家庭教師のトラコ#03[解][字][デ] 謎の女がお金の使い方で家族を救うホームドラマ!…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

家庭教師のトラコ#03[解][字][デ] 謎の女がお金の使い方で家族を救うホームドラマ!

学歴を求める親とやりたいことを目指す高校生息子。家庭教師代20万円の正しい使い方をめぐり、トラ子が仕掛けた罠とは?橋本愛主演、母子を救う個別指導式人間ドラマ!

出演者
橋本愛、中村蒼、美村里江、細田佳央太、矢島健一、丸山智己、細田善彦、阿久津慶人、加藤柚凪、板谷由夏、鈴木保奈美
番組内容
上原守(細田佳央太)は東大に行くより、漫才師になりたい事を、母親の里美(鈴木保奈美)に言えないでいる。トラコ(橋本愛)は、家庭教師の授業料・20万円を、守への投資として正しい使い方だからと、受験を止め、お笑い学校入学に使うことを勧める。だが、守は自信がもてず、入学できない。すると、トラ子は、その20万円を使って、偽のお笑いライブを催し、客が爆笑している姿を、里美に見せて納得させることを提案する。
監督・演出
【演出】岩本仁志
原作・脚本
【脚本】 遊川和彦
音楽
【主題歌】
 「茜」森山直太朗(ユニバーサル ミュージック)
【音楽】
 平井真美子
制作
【チーフプロデューサー】 
田中宏史
石尾純
【プロデューサー】
大平太
田上リサ(AX―ON)

【制作協力】 AX―ON
【製作著作】 日本テレビ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 先生
  2. ママ
  3. 里美
  4. ハハハハ
  5. 母親
  6. 観客
  7. 頑張
  8. 母上
  9. 自分
  10. 東大
  11. 本当
  12. 将来
  13. 勉強
  14. お前
  15. ホント
  16. ヤツ
  17. 今日
  18. 守君
  19. お笑い
  20. お笑い芸人

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
¥250 (2022/08/13 17:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

(上原 守) いきなり
お笑いライブやってま~す!

(守) 元銀座のママ
やってたぐらいですから

お客さんとの距離の縮め方が
うま…。

(根津寅子)
♪~ 見~ちゃった 見ちゃった

♪~ ママに言ってやろう

いやいや いやいや…
これは罰ゲームっていうか。

クラスのヤツとの賭けに
負けただけで…。

それでも即興で お笑いやれちゃう
俺のセンスって すごくない?

そっか~。

これが
君のやりたいことだったんだ。

あっ いや だから
そうじゃなくて…。

別にいいじゃない。

お笑い芸人になりたいなら
ママに そう言えば。

いやいや 無理でしょ
反対するに決まってるし。

そんなの分からないでしょ。

何なら…。

私が言ってあげようか。

えっ?

(ドアが開く音)

(上原里美) 何やってたの? 守
こんな遅くまで。

あら 先生!

どうしたんですか?
2人 そろって。

あ~ ほら 図書館で勉強してたら
ばったり会っちゃってさ。

そ~う。

そうだ あんた この間の模試
結果どうだったの?

あ~ ご覧になります?

いや~ 今回も母上の期待には
沿えないと思いますけど。

(里美) また全部 E判定じゃない。

いや 聞いてくださいよ!

これにも
いろいろ訳がございまして…。

くだらない言い訳するの
もう やめなさい。

言ってるでしょ。

あんたには東大に受かって
もらわないと困るんだから。

(守) じゃ こっちも
言わせていただきますけど…。

(里美) 何よ?
母上は

仮に 俺が東大に受かったとして
それから何になってほしいわけ?

将来。

(里美) えっ それは…。

あっ…。

あんたがやりたい仕事なら
何だって。

え~ マジで?
(里美) ただ

売れないミュージシャンと
売れない作家と

売れない役者だけは やめてね。

えっと~ ちなみに
そのカテゴリーに

お笑い芸人も入ってるのかな?

(里美) もちろん!
っていうか論外ね それは。

オシッコ行って来ま~す。

ねぇ 先生

どうして成績が
上がらないんでしょう あの子。

本当は やればできる子なのに。

ママは
何か心当たりありませんか?

えっ?

ハッ!

もしかして アレかしら?

前々から気になってたんだけど…。

はい。

先生の授業料が足りないとか?

だったら…。

今週から倍にしたんで

お願いだから
東大に合格させてください。

今まで いろいろな塾や
家庭教師つけても 全然ダメで…。

もう先生しかいないんです。

分かりました。

ねっ 分かったでしょ?
言っても 無駄だって。

で?
えっ?

あなたは何が知りたいの?

大体さ 今の時代
学歴とか必要なわけ?

いい大学行っても
会社で不祥事起こすヤツなんか

ウジャウジャいるし。

逆に 高卒とかで めちゃくちゃ
成功してるヤツもいるしさ。

でも こっちは
ママに頼まれたんだけど。

授業料 倍にするから
何とかしてくれって。

えっ そうなの?

っていうか
前から気になってたんだけど

俺の授業料って幾らなわけ?

