放送直前!火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」・金曜ドラマ「石子と羽男」合体SPナビ…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

放送直前!火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」・金曜ドラマ「石子と羽男」合体SPナビ

[字]7月スタート新ドラマ見どころ大公開!火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」7/5(火)よる10時スタート★金曜ドラマ「石子と羽男」7/8(金)よる10時スタート

火曜ドラマ
火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」 7/5(火)よる10時スタート!初回15分拡大!
永野芽郁がTBSドラマ初主演!永野演じるスタートアップ企業の若き女性CEO・成川佐奈の元に、ある日突然、会社の雰囲気とは全く異なるおじさんサラリーマンが部下として転職してきたーー!?“おじさん部下”を演じるのは西島秀俊!そして佐奈に長年想いを寄せるビジネスパートナー役に杉野遥亮!
火曜ドラマ2
個性豊かな仲間に振り回されながらも、夢に向かって仕事に恋に真っすぐ生きる“大人の青春物語”!
火曜ドラマ3
永野芽郁、西島秀俊、杉野遥亮、坂東龍汰、前原滉、石川恋、青山テルマ、山口貴也、武山瑠香/広末涼子 他

◇https://www.tbs.co.jp/unicorn_ni_notte_tbs/
金曜ドラマ
金曜ドラマ「石子と羽男―そんなコトで訴えます?―」  7月8日(金)よる10時スタート!初回15分拡大!

有村架純×中村倫也 W主演!!4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒パラリーガル・石子(有村架純)と1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・羽男(中村倫也)の“石羽コンビ”が、石子の父(さだまさし)の営む「潮法律事務所」に舞い込んできた誰にでも起こりうる珍トラブルに挑む!
金曜ドラマ2
カフェで携帯電話を充電して店から訴えられた会社員(赤楚衛二)を救えるか!?異色のリーガル・エンターテインメント開幕!
金曜ドラマ3
有村架純、中村倫也、赤楚衛二、おいでやす小田/さだまさし 他

◇https://www.tbs.co.jp/ishikotohaneo_tbs/
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

ジャンル :
ドラマ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 佐奈
  2. 小鳥
  3. 羽男
  4. 石子
  5. シーン
  6. 永野
  7. チャレンジ
  8. 自分
  9. カフェ
  10. パラリーガル
  11. 一緒
  12. 撮影
  13. 西島
  14. キャラクター
  15. トラブル
  16. ホント
  17. メン
  18. 依頼人
  19. 青山
  20. 石羽コンビ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



TBS
created by Rinker
¥2,000 (2022/08/13 17:28:35時点 Amazon調べ-詳細)

