刑事7人 #2/新人刑事vs解剖医…2つの遺体の優先順位[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

刑事7人 #2/新人刑事vs解剖医…2つの遺体の優先順位[解][字]

転落死の身元調査を任される路敏。天樹らが追う殺人事件の捜査をしたい路敏は身が入らない。堂本はそんな新人を案じる。そして、2つの事件は思わぬところで繋がっていき…

◇番組内容
『刑事7人』がシーズン8に突入!今作は、新専従捜査班に東大卒のキャリア組の新人、いわゆる≪Z世代≫のエリート・坂下路敏(小瀧望・ジャニーズWEST)が新たなメンバーとして参加!大きな変革を迎える。会議はリモートで参加、聞き込みは足よりSNS…コスパ重視のZ世代と、天樹を筆頭とした≪ガラパゴス刑事≫との世代間ギャップも見どころに。昭和、平成、令和の3世代の刑事たちと難事件に立ち向かう!
◇出演者
天樹悠…東山紀之
海老沢芳樹…田辺誠一
坂下路敏…小瀧望(ジャニーズWEST)
野々村拓海…白洲迅
青山新…塚本高史
片桐正敏…吉田鋼太郎
堂本俊太郎…北大路欣也
【ゲスト】
杉田かおる
長谷川朝晴
柏原収史
古澤蓮
小久保寿人
◇脚本
森ハヤシ
◇監督
兼﨑涼介
◇音楽
奈良悠樹
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】山川秀樹(テレビ朝日)、石田菜穂子(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_08/
☆Twitter
 https://twitter.com/keiji_7nin
☆Instagram
 https://www.instagram.com/keiji_7nin/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 堀尾
  2. 路敏
  3. 征木
  4. 青山
  5. 遺体
  6. 過去
  7. 事件
  8. 片桐
  9. 堂本先生
  10. 家族
  11. 睡眠薬
  12. 天樹
  13. 松宮
  14. 転落死
  15. 被害者
  16. プライオリティ
  17. 自殺
  18. 身元
  19. 人間
  20. 転落

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(堂本俊太郎)メス。
9時 解剖開始。

(松宮真一)乾杯。
(一同)乾杯。

(松宮)飲めるの?
(2人)好きだよねー。

(松宮)ハハハ… 好きなんだ。
そろっちゃった。

(松宮)どこ行くの?
(征木健也)ああ たばこっす。

喫煙所 遠いんですよ。
まあ ごゆっくり。

♬~

あっ すいません 火…。

(殴る音)
(征木)うっ…!

(殴る音)
(征木)ああっ…!

(殴る音)
(征木)あっ…。

(倒れる音)

(片桐正敏)ああ~… もさい…。

もさい!

蒸し暑い夏の夜に
もさい男が5人。

耐えられん!

環 カムバーック!

(天樹 悠)
アメリカは あっちですよ。

えっ? あっちなの?
…どっちでもいいよ。

そういうツッコミも
もさいんだよ。

(青山 新)
あっ そういえば 路敏は?

(野々村拓海)
ああ 定時に帰りました。

なんか 用事があるみたいで。
用事って?

(海老沢芳樹)恋人と 流れ星でも
見に行ってるんじゃないか?

今夜が 流星群 見頃だって。
(青山・野々村)へえ~。

そういう個人情報
一切 教えてくれないんですよ。

秘密主義なんですかね?

ランチ誘っても 毎回 断られるし。

えっ? 俺 今日
一緒に昼飯行ったよ。 えっ?

俺も 先週行ったよ そば屋。
えっ?

いや それ おごりだったからじゃ
ないんですか?

いやいや 割り勘だよ。

おごってやるっつったけど
かたくなに拒否された。

片桐さんも
ランチ行ったんですか?

うん。 一緒に
ふわとろオムライス食べた。

ハハハハ…。

片桐さんみたいな人が

ふわとろオムライス
食べちゃ駄目です!

どういう意味だよ? それ。

なんで 俺だけ…。

(坂下路敏)お願いします。
(小室)はい。

(小室)ああ 確かにね。

じゃあ また来月ね。
(路敏)はい。

(衝撃音)

(女性)どうしたの?
(男性)事故かな?

(路敏)すいません すいません
すいません。 すいません。

すいません 通してください。
すいません。 すいません。

すいません すいません…。

(女性)飛び降りだわ!
(女性)血だらけ…。

(電話)

はい 新専従捜査班。

はい。

確認ですけど 天樹さんも 路敏と
まだランチ行ってないですよね?