週に20万だけど。

高っ!
他の家も そんな払ってんの?

定食屋の息子は5000円
新聞記者の娘は1万円。

うちだけ ボッタクリじゃん。

そんだけありゃ
ここの入学金 払えんのに。

こんなの取り寄せてあるんだ
もう。

うん 高校もやめて
ここで勉強したいんだけどさ

入学金だけ出してくれなんて
言えないし。

それくらい貯金あるでしょ?

お小遣い
たくさん もらってるんだから。

いやいやいや お笑いも
研究費とか資料費とかで

出費が かさむわけですよ
よいしょ。

人気のライブ 見に行けば
安くても5000円だし

名作DVDなんか
下手すりゃ 3万みたいな。

ふ~ん。

分かった。

これで養成所 入っちゃえば?

えっ!
受験勉強なんか やめて

お笑いの勉強に
専念したいんでしょ?

いや でも
そんな勝手なことしたら

母上が何て言うか…。
とか言って

本当は自信がなかったりして?
将来 成功する。

えっ?
それとも

お父さんたちに
ばかにされるのが怖いんだ。

みんな 学歴もあるし
成功してるもんね。

何言ってんだよ。

いや 俺は いつか あいつらに
小遣いあげちゃうぐらい

ビッグになってみせるから。

(ノック)

は~い。

(里美) 先生 授業中は のぞかない
ルールなのに すいません。

主人たちが帰って来たんで
食事にしようと思うんですけど

ご一緒にいかがですか?
いやいや…

まだ 勉強終わってないから…。
ありがとうございます。

ちょうど お腹すいてたんですよ。

じゃあ 下で待ってますね。
ええ。

ちょっと 先生!

いい機会だし みんなにバシっと
言ってやればいいじゃない。

「俺は将来
お笑いでビッグになる!」って。

えっ?

すみません ライスお代わり。
はいはい。

(里美) あっ…。

でも このフィレステーキ
最高ですね。

あ~ みんなには
言ってなかったかしら。

先生は授業のある日は
家に泊まるって契約なの。

(上原憲一) はぁ? ウソでしょ?

(上原 椿)
大丈夫なの? そんなことして。

ご心配なく 金目のものを
奪ったりしないので。

別に そんなつもりじゃ…。

ハァ…。

お父さん あの 僕は…。

(上原利明) 何だ?

お…。

お父さんは 何で銀行家に
なったのかなと思って。

ちょっと 何言ってるの 守。

だって
ちゃんと聞いたことないからさ。

代々 銀行に勤める家の
長男として生まれ

現役で東大文に進学

並み居るライバルを蹴落とし
30代で支店長代理

40代で支店長
6年前に取締役になられ

システム障害などの不祥事が
起きた際にも

見事な手腕で
行内の改革に着手され

今では 次期頭取候補
ナンバーワンなんですよね。

よくご存じだ。
お兄様の憲一さんは

慶應幼稚舎から
慶應大学経済学部を卒業し

現在 金融庁で
将来を嘱望されている

エリート官僚なんですよね。

銀行課に配属を希望したのは

お父様のお仕事をサポートしたい
狙いがあるのかも。

えっ いや…。

お姉様の椿さんは
亡くなったお母様に似て

幼少の頃から
芸術全般に才能を発揮し

現在 東京藝術大学器楽科
バイオリン専攻で勉強しながら

その美しさと卓越した技術で

プロのバイオリニストを
目指してらっしゃる。

あの 先生

どうして そんなに
ご存じなんですか?

それは…。

家庭教師だからです。

どういう意味ですか?

それより お母様は昔

銀座のクラブで
ママをなさってたんですよね?

小さい頃は何か なりたかったもの
とかあるんですか?

えっ? それは…。

忘れました そんな昔のこと。

それより 守はどうなの?
えっ?

さっき
それらしいこと言ってたけど

大学受かったら 何かやりたい
仕事とか 夢とかあるの?

あ~ 俺は…。

お笑いになる。

えっ?

かもしれませんが

現在は まだ答え探しの途中で。

でも 強いて言うなら
LGBTQに配慮しながらも

NFT使ったDXを活用して

SDGsにも力を入れた
社会づくりができればと思う

今日この頃
皆さん お元気でしょうか?

(憲一) ハァ…。

オシッコ行って来ます。
ちょっと 守。

この前も言ったが

どこか適当な私立に行かせたら
どうだ あいつを。

それしかないですよ
東大なんて絶対無理だし。

いえ でも…。
すいません。

家庭教師の先生の前で こんな話。
いえいえ 当然ですよ。

少子化の今
ほとんどの私立大学は財政難で

裕福な卒業生などの
財政支援に頼っていますから

守君のような生徒でも

相当な寄付をすれば
入学できますからね。

よくご存じで。

あっ でも… 守には自分の力で
合格してもらいたくて。

だから 先生に
家庭教師 お願いしたんです。

何しろ どんな志望校も
合格率100%だから。

本当なんですか? それ。

疑われるなら
ネットでお調べください。

とにかく 守には私から
きつく言っときますから

今まで通り トラコ先生に
勉強 教えてもらっていいですか?

