【4週連続オムニバスDRAMA】#2さよならの向う側[字]&5分後に意外な結末[字]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

【4週連続オムニバスDRAMA】#2さよならの向う側[字]&5分後に意外な結末[字]

【さよならの向う側】主演上川隆也 大切な人に想いを伝えたくなるハートフル・ヒューマンドラマ
【5分後に意外な結末】物語が終わるとき、あなたは必ず予想を裏切られる

出演者
【さよならの向う側】
案内人…上川隆也
山脇浩一…眞島秀和
由利子…宮澤美保
野原新…渋谷謙人
山脇博…柄本明

【5分後に意外な結末】
結島末吉…飯尾和樹(ずん)
五分市りさ…莉子

「うそつき」    
大西琢磨…濱田龍臣
清水誠…橋本じゅん

「死神」
高村俊章…鶴見辰吾
門司稔…野間口徹
番組内容
【さよならの向う側】肝臓の病気で亡くなった浩一(眞島秀和)は、案内人という男(上川隆也)から、最後に会いたい人を聞かれる。しかし、父・博(柄本明)とも絶縁状態の浩一は、会いたい人はいないと言うが…。
【5分後に意外な結末】物語が終わるとき、必ず予想を裏切られる5分のショートドラマをお届け!「うそつき」新人白バイ隊員VS凶悪犯の結末は…「死神」胃がんを告げられた男の運命は…
原作・脚本
【原作】
清水晴木「さよならの向う側」(マイクロマガジン社 刊)
桃戸ハル編・著「5分後に意外な結末 ベスト・セレクション」シリーズ(講談社文庫)
制作
「さよならの向う側」
【脚本】
水橋文美江
【監督】
深川栄洋

「5分後に意外な結末」
【脚本】
本田隆朗
舘川範雄
【監督】
守屋健太郎
佐藤善木
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/sayonara/

https://www.ytv.co.jp/5fungo/
番組公式SNS
さよならの向う側
【Twitter】@ytvdrama
5分後に意外な結末
【Twitter】@5fungo_drama
【Instagram】@5fungo_drama

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 親父
  2. 浩一
  3. お前
  4. 最後
  5. 死神
  6. 時間
  7. 由利子
  8. 拳銃
  9. お父さん
  10. 雅美
  11. 映画
  12. 間違
  13. 死体
  14. 杉本
  15. 先生
  16. Z世代
  17. 宇宙怪獣
  18. 後悔
  19. 昨日
  20. 自分

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



(山脇浩一)俺だ。

これ 俺だよな?

(谷口)はい。

肝臓を悪くしてさ
入院してたんだけど。

はい。

死んじゃったか。

ご自分の状況が
おわかりいただけたようですね。

♬~

てか

誰 あんた。

案内人です。

案内人?え?

ここ どこ?
ここは さよならの向う側です。

え?何それ?

さよならの向う…。
(由利子)≪浩一≫

(由利子)≪浩一。

やだ~。なに死んでんのよ~。
あんた!

あんた!お父さんに なんて
言ったらいいのよ~!もう。

何も 連絡
しないんだから もう≫

(看護師)≪失礼します。

山脇さん これ山脇さんが
お持ちになっていたものです≫

≪どうして うちの連絡先が≫

≪身寄りは ないと
おっしゃってたんですが

持ち物から
住所が わかったので≫

最後の再会について
説明させていただきます。

残された時間は24時間。

あなたが最後に会いたい人は
誰ですか。

♬~

いないよ そんなの。

誰も…ですか?

あのね どいつも こいつも
未練たらたらで

死んでると思ったら
大間違い。

俺みたいに 死んで
せいせいしてる奴がいたって

全然おかしくない。

亡くなって せいせいなさって
いるんですか。

♬~

≪こんな写真。
大事に持ってたんだねえ≫

他に ご家族は。

もう死んだよ。

お父さまは ご健在では?

