刑事7人 #5/ロビン、初の潜入捜査!怪しい介護施設に潜む殺人犯!?[解][字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

刑事7人 #5/ロビン、初の潜入捜査!怪しい介護施設に潜む殺人犯!?[解][字]

捜査のため介護施設に潜入した青山と路敏。第一発見者の老人、冷たい介護士、犯罪歴のある警備員、怪しい目撃者など、クセ者揃いの中で、路敏が目を付けたのは…

◇番組内容
『刑事7人』がシーズン8に突入!今作は、新専従捜査班に東大卒のキャリア組の新人、いわゆる≪Z世代≫のエリート・坂下路敏(小瀧望・ジャニーズWEST)が新たなメンバーとして参加!大きな変革を迎える。会議はリモートで参加、聞き込みは足よりSNS…コスパ重視のZ世代と、天樹を筆頭とした≪ガラパゴス刑事≫との世代間ギャップも見どころに。昭和、平成、令和の3世代の刑事たちと難事件に立ち向かう!
◇出演者
天樹悠…東山紀之
海老沢芳樹…田辺誠一
坂下路敏…小瀧望(ジャニーズWEST)
野々村拓海…白洲迅
青山新…塚本高史
片桐正敏…吉田鋼太郎
堂本俊太郎…北大路欣也
【ゲスト】
西岡德馬
松原智恵子
田山涼成
山下リオ
吉田健悟
◇脚本
森ハヤシ
◇監督
宗野賢一
◇音楽
奈良悠樹
◇スタッフ
【エグゼクティブプロデューサー】内山聖子(テレビ朝日)
【プロデューサー】山川秀樹(テレビ朝日)、石田菜穂子(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)
◇おしらせ
☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/keiji7_08/
☆Twitter
 https://twitter.com/keiji_7nin
☆Instagram
 https://www.instagram.com/keiji_7nin/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)
福祉 – 音声解説

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 青山
  2. 路敏
  3. 美冬
  4. 赤塚
  5. 藤宮
  6. 重治
  7. 刑事
  8. 梅田
  9. 事件
  10. 穂香
  11. 静子
  12. 友田
  13. 警察
  14. 施設
  15. バッジ
  16. 犯人
  17. 本当
  18. 現場
  19. 森林公園
  20. 人物

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(井手穂香)重治さん!

(穂香)重治さん! 戻りますよ!

重治さん!

(友田重治)うわあーっ…!

重治さん!?

重治さん! 大丈夫ですか!?
…あっ!

♬~

(野々村拓海)おお~!
(拍手)

(青山 新)はい 3-1。

(海老沢芳樹)ウエーイ!
(青山)おお~!

(坂下路敏のあくび)

なんか 眠そうだな 路敏。

遅くまでオンラインゲームか?
あっ… いえ。

昨日は 深夜に 環さんと
チャットでやり取りしてて。

(野々村)環さんと?
ええ。

前から いろいろと
相談にのってもらってるんですよ

仕事の事。
(青山)へえ~…。

(天樹 悠)元気してるって?

順調みたいです。
皆さんの事も よく褒めてますよ。

えっ? 例えば? 例えば?

海老沢さんは 刑事として
独自の観点を持ってるから

実は頼りにしてたって。

おいおい… 嬉しいなあ それ。
えっ… 俺は?

拓海さんの明るさと
ひたむきさには

よく救われてたって。

へえ~…
環さん 俺の事 そんなふうに…。

おい おい。

んっ? 俺の事はよ?

青山さんは…。

えっと
青山さんは… いい人だって。

えっ? それだけ?

あと 家事が上手だって。

はあ? 何 それ!

いや… それ お前
刑事 関係ないじゃん!

しかも なんだよ
その「いい人」って…。

それ 特徴ない どうでもいい奴が
言われるやつじゃない?

