【4週連続オムニバスDRAMA】#1さよならの向う側[字]&5分後に意外な結末[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【4週連続オムニバスDRAMA】#1さよならの向う側[字]&5分後に意外な結末[字]

【さよならの向う側】主演上川隆也 大切な人に想いを伝えたくなるハートフル・ヒューマンドラマ
【5分後に意外な結末】物語が終わるとき、あなたは必ず予想を裏切られる

出演者
【さよならの向う側】
案内人…上川隆也
桜庭彩子…貫地谷しほり
石橋恵…新川優愛

【5分後に意外な結末】
結島末吉…飯尾和樹(ずん)
五分市りさ…莉子

「呪いの指輪」
青木薫…北乃きい
塚田鋼二…田口トモロヲ

「隣に住む殺人鬼」
堀口祐希…城桧吏
村田清…津田寛治
番組内容
【さよならの向う側】彩子(貫地谷しほり)が目覚めると、この場所の「案内人」という男(上川隆也)が立っていた。ここは現世とあの世の狭間で、彩子が死んだことをまだ知らない人にだけ会うことができるというが…

【5分後に意外な結末】物語が終わるとき、必ず予想を裏切られる5分のショートドラマをお届け!「呪いの指輪」一軒の骨董店に並んだ指輪から始まる呪いの物語「隣に住む殺人鬼」隣に引っ越してきた男の過去とは
原作・脚本
【原作】
清水晴木「さよならの向う側」(マイクロマガジン社 刊)
桃戸ハル編・著「5分後に意外な結末 ベスト・セレクション」シリーズ(講談社文庫)
制作
「さよならの向う側」
【脚本】
水橋文美江
【監督】
深川栄洋

「5分後に意外な結末」
【脚本】
本田隆朗
舘川範雄
【監督】
守屋健太郎
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/sayonara/

https://www.ytv.co.jp/5fungo/
番組公式SNS
【Twitter】@ytvdrama
【5分後に意外な結末Instagram】@5fungo_drama
【5分後に意外な結末TikTok】@5fungo_drama

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 優太
  2. トヤ
  3. 宏隆
  4. 指輪
  5. 先生
  6. 大丈夫
  7. 案内人
  8. ドラマ
  9. ハァ
  10. 一度
  11. 最後
  12. 紗衣
  13. ハハハ
  14. ヒーロー
  15. 頑張
  16. 死神
  17. 時間
  18. 石橋先生
  19. お前
  20. ダメ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(谷口)
あなたが 最後に会いたい人は
誰ですか?

ここは さよならの向う側です。

(桜庭彩子)さよならの向う側…。

私…。

死んじゃったんだよね。

あなたが 最後に会いたい人は

誰ですか?

♬~

まさか自分が こんな形で
死んじゃうなんて

思ってもみなかった。

手巻き寿司にでも
してあげよっかなぁ~?

トーファ!トーファ!

誰か 誰か止めて~!!
捕まえて~!

(車のブレーキ音)
(ぶつかる音)

♬~

道路に飛び出した犬を
救ってあげた。

私の犬じゃないけどね。
思わず…。

馬鹿だよね。
とんでもない。

むしろ
ヒーローだったと思いますよ。

ヒーロー?

最後に会いたい人は いますか?

それね 最後って どういうこと?

亡くなってから この
さよならの向う側を訪れた人は

現世の人と もう一度
逢う時間が 与えられるんです。

24時間。
へ~。

あなたは 生前と
なんら 変わりのない姿で

会うことができますし

相手も あなたの存在を
ちゃんと わかってくれます。

ですから 触れることも
話すことも

抱きしめることもできます。
会いたい。

会いたい 会わせてほしい!

ただし条件があります。

会うことができるのは

あなたが 死んだことを
まだ 知らない人だけです。

(桜庭宏隆・桜庭優太)
≪ただいま~!おかえり~!≫

(優太)ただいま!
(優太・宏隆)おかえり!

