NICE FLIGHT! #4/真夏の海!キャンプで2人きりの朝!![字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

NICE FLIGHT! #4/真夏の海!キャンプで2人きりの朝!![字]

夏の海でキャンプをする事になった副操縦士・倉田粋(玉森裕太)たちだったが、思わぬ形で恋が動き出す!粋は、管制官・渋谷真夢(中村アン)と2人きりの朝を過ごすが…?

◇番組内容
雨が降る中、渋谷真夢(中村アン)を迎えに行き、声の主へのお礼を伝えることができた倉田粋(玉森裕太)だったが、突然告白めいたことをしてしまったと恥ずかしい気持ちになっていた。そんな粋にジェームスの息子がキャンプに行きたいと言い出す。そこで真夢を誘うため電話。約束をとりつける!迎えたキャンプ当日。餃子屋に集まるメンバーで海に向かうが、それぞれの思いが交錯する。粋はひょんな事から朝、真夢と2人きりになるが…
◇出演者
玉森裕太、中村アン、尾上右近、阿部亮平(Snow Man)、玉城ティナ、黒川智花
◇脚本
衛藤凛
◇演出
木内健人
◇音楽
沢田完

【主題歌】Kis-My-Ft2『Two as One』(MENT RECORDING)
◇スタッフ
【ゼネラルプロデューサー】中川慎子(テレビ朝日)
【プロデューサー】神田エミイ亜希子(テレビ朝日)、小林麻衣子(テレビ朝日)、森一季(MMJ)
◇おしらせ
※この番組は放送時間が変更になる場合があります

☆番組HP
 https://www.tv-asahi.co.jp/niceflight/
☆Twitter
 https://twitter.com/niceflight_ex/
☆Instagram
 https://www.instagram.com/niceflight_ex/

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ジェームス
  2. ショーン
  3. 夏目
  4. 理香子
  5. 真夢
  6. ダメ
  7. 本当
  8. 一緒
  9. 倉田
  10. 頑張
  11. 仕事
  12. パパ
  13. 大丈夫
  14. パイロット
  15. 渋谷
  16. エマ
  17. キャンプ
  18. ツイ
  19. ホイ
  20. 振動音

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(倉田 粋)その時に
着陸を担当してくれた管制官に

どうしても
会って お礼が言いたいんです。

(渋谷真夢)航空管制官にとって…
ロスになります。

ロスって言い方…。

(河原かすみ)
私かもしれないです その管制。

(夏目幸大)倉田さんの操縦する
飛行機を誘導したのは

真夢さんです。
…はい。

俺も ちゃんと
お礼 伝えたいなって。

えっ?

最初は 本当に
ただ お礼が言いたくて

あの時の管制官を探してた。

でも 渋谷さんだって知って

なんか 嬉しかった。

あの時 一緒に飛んでくれて
ありがとう。

♬~

(鳥のさえずり)

おはよう。

そろそろ起きよっか。

(酒木ショーン)うん。

うおっ! ショーン

かくれんぼの途中で
寝ちゃったんだぞ。

粋くんが見つけるの遅かったから。
僕 眠くなっちゃったんだよ。

ごめん ごめん。

アハハハッ…!
ごめんな ショーン…。

やめて…! アハッ!
アハハハッ…。

♬~

フフッ…
もうちょっと待っててね。

うん!
うん。

よいしょ…。

はい!

おいしそうにできたね。
本当? 食べようか。

いただきまーす。
いただきます。

♬~

おいしい!
本当?

うん!
よかった。

いっぱい食べてね。
うん。

(携帯電話の振動音)

パパだ!

(携帯電話の振動音)

(酒木ジェームス)
今朝は 突然 悪かったな…。

「日曜が仕事の日はシッターさんに
お願いしてるんだけど

いつもの人が
急に来られなくなっちゃって」

全然いいよ。 俺 休みだし
一人だと あれこれ考えちゃうし。

ショーンに癒やされてるから。

「“あれこれ"? 何を?」

いや… 別に。

「夕方には迎えに行くから。
それまで頼むな」

うん。

パパ ちゃんと
お昼ご飯 食べた?