好きにしなさい。
時間の無駄だと思いますけど。

(ノック)

何で言わなかったの?
いいチャンスだったのに。

いや 俺も途中までは
そうしようと思ったんですよ。

でも父親 兄貴 姉貴の
華麗なる経歴の話の流れで

俺がいきなり
「お笑い芸人になりま~す」

…な~んて言ったら

母上 ショックで
倒れちゃうでしょ。

あくまで俺の優しさが
思いとどまらせたわけですよ。

じゃあ 既成事実つくっちゃう
しかないか こうなったら。

えっ?

その20万で入学金 払って
「お笑い養成所に入学しました」

…って事後報告するの そうすれば
ママも諦めるんじゃない?

えっ でも ホントにいいの?
これ 先生の授業料なのに。

別にいいわよ
先行投資みたいなもんだし。

いつか 「あ~ 守君に
20万渡してよかった」

…って喜ばせてくれれば

それが
正しいお金の使い方にもなるし。

いや でも…。
じゃあ 頑張ってね!

次の授業が
最後になるかもしれないから

ちょっと寂しいけど。

(中村知恵)
おもちゃ屋さん やりながら
新聞屋さんもやるの!

どうして?

(知恵) パパはね いっつも
楽しそうに おもちゃ作ってるし

ママは世界中の悪いヤツを
懲らしめるんだ

…って頑張ってるからね。

パパとママに
今の話 してあげたら? 喜ぶわよ。

うん!

ねぇ パパ!

(着信音)
(中村朔太郎) あっ ごめんごめん。

(着信音)
はい もしもし。

あっ 部長 すいません!

まだ いいアイデアが
浮かばなくて…。

はい 明日までには必ず…。

(知恵) ねぇ ママ!
(着信音)

(中村真希) はい
どうしたんですか? デスク。

はぁ? またですか?

もう 前から言ってますけど

上の顔色 うかがってるばかりじゃ
まともな記事なんて書けません。

だから私 そんな
カリカリなんかしてませんよ!

違いますよ 私の個人の
怒りとかじゃないんですってば。

(朔太郎) 頑張りますんで。
何か大変そうだね 2人とも。

やっぱり…
ケーキ屋さんにしようかな。

(戸が開く音)
(下山高志) 先生 こんにちは。

お~ 高志!

また店の手伝いしてんのか
偉いな。

(下山智代)
あ~ 先生 いらっしゃい!

(智代) ねぇねぇ ちょっ…
ちょっと これ見て。

これ見て これ見て これ見て!
見て~!

あ~ キレイですね
この前 高志からもらったやつ。

これからはね
毎週 花を買うことにしたの。

心だけは 貧しくならないように。

そうすればさ
店もパァ~!っと明るくなるしさ。

フフフ!

女将さんは
お店以上に明るくなってますね。

分かる? ハハハハ…。

また高志が
100点 取っちゃってさ!

ハハハハ…。

もう先生がいれば
私立合格 間違いないし

ますます将来が楽しみって感じ!
ホホホ…。

あっ そうだ 高志は何か

将来なりたいものとか
できたのか?

別にない。
ヤ~ダ また そんな夢のないこと。

先生
何か言ってやってくださいよ。

まだ夢なんか持たないほうが
いいかもしれませんよ。

高志は まだ小6だし
この年頃が憧れるのって

オリンピック選手とか
YouTuberとか

なれる可能性の
低いものばっかりですから。

はあ。
だから高校か大学入って

何か やりたいことを見つけて

そのために勉強したほうが
いいと思うんだ。

自分の選んだ仕事が

「これが僕の夢です」
って言えればいいんだし。

なるほど。

先生 何か こう ますます
賢くなってません? この子。

女将さんは昔
夢とかなかったんですか?

(智代)
私? ヤダ そりゃあったわよ。

何ですか? それ。
えっ… いや それは…。

フフっ 秘密。

(福田福多) そういえば昔 お前
施設の先生に

「大きくなったら何になりたい?」
って聞かれて

とんでもない答え 言ってたな。

何だっけ?

恐竜だよ 恐竜になって

世界中の悪いヤツらを
踏みつぶしてやるんだって。

ハハっ。

そういう あんたは
何になりたかったの?

いや~ 俺は
いっぱい あり過ぎて困ったなぁ。

美容師だろ 精神分析医だろ

あとは… 占い師とか シェフ。

それが何で官僚になったわけ?

それは ほら…

俺なりに この国を良くしたいな
と思ったし…。

うちの親も喜ばせたかったから。

じゃあ ガッカリされたでしょ?
官僚 辞めた時。

しょうがないだろ。

入ってみると
理想とは程遠い所だったし。

それに

お前に 久しぶりに
会っちゃったからさ。

あの時のお前が 今やろうと
してること聞かなかったら

今頃 どうなってたんだろうな 俺。

今週の授業料。

はいはい お疲れさまです。

あれ? 銀行の家のやつは?
確か20万に上がったんじゃ。

息子に投資した。

えっ どういうこと?

≪この後 赤坂になりますので…≫

シティさん お疲れさまです!

本物だ~。

お疲れさまです!