知らないね。

最後の再会には
条件がありまして

あなたが亡くなったことを
知っている方とは

会うことが出来ません。

あなたが 死んでいることを
知っている人に会ったら

その瞬間
あなたの姿は消えてしまい

ここに 戻されてしまいます。

ですから お姉さんを再会の相手に
選ぶことは出来ません。

ですが 他のご家族や

ご友人の中には…。
(由利子)≪そうなのよ 伯母さん

浩一が亡くなったのよぉ≫

(由利子)
≪今ね 浩一の高校んときの
同級生に連絡したの。

ほら 商店街の
鴨林酒店の長男坊。

いま 後 継いでる。そうそう…
カモちゃんって呼ばれてる子。

うん 連絡網
回してくれるって

伯母さんもさ 親戚みんなに
連絡してくれる?

最後くらい ちゃんと
見送ってあげたいのよ≫

変わんね~な 姉貴。

ですが お父さまなら
今なら まだ。

行かないって言ってんだろ。

実家には もう
戻らないって決めてんだ。

親父だって 今頃
俺の顔も忘れて…。

(由利子)≪あ お父さん。

もう なんで
電話 出ないのよ~。

電話 ちゃんと横に置いといて
って言ったでしょ?もう…

あのね 浩一が亡くなったの≫

たははは…!

俺が死んだこと もはや
世界中に知れ渡ってんじゃね。

ハーッ。

まっ いいや。

そもそも会いたい奴なんて
いないって言ったろ。

もう一度 考えてください。

しつこいね~。

後悔してほしくないんです。

今さら…後悔の1つや2つ
増えたって かまやしないよ。

あの世に持っていく後悔なんて

1つでも少ないほうが
いいに決まってます。

わかった わかったよ。

行きゃいいんだろ。

《「平素より 当店を
ご利用いただきまして、

ありがとうございます。
誠に勝手ながら、

この旅…」》

(新)♬~

(新)♬~

イェ~ 愛してるぜ~!
愛し…。

何すか。

いや…。

(新)あっ ちょっ…なに
勝手に剥がしてんすか!

もう…。

字 間違えてる。
(新)はい!?

「この度」が「この旅」になってる。

ああ…。

直した方が いいと思ってさ。
あっ そりゃ ど~も。

あと…。
(新)はい。

借りっぱなしの
DVDがあるんだけど

最後に 返しに来た。

宇宙怪獣シリーズ。
怪獣シリーズ。

ハァ~イ!ヤッホー!

延滞金 いくら?
(新)ああ いいっす…いいっす!

…んなわけ いかないでしょ。
(新)いやいや

在庫は処分しろって
言われてるんで。

潰れたの ここ?
まあ~ みたいっすね。

俺 バイトなんで
よく わかんないんすけど。

それより どうします。
どうって?

いや ほんとは返しに来て
また 借りてく

つもりだったんでしょ?
お客さん いつも そうだったし。

俺のこと 覚えてたの?

ネット配信で観る人が
増えてる時代に

珍しいっすもん。
お客さんみたいに

1本ずつ 借りに来る人。
まとめて借りれば 楽なのに。

まとめて
いっぺんに借りたら 楽…

最終シリーズ。
さっき こっちに入れたんだ。

ここに 入れたんっすよ!

いいよ もう。
いやいや…。

全部 知ってるから。

(新)知ってんですか?

観たことあるから。
(新)観たことあるのを1本ずつ?

懐かしくてさ。
1本ずつ 見直してたんだよね。

わかります!
いや…ウソつけ。

いや わかりますよ!
好きなものを大事に

1本ずつ
見直していきたいって感じ?

俺も好きなんで!宇宙怪獣。
えっ…。

いや 親父が その手の怪獣モノ
好きだったんっすよね。

まあ もう死んだんすけど。

あっ マジで!
最終シリーズ

持ってってください。
返さなくて いいんで。

やっぱ いいわ。

(新)死んだから?

宇宙怪獣。
死んじゃうじゃないですか

完結編で。
あっ ああ…。

(新)まあ 死んじゃうとこ
哀しくて

見たくないとか
ありますもんね。

俺も 宇宙怪獣は永遠でいて
ほしかったんっすよ。

ほんとに好きなんだな。

お客さんは?

親父と…

一緒に観た…映画なんで。

(新)俺も…俺も!

俺もっすよ!
ガキんとき 親父と一緒に!

うわ~っ!アッハハ~!
あっ マジで マジで!

持って帰ってください。
すぐ すぐ見つかるんで!

ちょっと 待ってくださいね。

あれ?…あった!
あっ 違う 違う…

いや ここらへんに
あるんすよ!よいしょっ!