ほら。

(ジェームス)「うん。
何 食べてるの? ショーン」

「おお オムライスじゃん」

あの時 一緒に飛んでくれて
ありがとう。

いえ 仕事ですから。

あっ… 確かに! そうだね。

あっ… 雨 上がりましたね。

帰りましょう。

♬~

俺 なんで 急に告白みたいな事…。

いやあ… はっず! ああ…!

あっ… ああ ショーン!

午後 どうしよっか?

もう かくれんぼは隠れる所ないし
粋くんち ゲームもないし…。

あっ お出かけする?

夏休みなんだしさ
どこか行きたい所とかないの?

今度 パパとキャンプ行くんだ。
キャンプ?

エマが 家族で行って
楽しかったって。

エマ?
僕のガールフレンドだよ。

おおっ!
ああ… ああ そう うん。

粋くんは
ガールフレンドいないの?

(せき払い)

(飯塚理香子)そうだ!
海 行こう! 海!

夏に いい女が2人 こんな所で
くすぶってちゃいけない!

何よ 急に…。

ジェームスよ…
ジェームスと海行こう!

ん…。

私 最近 疲れちゃってさ…。

毎日 下の子たちの面倒を
見ないといけないし。

はあ…。

チーフの仕事 大変なの?

白ジャケットになったって
嬉しそうだったのに。

まあね…。

ジェームスといると
元気 出るんだよね。

仕事してる姿を見ると
私も頑張ろうって思える。

でも 理香子 彼に子供がいる事
気にしてなかった?

うん… いや 考えてみたらさ
私 いくつよ? って。

相手にだって いろいろあって
当然じゃない?

まあ…。
うん…。

これまでも 仕事も恋も

いろんな事を
乗り越えてきたんだもん。

子供がいるからって何よ。

むしろ
幼い息子さん育ててるなんて

応援したくなっちゃう!

…なら いいけど。

で?
うん?

真夢は さっきから
何してるのよ?

野鳥の勉強。

毎日 空見てるとさ

東京にも
鳥って たくさんいるんだよ。

種類や特徴を知ってたほうが
仕事にも生かせるしさ。

わかった… わかった!

みんなで 海鳥 見に行こう!
えっ?

倉田くんに連絡して。 ほらっ!

なっ… なんで?

いや 最近 仲良さそうだし
連絡先 知ってるでしょう?

無理 無理 無理! 私たち
今 そういう感じじゃないから。

何よ… どういう感じなのよ?
えっ なんかあったわけ?

う~ん…。

(携帯電話の振動音)

ナイス! 倉田くん!

ほら 真夢 出て! 早く!
えっ…。

早く出て!
あっ…。

ほら 早く 早く!
(振動音)

渋谷さん…
来週 キャンプ行きませんか?

…はい?

あっ… 唐突すぎましたね。

あれです… 夏休みだし
ジェームスとか飯塚チーフとか

みんなで一緒に行ったら
楽しいだろうなあって。

海辺のキャンプ行きましょう!

「あっ 一緒だったんですか…」

こっちも今 ショーンと一緒で。

(理香子)「ショーンくん?
代わって」

(チャイム)

あっ ちょっと すいません…。

ショーンくん おしゃべりしてて。
うん。

あっ ビデオ通話!

(本谷光希)こんにちは。

光希…
ど ど… どうしたの? 急に。

オートロック開いてたから。
倉田くん 今 いい?

えっ? 今は ちょっと…。

うん?

粋くん ビデオになっちゃった!

「ああっ! ちょっと…!
ショーンの馬鹿!」

「ダメだって… それはダメ!」

「すいません。
また かけ直します!」

今のって… 羽田の
グランドスタッフさんだよね?