そんな事ないですよ。
最高の褒め言葉じゃないですか。

そうそう。 俺も青山の事
本当に いい人だと思うよ。

もういいですよ フォローとか。

自分でもわかってるんで
この中じゃ地味な存在だって。

そんな事ないと思うけどな。

えっ? じゃあ
天樹さん 言ってみてくださいよ

刑事としての俺のいいとこ。

そうだな…。

うーん それは…。

いや 出てこないじゃないですか!
もういいですよ…。

(電話)

はい 新専従捜査班。

はい。 ええ。

はい… わかりました。

捜査一課から応援要請。
2名ほど借りたいって。

なら 若手2人で行きますよ。
僕と路敏で。

いや 条件があるらしい。
(野々村)条件?

家事が得意な人間だって。

えっ?

♬~

(布川美冬)じゃあ 新人さん
まずは 服を脱がせてあげて。

(青山・路敏)はい。

(野々村)
あの2人 どうして介護施設に?

1週間前に
八王子市で起きた殺人事件の

潜入捜査だって。

潜入捜査…
どんな事件なんですか?

7月26日 早朝

八王子市の
浅美森林公園の敷地内で

スポーツジムの
インストラクター

梅田翔也さんの遺体が発見された。

(海老沢の声)背中を
鋭利な刃物で深く刺された事が

致命傷となった。

犯人の遺留品や被害者の所持品も
全て持ち去られ

残っていたのは 高級腕時計だけ。

被害者は対人関係も良好で
恨みを買うような人物でもない。

手掛かりが少ないせいもあり
捜査が難航してる。

そんな中 現場から
30メートルほど離れた地点で

バッジが見つかった。

調べたところ 現場から
数百メートルほどの距離にある

介護施設 ドクダミ園の職員に
配られている

バッジである事がわかった。

それが 青山さんたちの働いている
介護施設…。

なんで こんな事…。
文句 言わない。

俺の若い時は もっと
いろいろ やらされたんだから。

青山さん 言っておきますけど

「俺の若い頃は」って言いたがる人
僕らの世代から嫌われますよ。

悪かったな…。

新人さん
無駄口たたいてないで。

脱いだ服は このかごに入れて。

(青山・路敏)はーい…。

ちなみに 遺体の第一発見者も

ドクダミ園に入所している
友田重治というご老人で

朝の散歩中に
遺体を見つけたらしい。

健康上の都合で

捜査一課も あまり立ち入った話は
聞けていないようだ。

そもそも
捜査一課の口ぶりでは

ドクダミ園には
本命はいない感じだったな。

まあ 俺たち新専従捜査班に
それで白羽の矢が立ったと…。

つまり
大して期待されてないんですね。

この事件
我々も捜査してみましょうか。

期待されてないのに?

期待されていないほうが
燃えませんか?

(鳥の鳴き声)

♬~(ゲームの音楽)

これ お孫さんのですか?

(友田)うん? ああ。

そういえば この前の事件

第一発見者って
友田さんだったんですよね?

おい…。

ああ? なんだって?

事件の第一発見者なんですよね?

そうそう。

(路敏)現場って
どんな感じだったんですか?

バナナなんか食べてません 私は。

いや あの バナナじゃなくて
現場です。 事件現場。

便座は ちゃんと上げました!

いや 便座でもなくて…。

重治さん
最近 耳が遠くなったんですよ。

そうなんですか。

遺体発見のショックで
認知症も進んじゃったみたいで。

だから あまり
その話には触れないほうが…。

(青山)わかりました。

すみませんね 重治さん。
んっ? ああ。

この調子じゃ
情報 得られそうにないですね。

声が大きいよ。
聞こえてませんよ。

(野間静子)
この漢字 なんて読むんだっけ?

「えーっと
これは“おろそか"ですね」

ああ! そうそう。
私 最近 物忘れが激しくて…。

(路敏)そういえば 最近

あの公園で
殺人事件があったんですよね?

おい…。

そうそう!

実は 私 見たのよ。
事件の夜…。

何をですか?

(静子)あの辺りで 懐中電灯が
いくつも光っていたのを。

あれは 犯人と被害者が
争っていたんじゃないかと思うの。

懐中電灯…。

その明かりって
いくつあったか覚えてます?

えっ…。

懐中電灯の明かりは5つ。

あれは
組織ぐるみの犯行だと思うわ。

それ 警察に話したんですか?