お疲れさま~。
ちょっと何やってるんですか?

だって 守君の
ターニングポイント の日だからさ

先輩芸人の気持ちになって
見届けてあげようと思って。

そうなんだ。

ほら 受付 あそこよ。
あっ うん。

♬~

(守) すいません
入学の申し込みって

こちらで よろしいんでしょうか。
はい。

♬~

あ~ 何で
ためらってるんだろ? 俺。

今 これを出せば
高校もやめなきゃいけないし

家も出なきゃいけない。

それに
将来 売れる保証も全くない。

あ~! それでも
退路を断つ勇気があるのか 俺~!

…って感じ?

そんなんじゃないですよ ほら…。

母上に黙って
勝手に こういうことするのは

さすがに
マズいかなと思ったわけですよ。

ほら 俺 優しくて親孝行だからさ
すごくない?

…って感じ?

じゃあ 先生だったら
どうするわけ?

それは やっぱり…。

ママに
正直に言うしかないんじゃない。

あんたが夢をかなえるには
家族の理解が必要なんだから。

でも分かってくれるか…。
何言ってんのよ。

口だけは達者なくせに。

自分が いかに真剣かを伝えれば
分かってくれるって。

そうかな?

ひとを動かすのは熱意なのよ。

♬~

マヨネーズ 好きですか

内臓脂肪を減らす はじめてのマヨ

食べていい 食べてよい

「キユーピーフィッテ」機能性表示食品

お笑い芸人?

「分かった 頑張りなさい
ママ 応援する」

…って言ってくれたりは?
するわけないでしょ そんなこと。

やっぱり…。

しかも 先生にお渡しした授業料を
入学金に使おうだなんて。

一体 何考えてんの? あんた。

いや それは ほら
将来 売れまくって

20万を20億にして
返そうかなって思って。

また ばかなこと…
そんな暇があったら

東大 目指して頑張りなさいと
言ってるでしょ。

また それですか
言ったろ? 俺には無理だって。

どうして やりもしないで
そうやって諦めるの?

あ~ もう。

先生からも
何とか言ってくださいよ。

取りあえず

息子さんに
聞いてみたらどうですか?

何で そんなに
お笑い芸人になりたいのか。

え~?
どうなの? 守君。

いや… 俺さ 昔から頭も悪いし

運動もできなかったけど

ひとを笑わせることだけは得意で。

中学の時 シャレの分かる先生に

授業中 何かやってみろ
って言われたから

前に出て 先生のモノマネとか
一発ギャグ やったりしたんだ。

そしたら 思ってる以上に
ドッカンドッカン ウケてさ。

その時 見た光景が
今でも忘れられなくて。

どんな光景?

教壇から見たら
クラス中 みんな笑ってるんだよ。

あ~ 人間って
いつもはバラバラなのに

笑顔は みんな一緒なんだ
って思ったら

これからも この光景が見たいな
って思っちゃって。

だそうです ママ。

私は絶対許さないわよ。

あんたが言ってるのは
素人レベルの話でしょ。

プロは
そんな甘いもんじゃないの。

分かってるけどさ…。
(里美) 分かってないわよ。

ああいう世界は
あんたが思ってる以上に

厳しくて 残酷なの。

あんたのことだから すぐに
逃げ出すに決まってるんだから。

何で言い切れるんだよ
そんなこと。

もしかして
ご自分の経験論からですか?

(守) えっ どういうこと?

17の時 高校を中退して

アイドル目指して
青森から上京したけど

芸能界の厳しさに すぐ夢破れ

かといって すごすごと
実家に帰ることもできず

水商売で働きだしたんですよね?

それからは
その美しさと飾らない人柄と

行き届いた気配りで

銀座の一流クラブのママに
上り詰め

そして 今の旦那さんと出会った。

そうだったの?

じゃあさ 母上のリベンジも兼ねて
俺 頑張るから!

いいかげんにしなさい!

あんたは自分が今 どれだけ
幸せだか分かってないのよ。

勉強さえすれば
いい大学に入って

いい会社に入れるチャンスが
目の前に転がってるのに

何 甘ったれたこと言ってんの?

先生 私 何か間違ったこと
言ってます?

いいえ。
じゃ 聞くけどさ

母上は今 幸せ?

えっ?

あ… 当たり前でしょ。

俺には そうは思えないけど。

毎日 父上たちの
ご機嫌ばっかり取って

兄貴たちに嫌み言われても
言い返せずに

陰で 津軽弁で
ブツブツ言うだけでさ。

もうお願いだから
あいつらを見返したいからって

俺を利用するの
やめてくれないかな?

何言ってるの 私は そんなこと…。
してるじゃん!

夫は忙しいから
あんまり家にいないし

先妻の子は全然懐かないから

上の2人に対抗して 昔から
俺に習い事ばっかりさせてさ。

それは あんたのためを
思ってるから。

あ~ もういいよ!
これで決心ついたから。

養成所に これ出して
学校もやめる。

この家も出て
バイトでも何でもして

絶対ビッグになってみせるから!
ちょっと待ちなさい!

(守) 何だよ!
待ちなさい!

