火曜ドラマ「ファイトソング」怒涛の展開の第5話!ついに本気告白で大事件発生!?[字][デ] …のネタバレ解析まとめ

出典:EPGの番組情報

火曜ドラマ「ファイトソング」怒涛の展開の第5話!ついに本気告白で大事件発生!?[字][デ]

清原果耶主演ヒューマンラブコメ!笑顔のお別れで初めての失恋…そして男同士のバトルが勃発!?
もう隠せない想い…本気の告白が嵐を呼ぶ!ラスト1秒まで見逃すな!

番組内容
芦田(間宮祥太朗)から、"恋の終了"を告げられた花枝(清原果耶)。笑顔でお別れをするも、芦田への想いは募るばかり…そんな花枝を元気付けようと、慎吾(菊池風磨)は凛(藤原さくら)も誘ってキャンプに行くことに。実は慎吾は、チャラい幼馴染の殻を破り、花枝に真剣に思いを伝えようとしていたのだ!その頃芦田は、自らの心の変化に気が付き…?そして慎吾が意を決して告白をしようとしたその時、大事件が起きる──!
出演者
清原果耶、間宮祥太朗、菊池風磨(Sexy Zone)、東啓介、藤原さくら、若林時英、窪塚愛流、莉子、栗山千明、石田ひかり、橋本じゅん、戸次重幸、稲森いずみ
音楽
主題歌:Perfume 「Flow」
音楽:大間々昂
スタッフ
演出:岡本伸吾、石井康晴、村尾嘉昭
プロデューサー:武田梓、岩崎愛奈 編成:宮﨑真佐子
脚本
岡田惠和(「ひよっこ」「この世界の片隅に」「最後から二番目の恋」「にじいろカルテ」)
公式ページ
◇番組HP◇
https://www.tbs.co.jp/fight_song_tbs2022/
◇twitter◇
https://twitter.com/fightsong_tbs
◇instagram◇
https://www.instagram.com/fightsong_tbs/
◇公式TikTok◇
https://www.tiktok.com/@fightsong_tbs
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
ドラマ – 国内ドラマ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 花枝
  2. Wow
  3. 慎吾
  4. ダメ
  5. ホント
  6. 元気
  7. 押忍
  8. 無理
  9. お願い
  10. 全然
  11. 大丈夫
  12. 約束
  13. マジ
  14. 一度
  15. 春樹
  16. 直美
  17. 告白
  18. 自分
  19. 責任
  20. 鼻歌

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

   ごあんない

解析用ソースを読めば、番組内容の簡易チェックくらいはできるかもしれませんが…、やはり番組の面白さは映像や音声がなければ味わえません。ためしに、人気のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、見逃し番組を探してみてはいかがでしょうか?

全て無料!民放各局の動画視聴ができるTVer(ティーバー)!まずはココから → 民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

他にも、無料お試し期間のあるVODサービスが増えてますので、以下バナーから各社のラインナップを調べてみるのもいいかもしれませんね。





両方いっぺんにいけるように
こうやって

☎(芦田)曲… ダメだった

(花枝)えっ?

☎今まで ありがとう

ハハハ…

(迫)何か あれだね
ここ 居酒屋みたいだね

誰も髪 切らないし

(凛)確かに
(慎吾)ですね もう いっそのこと

しちゃえばいいんじゃないすか
居酒屋に

(直美)賛成! そうしよう!
ほら~

いや 「そうしよう」って
直美ちゃんね

へい いらっしゃい!

あっ… 押忍

どうした? 花枝
うん? ううん

別に全然 どうもしないけど
いや 全然 どうもしてんだろ

はあ? どこが?
怖っ

ああ ああ そうそう そうそうそう

あの そういえば
あったじゃないですか

あの 私がやってた
恋のまねごとというか

取り組み
あっ そうそう そうそうそう

あれね あの えっと

終わった

(凛)ダメだったってこと? 曲

うん で まあ

チーン 終了みたいな

でした 以上!

そうだったんだ 短かったね

お騒がせしました~

あっ 花枝ちゃん 切る?

えっ?
うん?

