ドクターホワイト #03【貧血に隠された病気の謎…少年を救え▽白夜と家族】[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドクターホワイト #03【貧血に隠された病気の謎…少年を救え▽白夜と家族】[字][デ]

謎の女性・白夜&クセ者医師達による総合診断協議チーム(CDT)本格始動!心を閉ざした少年に悪戦苦闘…貧血に隠された病気を確定させて命を救え!白夜を惑わす家族の絆

出演者
浜辺美波 
柄本佑 
瀧本美織 
岡崎紗絵 
片桐仁 
高橋努 
高橋文哉
 ・ 
勝地涼 
宮田俊哉 
毎熊克哉
 ・ 
小手伸也 
石坂浩二
ご案内
【公式ホームページ】
https://www.ktv.jp/dr_white/ 

【公式Twitter】
https://twitter.com/dr_white2022 

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/dr_white2022/
番組内容
ようやくメンバーがそろい、CDTが動き始めた矢先、小児科に検査入院していた岡本優馬(森島律斗)が雪村白夜(浜辺美波)と高森麻里亜(瀧本美織)の前で倒れた。優馬は、前日に公園の遊具から落ちて頭を打ったが、検査の結果、脳に異常はなく、退院する予定だったという。
早速、CDTのメンバーが集まり、優馬が倒れた原因を探ろうとするが、優馬は気難しい性格で、問診もままならない。
番組内容2
しかし唯一、白夜にだけは心を開いて…。

そんななか、病院に白夜の保護者を名乗る女性がやってくる。行方不明だった白夜との久しぶりの再会に喜ぶ女性をみて、麻里亜も狩岡将貴(柄本佑)も、白夜の身元が分かりホッとするが、当の白夜は、自身の記憶を辿った末に、予想外の反応をみせ周囲を驚かせる。
スタッフ
【原作】
樹林伸『ドクター・ホワイト』シリーズ(角川文庫 刊) 

【脚本】
小峯裕之 

【音楽】
福廣秀一朗 

【主題歌】
Ado「心という名の不可解」 
作詞作編曲:まふまふ 
(ユニバーサル ミュージック) 

【プロデューサー】
河西秀幸 
小林宙 

【演出】
河野圭太 

【制作】
関西テレビ 
共同テレビ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 白夜
  2. 優馬
  3. お母さん
  4. 西島
  5. 佐久間
  6. 優馬君
  7. 大丈夫
  8. 夏樹
  9. 沙月
  10. 家族
  11. 田辺
  12. CDT
  13. 絵美里
  14. 腎臓
  15. 晴汝
  16. 必要
  17. 佐久間先生
  18. 彼女
  19. 病気
  20. お願い

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン
¥24,810 (2022/11/27 17:53:26時点 Amazon調べ-詳細)

(狩岡将貴)CDT それは

次世代の医療現場の
スタンダードとなりうる

画期的な診断体制である。

従来型の縦割り医療では
特定が困難な病気も

このチームなら
正確な診断が期待できる。

ふぅ~。

♬~

(回想)ほんとは何か
記憶があるんじゃないかな。

(雪村白夜)

♬~

君は何者なんだ?

腹減ったな。

おっ。

ヨーグルトあんじゃん。

(高森麻里亜)本日から

CDTの定例カンファレンスを
行なっていきます。

今後 患者についての情報は

全て共有していきますので

全員参加でお願いします。
お願いします。

各部門のプロフェッショナルが
知見を寄せ合い

診断を確定させるべく

日々話し合いを行なう
特別チーム

それがCDT。

受け持っている患者については
現在ゼロではありますが…。

(夏樹)待ってくれ ゼロ?

新規の患者が来たから
招集かけたわけでなく?

定例会議です。
(夏樹)はぁ~。

(佐久間)
何で仕事増えないんだろ。

やっぱり まだ
真壁外科部長の圧力ですかね?

(夏樹)単に需要がないという説に
一票投じたいね~。

(仙道)診断を
丸投げしたい医者などいない。

仙道先生 どちらへ?

(仙道)脳外のオペが2件控えてる。

私も言ってませんでしたが
暇じゃないんです。

いやいや
ちょっと待ってください。

(西島)はい。

1つ 議題を
提案してもよろしいですか?

