[終]テッパチ! #11【ついに激動の最終話!バディの絆と運命の災害派遣要請】[字][解][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

[終]テッパチ! #11【ついに激動の最終話!バディの絆と運命の災害派遣要請】[字][解][デ]

バディを失った抜け殻の宙…そんな中、大木班に土砂災害の現場に緊急出動要請が!困難を乗り越え、一人前の自衛官になることができるのか!?そしてバディは?!

ご案内
【公式HP】
https://www.fujitv.co.jp/teppachi/ 
【公式Twitter】
https://twitter.com/teppachi_8 
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/teppachi_8_/
番組内容
桜間冬美(白石麻衣)のもとに、病気休暇中だった馬場良成(佐野勇斗)から退職届が送られてきた。馬場のために何をすればいいのかわからず苦悩する国生宙(町田啓太)。そんな宙たちのことを心配していた八女純一(北村一輝)は、馬場がいまも病気休暇ということになっていると冬美から教えられる。宙と連絡を取った八女は、馬場の退職届がまだ受理されていないことを伝える。続けて八女は、馬場にしてやれることは何もないが
番組内容2
最後まで信じてやることはできる、と告げる。「それがバディってもんだろ。だから先ずはお前がしっかりしろ」。八女は、そう宙に語りかけた。
八女の言葉で少し前向きになれた宙は、入院中の芝山勝也(水沢林太郎)の見舞いに行く。リハビリを続けていた芝山は、宙の顔を見るなり敵意を向けた。するとそこに風間速人(工藤阿須加)が現れ「宙の話を聞いてやってほしい」と頭を下げる。そのおかげで、宙は芝山と話す機会を得るが
番組内容3
「あんたが死ぬ気で何かやってみろ」と激しく拒絶される。
それから数日後、宙たちは、出動要請を受け、大雨の影響で発生した土砂災害の現場に向かう。初めての土砂撤去作業で、宙は人命救助という重みを感じながら頑張るが…。
出演者
町田啓太、佐野勇斗、白石麻衣 / 北村一輝 
工藤阿須加、桐山漣、久保田悠来、結木滉星、水沢林太郎 他 
※桐山“漣”のしんにょうの点は正しくはひとつ
スタッフ
【脚本】
関えり香 
【企画】
渡辺恒也、江花松樹 
【企画・プロデュース】
栗原美和子(共同テレビ) 
【プロデューサー】
山崎淳子(共同テレビ) 
【演出】
石川淳一(共同テレビ) 
【制作協力】
共同テレビ
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 風間
  2. 冬美
  3. 馬場
  4. 国生
  5. 自衛隊
  6. ハァ
  7. 大木
  8. お前
  9. 頑張
  10. 八女
  11. お願い
  12. 一緒
  13. 家族
  14. 金子
  15. 野村
  16. 理学療法士
  17. 一同
  18. 今日
  19. 時間
  20. 芝山

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン

《おい! 馬場!》

《おい!》

《もういられないよな…》

《音楽隊どころか…
自衛隊にもいられない》

(すすり泣き)

おーしっ
じゃあ ジュージャンすっか。

いいっすね やりましょう。

国生。
ああ…。

俺 今 小銭持ってないんで。
すいません。

お疲れっした。

♬~

♬~

(秒針の音)

(八女)
馬場の件は どう処理してる?

(冬美)これが届く前に
病気休暇としました。

今は それを継続中です。

(八女)ハァ… そうか。

(冬美)
自衛隊を辞めたいというのが

本当に馬場が望んでいることか
今後は どうすべきか

分かりかねてます。

まあ いくら俺たちが
戻ってこいと思ったところで

肝心なのは本人の気持ちだ。
(冬美)はい。

あと 国生2士のことも心配です。

国生?

まあ そうだろうな。

分かった。
まずは俺が あいつと話してみる。

ありがとうございます。

♬~

《一緒に帰ろ。
1人で帰んの何か寂しくてさ》

《ガキか》
《ハハハッ》

ハァー…。

(バイブレーターの音)

(はなをすする音)
(バイブレーターの音)

もしもし。
よう 絶賛落ち込み中か?

おっさん 俺 今…。

(八女)お前が しょげてたら
馬場も戻ってこれねえぞ。

何言ってんすか。

あいつ もう 自衛隊
辞めちまったじゃないっすか。

馬場は まだ自衛官だ。
えっ?

どういう意味っすか?

あいつの退職願は
まだ受理されてない。

それって…
まだ辞めてねえってことか?

まあ そういうことだ。

国生。 お前 今
あいつに何をしてやれるか

どうせ そんなことばっかり
考えてんだろ?