あっ あっ いや
違う違う 違う違う あの

失恋したから切るとか
そういうんじゃなくて

ほら いつもの会話
俺が「切る?」って聞いて

みんなが「切らない」って…

ごめん

飲みたいな~

ほら 居酒屋
いや 「ほら」って… え~っ

つきあうよ 慎吾 なっ

えっ? ああ おう 喜んで

(凛)行く?
ありがとう でも やめとく

どっかで 体に悪いもんでも食べて
帰って寝る

じゃあ

大丈夫? 花枝

ああ 大丈夫 大丈夫
全然 問題ない

あの ほら 私
アスリートだから これでも

きっぱりしてるっていうか
終わった試合のことは もう忘れる

うだうだ ああだこうだ考えない
そういう人だから

押忍

≪押忍

全然うだうだしてるし
ああだこうだ ずっと考えてるし

恋は人をダメにするのか?
って話を

芦田さんと取り組みで したいし
そもそも始まったばっかりだし

もう 独り言ばっか言ってるし
ああ もう! 何なん 自分

(直美)思ってた展開とは違うか

どんな展開
想像してたんすか?

うん? 聞きたい?

聞きたくないです
言うね

言うのかよ
やっぱ 最後は武道館でしょ

満員の芦田君のライブでしょ

ポスターのデザインは
ムササビでしょ

でさ コンサートが始まるときに
花枝は会場にいないの

おお~
「おお~」じゃねえから

えっ 何 その展開
何で そんな想像してんの?

ねえ 何で花枝は客席にいないの?

だってほら 本当の恋じゃない
始まりだったからさ

もう 役目は終わってるわけ
曲が完成した時点で

ああ やばい 泣ける
どこがだよ

えっ? 花枝ちゃんは
どうしてんの? そのとき

いい質問だね

やった
何が「やった」だよ

えっ 何? そのガッツポーズ
花枝はね

慎吾といるんだ そんとき

えっ? 俺?

(迫)えっ 何で?

(直美)「ずっと好きだったんだ
俺じゃダメか」とか言って

マジな告白してんのよ 慎吾

へえ~
でね 花枝もね 一瞬はね

ほだされるっていうかね
これじゃない感は あるんだけど

まあ いっか こいつで
みたいなのあるじゃん

はあ? 何 その投げやりな選択は

なるほど
納得してんじゃないよ

でも 花枝は
慎吾を振り切って武道館へ走る

はあ?
泣ける

泣けねえから
雨の中 残された慎吾で泣ける

嬉しくないし
いつ降り始めた 雨

あっ でも 慎吾 それで終わりって
決まったわけじゃないからね

実は大切な人は ずっと
そばにいたっていうパターンも

なくは ないかな
ありがとうございます!

少ないけど

(薫)なあ

なあ どうすんだよ

えっ?
「えっ?」じゃねえよ どうすんだよ

どうするって

いや 仕方ないだろ
ダメだったんだから

うん 取り組みは終わりなわけだし

だから もう
会うこともないわけで

はい? 何の話 してんだよ

えっ?

お前の恋愛ごっこの話とか
してないから

あっ そうか
あっ うん ごめん 何か

てことは何? 春樹 クビ?

うん
ここ 出てくの?

うん
俺は どうすんの?

俺は どうなんの?

どうかな

マジかよ

マジかな

田舎 帰るとか言うなよ
何もないからな あそこは

俺は嫌だからな

ああ… うん

何だよ さっきから
何 違うこと考えてんだよ

この非常事態に
いや…

この曲さ
はあ?

うん いや 確かに
ボツなのは分かるんだけど

だけど
だけど?

久しぶりにさ

好きなんだよ 俺

(薫)はい?
好きなんだよ この曲

(再生する)

どうだった?
う~ん

そんなに最悪ではないけどさ

ここんところ
俺が作った曲の中では

かなり
いいほうだと思うんだけど どう?

そんなこと言ってる場合じゃ
ないだろ どうすんだよ お前

俺は どうなるんだよ
俺は この部屋がさ

特に このキッチンがさ

大好きなの!

(俊哉)ただいま~
(ヒデ)おかえり あなた~

ごはんにする?
お風呂にする? それとも

わ た り ガ ニー

ハハハハ…

2点
イエー!

イ…

あの 花枝パイセン 漫才 見ながら

悩みごととかすんの
やめてもらってもいいですか?

あっ ごめん

押忍

あっ

うわっ そうか 残ってたのか

えっ?