(宏隆)あっ 優太
先 手洗ってこよう。

(優太)うん。
(宏隆)手洗って着替えたら…。

(宏隆)≪オヤツがあるぞ~≫
(優太)≪わ~い!≫

あなたが 死んだことを
知っている人には

会うことはできません。

ちょっと…
意味わかんないんだけど。

ここは さよならの向う側です。

それは わかった!

理性的な方なんですね。

さすが 中学の理科の先生です。

桜庭彩子さん。

私のこと知ってるの?

案内人ですから。

案内人ねえ…。

彩子さんの最期に
お付き合いいたします。

要するに死神ね。

案内人です。
そのルール 何とかなんないの?

だって 通夜も葬式も
終わってるんだから

もう ほとんどの人に
会えないってことじゃない!

それ以外に
会いたい人は いませんか?

そんなの…

そんなの
まるで意味ないじゃない!

どうにか なんないの!?
死神なんだから!

案内人です。
だから どうにかしてよ!

なぜ このようなルールが
設けられているのか

ご説明いたします。
いや いいから。

説明は いいから。

もし 私の死を知ってる人に
見られたら?

あなたが 死んでいることを
知っている人に会ったら

その瞬間
あなたの姿は消えてしまい

ここに 戻されてしまいます。

なるほど。

わかっていただけましたか?

特売セールで
デニムジャケット買ったとき

どうして こんなに
安くなってるのかって聞いたら

店員さんが「実は見えないところに
織り傷が」って

説明してくれた。

そのときの気分と似てる。

なんか 腑に落ちた。

腑に落ちた。

そっ。

デニムジャケットですか?

いいのが あったんだよね。

そうですか。

でも。

はい?

腑に落ちたけど会いたい!

(扉が開く音)

♬~

今夜だけ 何とかなりません?

いや だから 今晩だけ…。

来週からは日勤なんです。

(宏隆)優太。

優太?

優太 靴下はいて。

どした?

(宏隆)夕ご飯 何しよっか。

どこ食べ行こっか。

何でもいい。
え?

何でもいい。

はい…はい。

(宏隆)優太 あのさ…。
うん。

今夜 1人で
お留守番できるか?

(優太)大丈夫。

(優太)お母さんだ。
え?

お母さんの匂いがする。

(宏隆)そっか どんな匂いだろ?

おひさま?

あったかい匂い。

(宏隆)あったかい匂い…。

(優太)いい匂い

おひさまの匂いよ

おひさまの匂いか

♬~

ちょっと おっきいけどな

よく似合ってる。

カッコいいぞ。
ほんと?

(宏隆)うん。

(優太)トヤ~!!

あなたが死んでいることを
知っている人に会ったら

その瞬間
あなたの姿は消えてしまい

ここに 戻されてしまいます

(優太)トヤ~!!
(宏隆)トヤ~!!

♬~

そうじゃないの。
お友達の洋平くんも

宏介くんも アレもやりたい
コレもやりたいって

駄々こねてんのに
うちの優太だけだよ

ひとりで ニコニコしてんの

(宏隆)でも それの
どこが いけないんだよ

自己主張が足りないんじゃ
ないかってこと

英会話 水泳教室

ピアノの体験コースも
ひと通り やってみたけど

「どう?次も やってみたい?」って
聞いたら

「だいじょうぶ」って

(宏隆)興味が持てるものじゃ
なかったんだ。

ほんとに やりたいことなら
やりたいっていうさ

「やりたいこと なに?」って
聞いたって

「だいじょうぶ」って言うのよ?
口癖みたいに
なってんのかもな。

「だいじょうぶ」が

ほんとの
「だいじょうぶ」が聞きたい

(宏隆)
ほんとの「だいじょうぶ」ね

(優太)トヤ~!!トヤ トヤ…
トヤ~!!

(優太)トヤ トヤ…
トヤ~!!

あ~ やられた~!!と
見せかけて

トヤ~!!ハハハ!
捕まえた!

(宏隆)優太 大丈夫か?
だいじょうぶ

(宏隆)大丈夫じゃないだろ。
助けに行くぞ

だいじょうぶ

トヤ~!!
あ~ やられた
でも離さない~!

