ドクターホワイト #02【細菌感染?軽症に潜む大病暴け!診断協議チーム発足】[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドクターホワイト #02【細菌感染?軽症に潜む大病暴け!診断協議チーム発足】[字][デ]

難しい症状でも病名を確定させて命を救う総合診断協議チーム(CDT)発足!謎の女性・白夜(浜辺美波)が天才的な診断力を発揮!細菌感染…!?軽症の陰に潜む大病を暴け

出演者
浜辺美波 
柄本佑 
瀧本美織 
岡崎紗絵 
片桐仁 
高橋努 
高橋文哉
 ・ 
勝地涼 
宮田俊哉 
毎熊克哉
 ・ 
小手伸也 
石坂浩二
ご案内
【公式ホームページ】
https://www.ktv.jp/dr_white/ 

【公式Twitter】
https://twitter.com/dr_white2022 

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/dr_white2022/
番組内容
公園で狩岡将貴(柄本佑)に救出され、狩岡晴汝(岡崎紗絵)の脳動脈瘤破裂の誤診を正して命を救った雪村白夜(浜辺美波)。彼女の正体は依然として謎に包まれる中、高森巌(石坂浩二)は病院内の各科から精鋭を集め、診断に特化した総合診断協議チーム、通称CDTを立ち上げる。高森麻里亜(瀧本美織)はリーダーに、高い診断能力を買われた白夜もチームの一員に選ばれ、将貴は白夜のサポート役に任命される。
番組内容2
ところが、院長肝いりの部署にも関わらず、メンバーとして名乗りを上げたのは精神科医の西島耕助(片桐仁)のみ。人員不足に悩む麻里亜に、西島は、かつて腕の立つ外科医だった、皮膚科医の夏樹拓実(勝地涼)をスカウトしてはどうかと助言するが、夏樹は優秀な反面プライドが高く、診察も効率重視で、少しクセのある人物だった。
番組内容3
その夏樹は、足の腫れが気になり、婚約者とともに来院した村木健哉(石田佳央)を診察していた。症状を見た夏樹は、すぐに細菌による感染症と診断するが、村木のある仕草が気になって問診した白夜は、「誤診です」と指摘。医師でもない白夜に指摘された夏樹は…。
スタッフ
【原作】
樹林伸『ドクター・ホワイト』シリーズ(角川文庫 刊) 

【脚本】
小峯裕之 

【音楽】
福廣秀一朗 

【主題歌】
Ado「心という名の不可解」 
作詞作編曲:まふまふ 
(ユニバーサル ミュージック) 

【プロデューサー】
河西秀幸 
小林宙 

【演出】
城宝秀則 

【制作】
関西テレビ 
共同テレビ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 白夜
  2. 夏樹
  3. 村木
  4. 晴汝
  5. 西島
  6. 患者
  7. 綾花
  8. 仕事
  9. 浮気
  10. 佐久間
  11. 診断
  12. 医者
  13. 夏樹先生
  14. 淳平
  15. CDT
  16. 彼女
  17. 症状
  18. 本当
  19. ギレ
  20. 血液検査

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン

(高森麻里亜)
記憶喪失。 知識と感情を失ってる。

(雪村白夜)血ガス ケトン体 血糖
電解質 要確認。

(狩岡将貴)医療に関する知識だけ
覚えてるんじゃないかな。

警察には行きません。
狩岡将貴の家に行きます。

(晴汝)私 妹の晴汝といいます。

(仙道)神経症状が出ているなら
脳動脈瘤の悪化だろうな。

病状を知りながら
放置していたということは

手術が困難な…。
もう やめろ!

晴汝は… あいつは絶対に助かる。
二度とあんなこと言うな。

狩岡晴汝さんの症状は
ビタミンB12欠乏症によるものです。

(仙道)脳動脈瘤は関係ないのか。

(巌)白夜という女性も

チームに入れたいと思ってる。
えっ。

(淳平)お前は
偶然 巻き込まれたんじゃない。

託されたんだ。

高森勇気
高森麻里亜の失踪中の兄貴だ。

(晴汝)おいしいね ふふふふっ。

その写真の人 見覚えないかな?

私の兄なの 失踪中なの。

どんな小さなことでもいい
何か思い出さない?

公園で倒れる直前のことなら
覚えてるんじゃない?

わかりません。

やっぱり何も覚えてなかった。

なあ 淳平
勇気さんの行方 探れないか?

(淳平)
まあ 乗りかかった船だからな。

そっちも手ぇ回してる。

助かるよ。
あぁ それと

失踪届や捜索願いのデータを
一とおり見たけど

白夜さんに該当しそうなものは
なかった。

その子の正体

簡単には つかめないかもな。

♬~

しおり!