忘れてた そうじゃん 約束…

だよね

はい

だよね ホントそうだ
いや そうだったじゃんか~

な… 何の話?

芦田様 予約 残ってるよね 明日

へっ? あっ あっ ホントだ!

えっ? ああ
へえ~ 初めて見た へえ~

どうする? 俺が行こうか?

いや 行かせていただきます

私が

はい

ちゃんと終わりにするんだ

ちゃんと…

押忍

(チャイム)

おはよう…

ございます
おはようございます

あっ どうぞ
ありがとうございます 失礼します

あの
はい

クリーニングのお仕事終わったら
少し お時間ありますか?

はい
お願いがあります

いや お願いじゃないな
約束したんだし

うん?
約束 果たしてもらいます

いいですか

あっ もちろん 大丈夫ですけど…

あの

何か怒ってますか?

はい

えっ

嘘です

えっ?

怒ってはいません

あっ… よかったです

ここ 出ていくんですね

うん そういう条件だから

そうか

うん

あっ だから何か 変かな

何がですか?

クリーニング

ああ 確かに

あっ でも いいことだと思います

住んでた部屋 きれいにするのは

ああ そうだね

はい

ありがとうございました

こちらこそ
ありがとうございました

うん? えっと

約束
果たしてもらってないんで 私

え~っと…

覚えてないんですか?
割と そういうとこ あれですよね

えっ?

できれば
思い出してほしいです 待ちます

あっ 歌
おお 正解です

ああ
お願いします

あっ はい
あっ

屋上が いいかな
えっ?

うん 野外ライブみたいで
かっこいいし

はあ

「スタートライン」 お願いします

はい
あっ ただね ほら あの

ここで やってもらったとき
うん

ピアノの あの
何ていうんですかね あの こう

ゆっくりの…
バラード?

ああ そうそうそう
何か今 思うと ちょっと

違うかなっていうのあって

え~っ

うん?
あっ いや

割と そういうとこ あれですよね

うん? 何ですか?
いやいや

だから あの
元気出る感じで お願いします

最後だし

ああ はい 分かりました

やった じゃあ
行きましょう 行きましょう

ほらほら 早く早く早く
行こう行こう 行こう行こう…

ああ あの ギター
ああ 確かに

わ~っ
やっぱり素敵ですね ここ

うん

はあっ こんだけ寒いと
ちゃんと 手 動くか

ギターうまく弾けるか分かんない

聞いてる?
うん?

あっ ごめんなさい

じゃあ やります
はい

(菅田)おじゃましま~す!
(松坂)ちょっと待った! まず手を洗おう。

(賀来)だね!
よし!

ちょっと待った! このタオル清潔?
普通に白いけど。

見えない何かがついてるかも。
ちょっと待った!

「アタックZERO」は
汚れを落とすだけじゃない。

3つの機能もついている。

さすが 「アタックZERO」
ちょっと待った!

最高じゃないか~‼

<見えない汚れとニオイに>

<清潔力の
清潔力の 「アタックZERO」>

♬~

(松坂)
<大きな間口によって切り取られた外界>

<内に広がる空間は 曖昧な境界線によって

つながりながら広がっている>

<日本の伝統的な空間の捉え方だ>

<その中に人は身を置き
移ろいゆく豊かな時間に身を浸す>

<日本の美意識を宿す邸宅 「MARE」>

<家は 生きる場所へ>

はい しっかり
聴かせていただきます

はい

♬~手探りで夢をみる

♬~何もない ただ信じて

♬~宇宙までが遠いほど

♬~片道切符を求めて

♬~Wow…

何なん もう
♬~Wow…

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~気付いてくれる人がいる

♬~誰も見向きもしなくても

♬~肩を組んで笑ってきた

♬~僕らはきっと負けない

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~I don’t want anything
いつだって今が

♬~Wow 常にスタートライン

♬~Music is everything
遥かなユニバース

♬~Wow 走れ STAR TRAIN

♬~I don’t want anything
いつだって今が

♬~Wow 常にスタートライン

♬~Music is everything
遥かなユニバース

♬~Wow 走れ STAR TRAIN

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~Wow…

♬~Wow…

最高でした 楽しかったです

絶対 忘れません
うん ありがとう

俺も忘れない

じゃあ

お疲れ
お疲れ

よかった 来て

ちゃんと終わった

そっか

うん

よし じゃあ帰るか

帰って いいもん食いましょ

ほれ よいしょ

ありがと

(鼻歌)

い~よっと

おお すごっ

あのさ 慎吾

うん?
ありがとね

この仕事しててよかった

えっ?