僕も まだ行ってないな。
ああ~ よかった。

懐かれてないレベルでいうと
僕と対等ですね。

何を競い合ってんだよ。
えっ いいじゃないですか。

(携帯電話の振動音)
失礼。

(携帯電話の振動音)
路敏からだ。

えっ?
もしもし?

まあまあ まあまあ…。

天樹さん。 すみません 路敏です。

どうした?

(路敏)大田区筧町の路上で
中年男性の転落死です。

「どうして 君が それを?」

たまたま出くわしてしまって。

わかった。 ちょっと待て。

どうした? 天樹。
路敏から電話です。

(路敏)「大田区筧町の路上で

中年男性の転落死の現場に
遭遇しました」

ああ 転落死か。

それとは別で こっちでも死体だ。
(野々村)えっ?

現場は品川区のビル街。
他殺だそうだ。

お前たちは こっちの
品川の現場に向かってくれ。

(野々村・海老沢・青山)はい。

路敏 ひとまず
そっちは お前に任せる。

状況は ちゃんと報告しろよ。

(路敏)あっ… わかりました。

じゃあ いってきます。

(カメラのシャッター音)

(カメラのシャッター音)

めった打ちだな。

(野々村)被害者は征木健也さん。

不動産会社 住まいるフェイスの
経営者。

凶器は 現場に残された
鉄パイプだそうです。

財布からは現金が抜かれ

アクセサリー類も
奪われていました。

物取り目当ての犯行の可能性も
あります。

物取りにしては
恨みが強い気もするがな…。

死亡推定時刻は
19時15分から20時25分の間。

第一発見者は

近くのダイニングで
被害者と食事をしていた

元同僚 松宮真一さん。

人目につかない
喫煙所での犯行だったため

発見が遅れたとの事です。

(青山)
被害者の征木健也さんですが

元いた不動産会社
Shiny homeから独立し

自らの不動産会社

住まいるフェイスを
立ち上げました。

経営は かなり順調で

業績は
古巣に迫るくらいだったと。

ちなみに
第一発見者の松宮さんは

その古巣である
Shiny homeの代表です。

征木さんは 殺される直前まで

その松宮さんと
こちらの女性2人と

食事をしていました。
へえ~。

合コンでもしてたのか?

ああ… 19時10分頃

征木さんが
たばこを吸いに席を外し

その約1時間後
被害者の戻りが遅いので

松宮さんが
喫煙所まで様子を見に行った際

血を流して倒れている征木さんを
発見したと。

1時間後…。 探しに行くまで
時間かかりすぎじゃない?

ああ 確かに怪しいな。

表向きは 楽しく合コンしてても

独立された上に
業績まで並ばれたんじゃ

内心は面白くなかったろうな。

(路敏)すみません 夜分遅くに。

君らに振り回されるのは
慣れてるよ。

ただ これに関しては

堂本先生の手を煩わせるような
事件ではないかと。

まだ何もわかってないんだろう?

そうですけど…。

飛び降り自殺だと思います
高い確率で。

防犯カメラに

1人でビル内に入っていく
被害者の姿が映っていました。

ふらふらと近所を歩く
目撃談もあります。

特に解剖するネセシティは
ないかと。

ネセシティ?
ああ… 必要性です。

「necessity」ね。

ただ 現場のビルには
暴力団の事務所などもあり

近くで
殺人事件が起きたりしてるので

念のため 解剖したほうがいいと
上が判断しました。

なので
プライオリティは低いかと。

プライオリティ?
ああ… 優先順位です。

「priority」ね。

私の仕事は 目の前にあるご遺体と
向き合う事だ。

優先順位をつけるつもりはない。

しかし わかりきってる事件に
労力を割くのは コスパ的に…。

ひとまず 君は ここまで。

ここから先は
我々のテリトリーだ。

刑事だろうが 外部の人間には
遠慮してもらっている。

…わかりました。

(キーボードを打つ音)

(ドアの開く音)

終わりましたか?
おう。

死因は 落下時の衝撃による
外傷性ショック死。

誰かと争ったような形跡は
特になかった。

なるほど。

ご遺体の健康状態が
あまり良くない。

栄養失調気味だったと
考えられる。

それから 胃から
睡眠薬の成分が検出された。

睡眠薬?

致死量には満たない量だが。

(路敏)となると
やっぱり 自殺ですね?