まだ話してない。

とっておきの情報だから。

(美冬)静子さん。
(静子)はい。

午後のストレッチ終わったの?

あっ まだ…。

また 肩 上がらなくなるわよ。
サボらないで。

(静子)はい…。

厳しいのよ 美冬さん。
参っちゃうわ もう…。

(菅井真美)菅井といいます。
亡くなった梅田くんとは

シフトが
よく 一緒になってました。

このジムの中では
仲が良かったほうかも。

どんな方だったんですか?

(真美の声)
爽やかな好青年でしたね。

笑顔が人懐っこくて…。

女性客だけじゃなく
同僚からも人気ありましたね。

交際している女性とかは
いたんですか?

そういう話は聞いてないかな。

私生活がミステリアス
っていうのも魅力的っていうか。

あっ… 私は
タイプじゃなかったんですけどね。

そうですか。

誰かに恨まれるような事は?

なかったと思いますけどね。

あっ ただ…。

ただ?

前に
警察の人にも話しましたけど…。

(真美の声)
仕事帰りに 若い男の人と

すごい剣幕で言い争ってるのを
見ちゃって…。

それは いつ頃の話ですか?

事件の3日前の事です。

(藤宮 功)
ああ…。 おい 新人くんよ。

(青山)はい。

そこの新聞 取ってくれ。
(青山)ああ… はい。

どうぞ。
(藤宮)ありがとう。

なんだ あの事件
まだ解決してないのか。

まったく…
今の警察は無能だな。

そうですね…。

(藤宮)俺も証言したんだよ。

事件の朝 現場のほうから走る車を
見たってな。

へえ~…。
どんな車だったんですか?

(藤宮)水色っぽい車だったな。

あれは犯人の車に間違いない。
刑事の勘が そう言ってる。

刑事?

ああ。

こう見えて 私 元警察官でね
刑事をやってた時期もあるんだ。

刑事って事は やっぱり
観察眼も鋭いんですか?

ああ。 この目で何回も
犯人の嘘を見抜いてきたよ。

じゃあ
ここ数日 職員さんの中で

バッジを紛失した人って
いませんでした…?

(せき払い)
坂下くん。

バッジ?

わからないな。

(美冬)功さん!
(藤宮)はい。

また チョコレート食べたでしょ!
(藤宮)えっ?

血圧高いんだから駄目よ。
(藤宮)いや あの…。

あなたたちも
見かけたら すぐに報告してよ。

いや あのね それ…。
はい。

まったく もう…。

ガミガミ ガミガミうるさいんだよ
あの美冬って子は。

(ため息)

(路敏)失礼します。

路敏 ちょっと来い。
はい。

お前 ちょっと焦りすぎかもな。
(路敏)えっ? 何がですか?

あんな ぐいぐい質問したら
俺らが警察だってバレるから。

バッジの件だって
警察しか知らない情報だし…。

チャンスじゃなかったですか?
僕らしかいなくて。

バレたら元も子もないだろ。

それに ほら 功さん 元刑事だし
勘が鋭い可能性だって…。

引退して何年経ってると
思ってるんですか。

(赤塚 勝)青山さんですか?
えっ?

青山さんですよね?
ご無沙汰してます。 赤塚です。

おお! 赤塚か! お前 久し…。

ちょっと…
ここで働いてるのか?

ええ。 今 ここで警備を。
ああ…。

青山さんこそ 刑事辞めて
介護士さんになった…。

シーッ! その「刑事」って言うの
やめようか 今…。

なんでですか?
刑事 かっこいいじゃ…。

駄目駄目 駄目駄目…!
シーッ!

(藤宮)
刑事? 刑事がどうしたって?

ああ 功さん!

いや あの… 刑事じゃなくて

掲示板が傾いてるんじゃないか
って話 してて。

いや 青山さんは…。
(青山)シーッ! 赤塚 シーッ!

掲示板 別に傾いてないよ これ。

そんな事より 功さん。
(藤宮)んっ?

楽しみにしてる相撲中継
始まっちゃうんじゃないですか?

おお… もう そんな時間か?