あっ お願いします。

このCDTルームに

コーヒーメーカーを設置するのは
いかがでしょうか?

はぁ?
(佐久間)いいですね。

はい。
はい。

コーヒーメーカーとは何ですか?

いい質問だ。 この場で

ひきたてのコーヒーを
味わえる機械だよ。

いりません。
(西島)皆さん どうですか?

私は紅茶派だよって方?

紅茶派?
(西島)うん。

あの そういう話し合いは…。
(西島)コーヒー派の方。

はい。

決まりですね。

では 佐久間先生
ナースステーションで

コーヒーメーカーが
放置されていたと思うので

こっそり持ってきてください。

あぁ~ 大丈夫かな?

(夏樹)
では 本日は以上ということで。

(西島)実のある議論が
できたんじゃないですか?

ははははっ。
はぁ~。

初回ミーティングでは

コーヒーメーカー設置の
是非について。

あぁ~!

はぁ~ ちっ。

紅茶派ですか?

(三田村)あぁ お前がやる密着記事
今月号に載せるから。

えっ? CDTですか?

評判良ければ
連載になりうるから

お前なりの切り口で書いてみろ。

あさって 締め切りな。

えっ。
ブチッ ツーツー(不通音)

あさって…。

はぁ~ ちっ 何書きゃいいんだ。

あれ? 白夜?

じゃあ お願いします。
わかりました。

西島先生 白夜 知りませんか?

いや 見てないけど。
えっ?

(シャッター音)

♬~

どうしたの?

≪だから どうしてわかんないの?

≪これは かわいいでしょ?

これも かわいいでしょ?

じゃあ これは?

かわいいです。

かわいくないでしょ
だんご虫だよ。

よくわかりません。

≪かわいいっていうのは

こういう目が ぱっちりしてて
ふわふわなものをいうの。

(西島)何を話しているのかな?

西島先生は かわいいですか?

かわいいわけないでしょ。
全然わかってない。

私はディスられてるのかな?
≫食らえ ド~ン!

(西島)やめ やめなさい やめ…。
いけ。

おら。
(西島)もう出ます 出ます。

≪ド~ン!
(西島)やめなさい。

ロボットは かっこいい。
わかる?

ロボットは かっこいい。

これ読んで勉強しな。

最近 よくああやって
子供たちから

いろいろ教わってるみたい。
なるほど。

(マナーモード)

あぁ~ もしもし。

あっ 原稿の直しですか?

(沙月)優馬君? 優馬君?
大丈夫?

(沙月)優馬君?

(沙月)岡本優馬君

昨日 公園の遊具から落ちて
頭部を打ち

救急搬送されてきた患者です。

CTを撮った結果
脳に異常は見られず

今日 退院予定だったんです。

なのに どうして…。

彼の診断 CDTに
協力させていただけませんか?

(佐久間)
ひきたてのコーヒーをどうぞ。

暇じゃないと言ったはずですがね。

(西島)まあ まあ
正式なCDT案件ですから。

んんっ。 では 協議を始めます。

突然倒れたとなると

やはり脳に何かあると
考えるべきですかね?

(仙道)
CTを見る限り異常はないし

外傷も目立つものはなし。

(佐久間)仙道先生は脳外科の
プロフェッショナルなんです。

脳が原因ではなく
もともと疾患があり

そのせいで
倒れた可能性があります。

例えば 起立性調節障害

耳鼻科関連なら内耳炎

メニエール病も
小児の報告例があります。

(沙月)
ひょっとして 彼女が うわさの。

(佐久間)あっ そう
CDT期待の星 雪村白夜さんです。

知識自慢も結構だが
ここはプロの現場だ

君なら どう進める?

問診が必要です。

本人に
吐き気や頭痛などの自覚症状は?

それが 優馬君は気難しい性格で。

(優馬)

(沙月)何を聞いても 何ともない
大丈夫だの一点張りで。

(優馬)

ふふっ… はい。

優馬君の保護者の方は?

(沙月)
今 お母さんを呼んでいます。

けど 昨日の感じだと

母親にも
心を許してないといいますか…。

(西島)つまり まずは心を開かせる
必要があるということですね。

やれやれ 私の出番ですか。

西島先生?