そうだろ?
はい。

残念ながら
してやれることはないぞ。

それが現実だ。

だがな
信じてやることはできる。

みんなが手を離しても
最後の最後まで信じてやる。

それが
バディってもんじゃねえか?

だから まずは
お前自身がしっかりしろ。

♬~

♬~

≪(ノック)

≪(風間)風間だ 入るぞ。
はい。

お疲れっす。

朝飯 パスしたらしいな。
大丈夫か?

ああ… 今日 休みなんで
食わなくてもいいかなって。

食うのも仕事のうちだよ。

それに ずっと閉じこもってても
何も解決しないぞ。

でも…
俺 まだ頭ん中ぐちゃぐちゃで。

それでも何かやれることは
あるんじゃないか?

♬~

(理学療法士)あともうちょっと。
(芝山)うっ…。

(理学療法士)大丈夫?
ゆっくりで大丈夫だよ。

(芝山)う…。
(理学療法士)よし。

じゃあ 今日は もう
そろそろ時間だから

終わりにしよっか。

もう1回お願いします。

(理学療法士)じゃあ
もうちょっとだけ頑張ってみようか。

はい。 ハァ ハァ…。

うっ…。
(理学療法士)出すときに

もう少し重心かけてみよう。
(芝山)はい。

うっ…。

(理学療法士)下にかける感じで…。

こんちは。

また あんたか。

マジで俺 怒らせたいの?
いや…。

(風間)あの すいません。

こいつの先輩の風間といいます。

風間さん…。
へっ?

芝山さんがケガされたとき
私も あの現場にいました。

あんたも?
(風間)私の監督責任でもあります。

少しの時間で構いません。

こいつの話
聞いてやってもらえませんか?

お願いします。

ハァ…。

実は 俺
ラグビーやってたことがあって。

結構真剣にやってたんすけど

高校んときケガして
あっさり辞めちまいました。

逃げたんです 俺は。

さっきの君みたいには
闘えなかった。

君は闘えてますよね?
その強さがあるなら

きっと復活できるって…。
(芝山)だから言ったろ。

復活したって意味ない。
スポンサーも降りたって。

じゃあ 何であんなに
リハビリ頑張ってるんですか?

元通りになんのは
大変かもしんねえ。

けど今みたいに逃げねえで
がむしゃらに頑張り続けたら

次のオリンピックにも
出れるかもしんねえじゃないっすか。

あんたさ…。

オリンピックに出るってのが

どれだけ大変なことか
分かってんのか?

あ…。
死ぬ気でやんなきゃ

出られねえんだぞ。

人に偉そうに言う前にさ

まず あんたが…。

死ぬ気でやってるところ
見せてみろよ。

♬~

すいません。
(風間)うん。

あぁ…。
風間さん。

ありがとうございました。

死ぬ気でやれか。 厳しいな。

ケガから復帰した
スポーツ選手たちの資料

持ってきたんすけどね。

俺 ホントは
ラグビーから逃げたんじゃないんすよ。

チームワークもつくれないような
自分勝手な人間で

人間関係っていうんですかね。

そういうのが煩わしくなって
逃げたんです。

その後も ずっと逃げてました
いろんなことから。

けど…。

救われたんです。

俺が苦しい状況から
抜け出せたのは

八女のおっさんや 馬場

仲間たちのおかげなんです。

だから 俺も芝山君の力に
なれねえかなって思ったんすけど

やっぱ俺じゃ
まだ無理なんすかね。

いい線いってたと思うぞ。

っす。

おお…。

はい。
(遥)ありがとう。

いいえ。
お見舞い?

(遥)おばあちゃんが骨折したから
お母さんとお見舞い。

お~ そっか。

んっ?
(遥)お兄ちゃん ネックレス着けてるの?

おっ? ああ これか?

これはドッグタグってやつ。

自分の名前が書いてあるから
ずっと着けてなきゃなんねえの。

自衛隊員だからな。
自衛隊員?

(風間・宙)うん。
(風間)国や国民を守るお仕事。

危ないとこにも行く
お仕事だから

僕らに何かあっても
顔が分かんなくなっても

あっ あいつだなって
分かってもらうための。

ほら。
(遥)ふ~ん。

あっ!
んっ?

(遥)これと一緒ってことだね?

「しらい はるか」ちゃん。

おっ 妹の家と近いな。
今 何年生?

東清水小学校の1年生。
東清水小学校?