いい席で見てきてくださ~い。

(藤宮)土俵入りがな…。
(ため息)

ごめんな。 俺が警察だって
みんなに内緒にしておいてくれ。

ああ… やっぱり そうなんですか。
潜入捜査みたいな?

事情は また今度 話すから。

わかりました。

どういったお知り合いですか?
(青山)んっ?

俺が少年課にいた頃
ちょっと面倒見てた時があってさ。

事件関係者ですか?
まあ そう。

傷害事件を起こして

少年院に入ってた時期が
あったんだ。

(路敏)なんか怪しかったですね。

潜入捜査の話が出た時
動揺してませんでした?

いや あいつに限って
それはないよ。

すっかり更生してるし
信用できる奴だから。

♬~

(穂香)バッジをなくした人?

ああ そういえば

警備の赤塚さんが ちょっと前に
なくしてたような…。

赤塚… さんが?
それは間違いないんですか?

間違いないです。

それは いつ頃の話ですか?

確か 火曜日…。

26日だったかな。

ただいま戻りました。

おう お疲れ。
あれ? 青山は?

(路敏)一人で調べものしたいって
言ってました。

(路敏)あれ? これって…。

お前らが潜入捜査している事件の
関係者だ。

頼まれてもないのに調べてんの
暇だから。

一課の捜査は
どのぐらい進んでる?

そこまで進展はないみたいです。

施設にいた
警備担当の赤塚勝という人物が

事件直後にバッジをなくした
という話があったので

それを報告してきました。
警備担当者か。

青山さんが 昔 担当した

暴行事件の
加害者でもあったそうです。

そういや
青山とは うまくやれてるの?

青山さんは 職員やご老人たちとも
打ち解けて

介護士のアシスタントとしては
いい動きをされています。

ただ…。
ただ?

刑事としては どうかと思います。

えっ?

事件の本質に迫ろうという
気迫が感じられませんし

知り合いだからといって
被疑者をかばうんですよ?

あれ どうかと思いました。

フランクに言わせてもらうと

青山さんから学ぶ事はありません。

フ… フラン… フランク?

あっ 「率直に」です。
まあまあ 率直だが…。

できれば 天樹さんと一緒に
捜査がしたかったです。

(ため息)

まだ見えていないか…。

はい?

いや なんでもない。
引き続き よろしく頼むよ。

♬~

♬~

本当に大丈夫なの…?

大丈夫 大丈夫。

俺の言うとおりやれば
絶対に大丈夫だから。

(エレベーターの到着音)

♬~

どうしたんですか?

「いや…」

♬~

重治さん
シーツ替えちゃいますね。

ああ…。
♬~(ゲームの音楽)

あれ?
ゲームなんて やってたの?

うん?

(穂香)ゲーム やってたの?

ああ… 孫のだよ。
さっぱりわからん。

やり方 教えましょうか?

えっ? 何?

青山さん ここ 任せますね。
(青山)えっ?

お疲れさまです。
(路敏)あっ… お疲れさまです。

♬~

(カメラのシャッター音)

(美冬)何してるの?

あっ いや…
来週のシフト確認を…。

あなたたちのは あっちよ。
今 なんの写真 撮ってたの?

えっ? いや…。

美冬さん。 谷村さんが
お薬なくしちゃったみたいで。

また? わかった。 すぐ行く。

危ないって!
助かりました。

シフト表を見た限り

事件当夜 施設に泊まり込みで
働いていたのは

布川美冬さんと井手穂香さんの
2人だけでした。

勤務してたって事は
アリバイがあるって事か。

ただ 現場の公園とは
数百メートルしか離れていません。

施設を出て 犯行に及び
戻ってくる事は可能です。

正面玄関は施錠されていたので

事件当夜の通用口の
カメラの映像を確認すれば…。

「はっきりするかもしれません」

「捜査一課に報告して
調べてもらうか」

それじゃあ
僕らの手柄にはなりませんよ。

えっ?

(キーボードを打つ音)

お疲れさん。

あっ… 青山さん お疲れさまです。

テレビルームの天井から
変な音がするんだけど

見てもらえる?
わかりました。

(青山)まあ 猫かネズミだと
思うんだけどな。

えっ…?

