ドクターホワイト #09【最終章…遂に強敵と対決▽妹が体調急変…仲間と救え】[字][デ] …のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

ドクターホワイト #09【最終章…遂に強敵と対決▽妹が体調急変…仲間と救え】[字][デ]

最終章に突入!白夜(浜辺美波)を狙う魔の手…大切な人を守りたい将貴(柄本佑)が強敵と直接対決▽晴汝(岡崎紗絵)の体調急変!悲しき命のカウントダウン…チームで救え

出演者
浜辺美波 
柄本佑 
瀧本美織 
岡崎紗絵 
片桐仁 
高橋努 
高橋文哉
 ・ 
勝地涼 
宮田俊哉 
毎熊克哉
 ・ 
小手伸也 
石橋凌
ご案内
【公式ホームページ】
https://www.ktv.jp/dr_white/ 

【公式Twitter】
https://twitter.com/dr_white2022 

【公式Instagram】
https://www.instagram.com/dr_white2022/
番組内容
雪村白夜(浜辺美波)を狙っているのは実業家の海江田国男(石橋凌)――。狩岡将貴(柄本佑)が白夜にまつわる全ての真相に海江田が関係していると確信した矢先、奥村淳平(宮田俊哉)が突然異動を命じられ、狩岡晴汝(岡崎紗絵)も何者かに連れ去られそうになる。白夜は、腫瘍が悪化している晴汝にこれ以上ストレスをかけないためにも、騒動の発端となった自分は施設に戻ると言い出し、2人は初めてケンカに。
番組内容2
自らの危険を顧みず、互いを守りたい一心でぶつかり合う白夜と晴汝の姿を見た将貴は、平穏な日常を脅かす海江田への怒りを抑えきれず、1人で海江田の元へ乗り込む。

海江田は将貴を歓迎するそぶりを見せながらも、核心をつく質問には答えをはぐらかし、一方で、牙をむく将貴を静かにけん制する。それでも、海江田の反応からある一筋の光を見つけた将貴は、急いで淳平に連絡。
番組内容3
しかし電話口の向こうで、淳平と一緒にいた晴汝が倒れてしまう。

病院に運び込まれた晴汝は脳動脈瘤が破れ、一刻の猶予も許さない状態。高森巌(石坂浩二)に続き、再び大切な人を失うかもしれない恐怖にさいなまれた白夜は、かつてないほど取り乱して!?

白夜は一体、何者なのか!?海江田は彼女の秘密にどう関係しているのか!?
全ての真相が明らかになるクライマックスへ!
スタッフ
【原作】
樹林伸『ドクター・ホワイト』シリーズ(角川文庫 刊) 

【脚本】
小峯裕之 

【音楽】
福廣秀一朗 

【主題歌】
Ado「心という名の不可解」 
作詞作編曲:まふまふ 
(ユニバーサル ミュージック) 

【プロデューサー】
河西秀幸 
小林宙 

【演出】
河野圭太 

【制作】
関西テレビ 
共同テレビ

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 晴汝
  2. 白夜
  3. 淳平
  4. 仙道
  5. 海江田
  6. 真壁
  7. 佐久間
  8. 西島
  9. 勇気
  10. 夏樹
  11. 家族
  12. 大丈夫
  13. 将貴
  14. お前
  15. 古川
  16. 手術
  17. 水橋
  18. 脳動脈瘤
  19. 連絡
  20. 絶対

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気の配信サービスで見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のある配信サービスがありますので、以下バナーなどからラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。



created by Rinker
ポニーキャニオン

(狩岡将貴)白夜が。

(高森麻里亜)2, 000万人に1人の
希少血液の持ち主よ。

彼女自身を

研究目的のモルモットとして
売り飛ばそうとしてたら

巨額の金が動くことになるな。

人身売買ってこと?