♬~

浩一さんの お父さまも

映画が お好きだったんですね。

そのさ…
お父さまっての

キモいんで
やめてくんないかな。

職人さんですよね。
工芸品をつくっていらっしゃる。

知ってんの?

担当した方の情報は
多少は入ってきますから。

じゃあ…俺が
家を出たってことも?

俳優を志したんですよね?

フッ…。志しただけで
終わったんだけどね~。

そのことを お父さまは?
言えるわけないよ。

親父は
昔ながらの職人気質の人間で。

家のことは
母親に任せっぱなし。

授業参観も運動会も
一度たりとも来たことない。

でも…映画を観に連れて
いっては くれたんですよね?

2~3か月に いっぺんな。

単なる気まぐれか 思いつきか

親父が行きたいから
行っただけか。

♬~

(浩一の声)
売店に宇宙怪獣の
フィギュアが売っててさ

俺は それが欲しかった。

入り口で グッズの販売を
しております

(山脇 博)浩一 ほい

♬~

ありがとう!

(浩一の声)
けど親父が買ってくれたのは
キャラメルだよ。

まだ 時間はあります。

時間?

あなたに残された時間です。

じゃあ 酒でも飲むか。

はい?
飲もうぜ 酒。ないの?

何を言ってるんですか。
飲ませてくれよ。

最後に浴びるほど飲みたいよ。

最後まで そうやって
ごまかすんですか。

肝臓を悪くしたのも
そのせいなんじゃありませんか?

酒のせいで
死んだって言いたいの?

そうでは ありません。

あのね 酒は百薬の長って
いってさ。

お酒の話をしているんじゃ
ありません。

本当の気持ちを ごまかして

自分と向き合うことから
逃げてる。

本当にそれで人生を
終えてしまってもいいんですか?
もういいって!

ごまかして何が悪い!
逃げて何がいけない!

そういう人生があったって
いいだろ!

もちろん どんな人生だって
かまいません。

あなたが それでいいと
思っているなら。

いいって言ってんだろ!
よくないでしょう!

よくないと思っているはずです!

お前 何なんだよ~!

僕は あなたの最後を
見届ける案内人です。

山脇浩一さん。

あなたはもう 二度と
現世に戻ることは出来ません。

もう二度と 声を聞くことも

顔を見ることも出来ません。

あなたが本当に会いたい人に

最後に ひと目だけでも…。

♬~

♬~

《親父 小さくなったな…。
けど 元気そうだ》

(床がきしむ音)

《まずい 消えちまう》

(床がきしむ音)

《まずい 消えちまう》

(博)おかえり。

今日中に 仕上げちまおう。
親父の口癖だろ

人様に迷惑かけるぞ。
《あれ?見られたのに…》

(博)親父みたいには
なりたくないって

浩一の野郎に そう言われた。

俺が いつの間にか
親父に似たんだと。

《俺のことを…親父?
ってなんだよ》
(博)生意気に役者だと。

あの野郎の舞台
由利子が観に行こうって。

のこのこ東京まで出て行けるか。
映画でも出てみろってんだ。

(由利子)お父さん?

お父さん もう!

お父さん。

親父が来た…。

親父って おじいちゃんのこと?
また夢見たの?

この間 おばあちゃんが
出てきたって。

みんな いない人ばっかりでしょ。

《もしかして 認知症か?》
(由利子)カモちゃんが お葬式の
受付やってくれるって。

カモちゃん わかる?

鴨林の倅…誰か死んだのか?

はぁ…浩一が亡くなったの!

今朝は わかったって
言ったじゃない。

それで 欲しいものがあるって
これ 頼んだでしょ?

柩の中に 入れてやるんだって。

わかった?思い出した?

肝臓を悪くして死んじゃったの。

さっき通夜が終わったでしょ。
明日は お葬式。

葬儀屋さん待たせてるから
私 行くけど

じゃあ これね。
ここ 置いたからね。

大丈夫ね?

(床がきしむ音)

なに ボヤッとしてんだ!

道具 出しっぱなしにすんな!
片づけろ!

親父…。
なんだよ。

(博)浩一 亡くなったって
由利子が…。

バカも休み休み言え!

でも…。
それじゃあ

今も生きてる浩一は
幽霊なのかよ!