(西島)人間の感情には
波がありますからね

その波を
うまくコントロールすれば

対話は簡単です。

(佐久間)
西島先生は精神科医なんです。

よろしくお願いします。

大船に乗ったつもりで
いてください。

この生意気くそ坊主が!

大人を何だと思ってんだ!

はぁ~ 全く ほんとに

面目ない。
ですよね 面目ないですよね。

(夏樹)まさか 自分の感情を
コントロールできないとは。

(西島)えぇ… いや 昔から
あの年頃の悪ガキには

苦手意識があるといいますか

まあ 医大を受験浪人していた頃

毎日のようにピンポンダッシュを
されたことがあって。

(佐久間)精神科医にも
トラウマとかあるんですね。

ピンポンダッシュとは何ですか?

(夏樹)近代スポーツの一種だよ。
≫コンコン コン!(ノックの音)

≫失礼します。 高森先生

優馬君のお母様が
いらっしゃいました。

はい
差し替えた原稿 今送りました。

はい お願いしま~す。

よし。

えっ?

(真壁)狩岡将貴君だったね。

真壁外科部長。

君の親戚の雪村白夜さん

随分と活躍されてるようだが

どこで医療の勉強を?

えぇ~ 外国の専門学校で。

実は うちの めいっ子も
医療従事者を目指していてね。

参考までに どこの学校か
教えていただけないかな?

あぁ~

…っと 何て言ったっけな?

あっ。

もう行かないとあれなんで
すいません。

興味深いね。

(沙月)原因がわからないので

もう1日 検査入院してもらおうと
考えています。

(絵美里)
そうですか。 ご迷惑おかけします。

あの お母さん

優馬君 ふだんから
ああいう感じなんでしょうか?

心を開いてくれないといいますか。

昨年 夫が病気で他界しまして

それ以来 私も忙しくて
あんまり構ってあげられなくて。

あの ひとまず
大丈夫ということでしょうか?

今は安定しているようです。
あぁ…。

私 仕事に戻らないと。
えっ?

大事な会議がありますので
どうぞ よろしくお願いします。

大変ですよね シングルじゃ。

うん。

あっ 高森

また白夜いないんだけど。

また?

何だよ。
話を聞きたいです。

どこも悪くないってば。

吐き気や頭痛はありませんか?
めまいは いつからですか?

うるさい!

あっ。

ロボットですね。

かっこいい。

えっ?

かっこいいです。

このロボは世界で一番強くて
かっこいいんだ。

はい。

目からビーム光線は出ますか?

えっ?

この文献に目からビームが出る
ロボットの記述があります。

≪(優馬)こうやって変身させると
こっから…。

やっぱり中にいるみたい。
≪なるほど。

あいつ 勝手に何やってんだ?
≪すごいです。

ははははっ お前 変わってるな。

変わってる… 変化していますか?

あれ? 何か 打ち解けてる?

お前 俺の家来になれ。

ケライとは何ですか?

俺の言うこと何でも聞く人。

なります。

(優馬)じゃあ
3回 回って ワンって言え。

3回 回って ワン。

回るの。
あっ…。

あの 白夜?
これ 今 どういう状況?

岡本優馬さんの家来になりました。

ワン!

♬ 安寧も安楽もどうだっていい

♬ 後悔の人生だとしたって
いいからさ

♬ この目が潤む病の
理由は何なの?

優馬さんが言うには

頭痛や吐き気といった症状は
ないそうです。

(仙道)脳は異常なしと
判断していいだろう

後は頼む。
(沙月)ありがとうございます。

白夜さん グッジョブ。

だとすると…。

血液検査の結果はどうですか?

貧血の可能性があります。

本人が嫌がるので
まだ必要最低限の検査しか。

いちいち やっかいだな。

いつまでもガキを甘やかすから
診断が確定しないんですよ。

♬~

交渉をしよう。
えっ?

私たちは
君の血液検査をしたい。

だから 何ともないって。
なるほど

注射が怖いというわけだ。
えっ?

なら 睡眠薬で眠らせてから
注射をしても…

あぁ でも まずいな。

注射が怖くて薬で眠ってたなんて
うわさが流れたら

地域一帯に広まり 君の孫の代まで
笑われ続けることになる。

それは嫌だろう?