うわあ~!!
キャ~!

わあ!
ハハハ…!

♬~

それ以外に

会いたい人は いませんか?

(石橋 恵)お電話いただいた
桜庭さんですか?

はい。

(恵)すいません。こんな格好で。

初めまして。
初めまして。

あの…石橋先生は?

(恵)どうぞ。

(恵)お電話いただいたときに
お伝えしようかと

思ったんですけど

近くまで いらしてるとの
ことでしたので。

ご無理 言ってしまって…。
(恵)いいえ。

亡くなったのは2年ほど前です。

教師を定年退職したあとは
駅の向こうにある

川沿いの道を
のんびり散歩するのが日課で。

その日も
いつものように散歩をしてて。

大声をあげて
騒いでいる子どもたちに

気がついて駆け寄ると…。

まさか…。

助けに川に飛び込みました。

その子どもは
助かったんですけど

父は そのまま…。

(恵)年甲斐もなく
無謀というか無茶というか。

(石橋紗衣)ただいま~。
(恵)あ おかえり。

(紗衣)お腹すいた~。

(恵)
じゃあ ちょっと帽子とって
虫かご 置いて。

おやつが お台所に置いてあるから
手ぇ 先 洗って。
(紗衣)うん。

あ…娘の紗衣です。

こんにちは。
こんにちは。

じいじの お友達?

教え子です。
おしえごぉ?

おじいちゃんには
ずっと前にね

すっごく お世話になったの。
私にとっての恩人。

おんじん?
大切な人。

へえ じゃあ ごゆっくり!

はい。
手ぇ洗ってからよ?紗衣?

(紗衣)は~い。

まだ よく わかってないみたい
なんですよね。

父が亡くなったこと。

もう ここには
いないということは

わかってるはずなんです。

でも それが亡くなった
ということには

繋がっていないというか。

死 そのものを
理解できてないんだと思います。

まだ 子どもだから…。

また いつか会えると
思ってるみたいなんです。

あの…先ほど
父のことを恩人だと。

あ…そうです。

中学の頃 クラスで いじめに近い
行為があったんです。

訳もなく シカトされたり
笑われたり

一種のゲーム性を
帯びているような。

大概の大人は

余計 問題を
ややこしくするのに

石橋先生は さすがでした。

すべての子の立場に立って
物事を悪化させないように

理性的な判断で
導いてくださいました。

桜庭さん…

もしかして理科の先生?
はい。

ああ…父が話してくれたことが
あるんです。

教え子の1人で 中学の理科の
先生になった女の子がいるって。

私です。
(恵)フフフ…。

嬉しそうに話していました。

覚えててくださったんですね。

正義感が強くて
まっすぐな子だったって。

石橋先生が そうだったから。

私の理想でした。

子どものために
川に飛び込んだっていうのも

ああ…石橋先生だったら
そうだろうなぁって。

確かに

父らしい選択だったと思います。

勇敢な最期だったって。

ただ…。

娘としては…
生きていてほしかった。

♬~

死神さん。

案内人です。

私 もう消えて いいや。

まだ 時間はあります。
あげるよ。

いえ…私は いただいても。

せっかく 許された
24時間なんですから。

もういい!

♬~

抱きしめたかった…

もう一度…この手で…

あの子を抱きしめたかった。

あきらめる前に 今いちど

よく思い出して みてください。

♬~

♬~

♬~

優太。

♬~

♬~

(優太)おかあさん…。

(優太)おかあさん…。

おかあさん 帰って来たの?

(優太)おかえりなさい!

(恵)
まだ よく わかってないみたい
なんですよね。

死 そのものを
理解できてないんだと思います。

まだ 子どもだから…

♬~

優太…優太!

ウッフフフ…。

(優太)ありがとう。

遠くの星を
守ってるんでしょ?

遠くの星?
洋平が言ってた。

おかあさん…地球から離れて

遠くの星
守ってるんだって。

カッコいいって。
地球防衛隊みたい。

優太…。
(優太)あっ…ちょっと待ってて!