海江田が白夜を狙ってる。

(巌)白夜君

君は生きるんだ。

手術 成功したって。

(雪村白夜)これが命ですね。

これが…。

♬~

昨日 ミレニアム通信の
海江田国男会長が

遺伝子医療専門の研究施設に

20億円の寄付を行なうことを
明らかにしました。

(海江田)
利益は未来の命のために。

(海江田)
それが私のモットーです。

(海江田)特に再生医療には
無限の可能性が秘められており…。

(三田村)
おい 山田 後で会議室に頼むわ。

はい 15時で。
(三田村)ほい。

あぁ~ 三田村さん。

海江田に取材させてください
直接 話聞きたくて。

ははっ
うちみたいな弱小出版社が

相手にされるわけないだろ。

彼は闇ビジネスに
手を出している可能性がある!

お前 ちょっと来い。

お前 この会社を潰す気か?
えっ?

お前もプロのライターなら
わかるだろ

目をつけられたら

この出版社が一瞬で吹き飛ぶ。

海江田っていうのは
そういう相手だ

諦めろ。

ちっ はぁ~。

(マナーモード)

はぁ~ どうした? 淳平。

(淳平)悪いニュースだ。

何だよ?

異動になった。

俺は もう 刑事じゃなくなる。

♬~

♬~

(佐久間)えっ じゃあ
徳川家康も知らないの?

知りません。
(夏樹)これは だいぶまずいな。

ん?
日本史の知識は壊滅的か。

(西島)そもそも 江戸時代を
知らないんじゃないかな。

杉田玄白が「ターヘル・アナトミア」
という医学書を翻訳し

「解体新書」として出版したのが
江戸時代です。

(仙道)
やはり 医療分野には強いわけか。

(夏樹)相変わらず謎だ。

(佐久間)ナポレオンは知ってる?

パスタですか?

(佐久間)う~ん それはナポリタン。
(夏樹)ナイチンゲールは知ってるか?

ナイチンゲールは
クリミアの天使とも呼ばれた

イギリスの看護師で…。
おぉ~。

(夏樹)やはりな。
なるほど。

(西島)あっ
ペペロンチーノは知ってるかな?

いや
パスタの話を混ぜないでください。

今 これ 何の話?
(西島)おぉ~ ちょうど良かった。

ん?
白夜さん

将貴に報告してあげたら?

何?

あれから 院長に言われたことを
考えてみました。

(回想 巌)生きて

命をつなぐんだ。

私は これからも
多くの命を救いたい。

そのために医大を受験します。

医大?

(佐久間)人生を
再スタートさせるみたいです。

(仙道)基礎教養もないし
手続きなどハードルも多いが…。

白夜さんなら越えられるでしょ。

それって つまり?

私は普通のお医者さんになります。

♬ 安寧も安楽もどうだっていい

♬ 後悔の人生だとしたって
いいからさ

♬ この目が潤む病の
理由は何なの?

♬~

(淳平)普通の医者になる… か。

何か すげぇ刺さったっていうか

白夜にとっては普通っていうことが
価値のあることなんだって。

これまでは
監禁生活だったわけだもんな。

うん。 白夜の夢

絶対かなえてやりたいって思った。

(晴汝)白夜さんなら
絶対合格するでしょ ふふっ。

はい マンゴー。
(淳平)ありがとうございます。

(晴汝)白夜さ~ん
マンゴー こっち来て食べる?

≫食べます 行きます。
(晴汝)ふふっ。

で? 異動って何でなんだよ?

上の人間に

高森勇気の横領が
ミレニアム通信によって

仕組まれたものじゃないかと
話した。

その直後 内示が出た。

はっ… そんな。

ふっ もう 露骨すぎて笑えるよ。

まあ でも これで
しばらく自由に動けそうだ。

なあ 将貴

海江田はクロだ。

確実に白夜さんの件に絡んでる。

でも
攻めるなら証拠を突きつけなきゃ。

でなきゃ こっちが潰される。

わかってる。
そもそも

あの資産1兆ともいわれる男が
闇ビジネスに手を染める

その理由がピンとこないんだよな。

(晴汝)あっ 白夜さん ふふっ。

はい これ マンゴー。 食べて。

新しいお皿ですね。

(晴汝)そうそう 1個 落として
割っちゃったんだよね。

落とした?