あいつは 今も東京で
元気にしてる。

ほんとだよ。

あいつは
俳優の道に進んでるんだ。

あいつが
帰って来れないのはな

お前に合わす顔が
ないから。

ただ それだけだ。

お前…
よく映画館に連れていったろ。

トラックに
浩一 乗っけてよ。

あれで 浩一は
映画ってものを知って

スクリーンの向う側に
行きたいと思ったんだよ。

ふぅ~。きっと
お前の好きな映画の世界に出て

お前を驚かしてやろうかと
思ってんだよ あいつは!

バカだね ほんと。

何で そんなこと思ったか
わかるか?

仕事 仕事のお前が

唯一 一緒に過ごしてくれた
あの時間が

2人の あの時間が

あいつにとって
夢のような時間だったんだよ。

ふぅ~。

お前は もう
覚えちゃいないだろうけどな。

何だ これは?

買ってやれなかった
怪獣だよ。

♬~

こんなの作ったのか…。

(博)ああ。

♬~

なんだよ これ。

宇宙怪獣だよ。

バカだな…。

(博)親父にバカだなんて
言われたくないね~。

何 泣いてんだよ。

♬~

ありがとう…。

何 言ってんだよ。

浩一の代わりに
言ってやってんだよ。

ありがとな!

それから ごめんな…。

ごめんな 親父…。

(博)なに 謝ってんだよ。

うっせぇ。

♬~

ほれ。

へへ。

♬~

(上映のブザー)

♬~

♬~

世話になったな。

すまなかった。

いえ。

悔いを残してほしく
なかったんです。私のように。

♬~
アハッ。

あんたにも
後悔してることあるの?

後悔のない人なんて
存在しません。

ハハハッ…かもな。

♬~

私が案内できるのは ここまで。

生まれ変われんのかな。

次は どんな人間に
なりたいですか?

そらぁ 素直な人間になりたいね。

そうやって
素直に答えられるなら

もう十分 素直な人間に
なっていると思いますけど。

ふぅ~ フフッ。

俺は ただの バカ野郎な
放蕩息子さ。ハハッ。

ふぅ~。

♬~

♬~

(チャイム)

(りさ)先生 用ってなに?
(結島)おおっ!

座れ!なっ。

あのさ ほら この前の
何だっけ?5分は命取り?

違う 違う。
『5分後に意外な結末』ね。

それそれ
それ またさ 見たいなと思って。

そのために 私 呼んだの?
先生 自分で見ればいいじゃ~ん!

だったら お聞きしますけど
これで どうやって見れる?

ガラケー?うそでしょ~?
そうなんです。

頼むよ Z世代。
ねえ くくりで呼ばないでよ!

なっ 頼む!なっ!

ハハッ さすがZ世代。
仕事 早いね~。

Z世代 Z世代って うるさいよ!

♬~

♬~

(杉本)緊張してるのか?
(大西)はい…でも 白バイ隊員は

小さい頃からの憧れだったんで
嬉しいです!

落ちついてやれば 大丈夫だ。

終わったら デビュー戦
お疲れ会しようぜ。

はい。
じゃ 向こうのほう

パトロールしてるから
何か あったら連絡しろ。

はい。

♬~

よし!

♬~

(激しい走行音)

来た!

(白バイのサイレン)

そこの車 とまってください!
とまってください!

(白バイのサイレン)

♬~

(清水)あぁ!?

《ビビるな ビビるな…》

あんなに飛ばしちゃ
危ないですよ!

そんなに出してねえだろ。
並走してましたけど

法定速度30キロ
オーバーしてました!

降りてきてください。

♬~

免許証を出してください。
そんなもん ねえや。

え?
1年前にスピード違反で
一発免停に なったまんまだ。

無免許運転ってことですか!?
ああ。

《めちゃくちゃ悪質な
ドライバーじゃないか!》

この車は
あなたのものですよね?

ちげ~よ!
こんな車 俺が乗れるか!

では 誰の?
知らね。盗んだもんだからよ。

盗んだ!?

《スピード違反に
無免許運転に おまけに窃盗!

なんて悪いヤツだ…しかも
まったく動じてない。

なんだ コイツ…》

車検証を確認させて
いただいていいですか。

そしたら この車が
どなたのものか分かるので。

車検証?ああ さっき
ダッシュボードに

拳銃しまったときに
見たかもしれねぇな。

《拳銃だとぉ!?》

け 拳銃が 入ってるんですか!?

