真夜中ドラマ「イケメン共よ メシを喰え」第5話[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

真夜中ドラマ「イケメン共よ メシを喰え」第5話[字]

食に全く興味のなかった編集者・池田好美(筧美和子)は、イケメンと食事をするとムラムラし、食欲が増すという才能が開花!イケメン×グルメのハイブリッド新感覚ドラマ。

詳細情報
番組内容
今日もグルメ企画のネタを探すべく、好美(筧美和子)は小路(竹中直人)に紹介された和菓子屋へ。そこでイケメン店主、幸太郎(内藤秀一郎)と出会い、好美は早速取材を申し込む。結果、急遽その日の夜に取材がてら、肉料理「シュラスコ」を2人で食べに行くことに。
番組内容つづき
食事をしながら、和菓子屋を継いだ想い、海外進出も見据えたビジョンを語る幸太郎に後光が差して見える好美。そして、注文した肉を上手にトングでつかむ幸太郎。肉を口に運び、赤ワインを一口飲む所作の美しさに見惚れた好美はまたも妄想の世界へ。そして今宵も発動した食欲で各部位の柔らかさ、うまみに溺れていく・・・。
番組概要
イケメンとグルメを掛け合わせた、ハイブリッド新感覚ドラマ。乙女ゲーム愛好者でイケメンをこよなく愛す池田好美(28)は文芸誌の編集者。超少食で食べる事が苦手だが、急遽グルメ誌を担当することに。食に全く興味のなかった好美だったが、イケメンの新人社員・細見賢人(22)と食事をしたときに才能が開花!
概要つづき
彼女はイケメンと食事をするとムラムラし、食欲が増進するのだった。初めて食欲を感じた好美は少食改善のため“イケメンごはん”を追求することを誓う…。
出演者
池田好美…筧美和子
細見賢人…井上祐貴
小路新…竹中直人
堀みずき…秋山ゆずき
幸太郎…内藤秀一郎
原作脚本
【原作】東田基「イケメン共よ メシを喰え」(ふゅーじょんぷろだくと刊)
監督・演出
【監督】副島宏司、永江二朗、山嵜晋平
音楽
【オープニングテーマ】Dannie May「ぐーぐーぐー」(SKID ZERO)
【エンディングテーマ】チョーキューメイ「心を照らせ!」(神宮前レコード)
関連情報
【番組HP】
https://www.tv-osaka.co.jp/ikemeshi/
【公式Twitter】
https://twitter.com/tvo_mayodora/
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/ikemeshi/
4K制作番組
この番組は4Kで制作しています。BSテレ東4Kチャンネルでは超高精細映像でお楽しみいただけます。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 好美
  2. 取材
  3. イケメン
  4. デート
  5. 今日
  6. シュラスコ
  7. 一緒
  8. 幸太郎
  9. 細見
  10. 食事
  11. お店
  12. シンタマ
  13. ハラミ
  14. 失礼
  15. バルサミコソース
  16. 飲食
  17. 出会
  18. 笑顔
  19. イチボ
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥5,773 (2022/12/06 20:29:06時点 Amazon調べ-詳細)

<好美:私 池田好美は
超少食のイケメンオタク。

ある日 イケメンの後輩 細見くんが
食事をしている姿を

目の当たりにしたのをきっかけに
食欲に目覚め

今は グルメ雑誌で

『ごはん男子』という連載を
持つことになりました。

イケメンがいれば ご飯がすすむ!

あ~あ 今日は
どんなイケメンとおいしいご飯に

出会えるかしら~?>

(好美)これかな?

小路:和菓子屋さん特集?
あっ だったら俺の地元に

おいしいお店があるから
今 地図描いてあげるよ。

広尾駅 こっちに郵便局があって
ここにポリスがある ここ。

はい 昇光っていうところ

名前 全然違うし。

すみませ~ん。

いらっしゃいませ。

(幸太郎)いらっしゃいませ。

《とんでもないイケメン!》

もしもし? あぁ どうした?

《あぁ…。

取材したい! 取材したい!
取材した~い!!》

あっ あの!

お疲れさまで~す。

お疲れさまです。
お疲れさま~。

(みずき)ちょうど戻ってきた。
ん? 何?

今日 男友達と飲み会やるんだけど
好美も来ない?

ごめん
今日 急きょ取材入っちゃってて。

イケメンごはんの?
ごはん男子ね。

あぁ。
今企画してる和菓子特集の

情報収集のつもりだったんだけど
偶然 逸材に出会っちゃったの。

おぉ!

《あぁ… 難しい顔しているわ。

私 イケメンを困らせてしまったのね》

僕でよければ喜んで。

《えっ!?》

ありがとうございます!

でも今週は ちょっと忙しくて…。

あっ そうだ。
今夜って空いてますか?

えっ?
友人が経営しているお店に
行くんですけど

一緒に行くはずだったヤツが
行けなくなったので

もしよければ…。
行きます!