睡眠薬の多量摂取で
自殺を図ったが

それに失敗して
飛び降りを選んだ。

自殺かどうかを決めるのは
君たちの仕事だ。

そもそも ご遺体の身元は?
死亡前後の状態は?

(路敏)所持品は 小銭と

封筒に入った
2000円ちょっとのお金で

身元を示すものはありません。
ただ 身なりからして

どこかのホームレスが
行き場を失い

自ら命を絶ったのではないかと。

名前も素性もわからない時点で

人の行動を決めつけて
いいものなのかなあ?

亡くなったのは一人の人間。

その人にも
何十年と積み重ねた人生がある。

ヒントになるような
身体的な特徴を伝えておこう。

大丈夫です。 それに関しても
プライオリティは低いので。

いや
堂本先生のおっしゃるとおりだ。

天樹さん…。

まずは ご遺体の身元確認だ。

それがないと何も始まらない。

君たち どうして ここに?

あっ… こちらの事件でも
解剖をお願いしたくて。

終わったと思ったら もう一件…。
すいません。

コーヒー1杯飲ませてよ。

明らかに事件性のない
こっちの不審死より

そっちの殺人を追いたいです。

片桐さんから言われてるだろ
そっちは君に任せるって。

そうですけど…。

♬~

(堂本)死因は
頭部への打撃で間違いない。

あと これは
事件には関係ないと思うが

ご遺体の右腕を見てくれ。

このやけどは…。

昔 不良仲間で流行った…。
ああ 根性焼きですか。

ヤンキーが 皮膚に
たばこの火を押しつけたり。

(堂本)それ それ。

(野々村)
被害者の征木さんとの関係は

良好だったんですか?

(松宮)えっ?
ああ… もちろんです。

確かに あいつが独立したのは
痛手でしたけど

仲は良かったですよ。

昨日だって 独立成功のお祝いで
合コンを開いてやってたんですよ。

征木さんが席を外して
なかなか戻ってこなかったのは

おかしいとは
思わなかったんですか?

いや たばこを吸いに行った時に

仕事の電話でも
かかってきたのかなと

思ったんですよ。
ああ どうぞ。

過去にも
そういう事があったんで。

っていうか 俺 疑われてます?

ああ… 決して そういうわけでは。

(松宮)
いや ちょっと待ってください。

俺なんかより 他に疑うべき人間
たくさんいると思いますけどね。

それは どういう意味ですか?

征木が立ち上げた会社
結構 イケイケでね。

法律スレスレの
地上げに近いような事も

やってたみたいなんですよ。

地上げ…。

家賃を滞納してる住人が
居座ってる訳あり物件を

格安で手に入れたあと
無理やり追い出すとか。

そうですか。
(野々村のため息)

(野々村)
住まいるフェイスに行って

被害者の征木さんが
過去に立ち退きを迫った住人の

リストをもらってきました。

よし… じゃあ 手分けして
このリストの人物 あたるか。

(青山・海老沢)はい。

(路敏)
それ 僕も手伝っていいですか?

転落死した遺体の身元は
わかったのか?

(路敏)それは まだです。

ですが 事件性のない案件に
人を割くのは

プライオリティが低いかと。

コスパの次はプライオリティか。

僕は 殺人事件の捜査がしたくて
この部署を希望したんです。

名もなき遺体の身元を調べるのは
別の部署に任せて

こちらの事件に
専念させてください。

♬~

わかった。

転落死した遺体の身元確認は
拓海 お前に任せるわ。

(野々村)
えっ… あっ わかりました。

(路敏)すみません 助かります。

なるほど! それで…。

ええ。 ありがとうございます。

後輩の尻拭いをさせられる
っていうのは

たまったもんじゃないだろう。

いえ 全然平気です。

片桐さんにも
なんらかの意図があって

こうしてると思うんで。

意図?
(野々村)はい。 普通なら

「プライオリティ低いから
やりません」とか言ってる新人

怒鳴りつけて終了ですけど

わざと泳がせてるっていうか

育てようとして
いろいろ考えてるんだなって。

そういう時代なんですかね…。

お前さんも なかなか
人を見る目が磨かれてきたね。

ハハッ… 何年 刑事やってると
思ってるんですか?

何年になる?

えっと… 4年? 5年だっけな?
あれ?