何かさ 汚れを
きれいにする仕事っていいよね

こう 自分の心の中の
汚れっていうか 何

やさぐれた気持ちとかも
きれいになる気がする

助かってる
へえ~

いい仕事だ

だから ありがと

おお…

俺さ

花枝のそういうとこ好きだわ

サンキュー
軽っ!

いや 告白 告白 今の
はいはい はいはい

なあ 花枝
うん?

キャンプ行くか 凛とさ
えっ 行く行く

行くに決まってんじゃん
だろ?

凛ちゃん行くって
はやっ えっ いつ打ったの?


はやっ!

楽しみ~

押忍

押忍

どうした? 穂香

(穂香)あっ…

花枝さんって
もう けがは いいんですよね

うん? ああ そうみたいだね

ああ そうなんですか
何で?

あっ いえ

何でもないです
うん?

何でもないです

あっ そう? なら いいけど

(直美)何かあると思うんだ
花枝のことで気になることが

穂香には

あっ そうなんだ

いいことじゃないんだろうな
あれは

はあ~ 無理やり
言わすものでもないしな

でも あんな子に一人で
抱えさせるのもかわいそうだし

何か つらそうだし
もう嫌になっちゃう

嫌だな

うん?
あの子達に これ以上

つらいこと起きるの嫌だな 俺

もうね
神様にパンチだよ パンチ!

迫さんに髪の毛
切ってもらうからね!

いつもありがとうございます
あざ~っす!

(鼻歌)

よいしょ よいしょ

えっ?

(西島)ねぇ 知ってた?
(吉田)ん?

シャンプーのとき
地肌を意外とゴシゴシしちゃってるって。

してないよ。
あ… 泡立てるときは?

ホントだ。
ほら!

だから 泡の「メリット」
泡?

(娘)泡?
泡!

<最初から泡なら 地肌と髪を
こすらず やさしい>

<コンディショナーも
泡で すっとなじんで ヌルつかないから…>

さっぱり~!

(2人)パパ ナイス!
えっ?

これからは最初から泡で洗おう。「メリット ザ マイルド」

あっ 社長

(弓子)どうしたの?

すみません ほんの少しだけ
話を聞いてください

結果 出せなくてすみません

それで

本当に みっともない
お願いなんですけど

もう一度だけ
チャンスをいただけませんか?

単に引き延ばしたいわけじゃ
ないんです あの 俺

手応えがあって… あの

何か 眠っていたものが
動き始めたんです

きっと もっとうまくやれる気が
するんです 分かるんです

心が 動き始めたんです

お願いします

お願いします
(豊田)ごめん 急いでるから

《もう一度 チャンスをあげてください
芦田は 前と違います》

《ただ 引き延ばしたいわけじゃ
ありません》

《彼の中で 眠ってた何かが
動き始めたんです》

《私には分かります》

《きっと うまくいくと思います
お願いします》

いやいや いやいやいや
何で見ちゃうかな

勘弁してよ

えっ?

これに隠れ…

あっ
あっ

どうも
どうも

ああ あの ひょっとして
かっこ悪いとこ…

かっこ悪くなんかないですよ

ありがとうございます
いや 俺もあるんで

ほら 信用金庫とかに

何とか お願いします!
みたいなね

へえ~

(小声で)
何で いい感じになってんだ 俺は

えっ?
えっ? あっ いや

キャンプですか?

ああ はい キャンプ

今週の土曜に ねっ
へえ~

あの 花枝と

ごめんなさい 木皿と

あと 凛っていう
ガキの頃からの仲間で

秩父の森キャンプ場っていう

すげえ
きれいな川があるとこがあって

めちゃくちゃ いいんすよ

へえ~

ああ あの

木皿さん 元気ですか?

はっ?
あっ いや 元気かなと思って

元気ですよ
元気に決まってるじゃないっすか

もう めちゃくちゃ元気
もう全然 何ともなくて

元気です 元気
あの っていうか

元気です はい

それは よかったです

じゃあ

あっ

クリーニング
ご利用ありがとうございました

じゃあ

う~わ~ おいしそう!