♬「クリスマスソング」

♬~

はぁ…。

♬~

もう お前しか
見えないから。

いや~!

ねえ 聞いた?

もう お前しか見えないから
だって。

顔が近いからですね。

(晴汝)そういうことじゃないの。

離れてたって
彼女しか見えないんだって。

あぁ~ 来週どうなるんだろう。

視野狭窄が
起きているのだとしたら

緑内障に
進展する可能性があります。

そういうドラマじゃないの
恋愛ドラマなんだから。

男と女には いろいろあるの。

ねぇ お兄ちゃん。

まあな。 はい。

何があるのですか?
ちょちょ ちょ…。

実は昔
お兄ちゃん1度 麻里亜さんに…。

おい やめろ!

食べるぞ。
ふふっ はいはい。

あのね これ

私とお兄ちゃんで作った
特製フルーツサンド。

おかげで無事退院できました。
ありがとう。

ゴクッ

これ 俺から2人に。

(晴汝)ん?

このアプリで俺に2人の居場所
伝えられるようになってるから。

あぁ~。
まあ 訳ありの2人は

こういうものを
持っていたほうがいいだろう。

まあ 確かに

これ持ってたら安心するか。
うん。

お兄ちゃんが。
君たちのためなんだけどね。

白夜さん おそろいだね。
おそろいって何ですか?

あっ 同じものを持つってこと。

一緒のものを持つって
何かいいよね。

気持ちまで
つながってる感じがして。

あっ 食べて 食べて。 ふふっ。

♬~

(回想 淳平)その子の正体
簡単には つかめないかもな。

(晴汝)どう?

おいしい。

おいしいです。

えっ?
えっ 何?

あっ。
えっ?

笑顔の練習をしたので
やってみました。

えっ もう1回やって。

おぉ~。
(晴汝)おぉ~。

自然。 白夜さん いい感じ。

それなら場が和むかも。

あっ
明日 仕事のとき試してみなよ。

ここだってときに にこって。

やってみます。
うん。

仕事か~。

大丈夫かな~。

本日より ここを本部として

総合診断協議チーム

通称CDTを発足します。

ん? で メンバーは?

みんなで力を合わせて
頑張りましょう。

えぇ~ これだけ?
いやいや いや…。

はい これ 白夜さんの新しい白衣。

着てみて 着てみて ほら

どうかな どうかな。
ぱりぱりでしょ。

えぇ~?
いいじゃん いいじゃん。

うちの病院の各科から

精鋭を集めてね 診断に特化した

総合診断協議チームを
結成したい。

まあ そこでは
原因不明の症状を見たり

各科の診断に力を貸したりする

まあ そういったことを
やるチームなんだが

白夜さんに
是非とも参加してもらいたい。

(巌)いや 麻里亜から
大体のことは聞いているよ。

将貴君の
親戚だってことにしたそうだね。

医師免許がなくてもね

診断の補助スタッフだったら
問題はない。

しばらく将貴君には

白夜さんのサポートを
お願いしたい。

精鋭が集まるって聞いてたけど?

一応 今日を期限に
また追加募集してるけど。

せめて内科と外科がいなきゃ
成立しないでしょ。

≪お困りのようですね。

(西島)はぁ~。

はぁ~。
はぁ~。

今 何だ精神科かよって
思いましたね?

ははっ まさか。
私に うそは通じませんよ。

私は人の心を読む
プロフェッショナル。

特に自分への悪意は

10m離れていても
わかりますから。

おぉ~
悲しいスペックだ すばらしい。

うるさい。

外科医は1人も参加しませんよ。

どうしてですか?

(牧田)今頃CDTの人たち
困ってるでしょうね。

外科がいなけりゃ
何もできやしない。

(真壁)
できれば協力したいのですが

外科は忙しいですからね。

残念だよ。

圧力?
あのたぬき部長。

じゃあ 仕事にならないってこと?

仕事したいです。
残念だけど この状況じゃ…。

(西島)まあ 手はありますがね~。

えっ?
何ですか?

精神科医を軽く見る人たちに
教えたくないな~。

そのことは謝りますから。
まあ 軽くは見てたってことね。

西島先生の その幅広い知見

是非とも
CDTで活用させてください。

ん? な… 何て何て?
西島先生も。

うん。
CDTの一員ということで。

あぁ~ そう? まあ

そんな頼まれたら
断るっていうのは良くないな…。

入りたかったんだね。
(西島)んんっ。

1人 いるじゃないですか。

皮膚科に 外科医としての
キャリアを持った医師が。

(夏樹)今日は どうされました?

≪あの 右の背中の皮膚が
ちくちくと痛むんですよ。

う~ん。
帯状疱疹じゃないでしょうか。

なるほど。

いつ医師免許を取られたんです?