♬~

倉田くんに これ 返そうと思って。

何?
私 今度 引っ越すの。

それで 部屋 整理してたら
出てきたから。

研修中の写真!

あっ 地上の業務研修やってた頃の
マニュアルも!

アハハハッ… 懐かしい~。

勝手に捨てられないし
職場で渡すのもなんだし。

もう いらないかなとも
思ったんだけど。

いやいや 捜してたんだよ これ。
ありがとう。

よかった。

じゃあ… 行くね。

うん。

キャンプ!

(大崎 花)鉄板!?

もちろん! 粋さんの頼みなら。

ねえ? 店長!
おうよ!

ありがとうございます。

それと それと~!

キャンプにぴったり!
新作 夏野菜餃子です!

いいの?
はい!

ええ~ 楽しみだなあ。

(花)こっちが ゴーヤ餃子で

こちらが ハバネロ餃子でーす!

よかったら
感想 聞かせてくださいね。

もちろん! ありがとう。
(自転車屋の店長)粋くん!

キャンプ行くんだってね?
自転車屋さん。

おお 元気?
元気です。

あのさ これ…

工具とバーナー
あと ランタン入ってるから。

ええ~ もう 本当ですか?
すいません。

助かります。
いいの いいの いいの。

粋く~ん ほら お肉!
いっぱい食べるでしょう!

野菜と寝袋!
おお…!

一番おいしいコーヒーと ミルと

救急箱!
ありがとうございます。

えっ また 父さん いないの?

(倉田たまき)
隣町の夏祭りまで手伝ってる。

本当 おせっかいなんだから。

急に顔出したと思ったら
どうしたの? その荷物。

あっ いろいろ取りに来たんだけど
途中で事足りちゃった。

あらっ ツイてるわね。

あっ… 母さん 車だけ貸して。
うん。

掃除の時 このゴム手袋の袖を
こうやって折り返すと

水だれ防げるの。
掃除のプロが言ってた。

へえ~ 勉強になるわ!

ねえ 粋 陽のところに行ってさ
部屋 きれいにしてやってよ。

ええ~!?
かわいい弟のためでしょ。

陽 一人暮らし始めて
3カ月ぐらい?

うん。
修業先は どうだって?

すっごい楽しいって!

…そう。

原宿の大手の美容室だからね。

商店街の店には
もう戻ってこないかも。

陽がさ 店継がないって言ったら
ここ どうするの?

ここ?
うん。

どうとでもなるわよ。

粋 まさか

店継がずにパイロットになった事
まだ気にしてるの?

いや そりゃそうでしょ…
俺 こんなだけど 一応 長男だし。

うん!
一度は試験不採用だったのに

就職浪人までして
パイロットになってさ。

心配もかけて。
うんうん。

陽と違って
店の事も なんも手伝えないし。

父さんも母さんも いい年だし。

粋だってね コーパイだから
まだ若い気でいたけど

人よりスタートが
遅かったんだから

頑張りなさいよ!

…うん。

…で いつになったら
ハワイ連れて行ってくれるの?

すぐだよ すぐ。

うん…。

で? 「すぐ」って?

父さん いないじゃん。

もう そこなのよ~!

父さん 帰ってきたらね。
本当に もう…。

♬~

(セミの鳴き声)

最高の天気だなあ!

今日もツイてるね 粋くん。
おう!

ショーン!

虫捕り 海釣り 潮干狩り
なんでもいいぞ! 何がしたい?

う~ん…
僕 ご飯 作ってみたい。

おっ いいねえ!

あとは あの2人か…。

(かすみ)うわあ… 暑っ!

天気 良すぎません?
(理香子)本当よ。

キャンプは
曇ってるくらいじゃないと

お肌が…。
(夏目)あっ

曇りの日でも 意外と
紫外線多いの知ってます?