♬~

♬~

トヤ~!!トヤ~!!

空手?習うの?

もう習ってるから。

え どうしたの急に なんで?

ヒ・ミ・ツ!

えぇ?教えて。あ~ 教えて!
教えて!あ 危ない 危ない!

教えて~ 捕まえたぁ~!
教えてよ~!

どうして空手?
強くなりたいから。

犬を助けた おかあさんみたいに。

ぼくも強くなりたい。

ヒーローになりたい。

優太…。
ぼくも おかあさんみたいになる。

ぼく がんばるからね!

優太。
くるしい…。

優太 優太…。

くるしいよ おかあさん。
ごめんね。

優太…ヒーローになっても
自分を大事にして。

自分の命を
大事にしてください。

おかあさんは 優太のこと

いつでも どんなときも
見守ってるから。

おかあさんは
姿が見えなくなっても

優太のこと
いつも思ってる。

大丈夫?

ほんと?大丈夫?

ほんとは
死んじゃったかと思った。
えっ?

おかあさん
死んじゃったかと思った。

でも違った!
おかあさんは生きてる。

生きてた。良かったぁ~!

優太…。

(優太)
おとうさんが いってた。
おかあさんは生きてるって!

ず~っと いつまでも
ぼくの ここに 生きてるって!

だから だいじょうぶ!

だいじょうぶ!

♬~

(優太)トヤ~!
トヤ~!

トヤ~!
トヤ~!

(優太)トヤ~!

ありがとう…あなた。

ありがとう…優太。

愛してる…。

良かった 会えて。

幸せだなぁって。

私の人生 幸せだったなぁって
実感できて…。

ほんと 死神なんかじゃない。

♬~

どこから わかってたの?

確証は ありませんでしたが

もし そうだとすれば…。

会えるかもしれない…。

はい。

私が案内できるのは
ここまでです。

さあ 最後の扉です。

♬~

これから生まれ変わる
あなたの人生が

より良いもので
ありますように。

ありがとう 案内人さん。

さようなら。

さようなら。

♬~

♬~

♬~

(チャイム)

(りさ)先生 来たよ~。

(結島)
いや おいおい
なんで いつもタメ口なんだよ。

先生 親近感あるから。
そっか。そりゃ仕方…。

バカ!敬語!敬語!
それより スマホ返して。

何回 言ったら分かるんだよ。

授業中に ツイッター見るなよ~。
見てないよ。

じゃあ インスタか?
インスタも やってません。

何 見てたんだよ。
ドラマ。

出た 意外な答え。

ドラマ?授業中にドラマか。

いや でも 5分で見終わるから。
5分。

ギリセーフだなって…
バカ!アウトだ アウト!

大体ドラマ 5分で
見終わるわけないだろ。

先生 今は
倍速視聴で 1時間ドラマ

10分ぐらいで
見ちゃう子だっているからね。

ちょっと待てよ。
普通のスピードで見ろよ。

作った人 泣くぞ。
いや でも私が
さっき見てたのは

普通のスピードだけど
5分で終わるの。

そんなのあるわけ…あるのか?

見たい?
えっ…。

5分だぞ お前 ドラマで
お前 えっ…。

ほらほら。
どうなんだよ…どれ…ん?

♬~

♬~

♬~

(塚田)いらっしゃいませ。

(薫)いいじゃない これ。

18世紀 フランスの
ヴィンテージパーツを使用した

ネックレスです。
大変 保存状態が良く

希少価値の高い一品です。

ふ~ん…。

あれは…?

あ…そちらですか。

素敵…。

1億?

はい。

いただくわ。
え?

こんなに引き込まれる指輪
初めてよ。

いただきます。
しかし…。

私みたいな若い女は
手が出ないと思ってる?

あ…いや…。

私の夫。
頭が良くて 背が高くて

おまけに資産家なの。

私が欲しいと言えば
何でも買ってくれるわ。

だから
お金の心配は いりません。

いえ お金の問題ではなく…。

そちらの指輪は どなたにも
お売りできないんです。

お店に置いてあるってことは
商品ということでしょ?