うっ…。

(夏樹)よし いい子だ。

♬~

(沙月)あんなに拒んでたのに。

(佐久間)
夏樹先生は皮膚科でありながら

外科の知識もあって

なおかつ へ理屈の
プロフェッショナルなんです。

夏樹先生 すごいですね。
あぁ~。

ていうか 俺 何もしてねぇ。

≪佐久間先生!
力を貸していただけませんか?

佐久間先生にしか頼めなくて!
えっ 俺?

「『ワニくん ワニくん
いっしょにかえろう』

クマくんが
そう こえを かけると」…。

「『おれは
ひとりで かえるんだ!』と

ひとりで スタスタ
あるいていってしまいました」。

行かないで~。

俺にしか頼めないって これかよ。

ダダダダダン!
あっ 痛い痛い。

悪者 成敗!
あぁ~ だめ

こらこら こら!こらこら こら…。

≪(田辺)あの~ すいません!

すいません!あの~

こちらに白夜という女性が
働いてると聞いたんですが。

あぁ~ はい。

あの子の保護者として

引き取りに参りました。
えっ?

(歯科医)歯ぐきが下がる原因は

磨くチカラが強いからかもしれません

(上戸)
そこで! チカラの入れすぎを 音でお知らせ

≪これなら チカラを気にせず 磨けますね≫

大人のための予防歯科

♬~クリニカ《NEXT STAGE》

(濱田)ちょっとー!
この除菌できる洗剤 速乾じゃない!

《フキンの菌が 食器につくかも!?》

除菌できる洗剤は 速乾でしょ!

置くだけで乾いてく 《清潔》

《「速乾+」 カラッと除菌!》
<スプレー登場!>

白夜さんの
お母様でいらっしゃいますか?

(田辺)あぁ いえ 違うんです。

あの子は両親を早くに亡くして

私どもの施設で
暮らしていたんです。

施設?

どうぞ お座りください。
(田辺)失礼します。

それが ある日
行方をくらませてしまって

もう ほんとに心配してて。

けど つい先日
こちらの病院に通ってた知人が

白夜さんに似た女性が
働いてるのを見たって。

是非とも
会わせていただけますか?

あっ もちろんです。
あっ。

ははっ 良かった。

あぁ… まあ。
≫コンコン コン!

失礼します。

(吉崎)失礼します。

久我山署の吉崎といいます。

先日から こちらの田辺さんから
相談を受けていまして。

(田辺)
わざわざ すいません。 どうぞ。

(優馬)
おい!家来。 コーラ買ってきて。

甲羅? 亀ですか?

はぁ~ もういい。

はい!

この文献にロボのヒーローは

仲間のサポートを受けるケースが
多いと書いてありますが

そのロボに仲間はいますか?

このロボは1人で戦う
超すげぇヒーローなんだ。

♬~

どこへ行くのですか?

トイレだよ。

尿ですか?

うるさい!

西島先生。
ん?

それ…。
あっ これは マイカップ。

コーヒーはマイカップで飲むと
決めていてね~ ふふふっ。

貸してください。
(西島)えっ? ど… どうするの?

採尿します!

採尿ね

採尿!?

では その白夜という方は

記憶を失ってしまっていたと?

あっ でも
医療のことは すごく詳しくて。

あの 彼女は なぜ
あんなに詳しいんでしょうか?

≪(田辺)
彼女は いろいろと特殊でして。

≪(吉崎)
まあ 話は一旦 置いておいて

ひとまず
会わせていただけませんか?

話を伺う限りは その方に
間違いないと思いますので。

わかりました 今 連れてきます。

そんな顔しないで。
良かったでしょ?

ああ。

ありがとうございます。
(西島)えっ?

血尿が排出されるのを
目視で確認しました。

目視?
ん? 何か…。

血尿に上腹部痛
腎疾患の可能性があります。

腎臓か…

とりあえず
超音波検査を行なうべきか。

(西島)あの これ…。

白夜さん ちょっと来てくれる?

では よろしくお願いします。

あの これ…

ほんと… ほんとに?
ほんとに? これ。

(夏樹)佐久間先生 どうした?

顔色が悪いが。

いや…

あの 実は…。

お待たせしました。
白夜さん。

あぁ…。

(田辺)元気で良かった。

もう!みんな心配してたのよ。

所長も… ははっ 帰りましょう。

これまでお世話になりました。

行きません。
えっ?