お待たせしました。

おはようございまーす!
おはようございます。

夏目さんも 河原さんも…。

(夏目)突然 すいません。
いえ。

僕たち管制官って
チームで動いてるんで

シフトが同じなんです。

それで 連休の話になって…
便乗しちゃいました。

そうですか…。

なんだろう 僕も疲れてるのかな?

自然が僕を呼んでる気がして…。
ああ…!

(理香子)かすみちゃん…。
はい。

そういえば
倉田くんと気まずくないの?

ああ~ 全然。

SNSのネタ切れだったんで
ちょうどよかったです。

夏目さん。

あの この辺
窓とか拭いてもらえます?

なんで 僕が…?

すいません
連絡すればよかったですね。

ああ… いえ。 みんな一緒のほうが
楽しいでしょ。

(理香子)
ショーンくん こんにちは。

よろしくね。
はい!

すごーい!
しっかりお返事できるのね。

じゃあ
私は そっちの車に乗りますね。

行こう! はい。

おっ!
飛行機チームと管制チームだな。

♬~

夏目さん かっこいいところ
見せてくださいよ。

よし!

迷子になったりしないわよね?

粋 頑張れ! 粋 頑張れ!

行くぞ! レッツ…。

(夏目)Stop!

なんですか? 急に。

僕 都内でしか
運転した事ないんです…。

♬~

レッツゴー!

(ジェームス)ゴー!
ゴー!

(理香子)もう… 真夢たちには
置いていかれるし

行く先々で渋滞って…

どんなドライブプラン
立ててるのよ!

今日もツイてるなあ!

(カメラのシャッター音)
ああ…!

遅~い! やっと来た。

(ジェームス)はい 気をつけて。
荷物 こっち。

(カメラのシャッター音)

全部そろってる…。

楽々プランに変更しちゃいました。

いつ到着するか
わからなかったので。

あっ… そうなんですね。

(理香子)あれっ 真夢は?

えっ? さっきまで
一緒に準備してたんですけど…。

(キャンプ場のスタッフ)
野鳥? それなら… ここかな。

早朝に行けば
よく見えると思うんだよね。

あっ そうですか。
ありがとうございます。

この荷物…。

あっ… これは予備!
予備だから。

よし… パパが
カブトムシ捕ってやる!

あっ ヤマトカブト!

えっ? あっ… ああっ!! あっ…。

よし…。

どうも。
いいえ。

早速 役に立った。

(ジェームス)オーバーなんだよ。

せっかく
ここまで来たっていうのに。

パパ 僕たち 二人暮らしだから

お互い 体だけは大事にしようって
約束したよね?

はい。

大丈夫です!
私にお任せください。

小さなお子様の一人旅を 何度も
アテンドした事ありますから。

ありがとう。

うわあ うまそう!

(カメラのシャッター音)
(夏目)ちょっと 河原さん

ちゃんとやってよ…。
やってますよ!

俺 もう 2本目だよ。
あっ もう…。

私 もう 次 3本目ですから。
(夏目)早っ!

♬~

(理香子)あっ…
そうそう!

ショーンくん 上手!

あっ… 皮むきは危ないから
私がやるわね。

平気です!
(理香子)ダメ ダメ。

きれいにむけなくていいです。
ちゃんと洗えば

ニンジンは 皮があったほうが
栄養価が高いので。

そうなの?

二人暮らしなら
やれる事は やったほうがいい。

やってみる!

♬~

(理香子)ねえねえ…
危ないから 貸してね。

ショーン こっち こっち!

やっぱ キャンプは
こうじゃないとな。

うん!
うん。 来て…。

ほら こうやって囲むと

すごい 火 上に上がるんだよ。
うん。

知ってた?
うん 知らない。

知らなかったでしょ。

(ショーンのため息)

ハハハッ… なんだよ ショーン
急に たそがれちゃって。

パパには言えなくて
黙ってたんだけど…

エマと喧嘩したの。

エマ?
ガールフレンドです。

いきなり ほっぺにキスしたら
ノーリアクションで…。

それから 口も利いてくれない。

どうしたらいいと思う?