事件当夜の
監視カメラデータだけが

消えていた?
(路敏)ええ。

その前後のデータは残っていたので
明らかに不自然です。

証拠隠滅が目的としか
考えられません。

証拠隠滅って事は

その夜 犯行のために
施設に出入りしていた犯人の姿が

映っていたとか?
その日 施設にいたのは?

泊まり込み勤務だった

介護士の
布川美冬さんと井手穂香さん

入居中のご老人たちが13名ほど。

じゃあ その中に犯人が?
(路敏)その可能性があります。

ただ それ以上に怪しい人物が
もう一人…。

怪しい人物? 誰の事だ?

(路敏)警備の赤塚勝です。

えっ?
その日 赤塚も

午前0時から
夜勤で施設にいたんです。

そして 警備担当の赤塚なら

監視カメラのデータを
消去する事も可能です。

いや 赤塚は違う気がする。

どうして
そんなにかばうんですか?

昔 面倒見たってだけで…。

それだけじゃなくてさ

ドクダミ園で働いてると
感じるんだよ。

なんか 妙な違和感というかさ…。

(路敏)違和感の正体
わかりました?

(青山)いや まだ…。

(ブレーキ音)

(青山)あれ 捜査一課だ。
どうして?

(路敏)どうされたんですか?

(早田和也)警備担当の赤塚勝を
任意同行する。

えっ 赤塚を? なぜですか?

(早田)現場近くに落ちていた
バッジに付着した痕跡が

赤塚のDNAと一致した。

そんな…。
あいつが そんな事するわけ…。

(早田)行くぞ。
(捜査員たち)はい。

♬~

♬~

(路敏)事件の3日前に

梅田さんと会っていた
人物について

お尋ねしたいのですが。

(真美)ええ。

(路敏)この人でしたか?

ええ 間違いありません。
この人です。

♬~

赤塚の取り調べが始まったって。

今のところ だんまりを
決め込んでるらしいがな。

(野々村)
今後 潜入捜査はどうなるの?

(路敏)一課からは これ以上は
必要ないと言われました。

俺は 明日も行くよ。

えっ なんのために?

やっぱり
なんか腑に落ちないんだよな…。

また 例の違和感ってやつですか?

駄目ですかね?

まだ見えていないって事か。

えっ?

いや… 青山くんの好きなように
したらいい。

わかりました。

♬~

(鳥の鳴き声)

(藤宮)おい。

そこに置いてあるクッキー
取ってくれないか?

(路敏)甘いもの 美冬さんに
止められてませんでした?

だって 山本さんがくれたからさ。

しかも これ クッキーじゃなくて
せんべいですよ。

せんべい?
(路敏)はい。

なんだよ
甘いもんじゃないのかよ。

クッキーだとばっかり思ってたよ。

じゃあ いいや。

(青山)功さん。
(藤宮)えっ?

事件の日に見た車って

どんなタイプだって
言ってましたっけ?

水色のセダン。

♬~

なるほど そういう事か。

ちょっと お聞きしたい事が…。

この人の事なんですが。

ご存じですか?

大学時代に このお店で
アルバイトをしていた

梅田翔也さんという方なんですが。

(箭内こずえ)わかりません…。

あっ 店長さん!
あの ちょっと待ってください。

では こちらの写真
見てもらえますか?

随分 仲良さそうに
見えるんですが…。

その人の事は
思い出したくないんです。

(ドアの開く音)

被害者の梅田さんが
大学時代にバイトをしていた

カフェの店主から話が聞けた。

当時 梅田さんは女癖が悪く

同時に 何人もの女性と
付き合ってたらしい。

(野々村)えっ そうなんですか?

店主自身も 交際時に撮影した
卑猥な画像をばらまくと

金をせびられたって。

うわっ 最低ですね。

結局 画像は返してもらえず
泣き寝入り。

ずっと話せずにいたらしい。

(ドアの開く音)

ようやく
違和感の正体がわかりました。

♬~

特に仲良くしてた人ですか?

はい。 お客さんでも同僚の方でも。

う~ん そうですね…。

公園で遺体が発見された日の
朝ですか?