本題に入ろうか。
あっ はい。

ご遺体の身元を割り出す
ヒントがあれば

っていう事だったね?
ええ。

えー… まず 右足首に古傷。

歩く時は
引きずっていたかもしれない。

それと… 両方の親指に

小さなタコができていた。

両方の親指にタコ…。

それからね…

ここも
ちょっと よく見てくれるか?

征木社長の印象は?

もう最悪だよ。

こっちだって 一応 顧客なのに
なんか 見下してる感じでさ。

あと 社員も
柄の悪い連中が多くてね。

柄の悪いといいますと?

いや そいつらがさ

出ていくように
圧をかけてくるんだよ。

もう チンピラだよ チンピラ。

(青山)次は あのアパートですね。

堀尾一郎さんという住人が

1カ月ほど前に
立ち退きさせられてます。

♬~

(高梨小次郎)当時 このアパートの
管理人をしていた高梨です。

1カ月ほど前ですね

この部屋の住人だった堀尾さんに
立ち退いてもらいました。

(高梨)その日は たまたま
征木社長もいて

堀尾さんも 行く場所なくなるから
もう少し置いてくれって

懇願してたんですけど

そこは
ドライに切り捨ててましたね。

(堀尾一郎)あと1週間でいいんで
お願いします!

お願いします…!

(征木)やめてくれる?

(堀尾)うっ… ああっ…。

(征木)この靴 結構するんだよ。

おじさんの年収ぐらい?

♬~

あと よろしくね。

社長のやり方が冷たいとか
思われるかもしれませんけど

堀尾は
半年以上 家賃を滞納してました。

コミュニケーションもとれないし
ゴミ出しのルールも覚えないし

追い出されて当然だったと
思いますよ。

その堀尾さんは 今 どちらに?

今ですか? えっと…。

この人 見覚えありませんか?

ちょっと わからないですね。

そうですか。
ありがとうございます。

この人を見てませんか?

いや ちょっと わかんないですね。

そうですか。
ありがとうございます。

ごめんなさい。

両方の親指に

小さなタコができていた。

あの…
ちょっと伺いたいんですけど。

(青山)恐らく あそこですね。

アパートを追い出された
堀尾さんが 今 住んでいる

ブルーシートハウスです。

この中にいるかもしれないな。
(青山)はい。

(物音)

あれ?
おお…。

(野々村)天樹さん 青山さん。
(青山)拓海が どうして?

いや… 転落死のご遺体の身元が

堀尾一郎さんだという事が
わかって。

転落死?
はい。

仕事仲間の人から
居場所を教えてもらって。

えっ… どうやって身元を?

(野々村)交通量調査の
アルバイト派遣会社に

問い合わせてみたんです。

堂本先生から 親指にタコがある
って話を聞いたんで。

堂本先生 路敏にも
話そうとしたらしいんですけど

あいつ プライオリティが低いから
って断ったらしくて。

で 天樹さんたちは
どうして ここに?

うん… ここに住む堀尾さんが
被害者の征木さんから

部屋を追い出された過去が
あったので

話を聞きに来たんだが
まさか 転落死していたとは…。

♬~

(インタビュアー)もったいな~インタビュー!

シャワーヘッドさんは
もったいないと思うこと あります?

(シャワーヘッド)んっ コンディショナーを
つめかえるときの 液残り?

細かいですね~。
あっ それ言う!? でも 世界中の液残りを

合計したら きっと すんごい量になるわよ。
そうですね。

だから 花王はね 最後の一滴まで

つめかえやすいよう 努力してるんだって…。

ウッ…。 ヤダ 最近 涙腺 緩くて…。

替え時ですね。
それ言う~!?

<もったいないを ほっとけない。 花王>

(野々村)堀尾の
ブルーシートハウスで見つかった

アクセサリー類は

征木さんの持ち物である事が
判明しました。

征木さんの血液反応も出ています。

殺された征木さんの金品を
持ち去ったのが堀尾だとしたら

ほぼ犯人と考えて間違いないか。

う~ん… 拡大自殺ってやつかも
しれません。

元々死ぬ気で 恨みのある人物を
道連れにしようとした。

(片桐)思わぬ形で
2つの事件が重なったな。

拓海 遺体の身元 よく調べた。

ありがとうございます。

(青山)という事は

堀尾は 征木さんを殺したあと

ブルーシートハウスに
金品を持ち帰り

そのあと 屋上から飛び降りた
って事になりますね。

区をまたいではいますが
距離的には そう離れていません。

そういえば 堀尾の遺体から
睡眠薬が検出されたんだったな?