ああ… そ… それは大変だな。
う~ん…。

男性は 壁ドンでも
不意打ちキスでも

突然 なんでもやればいいと
思ってるかもしれませんが

それは あくまで「好きな人から」
というのがポイントです。

好意がない場合は大問題です。

そ… そうだな。

何事も 急にはダメだ。

お互い 気持ち確認して
きちんと段階踏まないと。

うん…。

♬~

でも…

それは 全て臆測です。

本当の気持ちは
彼女にしかわからない。

好きな人の前では

思った事と逆の事を
してしまう子もいる。

本当は 家に帰ってから

胸がドキドキして
眠れなかったかもしれない。

次に エマに会ったら
謝って 告白する!

はい。

(理香子)よろしければ
ビーフコンソメスープです。

ありがとう。 気が利くなあ。

う~ん うまい!

うわあ… よかったです!
インスタントですけどね。

整備士さんって
釣り竿も直せるんですか?

簡単なメンテナンス。

ショーンにやらせてやりたくて
借りてきたんだ。

いいパパなんですね。
ええ~ そう?

うん…。

仕事は 必ず定時に上がって

ショーンくんの事を
一番に考えて

男手ひとつで
あんなにいい子に育ててる。

大人の勝手な事情で
こうなってるからね。

そう 今はショーンが一番!
恋愛する気もない。

だから… ごめんね。

はあ!?
私だって仕事が全てです!

カップ お下げしますね。
ええっ? ちょっと まだ…。

♬~

お魚 いっぱい釣れるかなあ?

頑張って いっぱい釣ろうね。
餌の付け方 教えてあげるから。

この
お魚のおもちゃみたいなやつが

ルアーっていうの。
(ショーン)おお~ かっけえ!

かっこいいでしょ?
これで釣るの。

海 きれいだね!

きれい きれい! ほら。

貝殻!

♬~

いつになったら
一緒に暮らせるの?

お母さん
東京で頑張ってるからね。

もう少しだけ 青森で
おじいちゃんと待っててね。

うん! 私 待ってる!

暑いねえ。
暑い…。

♬~

おじさん 俺にも教えて!

おじさんって またまた…。
僕も!

いいよ。
竿 今 2本しかないから 順番な。

(2人)はーい!
この糸の先に

このルアーってやつを付けるの。
知ってる?

倉田くんと真夢

やっぱり なんかあったの?
えっ?

告白でもされた?

別に。

わかりやすっ!

私に隠そうったって 無駄 無駄!
高校からの付き合いだよ。

本当に違うから。

パイロットと付き合うのは
しんどいよ。

あっ ほら この間の
グランドスタッフさんだっけ?

「ああっ! ちょっと…!」

(理香子)
あれも なんか 訳ありだね。

パイロットはモテるから。

パイロットとか整備士とか
ひとくくりにするのは

良くないと思う。

ただの一般論じゃない。
ムキになる事?

ムキになんか なってない。

何よ 心配して言ってるのに…。

(夏目)カレー できましたよ!

味見 お願いします。

♬~

えっ… カレー 嫌いでした?

スパイス利いてて
おいしいのに…。

おお…。

真夢さん ついてます。

ハハハッ…。 食べますね。

どうですか?

(かすみ)では
食後のスイーツをかけて 再び

飛行機チーム 対 管制チーム!

真夢さん 頑張りましょうね!
うん。

(ジェームス)飛行機チーム 頼むぞー…。

(ジェームスのいびき)

代わって!
えっ?

♬~

(ジェームスのいびき)

絶対 後悔させてやる!

(スタートの合図)

元バレー部主将 なめんなよ!

♬~

…よし!