何度も言わせんな!!
はい。

《ヤバい!ヤバすぎる…
コイツ 堅気じゃないのか!?

初めてで こんな重大事件に
ぶち当たるなんて

どうすりゃいいんだ!》

あ~ 思い出した。
はい。

この車の持ち主 女だ。

その拳銃で
さっき ぶち殺したんだ。

こ…殺した…!?

そうだよ。

《人を殺したのに平然としてる!
これが サイコパスってヤツか》

《これは俺の手に負える
相手じゃない!》

ちょ…ちょっと
待っててくださいね。

先輩!すいません。
応援お願いします。

(無線:杉本の声)どうした?
そ それが…。

(エンジン音)

ちょちょちょっと!
どこ 行くんですか!

急いでるんだよ。
ちょうど女の死体を

山奥に捨てに
行くところなんだ!

死体がのってるんですか!?

ああ 今トランクに入ってる。

《ここに死体が…》

見てみるか?

おい。
はい。

♬~

(白バイのサイレン)

(杉本)おい。
先輩!

(杉本)何があった?
あの…あの男

スピード違反で
とめたんですけど

免許証を持ってなくて
車も盗難車だって言って

拳銃が
ダッシュボードの中にあって

トランクには
死体があるっていうんです。

うんうん…わかった。
落ち着け!

ここは俺が対応するから
お前は応援を呼んでろ。
はい。

くれぐれも
気をつけてくださいよ。

何しでかすか
わかりませんから。
うん。

♬~

♬~

すいません!
再度 お聞きしますが

免許証は所持していないと
いうことですかね?

ありますけど?
えっ!?

♬~

偽造じゃ なさそうだな。
当たり前じゃないですか。

(杉本)この車は
盗難車じゃないんですか?

まさか 私のです!

車検証もあります。

♬~

どういうことだ…

ダッシュボード
見せてもらって いいですか?

どうぞ。

拳銃もない…。

拳銃!?そんなもん
あるわけないじゃないですか!

トランクも見せてください。

(杉本)
全然 話と違うじゃないかよ。

彼から なんて
報告を受けたんですか?

無免許で盗難車で
拳銃を所持してて

死体を積んでるって。
死体?そんなもん
あるわけないでしょ!

ですよね…。

あの警官 とんでもない
うそつきですね。

もしかして他にも
うそ ついてませんでした?

私がスピード違反をした
とかって。

すいませんでした。

♬~

はぁ~ この結末は
読めなかったな~。
うん。

先生 元演劇部なんだからさ
いざとなったら

あんなふうに見事な
うそつけば いいじゃん。
あんな演技できないよ。

やってみてよ~。
無理だよ。そんな お前。

じゃあ いきます。
えっ?

ああ…ウィ~ン はい。

はい 免許証出して!
えっ!あっ すいません!
10キロも出してないのに

ちょっと待ってくださいね。
すいません。これポイントカード

これ マイナンバーカードだ うん。
これで4枚目の…

あっ 5枚目でありました。
すいません これです。

いや これ 保険証だろ!

先生 それなんですか?

Z世代に理解されず
頸動脈ドックン 死にそうです。

ブーーー!

(門司)病名は胃がんです。

(高村俊章)胃がん…ですか?

はい スキルス性の。

これが がん細胞に
浸食された部分です。

肺の深部にまで転移してるので
ステージ4になります。

ここまでくると
手術は難しいでしょう。

ちょっと待ってください。
それって

手の施しようが
ないってことですか?

はい。

それでは 私はあと
どのくらいなんでしょう?

延命治療をしない場合

来年の桜を見られる可能性は
低いと思います。

延命治療について ご説明します。

主な治療法は 化学療法か
放射線療法です。

化学療法というのは
いわゆる 抗がん剤治療で

薬で がん細胞を
殺傷するんですが

正常な細胞も攻撃するので…。

♬~

♬~

♬~

(高村雅美)
全然 食べてないじゃない。

どうしたの?ちゃんと食べなさい。

(高村章一)いや~ 昨日の酒が
まだ残っててさ。

最近 飲みすぎじゃない?