<いよいよ今週 放送スタート>

<TBS夏の火曜ドラマ 金曜ドラマ>

<の新火曜ドラマは…>

私達が目指すのはユニコーン企業です

<若き女性CEOが率いる
スタートアップ企業に>

<ある日 突然 ITスキルゼロの
おじさんサラリーマンがやってきた>

<個性豊かな仲間達と
手を取り合いながら>

<夢に向かって まっすぐ生きる
大人の青春物語>

<今日は そんなキャスト達が>

<ドラマの魅力を語り尽くす
ミーティング企画を開催>

とりあえず かわいい

「聞いてます?」
って

なんで?
もう一回 やり直そうか

<さらに永野さん 西島さんが
心通わせたシーンを振り返る>

≪へえ~

すごい くるものがある

<今回の火曜ドラマは>

<スタートアップ企業を舞台に
描かれるのは>

<夢に向かって仕事に恋に奮闘する
大人達の青春>

<そんな物語の主人公は…>

私の夢は 全ての人が

平等に学べる場所を
つくることです

<ドリームポニーの
若き女性CEO>

<貧しい家庭環境で
育った経験をバネに>

<高卒から独学で勉強し>

<起業を果たした彼女>

<まさに>

目標としているところに
突き進む力は

やっぱ誰よりも
あるんだなあとは思うし

過去の自分の経験を
未来に生かせる人って

やっぱ なかなか
簡単なことじゃないと思うので

演じていながら
この人はすごいな

強いなって思う日々ですね

<ユニコーン企業になることを目指し>

<仲間達と がむしゃらに
走り続けてきた佐奈だったが…>

成長スピードが遅すぎる
このまま業績が悪化すれば

あなたの会社は
消えてなくなりますよ

<そこで…>

最初の組 いくよ

<その面接会場で
運命の出会いが…>

失礼します
本日は よろしくお願いいたします

なぜ あのような おじさまが…

<自らの夢に一歩を踏み出した>

<おじさんサラリーマンの小鳥さん>

なんか すごく度胸のある人
なのかなとも思うんですけど

教育事業に関わりたいという

携わりたいという夢を
やっぱり捨てきれなくて

自分に素直に
向かってるっていう

<ITに関する知識は ほとんどゼロ>

<即戦力には
ほど遠い小鳥さんですが…>

ここにいる若い皆さんと

本気で教育の未来を
変えていきたいと願っております

<誰よりも夢にまっすぐ向き合う
ひたむきな思いが>

<佐奈の心を大きく動かしていく>

<そして そんな小鳥さんの登場に>

<複雑な思いを抱いているのが…>

来て

<することを決意>

<技術チーフとして
会社を支え続けてきた>

<ビジネスパートナーの>

俺 30までは誰とも恋愛しないって
決めてるから

<佐奈に思いを寄せながらも>

<功 しかし…>

私が一歩
踏み出すことができたのは

あなたがいたからです

<小鳥さんと出会い
成長を遂げていく佐奈の姿に>

<その思いにも変化が…>

<恋と仕事>

<作品でも 1つのテーマと
なっている2人の関係>

<撮影では
そのもどかしい距離感を>

<繊細に作り上げる
永野さんと杉野さんの姿が>

お互い引かれてるのは
気づいていて

でも この2人って
もしかしたら

このまま つかず離れずの
距離感なのかなって見てると

ちょっと もどかしくもあるけど

でも つかず離れず
ずっと一緒に居れる人は

大事だったりもするよな
とも思ったり

<夢と仕事と恋>

<3つが交じり合う
大人達の青春は>

<一体 どこに
向かっていくのでしょうか>

<そして ここからは
特別企画をお届け>

(一同)…ミーティング!

物語の舞台となるスタートアップ企業
ドリームポニーのメンバーによる

スペシャルな社内ミーティングを行います

キャストの秘密から作品の魅力まで

意見を出し合って楽しく
語り尽くしたいと思います

よろしくお願いしま~す

いえいえいえ

さあ 最初の議題 「我が社のCEOは
こんな人!」っていう

トピックスで
話していきたいんですけど

永野さんには耳栓をしていただき
え~ なんで!?

(青山)少し離れたCEOの席から
トークを見守ってもらいます

えっ なんで? せっかく 今
みんなの輪の中に居れてるのに

いきなり
急に疎外される

だとしたら
もう よく分かんないですね

<ということで オフレコトークスタート>

とりあえず

ずっと言ってるよね

何かっていうと
「かわいい かわいい」って

そう 毎朝「かわいいな」って
思いながら見ちゃうんですけど

「聞いてます?」って
首振ってる時点で おかしいよ

(青山)絶対 聞いてるやん
(坂東)反応してましたよ

役の中でも こんなCEOいたら
いいなって思うキャラクターというか

かわいいし
けど すごいストイックだし

芽郁ちゃんに近い
キャラクターというか

かわいさにも
かっこよさがある芽郁さん

全部 言ってくれましたけどね

描かれてる人は なんか
台本読んでて

やっぱり行動力だったりとか
発言だったりっていうのは

すごいなって思いながら
読んでる

まあ そうね
だって同世代の役だけど…

あれ…

(前原)ある? ちゃんと
ああ つけてた

永野さんは すごく まず

天然ぽいんですけど
あんなふうに

自分の中で
ちょっとした違和感とか

そういうのに すごく敏感だから

なんか自分の感覚ってものを
ちゃんと持ってて

それを信じてやってるっていう

ちょっと役も そういう意味では
近いかもしれないなと

「あの若さで」って言ったら
変ですけど

あの年齢で しっかり持ってて

しっかり言えるって すごいこと
言えないでしょ? だって

いや 僕は結構 ホントに

<永野さんの素敵な一面を
教えてくれた皆さん>

<しかし現場では
こんな目撃情報も…>

そのあとに こんな…
えっ 大丈夫?