(守) やめろって 離せ…
離せって!

(里美) キャ~。

結局 母さんは上の2人みたいな
子供が欲しかっただけだろ

俺なんかより。

ちょっと 守!

先生 お願いだから
何とかしてください。

あの子 止めてくれたら
ボーナスでも何でも出しますから。

分かりました。

♬~

(缶を開ける音)

<今日は「ほろよい」飲んで なにしよう?>

<サントリー 「ほろよい」>

ハァ…。

守!

あ~。
(男の子) ママ~!

(守) えっ?

あ~ 守は いっつも かわいいね。

僕ね ママ大好き!

ママも大好きよ。

ねぇ 守は大きくなったら
何になるの?

僕はね

ママを毎日笑わせてあげるんだ!

もう ホントに優しいんだから。

ウッソ 先生 子供いたんですか?

ううん。
えっ どういうこと?

ママから思い出話 聞いたから

昔は こんな感じだったのかなと
思って 再現ドラマやっただけ。

はぁ?

あの~ もういいっすか?

あっ お疲れさまでした。

(車のクラクション)

あっ… はじめましてですよね。

トラコの秘書の福田福多です。

すいませんね。

こいつ 昔から
ひとのこと からかうのが好きで。

でも 結構いい芝居してたでしょ?
この子。

子役事務所で
一番ギャラ高いんですよ。

でも あんまり遅くなると
労働基準法に引っ掛かるんで。

ねっ。
うん。

(守) あのさ
何で わざわざ こんな芝居?

だって どんな手を使っても
止めてくれって

ママに頼まれたからさ。

それに そっちだって
気まずいんじゃないの?

この前
ママを突き飛ばしたままだし。

今でも
世界中で一番笑わせたいのは

ママなんでしょ?

でも どうしていいか もう…。

結局 ママを納得させるしか
ないんじゃないの?

自分には
お笑いの才能があるって。

ここで単独ライブ やるの。

えっ!?

満員の観客の中
ドッカンドッカン ウケれば

さすがのママも
賛成してくれるんじゃない?

いやいや…
こんな所 借りるお金ないし。

大丈夫 ここのオーナーの子供
教えてたから

特別にタダで貸してもらえるし。

いや だとしても
客なんか来るわけないし。

そこは臨機応変に考えないと。

臨機応変って?

例の20万 使って
エキストラ仕込むの。

1人4000円として
50人もいればいいか。

いやいや
それってヤラセじゃない?

そんな青臭いこと言ってると
夢なんか かなえられないよ。

有名人で成功したヤツって

みんな 若い頃は周りを出し抜いて
のし上がって来たんだから

それくらいの
バイタリティーがないと。

(自転車のベル)

(里美) あっ すいません。

(智代) いらっしゃいませ~。

あら! ヤダ あららら…。

どうしたんですか?
こんな汚いとこに!

あ~!

うちの角煮
食べに来てくれたとか?

いえ そうじゃなくて。
じゃあ 何で?

(里美) あら そちらも
いらしてたんですか。

近くで取材があったんで
寄ってみたんです。

ここの角煮定食 おいしいって

SNSでも
ひそかに話題になってたし。

そうなんですよ!
お食べになります?

(里美)
ちょうどよかった あなたに
お聞きしたいことがあって。

何ですか?
この前 おたくのお子さんが

トラコ先生のおかげで
やる気が出たって

おっしゃってましたけど。
そうなんですよ。

うちは元々 頭はいいんですけど

何か それ以上に
すっかり大人になっちゃって。

でも うちは さっぱりなの。

あの先生
ホントに信用できるんですか?

もちろんです!
どうして?

えっ? いや それは あの…。

ねぇ!

あの人 やることは突飛だけど

それって
子供の潜在能力みたいなものを

引き出そうとするのが
狙いのような気がするんです。

それよ! 私 言いたかったやつ。

さすが新聞記者!

あの~ 突飛っておっしゃったけど
例えば どんな?

うちは

遊園地と流しそうめんでした。

うちは

転校とバラでした! ハハハ…。

何ですか? それ。

こんにちは!
あ~ トラコ先生 いらっしゃい!

あら! あらあらあら
お2人とも いらしてたんですね。

元気ですか!?
(智代) フフフフ…。

あら どうしたんですか?

あっ 先生の この格好
初めて見るから

ビックリしちゃって もう。
ええ 何かキャラも違うし。

女将さん 高志は上ですか?
上です。

じゃあ 失礼します!
(智代) よろしくお願いします。

あ~ あの 先生 すいません!
守のことなんですけど…。

すいません
今日は こっちの家庭教師なんで。

すいません フフフフ…。

♬~

おかえりなさいませ。
(里美) ただいま。

ねぇ 守は?

帰ってらっしゃいますけど。
そう。

♬~

うわ~!
ビックリした! 何やってんだよ?

別に何でもないわよ。

帰って来てるのかなと思って。

お願いがあるんだけど。
えっ?