えっ えっ?
あの 私は医者では…。

ご自身で診断されていたので
医者なのかと思いましたが

違うのですね。
ネットで調べたら…。

ネットの情報をうのみにするなと
ネットに書いてませんでしたか?

すいません。
大丈夫ですよ

患者さんがよくやる過ちです。

あぁ…。
じゃあ 見せてください。

帯状疱疹ですね。
えっ?

(夏樹)患部に塗る薬を
処方しておきますので

お大事にどうぞ。

あれ? 椅子に

接着剤 付いてましたか?

あの男は絶対に嫌!

いつも私のことばかにして
嫌みったらしいことばっか言って。

無駄にイケメン気取ってるし。
その外科医って優秀なの?

確か
前の病院では心臓外科医も務め

指導医レベルのオペも
こなしていたはずです。

う~ん。

細菌感染ですね。

何かのきっかけで菌が入り
腫れてしまったようです。

(村木)あっ すいません
こんな ささいな腫れで。

彼女が心配症なもんで。

(綾花)皮膚がんとか言われたら
どうしようかと思って…。

悪性腫瘍なら1日や2日で
そこまで腫れたりはしません。

ただ痛みがあるようなので

抗生剤の点滴を
受けてもらいましょう。

ご案内して。
はい。

迅速な診断 感謝します。
(綾花)ありがとうございます。

≫こちらへどうぞ。
(村木)はい。

ランチ行く?
結構です。

ふ~ん。

わかった…
ちょっと押さないで 行くから!

ごめんなさい。 あっ…。

おっきい声出さないで。
あぁ…。

点滴 大体
1時間ぐらいかかりますけど。

(村木)はい。
≪お時間 大丈夫そうですか?

(村木)はい。
(綾花)あっ 大丈夫です。

≪ありがとうございます。

≪それでね
息子が東京土産だって言って

ひよこまんじゅうを
買っていったんだけど。

(佐久間)あぁ~。
ひよ子といったら

九州でしょ?
えっ そうなんすか?

≫そうなのよ だから…。
あっ そうなんだ。

私も困っちゃって。
(佐久間)へぇ~。

おい 研修医。
(佐久間)はい。

ちょっと。
(佐久間)はい。

はい。

(夏樹)患者さんだって忙しいんだ。

長話しちゃ申し訳ないだろ。
(佐久間)えっ でも…。

(夏樹)ここは病院であって
おしゃべり会場じゃないんだ

どうして そんな簡単なことが
わからないんだ?

あの もう失礼しますから。

(夏樹)あっ すいませんね。
お大事にどうぞ~。

お大事にどうぞ~。

(夏樹)きちんと回転率を意識しろ。
はい。

相変わらずですね 夏樹先生。

(夏樹)
おや? 珍しい客人が来たものだ。

病院は牛丼屋じゃないんです。

回転率より大事なことが
あるはずですけど。

(夏樹)患者は
早い安いうまいを求めてる

病院は牛丼屋ですよ。

ひょっとして
ランチのお誘いかな?

牛丼と言わず…。
CDT ご存じですよね?

ええ うわさは。
彼女が どうしても

夏樹先生に入ってほしいって。
ちょっと!

(夏樹)ん? ん? ん? 君は?

あっ 高森の友人で
ジャーナリストしています

狩岡将貴といいます。
で こっちが…

あれ… あれ?

白夜は?

では 抗生剤の点滴をしますね。

(綾花)お願いします。

診断は細菌感染ですか?

そうだけど。
血液検査の結果はどうですか?

えっ してないけど あの…。

えっ ちょ…。

いや…。

♬~

(村木)いやいや いや ちょっと。

(綾花)何なんですか? あなた。
ちょ ちょっと おい。

(綾花)やめてください。
やめなさい。

すみません
うちのスタッフなんですが。

私の患者さんに何か用かな?

細菌感染だと診断した根拠は
何ですか?

根拠?
やめろっつの。

腫れ 表皮の乾癬状病変 痛み
これらの所見から

傷口から侵入した菌による
感染症と考えられる。

以上。 あっ
ノートに書かなくて大丈夫かな?

それ…。

何かな?

それ…。

誤診です。

♬ 君が瞬きをする音

♬ 目を逸らした音さえ

♬ こんなにも容易く
聞き分けてみせるのに

♬ 時に、 病名を何としましょうか

♬ 誰も知りえないはずの

♬ ココロなんてさ
期待もしないよ

♬~

ははははっ 面白いお嬢さんだ。

私の診断の何が間違っていると?

というより情報が足りなすぎて
診断と呼べるものではありません。

また そういうことを。
違うんですよ あの 彼女なりの

ねぇ あるじゃないですか。
最近 外国へは行きましたか?

