら絶対負けない》

釣り人の間では
あまり好まれないんですけど

意外と おいしいですよね。
はい。

これ ご飯にも合いそう。

鮒寿司も お酒に合いそうですね。

はい。 たいへん手間のかかった
お一品になります。

ダンディさん おごられ酒で ご満悦。
余計おいしいでしょ。

ハハハハ
ありがたくいただいてま~す。

そういえば社長 隣のご老人に
鈎もらってましたよね?

あっ! そうなんですよ。

鈎を替えたら
すっごく釣れるようになって。

これです。

(檀)あっ これ…。
(富澤)これ 研ぎ鈎だ。

研ぎ鈎?
うん。

口の小さなタナゴをかけるのに
気が長くなるほどの手間かけて

鈎先を極限まで削り込んだ
鈎なんですよ。

これを手作業で?
えぇ。

量産できないから
名人と呼ばれる研ぎ師のものは

高値で取り引きされるんです。
へぇ。

もしかして あの人 ゴイサギ長作?

ゴ… ゴイサギ長作?

うわさで
聞いたことあるんですけど

伝説の研ぎ師です。

ゴイサギの異名は

そのすさまじい釣果に
鳥が群がるからとも。

うずくまるような姿勢で
釣りをする姿が

ゴイサギに似てるからとも
言われてるそうです。

そういえば あのおじいさん
使ってた鈎 変わってましたよね。

変わってましたね。

これ。

《天王寺:鈎先の形が…》

(檀)先が曲がってない。
(天王寺)うん。

気付いたら僕のとこに
置いてあったんですよ。

太公望みたい。

太公望って 古代中国の軍師の?

うんうん。
釣りをしているところを

通りかかった王に
見いだされたっていう。

そのとき 伝説では
釣り鈎の形はまっすぐで

水面にすら届いてなかったとか。
えぇ。

もしかしたら
釣りの喜びの境地かもしれない。

釣れない鈎で 魚たちと戯れる。

僕たち人間が 魚に
遊んでもらってるのかもしれない。

魚に遊んでもらう…。

釣りって奥深いですね。

それにしても 偶然
ゴイサギ長作の隣に座るなんて

さすが社長 すごい。

ホント。 社長の人を見抜く眼力
ホント尊敬します。

いやいや 眼力かどうかは
わかりませんが

出会いには
恵まれてる人生かもしれません。

檀さんみたいな
優秀な方と出会いましたから。

いやいや
私なんて まだまだですよ。

僕 本気で
好きになったかもしれません。

えっ?

えっ?

釣りが… 本気で
好きになったかもしれません。

また教えてくださいね。

はい。 いつでも。

《この社長 侮れない。

なぎちゃんは そう簡単に
釣らせないんだから!》

《釣り好きが増えて うれしい。

何より これで平日のちょい釣りが
しやすくなったかも》

明日も仕事 頑張りましょう。

はい。

偉いなぁ もう。
今日 あれだね あの

もう チーム夕まづめが
1人増えたってことで。 ねぇ。

いいんですか?
仲間入りです。

ありがとうございます。