俺の妹と同じ小学校だ。
(風間)おおっ。

ドッグタグ カッコイイな~。
欲しいな~…。

悪いけど
これは あげられねえんだ。

何で?
何でって それは…。

大事な仲間に 自分だって
分かってもらうための物だから。

《俺が死んだとき そのことを
家族に伝えてくれるのは

チュウ君なんだろ?》

ごめんな。
そうなんだ…。

あっ。

ホントは妹にあげようと
思ってたんだけど…。

あった。

はい。
これなら あげられるよ。

ほら 俺のと一緒だろ?

でも 名前書いてない。

ああ…。 じゃあ…。

あった。
ちょっと貸して。

HARU… K… HARUKA。

英語で「HARUKA」
これで俺のと一緒だろ?

うん!
フフフッ。

あと こっちもおまけしちゃおう。

はい。
(遥)ありがとう!

お兄ちゃん。
んっ?

国を守るお仕事ってカッコイイね。

頑張ってね。

バイバーイ。
(風間)バイバイ。

(笛の音)

(笛の音)

うん。

頑張るよ。

(キャスター)今日 午後
神奈川県西部広域では

驚異的なゲリラ豪雨に
見舞われました。

また 山北町の山間部では
土砂災害が発生し

近隣の住民に
避難指示が出されました。

(風間)
そろそろ出動要請 来そうですね。

最小限の被害で
済んでればいいがな。

(キャスター)低い土地の浸水や
土砂災害に

慎重に警戒するよう
呼び掛けています。

(雷鳴)

♬~

♬~

(野村)エグい崩れっすね。

(大木)ケガ人が出なかったのが
不幸中の幸いだな。

でも もしかしたら この下に
生存者がいるかもしれない。

その気持ちで撤去に取り組め。
はい。

(大木)集まれ!
(一同)はい。

(冬美)これから
各自 班長の指示に従い

速やかに
土砂の撤去作業を実施せよ。

(一同)はい!

(風間)誰かいませんか!

(風間)誰かいませんか!

誰かいませんか!

(キャスター)昨日の
猛烈な雨によって起こった

山北町の土砂災害に対して
神奈川県は

自衛隊の災害派遣を要請しました。
政府関係者の話によると

自衛隊の部隊が
すでに現地入りし

被災者の捜索と
災害が起きた山間部の

土砂の撤去作業を開始している…。

(金子)戻りました。
(野村)戻りました。

(大木)じゃあ 次 国生!
休憩だ。

(野村)初めての撤去作業だし
かなりこたえてんだろ。

お前 ほとんど寝てないんだから
少し休め。

いえ 大丈夫っす。

でも これが最後のブロックか。

(金子)
ああ ようやくってとこだな。

あっ?

どうして こんなもんが?

金子さん ちょっと…。

これ…。

国生。 国生!
はい。

(風間)これ。

これ。

これ…。

《英語で「HARUKA」
これで俺のと一緒だろ?》

《うん!》
《フフフッ》

俺があげたやつ。

(風間)もしかしたら
あの子が この中に…。

(金子)お前ら 何か知ってんのか?
(大木)どうした?

どうしたの?
もしかしたら

はるかちゃんって子が
ここにいるかもしれません。

(冬美)どういうこと?
(風間)国生が

その子に これをあげたんです。
(冬美)えっ?

はるか…。

「しらい はるか」!
住所… 住所は…。

東清水…。

東清水小学校!
間違いないっす。

妹と一緒の学校だから
覚えてます!

しらい はるかちゃんって子の安否
確認してもらえますか?

♬~

(秒針の音)

♬~

(冬美)警察の協力を得て
先ほどの住所は

確かに白井さんのご自宅だと
分かりました。

そのご家族には小学1年生の
遥ちゃんという娘さんもいます。

ですが自宅の電話はつながらず

近くの交番の警察官に
訪ねてもらいましたが不在でした。

隣人に尋ねたところ
数日前 白井さんご家族は

「丹沢方面に家族で旅行に行く」と
話していたそうです。

丹沢って…
すぐ この近くじゃないっすか。

自家用車も この少し先にある
駐車場で3日間放置されています。

白井さんたちは ご家族で
この近辺を歩いていた際

土砂崩れに巻き込まれた可能性が
あります。

(大木)生き埋めの事故は
発生から72時間が勝負だ。

それを超えると
急激に生存率が低下する。

生き埋めになったのが3日前なら
もうすぐ72時間っすよ。

急ぎましょう。

よし 捜索を続けるぞ!
(一同)はい!

遥ちゃーん!

(大木)被災者たちの声が
聞こえるかもしれない。

絶対に聞き漏らすな!
(一同)はい!

遥ちゃん! 聞こえますかー?

遥ちゃーん!

遥ちゃーん!

