火曜ドラマ「ファイトソング」 第3話[字][デ]…のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

火曜ドラマ「ファイトソング」 第3話[字][デ]

恋の大反省&猛勉強!?キスは初デートでしていいですか?
追い込まれた芦田と、それぞれの思惑渦巻く中華街…片想いの恋が大渋滞!全員不器用なヒューマンラブコメ!

番組内容
手術の日まで芦田(間宮祥太朗)との“期限付きの恋愛”を始めた花枝(清原果耶)。花枝はワクワクし心が動くのを感じていた。一方“恋”を始めても曲が書けずに焦りを募らせる芦田と、恋敵登場にイラつく慎吾(菊池風磨)。更に花枝の恋の余波で凛(藤原さくら)や弓子(栗山千明)も抑えてきた自分の恋心を自覚してしまう?そんな中、芦田と中華街デートを楽しむ花枝だが、契約解除寸前で焦る芦田が思わぬ行動に…!?
出演者
清原果耶、間宮祥太朗、菊池風磨(Sexy Zone)、東啓介、藤原さくら、若林時英、窪塚愛流、莉子、栗山千明、石田ひかり、橋本じゅん、戸次重幸、稲森いずみ

音楽
主題歌:Perfume 「Flow」
音楽:大間々昂
スタッフ
演出:岡本伸吾、石井康晴、村尾嘉昭
プロデューサー:武田梓、岩崎愛奈 編成:宮﨑真佐子
脚本
岡田惠和(「ひよっこ」「この世界の片隅に」「最後から二番目の恋」「にじいろカルテ」)
公式ページ
◇番組HP◇
https://www.tbs.co.jp/fight_song_tbs2022/
◇twitter◇
https://twitter.com/fightsong_tbs
◇instagram◇
https://www.instagram.com/fightsong_tbs/
◇公式TikTok◇
https://www.tiktok.com/@fightsong_tbs
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 花枝
  2. 芦田
  3. 直美
  4. 大丈夫
  5. Wow
  6. キュン
  7. デート
  8. ホント
  9. 慎吾
  10. 中華街
  11. コン
  12. ダメ
  13. 春樹
  14. お前
  15. チヤホヤ
  16. バカ
  17. 意味
  18. 一回
  19. 押忍
  20. 今日

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





みたいな
もんですよね

(ししおどしが鳴る)

(芦田)ごめん
やっぱ違ったよね ここ ごめん

(花枝)
いやいやいや 何で謝るんですか

すごいです こんなとこ

(ししおどしが鳴る)

来たことないし
絶対 来ることもないだろうし

そう?
はい

まあ でも
「何で ここ?」とは思いましたけど

コン!

知らなくて いい店とか全然

前に事務所の人に
連れてきてもらったことがあって

それで ここくらいしか

君みたいな人
連れてこられる所ないかなって

私みたいな人
女性っていうか

女性?

あっ 女性?

そうか 女性か

あっ そんな女性扱いされたの
初めてかも 生まれて

嬉しい
あっ 新鮮?

嬉しい
あっ 言ったか

コン!

私 デートしてるんですね 今

うん

(ししおどしが鳴る)

やっぱり 最初のデートっぽくは
ないかもですね

だよね
いえいえ 私があれだったんで

せっかく「行きたい所は?」って
言ってもらったのに 全然ダメで

ああ うん でも

ないんだ こう

彼氏ができたら
あそこに行きたいみたいな所

う~ん
あんまり考えてなかったですね

基本 あんまり外出しない人生で
うん

あっ 私 あそこにあった
養護施設で育ったんですよ

あっ そうなんだ
はい なので基本

普通の家族の人がするような

外食とか あんまりなくて
ああ

だから ファミレスって言葉
嫌いなんですよね

ファミリーレストラン
ああ…

あっ いや
そんな すごい不幸とか

かわいそうとか
じゃないですからね

そういうふうには
考えないでくださいね

楽しいですし あそこ

あっ あと慎吾
サンシャインクリーニングの

…も一緒に育って あそこで

きょうだい… みたいなもんって
いうか まあ きょうだいで

へえ~ そうなんだ
はい

で 空手やってて 私

空手
はい 強いですよ

…みたいな

気をつけてくださいね
えっ 何を?