えっ?
いや えっ やだやだ 違うよ?

あの べつに あの…
洗ってるときに つるっとだよ。

あっ 安いやつだったし。

(仙道)確かに 脳動脈瘤は
ゆっくりと悪化している。

やはり…。

何で言ってくれなかったんですか。

心配させたくないからと
本人から強い希望があったんだ。

実際 強いストレスだけ
気を付けていれば

日常に支障はない。

♬~

白夜?

私は

わかっていなかったの
かもしれません。

ん?

私にとって
晴汝さんは憧れでした

いつも笑顔で明るくて。

でも 本当は

いつも怖さと
闘っていたのかもしれません。

そうだな。

何もできないのが何ていうか…。

悔しい?

将貴さん

私は晴汝さんを助けたいです。

もしもし?
ブチッ

切れた。

何だ?

白夜さん ごめん
急患の診断 手伝ってくれる?

わかりました。

ビービー ビービー!(通知音)
ん?

このアプリで俺に2人の居場所
伝えられるようになってるから。

♬~

はぁ… くそ!

あっ 救急車。

いや 違う。

何だ? 何が起きてる?

(マナーモード)

晴汝 どうした?

(晴汝)はぁ…。
晴汝!

お兄ちゃん 助けて
私 追いかけられてる。

今すぐ助けにいく。

何とかして逃げろ。

きゃ~!嫌~!

嫌!
晴汝!

(晴汝)嫌!あぁ~!
うわ!あっ…。

≪(エンジン音)

あっ… きゃ~!

嫌 嫌~!

あぁ~!
≫(足音)

≫(淳平)うっ。
うわ!

(淳平)はぁ… 大丈夫ですか?

(晴汝)あっ… 淳平さん。
≫うりゃ~!

(淳平)うっ。
うっ… おら!

おっ。
(淳平)おら!

うぅ~!うっ。

うっ…。
(淳平)何者だ?

誰の指示で動いてる?
≫(足音)

(淳平)うっ うっ…。

はぁ… うっ。

あっ きゃ~!

♬~

♬~

くそ。

(淳平)晴汝ちゃん?

(晴汝)はぁはぁ はぁ…。

(淳平)
ほんと 無事で良かったです。

(晴汝)
あっ… 淳平さん ほんとありがと。

(淳平)俺にもSOSが来るよう
設定してあったんで。

なっ?
おかしいだろ。

こんなのおかしいだろ!
将貴

落ち着けって。
だって 何で晴汝が…。

いや… 私は大丈夫だから。

なあ 相手の手がかりは?

ナンバープレートは
偽装されていた。

上に話を上げたけど
どうにも動きが鈍い。

何だよ それ。

俺は海江田の差し金と見て
間違いないと思ってる。

その人たちは
私を連れ戻したいんですよね?

えっ? ああ。

なぜ私ではなく 晴汝さんを
連れ去ろうとするのですか?

それは

勇気さんが逃げている間は
手を出せないから

近い人間を利用しようと。

私のせいで晴汝さんが
危険な目に遭うのは絶対に嫌です。

そんなふうに
考えなくていいから

白夜さんが
悪いわけじゃないでしょ?

そうだ。
(晴汝)私たちは家族なんだから。

余計な気 遣わなくて大丈夫。

なら 晴汝さんだって

症状のことを
隠さないでほしいです。

えっ?

症状が悪化していること
私たちに隠してますよね?

私は晴汝さんを助けたいです。

私のせいで
ストレスがかかるなんて嫌です。

それなら
元の施設に戻るほうがいいです。

(晴汝)何言ってんの?
白夜 落ち着け。

(晴汝)命が懸かってるんでしょ?
そんなの絶対だめ。

それは晴汝さんも同じです。

私は白夜さんを守るって決めたの。

これは もともと私の問題です。
晴汝さんには無関係です。

(晴汝)無関係って 家族でしょ?

家族じゃないです。

本当の家族じゃないです。

白夜!
2人共 一旦…。

そうだよね。 じゃあ
お互い 勝手にすればいっか。

おい 晴汝。
(淳平)晴汝ちゃん?