はっ?
(夏樹)なるほど。

海外で毒性のある虫に
刺されたとでも言いたいわけか

新人らしい推測だな。
ははっ ほんとそうですよね。

(村木)
このところ仕事が立て込んでて

そんな余裕ありませんよ。

結婚式の準備も
進めないといけないし。

(夏樹)はい 当てが外れた。

白夜さん もういいでしょ?
職業は何ですか?

(村木)建築コンサルタントですが。

それは何ですか?
白夜。

(村木)家や事務所を設計しては

複数のクライアントの元を
渡り歩く

そういう仕事です。
特殊な場所には行きますか?

いいかげんにしろ。

君は研修医か?
皮膚科の経験はあるのか?

ないなら黙ってろ。

君と私じゃ
積んでる経験が違うんだ。

(麻里亜・将貴)はぁ~。

あっ ごめん 俺 仕事。

白夜のこと頼むわ。
えっ ちょっと。

ちょちょ ちょ…。

とりあえず 今後
患者に直接 問診するのは禁止。

いい?

夏樹という先生ですが。

聞いてた? 何?

なぜ 突然
大声を出したのでしょうか。

えっ?
前に

将貴さんも突然
大声を出したことがありますが

あれは何なのでしょう?

はぁ~ あのね

あれは怒ったの。

怒った?

怒りですか?

それも わかってなかったの?

なぜ怒ったのでしょうか。

それは あなたが

余計な口出ししたから
かちんときて

ぶちギレしたんでしょ。

かちんときて ぶちギレ?

彼女に この仕事は無理です。

人間の感情を全く理解してない。

感情を理解…
ははっ なかなか難問だね。

真面目に言ってるの。

確かに
医者は人間の心を知る必要がある。

だが一方で心を知ると

人間が
見えなくなることもあるんだ。

はぁ?

いい勉強になるんじゃないか?
お互いに。

はぁ~。

お兄ちゃんのことだけど

本当に連絡先 知らないの?

言ったでしょ お兄ちゃん

白夜さんの正体を
知ってるかもしれないの。

何とか連絡取れないの?

それができれば
とっくに呼びつけてるよ。

はぁ~。

1人でもいいんで
外科からCDTに人員を下さい!

(牧田)
まあ そう かりかりなさらずに。

ほら 怒ると しわが。

はぁ?

失礼だぞ。

しわは立派に年を重ねた証

美しいじゃないか。

何とかお願いします。

確か 追加募集の締め切りは
本日の18時ですね。

わかりました
悩んでる部下たちの背中を

私からも押しておきましょう。

お願いします。

♬~

(真壁)
全く 暇そうで羨ましい限りだ。

ねぇ? 仙道先生。

ええ。

はぁ~。

結局 誰も来ないし~。

≪続けていけばいい…。
(夏樹)お大事にどうぞ。

ていうことですよね?
そうですね 処方箋

出してますんで お大事にどうぞ。
このまま様子見でいい…。

(夏樹)お薬塗ったら
ちゃんと治りますから

お大事にどうぞ。
はい わかりました。

あっ ありがとうございます。
ありがとうございます

どうぞ。
おっ 夏樹先生

お疲れさまでした。

今夜 一緒に来るか?

えっ?

合同カンファレンス。
はい。

あっ
これから妻と食事の約束でね。

いや ちょっと前に
私が妻の浮気を疑って

彼女を怒らせてしまったんだよ。

浮気とは何ですか?

(西島)
えっ? あぁ いや いいんだ。

まあ 独り言というか。

ちょっと つきあってくれるかな?

♬~

(西島)これからも ずっと
君を愛しているよ。

えっ?

(西島)こうして君と
いられるだけで僕は幸せなんだ。

(晴汝)えっ うそでしょ?
えっ?

あっ いやいや ち… 違うよ?

(晴汝)
西島先生 奥さんいますよね?

(西島)いや 今のは
試しに妻じゃない人に…。

(晴汝)何 それ 最っ低。
いやいや 違う違う。

浮気だと言っていました。

(晴汝・西島)えっ?
つきあってくれとも言われました。

違う あの 練習ってことね。
白夜さん 行こう。

(西島)違うよ。
あの ちょっと 軽い気持ちね

ちょっと体を貸してくれって…
違う!

何で こんなことに?

これからは私かお兄ちゃんか

どっちかが送り迎えするから。
はい。

それと浮気は絶対だめだからね?

誘われても ノー。

誘われても ノー!
そう。

(晴汝)えっ?

誰?

あっ 淳平さん。

どうも あはははっ。
(晴汝)はははっ。

こっちは俺に任せて
しっかりスクープ取ってこい。

じゃあ 任せるけど

お前 晴汝に
くれぐれも ちょっかいを…。

(晴汝)
淳平さん ご飯食べていくでしょ?