ええ。 外出されてたのって…。

(ドアの開く音)
いつまで続くんですか?

いい加減
帰らせてもらえませんか!?

もうちょっと 話 いいか?

青山さん…。

(青山)
事件当日の監視カメラの映像

ノートパソコンのほうに
バックアップが残ってるらしい。

(路敏)えっ…?
(青山)今日の勤務終わりで

その警備担当者から
データをもらう事になってる。

それがあれば…。

ああ。 犯人を確実に割り出せるな。

(路敏)やりましたね。

♬~

♬~

「何してるんですか?」

えっ…?

(青山)そろそろ
夕食の時間ですよ。

ああ… あっ そう。
もう そんな時間かね。

こんなとこで
何をしてたんですか?

えっ…
パソコンの調子が悪くなって

直してもらおうかと思って。

えっ? 直してもらうって
重治さんにですか?

えっ… いや その…。

(青山)重治さん パソコンなんか
詳しいんですか?

何? 全然 聞こえなくてね。

じゃあ 近くで話しますね。

耳が遠いふりするの
もう やめませんか?

じゃがいも

好きな野菜

たまごをざっくりと。

ペイザンヌサラダは
田舎風のサラダという意味だそうだ。

熟成させた卵黄と

3種のハーブのコクとうま味。

耳が遠いふりするの
もう やめませんか?

重治さんは
耳も遠くなってなければ

認知症でもないですよね?

何を根拠に
そんな事 言うのかね?

重治さんの部屋にあった
ゲーム機です。

あれ 調べたら
難易度の高いソフトでした。

あれを やりこなしてるって
相当すごいですよ。

あれは
孫が置いていったもので…。

いや 絶対やってたでしょ。

2回目に見た時 プレーヤーの
レベルが上がってました。

しかも 音量ゲージは
かなり低めに設定されてましたし。

何よ 刑事みたいに
そんな問い詰めて。

(路敏)あっ 刑事なんです 僕たち。

(青山)皆さん とっくに
わかってたんですよね?

僕らが警察だから

いろいろと嘘の情報を
流してたんですよね?

特に 静子さんは
わかりやすかったです。

誰かの書いたセリフを
言ってるように

ハキハキしゃべっていたので。

そうだったかしら?

ええ。

お部屋のゴミ箱から
こんなものが。

(静子の声)
懐中電灯の明かりは5つ。

あれは
組織ぐるみの犯行だと思うわ。

ちなみに この台本を書いたり

重治さんに
耳が悪いふりをさせたり

警備室の映像データを消したのは

警察官だった功さんの
入れ知恵ですか?

ハハハハッ…。

私が そんな事するわけ
ないじゃないか。

じゃあ 功さん
これ なんだか わかります?

えっ?

それは…
せんべいじゃないか。

いいえ。 これはクッキーです。

功さん 本当は
あまり視力が良くないですよね?

その視力で

部屋から50メートルも離れた
道路を走る

水色のセダンを判別できるとは
到底 思えません。

功さん あなたも嘘をついている。

私たちが
どうして そんな事を?

それは 梅田さんを殺した人物を
かばうためですよね?

(路敏の声)事件のあった あの夜

あなたたちは美冬さんを見ていた。

(友田)あの男と一緒に
出ていったんだよ。

公園のほうで
もめてた感じだった。

何かあったのかも…。

確か こっちじゃなかったっけ?

(路敏の声)翌朝
朝の散歩だと言って公園に行くと

そこには 梅田さんの遺体が…。

(友田)これ 美冬さんが…。

死んでる…。

(静子・友田)えっ!?

何してるの!?

美冬さんを守るんだよ。

守るって?

(藤宮)ここにあるもの
全部 回収するぞ。

手伝ってくれ。
(友田)あっ はい!

(藤宮)おい どこか 袋に。
(静子)これ…。

(穂香)皆さん
そろそろ戻りますよ!

まずいな。 おい 重治さん

俺たちが時間稼ぐから
あと頼むよ。

(静子)はい はい。
(藤宮)頼んだよ。

(藤宮)あっ 穂香さん 穂香さん!
(穂香)はい。

(藤宮)いや 重治さんが
迷子になっちゃってさ

こっち捜しても いないんだわ。

(静子)
あっ あっちのほう捜して…。

(藤宮)あっ そうそう あっちね。
(穂香)わかりました はい。

(穂香)重治さん! 重治さん!