白夜。

お風呂入ります。

♬~

参ったな。

何でだ?

白夜も晴汝も
ただ普通に生きたいだけなのに。

何で こんなことになってんだ。

明日 もう1度
上と掛け合ってみる。

海江田への疑惑を
刑事部長に直接…

あっ いや だめか

下手に警戒されたら…。

♬~

「月刊メディカルサーチ」の
狩岡です。

海江田会長とつないでください。

アポイントはお取りでしょうか?
狩岡将貴が来たと言えば

通じるはずです。
ですが…。

バン!
いいから今すぐ会わせろ!

≪狩岡将貴君か?

(海江田)確か 高森総合病院で

密着取材を
してるんじゃなかったかな?

君の記事 読んだ記憶があるよ。

私に何か?

ん?

Rh null型の血液に絡んだ

違法ビジネスについて
聞かせてください。

いいね

いいジャーナリストの
目をしている。

ははははっ。

(海江田)若手のインタビューに
応じるのは久しぶりじゃないかな。

最近の子は私を前にすると

はははっ 震えてしまってね。

君のような気概のある記者と
話してみたかったんだ。

まあ 座りたまえ。
ピッ

録音させていただきます。

で? 何から話そう。

Rh null
ゴールデンブラッドを持つ

白夜という女性を
監禁していましたよね?

目的は金ですか?

ふっ

不意を突くのは いい手ではあるが
何のことだ?

今更とぼけないでください。

あんたが白夜に
目をつけていることは知っている。

白夜を
何とか連れ戻したいんだろうが

そうはさせない。

憶測も結構だが
無礼が過ぎるんじゃないかな?

何か証拠でも?

認めないなら徹底的に探るだけだ。

あんたの全てを。

裏で どんな
汚いビジネスをしてきたのか

あんたが
誰とつるんで何をしているのか

その人間関係 家族についても。

奥様 早くに亡くされていますね?

ネット上のうわさでは
隠し子がいらっしゃるとか。

ふぅ~。

君は命が惜しくないのか?

脅しですか?

いや 一般論だよ はははっ。

その向こう見ずな態度を見て
ふと不安になったんだ。

そんなやり方では
君の家族が心配だ。

妹は晴汝さんだったかな?

脳に病気を
抱えているそうじゃないか。

次に妹に手を出してみろ
あんたを殺す。

おいおい
それこそ脅しじゃないか。

私が一体何をしたと…。

二度と晴汝に手を出すな!

もちろん白夜にもだ。

ピッ

はぁ~。

成り行き上 私も伝えておくがね。

これ以上
私の周りを嗅ぎ回るようなら

君も妹さんも雪村白夜さんも

命の保証をしない。

♬~

ははっ

今日はご苦労さま。

ははははっ。

くそ!

淳平 家族だ。
海江田の家族を徹底的に洗う。

≫(ドアの開閉音)

外来患者ですか?

(西島)新真壁院長が…。
(夏樹)真壁新院長よ。

(西島)真壁新院長が
我々に採算を取らせようと

一般外来を
受け付けることにしたそうです。

全く あのたぬき院長は…。

(仙道)だが あの人なりに

高森院長の遺志を引き継ごうと
してるのかもしれない。

(佐久間)まあ CDTは

高森院長が残した
チームですからね。

これ 返します。

えっ 返す?
何で? デート断られた?

いえ 私は将貴さんに

告白なんて
してる場合じゃないですから。

それに そんな資格ないですし。

どうして?

私は皆さんに
迷惑をかけてばかりですから。

迷惑かけていいんだよ。

その分 何をしてあげられるか
考えればいい。

でしょ?

(佐久間)言っとくけど

オペをするには
資格が必要だけど

好きって気持ちを伝えるのに
資格なんていらない。

今 伝えないと後悔するよ?

ですが…。
(佐久間)俺は

白夜さんの恋を
全力で応援するから。

はい。

はい!