(淳平)えっ? いいんですか?

おい 気持ち悪い声出すな!

まあ ついでに
白夜さんとも話してみるから。

…ったく。

(三田村)おい 来たぞ。
あっ はい。

じゃあ 頼むわ。

厚労省の豊崎健一

着服疑惑を暴くキーマンだ。
寒かったでしょう。

俺が
タイミングを見て切り込むから

お前は隙を作れ。
はい。

ははっ どうも~。

(香織)
村木社長 お疲れさまでした。

(村木)あぁ お疲れさま。

(香織)あっ 足 大丈夫ですか?

(村木)ふふっ
医者も大したことないって。

はぁ~。

私が無理させちゃったせいかと
思って

心配してたんです。
ふっ。

あっ 今日の打ち合わせで
議題に上がった

例のテナントの件なんだけど。

あっ!
社長?

あぁ~!
社長? えっ 社長。

あぁ~ 痛い!痛い。
(香織)社長?

♬~
(新垣)《いままでの柔軟剤は 着るときには

香りが変わってた》
<そうなんです>

《香り変わらず続くのは

ただひとつ?
<「アロマリッチ」だけ>

おんなじだ

≪「アロマリッチ」
今だけ さくらの香り》

(濱田)ちょっとー!
この除菌できる洗剤 速乾じゃない!

《フキンの菌が 食器につくかも!?》

除菌できる洗剤は 速乾でしょ!

置くだけで乾いてく 《清潔》

《「速乾+」 カラッと除菌!》
<スプレー登場!>

(淳平)うわ~ うまそうっすね。
ふふふっ。 淳平さんは

お兄ちゃんと高森麻里亜さんと
中学の同級生で

刑事なの。
あっ 刑事ってわかる? 警察官。

警察?
(淳平)そういえば白夜さん

将貴に警察には行きませんって
言ったんだよね?

でも記憶はないんだよね。

どうして警察は嫌だって
思ったんだろう?

(着信音)

CDTによる診断協議を行ないます
至急 集合してください。

いや ちょっと待ってください。
私 今日 大事な予定が。

失礼します。
お連れ様がお見えになりました。

えっ? 麻里亜先生

やっぱり私…。
ブチッ ツーツー(不通音)

もしもし? もしもし!

♬~

(佐久間)俺の理想はね
「コードブルー」の藍沢先生。

あぁ~。
知ってる?

はいはい。
知ってる?

俺は
誰よりも早く一番の名医になる。

はははっ ヤバい。
ははははっ。

えっ じゃあ 別パターン
別パターン 別パターン。

医療の現場で奇跡は起こらない。

きゃ~!
ははははっ。

でしょ でしょ?
いいでしょ いいでしょ?

ははっ
合同カンファレンス楽しいっす。

≪えっ まだないの?
えっ?

あるある あるある…。
誘う相手を間違えた。

あっ。

≪きゃ~!
(佐久間)ははははっ。

はい もしもし。

(佐久間)かっこいいよね。
≪かっこいい。

わかりました。

おい 行くぞ。
はい?

はっ? えっ… あっ えっ?

(西島)
はぁ~ もう勘弁してくださいよ。

また
妻の怒りを買ったじゃないですか。

ただ足の腫れだけで集まるとは

よほど暇なんですね。

あなたが投与を決めた抗生剤が
効かなかったから

患者が痛みを訴えてるんです。

文句を言う資格はありません。

(夏樹)今 患者の血液を
検査に回してます。

白血球数とCRPを見れば
対処法もわかりますよ。

(佐久間)血液検査 お願いします。

酒 臭っ。
(佐久間)お願いします。

急ぐ必要あんのかねぇ?

あります。

順番にやってるから外で待ってて。

(夏樹)
まあ 蜂窩織炎にせよ丹毒にせよ

細菌感染に
変わりはないでしょう。

違ってたら?
逆立ちでも何でもしますよ~。

はぁ…。

(西島)最初っから
血液検査をやってれば

こんなミスは
起きなかったんじゃないですか?

うまく行かないとわかったんだ
前進でしょう?

100%の診断なんて
存在しないんですから。

私たち医者は
100%の診断を目指すべきです。

(夏樹)そんな性格だから
恋人が出来ないのでは?

はぁ?

(夏樹)相手をちゃんと知るまでは
とか言って

なかなか
体を許さないタイプでしょう。

(西島)セクハラですよ それは。
勝手に決めつけないで。

恋人だって

何人もいましたし。
(西島)答えなくていいです。

おや? 過去形だ。

はぁ~ 白夜さん
何か疑問に思う点はある?

体を許さないタイプというのは…。

そこじゃない!診断について。

(夏樹)そもそも 君は何者なんだ?