私は あなたのことを知りません。

あぁ… 本当に記憶がないのね。

いえ
私は あなたのことを知りません。

(田辺)白夜さん…。

ううっ… かわいそうに。

うん 大丈夫よ
心配しなくていいわ。

帰って みんなに会ったら…。
すいません ちょっと。

(田辺)すっかり思い出すから。

♬~

あの~ 本当に大丈夫でしょうか?

えっ?
あっ… 何と言うか

ここまで関わった以上 心配で。

あっ 先日 捜索願いを受理して
私も確認してますので。

捜索願いを…。

あぁ それと

失踪届や捜索願いのデータを
一とおり見たけど

白夜さんに該当しそうなものは
なかった。

(吉崎)どうしました?
あっ…

ちょっとすいません。

いや 白夜さんらしき捜索願いは

出てなかったはずだけど。
どう思う?

その警官から捜索願いの
管理番号を聞き出して

すぐに俺に教えて。

それで裏取りは
できるはずだから。

管理番号…。

わかった 確認してみる
また連絡するわ。

♬~

あの人たちは?
あぁ… 施設の人に電話するって

警察の人と一緒に。
白夜は?

えっ? あっ…。

♬~

♬~

≪(エンジン音)

♬~

♬~

あぁ~。

はぁ~。

≪将貴!

はぁ~ 白夜。

えっ そちらの職員じゃない?

あっ じゃあ 白夜という女性は?

そうですか。

ありがとうございます。

どうなってんだ?

検査の結果 優馬君は片腎症

生まれつき 腎臓が
1つしかないことが判明しました。

そのせいで
腎性貧血を起こしたようですね。

(夏樹)つまり 腹痛の原因は

1つしかない腎臓の
肥大によるもの。

なら 必要に応じて
輸血をしながら

腎不全の予防をしていけば
問題ないでしょう。

(西島)診断確定ですね。

(夏樹)しかし まあ
隠し通す気だとは驚きですよ。

はい?
ん?

白夜さんのことです。

聞けば 公園で拾った
身元不明の女性だそうですね。

狩岡君の親戚だというのは
うそっぱちだったわけだ。

すみません。
彼女のためにも 当院のためにも

ここで働いてもらうほうがいいと
院長が判断したんです。

≪(夏樹)身元不明の女性を置いて
もし 何か問題を起こせば

チーム全員が
責任を問われることになる。

よくもまあ
そんなリスクを我々に。

(佐久間)でも 白夜さんは
どうなっちゃうんですか?

保護者の方が
来られたんですよね?

それが… 人違いだったみたいで。

人違い?
はぁ~ 何がどうなってるんだか。

今後の活動については
考えさせてもらいますよ。

♬~

まあ 何より今は
身の安全を第一に考えよう。

もし不安なら
しばらく病院には行かなくても…。

岡本優馬さんですが

片腎症だけでは
血尿の説明ができない気がします。

ふっ… そっちで悩んどんのかい。

(晴汝)お兄ちゃん
私のヨーグルト食べたよね?

あぁ~ いや?

私が買って 取っておいた
ヨーグルトだよね?

何で?
お兄ちゃん 買ってないよね。

何で平気で食べれんの?
あれ 何だろ

夜中の魔法っていうのかな。
はぁ~ 何 その言い訳。

もういい。 白夜さん
私 お兄ちゃんと絶交するから。

えっ?
ゼッコウとは何ですか?

もう死ぬまでしゃべらないし

もう兄でも妹でも家族でも
何でもないってこと。

わかりました。
わかるなっつうの。

だから それどころじゃなくて
白夜が

さらわれそうになったの。

えっ?

何? それ。 大丈夫なの?

お兄ちゃん 絶対守ってあげてよ。
うん。

私もできるだけ協力するから。

白夜さん
心配しなくていいからね。

はい。
(晴汝)うん。

(着信音)

おっ 電話。
うん。

ん? ふふっ どうした?