はい。
はい。

ふふっ。

う~ん。

あぁ~。

(仙道)あいつ 青春してやがる。

(西島)
おじさんは今 泣きそうです。

(夏樹)また合同カンファレンスに
行くか? チュッ。

行きません。

(淳平)
いや うれしいです デートなんて。

(晴汝)
まあ お礼はしないとね ははっ。

お兄ちゃんからも
1人になるなって言われてるし。

≫お決まりですか?
(晴汝)あっ すいません

ベリーズのパンケーキで
生クリームトッピングで。

はい。
それ2つで。

かしこまりました
失礼いたします。

白夜さんの気持ち?
うん。

私が勝手に
家族だとか言っちゃったけどさ

よく考えたら 白夜さんにも

ほんとの親が
いるかもしれないんだし。

無神経だったかなって。

いや そんなことは。

うん。

家族とか幸せとか
そういうのって

人に押しつけられるもんじゃ
ないでしょ?

けんかはしたけど 白夜さんには

自分なりの幸せを
手に入れてほしいから。

だから 私に何かあったら

白夜さんのこと
よろしくお願いします。

何言ってるんですか。
いや そりゃ だって

何があるかわかんないでしょ?
お願いね。

(淳平)じゃあ
俺からも1ついいですか?

いつ何があるかわからないんで。

何?

俺と

つきあってください。
えっ?

俺 なるべく
晴汝ちゃんのそばにいたいです。

何があろうと近くで支えたいです。

♬~

それは…。

ごめんなさいかな~。

そっか。

あぁ いや
まあ そりゃそうですよね。

うん あの わかってたけど
ははっ そっか~!

あっ いいです いいです あの

気持ち伝えたかっただけなんで。
ははっ。

(淳平)そっか~ ははっ。

これ。

海江田に娘がいる?

昔の地方紙の
インタビュー漁ってたら

普通に答えてた。

「今は妻と一緒に

3歳の娘 朝絵の世話で
手いっぱいです」。

てことは多分 今は37~38歳。

けど 海江田は ある時期から

娘の情報を
プロフィルから消している。

それが今回の件と
どうつながるんだよ?

わからない。

あぁ… けど 時期的に

闇ビジネスに手を出す理由と
つながってるかもしれない。

わかった。
こっちでも掘り下げてみる。

≫ガタン!
≪きゃ~!

≪大丈夫ですか?
(晴汝)うぅ…。

大丈夫ですか?
どうしよう どうしよう。

(淳平)すいません。

(晴汝)うぅ… うっ!

(淳平)晴汝ちゃん? 晴汝ちゃん!

うぅ…。
(淳平)救急車お願いします!

≪あっ はい。
(淳平)晴汝ちゃん。

(仙道)至急 頭部CTを撮る。
はい。

晴汝!

(晴汝)はぁ はぁ…。

仙道先生。
(仙道)とにかく まずは検査だ。

大丈夫だからな 絶対助かるから。

(二宮)この大きな洗剤 すぐなくなりません?
(主婦4人)すぐなくなるのよね~

「NANOX」なら これ1本で約2倍長く使えます
(主婦A)に・・・・2倍!?

♬~
《中身が濃いからながーーーく
使えちゃう》

「NANOX」 見た目じゃないのよ 洗剤は

♬~
(新垣)《いままでの柔軟剤は 着るときには

香りが変わってた》
<そうなんです>

《香り変わらず続くのは

ただひとつ?
<「アロマリッチ」だけ>

おんなじだ

≪「アロマリッチ」 白の「アロマリッチ」 生まれた≫

♬~

(有村)<この星と未来のために
今できることって なんだろう>

<東芝は デバイスとデジタルの技術で

情報化社会の進化に貢献します>

<人と、 地球の、 明日のために。 東芝>

発売から30年

キユーピーハーフは

11回の改良がくり返された

健康な商品は

健康な生活をつくり

それは やがて健康な人生になる

しかし なぜ11回

私はLIFEを新しくする

キユーピーハーフ

(仙道)脳動脈瘤の一部が破れ

出血を起こしたようだ。

今は
出血は止まっているようですが。

(仙道)一旦の小康状態。

だが このままでは
瘤の破裂は時間の問題だ。

じゃあ…。
(仙道)緊急手術しかない。

次の出血でアウトだ。

(西島)しかし その手術が
難しいという話でしたよね?