(好美)というわけなの。

えっ それって… デートじゃね?

えっ? な… なに言ってんの?
取材だって 取材!

ふ~ん。 食事って何食べんの?

あぁ 私はよく知らないんだけど
シュラスコ? っていう。

やっぱデートじゃん。
えっ!?

若い男女が情熱的に
盛り上がるやつじゃ~ん!

違うってば! 取材よ!

そんなムキになんないで。
ちょっと からかっただけじゃん。

ねぇ 細見くん…。

どうしたの 細見くん。
すっごい汗だくだよ?

(細見)いえ 別に…。

細見くんって 変わってるよね。
うん。

まぁ とにかく
楽しんできてね デート。

だから違うって! 取材よ!
(みずき)お疲れさまです。

《とは言ったものの

イケメンとディナーしながら
取材するなんて 緊張するわぁ。

シュラスコって
ドレスコードとかないわよね?

せめて いちばん新しい服
着てくればよかった。

何を言ってるの 好美!

デートじゃないんだから
いいのよ いつもどおりで》

(幸太郎)好美さん!
は… はい!

すみません
お待たせしちゃいましたか?

とんでもないです! 今 来ました。
よかった。

《ま… まぶしい!

待ってるだけで
こんな笑顔が見られるなら

何年だって待つわ。

今なら私
忠犬ハチ公の気持ちがわかる!》

それじゃ 行きますか。

はい。

(好美)すてきなお店ですね。

気に入ってもらえて
よかったです。

ここを ご友人が
経営されてるんですか?

はい 大学の時に

一緒に飲食やろうって
言ってたヤツで。

飲食?
あっ そうなんです。 もともと…。

幸太郎!
よお。

いらっしゃいませ。
あちらの席へどうぞ。

どうぞ。

《あれ?》

おいしい赤ワインがあるんですけど
お酒 飲めます?

はい 飲めます。
赤ワインでいいですか?

はい。

すみません。
はい。

《これって まるで…》

トレロンガレス グランレセルバお願いします。
かしこまりました。

《デートみたいだわ》

シュラスコは初めてですか?

そうなんです。
ルールすらも よくわかってなくて。

シュラスコというと
ビュッフェスタイルが多いですが

ここは テーブルまで
メニューを運んできてくれるんです。

そうなんですね。

一緒に食事に来た人の顔を
ずっと見ていられるところが

僕は気に入ってます。

《ダ… ダメよ 好美!
気を引き締めて 仕事 仕事》

和菓子屋さんを
継ぐことになったのには

何か きっかけがあったんですか?

父親が常連さんと
世間話をしてるときに

うちって ただ和菓子を
買って帰るだけじゃなくて

憩いの場になってるんだって
思ったんですよね。

飲食をやろうと思ったのも

憩いの場を作りたいっていう
思いがあったので。

だから その時… あっ なんだ
実家継げばいいんだって

ストンって腑に落ちたんです。
そうなんですね。

《あっ! ご… 後光》

新しい世代の人にも
喜んでもらいたいし

3年後には
海外にも うちの和菓子を

広めていきたいなって考えてます。

《あぁ~ 非の打ち所のなさよ。

こんなに中身が完璧で
更にイケメンって

もう 後光が見える。

トキメキと安心感の二重奏。

これぞ 大人包容力》

失礼します。
こちらピッカーニャ イチボです。

《好美:お~ きれいな断面》

こうやって 切ってもらったお肉を
トングでキャッチしてくださいね。

なるほど。

《さりげなくリードしてくれる感じ
すごく心地いい。

そして何より この笑顔。

いつまでも見ていたい》

お好みで
ビネガーソースをおかけください。

はい。
はい。

では いただきます。

いただきます。

《かっこよすぎて
ヨダレが出てきたわ~》

《わぁ~ 絵になる!》

失礼いたします。
こちらフラウジーニャ ハラミでございます。

《お肉を受け取る所作のスマートさ》

ハラミには バルサミコソースが合いますよ。

あ… はい。

《お口に運ぶ所作の上品さ》

《私が
凝視しているにもかかわらず

包み込むような優しい笑顔を
向けてくれるなんて。

あぁ…
お腹の奥底が ムズムズしてきた》

失礼します。 希少部位のシンタマです。

ください。

シンタマは牛のモモ肉の1つで

脂が少なく 一見かたそうに
見えるんですけど

実は すごくやわらかくて

なにより すごく濃厚な
味わいがするんです。

《一見 かたそうで…》

《実は やわらかくて…》

《シンタマは まるで
幸太郎さんみたい。

それに… それに…。

すごく濃厚な… 味?

ヒャーッ! 私ってば いけない妄想を。

ないから! 幸太郎さんと
そんな思い出ないから!》

失礼します。
こちら焼きパイナップルです。

ください!
好美さん無理しないでくださいね。

大丈夫です 食べます。

《特等席で 大人包容力あふれる
イケメンのお顔をおがめるなんて

こんな ありがたいことあって
いいのかしら…》

どうしたの?