襲われたら 返り討ちにします

あっ いやいやいや そんな…

ですよね すいません

あっ でも
あの 寮入ってて

ずっと 最近まで
うん

で お金なくて
まあ 外食とか あんまり

まあ
食堂のご飯 おいしかったんで

何か ダメですね

女子力ないわ ゼロだ

うん?
あの 芦田さんは?

恋が分かんないみたいに
言ってましたけど

ないことはないですよね
モテたはずだし

ああ~
ああ~

やっぱり
う~ん

モテたんだ
う~ん…

チヤホヤ?

チヤホヤ?

うん チヤホヤ

《≪キャーッ》

チヤホヤか されたんだ

そう… だね

チヤ ホヤ

でも あれは恋とかじゃないから

えっ 何か大人な感じ

いやいや マネージャーさんに

ろくでもないのもいるんだから
そんなのに捕まったら

アーティストとして
あんた終わるよって言われて

何か俺 本気で怖くて

へえ~
それ以来 何かね ない

そうなんだ
うん

何か あれですね

私達 似てますね

そう?
うん

どっちも
恋愛に対する意識 かなり低い系

ああ そうか

ちょっと 反省しましょう

まあ 私が「デートしましょう」とか
急に言ったのが悪かったんだけど

ちょっと
恋の準備不足も甚だしいですよね

何か もっと
しっかり考えて取り組まないと

いい恋にならない気がします
芦田さんが いい曲 書けるような

私の いい思い出になるような
思い出

はい もちろん勢いとか
気合も大切だとは思うんですけど

どれくらい
頭の中で考え抜いたかとか

シミュレーションできてたかが
結構 大事です

じゃないと 勝てないです
うん?

あっ 空手の場合ですけど
ああ なるほど

なので
反省会しないとダメですね 私達

反省会 はい

あれって何ていうんですか?

あれは ししおどし

えっ すごい! そういうふうに
質問に答えてくれるの 好きです

よかった 知ってて

あっ… ししおどし

ししおどし
鳥や獣を驚かせて

来ないようにするためのもの
なんですね

うん 面白い

おっ!
えっ?

売ってますよ ししおどし
売ってるの?

はい 買います?
2万円で ほら

えっ
ホントだ

ねっ

買います? 芦田さん

いやいやいや 買わない
買わない?

買わないよ
あっ そうか

こんなの 家ん中にあったら
作曲できないですもんね

うん

始まりそう

えっ 何が?

内緒です

お帰りなさい
すっごい おいしそうです

≪伊達さん

(弓子)あっ はい

≪伊達さん

コン

いい音
そうだね

どうかした?
うん?

ああ
あっ いや

えっ 何ですか それ

ああ これ
ボイスレコーダー

いいフレーズとか
浮かんだ時に 忘れないために

ここに とっておくんだよね
へえ~ すご~い カッコいい

どういうふうにやるんですか?
えっ ここで?

大丈夫ですよ
大丈夫?

ちょっと

じゃあ…

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~Wow…

(ししおどしが鳴る)

みたいな
へえ~

で ここの再生ボタン押すと聴ける

あっ

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~Wow…

(ししおどしが鳴る)

(芦田と花枝が笑う)

何だよ

ひどくない?
私が連れてきた店じゃん

それって ひどくね?

男として
私に対して どうなの?

追い込んでんのは私か

誰だよ 恋しろとか言ったの

私だよ!