そのとおりです。 開頭手術は
あまりに危険すぎます。

(西島)でも そうするしか。
絶対に

絶対に何か方法があるはずです。
絶対に助けます。

(仙道)落ち着け。
落ち着いています。

脈も正常です 大丈夫です。

君らしくないな。 よく見ろ。

今回の出血で
脳動脈瘤の形態が変わって

瘤の入り口が細くなっています。

これなら
コイル塞栓術が適用できます。

(仙道)そうだ。
(夏樹)確かに。

コイル塞栓術 つまり…。

足の付け根から
血管の中にカテーテルを挿入し

特殊なコイルで
脳動脈の瘤を固める血管内手術。

そう。
それなら頭部切開も必要ない。

あらゆるシミュレーションを
重ねてきたが

これは その中でも…。
≫(ドアの開閉音)

(真壁)不幸中の幸いというわけか。

真壁院長。

(真壁)だが 下手をすれば

瘤のある血管そのものが
閉塞してしまう可能性がある。

それなら ステントを併用します。

(真壁)
随分と簡単に言ってくれるが

このケースでは
かなり高度な技術を要する。

真壁院長 お願いできませんか?

私に そこまでのスキルはない。

諦めてはいけません!
真壁先生ならできます!

(真壁)落ち着きなさい。

他院の先生に頼る可能性も含め

冷静に広く方法を探るべきだ。
カチャカチャ…(キーボードをたたく音)

(真壁)
精神論で乗り切れる状況じゃない。

(佐久間)待ってください。

この病院で過去に2件 同様の
血管内手術が行なわれています。

同様の?

脳動脈瘤の位置は違いますが

どちらも成功しています。

担当医は?

どちらも高森勇気先生です。

兄なら。
(夏樹)難易度で言えば

今回のほうが格段 上だが
確かに勇気先生なら。

私のせいですね。
(西島)えっ?

私のことがなければ

勇気さんは今も自由だったのに。

白夜さん
自分を責める必要ないから。

(真壁)念のために聞くが

勇気先生と連絡は?

正直に話してくれ。

将貴が
何度か連絡を取ろうとしています。

でも つながらないみたいで。

(真壁)仙道先生

破裂までのタイムリミットについて
どう考える?

(仙道)小康状態ではありますが

最悪の場合 明日にでも。

同意見だ。

明日の昼 手術を行なう。

他の選択肢も並行しつつ

勇気先生とも
連絡がつかない場合は

私と仙道先生でやる。

真壁院長。

(真壁)私も思いは同じだ。

患者を死なせたくはない。

♬~

(牧田)失礼します。

真壁院長 警察が話がしたいと。

麻里亜先生も
一緒にお願いしますとのことです。

絶対に勇気さんの力が必要です。
わかってる。

(留守番電話のアナウンス)
留守番電話サービスセンターに接続します。

ピー

勇気さん
これ聞いたら すぐ連絡してくれ。

晴汝の脳動脈瘤が…。

脳動脈瘤から出血が見られました。

早急にコイル塞栓術による
手術が必要です。

勇気さんにしかできません。

頼む 待ってる。

伝わるでしょうか?

大丈夫だよ 大丈夫。

♬~

(水橋)警視庁捜査二課の水橋です。
(古川)古川です。

お話 伺わせてください。

勇気さんが?

あの人なら
晴汝さんを助けられます。

でも

勇気さんが捕まったら白夜さんが。

そんなこと
考えている場合ではありません。

私の命は

白夜さんに
助けられたものでしょ?

(仙道)神経症状が出ているなら

脳動脈瘤の悪化だろうな。

(仙道)いつまで

そんなことを言ってる
もう逃げるべきじゃない!

狩岡晴汝さんの症状は

ビタミンB12欠乏症によるものです。

(晴汝)
あのとき もし頭を開いてたら

もう死んでたかもしれない。

はぁ~。

だから

後は もう

運命だって思ってるから。

だめです。

生きなければ だめです。

私たち けんか中だよ?