お腹すいたの 大丈夫なの?
って言ったら

「もうドーナツ2個 食べたんで」
みたいな

で このあと夕食休憩だから
夕食も食べるんだと思って

すごいよく食べてるけど

ちゃんとね スタイルを
維持されてて すごいなと

僕はホントに食べちゃうと
太っちゃうんで

はーい
あっ 一番 嬉しそう

皆さん すごい いいこと
言ってくれるじゃないですか

嬉しい
ありがとうございます

ここでよかったじゃない

<続いては個性はじける
ドリームポニーの社員達について>

<皆さんが注目している推しメンを
トークしてもらいました>

せ~の

ばらけた
おっ

(青山)わっ すご~い

なんで?

よかったね

なんで?

もう一回 やり直そうか
もう一回 やり直しましょう

いや いいいい
(前原)変わる?

もう一回やろう
たぶんだけど 僕

功の役はできないのよ

遥ちゃんが
そうってことじゃなくて

俺はもう自信がないと
功の役はできないなと思って

だって脚長いとか天才とか…

実際 書いてあるからね
(前原)書いてあるから

そのまま それを書いて
体現できるとかってなると

ちょっとやっぱ ああ

ちょっとちょっとって
なっちゃうから そういう意味で

<永野さん 杉野さんの推しメンは>

<西島さんが演じる
おじさんサラリーマンの小鳥さん>

佐奈としても
永野芽郁としても

小鳥さんっていうキャラクターが
すごく好きで

すごい かわいらしさもあり

でも やっぱり生きてきた年数が
あるからこその経験値があって

佐奈っていう
まだ発展途上にいる女性が

引っ張ってもらえる
っていうのは

なんか すごく
素敵だなと思って

でも「ついてこい」って
タイプでもないし

優しく包んで

陰で こっそり
サポートしてくれてるのは

やっぱり
すごい余裕もあって

かわいらしくて
素敵なキャラクターだなと思います

ホント
同じくなところありますね

なんか 価値観とか
すごい素敵だなって思って

特に この会社に
入ってくるのなんてね

そもそもですけど
小鳥さんがいないと

この先 回っていかないところも
あるのかななんていうのは

すごく思ってて

いや~ いいなって思って見てます

<前原さんが推しメンに
選んだのは>

<小鳥さんと一緒に
面接にやってきた大学生の>

僕が得意な言語は C C++ C#
Python Rust Go Swift Kotlinで

リアルタイムレンダリングをしなく…
森本さん もう結構です

<天才的なエンジニアなのですが>

<性格には
かなりクセがあるメンバー>

後半 別の役でやるなら

海斗っていう役を
やってみたいなって意味で

海斗を推しメンっていう

自分が演じる体でっていうね
はいはいはい

<そんな坂東さんが
推しメンに選んだのは…>

スマイル

<帰国子女で語学が堪能>

<ドリポニのムードメーカー的存在 夏井恵実>

僕の海斗っていう役が

そこまで感情を
マックスになることがあまりないので

すごく青山さんが演じてる
メグさんに

素で もう坂東龍汰が

笑っちゃいそうになるシーンが
たくさんあって

それに耐えるのも大変ですけど

見てるのは すごく楽しくて
顔は笑ってないんですけど

心はずっと笑って
爆笑しています

すごく素敵なキャラクターだなと
照れますよね

照れますね これね なんかね
ありがとうございます

<そして
西島さんと青山さんの推しメンは>

<ドリームポニーの
創業メンバー>

<ちょっとお調子者な
チームのまとめ役で>

<佐奈と功の関係も
見守り続けている>

すごいかわいらしい
キャラなんですよ

だから見てて
すごい癒やされるし

ムードメーカーであり
愛されキャラなので

そこがすごく演じてても

一緒に演じてても
楽しいですし

見ててもすごい癒やされる

役もそうだけど

ここ ここ4人が
だから それを

ちゃんとうまく調整して

シーンを成立させているのは
この人です

えっ 今日

いやいやいや

<そして注目なのは>

<ドリームポニーの
メンバーだけじゃないんです>

<ここで佐奈を取り巻く
魅力的な2人の女性キャラクターを紹介>

<石川恋さんが演じるのは>

よかったらアプリのこと
紹介してくれないかな