絶交をしたのでは?
あっ…。

しばらく
病院周辺の警備を強化するよう

掛け合っておいたから。
まあ 失敗した以上は

二度と来ないだろうけどな。
助かるよ。

あっ それと
今日来た吉崎って警官だけど。

まさか偽者か?
いや 実在はしていた。

けど
本日付けで退職したらしい。

ふっ… いや どういうことだよ。

この件の裏には

1人の警官を
駒として操れるくらいの

大きな力が絡んでるのかもな。

(晴汝)そんな簡単に
縁切れたりしないから。

何だかんだ けんかしても
すぐに けろっと仲直り。

家族なんて そんなもんだから。

でも 優馬さんは違います。

優馬さん?
患者の男の子です。

お母さんのことを

来なくていい どうでもいいと
言っていました。

(晴汝)それは強がりだね。

強がり。
うん。

その子は
素直じゃないだけだと思うよ。

だって家族だもん。

よくわかりません。
えっ?

私には家族がわかりません。

♬~

はぁ…。

(晴汝)白夜さん
ほんとに今日も病院行くの?

大丈夫?
仕事があるので。

けっこう頑固なんだよな。
でも まあ

みんなに見てもらってるほうが
安全だろ。

だから 今日は予定どおり3時で。
うん わかった。

お花は私が買ってくから。
うん。

お花?
(晴汝)うん お墓参り。

≫(ドアの開閉音)

(仙道)何してんだ?

オペです 頭部に甚大な損傷が。
これでも

外科研修では褒められたことも
あったんですけどね~。

(佐久間)はい。
すごい!

先生 かっこいい。
名医だね。

ははははっ。 直ったら ここを…。

佐久間先生は かっこいいですか?

えっ?
いや そういうのは

感じ方が人それぞれだから。

まあ かっこいいとは
よく言われるけど。

あっ…。 それより 昨日のこと
あんま気にしなくていいから。

まあ 正体不明って言われたら
そりゃびっくりするけど

俺は君の味方だから。

正義の味方ですか?
かっこいいです。

あっ まあ そういうこと。

≫先生!

大変です 優馬君が。

≫先生 すぐ来るからね
ちょっと待ってて。

(沙月)優馬君?
先生。

(沙月)大丈夫? 力抜いてね。

ここが痛いかな?

ここは痛い?
はぁはぁ…。

ここまでひどい腹痛となると
腎臓とは別の原因ですかね。

夏樹先生 どう思われますか?
(夏樹)う~ん

胃腸炎か 炎症性腸疾患あたりを
併発してるか

1つずつ 検査で潰していく必要が
あるでしょう。

その必要はないと思います。
えっ?

どうやら
後は彼女に任せれば大丈夫そうだ。

夏樹先生。
悪いが

彼女と一緒に
ディスカッションする気はない。

ここに小さな影が見えます。

尿の細胞診により
診断が確定します。

♬~

腎腫瘍…。
悪性の腫瘍で

恐らく ウィルムス腫瘍と
呼ばれるものです。

血尿が増えており
緊急の腎摘出が必要です。

摘出?
優馬君は

1つしかない腎臓にも
問題があり

人工透析で
経過を見ることになるのですが

いずれ 移植が必要となります。

ドナー登録者から
移植者を探す形だと

時間がかかるため
もし お母さんの腎臓を…。

私がドナーになります!

私の腎臓を使ってください。

あの子をどうか…。
≫(ドアの開閉音)

≫失礼します。 先生 優馬君が。

≪(優馬)嫌だ!嫌だ!

絶対に手術なんてしない!嫌だ!
(沙月)優馬君 落ち着いて。

(優馬)嫌だ嫌だ 嫌だ。

白夜さん 勝手に本人に話したの?

はい。
(優馬)お母さんの腎臓なんて

絶対にいらない!

優馬…。
(優馬)嫌だ!嫌だ うっ。

嫌だ!嫌だ嫌だ…。

どうかしてる。
≫(優馬)嫌だ!

(真壁)どうかしましたか?

CDTに何か問題でも?

あぁ いえ。

ひょっとして
雪村白夜さんが何か?

いえ 何でもありませんから。
大丈夫です。

問題は困りますよ
CDTの皆さん。

すみません。 本人への告知が
適切になされていれば もっと…。

(絵美里)いえ。

(絵美里)私は
この子に嫌われてしまってるから。

私が きちんと
愛情を注げてなかったから。

あの

1度 本人とゆっくり話してみては
いかがでしょう?

1人で病気と闘うって
つらいことだと思うんです。

本当は
家族に甘えたい年頃でしょうに。

1人ではありません。
えっ?