うるせえな コンコンコンコン

(慎吾)♬~サンシャインクリーニング

♬~世界をキレイに

♬~ララッ ラララー

これじゃないの これじゃないの
これじゃないの

《(凛の父)毎度どうも》
《へい ありがとう》

《(父)ありがとうございました》
《(凛)ありがとうございました》

《はい またね》

《(父)じゃあ 凛》

《うっ…》

《お父さん? お父さん?》
《うあ~》

《うう…》
《お父さん? お父さん!?》

《最初はグー じゃんけんぽん》

《大丈夫か? 凛》

《俺 学校のみんなと友達だから》

《凛も すぐ友達できるよ》

《慎吾君》

《ああ》

《(直美)凛は慎吾が好きだね~》

《え~っ》
《まあね》

《これ あげる》
《ありがとう 上手だね》

《(凛の心の声)何てカワイイ》

《そして敵意のなさ 混乱!》

《(小声で)花枝のこと よろしくね》

《凛 お姉さんなんだから ねっ》

《(心の声)え~っ
何だ それは 勘弁してくれ》

《何が何だか分からん!》

《おっ?》
《えっ?》

《しょうがねえな
お前ら ついてこい 私に》

《え~っ》
《おっ?》

《カッコいい! 凛ちゃん》

《フフン》

《フフン!》

(凛)分かりづらっ 私

イテッ! 何だ お前

シャキッとしろ シャキッと
うるせえよ

(迫)よっ 楽しそうだな
はい

ちっとも楽しくないわ
えっ そうなの?

(直美)
ああ~ 疲れた 疲れた

疲れた 疲れた 疲れた
そして疲れた

アンド 疲れた
どんだけ疲れてんですか

お疲れさま
(直美)うん ありがと

まっ 言いたいの
疲れたって 誰かに

うん
いいもんだ 誰かに言えるってのは

おおっ

あれっ 花枝は?

さあ? 出かけていって
まだ帰ってこないですね

デートでもしてんですかね
ムササビ君と

そうで~す
えっ そうなの?

何で知ってんの?
そう言って出かけていきました

二人で
えっ そうなの?

ムササビ君 来たの?
はい 来ました

そうなんだ

会いたかったなあ

ああ 何か腹立ってきた

迫さん ちょっと交代

あっ はい

もうちょっと強く

あっ はい かしこまりました
ああ…

イッテ! やめろよ 何だ お前

ちっちぇえ頃は
弱虫キャラだったくせによ

いつから そんなになったんだよ

誰のせいだと思ってんだよ!

えっ 誰のせいだよ

はっ?
はい?

さあ 誰のせいかな

はっ?

ただいま~

ムササビ

うん
えっ 何で知ってんの?

あのさ…
あっ そうか 会ったんだった

(舌打ち)

ああ どうするかなあ

詰めんの 忘れてた
いや でも ずっと

何も言わずにってわけにはね
いかないしね

あの その理由っていうかさ

付き合うことになった
えっ?

えっ えっ えっ 付き合う?

…ことになった?
押忍

(直美)え~っ
何が「押忍」だよ

おいおい… で 何?
その理由っていうのは うん?