えっ…? あっ はい。

致死量には満たない量
だったそうですが…。

いったん
薬を飲んで死のうと試みたが

それに失敗して
屋上での飛び降りを選んだ。

堀尾に関して
他にも何か情報は?

あっ… ちょ… 待ってください。

えっと… 転落した際の所持品は
小銭と

封筒に 2000円ちょっとの現金を
入れていたかと。

2000円ちょっと? 正確には?

えっと…。

2230円です。

2230円か…。

天樹 何か気になるのか?

堀尾を犯人だと決めつけるのは
まだ早い気がします。

転落死する前の行動にも
不可解な点が多い。

そして 我々は
堀尾の事をまだ何も知らない。

確かに。

ちょっと 出てきます。
どこに?

堀尾の事件当日の動きを
追ってみたいんです。

俺も行きます。
わかった。

(野々村)僕は
転落する直前の堀尾の写真を

SNSに上げていた人がいるので

その人に話を聞こうかと。
俺も一緒に行こう。

(片桐)頼むぞ。
(野々村・海老沢)はい。

お前は どうする?

どうしましょう…?

堀尾の遺族に連絡しろ。

転落したのが堀尾本人かどうか
確認しろ。

わかりました。

征木さんが殺されたのが…。
(青山)えーっと…

14日の19時15分から
20時25分の間です。

堀尾さんが犯人だと仮定すると

鉄パイプでめった打ちにしたあと
ここから…。

♬~

約6キロ離れた この場所に戻り
睡眠薬を飲む。

はい。
しかし 効き目が弱かったのか

目を覚まし ここから…。

ちょ… 天樹さん。

約3キロ離れた
このビルの屋上に来て…

20時40分に飛び降りた。

殺害から最長でも約1時間半。

移動距離は 合わせて約9キロ。

この辺りの移動手段は?

近隣には
電車も路線バスもありません。

タクシーに乗った形跡もないので
恐らく徒歩です。

まあ 歩けない時間ではないかと。

そうか…。

天樹さん
何に こだわってるんですか?

堀尾さんが
このビルを選んだのには

何か理由があったのか…。

(青山)ああ…
現状 このビルとの接点は何も。

もう一度 歩いてみよう。

えっ? わかりました…。

(佐伯真弓)
はい… 弟で間違いありません。

(路敏)そうですか。

(真弓)あの…

遺体は 私が引き取らなければ
いけないのでしょうか?

(路敏)ええ。

捜査に ひと区切りついたら
そうなるかと。

(真弓)お断りしてもいいですか?

えっ…?

弟とは 10年以上も前に
縁を切ったんです。

それから一度も会っていません。

しかし 唯一 連絡が取れた親族が
佐伯さんだけだったので

できれば…。

(真弓)
ネットニュースで見たんです。

品川区の殺人事件

近くで自殺をした人間が
やったんじゃないかって。

この人が…

弟が犯人なんじゃないですか?

それに関しては
お答えできません。

私には家族もいます。

殺人犯の遺体なんか引き取って

変な噂
立てられたくありませんから。

…わかりました。

では。

(ドアの開閉音)

堂本先生
ご協力ありがとうございました。

帰ってもらって
よかったのかなあ?

ええ。

ああいう反応になるのは
無理もないので。

情報を引き出そうにも

堀尾さんとは 10年以上も
会っていないそうなので

期待できませんし。

実のお姉さんなら

長い時間
人生を共に過ごしてきたはずだ。

堀尾さんの過去を
よく知っている。

おととい 起きた事件です。

10年以上も過去の事を調べる
プライオリティは低いかと。

プライオリティか…。

入ってきなさい。

えっ…。

外部の人間は入れないのでは?

いいから。 回って。

じゃがいも

好きな野菜

たまごをざっくりと。

ペイザンヌサラダは
田舎風のサラダという意味だそうだ。

熟成させた卵黄と

3種のハーブのコクとうま味。

いいんですか?

ここを見てごらん。

右肘の内側の軟骨が
損傷している。

一般的に
「野球肘」と呼ばれる症状だ。

転落した際 帽子が落ちないほど
目深にかぶっていたというのは

若い頃 野球に打ち込んだ時期が
あったせいだろう。

はあ…。

それと ここ。

右膝の関節を見てみた。

大腿骨に古い骨折があった。

恐らく
10年以上前のものと思われる。

あの…
それが 事件となんの関係が?

高い確率で 関係はない。

えっ?