理香子 何も こんな遠くの店
指定しなくても…。

すいません
俺 昔から 球技が苦手で…。

走るとか泳ぐとか そういう
単純なやつは好きなんですけど。

わかります なんか。
えっ?

あっ… 深い意味はないです。

私も 手も足も出なかったので
お互いさまです。

はい…。

(エンジンをかける音)

…あれっ?

(エンジンをかける音)
ん?

えっ… バッテリー上がってる。
えっ!?

すいません。
よろしくお願いします。

夏休みで混雑してて
30分はかかるって…。

仕方ないですね。 待ちましょう。

他に車が通らないか 見てきます。
ここで待っててください。

(真夢の母親の声)「真夢 ごめん…」

♬~

(車の走行音)

♬~

あれっ?
お姉さん 俺たちに なんか用?

あっ いえ…。

かわいいじゃん!
一人? 一緒に遊ばない?

結構です。

ちょっと… 大丈夫!

なんだよ?
そっちから誘いに来といて。

離して! 警察 呼びますよ。

はい~。
ちょっと…!

何してんだよ!

この人 俺のなんで。
よそ行ってもらえます?

…んだよ 男連れかよ。

よく見るとブスじゃん。
行こう 行こう!

あっ… 大丈夫ですか? 怪我は?

大丈夫です。
ありがとうございました。

ああ よかった…。

あっ… っていうか

俺 彼氏ヅラしちゃって
すいません!

とっさの事だったんで…。

いえ 気にしてないので。

じゃあ 来るまで
そこで待ってましょうか。

はい。

うん。

フフフフ…!

ああ ごめんなさい。

倉田さんといると いろんな事が
起きるんだなあと思って。

ハハッ… 確かに。

最初がマイクロバースト。
羽田で霧もめったにないし。

私の自転車が壊れた事もあった。

それ 俺 関係なくない?

はい。 フフフッ…。

でも なんでかなあ?

昔は そんな事なかったんだけど

空 飛び始めてからなんだよな
ツイてるって言われるの。

でも バードストライクは
一度もないんです。

鳥が味方してくれてるのかな?

味方?

俺 パイロット目指す前
鳥人間だったんです。

えっ?

人力飛行機って知ってます?

♬~

うわあ…。

えっ これ 倉田さん?
うん。

このペダル漕ぐ役
パイロットって呼ぶんですけど

大学時代 同じ学部の友達に
頼まれたのがきっかけで…。

頼まれたら
断れなさそうですもんね。

はい。

いや これ
めちゃくちゃ大変なんですよ。

ふーん。

で 空飛んでるうちに

ああ 俺 飛行機 好きだったなって
思い出したんです。

すげえ… でっけえ!

それで 就職活動で 航空会社の

自社養成パイロット試験に
チャレンジしたけど

全滅…。

でも 諦めきれなくて
実家の美容室のある商店街で

1年間 アルバイトしながら
就職浪人して…。

粋くん 悪いんだけどさ
あっちの店も手伝ってくれる?

はい! これ終わったら行きます。
うん!

次の年 再チャレンジで
やっと 採用もらったんです。

だから 同期は ほとんど年下で…。

だけど 人格も熱意も能力も

俺なんかより
みんな 全然すごいんですよ。

訓練生時代から 俺
助けてもらってばっかだったから

自分も 今 できる事は

どんな事でもやりたいって
思ってる。

まあ 大半が
余計なお世話なんですけどね。

ごめんなさい。

私も おせっかいな人だなあって
最初…。

えっ…。

♬~

こんなきれいな夕日が
見られるなら

ツイてるのも悪くないかも。

♬~

(粋の声)何事も 急にはダメだ。

お互い 気持ち確認して
きちんと段階踏まないと。

あのさ 俺…。

(携帯電話の振動音)

鬼遅いんですけど
プリン まだですか?

…えっ?

なんだって?