優馬さんには味方がいます。

これです。

いつも優馬さんは
このロボットと一緒です。

苦しんでいるときも
握りしめていました。

あのね 今は
そういう話をしてるわけじゃ…。

ううっ…。

お母さん?
思い出のおもちゃなんです。

亡くなった この子の父親との。

(絵美里)去年の夏祭りに射的で。

(優馬)

(健司)

(優馬)

(絵美里)
この子にとって父親はヒーローで。

あの人が死んで
私がその分 支えなきゃって。

でも 毎日精いっぱいで。

この子に
何にもしてやれなかったから。

(絵美里)ううっ だから…。

♬~

晴れて良かったな。
ねっ。 いい天気。

ねっ。
うん。

あっ…。

♬~

おじさん。

♬~

あっ はぁ…。

何でいるんだよ。
家来だからです。

そっか。

優馬さんの本当のヒーローは

この人ですよね。

かっこいいは人それぞれです。

お父さんは
どこが かっこいいですか?

教えてください。

♬~

家族って何なんですかね。

いいことばっかりじゃ
なかったのに

振り返ると
いい思い出しかなくて。

(巌)愛情ってもんは

近くにいるときには
感じにくいもんなんだ。

ふっ…
家族っていうのは やっかいだよ。

私たちは おじさんの愛情を
感じてたけどね。

私たちを引き取ってくれた
その日から。 ねっ お兄ちゃん。

そうだな。 ほんとに感謝してます。

家族だって思ってるし。
まあ お兄ちゃんは

麻里亜さんと急接近できたしね。
あっ おい 余計なこと言うな。

(晴汝)ふふふっ。
そんな君たちが今

白夜さんを引き取り
一緒に暮らしてる。

ふっ 不思議なもんだね。

私たち
あの子を守るって決めたんです。

一緒に暮らした以上
もう家族ですから。

そうだね。

はぁ~
白夜さんを守ってやってくれ。

はい。

♬~

優馬君?
(絵美里)優馬?

優馬君?
(絵美里)優馬? 優馬?

(晴汝)白夜さん 何かあったの?

岡本優馬さんがいなくなりました。
えっ?

(字幕)
ハーブの多くは荒地に自生していた。

草食動物から身を護るためか。

昆虫を誘うためか。

彼らはその遺伝子に強い個性をもった。

いつものサラダにハーブの葉を

ちぎって散らす。

不意に野生の風が吹く。

や~だ。

(佐久間)
みんな 優馬君 見なかった?

知らな~い。
知らな~い。

(佐久間)
どっか行きそうな場所 知らない?

ねえ 白夜さん ほんとに
どこへ行ったか聞いてない?

知りません。

あの子を一番よく見てたのは
白夜さんだと思う。

話したこと全部聞かせて
どんなことでもいいから。

言えません。
えぇ~?

約束ですから。
白夜さん

優馬君って子 助けたいんでしょ?

だったら 約束より
命守るほうが大事なんじゃない?

命守る?
(晴汝)それが本人のためにも

お母さんのためにも
なるんだから。

話したこと全部教えて。

(絵美里)
お願いします どうか あの子を。

♬~

優馬さんが言っていました。

お父さんが かっこいいのは

お母さんを
笑顔にできるからだって。

どんなときでも すぐに
お母さんを笑わせちゃうんだ。

でも
お父さんがいなくなったら

お母さんは…。

いつまで起きてんの
もう寝なさいって言ったでしょ!

(優馬)

はぁ~ 優馬 ごめん 遅くなって。
すぐ何か作るからね。

(優馬)大丈夫だよ
カップラーメンあるから。

♬~

もう
お母さんに迷惑かけないって。

だって
毎日 すげぇ頑張ってるから。

ううっ…。

それで病気のことも隠そうと。

お母さんの腎臓なんて
絶対にいらない!

はい。

♬~

(佐久間)
こっちです 見つけました。

優馬。

優馬さん 手術をしましょう。

しないって。

それが
お母さんのためにもなります。

君は立派だよ。

家族を守ろうとするなんて
ヒーローみたいで かっこいいよ。

けど

お母さんのこと
ほんとに守りたいなら

君は これからもずっと

お母さんのそばに
いてやらなくちゃだめだ。

そのために君が今
闘わなくちゃいけないのは?