私の友人の狩岡将貴君の親戚です。

医療補助スタッフの雪村白夜さん。

医者じゃないのか。

あなた
最初から誤診だと決めてたでしょ。

何か
わかってることあるんじゃない?

う~ん。

わかりません。

まだ情報が足りていません。

患者に過去1週間の行動を
詳しく聞くべきです。

(村木)これが ここ1週間の
私のスケジュールです。

分刻みですね。

(村木)働き過ぎでは
あったかもしれませんが

それが関係あるんでしょうか?

うそをついていませんか?
ちょっと。

ワオ。

どういうことですか?

これがうそで 例えば
外国へ行ったというような…。

その話なら昼間したでしょう。

(綾花)いいかげんにしてください。
さっきから何なの? あなた。

すみません。 白夜さん。

患者が うそをつくことは
ありえるけど

村木さんは
腫れの原因を知りたがってる

うそをつく理由がない。

あんな言い方をされたら
話す気もなくなるだろうね。

白夜さん 悪いけど

今回の診断協議からは外れて。

仕事したい…。
外れて!

(豊崎)いや~ 今日は
いい夜だったよ。 ごちそうさま。

(三田村)こちらこそ。
ふふっ。

閉めます。
(三田村)ところで

寄付金の着服疑惑についてですが。
ちょ 三田村さん…。

ミレニアム通信から
医療機関への寄付金を

厚労省幹部たちが着服した。

あの告発は本当なんですか?

そんな話を信じるとは。 デマだよ。

そうですか。

ほんとにデマですか?

そうだと言ってるだろう!

うそだと思うなら
とことん調べればいい。

もう…。
クロだな。

えっ?
覚えとけ

2度聞かれて怒るやつは
隠したいことがあるんだよ。

ふっ えぇ~?

(マナーモード)

おっ。

もしもし?

クビになりました。
えぇ~!

そっか。

まあ でも 高森の言い分が
正しい気するかな~。

そうでしょうか。

スケジュール表ねつ造してまで
医者だまさないだろ?

あっ 高森 怒ってた?

ぶちギレでした。

ははははっ そっか。

ですが おかしいです。

抗生剤を投与する前に

血液検査で
白血球の数を調べるべきです。

誤診が起きるのも当然です。

あれ。

白夜 怒ってない?

私がですか?
うん。

ぶちギレですか?

ははっ ぶちギレじゃないけど

ぷんすかしてるよね。

ぷんすか?
うん。

ふっ。

とりあえず謝って

今日は帰ろう。

(香織)
じゃあ 私はこれで失礼します。

(村木)あっ 今日は悪かったね。

あっ いえ。

(綾花)あの

ありがとうございました。

あぁ…
社長に謝っといてください。

あの人 3日前に
私のために無理してくれて

疲れさせてしまったから。

チャリチャリ!

(夏樹)
血液検査の結果が出しだい

別の抗生剤を
投与することになります。

皆さん お忙しい中すいません。

遅いな。

あぁ…。

はぁ… ごほっ ごほっ!

(西島)
うそでしょ? えっ 冗談だよね?

ははっ そうやって わざと僕に

やきもちをやかせようとして。
そういうことでしょ? ねっ…。

ブチッ ツーツー

はぁ~ 最悪だ。
どうしたんですか?

ふぅ~ 最悪だよ。

私の妻
日帰りで旅行に行ってたって。

それを開き直って
私に急にカミングアウトしてきて。

浮気だよ 浮気旅行。

日帰りじゃ
浮気と言いきれないんじゃ?

隠してたんだからクロだよ!
真っ黒。

浮気旅行は真っ黒。

隠してた?
≪(足音)

あぁ~
もう 将貴 白夜さん連れて帰って。

なあ あの人

浮気旅行を婚約者に
隠してたってことないかな?

だとしたら 海外に行ってたって
可能性もあるんじゃ。

浮気旅行?

いや…。

でも 婚約中だしな それはないか。

まあ 誠実そうな人だったしな
うん。

誠実な男なんていない。
えっ?

誠実そうだけど
浮気してた男なんて全然いたし。

ん?

麻里亜さんは何人もと
つきあっていたそうです。

えっ?
何人もって浮気じゃないからね。

浮気はノー。
そう!

それなのに
男なんて全然誠実じゃなくて。

(西島)お言葉ですがね
あなた方 女性は

誠実な男がいいと
言っておきながら

本当に誠実な
私のような人間のことを

つまらないって
言うじゃないですか 違いますか?

これ今 何の議論ですか?

まさか まだ海外の話か?

いいか 有毒生物にかまれたなんて
所見は見られないし

それも血液検査の結果でわかる。

ん? 佐久間先生は?

ん?