そんなこと どうでもいいです。

晴汝さんは…。

私の大事な家族です。

♬~

だから…。

生きてください。

♬~

んんっ。
はぁ…

お兄ちゃん はぁ…。

お前の着替えとか
取ってこないとな。

明日 手術だから。

退院まで何日かかるかな。

文句とか言うなよ
あのタオルが良かったとか

畳み方が下手で
しわになってるとか。

お前 絶対言うだろ。

あれ なしだからな。

はぁ… うん。

うん。

♬~

「淳平
どうせ院内にいるんだろう」

すぐに戻るから晴汝を頼む。

(相葉) 柔軟剤をお使いのみなさん!
(主婦) はい!

♬~ 気になる衣類のニオイ

消しても消しても キリがない!

だったら これからは 「ソフラン」!

進化した防臭力で

臭くならない服に変える
「ソフラン プレミアム消臭」

♬~
(新垣)《いままでの柔軟剤は 着るときには

香りが変わってた》
<そうなんです>

《香り変わらず続くのは

ただひとつ?
<「アロマリッチ」だけ>

おんなじだ

≪「アロマリッチ」 白の「アロマリッチ」 生まれた≫

先日

高森勇気が この病院の近辺まで

足を運んだことが
確認されています。

この日は父親である

高森巌前院長が
亡くなった日ですね?

(水橋)誰か この病院に

連絡を取った者が
いるのではないですか?

高森麻里亜先生 いかがですか?

何か ご存じでは?

知りません。
(水橋)真壁院長 いかがですか?

我々も
連絡がつかずに困っているんです。

どうか
一刻も早く逮捕していただきたい。

もちろん そのつもりです。

病院周辺の警備を
強化させてもらいます。

どうぞ
よろしくお願いいたします。

警備が強化された?
(西島)なら

万が一 連絡が取れても…。

兄が手術を行なうのは
絶望的かもしれません。

そんな…。

♬~

後は…。

あっ。

(晴汝)家のこと

引き出しに入ったノートに
書いてあるから。

♬~

ふぅ~。

はぁ…。

ううっ…。

ううっ…。

ううっ… これからじゃねぇか。

ううっ… はぁ~。

ううっ…
まだまだこれからじゃねぇかよ。

はぁ~ ううっ…。

♬~

はぁ… 淳平は?

今晩 捜査を続けるそうです。

海江田という人物を追い込めば

勇気さんを
自由にできるかもしれないと。

うん… そっか。

運命。

えっ?

運命は変えられる。

将貴さん そう言ってましたよね?

そうだな。

全力で闘えば変えられるもんだ。

(真壁)このとき ステントの位置が
少しでもずれた場合…。

(仙道)早い段階でCアームの…。

大丈夫です。
(真壁)重大な後遺症が残る…。

みんな諦めてません。

(仙道)
血管の形を把握しやすくし…。

(真壁)最良のアーム角を
CTAで検討してほしい。

はい。

♬~

淳平か。
海江田の娘が特定できた。

妻とは内縁の関係だったらしく
名字が違っていた。

名前は沢木朝絵 現在 38歳。

早速 データを探ってみたら

沢木朝絵は20年ほど前から
難病を患っているらしい。

難病?
恐らくどこかに入院してるはずだ。

引き続き 探ってみる。
頼む。

はぁ… ありがとう。
(佐久間)はい。

(西島)すいません
ちょっと 顔洗ってきます。

(佐久間)はぁ…。

何か ないんですかね
俺らにできること。

他に何か…。

♬~

沢木朝絵?

あった。

プルルル…(呼び出し音)

(淳平)どうした?
海江田の娘

沢木朝絵はRh null型

白夜と同じ希少血液の保有者だ。

何だよ それ
一体どういうことなんだ?

白夜に狙いをつけたのは

ビジネス目的なんかじゃない。

あぁ… またかける。

どうした?
私を海江田という人のところに

連れていってください。
えっ?