これ 見に来てほしいんだ。

(里美) な~に? これ。

母上が反対する気持ちは
分かるけど

これ見てから判断してほしいんだ。

もし面白くなかったら
諦めるからさ。

♬~

(カメラのシャッター音)

♬~

(里美の声)
「息子が こんなことをやるって

言い出したんですけど…」。

(メールの受信音)

(トラコの声)
「ほっといたらどうですか?

どうせ大恥かくに決まってるし」。

(インタビュアー)もったいな~インタビュー!

シャワーヘッドさんは
もったいないと思うこと あります?

(シャワーヘッド)んっ コンディショナーを
つめかえるときの 液残り?

細かいですね~。
あっ それ言う!? でも 世界中の液残りを

合計したら きっと すんごい量になるわよ。
そうですね。

だから 花王はね 最後の一滴まで

つめかえやすいよう 努力してるんだって…。

ウッ…。 ヤダ 最近 涙腺 緩くて…。

替え時ですね。
それ言う~!?

<もったいないを ほっとけない。 花王>

行こう 行こう!

いらっしゃいませ
上原 守 単独ライブ

チケットをお持ちの方は
こちらからお入りください。

(里美) 先生 何してるんですか?
こんな所で。

守君に頼まれたんで
ちょっとアルバイトを。

あの 結構 お客さん
入ってるみたいだけど

守 こんなに人気あるのかしら?

それは
ご自分で確認してください。

(里美) すいません
ちょっと ごめんなさい。

すいません。

(観客の話し声)

(足音)

レディース アンド
ジェントルメン!

今 SNSでも
爆発的なブームを起こしている

お笑い界のニュースターが
初めて生ライブで登場だ!

エブリバディ
歴史的瞬間を見逃すな。

さぁ 登場してもらいましょう。

お笑い界の常識を変える
令和のレジェンド!

上原~ 守~!

(拍手)

どうも~~!
(拍手)

守です~! お願いします。

いや~ 今日は こんなに
たくさん来ていただいてね。

これも全部
僕のおかげかな なんてね。

(守) いや 実はね うちの母は
もう最強でして

「ママ」って呼ぶと
いきなり笑顔になって

お酒つぎ始めるんですよ。

元銀座のママだから。

(観客) ハハハ…。

(守) この前なんか 俺が隠れて
タバコ吸おうとしたら

「何やってんの!」
って怒りながら

ライターで
火つけようとしてましたからね。

(観客) ハハハ…。

(守) すいません
しゃべると すぐ喉が渇くんで

ちょっと失礼して。

うわっ! ダァ~!
(観客) ハハハハ…。

すいません 水より炭酸派なんで。
(観客) ハハハハ…。

誤解しないでくださいね。

これ 無理して飲んでるわけじゃ
ないですから。

ブ~ワ!
(観客) ハハハハ…。

(守) あ~!
喉が潤うんですよね これね。

あとね
うちの母親 青森出身なんで

怒ると
すぐ津軽弁になるんですよ。

この前なんか
「ばかでねな 何やってらんだば

ほんずねえことするなじゃ!」
ですよ~。

お~い 誰か通訳 呼んでくれ~
っつってね。

(観客)
ハハハハ…! ハハハハ…!

ハハハハ…!

すいません しゃべったら
また喉 渇いちゃったんで。

炭酸の次に
激辛ソースが好きなんですよ~。

行きます。

ブゥ~! バァ~!
(観客) ハハハハ…!

ハハハハ…! ハハハハ…!
(守) あぁ~! あぁ~!

あぁ~! 喉が潤うなっつってね。

良い子の皆さん
マネしないでください ウゥ~!

(観客)
ハハハハ…! ハハハハ…!

ハハハハ…! ハハハハ…!

(守) いや~
今日は いいお客さんだな。

何か 感動したら
また喉 渇いちゃったから

今度は両方 一緒に
飲んじゃおうかなっつってね。

行きます。

ウゥ~!
(観客) キャ~!

(守) ヤ~ベェ! でも
喉 渇くんすよね これね!

(観客) キャ~!

ハハハハ…! ハハハハ…!

(拍手)

先生…。

先生は面白かったですか?
今のやつ。

ええ ある意味。
そうですか。

私には さっぱりで。

でも あんなにウケてたんだから

守には
お笑いの才能あるのかしら?

悩むんなら信頼できる人に
相談してみたらどうですか?

信頼できる人って?

例えば ご主人とか。

守君のステージの動画
ケータイに送っておきますから。

はい。

(解錠音)

(守) ただいま~。

ねぇ どうだった? 今日のライブ。

えっ?

ちょっと座ってくれるか 守。

ど… どうしたんですか?
みんな そんな怖い顔して。

お前は上原家の恥だ。

こんな みっともないまねして。
(守) どうも~~!

(守) あっ。

(守) お願いします。

いや~ 感動したら
また喉 渇いちゃったから

今度は両方 一緒に
飲んじゃおうかなっつってね。

ウゥ~!
(観客) キャ~!

(守) ヤ~ベェ!

(椿) こんなのが拡散したら

恥ずかしくて
大学に行けないじゃない。

許してくれませんか
守は悪ふざけしただけで…。

あれだけやったら
もう満足したろ? 守。

どういう意味ですか?
いい機会だし

しばらく イギリスにでも
行って来たらどうだ?