(通知音)

(秒針の音)

(秒針の音)

(宙のメッセージ)もしもし。

馬場 元気か?

俺さ やっと芝山君に
話 聞いてもらえたよ。

まあ
風間さんのおかげだけどな。

やっぱ
1人じゃ何もできねえんだな。

そんでさ また
オリンピック目指してくれって

頼んだんだけど…。

《そしたら
逆に言われちまったよ》

《「あんたが死ぬ気で
やってるところ 見せてみろ」って》

(宙のメッセージ)
だからさ 俺 決めた。

今の俺に 誰かを救えるかなんて
分かんねえけど

死ぬ気でやってみる。
絶対逃げねえ。

自分で決めた道だからな。

なあ 馬場。
お前が自衛隊のこと

全部忘れてえって思っても

もう二度と俺の顔なんか
見たくねえって思ったとしても

俺は お前の味方だ。
お前を待ってる。

お前からも逃げねえぞ。

だってよ 俺は…。

お前の… バディだからな。

♬~

♬~

(チャイム)

本日3日目の捜索はこれまでだ。

活動を終了せよ。

分かりました。 部隊に伝達します。

えっ 捜索終了?

(冬美)今日で3日目です。
これ以上 徹夜作業を続けると

夜間の捜索は
二次災害を生む危険性がある。

見通しも悪く地盤も緩い中

隊員たちを危険にさらすリスクは
大きい。

これは隊員たちの人命も考慮した
結論です。

でも… あしたんなったら
72時間超えちまうじゃねえか!

(冬美)口を慎め!

これは連隊としての決定事項だ!

(冬美)《熱くなると
冷静な判断を下せない》

《それは自衛官にとって

大き過ぎる欠点よ》

分かってます…。

でも…。
何?

捜索終了が
決定事項だってことも…。

すげえ身勝手だってことも
分かってます。

でも… それでも!

俺は あの子を救いたい!

≪(笛の音)

(笛の音)

今 聞こえましたよね?

聞こえましたよね 今!?

俺が あの子にあげた笛の音
今 そこから聞こえましたよね!?

聞こえたか?
(野村)いえ。

《ありがとう!》

《危ねえってときとか
助けてって思ったときに

思いっ切り吹いてみな》
《うん!》

嘘じゃねえ
ホントに聞こえたんです!

信じてください!

分かってますよ
今 俺 全然冷静じゃねえって

分かってます! でも…。

どうしても諦められねえ。

俺一人の力なんかじゃ
全然助けられねえんすよ。

だから… だから皆さんの力
貸してください!

お願いします!

お願いします!!

《あんたには 務まんのかよ》

《人の痛みが分かんねえで…》

《ホントに 誰かを救えんのか?》

(八女)《桜間》
(冬美)《はい》

《君のような冷静で
的確な判断のできる人間を

俺たち自衛隊は必要としてる》

《だが熱い気持ちで突っ走って

何にでもぶつかってく
国生のような人間も

俺たち自衛隊には必要だ》

《俺は そう思うぞ》

俺なら どんなペナルティーも
受けますから。

だから このとおりです!

お願いします! お願いします!

これより
部隊は捜索活動を継続する!

われわれの手で 必ず
白井さんご家族を救出する!

(大木)よーし やるぞ!!
(一同)おう!

ありがとうございます!

♬~

遥ちゃん! 聞こえるか!

遥ちゃん!

こんだけ取り除いても
何も出てこねえな。

出るまで取り除くしかないっすよ。

必ず見つけんぞ。
≪はい。

諦めんなよ!

ハァ ハァ ハァ…。

≪(足音)

♬~

♬~

馬場…。

馬場 良成 ただ今 戻りました!

皆さん 遅くなってすいません!

時間がない。
馬場 早く作業に取り掛かれ。

はい!

♬~

♬~

♬~

(チャイム)

(八女)《教官っていったって

教えてやれることと
やれないことがあるよな》

《そもそも
俺は教官じゃなかったからな》

《上層部のミスで飛ばされた。
まあ そんなもんだ》

《俺にも ずっと夢があった》

《だから飛ばされるって
聞いたときは

今のお前みたいに
お先真っ暗だった》

《でも そのおかげで
教官になったとき

お前たちのつらさが
痛いほど よーく分かった》

《今のお前だってそうだろ?》

《国民は傷ついたとき
人の優しさを一番求めるもんだ》

《絶望に直面した人の気持ち…》

《今のお前なら
誰よりも分かってやれるよな?》

《馬場》

《頼めるか?》

♬~

何!? 捜索続行してるだと?
なぜ命令に従ってない!?