大ざっぱに話すね 大ざっぱに

いやいや 困るよ 大ざっぱじゃ

ちゃんと話してくれよ
え~とね

いや 無視 無視して…

えっとね
芦田さんにね 頼まれたの

彼は何か ご存じのとおり

歌手でもあり
作曲家でもあるんだけど

ちょっと 苦しんでて

スランプっていうの

まあ 心が動けば いい曲が
書けるんじゃないかと思って

恋をしたい だから その相手に
なってくれないだろうかと

何か締め切りがあって それまでに
いい曲 書けないとダメらしくて

はあ…
で 私はOKしたと

はい 以上です
何だ それ

(直美)そんなの あるんだ
ねえ あるんだね

ラブコメ?
いや やめて ラブコメ

何で?
だってハッピーエンドじゃん ラブコメって

はあ?
そう? そっか そうだね

そうだね?
ないよ

ハッピーエンドはないの
期間限定だから

ある ある
ある そう見せかけといて

やっぱり
ハッピーエンドでした~って ある

うるさいな
だから ないって言ってんじゃん

何でないの?
だから そういうんじゃないから

分かんない
(直美)で 何 デートしてきたわけ

あっ うん
とりあえず ご飯とかいって

彼が選んだ店が何か 和食の

こう コンって
ししおどしとかが鳴るような店で

はっ?
ああ あれか あの

時代劇で出てくるようなやつか
こう コンって

そうそう… でも
まあ 何か違うねって話になって

こう
何か この恋への取り組みは

ちゃんと色々 話し合うことが
大事なんじゃないかと

まあ そういうことになりまして

そのあと
ちゃんと反省会もしました

反省会?
押忍

<迷いは いらない>

<偽りは いらない>

<恐れは いらない>

<NO MORE RULES>

<KATE>

♬~

(松坂)
<大きな間口によって切り取られた外界>

<内に広がる空間は 曖昧な境界線によって

つながりながら広がっている>

<日本の伝統的な空間の捉え方だ>

<その中に人は身を置き
移ろいゆく豊かな時間に身を浸す>

<日本の美意識を宿す邸宅 「MARE」>

<家は 生きる場所へ>

あっ あれですね

どうやら恋の始まりには
理由なんて ないみたいですね

そうだね

あっ
何か ひょんなことから

始まることが多いみたいですね

ひょんなことか

えっ 「ひょん」って何だ?

「思いもかけないこと」みたいな
意味じゃないかな ひょん

そうか

あっ でも あれですね

じゃ 今の私達
十分 ひょんですよね

確かに ひょんかな

ひょんですよ 相当

そうか
ひょんだ

ひょん

よかった ひょんで

芦田さんって どんな気持ちが
知りたいんでしたっけ?

あっ いい曲を作るために
はい

恋をして

心が動く瞬間を知りたい

それを歌詞やメロディーに
できたらいいなって思う

頭で想像するだけじゃなくて
みたいな

《心が大~きく動くっていうのは》

《いいことだよ》

へえ~ うん

心が

動く

何か具体的には あれだけど

会いたくて苦しい とか

そういう 何だろう

なるほど
会いたくてたまらないとか

その人のことばっかり
考えちゃうとか

何で分かってくれないんだろうな
とか落ち込んだり

それと
そうだな 何だろう

嫉妬したり されたり

そう そう そういうの
そういうの

嫉妬だ 嫉妬

あとは… 離れたくないとか

意味もなく会いたいとか

幸せすぎて 頭おかしく
なっちゃいそうになるとか

あっ ここにも書いてありますけど

ホントだ すごいね

じゃ これもだ え~っと

幸せ…

すぎ

頭が

おかしくなる

あっ あと別れて

悲しかったり つらかったり

なるほど なるほど

うん? どうかした?

いや

別れ 大事ですね

そうだね

じゃあ

(シャッターを切る)

あっ そうだ
うん?

連絡先 交換しません?

あっ そうだね

普通はしてますよね とっくに

(一同)へえ~
という感じです はい

ふ~ん

意味 分かんねえ~
うるせえ

ムササビのさ
目的は分かるんだけどさ

その いい曲 作るため?

それも どうかと思うけど

まあ それはいいとして
うん

花枝は何のために
そんなこと すんの?

何か いいことあんの?

そうだよね 何で?

面白そうだから

へえ~

いや 全然 面白くなくね?
面白いじゃん

でも それって結構
本気で恋するってことだね

心が動くためにはね
かな?

えっ
つらくない? それって

うん 恋って そういうもんじゃ
ないんじゃないかな

いや 俺は間違ってると思うけどな

えっ?

ああ ごめん

ですよね ですよね
俺も そう思ってました!

恋ってさ そういうもんじゃ
ねえんじゃねえかな

慎吾 うるさい
何で俺だけ うるさい? 年上ね

あっ で まあ
デート 仕切り直しになりました

こう 恋人達のデート的なものを
試みることになりまして

中華街に行ってまいります
今度のお休みに

おお~ いいね 中華街

しかし 花枝もさ この間まで

うだうだうだうだしてたと
思ったら 恋だもんね

まっ 心が動けば未来が変わるって
直美さんが言ってたもんね~

でも 大丈夫?

楽しいの? あなたは

押忍

そっか
なら よかった

うん

(ヘッドホンにドラム音が流れる)

♬~

うわっ!