ああ なんか
バッテリーがどうのって…。

バッテリー?
うん…。

(理香子)わあ!

おいしそう!
うん!

よーし…。

わあ… 食べていいの?

いいよ。

子供なんだから
遠慮しない! はい。

うん!
うん。

おっ…。

どう?
おいしい!

おいしい? フフッ…。

(かすみ)あっ! ずるーい!

(夏目)えっ!? ちょちょちょっ…
僕にも ひと口!

うわあ 大きい!
(夏目)おお~!

(かすみ)いただきまーす。

(ショーン)うん!

(夏目)おいしい?
うん!

(夏目)いいな。 豪快だね。
(かすみ)まねしちゃおう。

♬~

これだね。

(ジェームス)ハハハハ…!

よっしゃあ こい。

これ! ああ… ダメだ!

夏目さんには勝ちますよ。
えっ… 何? それ。

よし…。

どうぞ。
(夏目)えっ… えっ?

どうぞ。
えいっ!

ああ… ダメだ!
(ジェームス)ダメだろうね。

(夏目)えっ ダメですか?
よし…。

よし!
えーっ?

こっちです。
ああっ…!

(ジェームス)…っしゃあ!

こっち! やった~!

(夏目)マジ!?
上がりです。

読めるんですよ。
(ジェームス)読めんの?

読めますよ。 こっち! よし…。

Yes!

上がりですか…。
うわあ~!

(ジェームス)はい
おめでとうございます。

うーん…。

♬~

はい!
あっ! クソ…。

よし!
(ジェームス)お疲れさまでした。

粋の負け。 粋の負け~!
ハハハッ!

(デコピンをする音)
イッテ…!

(夏目)いきますよ。 えいっ!
ああ…!

くらえ!
あっ…!

ううっ…!

(ジェームス・粋)じゃんけんぽん!
あいこでしょ!

あっち向いてホイ!

…っしゃあ!

あっち向いて…

ホイ!

あっち向いて…

ホイ!

はい お疲れさまでーす。

あっち向いて…

ホイ!

あっち向いて…

ホイ!

Yes!
(かすみ)粋さん 弱っ!

ゲーム全敗。
(ジェームス)逆にね 完璧ですけど。

お疲れさまです。
ハハハッ…。

それでは 皆さん
あちらに ご参列ください。

いや 待って… 待って 待って。
もう おでこ 限界!

ダメ ダメ ダメ…。
コーヒー! コーヒーだ!

みんなにコーヒー入れるから。
ねっ?

ええっ… 豆から!?
(かすみ)えっ 嘘でしょ?

(ジェームス)何時だと思ってんだよ。

すいません。 お先 失礼します。

(あくび)
(ジェームス)また明日ね。

(かすみ)もう無理。
おやすみなさい。

えっ…。

あっ… 大丈夫?

大丈夫?

久しぶりに見たなあ
真夢が楽しそうにしてるとこ。

すごいね。

いや 俺は別に何も…。

ふーん…。

いつから一緒なんですか?
渋谷さんと。

ああ… 地元の高校。

私のくだらない話を

いつも最後まで聞いてくれたのが
真夢だった。

出会った頃はさ もうちょっと
リアクションあったのよ。

でも…
高校2年の夏休みだったかな?

一度 東京に行ったの。

もしかしたら
もう帰ってこないかもしれない

なんて言うから 2人で抱き合って
涙のお別れをして…。

まあ 泣いたのは
私だけだったけど。

それで?

その日のうちに
青森に戻ってきた。

それから より一層
人と距離を取るようになったし

自分の気持ち 言わなくなった。

♬~

おやすみなさーい…。

(理香子)最近 変わってきたよね
真夢。

喧嘩なんか 初めてかも…。

えっ?

いいから 早くしなさいよ!