(葉子)ねえねえ こっちも
見てみよう こっちも見てみよう

うわ~っ いいですね
うわ~っ

お~っ
お~っ すごいね

う~ん!
う~ん!

おいしい! う~ん

楽しい

お招き ありがとうございます

仕事中だと
あんまり話せないもんね

ああ 結構 話してるか
はい

あっ でも やっぱり違うし

うん 嬉しいです

うん そう

お友達として聞くんだけどね

はい
花枝ちゃんが

ずっと抱えてる秘密っていうか

心配ごとは何かな?

うん?

ひょっとして 耳のこと?

ああ ごめん ごめん

無理して言わなくていい うん

秘密は あります

誰かに言ったほうが

楽になるっていうのも
分かるんですけど

でも

言わずに抱えてるほうが

楽だっていうのもあって

誰か 一人にでも言ったら

壊れてしまうんじゃないかって

うん 分かった

そういうこともあると思うよ

でも かたくなには ならないこと

私に話したくなったら
いつでも来ること

遠慮はしないこと

約束だよ 分かった?

食べよう 食べよう ねっ
はい

う~ん!
う~ん!

そろそろ無理なのかな

《(立石)手術のこと
色々 お話しできる人》

《一度 連れてきてくれるかな》

はあ~ もう

何なん

(鼻歌)

≪うわっ 釣りしてるよ すげえ!

秩父 秩父 秩… 俺だけ~

≪うるさい 慎吾

ドカーン はい
ブイヤベ オッケー

せ~の ビヨヨヨヨーン
うわ~っ!

ビヨヨーン いけた?
すげえ いけた!

あっ 凛ちゃん
その装飾 ナイスよ

よっ あっ いけそう

あ~っ できた!
うま~い!

イエーイ…
イエイ イエイ イエイ…

うまっ!

ピピピピ はい 現行犯
はい 見てたよ 見てた

全部 見てた はい 取ったもん
出して 取ったもん出して

ほら おい ちょっと はいはい
出して はいはい 出して出して

おいしかった~
「おいしかった~」じゃなくて!

あっ… ちょっと待てって!

《なか なか なか なか
いける いける》

《≪ハハッ
あいつ 見かけ倒しだな》

《(薫)だから
無理だって言ったじゃん》

《あっ…》

《≪見かけ倒しだな》

《バンドとか無理 見かけ倒しだし
俺 背 高いだけだし》

《大丈夫だよ 俺を信じろって》

《俺が責任とるから》

《高校やめるのは ちょっと…》
《大丈夫だよ》

《俺が責任とる》

《でも 俺は…》

《演奏しててさ》

《振り返ると 薫がいるんだよ》

《それが俺
ホントに何か 安心するんだよ》

《最高なんだよ それが》

《(薫)春樹も考え直せって》

《もういいよ お前も やめれば?》

《なあ》

《俺は いなくならないよ》

《解散したんだよ》

《お前 約束したじゃん
俺を信じろって》

《何かあったら
自分が責任とるって》

《だから 責任とってもらう》

《はあ?》

《よろしく》

なあ
うん?

ホントは続けてえんじゃねえの?

例の女の子との 何だ

取り組み?
えっ?

いい感じだったじゃん ちょっとは

こないだの曲
あの子のおかげなんだろ?

うん

いや でも…
でも 何だ

そんな巻き込めないよ

ハッハー 冗談じゃねえぞ

全員 素人 巻き込んで
バンド始めたやつが よく言うわ

(足音)

あっ

執行猶予が延長されました

えっ?
もう一度だけ チャンスもらえました

当初の予定どおり
2月のコンペまで保留

えっ 本当ですか?

嘘 言ってどうすんの?

ありがとうございます
おお おお おお

お~っ よっしゃ~!
春樹 春樹! ハハハ…

おお やった やった
俺も ついでに やった~!

まあ 次はないけどね

はい
もちろんですよ それはもう

何で あんたが言うのよ

あっ

あっ 弓子さん 車

(車のドアを解錠する)

(鼻歌)

フー!