何で いんの?
(薫)下で会った

今日はフォアグラの
ローストチキン包み

これが材料費のレシートで

運搬費を足すと 2万3225円

調理代が3000円で

合計2万6225円です
はい

あのさ…
(薫)食べます?

食べます いくら?
3000円かな

高っ! 手伝ったら安くなる?

足引っ張ったら高くなるかも~

あっ
悪いけど あれでしょ

私みたいな感じで
仕事バキバキしてる女の人は

料理が下手だって思ってんでしょ

古いから その感覚

どっちかっていうと 何でも
できてしまう悲しみ系だから 私は

何も言ってないけど
あっ そう

手伝う
俺も

何で何も言わないんだろ 二人とも

いや いいけど
別に言ってほしいわけでは

いいの? 言って

やっぱ やめとく

あのさ…

(薫)応援する

えっ?
えっ?

だって 春樹
クビになったら困るし 俺 マジで

ここ 追い出されんだろ
いや~ 困る困る

いい恋をして
いい歌 作ってください

ありがとう
てか何 別の子?

別?
だって 断られたんだろ

別ではない
何か やってくれることになって

うん
へえ~ 何で?

彼女も
ちょうどいいみたいで

事情は よく分かんないけど
こういう関係っていうか

まあ いいんだけど よかったね
うん

でもさ どうなんだろうね

ああいう… 何ていうかさ

恋っていうのはさ

(薫)あんたが言ったんだろ
はっ?

あんたが期限決めて ダメなら
クビだって言ったんでしょ

で 恋とか
してみろって言ったんでしょ

そうだけど
ひょっとして その相手は

自分の予定だったってわけ~?
はあ!?

えっ?
(弓子)そんなこと言ってないし

何言ってんの バカじゃないの

いや バカだ お前は

あんたは
春樹に立ち直ってもらいたいの?

それとも厳しい条件つけて
消えてもらいたいの?

立ち直ってもらいたいに
決まってる

それに 条件出してるのは
私じゃない 会社だから

しかも 決して
厳しい条件なんかじゃない

今までが甘すぎただけ
はい

でも 乗り越えてほしいと思ってる

(薫)じゃあ 応援すれば?

してますけど?
今 そう言おうとしてたんですけど

全然
そんなふうには見えませんけど~

うるさいな あんたは
自分のために言ってるだけでしょ

そうだよ あんたは違うのかよ
私は…

あのさ
えっ?

必死なんだよ 俺

バカみたいだと
思うかもしれないけど

それに こんなことしたって
ホントに いい曲できて

前に行けるか分かんないけど

他に
どうしたらいいか分かんないし

こんなチャンス もうないんだ

(ため息)

だからさ

ほっといてくれないかな 俺のこと

(タイマー終了)

(薫)できた!

マネージャーなんで
ほっとくわけにはいかないから

ほっとくのは 無理

俺も一人にしてくれって
言われても ここには来るから

ほっとくのは 無理

分かった

うん おいしい
うん うまい

俺は
そんな間違ってないと思うけどね

お前が好きだとか
抱きしめたいとか

誰にも渡さねえとか
そういうの大事っしょ

まあ そうじゃなくても

熱い思いみたいなの

なさすぎだし 春樹

麻花王の豚まんがオススメ

えっ?

あっ はい

(薫)うん
あれは うまい

でも 素人カップルは
その手前で引っかかる

あと占いは金晶館がいい

そうなんですか
よく知ってるんですね

知ってるだけ 行ったことはない

はあ~

はあ~ よいしょ

(ドラム音が流れる)

♬~

はあ~っ

何なん これ

(ヒデ)はいはい ほいほい
(俊哉)いやいや もっともっと

よっしゃ 行くぞ~

はい 注目!

(俊哉)はい
これ 今日のシフト表ね

(ヒデ)ありがとうございます
はい チェック チェック

あっ
えっ?

どうした?
あったっけ 今日 ムササビ様

何それ ないし
杉野様だなと思って

《(葉子)唇 読めるから ちょっと
ゆっくり話してくれれば大丈夫》

へえ~ 嬉しいんだ
うん 大好き

あっ そう
うん

ああ いいね お前らはね

今日も 悩み事がなさそうで
うん いい いい…

社長には言われたくないっす
はあ?