いいよ その代わり

また私と つきあってくれるなら

<功に思いを寄せており>

<彼の人生を変えてしまった
佐奈に対して>

<わだかまりを抱えている>

凛花は すごくコンプレックスを

たくさん抱えている女性だな
というふうに感じていて

佐奈が自分にないものを
たくさん持っていて

うらやましい存在
それが嫉妬として

ちょっと嫌な行動に出ちゃったり
はすると思うんですけど

私的には憎たらしくもあり

ちょっとかわいらしくも
思えてくる部分があって

凛花も少しずつ
自分に素直になって

幸せになってほしいなと
思いながらも

佐奈と功と闘ってます

<広末涼子さんが演じるのは…>

素敵な夢ね

<佐奈に起業の
きっかけを与えた憧れのCEO>

エッジの強い
インパクトの強い役なので

見ている人達にも
憧れてもらえるような

私も女性として
羽田社長に憧れて

こういう人であったら ついて
いきたいだろうなみたいなものを

想像しながら
演じていきたいなと思ってます

<第1話では
早智が有望な>

応募しよう
言うと思った

1億だもんね

<果たして佐奈達は
このチャンスをモノにできるのか?>

<今夜の放送をお楽しみに>

<いよいよ今夜10時スタート>

<夢に向かってチャレンジしていく
大人達の青春を描いた>

<火曜ドラマ「ユニコーンに乗って」>

<続いてキャスト達に
話し合ってもらうのは>

<思い出深い撮影について>

やっぱ最初

それぞれのキャラも なんか
自己紹介じゃないけど

こういうキャラですみたいな
なのが すごい出てた気がします

<個性的なキャラクター達が
初めて6人集結したのが>

<小鳥さん達の面接シーン>

<現場には明るくにぎやかなムードが
流れていたのですが…>

<1人だけ 何やら
プレッシャーを感じている人が…>

<というのも この日の撮影は>

<海斗のキャラクターを表現する
とっても重要なシーン>

「情報理工学コースを専攻し
機械学…」 あ~

「機械学習を使った画像解析の
アルゴリズムを研究しています」

<そんな坂東さんを
優しく見守っていたのが>

<隣で お芝居をしていた西島さん>

あっ 小学5年か

小学5年生にしたら

≪それだったら大丈夫
≪よーい はい!

特技は数学です 小学5年生の時に
数学オリンピックで優勝しました

僕が書いた論文が来月発売の…

<坂東さんが
なんとか本番を乗り切ると…>

≪はい チェックします

<西島さんから
真っ先に拍手が>

ふう 緊張した

え~!? いや もうホントに…

はい はい

僕はもう ホントに
2クールご一緒させていただいて

またこのタイミングで
隣にいてくださるだけで

すごく
ホッとしますし

僕が てんやわんやすると
すぐ助けてくださって

ウルッときちゃいました

一番最初に
拍手できる人間になりたいな

<世代を超えた
現場のチームワークは>

<きっと作品にも
にじみ出ているはず>

<続いての思い出深い撮影は>

<永野さんと西島さんが
心を震わせたというシーンから>

んだなと思った瞬間でしたね

<永野さんが そう振り返るのは…>

<佐奈と小鳥さん>

<ゆっくりと時間をかけて
行われた撮影では…>

すぐ気づいた方が…

ありがとうございます
いえいえ

<永野さんも西島さんも
丁寧に話し合いながら>

<緊張感のある中で
カットが重ねられていきました>

すごく せっぱ詰まってる時に
声をかけてくれる人って

私の中では
すごく大事な人だと思ってて

その人が小鳥さんであって

小鳥さんと出会うことで
やっぱり佐奈の中で

何か人生が少しでも
変わっていくっていうのは

すごくいい出会いの
シーンだなと思って

いろんなタイミングが重なって
あのシーンができたので

完成が楽しみですね

永野さんって みんな気をつけて

本番 急に入るから

ビックリするから 本当に

ふわ~っとしてるけど
本番でグッて入るから

結構

だから そのシーンは

なんか印象深いですね

かっこいいな なんか

<2人が紡いだ佐奈と小鳥さんの絆>

<今夜の放送をお見逃しなく>

<ドリポニミーティング>

<最後に話し合うのは…>

最後はですね
チャレンジをするために大切なことは?