ただ 人の行動には理由がある。

過去の記憶 経験 趣味嗜好…。

それらに基づいて
人は行動を決定する。

例えば

君が コストパフォーマンスを
重んじるようになったのは

何か過去の経験に基づいている。
違うかな?

(堂本)
事件関係者の過去を知る事は

一見 無駄に見えたり

コストパフォーマンスが低いと
思うかもしれないが

時に
真実にたどり着く糸口になる。

ありがとうございました。

(堂本)
彼らは 刑事としての経験から

その事を よく知っている。

まねしろとは言わない。

ただ いいところは盗めばいい。

それが 新人の特権だ。

♬~

(ドアの開閉音)

♬~

(路敏)すみません!
ちょっと待ってください!

すいません。

弟さんについて もう少し
お話を聞かせてもらえませんか?

ですから 弟とは
10年以上 会っていないんです。

10年以上前の話で構いません!

堀尾一郎さんの過去を
知りたいんです。

弟の過去… ですか?

はい。

(路敏)ただ今 戻りました。

(片桐)で どうだった?

(路敏)姉の佐伯真弓さんに
確認してもらったところ

あの遺体は
間違いなく 堀尾一郎本人だと。

ただ 遺体の引き取りは
拒否されましたが。

そうか。

ん? それは?

堀尾の過去について
話を聞いたところ

気になる事があって。

(片桐)堀尾の過去について?
(路敏)ええ。

(路敏)この記事です。

(青山)転落事故?

(路敏)
ええ。 15年前

3人家族が
夜の山道で道を見誤って転落。

母親と娘が死亡した事故です。

記事では匿名になっていますが

この時 唯一 生き残った父親が
堀尾一郎だと

佐伯さんが話してくれました。

(真弓)事故の直前

弟が経営していた工場が倒産して
自暴自棄になっていたんです。

警察の人も
この事故は 弟が家族と

無理心中を
図ったんじゃないかと…。

無理心中?

弟は 自分の家族を殺したんです。

堀尾に そんな過去が…。

よく調べたな 路敏。

あっ いや…。

でも 今回の事件とは
あまり関係ないかもしれませんね。

いや…。

2007年7月14日…。

関係ない事はない。
えっ?

捜してもらいたいものが…。

♬~

何度もすみません 堂本先生。

次は何かな?

もう一つ 調べて頂きたい事が…。

(松宮)征木は
若い頃 やんちゃしてたって

たまに話してましたよ。

地元じゃ まあまあ有名な
半グレ集団だったって。

そのチーム名とか わかります?

チーム名か…。

ベンガルタイガーね。

一応 メンバーだったけど。

当時の写真とかありませんか?

写真?

えっとね…
ちょっと待ってね。

フフッ… これ これ これ これ。

恥ずかしいから
あんま見せたくないけどさ…。

ああ… 失礼します。

この時は
俺 強えと思ってたんだけどさ

やっぱり
もっと強い奴がいるんだね。

あっ ここだ。

こんにちは。
すいません

ちょっと お話 いいですか?

♬~

刑事さん

わざわざ こんな所まで呼び出して
なんのご用ですか?

堀尾さんの事を
また お話伺いたくて。

ああ そういや
ネットニュース見ましたよ。

堀尾さんが
征木を殺した犯人だって。

あれ 本当ですか?

その件については
お答えできません。

恨んでる人間を
殺しておいて

その罰を受けるのが怖くて
自殺する…。

そういう事件 多いですもんね。

ただ 堀尾さんは
自殺ではないかもしれません。

えっ?

それを確かめるために
ここに来ました。

ああ… そうでしたか。

実は 堀尾さんが
ビルの屋上に上った あの夜は

アルテミス座流星群が
よく見える日だったんです。

転落した時に
手放してしまったようですが

そのあと 遺体近くから
双眼鏡が発見されました。

堀尾さんの指紋も検出されてます。

恐らく 星を見るために
あのビルに上がっていたんです。

そうだったんですか…。

そんな事件の情報を

俺みたいな部外者に
話しちゃっていいんですか?

問題ありません。

あなたは 部外者ではなく
被疑者ですから…

征木健也さん殺害の。

えっ… 被疑者?

疑われてるんですか?

勘弁してくださいよ。
なんで 俺が そんな事…。

山王ベンガルタイガー
覚えていますか?

えっ?