だよな~ 社長にはな
顔に悩んだ形跡が ないもんな~

どんな顔やねん!
バーカ お前

俺は悩んでばっかなんだよ

大変なんだぜ
中小企業の社長さんっつうのはよ

社長 中小じゃないっす

零細企業っす
まっ そうか

よし 行くか

おっ 頑張ってな

慎吾もな
はい!

うるせえ
はい!

よいしょ

気いつけてな
は~い

行ってきます

よし

終わった?
あっ はい

紅茶 飲もう
はい

花枝ちゃんのお仕事 丁寧で好き

ホントですか 嬉しいです

口 隠さないで
あっ

そっか ごめんなさい

えっと 嬉しいです
ありがとうございます

うん ありがとね

何か質問がある?

《先生
どっちが つらいんですかね》

《(立石)どっちというのは?》

《ずっと 耳が聞こえない人と》

《大人になってから
突然 失う人と》

《どっちが つらいかなんて
私には比較はできません》

《分からないし 私には》

《ただ 病気に限らずだけど》

《それまで当たり前にあったものを
失うのは つらいし》

《大変だよね やっぱり》

失礼なこと 聞いてもいいですか?

体重とかなら教えないよ
いやいや…

葉子さんは
うん

耳は
ずっと生まれた時からですか?

あっ そっか

しゃべれるしね

不思議だよね

あのね あなたぐらいの時かな

病気でね
だんだん聞こえなくなった

えっ?

うん?

あっ

聞こえなくなるの
怖かったですか?

うん

怖かったし 悲しかったよ

だから たくさん音を聴いて

思い出にした

覚えてるんですか?
その時の音って

うん 覚えてるんだと思う

頭の中でね

大丈夫?

ごめんなさい
ううん

いただきます
うん

うんっ おいしい

ホント? よかった

《えっ?》
《大丈夫?》

《(立石)めまいですか?》

《ああ いや どうなのかな》

《何か めまいが
したような気はしたんですけど》

《あれは ひょっとすると》

《いわゆる
キュンだったのかもしれないし》

《キュン?》
《キュン》

《キュン?》
《キュン》

《あっ キュンね
あっ そっち?》

《だといいね》

(凛)あっ
おう

おう
来たな

来たよ~

ふ~っ
切る?

切らない

どうぞ ごゆっくり

すいません
いいえ

どうしたの?
ううん

「ううん」じゃないし
うん?

言っとくけど分かるからね 私には

何が?

何かあるのは分かるから

そんなさ
訳の分かんない恋みたいなこと?

そんなことに乗っかる花枝には
何か理由がある

何かあるのは分かる

それが何かは分かんない

そして どんなに問い詰めたって

言わないと決めた
あなたは言わない

でも
何かあるなあと私は思ってるから

そのつもりでいな

分かった?

フフッ はい

凛ちゃん カッコいい

モヤモヤしてんだろ
ヘッドスパ おごる

えっ マジで? やった 嬉しい

わ~い よっ

(凛)よっしゃ
え~っ やった~

(ドラムとベース音が流れる)

♬~

(チャイムが鳴り 音を止める)

(チャイム)

(リズミカルにチャイムが鳴る)

(クリス)同じ事務所で
バンドやらしてもらってます

東京レイジーサウンドです!

ああ…

あっ 先輩のあと ここに
引っ越してくることになってて

ちょっと見させてもらいます
えっ?

いや ちょっと あの…

あっ いや ちょっと靴…

おっほっほっほほ~

いいっすね~

おっ いいピアノ

まあ でも
俺ら いらないんで

ピアノ売ってちょ~だいに
電話しますね

いや でも まだ出ていくって
決まったわけじゃないから

決まってるって
事務所の人 言ってました

えっ?