はい。商品では ありますが

あくまで展示用でして
売るつもりは ないんです。

だったら 値段が
ついてるのは不自然じゃない。

それには ワケがありまして…。
とにかく 売ってちょうだい。

私は この指輪が気に入ったの。

あっ 実は これはもう
売約済みの商品でして…。

言ってることが違うじゃない!
いや そういうわけでは…。

いいわ。もっと出します。

この金額よりも高い額だったら
売ってくれるかしら?

ダメです。どうあっても
お売りすることは できません。

売るつもりがないなら
どうして ここに売り物として

置いてあるのかって
聞いてるのよ!

それは…。
売約済みだとか なんとか

見えすいたウソまでついて
不愉快だわ!

分かりました。
お話しいたしましょう。

その指輪は 呪いの指輪なんです。

呪い…ですって?

はい…。これまでに
何人もの人々が

その指輪の持ち主に なりました。

しかし その人たちは

ことごとく非業の死を
とげているんです。

やがて その指輪には呪いが
かかっていると

まことしやかに
噂されるように なりました。

それが流れ流れて 今は ここに…。

そんな物騒な物に

よく これだけの値段 つけるわね。

売れないようにするための
措置です。

売約済みの売り物として
飾っている限り

その指輪は
私の物では ありませんから

私に呪いは かかりません。

先代の店主は 売り物に
しなかったせいで

不幸な事故に遭い

亡くなりました。

フフフ…ハハハ…!

そんなバカなこと
あって たまるもんですか!

お客様…。
あなた 私に この指輪

売りたくないから そんな
いい加減なこと言ってんでしょ?

違います。
呪いなんて
あるわけないじゃない!?

ふざけるのも
いい加減にしなさいよ!

あなたが どうしても この指輪を
売りたくないって言うなら

店ごと買い取って
あなたを追い出すだけよ!

分かりました。
しかし 何があっても

私は責任を取りませんよ?

結構よ。

では お包みしますので。

ついでに お願いが
あるんだけど。
はい。

その指輪 サイズを調整して
もらえない?

お客様の手でしたら
ちょうどくらいかと思いますが。

そうじゃなくて
身長180cmくらいの

男性の指に入る大きさに
直してほしいの。

私の夫

だって それは

持ち主を死に追いやる
呪いの指輪なんでしょう?

かしこまりました。
すぐに お直しいたします。

もし指輪が ご不要に
なりましたら

当店で買い取らせて
いただきます。

奥様の所有物になると
いけませんから。

ありがとう。

♬~

先生…先生!
おお…おお~!

固まっちゃって大丈夫?
いや~ ぞっとしたよ~。

何も知らない
旦那さん…哀れだな~。

先生の指輪も「呪いの指輪」

だったりして。
やめろ。違うよ。
お前!これは お前。

これは お前 結婚してさ
お前 ねえ こう お前…。

え?あ…ああ!

先生 次も見る?
そうだな。

次も5分なのか?
そう そんぐらい。

じゃあ 見ようか。
これも怖そうだな。ええ?

♬~

♬~

(堀口祐希)
<僕の隣の家には
殺人鬼が住んでいる>

(レポーター)
え~ たった今 連続殺人犯が
警察に連行されていきます

<僕が4歳のとき あの男が

逮捕される姿を
ニュースで見たんだ>

(村田)殺してやる!
殺してやる!

殺してやる~!

刑務所から…出てきたんだ。

♬~

♬~

うわっ!

(堀口理恵子)
お風呂 入っちゃいなさいって

言ってるでしょ!
うるさいな。

ねえ!

隣に引っ越してきた人と
話した?

挨拶くらいは したけど。
早く 入ってよ。

《みんな 昔のことなんて
忘れてるんだ…》

殺してやる!
殺してやる!

殺してやる~!