このテーマでは 皆さんの過去の
チャレンジしてよかった出来事など

お話しいただきながら
チャレンジに大切なものは何か

皆さんで意見を交わしてください

ほう
≪へえ~

今も残ってはいるんですけど

だから意外とチャレンジとか

みたいなのは結構 その時から
あるかもしれないです

チャレンジする時に

僕は あまり1人でチャレンジって

実は あんまり
実感したことなくて

仲間とか そういう力で

自分で飛び込めるっていうのは
ありますね

今回もホントに このメンバーが

最初の小さいところから
チャレンジを繰り返して

どんどん
大きくなっていく話なので

物語と同じように自分達も

実際 成長してくと思うので

それもすごく
見てくださる皆さんは

楽しめるんじゃないかなと
思います

一緒の目標を持って
進んでくれる人達がいる方が

気持ち的にも明るくなれるし

前に進む原動力は
やっぱり大きくなると思うので

この作品でも
大変なシーンはあるけど

そこを包み込んでくれる
仲間がいてくれると

失敗しても大丈夫とも
どこかで思えるし

一緒にみんなでこのシーンを
乗り越えようとも思えるので

日々 仲間には
助けられるところではありますね

上手
(青山)分かる 100点

やった~
(前原)台本あった?

分かる 分かる
覚えてきたのか?

<いよいよ今夜
豪華キャストが爽快に織り成す>

<大人達の青春物語が走り出す>

スタートアップ企業の95%が

3年以内に
消滅するといわれてます

(羽田)女性の起業家が
少ないからって

目をかけて
もらえるとでも思った?

このままじゃ会社 潰れるって

<そんな時 現れたのは…>

ここにいる若い皆さんと本気で

教育の未来を
変えていきたいと願っております

<1人では決して
かなえられない夢だって…>

スマイル
スマイル

僕の この技術があれば あらゆる
物をよりリアルに表現できます

佐奈が思いついたアイデアを
俺達が一気に形にしていく

いつもそうだったろ

私が一歩 踏み出すことが
できたのは あなたがいたからです

最後にチューしたのは いつ?
ドキドキ キュンキュンすることあるの?

俺 30までは誰とも
恋愛しないって決めてるから

私のパートナーに
なってもらえませんか?

愛だね
この夏 それぞれ皆さん

葛藤することがあると思うけど

誰かが ちょっとでも
前向きな気持ちになって

みんな頑張ってるから
明日も頑張ろうって

ちょっとでも
思えるものになってると

今は思ってるので

私は 同じ夢を持つ人と
一緒に働きたい

はい 潮法律事務所です

張りぼての才能など
すぐに見抜かれますよ

パラリーガルの君に
言われたくないよ そんなこと

裁判も視野に入れて

<正反対のようで どこか
似た者同士の石羽コンビが>

集合!
おっきい声やめて おっきい声

早く
(大庭)カフェで携帯充電してたら

訴えられたんです

どっかこう

<この番組では その魅力を
余すことなくお届けします!>

♬~君とまた会える日々を

あの… お小遣いだけどさ

<コミカルなキャラクター達が
繰り広げるリーガルドラマは…>

<まさに予測不能!>

動くな 警察だ!

あなたは頭が固いから

だから 弁護士の
あなたにしかできないんです

うちのモットーはさ
「真面目に生きる人々の」

「暮らしを守る傘となろう」

<互いにコンプレックスを
持つ>

全力で相談に乗りますが
いかがでしょう?

俺は 大庭蒼生って
いいます

中古車販売店で働く

普通の
会社員なんすけど

実は ある日…

いきなり訴えられたんです

しかも それを相談しようと
法律事務所に行ったら

何か すっごい変な
弁護士さんに会っちゃったんです

<物語の舞台は
町の小さな法律事務所>

<そこで働くのは
弁護士の父をサポートする>

<パラリーガルの石田硝子>

今月もやばい
硝子ちゃん

お小遣いだけどさ
追加…

しません

<お金にならない町の小さな
トラブルも請け負うため>

<赤字経営に日々
頭を悩ませていた>

<ある日 父がぎっくり腰を患い>

<急きょ 代理の
弁護士にお願いすることに>

<そこへ現れたのが…>

初めまして

羽根岡先生ですか
私 パラリーガルの

石田硝…
石田硝子さん 聞いているよ

なにゆえ父が ぎっくり腰で
それも知っている

君 時間 無駄にする人?

<独特の物言いに
一抹の不安を覚える石子>

婚前より夫の
たしなみであった喫煙を

無条件で禁止 同じくビールも
アルコール耐性にかかわらず

一方的に350ミリリットル
1本までと決めた行為は

依頼人に耐えがたいストレスを与えた
モラルハラスメントであったと

断じざるをえません

<石子の予感 的中>

お疲れ

<裁判官に対して 強気な発言を
繰り返した羽男に…>

弁護士倫理の観点では はなはだ
危険な発言をなさる方だと

感じました いつ依頼人から
訴えられるか分かりませんよ

石子さん
はい?