社会人になると
いろいろ付き合いがあんだよ。

もう…。あ そういえば
健康診断どうだった?

あ…ちょっと メタボ気味だって。

えぇ?
やべえ 俺も言われそう。

その歳でもう?
野菜 食べなさい 野菜。

だから 食えないんだって。

(雅美)
ほら トマトもちゃんと食べて。
も~う!

お父さん?

んふふ。

♬~

延命治療をしない場合

来年の桜を見られる可能性は
低いと思います。

来年の桜を見られる可能性は
低いと思います

(携帯のバイブ音)

♬~

《章一は どんな家庭を
築くんだろう…

俺は 孫の顔も見ずに
死んでいくのか…》

♬~

《ごめんな 雅美…。

いろんなところに旅行しようって
言ってたのに…。

なんで…なんで 俺なんだよ》

(携帯のバイブ音)

《ちゃんと言わなきゃ。
事実を伝えて

残りの時間のことを
一緒に考えよう》

(電話の呼出音)

(雅美)お父さん 今どこ?

公園。

今日 無断欠勤したの?
部長から連絡があったけど。

そうか…。

(雅美)ねえ どうしたの?

昨日から なんか変じゃない?
雅美…。

(雅美)それと 病院からも
うちに電話があった。
え?

手違いがあったから
今すぐ来てくださいって。

誠に申し訳ありません。

昨日お見せした
レントゲン写真ですが

別の患者さんのものでした。

は…?

レントゲン技師が
同じ苗字の方と

間違えていたみたいで
高村さんの写真は こちらです。

多少 胃下垂気味ですが
心配ありません。

では 私は
がんではないんですか?

はい 申し訳ございません。

来年の桜は?
問題なく見られます。

あぁ…そうですか!

良かった~!
ほんと良かった!

っていうか
酷いですよ 先生!

どんだけ悩んだと
思ってるんですか!

大変 失礼いたしました。

今の先生
なんだか仏様に見えます。

昨日とは別の人みたいです。

昨日は どう見えていたんですか?

なんていうの その…。

死神?

そうですね はい。
ハハハッ…!

ハハハッ…!

イェイ!

《俺は まだまだ生きられる!》

♬~

(雅美)お父さん!
おお~ どうした?

どうしたじゃないよ。
もう~ 様子がおかしいから…。

健康診断で
何か見つかったんじゃないの?

何にもなかったよ。
ほんと?

ああ 俺は健康そのものだ。

もう~ 心配させないでよ。

ほら 大丈夫だって言っただろ。

なぁ みんなでランチしないか。
旅行の計画立てたいんだ。

旅行?なに突然 ハハハ。

退職したら
行こうって言ってただろ。

なんかもう行きたくてさ
久々に家族水入らずで。

いいね!じゃあ

店決まったら教えて
あとで合流する。

章一 どうしたんだ?

あぁ あの子も健康診断で
手違いがあったみたい。

今そこで偶然 会ったの。

レントゲン技師が

同じ苗字の方と
間違えていたみたいで

同じ苗字の方と
間違えていたみたいで

同じ苗字の方と
間違えていたみたいで

同じ苗字の方と
間違えていたみたいで

お父さん!?

《ダメだ 行っちゃいけない!》

死神?

《そこには 死神がいる!》

死神?

《死の宣告書を持って
お前を待ってるんだ!》

章一~!!

いや~。
どん底から さらにどん底。

親として
こんなに つらい事ないよね。
あぁ。

まだ自分が言われた方が
いいよな~。
うん。

♬~
アハッ…
やっぱ自分も嫌だな うん。

よし 決めた うん!

今年は 健康診断行くのやめたよ
うん 怖いもんな。

いや いきなよ。
やだよ~。

医者の顔した死神なんて…
怖いな!

でもさ 本当の死神って
どんな顔してるんだろうね。

死神の顔?う~ん…。

死神の顔まで
5 4 3 2 1

キュー!
あ…ああっ!

えへへ わぁ~…!

二枚舌だよ!

チュチュ…。

こんばんは 死神です。

♬~

裸眼解除。

おっ りさな
お前 大学から

バドミントンに話きてるぞ
推薦だよ。
え?

どうする?

♬~

♬~

<このドラマを もう一度
ご覧になりたい方は TVerへ>