≪(夏樹)おい!
あっ…。

医者なら酔うな。
すいません。

いや でも
夏樹先生が飲みに誘うから。

あれ? 先生飲んでないんですか?

当然だ。
えっ? いや だって。

(夏樹)あれは。

(夏樹)ジンジャーエールだ。

えぇ~。
検査は?

今 順番待ちで。

皮膚科の夏樹を
これ以上 待たせると

後が面倒になるぞと伝えてこい!

伝えます!

議論は とっ散らかっちゃったけど
まあ 後は任せよう。

はい。
あっ ちなみに

もし 白夜の仮説が正しいとしたら
どうなるんだっけ?

それ聞いてなかった。

あの患者は
早ければ 今すぐにでも死にます。

えっ どういうこと?

(字幕)
ローズマリーを刻む。

ひたすら刻む。

古代ギリシャの学生が

冠にして学んだという枝と葉を。

ポテトサラダのために刻む。

東京タワーに灯りがつく。

やがて サラダは旅立つ。

ローズマリーの原産地

満月の地中海の浜へ。

もう いいかげんにしてください。
大事なことなんです。

村木さんは浮気旅行に…。
いいから。

何か ご存じないですか?

最近 村木さんが
家に帰らない日があったとか。

そんなことはありません。

本当に家に帰らなかったことは
ないんですか?

だから ないって言ってるでしょ!

(三田村)覚えとけ
2度聞かれて怒るやつは

隠したいことがあるんだよ。

チャリチャリ!

ん?

おそろい?

マジかよ。

ちょっと もう直接 話をするのは
やめてって言っ…。

ちょっと話聞いてくる。
えっ?

命に関わることだから。
将貴?

♬~

あの…。

(綾花)3日前
あの人 帰ってこなかったんです。

えっ?
(綾花)仕事が せっぱ詰まってて

徹夜仕事で帰りは朝になるって

キャリーバッグを
持って出かけて…。

間違え… すいません。

朝まで仕事?

けど 私 心のどっかで…。

浮気を疑っていたわけですね。

(夏樹)おい 冗談だろ

いつまで そんな話 してるんだ。

医者なら検査の結果で判断しろ。

(佐久間)夏樹先生
血液検査の結果出ました。

ああ。
白血球の数値もCRPも正常です。

細菌感染じゃない?

(着信音)

はい。

村木さんが
呼吸困難を起こしています。

あっ はぁはぁ はぁ…。

(夏樹)呼吸困難?
ばかな 皮膚の症状だぞ。

緊急オペが必要です。
えっ?

患者に せきの症状はありますか?

ごほっ ごほっ ごほっ!
≪せきしています。

白夜さん ひょっとして?
あの患者は

エコノミークラス症候群を
発症しています。

♬~

あっ。

あっ…。

あっ はぁはぁ… あの

村木社長と はぁ…

旅行 行ってないっすか?

えっ?
はぁ はぁ…。

(マナーモード)

もしもし?

呼吸困難?

(村木)
ごほっ ごほっ!ごほっ ごほっ!

ごほっ ごほっ ごほっ!

足に出来た血栓が肺に飛び

塞栓症を起こしており
危険な状況です。

CDTでできるでしょう。

元外科医の
優秀な先生もいらっしゃるんだし。

夏樹先生はブランクもあり

このオペには
対応できないそうです。

本当に

何もできないんだな CDTは。

俺がやります。

仙道先生。

外科の仕事ですから。

♬~

開胸 肺動脈を切開して
血栓を除去する。

夏樹先生 サポートを。

はい。

(綾花)ほんの出来心の
浮気だと思うんです。

式の準備で
私も かりかりしてたから。

何も
気付かなかったことにすれば

そのまま幸せな結婚生活を
送れるだろうって。

わかります。

あの

私が旅行について知ったこと

あの人には ないしょにしてて
いただけませんか?