石頭の石田硝子で 「石子」 どう?

<二度と会うことはないと思った
石子だったが…>

だって もう決めちゃったんだもん

<父・綿郎は 羽男を雇ってしまう>

<出会いの日から
かみ合わない2人は>

<ささいなことで口論へ>

メモを勝手に見るなんて
プライバシー権の侵害だぞ

偶然 目にしただけですから
過失なしかと

だとしても…
待ってください! まだ

こっちのターンです
は?

<かーっ! お互いを認めない
バチバチな関係に>

即刻おやめください

やだ
ダメです

<そんな2人のもとへ
依頼者が訪れる>

カフェで携帯充電してたら

訴えられたんです

<行きつけのカフェで
毎回無断で携帯を充電していたら>

<100万円の損害賠償を
請求されたという>

100万は吹っかけすぎです
ちなみに お値段ですが

初回相談料無料 着手金10万
プラス 成功報酬となっております

<翌日 2人は そのカフェへ>

<簡単に解決できる案件だと
高をくくっていた羽男だったが>

連日 長時間居座られて
充電までだよ 腹立つだろ

額が少なくたってね
大勢でやられたら

それなりの被害額なんだよ
どれだけのストレスだと思ってんだよ

<和解に応じる気配もない店長に
苦戦することに>

<羽男が下した決断は>

天才ぶって…
ダメだ 依頼人を説得しよう

えっ?

君が あの店長と交渉すれば?

パラリーガルは法的交渉ができないって
ご存じですよね?

<たった一度の交渉で
あっさり諦めてしまう羽男>

<この案件は 一体どうなるのか?>

それにしても 携帯充電しただけで

100万円請求してくるって
めちゃくちゃじゃないですか

それよりも
もっとめちゃくちゃなのが

あの2人

クセの強いインテリ弁護士さんと

頭の固いパラリーガルさん

どんな2人だか
皆さんも興味ありますよね?

≪石田硝子役 有村架純さんです
お願いしまーす

<クランクインを迎えた
金曜ドラマ「石子と羽男」>

<W主演となる 有村と中村は>

<共演経験もあり
初日から和やかな雰囲気>

<TBSの連続ドラマ主演は
4年ぶりとなる有村>

<この作品を
どのように感じたのだろうか>

と思うんですね

思って

<東大卒の崖っぷち
パラリーガル 石田硝子>

<東大法学部を首席で卒業するも>

<司法試験に4回落ちた過去を持つ>

なれてないのではなく
ならないんです

<型破りな天才弁護士に憧れる>

<羽根岡佳男を演じるのは
中村倫也>

いいだろ別に どんな弁護士なのか
色づけが必要なんだ

なるほど
ブランディングだよ

最初に
感じましたかね

<羽男は 写真のように
見たものを記憶できる>

<そのおかげで 高卒ながら>

<予備試験と司法試験に
一発で合格>

大勢でやられたら
それなりの被害額なんだよ

もう警察か裁判所に任せようよ

<しかし 対応能力に欠けていて>

<想定外のことが起きると
思考回路が停止してしまう>

<お互いコンプレックスを持つ
こじらせた2人が>

<コンビを組む!>

<そんな石羽コンビを 2人は>

<どのように演じているのか?>

<ちょっと
聞いちゃいました>

これは私へのセクハラです
こんな時代に何考えてんですか

(舌打ち)
舌打ち!?

<石子と羽男の軽妙なやりとりは>

<もう見どころなので お楽しみに>

この2人も
かなり個性的なんすけど

あの潮法律事務所

他にも クセの強~い人達が
集まってくるんです

<石子の父で>

<お金にならないトラブルを請け負う
根っからの お人よし>

だって 雨で
ビショビショになってる人を見たらさ

誰だって 傘差し掛けるでしょ

<演じるのは
連ドラ初出演となる さだまさし>

フフフフフ…

<蕎麦屋で働く塩崎啓介>

<出前という口実で
事務所に訪れる>

<綿郎の
おしゃべり仲間>

髪切ったんですよ 俺
会った時 気づいてくれますかね?