知り合いのツテで 向こうの学校に
特別枠で留学できるから

海外で自分を高めて来ればいい。

ちょっと あなた!

それって
金持ちの家にありがちな

海外留学という名で

できの悪い息子を
厄介払いするやつですか?

そういう側面も
あるかもしれないな。

あの 私からも
よく言い聞かせますから。

お笑いなんて
くだらないことは やめて

受験勉強に打ち込むように。

そんなことしても無駄だって

もう分かってるだろ?

でも この子は 何ていうか

たくさんの人を幸せにできる力を
持ってるんです。

実際 さっきのライブだって
お客さん あれだけ笑ってたし。

だから お願いします。

この通り!

♬~

もういいよ 母上。
(里美) だって…。

あのライブ

全部ヤラセだったんだ。

えっ? 一体どういうこと?

母上を納得させるために
サクラ雇ったんだよ。

みんな ホントは面白くもないのに
笑ってただけ。

ウソでしょ そこまでやる?
最低だな お前は。

はいはい おっしゃる通りです。

そんな最低な息子は

お父様の言う通り
イギリスへ留学いたします。

守…。

え~ 先生 何してるんですか?

昔の教え子がハーバードに
留学することになったんで

ちょっと お見送りに。

あっ なるほど。

そっちは?
あっ 今日なんだ 出発。

頑張ってね!
えっ それだけ?

それだけって?

いや こういう時
ドラマとかだと

「行くな」みたいなこと
言うんじゃ…。

えっ? 言ったら行くのやめるの?

そ… そんなわけないでしょ。

(アナウンス) 1339便 ロンドン行きに
ご搭乗のお客様は

お急ぎ 23番搭乗口に…。
じゃ。

ハハハハ…! アハハハ…!

何が おかしいんですか?

だって 今のあんたが

今までで 一番笑えるからさ。

まぁ 私が渡した
20万の投資が

無駄になったのは
ムカつくけどね。

悪いけど
こうするしかないでしょ!

俺なんか いなくなったほうが

母上だって
肩身の狭い思いしなくて済むし

父親たちだって
目障りなヤツが消えて喜ぶし!

俺は俺で
イギリス留学で箔が付いて

帰国したら 英語ベラベラで
モテモテ~!みたいな。

な~んだ 結果的には

家族みんなを笑顔にしちゃう
俺って すごくない?

私には嫌いな言葉が3つある。

えっ?

1つ目は 「分かんない」で
2つ目は 「しょうがない」。

そして 3つ目は
「すごくない?」だ。

それって結局 本当は自信がないの
ごまかしてるだけだろ。

相手に同意を求めて
安心したいだけだろ。

そんなの 全然すごくねえから!

っていうか 謝れ。

日本中の 貧しくて大学に行く
チャンスもない若者に。

自分が どんだけ
恵まれてるのかにも気付かずに

いつまでも
ヘラヘラ言い訳しやがって。

自分の生きる道を
認めてほしいんだったら

みんなが あっと驚くような
ホントに すごいこと考えろよ‼

いつまでも言い訳してイイワケ?

あれ? コテコテだけど
結構 面白くない? 今の。

あっ そうだ 餞別 忘れてた。

はい。

何? これ。

参考になるかと思って

ライブの後に
アンケート 取ってみたの。

あんたが
本当に面白かったかどうか。

(守) 何だよ!
ひどいのばっかりじゃん。

最後の1枚 見てみたら?

えっ これって…。

♪~

♪~ 余計なこと しなくていい。

あぁ… すいません。

でも よかったですね お父さん。

家の中が静かになって。

何か空気も
おいしくなった気がしない?

♪~

(家政婦) 奥様 お客様が。
♪~ (里美) えっ?

♪~

(家政婦) お客様が。
♪~ あっ。

(里美) どうしたんですか? 先生。

もう 家庭教師の必要ないのに。

それは彼に聞いてください。
えっ?

はい どうも~!
帰ってまいりました。

わが家のお荷物 守君で~す!

おい 何やってんだ? お前。

いや 俺もね おとなしく
イギリス行こうとしたんですよ。

そしたら 空港で
先生に変なもの 渡されて

うちの母親が最強なこと
思い出しちゃいまして。

あ~ ほら 最近は

手書きなんて 古くさいというか
面倒くさいから

みんな 何でも
メールにしちゃうじゃないですか。

でもね うちの母親は違います。

昔から暇さえあれば
どこにでも書いちゃうんです

俺の名前。

ランドセルに守
サッカーボールに守

帽子に守 教科書に守。

パンツにも守ですからね!

だから うちの母親の字だけは
見たら すぐ分かっちゃうんです。

(守) うちの母親
こんなこと書いてくれました。

俺が 偽ライブやって
全然 頑張ってなんかないのに

「がんばってた」ですよ。

俺 思わず
泣きそうになっちゃいましたよ。

どんなにダメな子供でも
母親って

いいところを見つけようと
してくれるんだなって。

だから 俺 これからは頑張って

母さんを喜ばせることにしました。

じゃ 何やるんだって話ですけど

トラコ先生に言われたんです。

「すごくない?」って
ごまかしてばかりいないで

本当に すごいことやれって。

だから 決めました。

俺 勉強して東大 目指します。

あっ でも
お笑い芸人も目指します。

夢を諦めません。

お笑い界の二刀流 大谷翔平です
カキ~ン!って

すごくないですか?