えっ?

さっきから 何度も目が合うから。

《ヒャーッ!

ずっと敬語だった人の不意なタメ口。

憧れのシチュエーション!》

私なんかが
一緒にいていいのかな。

そんなふうに思ってたの?
えっ?

うん 思ってるけど…。

すごく 速い。
(鼓動)

本当は余裕なんてない。

今も こうして君と
向かい合って食事をしてて

すごくドキドキしてる。

そんな…。

僕と…。

結婚してください

《あ~ たまらない!》

《なんだか… とっても…》

《ムラムラする!》

あぁ~!

《いただきます》

《やわらかい!

これが イチボ。

岩塩が効いていて 噛むほどに
程よい甘みが出てくるわ。

たしかこれには ビネガーソースが…》

《合う! 急に さっぱりしたわ。

次は ハラミ》

《わぁ~! お米が欲しくなる味。

なんてジューシーなの!

たしかハラミには
バルサミコソースって言ってたわよね。

バルサミコソースをかけたら
まったく違う印象になったわ。

まるで魔法のようね。

そしてこれが シンタマ》

《ん~!?
上等なヒレ肉のような味わい。

本当にやわらかい。

口の中で とろけてく!

これにはぜひとも
このキャッサバでできた ファローファを…》

《合わないわけがなかった。

ファローファの粉で
香ばしさが増してる。

そこからの焼きパイナップル》

《あぁ すごい!

焼くことで ジューシーさと甘さが
引き立っているわ。

これは大発見。

最初にパイナップル焼いた人に

感謝状送りたいレベル》

ソーセージです。
ください!

《シュラスコ 初めての体験だわ。

次から次に繰り出される
肉たちのパフォーマンス。

まるで 食のエンターテインメント。

しかも こうやって切り分けられた
お肉を食べていると

一口一口 食べさせてもらって
いるかのよう》

う~ん!
ほら エビもあるよ。

う~ん!

ほら まだまだあるよ 好美。

いや~ん!

《これぞ ハッピーエンドレス!》

おいしかったですか?
はい すごく。

やだ 私ったら! すみません。

いえ たくさん食べていただけて
よかったです。

では 私はここで。

今日は
急なお願いにもかかわらず

取材させていただいて
ありがとうございました。

いえ こちらこそ
食事につきあわせてしまって。

いえ すごくおいしかったです。

あっ 原稿出来上がったら
すぐにお送りしますね。

はい…。

あれ? なんか私
おかしなこと言っちゃいました?

あっ いえ そういうんじゃなくて。

ただ ちょっと…。
ただ ちょっと?

好美さんって すてきだなって。

えっ?

無邪気に パクパク食事をしたり
パリッと仕事モードになったり

表情がクルクル変わるから
一緒にいて すごく楽しいです。

好美さん。
は… はい。

《こ… こ…
これってまるで さっきの…》

あっ。

《妄想が今
現実になろうとしている》

開けてみて。

《どうしよう!》

はい。

《ま… まだ全然
心の準備ができてない》

《少し怖いわぁ。

でも…
でも その先に進まなくちゃ!》

えっ?

《これは まぎれもなく
まんじゅう》

それ 新商品にしようと
思ってるんです。

好美さんの年代の方を
ターゲットにしてるんですけど

どうですか?

好美さん?

め… めちゃくちゃ かわいいです。

絶対 人気商品になりますよ~。

だといいなぁ。
アハハハハハ…。

(みずき)そっかぁ
ホントに ただの取材だったんだ。

(好美)当たり前でしょ。

とかいって ホントは
ちょっと期待してたんでしょ?

まさか!

やっぱりイケメンは
ゲームの中で出会うのが

いちばん楽しいって確信したわ。

《ゲームの中のイケメンは

理想どおりの動きを
してくれるしね》

人間として
めちゃくちゃダメな発想だよ それ。

えっ?
いや いや いや いや いや…。

あっ 堀ちゃん! また来てんだ。

「ちゃん」づけ NGでお願いします。

あっ… 堀さん また来てるんだね。

はい。 お疲れさまです。
お疲れさま。

新さんも いかがですか? お菓子。

いや いい。 俺 甘いの苦手だから。
えっ?

で どうだった? デート。

取材です。
そう 取材どうだった?

おかげさまで
いい記事が書けました。

さすが好美ちゃん!
昨日の今日なのに 仕事早いな~。

あっ ごめんなさい。

メール 送りましたよ。
えっ 何を?

記事です。
あぁ。

さてさて…。

《新さんも 働くときは
結構しっかりしてるんだよなぁ。

ふだんは適当おじさんだけど。

あれ? もしかして…。

私 新さんでも食欲が?》

《なわけないか!》

<今日のお店は こちら>

< ごちそうさまでした!>