もし その人が私をまた
監禁したがってるのなら

私を連れていけば
話し合いができるはずです。

何言ってるんだよ 危険すぎる。

勇気さんを
動けるようにするべきです。

それしかありません。

やけを起こすんじゃない。

私は
晴汝さんを失うことのほうが

ずっと ずっと怖いです。

私も闘いたいんです。

晴汝さんは病気と闘っています。

運命と闘っています。
だから 私も。

≫キンコーン キンコーン…(心電図の音)

≪(晴汝)うぅ~!

晴汝!晴汝!

うっ!うぅ…。

(仙道)晴汝ちゃん!
うっ… うぅ~。

(仙道)眼底鏡を用意。
≪はい。

(晴汝)はぁはぁ… うっ うっ。

うぅ… うぅ~。

はい わかりました。

晴汝ちゃんの容体が急変しました。

脳動脈瘤から更なる
出血があった可能性が高いです。

じゃあ 手術は…。

仙道先生と真壁院長が行ないます。

CDTです。

もしもし?

麻里亜か?

うっ…。
晴汝さん。

晴汝。
(晴汝)お兄ちゃん…。

どうした?

白夜さんを守って。

お前はどうして そう…。

自分のこと考えろよ。

(真壁)まずはセオリーどおり
ステントの挿入を試みる。

それからコイリングを進めるが

最悪の場合は
即 開頭手術に切り替える。

はい。

真壁先生 仙道先生

よろしくお願いします。

準備が整いました。

≫(自動ドアの開閉音)

待ってください!

兄から連絡がありました。

♬~

お疲れさまです。
お世話になっております。

よいしょ!こちら お願いします。

はい。

(古川)失礼。

(古川)この箱は?

(佐久間)弊社の治験薬です。
(古川)中身を拝見しても?

(佐久間)それは ご勘弁ください

ご承知のとおり こういうものは
温度管理が命ですので。

(水橋)
大事な事件を調べてますので。

(夏樹)薬剤にとって
温度管理が いかに重要なのか

ご存じないんですか? それは

金魚の水槽から水を抜けと
言っているような いや

宇宙船のドアを一瞬開けろと
言っているようなものです

こっわ!

えっ?

高森勇気? 追え!

(古川)はい!

♬~

(古川)待て!

高森!うっ…。

(古川)誰だ? お前。
(西島)誰と言われましてもね。

くそ!

(水橋)ちょっと待て。

待ちなさい!

(水橋)中 開けて。
すいません 通ります。

(夏樹)
ここでは邪魔になりますので…。

(水橋)いいから見せろ!

♬~

これは問題ですよ~

あなたの上司に
クレームを入れさせていただく。

(夏樹)ここでは

邪魔になりますので…。

(真壁)はぁ…
これ以上 待つわけにはいかない。

はぁ~。

はぁ~。

♬「心という名の不可解」

お兄ちゃん。
勇気さん。

(勇気)みんな。

♬~

変わってないな。
ばか。

ばか!

麻里亜

迷惑かけたな。

おやじのこと すまなかった。

それだけじゃないでしょ

もっと いろんなこと。

そうだな。
時間がありません。

白夜。
晴汝さんを助けてください。

勇気さん。

将貴。
Rh null保有者のリストを

手に入れた。

これで真相を暴ける。

≪(自動ドアの開閉音)

はぁ~ 急いだほうがいい

警察は
勇気先生の侵入に気付いてる。

(真壁)
始めよう 助手は私たちが務める

邪魔はさせない。

将貴

晴汝ちゃんは俺が助ける

お前は白夜を頼む。

この手術が終われば

俺は もう逃げられない。

それまでに決着をつける。

私が いたほうが
話を進めやすいはずです。

止めてもついてくるんだろ。

全て けりをつけるんですよね?

それなら一緒に闘います。

大きな覚悟が必要になる。

ショックを受けることになる。

私は知りたいです

自分が何者なのか

この命は何のためにあるのか。

将貴さんが一緒なら大丈夫です。

♬~

(着信音)

♬~

♬~

♬~

この命を犠牲にする

それが私の運命。

こんなこと許されるはずがない。

そんな
悲しそうな顔しないでください。