あ~ 「すごくない?」って
また言っちゃったよ ホッホ~。

そんなの無理だって
笑っていただいて結構です。

笑われるのが大好物だし

そのほうが
無限のパワーが出るんで。

でもね お願いですから

うちの母親をばかにするのだけは
やめてもらえませんか。

俺の母さんは最高なんだ。

あんたたちのことも

ホントの母親と同じように
助けてくれる

優しくて頼りになる人なんだ。

(守) 俺は そんな母さんが
味方でいてくれるんなら

それだけでいい。

たとえ99人に ばかにされても

母さん1人が
笑ってくれるんなら

それだけで頑張れる。

これから どんなに つらくても。

♬~

何 ばかなことを長々と。
行きましょ 不愉快だし。

一体 どういう教育をしてるんだ
こいつに。

(里美) わんつか待で!

多分 津軽弁で「ちょっと待て」って
おっしゃったのかと。

あなたたちと違って
頭は良くないかもしれないけど…。

守は…

本当に優しくて いい子なんです。

(憲一) また それですか。
(椿) もう聞き飽きたし。

でも 知らないでしょ?

5年前 この家に来る時 この子

あなたたちと一緒に暮らせるのを
本当に楽しみにしてたんです。

お父さんと毎日会えるし

お兄ちゃんやお姉ちゃんとも
一緒に遊べるから

みんなをいっぱい笑わせて
あげるんだって。

それ聞いて 私は この家に入る
不安が吹き飛びました。

この子さえ いてくれれば
大丈夫だ。

この子は私なんかが思うより

本当に すごい子なんだって。

だから私は信じます。

この子は 奇跡ば起こすって。

東大さも入って
お笑い芸人さんもなれるってな。

笑いてんだば どんぞ笑いしなが。

どうせ今までも
ばかにされでらんだがら

そったの屁でもねじゃ。
(はなをすする音)

この子のおかげで こいまで
生きてこいだんだはんで

こいがらは この子の
やりてぇように やらせます!

わだっきゃ 母親だんだはんで!

何なんですか もう…。

言ってる意味
全然 分かんないし。

あっ いや ですから…。

「笑いたければ
どうぞ笑ってください。

どうせ今までも 心の中で
ばかにされてたんだから

そんなの屁でもないし。

この子のおかげで
今まで生きて来れたんだから

これからは この子の
やりたいように やらせます。

私は母親なんだから!」。

こんな感じで合ってます?

(里美) あっ はい!
ありがとうございます!

♬~

よく戻って来てくれたね 守。

いや~ 俺的には

もうちょっとカッコいいこと
言えたんだけどね。

ぐうの音も出ないくらい
みんな黙らせてさ

「私たちが悪うございました」

…って
母さんに謝らせるくらいの。

あんたは この期に及んで
まだ そんなこと。

あっ あと…。

これのお礼も言いたかったし。

母さん ごめん。

この前の20万は
偽ライブに使っちゃって。

別にいいわよ もう。

(守) もう一つ ごめん
これ正しい使い方していいかな?

えっ?

先生
俺を東大に行かせてください。

私からもお願いします。

これからは心を入れ替えて

この子の話に
耳を傾けるようにしますから。

♬~

♬~ 分かりました。

♬~

頑張れ。
(守) ちょちょいのちょいだよ。

東大なんて。
言ったな~?

♬~

投資した20万も戻って来たし

あの親子も仲直りしたし
めでたし めでたしって感じか。

そっちは仲直りしたの? 母親と。

見合い断ってから
機嫌悪いんでしょ?

いや したのは したんだけど
ちょっと困ったことがあって…。

何?

また見合いしろって
言われたくないから

俺には付き合ってる人がいるって
ウソついたら

今度は 会わせろって
しつこくてさ~。

(振動音)

あ~ もう まただよ。
(振動音)

なぁ どうすればいいと思う?
(振動音)

さぁ…。
(振動音)

何なら お前が恋人のふりして
母親に会ってくれたりは…。

するわけないでしょ。

ハハっ… だよな。

ごっさん。

なぁ トラコ

ホントは 母親に会いたいんじゃ
ないのか? お前も。

別に。

だって その地球儀

たった一つ 母親が
残してくれたものなんだろ?

だから 何?
いや ほら…。

お前は母親に対する
恨みみたいなものが強いからさ。

これから何するか不安で…。

子供の3人目も
案外 早く手なずけたし

次は母親なんだろ? ターゲット。

♬~

(着信音)

はい 中村です。

ん? えっ…
どういうことですか?

メール室に行け…。

ちょっと待ってください!
それって…

体のいいリストラじゃないですか。

えっ 部長?

(朔太郎のいびき)

知恵ちゃん。

もしかして私立に行けないかも。

ん~。

♬~