この病気だろ。

だけど…。

優馬さん 紹介します。

♬~

仙道先生は
とても優秀な脳外科医です。

かっこいいです。

何だ いきなり。

西島先生は失敗も多いですが

かわいい精神科医です。

か… かわいい?

夏樹先生は内科も外科もできて

経験豊富で
チームのことを考えている

かっこいい医師です。

高森先生は
かっこいいリーダーですし

佐久間先生も よく
かっこいいと言われるそうです。

(佐久間)いや 言い方…。

CDTは最高のチームです。

♬~

この文献と一緒です。

優馬さんには
頼れる味方がついています。

♬~

だから病気に勝てます。

お母さんを守れます。

白夜さん。

優馬。

♬~

お母さんのこと

考えてくれてありがとう。

でもね お母さんは

あなたに
ず~っと元気でいてほしい。

だから手術を受けてほしいの。

手術しても

お母さんは元気でいられる?

ふふっ。

大丈夫。

だから優馬 病気に勝って…。

ず~っとそばにいて。

お母さん。

ううっ… お母さん!

(優馬)お母さん!ううっ…。

♬~

私も高森院長の言うとおり

白夜さんにしか持てない視点が

このチームに必要だと
考えています。

白夜さんに これからも

力になってもらうつもりです。

信じてみるつもりです。

♬~

(佐久間)えっ?

脳室腹腔短絡術

勉強しとけ。

今度のオペで
助手を頼むかもしれない。

外科に来い。

えっ… はい!

医者にリスクと新人のお守りは
付き物ですから。

♬~

(西島)
後は夏樹先生がどうされるか。

私はコーヒーは
Kilimanjaroと決めてるんだ。

買い直してくれ。

これから毎日飲むだろうしな。

(佐久間)やった。
(西島)ははははっ。

(佐久間)
キリマンジャ~ロ買ってきます!

良かったな。

いえ。
ん?

コーヒーは苦いですし

カフェインの過剰摂取は
中枢神経系の…。

あっ…
あの そういうことじゃないから。

あの あれは
うん てれ隠しみたいな?

うんうん。
ねっ うん。

あっ 優馬君
手術受けるんだって?

はい。
あぁ~ 何かうれしそう。

うれしい… ですか?

白夜 いい仕事したもんな。

うれしいときはハイタッチ。

んっ。

んっ。

はい!はははっ。

行こ行こ。

♬「心という名の不可解」

CDT

それは個性が衝突し合う

危ういバランスのチームである。

だが いびつだからこそ

かみ合ったときの結束力は強く

未知なる力を発揮する。

そんな
無限の可能性を秘めているのだ。

♬~

♬~

白夜 寒くないか?

命は

何のために守るんでしょうか。

えっ?

家族のためでしょうか。

♬~

なあ 白夜。

君の記憶のことなんだけど。

あのときの反応…。

(田辺)

いえ

私は あなたのことを知りません。

君は やっぱり 自分の過去を

少し覚えてるんじゃないかな。

聞かせてくれないか?

君を守るためにも

なぜ追われているのか
君の身に何が…。

私には わかりません。

おやすみなさい。

♬~

ん?

もしもし?

久しぶり 将貴。

ん?

俺だよ

高森勇気だ。

勇気さん?
(勇気)白夜のこと

ほんとにすまないと思ってる。

危険な目に遭ったみたいだが
もう大丈夫だ。

改めて警告した。

俺が逃げ続けている限り

白夜に危険が及ぶことはない。

えっ
勇気さん 今どこにいるんすか?

白夜に聞いても何もつかめなくて。

彼女は真実を知らない
何を聞いても無駄だ。

真実?

将貴 お前は詮索しなくていい。

もうすぐ俺が決着をつけるから。

1人で抱え込まないでください。

俺だって これでも
ジャーナリストです もっと…。

だめだ。

踏み込んだら お前も

殺されるかもしれない。

♬~

私にもできますか?

♬ あぁ~ あぁ~
あぁ~ あぁ~ あぁ~

(佐久間)俺が医者を目指したのは
先生のおかげですから。

これが歌? 誤診です。

佐久間先生に従うべきです。

(浜辺)樹林伸さんによる
原作本シリーズ

3冊セットを抽選で20名様に
プレゼントいたします。

詳しくは番組ホームページまで。