被災者が生存している可能性が
高いことが分かりました。

従って捜索を続行すべきだと
判断しました。

生存者を見つけられるのか?

必ず見つけてみせます!

分かった!
捜索続行を連隊長に報告する。

ありがとうございます!
副連隊長。

白井 遥ちゃん! 聞こえるか?
(土砂の流れる音)

(金子)また流れてきましたね。
(野村)班長…。

急ぐぞ。
(野村)はい。

遥ちゃーん! そこにいるんだろ?

聞こえたら返事してくれ!

≪(笛の音)

聞こえた!
俺も…。

確かに聞こえました!
間違いありません!

♬~

上ーげ!

(馬場・宙)1 2!

発見しました!
遥ちゃん!

生きてる… 生きてます!

(冬美)緊急搬送の準備!
≪了解!

遥ちゃん! もうすぐだからね!

こっち持つ!
頼んだ!

よし…
遥ちゃん ちょっと触るよ!

このまま出せる!
おう!

遥ちゃん 今から引っ張るからね。
いくよ!

せーの!

よし。 せーの!

せーの!

遥ちゃん!

お兄ちゃん…。

よく頑張ったな。

≪せーの!

(風間)見つけた! ご両親だ!

まだ息がある!
(冬美)急いで!

(大木たち)はい!

せーの!

♬~

♬~

お願いします!

♬~

敬礼!

♬~

♬~

遥ちゃん 元気になってるといいな。
順調に回復してるって聞いてる。

これ 喜んでくれっかな。
いいんじゃない?

めっちゃカワイイよ。
ハハ…。

あ…。

っす。

ニュースで見たよ。

あんたが
あの子を助け出したとこ。

(キャスター)《昨日 午後9時ごろ
自衛隊の救助活動によって

行方不明になっていた女の子と
その両親が発見され

救出されました》

あっ…。

死ぬ気でやったんだよな?
あんた。

はい。

あの姿 見て思った。

俺も また できるかもって。

えっ?
だから…。

もう逃げないって言ってんだよ。

もう一度 やってみるわ。

オリンピック。

じゃあ。

楽しみにしてます!

(背中をたたく音)

みんな また前に進もうとしてる。

俺も負けてらんねえな。

音楽隊 諦めないことにしたよ。

えっ?
もしかしたら

俺の吹くトランペットで救われる人が
いるかもしんないから。

俺も もう逃げ回んの
やめよっかなぁ。

ラグビー またやってみるわ。

ハハ…。

いやぁ いつか お前のトランペット
聞いてみてえなぁ。

まあ そのうちな。
そのうちって いつだよ。

いや そのうちだよ。
いや 恥ずかしがんなよ。

チュウ君 トランペットの良さ
分かんねえだろ。

分かるわ!
いやいや。

ちょ 貸してみ?

(吹く音)
(2人)ハハハ…!

≪(ドアの開閉音)

お疲れっす。
今日 もう上がりっすか?

ええ。

あっ 訓練後に疲れてるところ
ごめんね。

いえ。

話って?

私 ここ 離れることになったの。

えっ?

もしかして左遷ってやつ?

俺が あんたの下で
色々やらかしたせいか?

その逆よ。
えっ?

選抜されて
アメリカの陸軍学校に留学するの。

留学…。

じゃあ
飛ばされるわけじゃねえんだ。

ええ 希望がかなったの。

あっち いつまで行くんだ?

約1年。
初心に帰って 鍛えられるつもり。

そっか。

めでてえ話だな。

ありがとう。

あなたのおかげで
私も ちょっと変われた気がする。

じゃあ。

俺の方こそ ありがとう!

あんたのおかげで 俺…。

♬~

♬~

あ~
いい緊張感がみなぎってきたな。

総合火力演習っすからね。

総火演に参加できるなんて
めったにないんですもんね?

ああ わが連隊が選ばれたのは
この上ない名誉だ。

みんな 気を引き締めてくぞ。
(金子・宙)うい!

しかもネットで
全世界にライブ配信される。

俺たちの訓練が
世界中で見られるってわけだ。

国生 調子こいて
張りきり過ぎんなよ?

いや 今 張りきらないで
いつ張りきんですか。

なあ?

お前は
いつでも張りきってんだろうが。

ヘヘヘッ。
よーし。

いくぞ!
(宙たち)うい!

(八女)おう お前ら!

おはようございます。
教育隊も見学に行くからな。

びしっと決めろよ いいな?

頑張ります!
はい!

じゃあ 頑張れよ。
うっす。

♬~

♬~

もう 一人前のテッパチだ。

ハァ…。

っしゃあ!

[ご応募お待ちしてます]