15年前
この辺り一帯を根城にしていた

半グレ集団の名前です。

ああ… いましたね そんなのが。

(青山)あなたは その
2代目リーダーだったんですよね。

え… ええ そうです。

あの頃は やんちゃしてましたよ。

けど
何年前だと思ってるんですか?

もう時効でしょう。

心を入れ替えてますよ。

ちなみに 被害者の征木さんも
同じ集団に所属していた。

しかし 組織のトップである
あなたと比べたら

征木さんは末端のメンバー。

縦社会の厳しい組織と
聞いてるので

そのポジションには
天と地ほどの差があった。

(青山)当時の写真もあります。

♬~

実際 征木さんの遺体には

10年以上前に
付けられたと思われる

根性焼きの痕が
いくつも残っていました。

あれは
当時 あなたが付けたものでは?

俺一人で付けたもんじゃない。

ただ… 確かに あの頃の征木は
パシリみたいな存在でした。

しかし
その立場が今は逆転している。

征木さんが
不動産会社のトップとして

1億円を超える年収を
得ている一方 あなたは

征木さんが保持する物件の
管理人として雇われ

冷遇を受けていた。

征木さんに対して

不満があったんじゃ
ありませんか?

とんでもない!

仕事がなかった俺を
征木は拾ってくれたんですよ。

感謝しています。

はたからは 過去の縁を大切にして
手を差し伸べたように見えます。

しかし

征木さんが あなたを雇った目的は
違ったんじゃありませんか?

目的って…。

あの頃 散々 苦しめられた
あなたへの復讐です。

おお…。

本当 雇ってくれて助かったよ。

ありがとな 征木。

全然 全然。
お世話になってますし…。

たださ 高梨くん。

雇ってやってんだから…。

征木社長… だろ?

(海老沢の声)
当時 下に見ていた人間に

立場を逆転され
同じ仕打ちを受ける…。

あなたにとって
相当 屈辱的な出来事だったと

想像できます。

あなたの右手に 根性焼きの痕が
残っていますよね。

これは それほど
古いものではないようだ。

別に これは…。

(征木)いいじゃん いいじゃん。
似合ってる 真面目そうで。

お前は 俺の言うとおりに
動きゃいいんだよ。

うわあーっ…!!

いいね いいね!
そのリアクション グー!

(青山)そして あなたは
征木さんを殺す計画を立てた。

そこで目を付けたのが
堀尾さんです。

あと よろしくね。

(青山の声)
征木さんに家を追い出され

殺す動機もある。

親戚や縁者も近くにはいない…。

犯行当日
おとなしくしていてもらうため

堀尾さんの元へ行き…。

(高梨)
堀尾さん! ご無沙汰してます。

行き場なくして
困ってるって聞いたから。

差し入れ。

(堀尾)でも これから
行かなきゃいけない所があるから。

せっかく作ってきたんだからさ
食べてよ。

(青山の声)
睡眠薬入りの食べ物を差し入れ

その足で

征木さんが食事をしている
店近くまで行き

たばこを吸いに出てくるのを
待った。

あっ すいません 火…。

(殴る音)
(征木)うっ…!

雑魚のくせに
粋がってんじゃねえぞ!

その後 堀尾さんの元に戻り

征木さんの血液が付いた所持品を
その場に残そうとした。

しかし

思ったより 睡眠薬の効き目が
続かなかったのか

堀尾さんの姿はなかった。

さっきから
何 言ってんだ あんたたち。

勝手な臆測で
人を疑ってんじゃねえよ!

証拠もねえくせに。
実は

我々に協力してくださっている
解剖医の先生が

とても腕の立つ方でして…。

睡眠薬の成分を
詳細に調べてくれたんです。

主に ジフェンヒドラミンという
成分が使われていて

副作用を抑えるために
光学個性体を使用しているな。

関東近郊で
その睡眠薬を扱っているのは

7店舗だけ。

その全てを調べたところ

あなたの購入履歴が
残っていました。

いや… そうだとしても

俺が飲ませたっていう確証は
何もないだろ。

見えますか?

防犯カメラです。

♬~

偽物でもバレないんだな。

♬~

遺体引き取りの件でしたら
もう お断りしたはずです。

佐伯さんは

10年以上前の堀尾さんの過去しか
知らないと

おっしゃってましたよね。
(真弓)ええ…。

なので 堀尾さんの今を
お話しさせて頂こうかと。

弟の今…?

(路敏)あの日 堀尾さんは ここで

自殺をしようとしていたわけ
ではなく

睡眠薬を飲まされて
その足で屋上に上がり

意識がもうろうとする中で
転落してしまった。

(真弓)そうなんですか…。

そもそも
なんのために こんな場所に?