(友田)うわあーっ…!

(路敏の声)重治さんを
第一発見者にする事で

捜査を攪乱しようとしたんです。

待て待て 待て待て!

なんで 私らが 美冬さんに
そんな事する必要があるんだ?

あんなガミガミうるさい介護士に。

そうよ。
前から苦手なのよ 美冬さん。

それ お芝居ですよね
かばってるって思われないための。

おかしいと思ってたんですよ。

皆さん
美冬さんの悪口を言う割に

近くを通ったら
目で追っていたので。

特に 功さんと重治さんが。

色ボケじじい…。

本当は大好きなんですよね?

…うん。
おい!

美冬さんは 口調こそ厳しいが

その分 私たち一人一人の事を
ちゃんと見てくれる。

いたわってもくれる。

あっ 倒した。 えっ すごい!
重治さん すごい!

ハハハッ… うまいよ。

はい。 ハハハッ!

でも この間より全然上がってる。
調子いいでしょ?

これなら食べていいですよ
糖質ゼロで作ってきたから。

いつも こそこそ食べるから!
ハハハッ…。

(友田)ああいう人を
本当の天使というんだ。

天使だな。 間違いない。

(藤宮の声)そんな美冬さんが
最近 ひどく悩んでた。

(藤宮の声)助けてやらなきゃ
男が廃るってもんだろ!

刑事さん 頼む!

美冬さんを捕まえるくらいなら
私を逮捕してくれ。

それはできません。
いやいや いやいや…。

全て指示を出したのは俺だ。
俺をしょっぴいてくれ!

そもそも 美冬さんは
人殺しなんかしてませんから。

(3人)えっ?

じゃあ 警備の赤塚くんが?

ううん。 あいつも違います。

赤塚も 事件の前から

美冬さんが
梅田に付きまとわれているのを

知っていた。

前も来てましたよね?
あの男の人。

どういう関係なんですか?

別に なんでもないから…。

(赤塚)俺でよければ
なんでも力になりますから!

もう 美冬さんと関わるの
やめてください!

(梅田翔也)お前 美冬の何?

(梅田)関係ない奴は
すっこんでてくれる?

これ以上 美冬さんを
傷つけないでください!

(梅田)うるせえんだよ!

(青山の声)
しかし 事件のあった夜…。

お先に
仮眠 取らせて頂きますね。

(美冬)は~い。

(携帯電話の振動音)

(振動音)

(振動音)

(携帯電話の通知音)

(青山の声)赤塚のもとには

美冬さんから
助けを求めるメッセージが届いた。

(美冬の声)「今日もあの人が…
森林公園に呼び出されてる」

(赤塚の声)
「今すぐそっちに向かうので

美冬さんは
絶対に施設から出ないで下さい」

(携帯電話の振動音)

♬~

(青山の声)そのあと
美冬さんは施設を出て

梅田さんと森林公園に行き…。

ハハッ… 少なっ!

(美冬)突然だったから
用意できなくて…。

(梅田)しゃあないな…。

また来るわ。

(青山の声)
要求されたお金を渡して

施設に戻ってきた。

(青山の声)赤塚は
梅田さんと直接話すために

森林公園に向かった。

♬~

(赤塚の声)
「今 森林公園に来ましたが

梅田がいません」

(美冬の声)「もう帰りました」

(路敏の声)その翌日…。

(穂香)重治さん! 大丈夫ですか!?
…あっ!

♬~

何かあったんですか?

(穂香)森林公園に
若い男の死体があったんです。

えっ…!?

♬~

(路敏の声)赤塚さんは
美冬さんが殺したと思い

一方 美冬さんも 赤塚さんが
梅田を殺したと思い込んだ。

♬~

だから 2人とも 警察に
本当の事が言えないでいたんです。

おいおい 美冬さんでも
赤塚くんでもないとしたら

犯人は 一体 誰なんだ?