(バイブレーター着信)

すいません

はい クリスです

はい ういっす はい

じゃあ 失礼しました

引っ越し決まったら
なるべく早く教えてください

ツアーとか
色々あって 忙しいんで

よし レイチェル行こう

(レイチェル)
ダメなオーラが漂ってる

(クリス)行くぞ レイチェル

(バイブレーター着信)

はい
ごめん そっち行ったんだって?

☎ああ ええ

☎ごめん 春樹

気にしないで って言っても無理か

ごめん

☎どこっすか?

☎ああ どこのライブハウス?

ああ 横浜ベイホールだけど

ああ 懐かしいっすね

また出られるといいな

☎あっ うん

☎あのさ 春樹 あの…

お疲れさまです

あっ…

あっ
あっ

おお~

うおお~

えっ 何なん それ

行ってきま~す

うん?

あれ?

おっ
(穂香)花枝さん

えっ どうしたの
誰か待ってんの?

さあ ちょっとはマシな顔に
なったんじゃないですか

そりゃどうも
いえいえ

まっ 頑張って

中華街ですよね ムササビと

うん
えっ 何で?

みんな 知ってます

直美さんが ご飯の時に
全員の前で話してくれました

マジで?
はい 経過も報告してくれるそうで

みんなで楽しみに待ってま~す

ああ そう
そりゃどうも

慎吾さんなら
ちょっと前に出かけましたよ

あっ そうなんだ
別にいいんだけど

あっ
中華街のあと 夕日を見ながら

夕日をバックに初チュウって
いうのが 定番みたいですよ

えっ?

行ってらっしゃ~い

よっ
うわ~! イテッ

何なんだよ お前!

中華街でしょ
えっ あっ えっ?

いや ちょっと
何言ってるか分かんないんすけど

何年
あんた見てきたと思ってんのよ

ほら 先回りすんでしょ 早く

えっ お前も!?

あっ コーヒー買っといた ほい

これはサンキュー

ほら 早く
おう

おはよう
えっ?

おはようございます

行こう
えっ?

(凛)うわ~ いいねえ

何だよ お前
何しに来たと思ってんだよ

えっ 何しに来たの?
えっ 何って

えっ?
邪魔?

そんなこと しねえよ

じゃ 何
見張り?

いや だから
その あの~ 見守り?

ふ~ん

凛は?

見守りの見張り?
はっ?

シャッチョさん これ買って
あっ ちょっ…

これ欲しい
いちごあめ おいしいですよ

シャッチョさん

分かったよ

はい
サンキュー

(凛)えっ?

ちょっと こっち来い

何だよ あれ

へえ~

(凛)あんな顔 初めて見た

どんな顔だよ
さあ?

近い
えっ?

あっ

おおっ 怖い

こっち向いてください

芦田さん メチャメチャ似合います

似合うって どういうこと?
ちょっと こっち向いてください

こっち こっち こっち あっ…

いきますよ
えっ 何 何で笑ってるの?

たまり場を よし
あっ ちょっと…

これからだぞ
え~っ

おっ これからだ
あっ

これから あっ
あっ これから これからだ

(二人)あっ!

もう一回 します?
もう一回 します?

もう一回 する?
もう一回 しましょう

こういうのは
すればするほど いいから

《麻花王の豚まんがオススメ》

う~ん おいしい!

ねっ う~ん

うん うんっ

シャッチョさん
あっ 2つください

あっ あっ すいません
おい 凛 行くぞ

ヤダ
絶対買う 絶対食べる

何言ってんだ お前
2つで

払って!
えっ?

お金
あっ 俺が?

(凛)う~ん うまっ

しょうがないんじゃない

何が?

見失ったものは

えっ
何か深い意味ある系? それ

さあ?

えっ 何これ うまっ
なっ

イテッ バカ お前

(むせる)

(もごもごと)
俺が買ってやってんのに

お前 何やってんの ホントに

おいしい

《(穂香)
中華街のあと 夕日を見ながら》

《夕日をバックに初チュウって
いうのが 定番みたいですよ》

うわっ

あのさ…

あっ はい

俺 もっと好きになりたい

もっと 君のことを知りたい

もっと恋したい

もっと もっと

恋を知りたい

いいかな?

うん?