《あんな狂った目…
忘れることなんて できない》

(蝉の鳴き声)

殺してやる…。

殺してやる…殺してやる!

(足音)

殺してやる…。

殺してやる…殺してやる!

♬~

(クラクション)

(倒れる音)

(急ブレーキ音)

(車の走行音)

ハァハァ…。

大丈夫か?
うん。

気をつけろよ。

ハァ…。
よいしょ…痛っ。

《あんな怪我までして…》

おい。

はい。

ちょっと 肩貸してくれ。
帰る方向 一緒だろ。

♬~

悪いな。
いえ…。

僕のこと
知ってるんですか?

ん?
さっき…

「帰る方向 一緒だろ」って。
ああ…。

隣ん家の子だろ。昔から
他人の顔は すぐ覚えるんだよ。

どうした?
ハァ…ハァ…。

あなたが捕まったときのこと
覚えてます。僕…。

4歳のときに
ニュースで見ました。

あなたの顔が
本当に怖かったんです。

動けなくなるくらいに…。

見てたのか…。

あなたは罪を
犯したかもしれないけど

ちゃんと償ってきたんですよね。

僕が言うのも
おかしいんですけど

勇気 出して頑張ってください。

周りが どんなこと言ってきても
怪我をしてまで

あの男の子を助けた
あなたなら

できると思います。

俺はもう 世間には
受け入れられねぇと思ってた。

何やっても うまくいかなくてな。

俺なんかもう
ダメだって諦めてた。

だけど そんなふうに思ってくれる
人がいるんだったら

まだ 頑張れるかもしんねぇな。

ありがとな。

うっ…。
大丈夫ですか?

いや ダメだ…わりぃな。

♬~

(虫の音)

人間は 何度だってやり直せる。
命さえあればな。

(理恵子)これ 持ってて。
その手助けをするのが

俺たち 医者の使命だと思うんだ。
財津先生…。

♬~

我あり…我思う。

あの…。

昨日 テレビで見ました。

俳優さんだったんですね。

財津先生…ハァ…ハァ…

おかげさまで
だいぶ良くなりました。

僕が小さいときに見た
ニュースの映像

あれ 刑事ドラマの
ワンシーンだったんですね。

殺してやる!
殺してやる!

ここで つぶやいてたのは
それだったんですね。

その記憶に しがみついて
今まで生きてきたんだ。

あれは 僕の人生の中で
一番デケエ役だったからな。

けど最近は
まったく仕事がなくて。

もう50も過ぎちまったし
才能もねぇんだから

役者 諦めようって
何か月も ずっと考えてた。

けど 君が言ってくれたんだよ。

「あのときの俺を
今でも覚えてる。

動けなくなるくらい怖かった」
って。

俺はそれだけ 君の記憶に
残ることができたんだ。

そう思ったら もう一度

今からでも
頑張れんじゃねぇかって。

いや 頑張ってやるって思えた。

再挑戦する勇気くれたのは
君だよ。ありがとう。

そんな…。

実は今日も これから
オーディションでな。

もし決まったら
一番に知らせっから。

♬~

ハハハ…ホラーかと思ったら
いい話だったな。

うん。先生 この展開よめた?
いや 全然!

実は 役者さんだった
っていうね…。

♬~
実は俺さ 高校のとき
演劇部だったんだよ。

へ~。
でも 舞台には
一度も立てなかったな。

そうなんだ…。
うん。

は~?
だってさ 部員3人だぞ。

3人なのにさ『ライオンキング』
やろうなんてさ

動物が足りないんだよ ほんとに。
ええ…心配だらけだったよ。うん。

あの演劇部が しっかりしてれば

今頃 トム・ハンクス クラスの

演技力身につけたんじゃないかな。
ハハッ!

おっ 次 見ようよ!おい!

私 このあと約束あるから。
え?

今日は これで おしまい!
おい いいじゃないか お前!
5分だぞ おい。

さよなら~!
5分なんて お前

大崎から五反田…。
しょうがねぇな~。

♬~

<このドラマを もう一度
ご覧になりたい方は TVerへ>