それに関しては
皆さんの協力が必要です。

少しお話よろしいでしょうか?
菅井真美さん。

あっ 刑事さん…。

ごめんなさい
あまり時間がなくて。

梅田翔也さんを殺害したのは
あなたですね?

何を言ってるんですか?

一時期 あなたが
梅田さんと親密にしていたという

話を聞きました。

交際時に撮影された
画像をさらすと

脅されたのではありませんか?

そんな話はありません。

2週間前の夜 梅田さんが
森林公園で別の女性に会って

険悪な雰囲気になってるところを
見たあなたは

罪を着せるチャンスだと思い
梅田さんを殺害した。

(刺す音)
うう…!

さっきから
なんの話をしてるんですか?

証拠もないのに
適当な事 言わないでもらえます?

(路敏)証拠ならあります。

えっ?

(路敏)こちらに
見覚えありませんか?

それは?

とある勘違いで

梅田さんの殺害現場から
持ち去られたものです。

♬~

とりあえず
証拠になりそうなものは

全部 拾っておいたから。

これは?

あなたのSNSを調べたところ

事件の前日まで つけていた
ネイルのデザインと

一致しました。

♬~

DNA鑑定をすれば

あなたのものだと
はっきりするはずです。

私は悪くない…。

私は悪くないの!

最低なのは あの男でしょ?

殺して 何が悪いの!?

(真美の泣き声)

♬~

いろいろと
ご迷惑おかけしました。

青山さん いなかったら

俺 また 警察に
お世話になるとこでした。

(青山)ううん。
別に 俺はなんもしてないよ。

にしても お前
本当 昔から運ないよな。

(赤塚)はい…。

でも あの件のあとから
俺にも運が巡ってきたみたいで。

(青山)えっ?

実は 美冬さんと
付き合う事になりまして…。

えっ マジで!?
よかったじゃん!

でも そのせいなのか

最近 ご老人たちが
僕に冷たくて…。

ああ…。

まったく
なんで あいつなんだよ…。

守ろうとしたのは私たちなのに。
なあ。

いい年をして 若い子に
嫉妬してるんじゃないの。

行くわよ!
(藤宮・友田)はい…。

(藤宮)あと2年 若けりゃ
勝ってたよ。

(友田)俺は1年だ…。

情けないですよ。

青山さんと
ずっと一緒に行動してたのに

僕には気づけない事が
たくさんあって。

珍しく謙虚だな。

そういえば 天樹さん
「まだ見えてないんだな」って

あれ
どういう意味だったんですか?

フランクに言わせてもらうと

青山さんから学ぶ事はありません。

まだ見えていないか…。

青山くんの事だよ。

彼がいい人と言われるのは
人への気遣いができるから。

人間をしっかり観察して
その本質を見抜く事ができる。

だから 今回も 青山くんなら

真実を見つけ出す事が
できるだろうって。

信頼してるんですね
青山さんの事。

アピールは下手だけど

このチームに必要な
優秀な刑事だと

僕は思ってるよ。

(ドアの開く音)

お疲れさまです!
ドクダミ園へ行ってきました。

(野々村)青山さん
なんか めっちゃニヤけてません?

えっ そう?

天樹さんが褒めてるの
盗み聞きしてたんでしょ そこで。

聞いてないって。
えっ 褒めてくれてたんですか?

なんて言ってた?

欲しがるなあ。 顔が白々しいよ。

(路敏)本人が
一番見抜かれちゃってますね。

顔が白い…? 白い?
(路敏)白くはないです。

(野々村)
聞いてなかったんですか?

(青山)聞いてない 聞いてない。

♬~

(片桐正敏)今日は どういった…?

(正木)少々 困った事になってね。

(正木)君のとこの坂下なんだが…。

♬~

(正木)坂下の首を差し出すか
チーム全体で責任を取るか。

10年前の文科省関係者ですか。

(桑井 茂)
国の未来のためなんです。

(片桐)あなたの本心ですか?

洗い直そう。

『刑事7人』の

TELASAでは

2015年にスタートした
シーズン1から

今回のシーズン8まで
全てご覧頂けます。

ぜひ TELASAで
お楽しみください。