《この間 芦田君が言ってきたこと
全部 君が言ったことと》

《全く同じだったね 驚いたよ》

《分かるんだね 気持ちが
すごいね》

あっ これ

春樹と
お祝いするつもりシャンパン?

いや たまたま持ってただけ

それに ここで飲もうと
思ってたわけじゃない

へえ~

しましょうよ お祝い

ねえ
危ねえ!

何 ひょっとして
いつものチャラいやつじゃなくて

マジで告白とかしちゃおうとか
思ってのキャンプ?

ああ うん

(大きな声で)マジで?
バカ! 静かにしろよ

やっぱ 無理かな
はあ?

断られて 何か気まずい空気に
なっちゃいました~みたいなの

嫌じゃん

そりゃ 分かるけど

だろ?
「だろ?」って

だってさ 俺達は

男とか女とか恋とか

そんなことより
何か もっとこう

深い出会いを
してしまったわけだからさ

きょうだいとか家族とか
そんなもんよりもさ

もっと もっと

強い絆を
持ってしまってるわけだから

あ~っ やっぱ 無理かな~

はあっ ガキの頃は よかったな

何で 恋とかしちゃうのかな 人は

つれえな~ 恋っつうのは

はあ? うっせえわ
何だよ

何か かっこ悪 慎吾
何で

「ガキの頃は よかった」とか
言うな バーカ

あるもの壊さないと
先になんて進まないよ

決めたんだろ 言うって

チャラいやつじゃなくて
言いたいって思ったんだろ 花枝に

そうだけど そう思ったけど

もう 「だけど」とか いらん!
イライラするわ ホント

死ぬ気で いけ
骨は拾ってやるから

何だ それ 命がけかよ
大体さ

何の話? 大体 何?

大体 花枝は
どう思ってんだろうねって話

うん?

あ~っ そうか
なるほどね バレてるか

カラ元気なの ハハハッ

バレバレ? ごめん

えっ?
あっ

いや~
まいったよ まいった まいった

何か もう 自分でも
わけ分かんないんだよね

これが失恋ってやつですかね
世の中の人は みんな

こういうの経験してんだね
すごいね 戦士だね みんな

何かさ

会いたいんだ
会いたくて仕方ない

会って話したい

話したいこと
いっぱいあるんだよね

だって 全然 短いし
何か 取り組みでさ

もっと色んなこと
やりたかったしさ

いや 分かんないけど 何か

あれだね あの 恋って
人を弱っちくするよね ホントに

ああ もう やだ 会いたい

慎吾 ありがとね
はっ?

私が しょぼくれてるから
連れてきてくれたんでしょ?

バーカ 俺は3人で
遊びたかっただけです

うん そうか 嬉しい

え~っと

じゃあ おばあさんは
ちょっと 山へ芝刈りに

うん?
洗濯だろ おばあさんは

うるせえ 古いぞ その感覚

ダメもとなのは
分かってんだけどさ

だから ダメもとで話すわ

うん?
ただ

ダメでも 今までどおり

変わらずよろしくな なっ

何の話?

何で こんな話を
するかっていうと

俺 納得できなくてさ

何で花枝が こんな落ち込んで

元気なくなったりしなきゃ
いけないんだよ

おかしいだろ

だって そういう話じゃ
なかったんじゃねえの?

だったらさ

だったら 俺が

いや だったら

だったら 俺が

≪あの

えっ?
えっ?

よかった 会えた

えっ どうしたんですか?

どうしても話したくて

ああ ごめんなさい 突然
いや…

すいません

あっ 作った曲 ダメだったけど

俺 好きなんだ 手応えあって

おかげなんだ

出会ってから
短かったかもしれないけど

色んな気持ち 知ることができて

色々 何か感じて

心が動いたんだと思う

うん 動いた

ホントに ホントに ありがとう

いや

ゼロからだけど 続けたいなって

音楽を また好きになれたし

やっぱり 楽しいなって

そしたら 事務所から
もう一度チャンスもらえた

何か 感じてくれたんだと思う
俺の変化っていうか

心の

で お願いがあって

うん?

続けられないかな 俺達

どうかな

それは その

取り組みとしてっていうか あの

分かんない

分かんないけど

会いたくて

とにかく会いたくて…

恋してるのかもしれない

お願いします

もう一度 つきあってください

お断りします

えっ?
えっ?