あっ… はい。

(ため息)

変わらないのは 私だけ…。

♬~

(ドアの開く音)

♬~

コーヒー まだまだ
時間かかりそうだからさ…。

昼間… ごめんね。

私 ひがんでるみたいな
嫌な言い方だった。

こっちこそ 言いすぎた。
ごめんなさい。

いや…。

焦ってたんだよね。

なんで?

毎日
あの白ジャケットを脱ぐたびに

私から これを取ったら
何が残るんだろうって…。

私は何者でもなくなるって…。

うーん…。

急に なんだか いろんな事に
焦っちゃったんだよね。

突然 彼にアタックなんかして
みっともなかったよね。

♬~

どうして 切り離すの?

あの白ジャケットは

理香子が懸命に頑張ってきた
証しでしょ?

理香子の一部なんだから。

ヘヘッ…。

真夢…。

真夢~!
フフッ…。

ありがとう!

泣かないで。

泣ける…。
フフフッ。

うるさいなあ…。

飲もう!
うん。

ありがとう。

♬~

はあ~。

(理香子)頑張ろう。
うん。

(真夢の母親の声)
「ごめん… やっぱり 行けない」

「暮らせない。 許して…」

♬~

(小栗)誕生
♬~<マスターズドリーム マスターズドリーム マスターズドリーム…>
(缶を開ける音)プシュ!

<醸造家の果てしない夢を>

この一杯に!

<プレモルの最高峰 「マスターズドリーム」 新登場>
ワ~オ

(店主)いらっしゃい
(香川)じゃあ 上ロース 卵つけて

(堺)と 「パーフェクトサントリービール」
2つ

はい PSB 2丁!!
からの~ 乾杯したい ですよね

う! う! うまい!うまい! うまい!!

<PSB 「パーフェクト
サントリービール」>
圧巻 どぇす!

(鳥のさえずり)

あっ おはようございます!

ああ… おはようございます。

バードウォッチングは
早朝がいいんですよね?

野鳥 見に行きましょう!

…はい。

(ジェームスのいびき)

♬~

全然いませんね。

あっ! 来ました!

(トビの鳴き声)

あっ 本当だ!

トビですね。 あっちも。

♬~

人間は この空を借りて
飛んでるんだよなあ…。

空は みんなのもの。

はい。

そろそろ戻らないと。
朝ご飯です。

♬~

うわっ…!

大丈夫?

あっ… ありがとう。

本当 変わったよね。

前みたいに 固まってる渋谷さんも
面白くて好きだったけど。

渋谷さん?

真夢さん?

あっ… もう だから
こういうのがダメでしたね。

本当すいません!
ちゃんと段階踏みます。

…って これを言うのも
どうなんだ?

どうしたの?

(鳥の鳴き声)

すげえ!

もう少し 見ていきませんか?

…はい。

♬~

(真夢の声)好きな人の前では

思った事と逆の事を
してしまう子もいる。

一緒に飛んでくれて ありがとう。

いえ 仕事ですから。

あっ… 確かに! そうだね。

♬~

なんで あんなふうに
言っちゃったんだろう…。

でも 渋谷さんだって知って

なんか 嬉しかった。

この人 俺のなんで。
よそ行ってもらえます?

あっ… っていうか

俺 彼氏ヅラしちゃって
すいません!

いえ 気にしてないので。

じゃあ 来るまで
そこで待ってましょうか。

はい。

♬~

あっ…。

♬~

♬~

♬~

あっさりしてんなあ…。

(理香子)花火! いいじゃん!
…楽しそうだね。

(清水涼香)
なんで 別れちゃったんですか?

(夏目)今夜って 予定ありますか?
えっ?

(仙崎 薫)
演奏会 間に合わないんだよ。

(喜多見七海)倉田くんと
一緒に飛ぶの 今日で最後か…。

〈無料見逃し配信は TVerで〉

〈TELASAでは
第1話から最新話まで

全話 一挙配信中!〉

〈「NICE FLIGHT! テラサ」で
検索!〉