あっ このまま気付かないふりを
すれば あの人だって…。

わかりません。

白夜さん あなたは黙ってて。

うそをつく必要はありません。

これは男と女の複雑な話なの。

浮気は関係ないと思われます。

そう

白夜の言うとおりだ。

あっ
村木社長は旅行してませんよ。

えっ?
あの日

本当に徹夜で仕事してました。

3日前 彼女のミスを
リカバリーするために

オフィスで
徹夜で仕事してたんです。

でも
じゃあ どうして そんな病気に。

エコノミークラス症候群は

飛行機に乗らなくても
起こる症状です。

だよな? 白夜。

エコノミークラス症候群は

足の血流が悪化し血の塊が出来

その血栓が剥がれて
肺動脈に詰まるものです。

原因は長時間 座り続けることで

6時間以上で
発症しやすいとされ

朝まで
集中して座り続けていたのなら

十分に当てはまります。

更に 冬の室内は乾燥しやすく

脱水症状が血液粘稠度の上昇を
加速させた可能性があり

加えて患者がベルトを
きつく締める傾向にあることが

リスクを増大させたと
考えられます。

(村木)
(綾花)ちょっと

何なんですか? あなた。

これらの要素が重なり

足の深部静脈に
血栓が出来たのですが

それが肺に飛ぶまでに
日数経過があったため

原因の特定が困難だった。

それが今回の症状の真相です。

(香織)私のミスのせいで

申し訳ありませんでした。

♬~

ううっ…。

♬~

仙道先生
ありがとうございました。

夏樹先生も お疲れさまでした。

(仙道)患者を救ったのはCDTだ。

♬~

どうぞ。

えっ?

それ お汁粉だよ。

はい。

お汁粉を飲みます。

ははっ。

なあ 白夜

こんだけの診断能力が
あるんだからさ

医者になったら?

私は
患者の症状に興味があるんです。

なぜ そんな症状になるのか

本当は何の病気なのか。

その答え合わせができれば
それでいいんです。

そっか。

あっ ところでさ

高森
どんな人と つきあってるって?

聞いた? 浮気がどうとか。

誠実そうだけど

浮気してた男と何人も。

ただし過去形だと。

えっ? あっ そうなの?

あっ。

あっ 何だ… 何だよ ははっ。

なぜ笑ってるのですか?
ん?

いや 笑ってないけど。

あぁ~。

(綾花)ほんとに良かった。

(2人)はははっ。

(村木)
あっ タブレット取ってくれる?

うん。

はい。
サンキュー。

よっ。
うん? あっ。

(村木)あはははっ。
(綾花)えっ?

(村木)
こんな家は どうかなと思って。

はははっ。
うわ~。

(村木)
なるべく日当たりを良くしてね

で この部屋は
子供が生まれたときのために

間取りを広く取っておく。

ねえ いつの間に。
はははっ。

それから庭ね これ。

庭は これぐらいあれば
子供たちの遊び場…。

どうして最初から
細菌感染ではないと?

患部がむくんでいるのに

あまり
熱を持っていなかったからです。

触診をすれば気付けたことです。

あなたは経験を積んだことで
基礎がおろそかになっています。

白夜 あなたに怒ってましたよ。

何? ぶちギレちゃった?

いえ ぷんすかです。

夏樹先生

確か 違ってたら
逆立ちでも何でもすると

おっしゃいましたよね?

夏樹!
はい。

これは ぶちギレですね。
はい。

CDTのメンバーが増えました。

夏樹先生 それと佐久間先生。

(佐久間)先生のお酒飲まない
ストイックな姿勢

感動しました。 さすがです。

当然だ。

俺は下戸だ。

下戸なんかい。

それから 仙道先生。

これからはCDTに
できる限り 力を貸すつもりです。

止めはしませんよ ご健闘を。

♬~

(巌)役者はそろったというわけか。

今回も白夜さんのお手柄でした。

そうか。
お父さんの言うとおりかも。

人間をあまり知らないからこそ
見えてくるものがある。

そうだな。

彼女の 何にもとらわれない
純粋なものの見方

大事にしてやってくれ。

♬~

おっ ははっ。
今 ちょっといいっすか?

あぁ~ どうぞ どうぞ。

おっ 何か 調子良さそうっすね。
ははははっ。

あっ
本当にありがとうございました。

あっ ちょっと… すいません。

えっ? へへっ。

くん くん!
何か?

今出ていった女性と
同じ匂いがします。

ん?

匂いもキーホルダーも
おそろいです。

えっ!
ふふっ。

おっ マジか。
あっ いや… いや。

えっ?
あっ ちょっと あの… いや。

ちょっと ほら いや あの。
いや 違う ほら…。

えっ 何?
調子いいって そういうこと?

♬「心という名の不可解」

♬~

カシャ!カシャ!(シャッター音)

カシャ!カシャ!

ん?

♬~

もしもし。
あれから白夜さんと話したけど

明らかに警察のこと警戒してるな。

えっ?
彼女 何かを隠してる。

何か 覚えてることも
あるんじゃないかな。

♬~

♬~

ほんとは何か
記憶があるんじゃないかな。

この人から
何か言われてたりとか

警察についてとか。

何も覚えてない?

わかりません。

そっか。

おやすみなさい。
うん。

ほんとに何も覚えてない?

♬~

♬~

♬~

おやすみなさい。
うん。

♬~

先生 大変です 優馬君が。

(西島)大人を何だと思ってんだ。

(絵美里)この子に
愛情を注げてなかったから。

(晴汝)けんかしても
すぐに けろっと仲直り。

家族が わかりません。