<演じるのは おいでやす小田>

いまだに敬語
距離あるよなあ

そこが彼女らしくていいんですよ
お義父さん

「お義父さん」言うな

<石子と羽男とは対照的な2人の>

<ほのぼのとした
やりとりも必見です>

<そして注目は
依頼人として登場する>

<個性派ゲスト達>

<第1話は 大人気の若手俳優>

<赤楚衛二>

逮捕!?
一旦 落ち着きましょうか

逮捕ですか?
ごめんなさい はい

息子が無断で
ゲームに課金してしまったんです

<毎週変わるゲストとの
化学反応もお見逃しなく!>

<さらに…>

<そちらも お楽しみに!>

<このドラマでは>

<マチベンの世界観を
引き立たせる風景が>

<印象的に
映し出されているんです>

<中でも スタジオに作られた
潮法律事務所は>

<生活感が漂うセットに
仕上がっているんです>

<本当の
事務所みたいですよね>

<もう 様々な名シーンが生まれる
予感しかありませ~ん>

<素晴らしい!>

<そして 隅に置かれた
遊び道具の数々もすごいんです>

<要チェックですよ>

<その一つに早速 目を付けた中村>

<撮影の合間に>

<いきなり演奏を始める?>

(森山直太朗に似せて)
♬~僕らはきっと待ってる

フフフフフ

♬~君とまた会える

♬~日々を

<次に歌いだしたのは…>

さださんの お歌です

♬~もらう前に

♬~言っておきたい

♬~事がある

♬~かなりきびしい

<いや 中村さんのお歌
素晴らしすぎます>

<そんな和やかな雰囲気の中
2人に>

<撮影の様子を聞いてみました>

フフフフ…

<共演経験のある2人だからこそ
醸し出せる>

<絶妙な距離感の石羽コンビ>

<演じる上で お互いの役柄を>

<どのように
理解しているのでしょうか?>

<石子ファン急増の予感がする>

<その理由を聞いちゃいましょう>

<カフェで
無断で充電したことから>

<訴えられてしまった
依頼人の大庭>

<石羽コンビにとって初の依頼>

明らかに過大請求だと
注意書きは してあるから

<依頼人のトラブルを解決するため
奔走する2人だったが>

地味な作業もなさるんですね
何だと思ってんの? 俺のこと

<お互いを認めようとしない>

<そんな中
2人が その謎を探れば探るほど>

<様々な人物が関わってくる>

≪話すことはありません

<実は このトラブルには>

<根深い問題が潜んでいた>

<大庭は なぜ
カフェで充電をしていたのか>

<思わぬ展開に 石子と羽男は>

彼は一度 隠し事をしていた

危険な橋は渡りたくない
私のブランドに傷がつく

あなたに期待するのは諦めます

<2人の関係が
さらに こじれていく>

<大庭にまつわるトラブルの
真実は?>

何をたくらんでるんですか
プライベートタイムだって言っただろ

<正反対のようで
どこか似た者同士の石羽コンビ>

あなたが証拠を提出すれば さあ!

<このトラブルを解決することは
できるのか?>

<CMのあとは 2人が注目ポイントを
訴えちゃいます!>

<放送間近となり ますます
期待が高まる 「石子と羽男」>

<最後に2人から
ドラマの見どころを聞くと…>

どんな現状を打破したくて今
もがいてるのかっていうところが

思うんで
そういうとこですかねえ

<2人が活躍する新ドラマに
ご期待ください>

はい 潮法律事務所です

張りぼての才能など
すぐに見抜かれますよ

パラリーガルの君に
言われたくないよ そんなこと

裁判も視野に入れて

<正反対のようで
どこか似た者同士の石羽コンビが>

集合!
おっきい声やめて おっきい声

カフェで携帯充電してたら
訴えられたんです

あの… お小遣いだけどさ

<コミカルなキャラクター達が
繰り広げるリーガルドラマは>

<まさに予測不能!>

動くな 警察だ!

あなたは頭が固いから

だから 弁護士のあなたにしか
できないんです

うちのモットーはさ
「真面目に生きる人々の」

「暮らしを守る傘となろう」

<互いにコンプレックスを
持つ>

全力で相談に乗りますが
いかがでしょう?

7月8日 よる10時スタート

金曜ドラマ「石子と羽男」
(有村・中村)ぜひ ご覧ください