それは 恐らく
星に願いを込めるためです。

星に?

堀尾さんのご家族が
山道で転落事故に遭われた

15年前の7月14日。

あの日は

アルテミス座流星群の観測に
適した日でした。

(路敏)そして 先日。

堀尾さんが
この屋上にやって来た日も また

アルテミス座流星群の観測日。

恐らく 堀尾さんは

あの時 見られなかった流星群を
見に来ていた。

どうして
そう言いきれるんですか?

堀尾さんは 2230円を封筒に入れて
大事に持っていました。

調べたところ

15年前 家族と事故に遭った際
訪れていた 富士見高原の

最寄り駅までの片道運賃も
ちょうど2230円でした。

家を失い
食べるものに困っていても

その運賃だけは
絶対に手放さなかったんです。

(堀尾)でも これから
行かなきゃいけない所があるから。

あと ここからは
僕の想像でしかないんですけど

15年前
堀尾さんの工場が倒産した際

流星群を見に行こうと
誘ってくれたのは

堀尾さんのご家族だった。

でも 天候が急変して
流星群を見る事はできず

しかも そんな大切な家族を
失ってしまった。

堀尾さんは
ずっと後悔していたと思います。

あの時

アルテミス座流星群に出会い
家族の幸せを願っていたら

家族を失う事もなかったと。

だから あの日

睡眠薬を飲まされて
現地に行く事はできなくても

一番近くで流星群の見える
この場所で…。

♬~

(路敏)戻ってこないと
わかっていても

家族の幸せを願った…。

それが
堀尾さんの今なんじゃないかと

僕は思ってます。

♬~

そう… ですか…。

♬~

(片桐)ああ~ もさい!
今日も もさい!

(野々村)
はいはいはい どいてください。

なんだよ もう… やめるか。

うわっ!
ちょっと 危ないですから。

座っててください。
はあ?

危ない!
(片桐)ああ もう… なんだよ!

(堂本)邪魔するよ。
(片桐)おお…!

堂本先生 今日は?

路敏くんに話があってね。
(路敏)僕にですか?

堀尾一郎さんのご遺体だが

お姉さんが
引き取る事になったそうだ。

本当ですか? よかった…!

堂本先生のおかげです。

君の粘り勝ちだよ。

事件も 無事 解決した事だし…
どうだい? このあと 一杯。

(片桐)おっ いいですね。
堂本先生のおごりで。

あなたは涼んでて。

お酒だったら
僕は遠慮しておきます。

そうか… いや 今日はね
いつものメンバーじゃなくて

君と 一献
酌み交わしたいんだけどな…。

その代わり 今度
ランチ ご一緒させてください。

(野々村)ランチ!?

えっ えっ えっ…?
堂本先生とランチ行くの!?

(堂本)どうしたんだ?

いや 僕とのランチは断るのに
堂本先生とは行くんだなって…。

張り合うなよ いちいち。

ねえねえ ねえねえ… どうして?

どうして
俺とは行ってくれないの!?

拓海さんとは
ご飯のセンスが合わなくて…。

えっ…?

(路敏)
体育会系の大学生が行くような

デカ盛り店ばっかり
誘ってくるじゃないですか。

僕 食が細いんで。

(野々村)ああ そうだったんだ!

なんだ…
嫌われてなくて よかった。

ハート強いな 拓海。
あざっす。

まあ 理由は
他にもあるんですけどね…。

ん? なんか言った?

えっ? 何も言ってないです。
(野々村)えっ えっ えっ…

今 ボソッて なんか言ったよね?
(路敏)いや 言ってないです…。

(野々村)絶対 言ったよね。
(路敏)いや 言ってませんよ。

言いたい事があるなら
はっきり言ってよ!

はっきり言ってますよ いつも。
(野々村)本当に?

(路敏)はい。 だから 大丈夫です。

♬~

(磯村正彦)うっ…!

♬~

(園田星也)僕 見たよ。 犯人。

妙な胸騒ぎがする。

(路敏)狼少年ってやつですね。

(安西 満)犯人と警察に
殺されたようなもんだ。

話してくれないと
余計 面倒になる。

『刑事7人』の

TELASAでは

2015年にスタートした
シーズン1から

今回のシーズン8まで
全てご覧頂けます。

ぜひ TELASAで
お楽しみください。